« 第3回「週刊 輝 情報」は時間超過…⁉︎ | トップページ | 北脇、ホープ師匠と相撲談義…⁉︎ »

2014年11月22日 (土)

元・放駒部屋力士「五大州」大相撲甚句に登場‼︎

Image

堂々たる体格で賞状を持つ力士は、昭和54年三月に初土俵を踏んだ放駒部屋の「五大州」さんであります。

その五大州さんの元を訪ねて大相撲甚句の収録をさせて頂きました。

Image_2

これが現在の五大州さんの「小西智之」さん。

神奈川大和市にて「特撰呉服こにし」のオーナーとして多忙な日々をお送りでらっしゃいます。
(お店のサイトです→http://www.konishi-kimono.com/)

実は五大州さんは以前、昭和54年初土俵の「五四会」の皆様と一度大相撲甚句にゲスト出演して頂いた事がありました。

久々の再会に「遠いところ申し訳ありませんね〜。」とおっしゃる五大州さんでしたが、特撰呉服こにしは我が家から電車一本で30分もかからない程のアクセス。

タップリお話しを伺いましたよ〜。

そんな五大州さんの出演交渉をして下さいましたのが!

Image_3

同じ昭和54年初土俵の安治川部屋の元・若武蔵「吉安宏次」さんであります。
この2〜3年は「吉安宏次プロデュース」の大相撲甚句が増えて感謝の言葉も足らないほど喜んでおります。

もちろん、吉安さん以外の沢山の皆様方にご協力頂きながら毎週放送をお届けする事が出来ております。
本当に有難うございます!

Image_4

話上手で聞き上手な五大州さんと話が弾み、気がつけば2時間以上も収録する事が出来ました。
面白かったですよ〜!

Image_5

入門間も無い五大州さん。
「大和市の大きな子供がいる!」と噂を聞いた大関魁傑関がわざわざ家まで迎えに来て大和市は大変な盛り上がりで市を上げて大歓迎されたそうです。

Image_6

相撲経験はなかったものの、順調に出世して昭和58年名古屋場所で三段目優勝。
土俵上で出羽海親方に表彰される五大州さん。

杉山邦博アナウンサーにインタビューされた五大州さんの映像も拝見しましたが、将来を嘱望され杉山アナウンサーも絶賛してらっしゃいました。

Image_29

当時流行した「ヨットパーカー」を着ている五大州さん。
(ヨットパーカー死語ですね…。)

胸元をよ〜く見ますと何やらワッペンのような物がついておりますが…。

Image_8

花籠部屋30周年記念に作られたワッペンでした。
丸いワッペンには何と!

Image_9

横綱輪島関の顔が刺繍されていました。

当時、五大州さんは花籠部屋で大関魁傑関の内弟子としておりましたので、輪島関にも可愛がっておられました。
(輪島関は五大州さんの場内アナウンスや行司の声帯模写が大好きで、風呂場でよくリクエストされたそうです。)

それにしてもこのワッペン、超〜っお宝ですね!

Image_10

そんな芸達者な五大州さんは百貨店のポスターのモデルになりました。

Image_12

新聞の記事にもなりました。

Image_13

これは中尾彬・池波志乃ご夫妻が放駒部屋に訪れた際に撮った貴重な写真。

Image_14

池波志乃さん、美し過ぎますね〜。

Image_15

大相撲あるあるネタに必ず出そうな一コマ。
楽しそうですね〜。

Image_16

放駒部屋の慰安旅行で群馬サファリパークに行った際の集合写真ですが…。

Image_17

アラブの石油王のようなコスチュームでラクダを引く「大乃国」関。
ラクダよりも大きな大乃国関も驚きですが、フィットする衣裳が群馬サファリパークにあったのも驚きですね〜。

Image_18

そんな大乃国関とはよく稽古をした五大州さん。
柔らかく、しなやかで凄い力士だったそうです。

Image_23

紅白の捩り鉢巻きで綱打ちをする五大州さん。
これは初代若乃花の二子山親方の還暦祝いの赤い綱をうっていた時では?との事でした。
同じ一門や部屋から横綱が誕生する事は大変な事なのであります。

そんな放駒部屋からは当然、横綱大乃国関が誕生しました。

Image_21

王者の風格が漂っている大乃国関の化粧廻し姿。

化粧廻しと言えば!

Image_22

相撲甚句も歌っていた五大州さん。
化粧廻しをして巡業などで甚句を披露してらっしゃいました。
Image_19

兄弟子で弓取りをした「小金富士」さんとツーショット。
二人共に美男力士ですから相当モテたでしょうね〜。

Image_20

この小金富士」さんとの写真も良いですね!

Image_24

貴重なスリーショット!
横綱北勝海関と関脇寺尾関、そして五大州さん。

昭和54年初土俵の力士は大豊作で横綱、関脇、小結、などの役力士が大勢誕生しました。

番組でも同期生のお話しを五大州さんに語って頂きました。

Image_25

石原軍団に居そうな感じの写真。
(あだ名は-チョンマゲ刑事 デカ -なんてね…。)

哀愁漂っています。

Image_26

放駒親方との思い出も語って頂きました。

Image_27

三段目優勝した際には放駒親方も喜びをあらわにされたそうです。

Image_30

そんな五大州さんご出演の大相撲甚句は11月30日、12月7日の日曜日深夜12時からFM西東京にて放送します。

FM西東京のサイトからリアルタイムでお聴き頂けますし→http://842fm.west-tokyo.co.jp/

Podcastからは過去の放送も配信します。→http://www.voiceblog.jp/kitawaki-takashi2/

ラジオかなざわ、ラジオこまつ、ラジオななお、からは12月6日、13日(土)夕方5時半から放送します。

どうぞお楽しみにしていて下さい!

« 第3回「週刊 輝 情報」は時間超過…⁉︎ | トップページ | 北脇、ホープ師匠と相撲談義…⁉︎ »

コメント

たくさんのお宝に話題も盛りだくさん(いくら時間があっても足りないですね!)で楽しく充実した時間でした。五大州さんのお相撲さんらしいお相撲さんの雰囲気とセンスのよさ人間性の豊さを改めて感じました。

五四会人脈大変貴重ですね。
放送楽しみにしております。

化粧廻し、浴衣、着物、ちょんまげって恰幅がいいと似合いますよね。

北脇さん!五十四会全員の消息が分かれば三月だけで111人、
1,5,7,9,11月入れたら150人にはなると思います、
そうなれば収録大変ですよ~

ますます人の輪が広がりますね。
人と人が繋がりまた繋がっていく・・・。
新たな出会いが訪れそうで大変楽しみですね。

力士五4会を発足する上で現メンバー以外の同期生にも声をかけたりしましたが、会への参加を拒まれたり、中にはちょっと遠慮していただきたいという同期生も数人いましたね。現役時代からいろんな性格のやつがいましたから、引退後はまともな職業につけない物やほかのメンバーに悪影響を及ぼすような輩もいましたからね。縁の下の力持ちとしての役割をしていた私にとって、会のメンバー、特に8角親方や錣山親方、阿武松親方など協会の人たちには悪影響が及ばないように注意していますからね。また、これまでメンバーだったけど、本人の都合で退会していったのも何人かいますからね。ですから、昭和54年デビューの同期生だからと誰でも入会OKとはいかないわけです。

大相撲甚句に出演される五四会のメンバーはどうしても関東在住に限られてしまいますが、ほかの地域に在住する者の中から私が推薦するとすれば、愛知県豊橋市在住の元伊勢ヶ濱部屋の豊瀬川こと久間(きゅうま)氏ですかね。彼は地元でちゃんこ豊瀬川を経営しているのですが、錣山親方をはじめ、錣山部屋の力士たちとはかなり親交の関係を結んでいるようです。相撲の審判の資格も取得しており、母校の中学の相撲部のコーチもしています。その中学からはひとり錣山部屋に入門したのがいますね。久間氏は私にとってもよき相談相手のひとりで、気配りのできる人です。もう一人は福岡市西区で長浜ラーメン店を経営している元九重部屋の秋の山こと秋山氏ですかね。8角部屋の九州後援会の副会長を務めていて、九州場所では時々砂かぶりの溜席に座っているらしいですが、おおらかで面白い人柄ですね。昭和54年デビューの行司や呼出しとも親しくて、声をかけてくれたそうですが、力士との交流は拒まれたみたいで…何かあるんでしょうかね。どちらにしてもこの2人は一度大相撲甚句に出演させたいですね。

吉の安様

この度もプロデュースを本当に有難うございました!
五大州さんの引き出しの多さ、ユーモアの中に相撲の真理を散りばめて本当に楽しい収録でした。

収録後の座談会も面白かったですね〜。
別れるのが名残惜しかったです。

また年明けにでも五四会の収録がしたいです。
(一杯やりながら…。)

今後ともどうか宜しくお願い申し上げます。
本当に有難うございました!
(次回は若武蔵さん、五大州さん、好の里さんの相撲甚句をコラボでご披露頂きたいです!)

なら志乃さま

全くですね!
五四会様々です。
放送をどうかお楽しみにしていて下さい。

いつかサテライト形式で五四会の公開収録をしてみたいです。

その際は、なら志乃さまはプレミアム砂かぶり席をご用意しますよ!

花様

嬉しいコメント有難うございます!

五四会の皆様が全員ご出演頂ければ単純計算で3年先は大相撲甚句安泰ですね〜。

草の根を分けてでも五四会の皆様の消息を探しあてましょう!

花様、お仕事そっちのけでご協力を宜しくお願い申し上げます!

SEIRIN様

コメントをいつも有難うございます。
関東近辺の五四会の皆様が多いですが、お呼びとあらば録音機材とギターを持って全国どこでも行きますよ!

是非ともSEIRIN様プロデュースの大相撲甚句を願っております。
必ずや伺いますので宜しくお願い申し上げます!

五四会が発足されて20年の歳月が流れて、悲喜こもごも…いろんなことがありました。この20年の間に「阪神淡路大震災」「東日本大震災」という未曽有の大災害が起こり五四会のメンバーに被災された人もいました。北脇さん、もし東北に行く機会がありましたらぜひ仙台の「足手纏」というお店を訪ねてみてください。私も何度か立ち寄りお世話になりましたが、その名の通りかつて春日野部屋で北脇さんがよくご存じの初っ切りで活躍された栃湊さんの相方で元幕内の栃纏関が経営されていたお店です。残念ながら一昨年、栃纏さんは病気で帰らね人となられてしまいましたがその後、栃纏さんと共に店を支えてきた弟弟子で元幕下力士の絹川さん(昭和54年3月初土俵)が後を引き継いで店を切り盛りされています。五大州さん曰わく「絹川は同じクニモン(神奈川)で気が合ってよく話したんだよ」。私の古い記憶では昭和56年に序二段で昭和57年は三段目で2年続けて5月場所で優勝をされていたと思います。

北乃脇 様
ありがとうございます。
砂かぶり楽しみです。

吉の安さま

いつも貴重な情報をお寄せ頂きまして本当に有難うございます。
東北地方には一度も取材に行った事がありませんでした。
是非とも足手纏さんにお邪魔したいです。
出来るだけ早くに伺いたいです。
またいろいろと情報をお寄せ頂きますが今後とも宜しくお願い申し上げます。

コメント失礼します(#^^#)

懐かしい写真がいっぱいですね~♡
昔、放駒部屋の大ファンでした!

横綱土俵入りのマネのお写真とても楽しそうでほっこりしました(*^-^*)

横綱は十勝龍さん、露払いは鳳龍さん、そして太刀持ちが五大州さんですね^^
みんなかっこいい~♡

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1091447/58057733

この記事へのトラックバック一覧です: 元・放駒部屋力士「五大州」大相撲甚句に登場‼︎:

« 第3回「週刊 輝 情報」は時間超過…⁉︎ | トップページ | 北脇、ホープ師匠と相撲談義…⁉︎ »