« 2014年10月 | トップページ | 2014年12月 »

2014年11月

2014年11月29日 (土)

新宿は港街!西田ぼん、大いに歌って飲む…⁉︎

Image

新宿西口地下交番付近でポーズをとるのは「西田ぼん」さん。
説明不要とは思いますが、ホープ一門の一番弟子で映画プロデューサーでらっしゃいます。
(しかし、この存在感や風貌は職務質問されてもおかしくありませんね…。)

この日は中村ゆうじさんと西田ぼんさんと新宿でライブの打ち合わせで集まりました。

Image_2

「好きなもの何でも頼んで食え!」頼もしいぼんさんですが、中村さんも北脇も既に食事は済ませていたので、お茶やコーヒーしか入りませんでした。
(こんな事なら腹を空かせて行きましたよ…。だって集まったのは午後2時過ぎですからね〜。)

Image_3

黒ビールを飲んでご機嫌のぼんさん。
歌舞伎役者か人間国宝のようなオーラが漂っています。
(まぁ歌舞伎役者も人間国宝も間近で見た事はありませんがね…。)

そんなぼんさんと中村ゆうじさんが「ホープ師匠を舞台で人体実験しようか〜?」「オチの無いコントでどれだけ引っ張れるか実験しようか?」などなど子供のような顔で話し合っているのを記録するのは北脇。

Image_4

とにかくこの数日間に出た膨大なネタや会話をまとめて実現出来そうなコントを稽古場でやって本番に臨む訳ですから、ちょっとした話でも記録しておかなければならないのであります。

Image_5

カメラを向けると何でもポーズをして下さるぼんさん。
すっかりご機嫌で「♫新宿は〜港街〜♪」と森進一の歌を熱唱してらっしゃいました。

いつもホープ師匠から「みんなのオモチャになれ!ぼんの芸を盗め!」と言われておりますが、一朝一夕では学べないですよね…。

ライブの打ち合わせも大体落ち着きまして…。

Image_6

お約束の「直撮り写真」
(プリクラみたいですね〜。)

ライブまで二週間!
どのようなコントが出来上がりますでしょうかね〜。

2014年11月28日 (金)

第4回「週刊 輝 情報」も無事終了〜っ‼︎

Image

これは石川県の地元紙「北國新聞」の記事。
今場所新十両の「輝」関の千秋楽の取り組みが詳細に書かれております。

新十両で十両優勝は叶いませんでしたが、解説の親方衆からは15日間大絶賛され、日に日に場内からも声援が大きくなっていった輝関。

そんな輝関の15日間を昨日の木曜日昼11時半からラジオななお「週刊 輝 情報」で車吉章パーソナリティーとお届けした北脇。

今回は車パーソナリティーのごはからいで、放送時間は延長気味で20分くらいお届けしてしまいました。

Image_2

輝関の相手はベテラン時天空関。
20歳の輝関に対して、35歳で関取在位64場所の時天空関。
相撲も勝ち負けの駆け引きも知り尽くした相手に対しても真っ向から勝負を挑んだ輝関。

Image_3

この時天空関の威圧感!
テレビを通しても伝わってくるのに輝関、全く怯む事無く睨み返していましたね!

その辺りの輝関の魅力もラジオで語りましたよ。

Image_4

時天空関の十八番の足技「内掛け」が容赦なく襲いかかり…。

Image_5

破れはしましたが、千秋楽まで十両の土俵を沸かせて下さいました輝関!
感激でしたよ。

北國新聞記事によりますと「悔しい。勝ちたかった。」と唇をかんだ。 とありますし、場所中は何度も「いっぱいいっぱいです。」と口にしていたようです。

師匠の高田川親方の現役時代のようにインタビューに対してのコメントは極端に少ないようですが、稽古量は豊富な輝関。

ラジオでも師匠、安芸乃島関の当時話も交えながら輝関の将来を占いました北脇!
Image_6

この二桁勝利に地元石川県民も大喜び!
12日目の十両の解説をした石川県七尾市出身の竹縄親方も「相撲少年が減少する中で輝関の活躍は嬉しい!必ず相撲少年がまた増えてくれます。」と喜びをあらわにしていましたね。

そんな竹縄親方の栃乃洋関の話題や車パーソナリティーもリアルタイムで応援していた石川県七尾市出身の横綱輪島関の話題でも盛り上がり、番組後半は「週刊 ナダ・ワジ 情報」になった感がありましたよ…。

Image_7

来週も「週刊 輝 情報 」にて輝関の魅力をお届けします。
北脇も輝関の情報以外でも「相撲あるあるネタ」や「石川県相撲あるあるネタ」更には「能登あるあるネタ」などをネタ帳に書いて準備しております。

石川県七尾市近隣の皆様のみのエリアですが、ラジオななお昼11時半からの「北脇貴士の週刊 輝 情報」をお聴き下さいね!

2014年11月27日 (木)

元・熊ヶ谷部屋力士「芳若」近日大相撲甚句に登場…⁉︎

Image

力士のスリーショット写真。
元・熊ヶ谷部屋力士のお三方ですが、右の水色のシャツを着た力士は大相撲甚句にもこのところ大変お世話になっている芳野花の「水野修」さん。
軽妙なトークで番組を盛り上げて頂いておりますが、その芳野花さんのご紹介で中央の力士「芳若」さんが近日中に大相撲甚句にご出演頂ける事になりました。

芳野花さんの5年弟弟子の芳若さんですが「部屋の兄弟子よりも尊敬する男!」と太鼓判を押して推薦して下さいました。

小兵でありながら力士に憧れて、漫画史に残る超大作の「某相撲漫画」と同じ小岩にある熊ヶ谷部屋に自ら志願して入門した異色の力士!

その他にも様々武勇伝やエピソードを芳野花さん経由で芳若さんからも聞いて、今から収録が楽しみでならない北脇であります。

Image_2

そんな芳若さんは関東某所で、元力士の肩書きを隠して超有名なお店をしておられます。
「芳若ソング」を引っさげて収録に臨む北脇!
どうなりますでしょうか⁉︎

ご期待下さい‼︎

2014年11月25日 (火)

大量ゲット!「スギヨ仮面」めんこ…⁉︎

Image

ズラリと並べられたカードの山!

これは、アサヒ十六茶のノベルティーとして今年の夏、ローソンの店頭に並んだ物ですが、株式会社スギヨのN様より北脇宅に送って頂いたものであります。

Image_2

以前にもブログでご紹介させて頂きましたが、全国のご当地ヒーローを「めんこ」にしたノベルティーで、コレクション性もあり、マニアやヒーローファンの間でも話題になりました。

Image_3

当然、北脇もスギヨ仮面めんこをゲットする為、近所のローソンを探しまわりましたが47都道府県プラス1の中からスギヨ仮面めんこをゲットするのは大変でありました。
(なら志乃さんや肩すかしさんのご協力もあり売り上げに貢献して頂きました。有難うございました!)

北脇も購入する事が出来ましたが、封を開けるのが勿体無いので裏面のデザインを知らなかったのですけど…。

Image_4

「石川県 100てん 必殺技 カニカマフラッシュ」の下に 「ご当地ことば」が書かれている事に笑えてしまいました。

ただ、石川県と言っても加賀地方と能登地方がございますので、微妙にどころか全く違う方言もあります。
「いーじー」など、じー の語尾は主に金沢の方々が使います。

やるじー(やります) まいじー(上手いですね)などなど。
方言は面白いですね〜!

こんな事なら全国のご当地ヒーローのめんこを集めれば良かったかな〜。と思ったじー!
(ちょっと使い方が間違ってますが…。)

Image_5

ちなみにこれは仮面ライダー世代には懐かしい「仮面ライダーアルバム」
北脇の6歳上の従兄弟から譲って頂きました「当時モノ」
超〜っお宝であります!
(ちなみに従兄弟は北脇のブログをチェックしておりますので「やっぱり返せ!」って言われないかヒヤヒヤしておりますが…。)

アサヒ十六茶のご当地ヒーローめんこも「ご当地ヒーロー アルバム」を作れば更にブームになってたかもですね。

で、せっかくですので仮面ライダーアルバムをちょっとご紹介!

Image_6

カッコイイ仮面ライダーカードに何やら別のヒーローのカードが紛れ込んでいますが…。

Image_7

仮面ライダーカードの他に「レインボーマン カード」や「人造人間キカイダー カード」も混じってますし…。
Image_8

「レッドマン カード」「ダイヤモンドアイ カード」までもが仮面ライダーアルバムに入っています。
この当時は仮面ライダーカードの爆発的ヒットで「雨後のタケノコ」のように様々なヒーローカードが販売されていたようですね〜!

現在でも大相撲カードなどが根強い人気ですが、是非ともまたご当地ヒーローめんこやカードを販売して欲しいですね!

Image_9

その時は「スギヨ仮面の正体は、謎の着物シンガー!」とか扱って頂きたいものであります…。
(絶対にないですね〜。)

大量ゲットしたスギヨ仮面めんこ。
有意義に活用させて頂きます!
スギヨ様、いつも本当に有難うございます‼︎

2014年11月24日 (月)

Image

黒紋付と花嫁衣装を着たお二人は、元力士・勝盛の「松田一隆」さんと、アトリエ彩華・代表「萩原里枝子」さん。
http://saikaweb.com/

この日、都内にてお二人の結婚式が行われて多くの皆様がお集まりになり、幸せな二人の門出を祝福しました。

Image_2

樽酒の鏡割り!
大変な盛り上がりでしたよ。
一口頂きましたが絶品の美味しさで「もっと飲みた〜い!」と思いましたが、我慢した北脇。

何故なら、余興で相撲甚句を歌わせて頂き、二次会の司会も任せられていたからであります。
(とは言いながら、里枝子さんのお父様に「最近お酒飲んでる写真が多いね〜!ブログ見てますよ〜。」と言われて赤面してしまった北脇でした…。お父様にもお母様にもお世話になりっぱなしなのであります。)

Image_3

アマチュア相撲界の貴公子「矢島健一」さんもお祝いに駆けつけていました。

新郎の松田さんとは目黒高校相撲部時代のチームメート。
アマチュア相撲界の数々のタイトルを獲得し、寡黙で相撲一筋のイメージがありましたが、この日は弾けて笑わせて頂きましたよ!
Image_6

そして目黒高校相撲部の先輩で元関取・玉光国の岡部光国さんもいらっしゃいました。
Image_5

相撲が取り持った二人と言う事で、席には相撲に纏わる飾り付けがされていましたよ!
Image_7

沢山のお友達に担がれながら神輿に乗る松田さん…。

Image_8

嬉しそうですね〜。

Image_9

余興も大盛り上がり!
(メチャクチャ面白かったです。)

Image_10

相撲とファッションショーのコラボレーション。
最高でした!

Image_11

なんと、このドレスは里枝子さんがご自身で作られました!
もう感激で見入ってしましました。
(里枝子さんも美し過ぎますね…。)

Image_12

そんなお二人に北脇「相撲甚句」を歌わせて頂きました。

Image_13

相撲甚句「一隆 里枝子 づくし」と言う歌詞を書き下ろして歌わせて頂いた北脇。
掛け声を目黒高校相撲部監督をされた森屋先生、チームメートの矢島さんに入れて頂きましたよ!

Image_14

式のクライマックスは里枝子さんからご両親への手紙。
感動で泣けてしまいました…。


Image_15

松田さん、里枝子さん、末長くお幸せに!
お招き頂きまして有難うございました‼︎

2014年11月23日 (日)

北脇、ホープ師匠と相撲談義…⁉︎


Image_7

腰にバスタオルを巻いたホープ師匠の視線の先のテレビには栃ノ心関の姿。

本日、大相撲九州場所14日目は幕内優勝を占う好取り組みが目白押しでホープ師匠とサウナの休憩室で相撲中継を見た北脇。

「幕内の残り三番は見ものだね〜。誰が優勝すると思う?」と北脇に訊くホープ師匠。

そうしてホープ師匠と相撲談義をしながらも常にコントや笑いの事を考えてらっしゃいまして「自分は相撲解説者になったつもりで一番一番力士の取口や特徴を俺に説明してみろ?笑わそうとしてウケを狙っちゃダメだよ。真剣に解説するの。そしたら俺が突っ込むから。」と言いながら「相撲評論家コント」のお題を北脇に出すホープ師匠。

無茶振りのようですが、普段から師匠と本番を想定した会話をしなければ師匠のアドリブには対応出来ないのであります。

Image_2

「若の里勝ってるね〜!」「あの力士のシコ名は何て読むの?」などなど北脇に質問攻めをするホープ師匠。

このような何気ない会話を師匠とするのが楽しいのであります。

Image_3

ちなみにホープ師匠の贔屓力士は「高安」関。
かつて鳴戸部屋によくお邪魔していたホープ師匠は旧・鳴戸部屋力士が大好き!
稀勢の里関が鶴竜関に勝った夜は大喜びで北脇の元に電話をしてこられました。

Image_4

そんなホープ師匠も鳴戸部屋に行く以前は旧・武蔵川部屋へポール牧師匠と一緒にお邪魔していました。

「ポール師匠はなぁ無茶苦茶だったんだから〜。もうあんな芸人は現れないね〜。」と昔を思い出しながら「ポール牧武勇伝」を嬉しそうに語って下さいましたホープ師匠。

勿論、大胆過ぎてポール牧師匠の武勇伝を書く事は出来ません…。
(面白過ぎますよ〜。)

Image_5

大相撲も面白いですが、やはりホープ師匠も面白過ぎます。
結びの一番までホープ師匠と相撲談義した北脇でした。

2014年11月22日 (土)

元・放駒部屋力士「五大州」大相撲甚句に登場‼︎

Image

堂々たる体格で賞状を持つ力士は、昭和54年三月に初土俵を踏んだ放駒部屋の「五大州」さんであります。

その五大州さんの元を訪ねて大相撲甚句の収録をさせて頂きました。

Image_2

これが現在の五大州さんの「小西智之」さん。

神奈川大和市にて「特撰呉服こにし」のオーナーとして多忙な日々をお送りでらっしゃいます。
(お店のサイトです→http://www.konishi-kimono.com/)

実は五大州さんは以前、昭和54年初土俵の「五四会」の皆様と一度大相撲甚句にゲスト出演して頂いた事がありました。

久々の再会に「遠いところ申し訳ありませんね〜。」とおっしゃる五大州さんでしたが、特撰呉服こにしは我が家から電車一本で30分もかからない程のアクセス。

タップリお話しを伺いましたよ〜。

そんな五大州さんの出演交渉をして下さいましたのが!

Image_3

同じ昭和54年初土俵の安治川部屋の元・若武蔵「吉安宏次」さんであります。
この2〜3年は「吉安宏次プロデュース」の大相撲甚句が増えて感謝の言葉も足らないほど喜んでおります。

もちろん、吉安さん以外の沢山の皆様方にご協力頂きながら毎週放送をお届けする事が出来ております。
本当に有難うございます!

Image_4

話上手で聞き上手な五大州さんと話が弾み、気がつけば2時間以上も収録する事が出来ました。
面白かったですよ〜!

Image_5

入門間も無い五大州さん。
「大和市の大きな子供がいる!」と噂を聞いた大関魁傑関がわざわざ家まで迎えに来て大和市は大変な盛り上がりで市を上げて大歓迎されたそうです。

Image_6

相撲経験はなかったものの、順調に出世して昭和58年名古屋場所で三段目優勝。
土俵上で出羽海親方に表彰される五大州さん。

杉山邦博アナウンサーにインタビューされた五大州さんの映像も拝見しましたが、将来を嘱望され杉山アナウンサーも絶賛してらっしゃいました。

Image_29

当時流行した「ヨットパーカー」を着ている五大州さん。
(ヨットパーカー死語ですね…。)

胸元をよ〜く見ますと何やらワッペンのような物がついておりますが…。

Image_8

花籠部屋30周年記念に作られたワッペンでした。
丸いワッペンには何と!

Image_9

横綱輪島関の顔が刺繍されていました。

当時、五大州さんは花籠部屋で大関魁傑関の内弟子としておりましたので、輪島関にも可愛がっておられました。
(輪島関は五大州さんの場内アナウンスや行司の声帯模写が大好きで、風呂場でよくリクエストされたそうです。)

それにしてもこのワッペン、超〜っお宝ですね!

Image_10

そんな芸達者な五大州さんは百貨店のポスターのモデルになりました。

Image_12

新聞の記事にもなりました。

Image_13

これは中尾彬・池波志乃ご夫妻が放駒部屋に訪れた際に撮った貴重な写真。

Image_14

池波志乃さん、美し過ぎますね〜。

Image_15

大相撲あるあるネタに必ず出そうな一コマ。
楽しそうですね〜。

Image_16

放駒部屋の慰安旅行で群馬サファリパークに行った際の集合写真ですが…。

Image_17

アラブの石油王のようなコスチュームでラクダを引く「大乃国」関。
ラクダよりも大きな大乃国関も驚きですが、フィットする衣裳が群馬サファリパークにあったのも驚きですね〜。

Image_18

そんな大乃国関とはよく稽古をした五大州さん。
柔らかく、しなやかで凄い力士だったそうです。

Image_23

紅白の捩り鉢巻きで綱打ちをする五大州さん。
これは初代若乃花の二子山親方の還暦祝いの赤い綱をうっていた時では?との事でした。
同じ一門や部屋から横綱が誕生する事は大変な事なのであります。

そんな放駒部屋からは当然、横綱大乃国関が誕生しました。

Image_21

王者の風格が漂っている大乃国関の化粧廻し姿。

化粧廻しと言えば!

Image_22

相撲甚句も歌っていた五大州さん。
化粧廻しをして巡業などで甚句を披露してらっしゃいました。
Image_19

兄弟子で弓取りをした「小金富士」さんとツーショット。
二人共に美男力士ですから相当モテたでしょうね〜。

Image_20

この小金富士」さんとの写真も良いですね!

Image_24

貴重なスリーショット!
横綱北勝海関と関脇寺尾関、そして五大州さん。

昭和54年初土俵の力士は大豊作で横綱、関脇、小結、などの役力士が大勢誕生しました。

番組でも同期生のお話しを五大州さんに語って頂きました。

Image_25

石原軍団に居そうな感じの写真。
(あだ名は-チョンマゲ刑事 デカ -なんてね…。)

哀愁漂っています。

Image_26

放駒親方との思い出も語って頂きました。

Image_27

三段目優勝した際には放駒親方も喜びをあらわにされたそうです。

Image_30

そんな五大州さんご出演の大相撲甚句は11月30日、12月7日の日曜日深夜12時からFM西東京にて放送します。

FM西東京のサイトからリアルタイムでお聴き頂けますし→http://842fm.west-tokyo.co.jp/

Podcastからは過去の放送も配信します。→http://www.voiceblog.jp/kitawaki-takashi2/

ラジオかなざわ、ラジオこまつ、ラジオななお、からは12月6日、13日(土)夕方5時半から放送します。

どうぞお楽しみにしていて下さい!

2014年11月21日 (金)

第3回「週刊 輝 情報」は時間超過…⁉︎

Image

新十両とは思えない程の堂々たる相撲で見事勝ち越しをし、十両優勝の圏内で大活躍の輝関。

昨日も、ラジオななおにて昼11時半から「北脇貴士の 週刊 輝 情報」をメインパーソナリティーの車吉章さんと電話で放送した北脇。

地元の北國新聞も輝関の勝ち越しを一面記事にデカデカと取り上げたそうです。

それにしましても日に日に風格が出てきているように感じる輝関でありますが、この日の相手は!

Image_2

幕内経験者でベテランの翔天狼関。
初顔で横綱白鵬関を破った事も記憶に残る名力士。

以前、和歌乃山関のお店で翔天狼関を前に歌を歌った時、随分喜んで下さり、それ以来気さくにお声をかけて下さるようになった翔天狼関。
(優しい方でらっしゃいます。)

そんな翔天狼関にも…。

Image_3

素晴らしい相撲で見事に勝利されて9勝目を上げた輝関。

週刊 輝 情報の番組でも連日の輝関の取り組みや新十両インタビューの際にNHKで放送された様子などなどを交えてタップリ情報をお届けした北脇。

特に印象的だったのは幕下で三場所連続負け越した時に高田川親方と交わした会話、その高田川親方も現役時代はインタビュールームで無言を貫いたアナウンサー泣かせの力士でしたが(とにかく無愛想でしたよね…。)愛弟子の輝関の話になると目を細めながら饒舌にお話しされる姿が非常に印象的で、師弟愛の強さを鮮明に感じました。

そして、この日の十両解説は!

Image_4

同じ石川県七尾市石崎町出身の栃乃洋の竹縄親方。

相撲処「石川県七尾市も相撲をする子供が減少しておりますが、輝関の活躍でまた相撲が盛んになりますよ!」と喜びをあらわにしていた竹縄親方。

我々が子供の頃は男の子は半強制的にマワシを締めさせられて相撲をやらされたものでした。
特に七尾市石崎町の相撲熱は群を抜いておりました。

ちなみに「石崎町」は我々は「いっさきまち」と言ってます。
本来は「いしざきまち」なのでしょうが、地元の人間は全員何故か「いっさき」と言います。
竹縄親方も三瓶アナウンサーが「いしざき町」と言うと間髪入れず「ハイ!いっさき町です。」とやんわり言い直していたのが面白かったです。
(石川県七尾市あるあるネタでした…。)

石川県石崎町出身の輪島関、栃乃洋関に続き輝関も三役、その上を目指して頂きたいです!

Image_5

第3回の週刊 輝 情報は話が盛り上がり過ぎたり、北脇貴士の幻の歌をリクエストして下さる有難くも恥ずかしいメールをお寄せ頂いたりで、15分枠が大幅に超過してしまいました。
(そのお話しはまたブログでご紹介します…。)

輝関、今日で二桁を上げて十両優勝して次回の週刊 輝 情報は30分超えでお届けですよ〜!

北脇も石川県民も輝関を応援しております‼︎

2014年11月20日 (木)

ホープ「健さん」を語る…。

Image

美味しそうな御飯を目の前にしまして北脇この日もホープ師匠とライブの打ち合わせをしたのですが、話題の中心は…。

Image_2

高倉健さんであります。
テレビや新聞などでも大きく報道されましたし、号外まで出た高倉健さんのニュース。
ホープ師匠もショックを隠しきれない様子でした。

映画が大好きで、ほぼ毎日のように映画のDVDを見ることが日課のホープ師匠。
健さんもホープ師匠が憧れる役者の一人でした。

「昔、俺たちは映画の内容や監督とかじゃなく健さんを見に映画館に行ったんだよ。健さんが出てたら役なんて何でも良かった。もうあんな役者は現れないね…。」としみじみおっしゃっていました。

そんな高倉健さんとホープ師匠は昔、共演した事がありました。

Image_3

「鉄道員 ぽっほや」の…。

Image_4

モノクロームの回想シーンので…。
Image_5

汽車の中には高倉健さんの姿!
そして、赤い鉢巻きをした後ろ姿の男性こそ…。

Image_6

ホープ師匠であります。
現場で高倉健さんとお会いした時の存在感、オーラなど以前より師匠から聞かされていましたが、ホープ師匠が何度もNGを出して小林稔侍さんに怒られた話などを昨日の事のように語って下さいました。

実は鉄道員の映画ではホープ師匠は重要な役どころに決まりそうでしたが、直前に別の役者さんが抜擢された話も師匠から聞かされていました。

様々な都市伝説などがある高倉健さんですが、実際の高倉健さんの話をホープ師匠から聞いて高倉健さんの男気や優しさを知りました。

本当の意味で大スターだったそうです。

Image_7

健さんの話と食事を終えて師匠とライブの打ち合わせをした北脇でした。

2014年11月19日 (水)

北脇「ラテン」「演歌」「フォーク」を猛特訓…⁉︎

Image

ピアニストの男性の隣でギターを弾く北脇。
この日、自宅地下スタジオでギターと歌の特訓を受けました。

これまでは「力士ソング」「コミックソング」など、自分自身で作詞作曲した歌を中心に舞台などに立たせて頂いた北脇ですが、恩師から「スタンダードな歌も練習して下さい。年末に人前で発表して頂きます!」と数ヶ月前から言われて自分なりに取り組んでまいりましたが、難しくて何度も挫折しておりました。
しかも発表会は腕のあるバンドの皆様とご一緒ですから相当なプレッシャー。
確かに北脇もバンドのメンバーと何度もステージをさせて頂いた事がありましたが、自分の作った歌と世間の皆さんが知っていて愛されているスタンダードな歌とは取り組む心構えが全く違うのであります。

ちなみにジャンルは!

Image_2

「ラテン音楽」「演歌 歌謡曲」「フォークソング」など、日本人なら必ず一度は聴いた事のある歌数曲を演奏します。

これまでこのようなジャンルは避けて通ってきた北脇には非常にハードルが高いものでありましたが…。

Image_3

「いいよ!ちゃんと出来てるよ。」「もう一回ここを練習しましょう!」「うん、いいね〜!僕もノッてきたよ〜。」と北脇を気持ち良く乗っけて下さるピアニストの先生。

人にものを教わると言う事にあまり縁がなかった北脇でしたので新鮮で楽しくて感激してしまいました。
何としても本番迄に仕上げてバンドの皆様と楽しいステージがしたいです。

ピアニストの先生、本当に有難うございました!

頑張りますよ〜っ‼︎

2014年11月18日 (火)

吉田照美 絵画展「不思議な夢」に潜入…⁉︎

Image

「吉田照美 不思議な夢」と書かれたタイトルの下に描かれた様々な絵。

ご存知の通り、テレビ・ラジオでご活躍の「吉田照美」さんがこの程、絵画展を船橋市の東武百貨店5Fの美術画廊で行なわれると言う情報を聞いて観てまいりました。
(詳細は→http://www.tobu-dept.jp/funabashi/event/5f/art1113.html)

Image_3

数年前から油絵に目覚められて、今では個展を開催されて画家としてご活躍の吉田照美さん。
独創的で芸術的で美しい作品の数々に驚いてしまいました。

特に「猫」「ハチドリ」「女性バレリーナ」が多かったように思えました。
絵を見るとその人の姿が見えてくる気がしますが、テレビやラジオなどで楽しいお話を披露される吉田照美さんの美的感覚や優しさを伺い知ることが出来ました。

そんな吉田照美さんの最高傑作と呼べる大作と写真を撮らせて頂きました北脇…。

Image_4

吉田照美さんのご子息「ヨシダ ユウキ」さんであります。
背が高く男前で見た目も芸術的ですが、対応も最高でした。
平身低頭で物腰が柔らかく、人を気持ち良させて下さる好青年。

北脇の姿を見て「浜あげ吉田屋の大将から聞いております!わざわざ有難うございます。」と深々と頭を下げられ恐縮してしまいました。

浜あげ吉田屋の吉田茂社長は吉田照美さんやユウキさんとは長年のお付き合いで勝手知ったる仲!
良きご縁を本当に感謝申し上げます。

そんな吉田照美さんがパーソナリティーを務めておられる文化放送の「飛べ!サルバドール」の番組が会場から生中継される事となりまして…。

Image_5

いろんな意味で「根回し」をして頂いて…?一般人になりすましてインタビューを受けてしまった北脇…。

スタジオの吉田照美さんとレポーターの夏江紘美さんが軽妙なトークで番組も盛り上がっていました。

Image_6

自然体を!と心がけてはいたものの、やはり余計な話しをしてしまい「あれっ?慣れた感じだなぁ〜。」と吉田照美さんに言われて動揺した北脇…。
(写真は某N氏が撮って下さいました。貴重ですよね〜。)

詳しくは番組サイトを→http://www.joqr.co.jp/saru/

Image_7

会場を去るのが惜しまれるほどワクワクするような作品の数々が展示されていた「吉田照美 不思議な夢」展。

Image_8

皆様も是非観に行かれてはいかがでしょうか!

2014年11月17日 (月)

青梅宿アートフェスティバル2014 その3

Image_19

昔懐かしいチンドン屋さん。
青梅宿アートフェスティバル2014の二日目も朝から天候に恵まれて大勢の人々が集まりました。
二日目のステージは北脇ピンで登場する事になっておりました。

Image_20

「国際パフォーマンス広場」と言う事で海外の音楽や日本の伝統芸能のステージだったようなので、何も聞かされてなかった北脇は格闘家の衣装を着て力士ソングメドレーや相撲甚句などを歌いました。
(あと「毒蝮三太夫かぞえ唄」も…。)

Image_21

二日酔いとは思えない程、朝からテンションが高かった北脇。
それも青梅の皆さん方が優しいからであります。
Image_22

沿道にはチビッコも大喜びの着ぐるみ動物や…。

Image_23

お父さんも大喜びのサンバパレードの皆さんもいて大賑わい!
(目のやり場に困りましたよ…。)

Image_24

去年はこの昭和レトロ記念館の上からホープ師匠、中村ゆうじさん、バンドの皆さんとパフォーマンスをしました。

Image_25

街を散策していますと、北脇を昔から面倒見て下さっている皆さんと遭遇。
かれこれ10年以上のお付き合いになります。

Image_26

ホープ師匠から「ゴムパッチンのゴム」をプレゼントされて大喜びのミーさん。
(後ろの女性、いい表情ですね〜。)

Image_27

プロギターリストでミュージシャンでありながら画家でもある司さん。
昔から北脇を可愛がって下さいます。

そんな司さんに誘われて…。

Image_28

コラボしてしまった北脇。
10年前くらいは直接喋る事も出来ないくらいの雲の上の方でしたが「やろうぜ!」と気さくに言ってくれて、ホープ師匠をテーマに作った「ジタバタするのが人生」「拝啓ホープ様」「遺言状のブルース」そして北脇が青梅と繋がるきっかけとなった曲「温泉マドロス」をシブいギターで弾いて下さいました。

憧れの人物と一緒にコラボ出来て最高の思い出となりました。

Image_29

二人のコラボに周囲もチョットした人だかりになりましたよ!
Image_30

司さん、また一緒にやりたいですね〜!
本当に有難うございました。

そして青梅の皆さんも本当に有難うございました‼︎


Image_31

二日間、最高の天候だった青梅宿アートフェスティバル2014。
来年もまた呼んで頂きたいですね!

青梅宿アートフェスティバル2014 その2

Image_10

次なる会場「青テントステージ」で格闘家になっている北脇。

Image_11

ホープ師匠登場で盛り上がる会場。
この一年の闘病生活を笑いにしながらお客さんの心をつかんでらっしゃいましたよ。

Image_12

中村ゆうじさんが現れて「服を脱げ!今からヨガをする」と言われ、イヤ〜な予感がよぎった北脇。
予感は的中して…。
Image_13

「ヨガは腹筋を鍛えないとな!」と…。

Image_14

構える中村さんから逃げる北脇!
先の読めない展開に怯えつつも、段々エキサイトしてゆく中村さんの芸にハマってしまった北脇。
(やはり北脇は病気で変人なんでしょうかね…。)

Image_15

舞台の最後はホープ師匠をモデルに作った「遺言状のブルース」
本当に楽しい舞台で、終わった後もホープ師匠や中村ゆうじさんファンが集まって盛り上がりました。
(動画を撮りましたがYouTubeにアップして良いですか!とのお客さんもいました…。)

Image_16

舞台を無事に終え、主催者側から食事をご用意頂きました。
「ゆうちゃんが来てくれて安心して舞台が出来たよ!」喜びをあらわにするホープ師匠。
中村さんもテレビなどでは放送出来ない過激で面白いコントを披露され自分自身が涙を流して喜んでらっしゃいました。

Image_17

お店「関忠 せきちゅう」さんも歓迎され、早速お店にサインとライブチラシを貼って下さいました。
関忠さん、有難うございます!

Image_18

本当に楽しかった青梅宿アートフェスティバル2014の初日!
「来年も生きてたら青梅に来るね!」とホープ師匠ですが、今回の舞台もパワフルでエネルギッシュでした。
来年もまた必ず青梅に来たいと思わされました。

ホープ師匠、中村ゆうじさん、青梅の皆さん、本当に有難うございました‼︎

その3に続きます。

青梅宿アートフェスティバル2014 その1

Image

11月15、16日に東京都青梅市にて行われました「青梅宿アートフェスティバル2014」
天候にも恵まれて大勢の皆様が集まり盛り上がりました。

その二日間の様子をご覧ください!

Image_2

舞台本番前、食事をするホープ師匠と中村ゆうじさん。
「あれから一年経つんだね〜。早いよね。生きてまた青梅に来れるとは思わなかったよ…。」と言いながら去年の青梅での舞台を思い出すホープ師匠。

大手術をしてもライブや舞台に復帰するホープの姿にいつも力を分け与えて頂いております。
そして中村ゆうじさんまでもが青梅に来て下さり夢のようでした。

Image_9


衣装に着替えるホープ師匠。
北脇も着替えとメイクをして…。

Image_4

ホープ師匠と中村ゆうじさんが現れるまで「前説&歌」
何と言っても45分も持ち時間がありますので「たっぷり引っ張れ!客を集めておけよ!」と言われてましたが…。

Image_5

「何だ!客が全然ノッテないじゃないか!歌はもういい‼︎」と言われ、ホープ師匠と「ゆーとぴあ」のコント。
久々の「先生・生徒」コントに緊張してしまいましたよ〜。

Image_6

当然お約束の「ゴムパッチン」も!
そして‼︎

Image_7

中村ゆうじさんのパントマイム、声帯模写も披露して頂き盛り上がりました。
ホープ師匠も嬉しそうに「菅原文太のモノマネをしながら綱引きのパントマイムして!」など、無茶振りをしていました。
(北脇は中村ゆうじさんの「田村正和のモノマネ」に大爆笑してしまいました。)

こうして45分の持ち時間を無事に終えまして…。

Image_8

次の会場に移動しました。
(哀愁がありますね〜。)

その2に続きます。

2014年11月16日 (日)

ホープ・中村ゆうじ・北脇、1年振りの青梅で弾ける…⁉︎

Image

この3人!
ホープ師匠、中村ゆうじさん、北脇貴士です。
11月15日、青梅アートフェスティバルの青テントステージの様子。

お陰様で無事に終えることが出来ました。
また詳細はあらためてブログで紹介させて頂きますのでお待ち下さい!
(舞台で動き過ぎて筋肉痛と心地よい疲れが出ております…。)

最高に楽しませて頂きましたよ〜!

2014年11月15日 (土)

北脇「yosakoiダンスチーム 舞夢」のメンバーになる…⁉︎

Image

円卓の周りを囲む方々は、調布市を中心に活躍しておりますyosakoiダンスチーム「舞夢」の皆さん。
今年の夏にご縁がありまして北脇をチームの歌い手としてコラボレーションさせて頂きました。

昨夜は舞夢の皆さん方にお招き頂き、少し早い忘年会されました。

Image_3

これが衣装をまとった舞夢の皆さん。
あの夏の炎天下をダンスしながら調布市を練り歩いたのが遠い昔のように感じてしまう程、今年一番の寒さを記録した東京。

しかし、皆さんと飲みながら夏の出来事を思い出し、このご縁を喜んだ北脇でした。

喜んだ!と言えば…。

Image_4

舞夢のムードメーカー的存在の「マッちゃん」から「北脇センセーに食べて欲しいの〜。」とプレゼントを頂いてデレデレしている北脇ですが「マッちゃん!センセーって呼ばないでよ!ダンディーとかハンサムって呼んで!」と酔っ払って調子に乗る北脇。
(それ以来本当に「ダンディー」と呼ばれてしまいました…。)

舞夢の多田代表はじめ、皆さんから「来年もまた一緒にお願いします!」と沢山の温かいお言葉やおもてなしの数々を頂き、幸せな気分になりました。
本当に有難うございました!

そんな素晴らしいご縁を北脇に与えて下さいましたのが…。

Image_5

北脇の隣の女性「かよこ」さん。
かよこさんは北脇の恩人の妹さんで、北脇がかつて西新宿の路上で毎晩歌っていた時に可愛がって面倒を見てくれた「石井義明」さんの妹さん。

兄貴のように慕っていた方でしたが、北脇にホープ師匠を紹介してご縁を繋いでくれた8日後に52歳の若さで突然お亡くなりになりました。
(義明兄さんのお店の常連客がホープ師匠でした。)

義明兄さんが居なければホープ師匠と会う事も舞夢の皆さんと会う事もありませんでした。

義明兄さんがいつも北脇を見守って下さっていると信じながら日々生活させて頂いていると北脇。
素晴らしいご縁を本当に有難うございます。

かよこさんを通じて舞夢の皆さんともファミリーのように親しくさせて頂きました北脇。

Image_2

来年も舞夢の皆さんとyosakoiダンスで大暴れしないといけませんね〜!
この夏、最高の思い出を本当に有難うございました〜!!

2014年11月14日 (金)

「週刊 輝 情報」第2回放送無事終了〜っ‼︎

Image

この黄金マワシの関取は今場所新十両「輝 大士」関。
(ご本人曰く「シャンパンゴールド」との事!)

初日から素晴らしい相撲で会場からも「カガヤキ〜っ‼︎」の声援が飛び交っております。

そんな石川県七尾市出身の輝関をクローズアップした番組「北脇貴士の週刊 輝 情報」が先週から地元のラジオななおで始まり、昨日無事に第2回放送を終えることができました。
(ラジオななおサイト→http://www.radionanao.co.jp/)

「七尾もしもし探検隊」のメインパーソナリティーの「車 吉章」さんがいるスタジオと電話で掛け合いしながらの15分ですが、前回は「週刊 北脇 情報」のような北脇貴士を全面に出して頂いた反省を踏まえて、輝関の情報を!と心がげた北脇。

終わってみれば車パーソナリティーのリードにも助けて頂き「週刊 かが脇 情報」くらい、輝関と北脇の話を半分半分くらいお届けする事が出来ました。
(まだまだ反省点だらけですよ…。車パーソナリティー、スタッフの皆さん、そしてリスナーの皆さん宜しくお願いします。

車パーソナリティー「北脇さん、前回は徹夜で輝関の情報をノートにまとめたのに紹介出来ずゴメンなさ〜い!今回全部出して下さ〜い!」とかなり話を盛って無茶振りする一幕もあり楽しませて頂きました。
(徹夜なんかしてませんからね〜。)

そんな輝関の五日目の相手は!
Image_2

今場所同じく新十両の琴恵光関。
お祖父様も力士で、小兵ながら入門当時から嘱望されていた力士。
(しかも相当な美男力士!)

激しい攻防を見事に制したのは…。

Image_3

輝関!
若干20歳、しかも新十両とは思えないほどの風格が漂っています。

車パーソナリティーも「地元は輝関の話題で盛り上がってますよ〜!」との事。

丁度、以前収録させて頂き16日(日)放送予の大相撲甚句ゲストの「岸本政秀」さんのブログ「相撲談義」でも連日詳細が掲載されていますよ!
(北脇の 週刊 輝 情報 の事も書いて頂きました。有難うございます。)

相撲談義ブログ→http://blog.goo.ne.jp/akumu006

Image_4

序盤を4勝1敗で乗りきった輝関!

来週も木曜日昼11時30分から「北脇貴士の 週刊 輝」情報をお届けしますよ!

2014年11月13日 (木)

ホープ&中村有志 11月15日 青梅に現る…⁉︎

Image

ホープ師匠と中村有志さんのツーショット。
11月15日(土)青梅市で行われるお祭り「青梅宿アートフェスティバル」のイベントに今年も来て頂ける事となり、事務所で打ち合わせをしました。

昨年は北乃脇バンドのメンバーにホープ師匠、中村有志さんがサプライズゲストで加わって頂き、大変盛り上がりました。
(昨年の映像です→http://youtu.be/QuNdvPMw1OU
他にも何本かアップされてます。)

今年はバンドは参加しませんが、ホープ師匠と中村有志さんと北脇貴士の3人でツーステージをさせて頂きます。

Image_2

場所は二カ所!
一回目は「勝沼 東栄座 夕日ステージ」で午後13時半から(東青梅駅下車 徒歩5分の青梅信用金庫近く)

二回目は「住江町 青テント舞台」で午後15時から(昭和レトロ記念館近く)

詳しくは→http://art-fes.omjk.jp/24/24.html

ある程度の打ち合わせも終わり事務所を失礼しようとすると…。

Image_3

通話中の西田ぼんさんが、北脇のズボンのベルトループに指を通して帰らないように引き止めて。

「おい!帰るのかよ。なんか忘れてるだろ…?」と言われて、ピーンときまして…。

Image_4

お別れのハグ…。
(ハグじゃないですが…。)

「北脇〜!お前はホ◯気があるのかも知れないナァ〜。」と笑みを浮かべてらっしゃいましたが、ホープ師匠や中村有志さん達と舞台をご一緒させて頂くにはまともな精神状態では太刀打ち出来ませんからね…。
(でも自分で写真を見てやるせなくなってしまいましたがね…。)

そんな訳で!

Image_5

皆様も11月15日(土)は青梅宿アートフェスティバルに足を運んでみてはいかがでしょうか!

2014年11月12日 (水)

ホープ師匠、LIVE会場の下見で大興奮…⁉︎

Image

哀愁漂う横顔。

この日はホープ師匠、中村有志さん、事務所の皆さんと一緒に12月13日(土)行われる「奇跡の生存LIVE 2」の会場となる新宿歌舞伎町「新宿バッシュ」の下見をしてまいりました。
http://vitus.main.jp/vash.htm

ホープ師匠は若き下積み時代、ストリップ劇場の幕間コントを経験されてきました。
その当時のコントや時代背景を今回の舞台で再現するのですが、前回のLIVEが相当好評だった為、更にグレードアップすべく中村有志さんとアイディアを出しあってらっしゃいます。

それにしても大手術から復帰してまだ半年余りのホープ師匠。
医学を超越した回復力で周囲を驚かせています。

Image_2

「舞台は狭いな〜。動きが制限されるね〜。」ホープ師匠と中村有志さん、実際に舞台上でシュミレーションしてらっしゃいます。

前回のLIVE会場のゴールデン街劇場もそうですが、新宿バッシュも昔ながらのストリップ劇場の雰囲気が漂っているそうでホープ師匠も当時を思い出して青年のようなお顔になっていました。
Image_3

「北脇、なんかセリフ喋って!」師匠に言われて舞台に上がると、客席との近さにこちらが照れてしまいそうでした。

マイクなど無くとも地声でも十分お客さんに聞こえるような至近距離でしたよ!

北脇も舞台に立ってワクワクしてしまいました。

Image_4

前回のクライマックスはホープ師匠の金粉ショー。
今回も大ががりな仕掛けを考えておりますが、実現出来ますでしょうか…?
(ちなみに前回は→http://youtu.be/7AogcjRExsI)

Image_5

西田ぼんさんも登場して打ち合わせに参加。
芸人の血が騒いでらっしゃるご様子でしたよ。

Image_6

「映像も使えるんだね〜。」いろいろアイディアが湧いてきているホープ師匠。
本番まで約一カ月。

非常に楽しみであります。

Image_7

皆様のご来場を心よりお待ちしております!


2014年11月11日 (火)

第11回「夜のキタメンコ」無事終了〜っ‼︎

Image

センターの女性は女優でラジオパーソナリティーの「キタノソラ」さん。

新生「夜のキタメンコ」に今月から参入して下さいました頼もしいファミリーであります。
正味、小菅さんと北脇とも2〜3回しか会った事が無いのですが、息ピッタリ!
と言うか、我々の暴走や無茶振りも見事なまでに受け止めて、気がつけばアッと言う間に50分が過ぎてしまいました。

手前味噌で申し訳ありませんが、これまで10回やってきてキタノソラさんが加わり、ようやく形になった気がしました。

リアルタイムをお見逃しの方はコチラを→http://youtu.be/iY3k-7-WyHo

本番前はいつものように!

Image_2

スタジオ近くの喫茶店で打ち合わせ。

小菅さんが来る迄、キタノさんと世間話をして頂き北脇ですが、キタノさん曰く「北脇さんは変わってますね…。」との事。

ホープ師匠からも常々「君は病気だ!変人だ!」と言われますが、やはり変わっているようです…。

Image_3

飲み慣れない「バナナミルクティー」を飲んでいるうちに…。

Image_4

小菅さんが登場して、そのまま打ち合わせ!

北脇が持参した相撲雑誌などに目を通してらっしゃいます。

打ち合わせらしい打ち合わせはしなくとも大丈夫!
何故なら…。

Image_5

入念に作り込まれた小菅さんの台本があるからであります。

Image_6

出版編集の仕事をする小菅さんですから内容は完璧!
カットする場所が無い程キッチリした台本です。

長年ラジオパーソナリティーをしているキタノソラさんも驚いていました。

ですから…。
Image_7

キタノさんも北脇が持参した「特撮ヒーロー全集」を熟読していました。
嬉しい光景ですよね〜。

楽しい打ち合わせと生放送も無事に終わりまして!

Image_9

キタノさんにホープ師匠の「奇跡の生存LIVE」ポスターを持って記念写真!

キタノさん、小菅さんと新生「北脇貴士の夜のキタメンコ」が出来て手ごたえのようなものを感じた北脇。

メールを下さいました皆様、リアルタイムでご覧下さいました皆様、そして小菅さん、キタノさん本当に有難うございました!
来月もどうか宜しくお願い申し上げます。

(くどいですが動画のURLです→http://youtu.be/iY3k-7-WyHo)

2014年11月10日 (月)

今夜9時は「北脇貴士の夜のキタメンコ」

ブログでも再三に渡り告知しておりますが、今夜9時はCROSS WAVE SENJUにて新メンバーキタノソラさんを加えた「北脇貴士の夜のキタメンコ」の生放送!

キタノソラさんへのメール、相撲ネタ、その他たくさんのメールを皆さま方からお待ちしております。
宜しくお願い申し上げます!

メールや生中継はコチラのサイトから→http://senjux.com/

北脇の「勝手に応援歌のコーナー」もお楽しみに!

第92回 全国学生相撲選手権大会 in 両国国技館

Image

「第92回 学生相撲選手権大会」と書かれたパネル。

11月9日両国国技館にて行われた大学相撲の大会「インカレ」の団体戦を観に行ってまいりました。

この人物に誘われてね…。

Image_2

元 境川部屋力士の「闘勝花」さん。

お隣には法政大学の相撲部員がいますが、闘勝花さんの地元長崎の先輩が法政大学相撲部の監督をしてらっしゃる関係で部員とも交流がおありの様子。

当然「写真!しゃしん!シャシーン‼︎」とポーズを取る闘勝花さん。
(声が響くんですよ…。)

Image_3

チケットを持って、いざ国技館へ‼︎

Image_13

既にBクラスの団体戦が行われておりました。
Bクラスと言えども強豪選手が勢ぞろい!

たっぷり楽しませて頂きました。

そしてAクラスでは!

Image_5

北脇の地元「金沢学院大学」の面々が登場し、北脇を熱くして下さいました。
相撲処 石川県と小中高生からは全国大会で活躍する出場校がある中で、大学では有能選手が東京や関西方面の大学へ進学してしまうので、金沢学院大学の活躍は本当に嬉しいのであります。

Image_6

土俵近くまで接近し、中村選手を撮りました。

当然、日大 日体大 東洋大などの超強豪校の取り組みも楽しませて頂きました。

一方、土俵の外では…。

Image_7

闘勝花さんと「妙義龍シャツ」を着て観戦をしました。

このシャツは妙義龍関ファンの女性からプレゼントして頂いたのですが、相当目立っていました。

Image_8

一方、ボックス席に座っているお三方にご挨拶をさせて頂きましたが、元・中央大学相撲部員の岸田聡司さん(左) 和田光広さん(中) 中尾浩規さん(右)がいらっしゃいました。
(中尾さんは元幕内力士の若孜関)

和田さんは三鷹相撲クラブの代表で北脇も日頃から大変お世話になっておりますので、日頃のご愛顧に感謝をして…。

Image_9

松嶌篤志画伯の絵番付をお渡ししました。
「いいんですか?嬉しいな〜。」とお喜びでしたが、三鷹相撲クラブの子供達はもっと喜んで下さるものと思います。

三鷹相撲クラブと言えば!

Image_10

クラブで指導をされる元 羽黒灘の田中大介さんもいらっしゃいました。

「兄弟子〜!」と田中さんに話しかけて喜びをあらわにする闘勝花さん。
(5年兄弟子でらっしゃいます。)

そんな田中さんのご子息の!

Image_11

新潟県能生中学一年生の田中とらのすけ君も観に来ていました。
しばらく見ないうちに背が伸びて凛々しくなって驚いてしまいました。
これからの活躍が非常に楽しみであります!

ちなみに、とらのすけ君は妙義龍関の大ファンであります。

Image_12

今年も楽しませて頂きましたインカレ。
来年は大阪府堺市で行われます。
学生の皆さん方、熱戦の数々を見せて下さいまして本当に有難うございました!

2014年11月 8日 (土)

ホープ一門、週末に集結…⁉︎

Image_8

顔を真っ赤にして泣いているように見えるホープ師匠。
実は逆で笑い過ぎて涙を流してらっしゃるのであります。

師匠を笑い泣きさせた犯人は…。

Image_9

西田ぼんさんであります。

この日はライブの打ち合わせとホープ師匠のサイトを立ち上げる為の話が西田ぼんさん事務所で行われました。

ホープ師匠の強い推薦によりサイトの文章や写真など記事を作成するのは北脇。
これまでブログでもホープ師匠の記録を残してきた事が決めてになったようです。

歌以外の未知なる経験を次々に与えて下さるホープ師匠と西田ぼんさんには本当に感謝しております。

そんな西田ぼんさんは当然ホープ師匠が大好き。

「いいか!薄めたり嘘の記事はダメだぞ!師匠の本当の姿を記録しろよ。」と言いながら…。

Image_10

「ホープしゃ〜ん!しゅきしゅき〜っ‼︎」と赤ちゃん言葉で甘える西田ぼんさん。
(ホープさん、好き好き!と言ってます…。)

微笑ましい師弟の姿を写真!と思いましたら…。

Image_11

「ぼん!お前今 屁こいただろ‼︎昔からお前はそうなんだ。コラ!離れろ〜!」と必死で抵抗する師匠。

Image_12

「ハイ!くしゃくない、くしゃくないよ〜!」と写真を撮るとますますテンションが上がる西田ぼんさん。
(はい、臭くない!臭くないよ!と言ってます…。)

このような日常の姿が舞台に自然に出なければ笑いにならないのであります。
(これが大変で出来ないんですよね…。)

Image_13

そんな日常を20代の頃からホープ師匠の弟子として見てきた「ひろ」さん。
(北脇と同じ42歳)

度胸があると言うか肝が座ってらっしゃいます。

前回のライブでも三味線を弾いて前半コントを盛り上げて下さいました。
今回も重要な役どころでしょうね。

ちなみに!

Image_18

前日は、コント青年団の青木イサムさんが事務所に来てライブの打ち合わせをしました。
青木さんご自身も月末に大きなライブが入っていてご多忙の様子。

そんな青木さんと一緒に…。

Image_19

事務所にあった高級酒を一緒に飲んだ北脇。
居心地が良すぎて、ついつい入り浸ってしまいます。

入り浸るのは何も北脇だけでなく!

Image_16

落語家で俳優の「桂茶がま」さんもその一人。

ホープ師匠と北脇を北海道釧路市のホテル演芸場にご紹介下さり、約二か月生活を共にしました。
(あの時は「早く東京に帰りた〜い!」と思ってましたが、今は最高の経験をさせて頂きました。本当に有難いですね。)

そんな桂茶がまさんも、来月大きな舞台を控えてご多忙な様子。

でも「ホープ師匠、何でも言って下さい!手伝いますよ。」と頼もしいお言葉。

是非とも12月13日のライブにご出演頂きたいですね。

Image_17

ライブまで約一か月。
一門が集結して面白い事をやりますよ〜!

北脇、相撲絵師 松嶌篤志の「星絵番」に感動‼︎

Image_2

「大相撲星取絵番付」と書かれた両脇には東西の幕内力士が仕切をする絵が描かれております。

相撲ファンならずとも一度は見た事のあるタッチの絵。
そして一度見たら忘れる事の出来ないインパクトの力士絵!

この力士絵を描かれたのは、様々な相撲書籍やスポーツ新聞紙面などでも大活躍の相撲絵師「松嶌篤志」画伯であります。

数年前から「この力士の絵を描く人、凄いなぁ〜!面白過ぎる…‼︎」と思って見ていた北脇。

そんな超有名人の松嶌画伯がナント…⁉︎

Image_3

FM西東京へ北脇貴士宛にわざわざ星取絵番付を送って下さったんであります!

FM西東京の局へは収録で行く事は最近無くなってしまったのでスタッフから「松島篤志さんと言う方から北脇宛に郵便物が届いてますので…」とメールがあり、自宅に転送して頂き「松嶌篤志」画伯と分かり、身体が震えてしまいました!
(松嶌→松島に間違っていたとは言え、まさかと目を疑ってしまいました。)

48人の幕内力士どれも素晴らしいですが、北脇が最もハマってしまったのが!

Image_4

「栃ノ心」関であります。
「あ〜こんな口元や!こんな目つきや〜!」と見入ってしまいました。
本当に見事なまでに力士の特徴を捉えられ描かれる松嶌画伯の力士絵。

その他にも気になる力士をチョットご紹介!


Image_5

北脇の周囲には根強いファンが多い「妙義龍」関!
(特に女性ファンが多いんですが。)

今場所は復活されて必ずや大活躍される事でしょうね!

女性ファンと言えば…。

Image_6

遠藤関も今場所の巻き返しに注目ですね!
(お顔の描写も凄いですが、額の生え際が絶妙に描かれておりますね。)

そして極めつけは!

Image_7

「松鳳山」関!
本家の松鳳山関以上に怖い人相に描かれておりますね〜。
(飄々と仕切る隠岐の海関のお顔とのギャップが実に面白いですよね。)

よく、モノマネの「コロッケ」さんがご本人の前でモノマネをすると笑ってウケている人と「俺、そんな顔して喋らないよ!」と真顔で言う人がいますが、モノマネも絵も実際よりもオーバーに特徴を大きく引き出した方が面白くて記憶に残ると思いますし、それを表現するのがプロの仕事だと思います。
(ちなみに、パントマイムの中村有志さんの菅原文太や笠智衆のモノマネは何度見ても笑ってしまいます…。)

そんなプロフェッショナルの松嶌篤志画伯の絵を見ながら、いても立ってもいられずお礼の電話をしてしまった北脇!

Image

「松嶌さん、ずっとファンで憧れてました!ご丁寧にお手紙まで添えて絵番付を本当に有難うございます!」マシンガンのようにたたみかける北脇の言葉に松嶌画伯は穏やかで優しい口調で「わざわざお電話嬉しいです。ラジオいつも聴いております。リスナーの方とかに使ってくれたら嬉しいです。」と3部も貴重な絵番付を送って下さいました。

松嶌画伯のブログを拝見しましたら「販売はしてません。心ある相撲ファンのみにお譲りしております。」との内容で、嬉しさと申し訳なさでいっぱいになってしまいました…。
(松嶌画伯ブログ→http://s.ameblo.jp/illustrator-matsushima/

そんな松嶌画伯と電話でお話ししていて会話も弾み「今度、ラジオにご出演頂けませんでしょうか?リスナーさん達も喜んでくれますよ。頭の片隅じゃなく頭の中枢で考えて下さい!」と大胆不敵にも出演交渉した北脇。
(実際はリスナーより北脇の方が喜んでいるんですがね〜。)

「本当ですか!嬉しいです。宜しくお願いします‼︎」と、こっちが嬉しくなるような松嶌画伯からのお言葉。

東海地区にお住まいの松嶌画伯ですから東京にいらした際には是非とも収録をさせて頂きたいと願っております。

いよいよ明日から九州場所です。
松嶌画伯の星取絵番付を目の前に幕内力士の取組みを見たいと思います。

松嶌篤志画伯、本当に有難うございました!

2014年11月 7日 (金)

11月10日(月)夜9時は「北脇貴士の夜のキタメンコ」

Image_2

「とろける千津夫シャツ」を着てポーズする北脇と小菅篤さん。
11月10日(月)夜9時もCROSS WAVE SENJUにて生放送でお届けする予定の「北脇貴士の夜のキタメンコ」

先月は小菅さんと二人でお届けしましたが(実際には謎の親子二人が乱入してまいりましながね…。)今回からは新メンバーが番組に加わって下さいます!

その人物とは…。

Image_3

女優でパーソナリティーの「キタノソラ」さん。
先月はお仕事と重なってしまいましたが、今回はスケジュールも合わせて下さり、新生「夜のキタメンコ」が3人でお届け出来そうであります。

初対面なのに何故か昔からの知り合いだったような空気と可愛らしい立ち居振る舞いで北脇を気持ち良くして下さるキタノソラさん。

「北脇さんは相撲が好きなんですね〜!えっ、70年代の変身特撮ヒーローも好きなんですか!面白い〜。歌も作れるんですか?番組で即興で出来ますか〜?」などなど、徹底的に北脇を褒めちぎってヤル気を引き出して下さいました。
(男は女性に褒めちぎられると弱いものでありますよ…。)

そんなキタノソラさんに質問や訊きたい事がございましたら番組までメールをお寄せ頂きたいと思っております!
勿論、日常の何でも起こった出来事などもお待ちしておりますよ!
(メールはサイトから送信出来ます。→http://senjux.com/crosswavesenju
そして北脇の得意分野のコーナーですが…。

Image_4

70年代の力士特集は「大関 貴ノ花」であります。
「北脇貴士の貴は貴ノ花の貴!」と方々で言っておりますが、貴ノ花関が居なければ北脇の歩む人生も大きく変わっていたと言えるような素晴らしい影響を与えて下さいました。
(北脇の親父も相当な自意識過剰な人でしたが感謝しておりますよ。)
Image_5

皆様も貴ノ花関にまつわるお話しなどございましたらメールをお寄せ下さい!
(今見てもカッコいいですよね〜)

そして70年代特撮ヒーローは…。

Image_6

ウルトラマンレオであります!
ウルトラマンシリーズの中ではかなりの異色作品ですが、皆さんの中でも鮮明に覚えているウルトラマンではないでしょうか?

レオの魅力は何と言いましても…。

Image_7

ウルトラセブンのモロボシダンを師匠に特訓を重ねて主人公「おおとり ゲン」が怪獣を倒し成長してゆく所でしょう。

他人の子供を鍛え、一人前に育て上げてゆく描写は大相撲の親方と弟子の師弟関係のようで非常に味わい深い作品だと思います。
(その他のも知られざる魅力満載のウルトラマンレオでありますよ〜。)

Image_8

そんな訳で11月10日(月)夜9時からの「北脇貴士の夜のキタメンコ」を宜しくお願い申し上げます!
(謎の親子、是非ともまた現れて欲しいですね〜。ちなみに前回の放送です→http://youtu.be/qggESE7BWes)

2014年11月 6日 (木)

「週刊 輝 情報」初回無事終了…⁉︎

Image

ブログでも告知させて頂きました「ラジオななお」にて本日から放送開始を予定しておりました「北脇貴士の 週刊 輝 情報」無事初回放送を終えることが出来ました。

ラジオななおのお昼に生放送している「七尾もしもし探検隊」のメインパーソナリティーの車吉章さんのスタジオから北脇に電話がかかってきて会話がそのまま番組にと言う流れでお届けするもの。

しかし恥ずかしながら車パーソナリティーの姿は勿論、喋った事もお声も聴いた事も無いので正直心配しておりましたが、そこはベテランで長年番組を続けてこられた車パーソナリティーの土俵の上で伸び伸び番組をさせて頂き、その上に北脇が頼まれもしないのに勝手に作った「輝 大士 の歌」も流して下さり、あっと言う間に持ち時間の15分が過ぎてしまいました。

それなのに…。

Image_2

この日の為に用意していた北脇の台本は殆ど使われる事なく「週刊 輝 情報」が「週刊 北脇 情報」と言えるような感じで九割方「北脇貴士とはこんな人物」と言うプロフィールをブチまけて番組を聴いて下さっているリスナーは「来週も聴いてくれるだろうか…?」と少し心配になってしまいました。
(しかし、何が書いてあるのか本人以外は全く理解出来ませんね〜。)

やはりその辺は車パーソナリティーの優しさと言うか北脇を気遣って話を振って下さったんでしょうが、次回からは相当気をつけて喋らないといけませんよね…。

しかし、輝関の幕下時代のお話しや玉鷲関の付き人をしていた時に北脇と会話をした内容。
更には能登島相撲道場で少年時代に指導されていた先生方から聞いたお話しなどなど多少マニアックな情報などもお話し出来ました。

来週の放送は九州場所真っ只中!
輝関の活躍や魅力に注目させて頂きながら第二回の「週刊 輝 情報」をお届けしたいと思っております。

石川県七尾市近辺にお住まいの皆様、毎週木曜日の昼11時半からの「週刊 輝 情報」を聴きながら輝関を応援しましょう!

ちなみに番組にメールなどもお待ちしております。
既に温かいメッセージを頂き、電話口で感極まって北脇声が震えてしまいましたよ…。
本当に有難うございました‼︎
(番組サイトにもご紹介頂いております。→http://www.radionanao.co.jp/
車パーソナリティー、ラジオななおのスタッフの皆さん、リスナーの皆さん有難うございます。)

2014年11月 5日 (水)

ラジオななお発「週刊 輝 情報」放送開始!

Image

「輝 大士」と書かれた半紙を持つ力士は高田川部屋力士「達」改め「輝 かがやき」関。
石川県七尾市出身で横綱輪島関とは親戚関係にあるサラブレッド。
入門当時から将来を嘱望され、関脇安芸乃島関の高田川親方の厳しい指導の元、遂に十両昇進されました。

そんな輝関の魅力や活躍を地元ラジオななおから毎週木曜日、昼11時半より「週刊 輝 情報」と言うタイトルで大変僭越ではありますが北脇貴士がパーソナリティーを担当させて頂く事となりました。

明日の生放送(電話にてスタジオの車パーソナリティーと会話形式)に向けてあれこれ輝関の話題をまとめております。

上手く初日(初回)放送が成されますでしょうか!
楽しみでありますね〜!

番組はラジオななお放送エリアの皆様のみでございますが、今場所から黄金廻しと新幹線の化粧廻しで登場する輝関の取り組みに注目して応援しようじゃあ〜りませんか‼︎

2014年11月 4日 (火)

北脇、師匠と昼酒に酔いしれる…⁉︎

Image

この日、文化の日も西田ぼんさんの事務所にお邪魔してライブの打ち合わせが行われました。
ぼんさんのお顔の色が赤みを帯びて少しテンションが高く見えたように思えました。

「飲んでるんですか?」北脇の問いかけに少し照れ笑いを浮かべるぼんさん。
Mドナルドのコーヒーと思ってましたらカップの中身は…。

Image_2

日本酒でした。
「一緒に呑んだらいいじゃないか!」ホープ師匠にも勧めて頂いたので、少〜しだけ呑んでしまった北脇。
(本当はかなり呑んだんですが…。)

Image_3

「お〜いいじゃないか〜。呑んだら面白い発想が出るよ。」
ご病気をされてから殆ど呑まなくなったホープ師匠。
逆にこの2年くらいは酒の味を覚えて呑むようになった北脇。

レンタル屋で借りた某映画DVDが強烈に面白い作品だったようで「でんでんが出てるんだけど君も見てごらん?そして俺に感想を聞かせてくれ。」とホープ師匠に言われて実際に見ましたが、も〜強烈で恐ろしくてひっくり返ってしまいましたが、でんでんさんの演技やキャラクターが素晴らしく、引き込まれました。

でんでんさんもかつてはホープ師匠達とお笑いスター誕生の番組などで一緒に時代を過ごした戦友のような芸人さんでした。

先日のBSジャパンの「金曜オトナイト」の大竹まことさんもそうですが、現在ご活躍の皆様方の下積み時代のお話しを師匠が楽しそうに聞かせて下さるのを見るのが好きなんです。

「でんでんは凄いよ。昔は周りからメチャクチャな事を言われてたのに辞めないで続けてきたんだからね。やっぱり続けなきゃダメなんだよな…。」
しみじみおっしゃるホープ師匠の言葉に北脇も「続けて行こう!」と強く思いました。

この日も楽しく良き時間をホープ師匠と西田ぼんさんに与えて頂きました。
(お陰で酒が美味しくて飲み過ぎましたよ…。)

2014年11月 3日 (月)

藤島部屋 一番弟子 「新花山」写真公開!

Image

化粧まわし姿で相撲甚句を披露する写真は、元・藤島部屋力士 一番弟子「新花山」の千葉公康さまであります。
(本当は四番弟子と言う事が発覚しましたが…。)

11月2日放送の大相撲甚句で現役時代のお話しを語って頂きましたが、ブログで写真を何枚かご紹介しますので今回、次回の放送をお聴き頂きながらご覧下さい。

Image_2

新弟子時代から面倒を見て頂いていたと言う「隆三杉」関。
新花山さんのアルバムの中には隆三杉関とのツーショット写真が非常に多かった気がしましたよ。

Image_3

激しい息づかいや張り手の音が聞こえてきそうな新花山さんと貴花田関との稽古の様子。
新弟子時代から日に日に強くなっていったと言われる貴花田関。

放送でも藤島部屋の稽古は群を抜いて凄まじく、力士一人一人が競い合って取り組んでいたと新花山さんがおっしゃってましたね。

Image_4

今は懐かしい力士運動会の一コマ。

Image_5

海外巡業先で「若花田」関と「貴花田」関と。
大変貴重ですよね。

Image_6

地方場所で土俵作りをする新花山さん。
この時の経験が生かされ、現在東大阪市八戸ノ里の屋外土俵が新花山さんや元力士の皆さん、わんぱく力士の親御さん達と作ることが出来ました。
本当に素晴らしいですよね。

Image_7

山稽古の様子。

Image_8

女性ファンの皆さんとクリスマスパーティー!
力士の皆さんは相当モテますが、特に新花山さんは…。

Image_9

おモテのご様子…。
夫婦仲に亀裂が生じるようなお写真が満載だった新花山さんのアルバム。
(当然今は奥様ひとすじの新花山さん。おかみさんは美しく、気さくで最高の女性でしたよ!)

Image_10

部屋でハワイに旅行した際の集合写真!

Image_11

皆さん楽しそうです。
(中央が新花山さん)

Image_12

後の貴乃花関、貴ノ浪関、貴闘力関の姿も見えますね。

Image_13

来週の大相撲甚句は新花山さんの後編をお届けします!
どうぞ皆様お楽しみにしていて下さい‼︎
(大相撲甚句のPodcastです。→http://www.voiceblog.jp/kitawaki-takashi2/

2014年11月 1日 (土)

11月に突入!北脇幸せを感じる…⁉︎

Image_11

某外資系ファストフードチェーン店「Mドナルド」でお茶を飲むホープ師匠と西田ぼんさん。
見ているこちらが楽しくなってしまう一コマ。

前夜、オンエアされた「大竹まことの金曜オトナイト」の反響をお話ししてらっしゃいました。

北脇が到着するや否や…。

Image_12

「北脇、写真!写真だよ!!」と意味不明なポーズをとる西田ぼんさん。

ご自身も昨夜テレビに出ていたのが嬉しかったのかご機嫌でした!
そのまま…。
Image_13

こ〜んな事になってしまいました…。
(Mドナルドが我が家のようになってますね〜。)

このような姿ややり取りが舞台のコントネタになってしまう訳であります。

Image_14

所変わって、お馴染み「西田ぼんさん事務所」にてライブのネタをホープ師匠、中村有志さん、西田ぼんさん、青木イサムさんが出し合いました。
(北脇は記録係)

昔、◯トリップ劇場でやったネタを思い出しながら再現していましたが、オーソドックスでありながら考えつかないような展開になって行くコントに笑いを超えて感激してしまいました。

そんなネタ作りも一段落ついた頃…。

Image_15

仮装したチビッコ達が続々やってまいりました。
そう!ハロウィンのチビッコであります。

前もってお菓子を大量に用意してチビッコ達が来るのを待っていました我々。

Image_16

「トリック オア トリート」と言いながらお菓子を貰いに列をなすチビッコ達!

ちなみに意味は「お菓子くれなきゃイタズラするぞ!」との事。
(青木さんに教えて頂きました…。)

渋谷などで大人達が仮装して大騒ぎしているニュースが報道されてましたが、子供達の姿を見て平和で幸せな気分になってしまいました。

Image_17

ホープ師匠も率先してチビッコ達にお菓子を配りながら「偉いね!ちゃんとお礼言えたね!」と優しい口調で触れ合ってらっしゃいました。

思えば今年の春まで入院していたホープ師匠。
舞台復帰どころか退院して普通の生活が出来るのか?と心配し悲しんでいたのが嘘のように回復されました。

そんなホープ師匠とまた来月ライブをさせて頂けるとは本当に夢のようです。
嬉しく有難い事ですよね。

11月に突入し、今年もあと2カ月。
ホープ師匠や皆様と今年を楽しまないとですよ!

ゆーとぴあホープ「大竹まことの金曜オトナイト」に登場‼︎

Image

お馴染みの「よろしく〜ネッ!」ポーズをするホープ師匠。
ブログでも告知させて頂きましたが、10月31日の夜11時30分放送のBSジャパンの番組に出演されました。

その番組とは!

Image_2

「大竹まことの金曜オトナイト」

当然、リアルタイムでも録画でも見ましたが何度見ても笑えてしまいました。

Image_3

司会の大竹まことさんの凶暴で容赦のないツッコミも茶目っ気タップリでかわしながら爆笑を取ってらしたホープ師匠。

病気療養などで暫く振りのテレビ出演でしたが、ライブや営業などで芸を披露してらっしゃるホープ師匠ですからブランクのようなものは全く感じませんでしたし、普段の私生活そのままの会話やリアクションを見ているようで嬉しくなりました。

それと言いますのも、下積み時代からお互いを知り尽くしてらっしゃる大竹まことさんの番組だったからではないかと思いました。

若き日のお話や今日に至ります迄のお話もされてお二方の親しい間柄がよく分かりましたよ。

Image_4

チョットした柔らか〜い話も飛び出して師匠も照れながらも嬉しそうに大竹さんからの質問に答えてましたよ!

番組にはこの方も出ていました…。

Image_5

ホープ一門の一番弟子「西田ぼん」さんですよ!
やはり身近な方がテレビに出ると嬉しいですよね〜。

Image_6

あっと言う間の25分!
もっともっと見たかったです。

これは贔屓目やヨイショでは無く、番組を見て「ホープ師匠は絶対またブレイクする!」と確信しました。
やはりホープ師匠の芸人としての色気や存在感、面白さは本物であるとテレビを通じてもビリビリと伝わってきました。

Image_7

番組終了前に12月13日のライブ告知もして頂きました。
本当に楽しませて頂いた「大竹まことの金曜オトナイト」

明日またホープ師匠と番組を振り返ってのお話しが楽しみであります。

ちなみに!

Image_8

師匠と西田ぼんさんと三人でライブに向けての打ち合わせで盛り上がりました。

「ぼんの芸を盗め!これから毎日がリハーサルだぞ‼︎」とホープ師匠に言われましたが、この芸はぼんさんしか出来ないですよね…。

Image_9

とは言いながら、ぼんさんのように芸達者になりたいですよね〜。

Image_10

ライブにテレビにホープ師匠、これからお忙しくなりますよ〜!

« 2014年10月 | トップページ | 2014年12月 »