« 北脇、恩師と男の夢を語る…⁉︎ | トップページ | 相撲茶屋 最上で五四会 大いに盛り上がる‼︎ »

2014年8月30日 (土)

遠藤情報満載! 北國新聞‼︎

Image

「遠藤 朝稽古に登場」の見出し!
これは石川県の地元紙「北國 ほっこく 新聞」の8月21日朝刊です。
以前よりブログなどでもご紹介しておりましたが、8月は追手風部屋は毎年追手風親方の地元石川県穴水町で合宿するのが恒例となっておりまして、相撲好きな近隣の皆さんは稽古見学に訪れていました。
そして20日の朝稽古に加わった遠藤関は地元穴水町で200人を超えるファンに見守られて稽古をされました。
(記事では大栄翔関に11戦全勝と書かれております。)

Image_2

遠藤「応援にやりがい」の記事。
同じく北國新聞ですが、小学生の6年間稽古をした穴水町営相撲場の思い出や地元を思う遠藤関の気持ちが赤裸々に書かれておりました。

Image_3

翌日の朝刊には 遠藤能登を巡業 の見出しにお隣の七尾市でサイン会やファンサービスされた事が書かれていました。
そして微笑ましかったのが…。

Image_4

「父特注 ピンク建機」の記事。
遠藤関のお父様が勤務される建設機械リース会社で遠藤関のラッキーカラーのピンク色の建機が公開される事になったとの事。
(能登建販のサイト→http://www.notokenpan.co.jp/)
23日で展示は終わったそうですが、お父様の会社も遠藤関の活躍を全社を上げて応援してらっしゃる事がよく分かりました!

Image_5

そして23日の朝刊には「遠藤に500人熱視線」
北脇も過去何度か追手風部屋の夏合宿の稽古見学に行ったことがありますが、目一杯いても30人くらいだったと思いますが(昨年もテレビカメラの取材陣が来ていましたが、やはり30人くらいでした。)
それが今年は遂に500人超え!
遠藤関の活躍がそのまま穴水町の町おこしに繋がっている事に改めて遠藤関の素晴らしさを実感しました。
穴水町営相撲場に500人もの人が訪れるのは平成3年の石川国体以来じゃないのか⁉︎と勝手に思ってしまった北脇でした。
(ちなみに国体少年の部で優勝したメンバーに出島関と栃乃洋関がいました。)

Image_6

そして24日の朝刊には穴水町でのトークショーの様子が書かれていました。
ファンの皆さんが喜ぶようなウィットなジョークを交えながらの内容だったようですが、遠藤関の左目は赤黒く腫れ上がっています。
恐らく今回の激しい稽古で負傷されたのかも知れませんが「顔の怪我は力士の勲章」と言います。
九月場所で穴水町合宿での成果を存分に発揮して頂きたいですね!
ちなみに遠藤関のしこ名については「変える予定も、そういう話もないです。」との事。
う〜ん!将来どのようなしこ名になるんでしょうね〜。
しかし気になるのは遠藤関の浴衣。
恐らく永谷園にちなんた柄なのかと思いますが「遠藤」と名前が入っています。
最近の力士は自分の名前が入った浴衣を着るのが普通になっているのかも知れませんが、遠藤関の名入りの浴衣は他の力士はなかなか着られませんよね。
Image_7

長年穴水町で合宿をして近隣の人々に力と勇気を与えてくれた追手風部屋の皆様。
身内のようにおもてなしと歓迎を穴水町民が一丸となってしました。
来たる九月場所はまた穴水町から応援団が国技館に終結する事でしょうね!
追手風部屋の皆様、毎年本当に有難うございます!
(しかし、遠藤関は ゆずの栄光の架橋 が好きだったんですね〜。)

« 北脇、恩師と男の夢を語る…⁉︎ | トップページ | 相撲茶屋 最上で五四会 大いに盛り上がる‼︎ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1091447/57226798

この記事へのトラックバック一覧です: 遠藤情報満載! 北國新聞‼︎:

« 北脇、恩師と男の夢を語る…⁉︎ | トップページ | 相撲茶屋 最上で五四会 大いに盛り上がる‼︎ »