« 北脇「能登町 七見祭り」でノスタルジックを味わう…!? | トップページ | 一体 何体? 遠藤関の等身大パネル…!? »

2014年9月29日 (月)

北脇「宇宙からの力」を引き寄せる…!?

大相撲九月場所も終わり、幕内は横綱白鵬関の31回目の優勝で幕を下ろしました。
若手の逸ノ城関(モンスター呼ばわりされていますね〜。)ベテランの旭天鵬関など、モンゴル人力士の大活躍が目立った九月場所でした。

そんな大相撲千秋楽真っ只中の日曜日夕方、北脇は…。

Image

従兄弟と某居酒屋で一杯やっておりました。
前日、従兄弟の母親から栗赤飯を預かっていたので届けたのですが、それにかこつけて、軽〜く一杯やりました。
(本当はかなり飲んだんですが…。)
「俺を写すんじゃない!ブログに載せたら絶交や‼︎」と言いながら「写すな!載せるな!」と言う事は「写せ!載せろ!」と言う意味ですからシッカリ載せてみました!
(シャレの分かる人ですからね〜。)

そんな従兄弟から「空元気でもテンションを上げろ!病は気から。気持ちを強く持てば病気が治るように、強い気持ちの強い人間の所に宇宙から力が与えられるんだ!中村天風がそう言っているぞ‼︎」と従兄弟。
(中村天風→http://ja.m.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%AD%E6%9D%91%E5%A4%A9%E9%A2%A8)

「とにかく人間は宇宙からの力によって生かされて力を与えられるんだよ。元気があれば何でも出来る!」と熱弁していました。
(結構分かり易い例え話を出してくれましたが、ここに書くと頭がオカシイと思われそうなので書きませんけどね〜。)

Image_2

機嫌良く酒が進む二人。
「貴士、お前の目はイッテる奴の目だ。俺も仕事柄いろんな人間の目を見るけど視点が俺の5メートル後ろの壁になってるの。目の前の人間を見ているようで、その後ろを見ているんだよね〜。デカイ事をやらかす男はみんな目がイッテいる。それは良いことだ!頑張れ‼︎」と従兄弟に褒められてしまいました。
(従兄弟はクリエイティブな仕事をしていて凄腕の実業家などを身続けているので分かるようですね…。)

そう言えばホープ師匠から「君は詐欺師の目だ!芸が無いのに芸があるように見える。それが芸だ!目の前の一人の心を掴めない奴が何百何千人の心を掴み取る事は出来ない!」とよく言われます。
大体、後ろめたい時や自信の無い時は視線がブレて定まらないですものね…。
とにかく、自分のキャパシティを越えた力を出せる人間は普通の考え方や行動ではダメだと言う事ですね。
大きな事を成し遂げる人は一見普通の穏やかな人に見えますが、普通とかけ離れた人が非常に多いです。
自分よりも周囲を想い、人々を大切にする事は普通はなかなか出来ないですし、目に見えないパワーや勢いのある人物の所に人々は自然に集まってきますよね。
(ちょっと哲学的になってしまいました…。)

このところ気持ちのアップダウンが激しい秋の北脇貴士ですが、従兄弟を通じて「宇宙からの力」が入ってかなり元気になってしまいましたよ!
(あんまり書くと頭がオカシイと思われますからこのくらいで…。)
兄さん!また浮世離れした面白い話をタップリ聞かせて下さいね〜!

(ちなみにこの後、9時45分からラジオかなざわの「頑張れ 遠藤!」の生放送をスタジオの宮林典子さんと電話でお話するのですが、今場所の遠藤関をどのように語らせて頂きましょうか…。宇宙からの力を借りないと思いつかないですよね…。)

« 北脇「能登町 七見祭り」でノスタルジックを味わう…!? | トップページ | 一体 何体? 遠藤関の等身大パネル…!? »

コメント

中村天風先生の名前を北脇さんのブログでみるとは、大変驚きです。
自分も中村天風先生の著作読んだことがあります。
天風先生は軍の密偵として大陸で活躍され、銃殺直前の脱出劇で一命を取り留めた先生ですが、重篤な結核に冒された際、船上でカルアッパ師に出会われ、ヒマラヤにて師の下で修行され帰国し、後の天風会を立ち上げられたんでしたよね。
作家の故宇野千代先生も天風先生の下で勉強されていました。

中村天風先生の師のお名前はカルアッパ師ではなく、カリアッパ師でした。

失礼しました。

なら志乃さま

流石!
様々な分野の事を熟知してらっしゃいますね。
やはり、時代も分野も関係なく事を成し遂げる人物は強い意志を持ち、信念を貫かれますね。
私も今度、中村天風先生の書籍を拝読したいです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1091447/57522115

この記事へのトラックバック一覧です: 北脇「宇宙からの力」を引き寄せる…!?:

« 北脇「能登町 七見祭り」でノスタルジックを味わう…!? | トップページ | 一体 何体? 遠藤関の等身大パネル…!? »