« 地元紙「北國新聞」は相撲尽くし‼︎ | トップページ | 北乃脇部屋、相撲甚句教室…!? »

2014年10月21日 (火)

穴水町「相撲IT博士」邸で大相撲甚句収録‼︎

Image_2

この白髪の紳士は「相撲談義」というサイトを立ち上げて話題になっている石川県穴水町志ケ浦在住の「岸本政秀」さん。
10月8日の北國新聞ネットニュースで知り、いてもたってもいられず、ご自宅へお邪魔して収録をさせて頂きました。
(ニュースの記事→http://www.hokkoku.co.jp/subpage/H20141008101.htm)
Image_2

ブログの内容も非常に分かりやすく、本場所の情報からアマチュア相撲の情報に至りますまで細かくリサーチされていますよ!
皆さんも是非ご覧下さい。
http://blog.goo.ne.jp/akumu006

そんな岸本政秀さんを北脇にとり繋いで下さいました人物が!

Image_3

この苦味ばしった男前の紳士「川端勇」さんであります。
長年に渡り穴水町で子供達に相撲指導され、有能な相撲選手を発掘し世に送り出した「穴水町相撲の名伯楽」であります。

小学低学年の遠藤聖大少年を発見し、穴水相撲教室に勧誘されたのは川端勇さんであります。
その遠藤関の師匠「追手風親方」の山崎直樹少年もその昔、川端さんから相撲指導を受けました。
かく言う北脇も少年時代、川端さんから相撲指導を受けましたが、レベルが高く落ちこぼれてしまいました…。
(今なら泣きながらでも教わるのにね〜。)

Image_5

そんな北脇の姿を見た川端さん「貴士!今や穴水町は聖大(遠藤関)の次にお前は有名人やぞ!お前が思ってる以上に皆んな知っとるからな〜!でもまさかお前がこんな仕事するとはな〜!」と開口一番。

川端さんは北脇の父親とは兄弟分のように親しく、親子共々面倒を見て下さいました。
相撲の稽古場で勝てず泣きながら残されて稽古していた様子など30年以上前の北脇少年の話から若き日の親父の話などなど語って下さいました。
(当然、遠藤関の少年時代の事、穴水町や能登の相撲の歴史も語って下さいましたよ!)

「お前の父ちゃんは面白くて芸達者で人気者やった!一緒に草相撲行って入賞して御幣を貰ったらそれをスナックや船乗り、新築祝いで欲しがる人がいっぱいおったから売って飲み代にしたり、打ち上げで歌ったり尺八吹いてくれたりして楽しかったぞ〜!」と聞かせてくれました。
(父親は民謡の尺八と歌の師範でした。)

Image_6

この年期の入った御幣は親父が唯一残してくれたものです。
過去、草相撲を渡り歩いた父親が「何故一本しかないんやろう…?」と子供心に思っていましたが、全て川端さん達相撲仲間との「交際費」に御幣が変わっていた事実を知り「親父らしい…。」と笑ってしまいました。
(そう言えば、20日は船橋大奉納相撲で木村晃健さんや闘勝花さんが「亀戸どすこいクラブ」で参戦し、団体3位に輝いたとの事)

とにかく、一昔前の能登の草相撲は賞金稼ぎの場で腕に覚えのある男共は毎週のように草相撲に参戦して技を競い合ったそうです。
(ドラゴンボールの天下一武道会のようにね…。)

Image_7

岸本政秀さんとのご縁を繋いで下さいましたのも川端さんのお陰!
岸本さんご自身は小学生時代に相撲を少しやらされたくらいで(能登で生まれた男はほぼ半強制的に相撲をやらされます。今はそんな事は無くなりつつありますが…。)本格的に相撲をやった事はありませんでしたが、物心ついた頃から周囲には草相撲は勿論、大相撲をラジオやテレビで身近なものに感じながら今日まで生きてこられました。

そして川端さんの影響で仲間達と酒の席で相撲談義をするうちに「Webサイト上で相撲好きと相撲談義出来れば面白い!」と思い、3年前くらいからサイト「相撲談義」を立ち上げられたそうであります。

岸本さんの記憶力は素晴らしく、北脇の話にも「解説の◯◯親方が言ってましたね。」とか「雑誌の△△のコーナーに載ってましたね。」とスムーズに話しが進んで会話も弾みました。

このような方とご縁が出来て本当に幸せを感じました。

Image

そして何と言っても驚き感心したのは川端さんの行動力とバイタリティー。
相撲少年を発掘する為に様々な場所へスカウトにでて、自分で土俵を作って仕事の合間を縫いながら日夜稽古、そして遠征費を捻出する為の営業…。
毎日相撲漬けの日々を送られ、若き指導者達や親御さん、選手と一丸となって穴水町を相撲全国レベルまで引き上げました。

優れた指導者は細かい計算や損得、根拠などを考える暇もなく我武者羅に前に進む部分も持っていると感じました。
「少子化だから…。」「時代が悪いから…。」「金が無いから…。」など出来ない理由を並べている者の元に人や物は集まってきませんものね。

強い思いと信念を貫く者に人は惹かれる気がしました。
こうして北脇も引き寄せられるようにこの場に来ることを許され、大満足のうちに収録を終える事が出来ました。

そんな岸本政秀さん、川端勇さんご出演の大相撲甚句は11月15日(日)深夜12時FM西東京で放送します。
FM西東京サイトからパソコンやスマートフォンでリアルタイムでお聴き頂けます。
(FM西東京サイト→http://842fm.west-tokyo.co.jp/)

また、Podcastからは過去の放送も配信しております。→http://www.voiceblog.jp/kitawaki-takashi2/)

そして、ラジオかなざわ、こまつ、ななお、では11月23日(土)夕方5時30分から放送します。
どうぞお楽しみにしていて下さい!

« 地元紙「北國新聞」は相撲尽くし‼︎ | トップページ | 北乃脇部屋、相撲甚句教室…!? »

コメント

穴水町の相撲レジェンドの揃い踏みですね。
放送が待ち遠しいです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1091447/57738461

この記事へのトラックバック一覧です: 穴水町「相撲IT博士」邸で大相撲甚句収録‼︎:

« 地元紙「北國新聞」は相撲尽くし‼︎ | トップページ | 北乃脇部屋、相撲甚句教室…!? »