« 一体 何体? 遠藤関の等身大パネル…!? | トップページ | 「夜の北メンコ」新タイトルは「北脇貴士の夜のキタメンコ」 »

2014年10月 1日 (水)

大相撲甚句、ラジオ界の一ノ矢充を目指します…!?

10月に入ってすっかり肌寒くなってしまいましたが皆様お変わりはございませんでしょうか?
「秋は北脇の気持ちを繊細にさせる」とか「アップダウンが激しくなる…。」などとブログで少々弱気な発言をしておりましたが、そんな所に気持ちが傾くと言うのはまだまだ本気の度合いが不足している!怠けている!と自分を戒めなければいけませんよ…。

昨夜は、10月5日放送の大相撲甚句の編集をしておりました。
ゲスト様は!

Image

高砂部屋 元力士「一ノ矢 充」様であります。
46歳まで現役力士として土俵に上がり続け、現在は高砂部屋マネージャーとしてご多忙な日々をお過ごしでらっしゃいます。
一ノ矢様をインタビューした音源を改めて聴き直しながら編集しましたが、一ノ矢様の口から出る言葉は「相撲が好き!」「どうしたら力士になれるか?背は絶対伸びて検査合格する!」「37部屋全部まわって絶対部屋に入る!」「強くなりたい!諦めない!稽古したい!!」と言う大変前向きで力強いフレーズのものばかりでした。

普通ならば「165cmが173cmの新弟子検査に合格は無理!」「琉球大学出たんだから就職して相撲は諦めろ!」と言われれば心も折れて「俺が悪いんじゃない…。精一杯やったのに理解してくれなかった相撲協会の体質や親方が悪い!」と他を責めそうなものですが、一ノ矢様は「思い念ずれば絶対叶う!何が何でも成し遂げる‼︎」と強く思い自分に言い聞かせて、遂に力士となり最終的には46歳まで力士を続ける事となるのであります。

番組のインタビューでは大変控え目で、どちらかと言うと声のトーンは小さい一ノ矢様ですが、非常に前向きで「他人ではなく自分」に目を向けてお話する内容に心を打たれてしまいました。
(是非とも10月5日の放送をお聴き頂きたいです。→http://842fm.west-tokyo.co.jp/ Podcastも→http://www.voiceblog.jp/kitawaki-takashi2/)

勿論、一ノ矢様だけでなく番組には過去様々なゲストの皆様にご出演頂き、お一人お一人の相撲人生を語って頂き、本当に感動と感激を与えて頂きました。

そんな大相撲甚句も次回で418回、10月で9年目に突入する事となりました。
これも本当に皆様方のお陰でございます。

Image_2

この冊子は「読売 大相撲」2007年6月号です。
今や大横綱となった白鵬関が新横綱に昇進した頃でありますが、その冊子に…。

Image_3

北脇の記事を見開きで掲載させて頂きました。
(どす恋花子様、本当に有難うございました!)
この時は本当に嬉しくて嬉しくて本を買い漁って知人に配りましたよ…。

国技館エントランスで初めて力士ソングを歌わせて頂いたのが両国にぎわい祭りでした。
(相撲協会の皆様、関係者の皆様、本当に有難うございました。)
この時も本当に嬉しかったですね〜。

あれから7年半、まさか今まで力士ソングやラジオを続けさせて頂けるとは、この頃は全く思いませんでしたし、相撲を通じて多くの皆様方と出会い、お世話になり、お仕事をさせて頂けるとは思いもしませんでした…。

本当は歌手になりたくてオーディションに出ても落選し、破れかぶれで繋ぎのつもりでラジオでもやるか…。と取り組んだのに、周囲の皆様は本当に北脇を応援し後押しして下さいました。
(特にS川親方には足を向けて寝られませんよ…。)

このところ「期待に応えられない…。」「結果が出せない…。」など考えて小さくなっておりましたが、実は対した問題ではないと分かり、昨日辺りから吹っ切れてしまいました。
(自分が思っているほど周囲は気にして無いんですよね〜。)

Image_4

北脇貴士四十代、そして番組はまだまだ9年目!
相撲ラジオ界の一ノ矢充を目指して昇進しないと行けませんよね〜!!

« 一体 何体? 遠藤関の等身大パネル…!? | トップページ | 「夜の北メンコ」新タイトルは「北脇貴士の夜のキタメンコ」 »

コメント

横綱がなんだ、スピード昇進がなんだ。生涯一力士その肩書きで充分じゃないか、俺はやっぱり相撲が好きだ。これは一ノ矢さんのドキュメントのエンディングで大滝秀治さんのナレーションです。

一ノ矢さんの相撲はテレビ桟敷中心だったので、あまり拝見したことはありませんでしたが、牧本関と同様、長いこと現役を続けられたことで、私にとっては記憶に残る力士の一人です。
そういう意味で、現役の元十両出羽の郷さんにもまだまだ頑張ってもらいたいです。
北脇さんの大相撲甚句も、お互いに定年になる年位まで続けて欲しいです。

肩すかし様

全くその通り!
一ノ矢さんは引退前まで若手力士達と同じような稽古をしていたと聞きます。
本当は許されるなら今でも現役を続け達かったと思います。
(アマ復帰も視野に入れているかもですね。四股・鉄砲は今もやってらっしゃるそうですよ!)
ドキュメント番組で取り上げて頂きたいですよね。

なら志乃さま

コメントを有難うございます。
一ノ矢さん、相撲史に残る力士ですね。
夢は絶対諦めない、絶対実現させる!
これは相撲道だけでなく人間としてなかなか実行出来ないものを今回の収録で学ばせて頂きました。
放送をどうかお楽しみにしていて下さい!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1091447/57542532

この記事へのトラックバック一覧です: 大相撲甚句、ラジオ界の一ノ矢充を目指します…!?:

« 一体 何体? 遠藤関の等身大パネル…!? | トップページ | 「夜の北メンコ」新タイトルは「北脇貴士の夜のキタメンコ」 »