« 2013年10月 | トップページ | 2013年12月 »

2013年11月

2013年11月30日 (土)

北脇「NHK大相撲ジャーナル」に載る・・・!?

1129_008_2

相撲ファンなら誰でも知っている相撲誌「NHK大相撲ジャーナル」http://ja.wikipedia.org/wiki/NHK_G-Media_%E5%A4%A7%E7%9B%B8%E6%92%B2%E3%82%B8%E3%83%A3%E3%83%BC%E3%83%8A%E3%83%AB
これは九州場所前に発売された「九州場所展望号」でありますが、何と北脇が次号の「初場所展望号」に出させて頂く事となりました。
そのコーナーは!
1129_009
「大相撲観戦ガイド」というコーナーなのですが、毎号3人の相撲関係者が対談形式で幕内力士42人について熱く語りまして、北脇がもっとも好きなコーナーなのであります。
九州場所展望号は竹縄親方様(元・栃乃洋関)、放駒親方様(元・玉乃島関)、関ノ戸親方様(元・岩木山関)が登場されて現在の幕内力士の取り口や成績は勿論の事、新弟子時代の話しからプライベートに至るまでの笑えるユーモアのあるお話をご披露頂いております。
ちなみにこのお三方は北脇のラジオ「大相撲甚句」に過去ご出演下さっておりますので、もの凄~く親近感を抱きながら拝読させて頂きました。
そんな大相撲観戦ガイドに北脇とご一緒した二人は!
1129_002
大相撲のフリーマガジン「TSUNA」編集長の「野村たけし」さん。http://tsunage.info/
このTSUNAはまだデビュー1年でありますが着実に発行部数を伸ばし、様々なメディアなどでも取り上げられて話題を呼んでいます。
北脇も当然TSUNAは存じ上げておりましたし、何度も拝読した事がございましたが、野村さんとお会いするのは初めて。
お話ししてみますとユーモアタップリでお話し上手で意気投合してしまいましたよ!
1129_010
両国界隈のお店などでも置かれていますので相撲ファンならご存知と思いますが、若者にターゲットを絞ったお洒落な内容であります。
そんな野村編集長ともう一人対談したのが!
1129_006
お馴染み、相撲ファン歴20年でアトリエ彩華代表「萩原里枝子」さんhttp://saikaweb.com/blog/
大相撲甚句などでもご協力頂いている里枝子さんですが、ご本人は「私が出るなんてとんでもないです・・・。」と遠慮してらっしゃいましたが、大相撲ジャーナルの編集長様から「女性ファンに参加して欲しい!」とのリクエストを頂いていましたので里枝子さんにご登場頂きました。
実際、北脇もゲストにインタビューすることはあってもインタビューされる事は殆どないので里枝子さんがいて下さって話も盛り上がり助けて頂きました。
そんな野村さん、里枝子さん、北脇の三人の対談を進行し記録して下さったのが・・・。
1129_004
ライターの「荒井太郎」さん。
相撲ならプロ・アマ問わず取材し、相撲雑誌のコーナーを書いたり相撲書籍を出されたりと超売れっ子の荒井さん。
北脇もお名前は存じ上げておりましたが、今回が初対面。
文章を読んでいた限りでは、ベテランで‘昭和の大文豪’のような人と勝手に思い込んでいましたが(お名前も‘荒井太郎’ですから・・・。)お会いしてみますと気さくで楽しくて話しが弾んでしまいました。
北脇の顔を見るや「唐戸山親子大関ですね~!」といきなり言われて赤面してしまいました・・・。
(も~歴代の唐戸山大関で‘史上最弱’大関ですよ・・・。)
1129_005
荒井太郎さん著、琴剣さん漫画の「大相撲あるある」も最近発売されました。
1129_003
野村さんも里枝子さんも幕内力士42人について熱く語って楽しませて下さいました!
1129
北脇もノートに殴り書きで力士のエピソードや情報を用意したものの殆ど使われる事なく喋り倒してしまいました。
(それにしても何が書いてあるかサッパリわかりませんね・・・。)
1129_001
そんな訳で約3時間のロング対談も無事に終わりまして三人で記念写真。
(大相撲ジャーナル編集長様曰く‘二回分取れたんじゃないの?三人とも相撲詳しいですね~。’との事でした・・・。)
12月20日発売の「NHK大相撲ジャーナル」をどうぞお楽しみに~っ!!(と言いながら北脇、余計な事を喋りすぎたのではと心配しております・・・。)
お世話になりました大相撲ジャーナル編集長様、荒井太郎さん、そして場所をご提供下さいましたとんかつ若様、本当に有難うございました!!

2013年11月28日 (木)

スギヨ仮面「超 ローカルヒーロー大図鑑」に登場!!

Hero1

特撮ヒーローファンなら手にとって読みたくなってしまうようなタイトル「超 ローカルヒーロー大図鑑」。
大相撲界でも‘江戸の大関より土地の三段目力士’と言う言葉があるように、地元では圧倒的人気を誇るローカルヒーローが日本各地に数多くいるという事がよ~く分かりました。(ちなみに帯に出ている苦味ばしったお顔の男性は‘宇宙刑事ギャバン’の主人公をつとめた大葉健二さんです。)
そんなローカルヒーロー大図鑑に何と!
Hero2
我らが「食育戦士 スギヨ仮面」が堂々掲載されました!(スギヨ仮面のサイト→http://www.sugiyo.co.jp/sugiyokamen/  )
サイトをご覧頂いてもお分かりのように地元石川県では大活躍のスギヨ仮面ですが、この9月にテレビ朝日で放送された「くりぃむクイズミラクル9 3時間スペシャル」で全国デビューしてから人気も知名度もアップしてしまったスギヨ仮面。
1122
これがそのテレビ映像ですが、石川県にも様々な名所や名産物、有名人がいる中でスギヨ仮面がクローズアップされて本当に喜んでいる訳であります。
930_026
ちなみにスギヨ仮面とイヤヨヤダーをデザインしたのはイラストレーターのメソポ田宮文明さん(左)、そしてスギヨ仮面に企画を推して誕生に尽力されたのが㈱スギヨのN様(右)です。
もう北脇がスギヨ仮面に変身すると言う設定は完全に夢と消えてしまいましたが、スギヨ仮面がブームになって登場人物が増えるような話しになったら是非とも「スギヨ仮面2号」とか「グレートスギヨ仮面」とか言うキャラを作って頂きたいですね~。(そうなっても北脇を推してくれないでしょうけどね・・・。)
とにかく我らがスギヨ仮面の益々のご活躍を願っております!!

2013年11月26日 (火)

北脇、大関ジュニア「林家木りん」とご対面~っ!!

1122_004

このトレンチコートの男性は落語家の「林家木りん」さん→http://www.rakugo-kyokai.or.jp/Performers/Details/2f164f1a-d067-48f7-80f4-135b9723b944 で、笑点でもお馴染みの「林家木久翁」師匠のお弟子さんです。
この11月に二つ目に昇進した現在売り出し中の若手落語家さんであります。
そんな木りんさんとご縁がありましてお会いしたのですが、実は何を隠そう大相撲力士の2世。しかも‘大関’!
北脇も緊張しながらお会いしましたが、人懐っこい笑顔を見せながら和気藹々とお話しをして、すっかり意気投合してしまいました。
皆さん、その大関とはお分かりでしょうか~?
1122_005
答えは「大関 清國」関であります。→http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B8%85%E5%9C%8B%E5%8B%9D%E9%9B%84
このようにアイドル並みのお顔の木りんさんですが、背は190センチくらいありますので人ごみの中でもすぐに発見出来ました。
当然、子供の頃から相撲に親しんでいたそうですので、よく部屋の力士と朝稽古をしていたそうです。(相当な実力を持っていますよ!)
力士を目指した頃もあったそうですが、現在は‘噺’の世界で修行中の木りんさん。
そんな木りんさんに是非とも大相撲甚句のゲストにご出演頂きたいと出演交渉したのですが、どうなりますでしょうか・・・?
(過去にも好角家の落語家さんに幾度もゲスト出演して頂いております。)
そしていつの日か木りんさんと「芸人チーム」で相撲大会にも出てみたいと密かに考えてしまった北脇。(もうマワシは2年以上締めていませんけどね~。
)木りんさん、ゲスト出演と相撲大会出場、宜しくおねがいしますね~っ!!

2013年11月22日 (金)

北脇、後楽園ホールでプロレス観戦~っ!!

1120_003

11月21日、この日は後楽園ホールにて全日本プロレスの試合が行われ、北脇もお招き頂きました。
ちなみにお隣の東京ドームでは!
1120_047
ポールマッカートニーがライブをやっておりまして、水道橋駅周辺は大変な人だかりでしたよ!。
(さすがに九州場所大相撲観戦のようにプロレス観戦はなさらなかったようですね・・・。)
1120_004
当然、北脇のお目当ては「曙」関。ワクワクしながらメインマッチまでプロレス観戦しました。
1120_024
この日は北乃脇バンドのベーシスト・佐々木靖夫さんも一緒で、プロレス若葉マークの北脇に選手の情報や試合運びなどプロレスの‘いろは’を教えて下さいました。
ちなみに‘佐々木さんのプロレス好きは北脇の相撲好き’よりも凄い事が分かりました。
(ピーク時は1ヶ月に15回くらいプロレスを観に全国をまわっていたそうです・・・。)
1120_007
第一試合に登場したのは「西村修」選手。http://pure-city.jp/muga/
文京区区議会議員としても多忙を極めておられる西村選手。
以前、大相撲甚句にゲスト出演頂いてからファンになってしまいました。
1120_010
北脇と一歳しか違わないのに鍛え抜かれた力と体には脱帽してしまいました。
佐々木さん曰く「西村選手の‘四の字固め’は凄い!」との事。
(‘四の字固め’をもっとカッコイイ別名で言っていましたが忘れてしまいました・・・。すいません!)
結局、西村選手のタッグチームは勝利しましたよ!
1120_016
相撲の‘初っきり’のようにレフリーや対戦相手と絡んで我々を楽しませて下さったシーンもありました。
試合を観ながら先日の青梅でのホープ師匠や中村有志さんと3人でやったコントを思い出して笑ってしまった北脇。
当然、レスラーの皆様も日頃の鍛錬やトレーニングがあってこそ余裕のあるような試合を見せて下さると言う事はよ~く分かっております。
1120_021
渕選手も若手の生きの良い選手と激しい試合をして我々を楽しませて下さいました。
1120_026
激しい場外乱闘もありました!
1120_029
それを身を乗り出して必死にカメラで撮るイラストレーターの「メソポ田宮文明」さん。
遠目で見ていたらメソポ田宮さんの動きは面白かったです。(北脇が写真で撮っている事も知らずに・・・。)
ちなみにメソポ田宮さんは熱狂的プロレスファンです!
1120_036
そして遂に曙関の登場!
1120_038
横綱土俵入りのように‘グッ’と‘せり上がり’のような姿を見せた瞬間。
1120_041
メインマッチらしい盛り上がり!
1120_042
ここでも場外乱闘!当然・・・。
1120_035_2
写真を撮るメソポ田宮さん。
この後、乱闘が近くまで来て逃げ回るメソポ田宮さんが最高に笑えました!
1120_046
結局、曙関は敗れてしまいましたが、楽しませて頂きました。
花道を歩きリングを去るときリングに一礼した姿を見た時、力士時代の曙関を思い出してしまいました。
1120_040
曙関、次こそは勝利ですよ!!お疲れ様でした!!

2013年11月20日 (水)

新生ゆーとぴあ動画配信 in 東栄座夕日ステージ

M__
「お汁粉」を食べるザ・北乃脇バンドの5人。(美味かったんですよ~。)
先日の「青梅宿アートフォエスティバル」での様子ですが(左からサックス・宮崎さん、北脇、ベース・佐々木さん、トランペット・大林さん、ドラム・舛田さん)その時のステージを大林さんが撮影して下さっていました。

131117dscn2378

当然、ホープ師匠と中村有志さんも過激なパフォーマンスでお客様を喜ばせて下さいました。(北脇はかなり‘オモチャ’にされてますけど・・・。)
手前ミソで申し訳ありませんが、バカバカしくてスリリングで最高に笑わせて頂きました。(動きすぎていまだに筋肉痛ですよ~。)
そんな‘ドキュメンタリー映像’的な「新生ゆーとぴあ」の動画をどうぞお楽しみ下さい!!
・その3→http://www.youtube.com/watch?v=zdQz0kqLzEI (コントのクライマックスです・・・。) 
・その4→http://www.youtube.com/watch?v=KVXGoZM_Q0c (何故か‘君が代’を熱唱しております・・・。)

2013年11月18日 (月)

7人の‘新生ゆーとぴあ’青梅宿に現る・・・!?

131117dscn2372

ここは青梅市の昭和レトロ館。
11月16,17日の2日間に渡って行なわれた「青梅宿アートフェスティバル2013」のフィナーレは「新生ゆーとぴあ」につとめさせて頂きました。
それにしましても建物の2階ステージで、しかも青梅街道を行きかう車やバイク(バスも通過していましたよ・・・。)。
そんな中で!
131117dscn2253
選挙演説のようにお客様へ語りかける北脇。(けっこうな高さでしたよ~。)
131117dscn2381
そこへホープ師匠登場!(北脇も学生服に着替えています。)
131117dscn2386
更に「中村有志」さんも来て下さりお客様も大喜びでした!(師匠も超~っご機嫌でしたよ。)
131117dscn2376
歌あり、トークあり(かなり過激トーク・・・。)、コントあり、パントマイムあり、ゴムパッチンありの贅沢な‘新生ゆーとぴあ’の7人のステージ。
青梅の皆様方、本当に有難うございました~っ!!(来年も呼んでくれますでしょうかねぇ・・・。)

11月17日、372回大相撲甚句ポッドキャスト配信につきまして

FM西東京放送の「北脇貴士の大相撲甚句」をポッドキャストでお聴きの皆様。

11月17日放送回ですが、サーバーの不具合でアップロードが出来ておりません。
復旧出来次第お届けしますので今しばらくお待ちください。
ご迷惑をおかけしまして誠に申し訳ありません。
無事にアップロード完了しました。→http://www.voiceblog.jp/kitawaki-takashi1/

2013年11月17日 (日)

北乃脇バンド、青梅を満喫⁉︎

Image

昨日は青梅の祭り。
招いて頂きました我々「北乃脇バンド」の5人。
おおいに楽しませて頂きました。

Image_5


こんな感じのステージでたっぷりやらせて頂きましたよ!
二日目はホープ師匠とやります。
楽しみですね〜。


2013年11月16日 (土)

北脇、自衛隊音楽祭に行く…!?

Image

この大観衆。
武道館の館内です。
この日は知人に誘われて或るコンサートを見に行ってまいりました。
それは…。

Image_2

自衛隊音楽祭です。
入手困難と言われるプレミアチケットを握りしめて館内に入りました。
その様子はまた続きで!(もったいつけてますね〜。)

2013年11月15日 (金)

ホープ師匠・北乃脇バンド、青梅に行く・・・!?

T__

ご存知、ホープ師匠であります。
久々のご登場ですが、お元気でらっしゃいます。
来る11月17日(日)青梅市で行われます「青梅宿アートフェスティバル2013 シネマチック青梅」に‘新生ゆーとぴあ’として2ステージを任せられていますので打ち合わせの為にお会いしてまいりました。(それにしましても師匠、いい表情ですね~。)
当然、師匠もリハビリ療養してらっしゃいましたし、以前のような動きは控えないといけませんので、その分我々‘ザ・北乃脇バンド’をいじりながら‘音で楽しませる’ステージを考えております。(7月に赤坂ブリッツで行ったホープ師匠との復活ライブは今見ても面白いです・・・。)
ホープ師匠曰く「今、ポールマッカートニーが来日して盛り上っているけど70歳超えてるんだろ?日本で次に見られる事もないだろうね・・・。俺も病気をして思ったけど‘来年も頑張る!’とか‘次の機会に!’とか言うけど、自分が勝手に‘次もある’と思ってるだけなんだよね・・・。俺もまさか去年の北海道の舞台の時、半年後に病気になるとは思わなかったもんな。青梅の祭りも最後の舞台と思って楽しんでやろう!」と言われました。
このようにホープ師匠にはいつもいろんな意味で励まされる北脇。
北脇が舞台でおぼつかないグダグダな芸をしても安心出来るのはホープ師匠のこのような優しさや寛容さがあるからであります。
17日はホープ師匠とバンドの皆さんと大いに楽しみたいですね!
1115_005
少し見えにくいですが、17日は新生ゆーとぴあ・北乃脇バンドで2ステージ行います。(何と16日は‘あがた森魚’さんも青梅に来ます。)
16日は北乃脇バンドとして朝10時40分、12時30分ぐらい登場してライブを行いますよ~。
1115_006
青梅市内の至る所でイベントが行われます。
11月16,17日は皆さん是非とも青梅に行かれてはいかがでしょうか!!http://art-fes.omjk.jp/23/23.html ←サイトです。

2013年11月14日 (木)

男3人、全や連総本店で大いに呑んで食べる・・・!?

E__

いい感じで呑んで食べている3人。
この日は㈱スギヨのNさんとイラストレーターのメソポ田宮文明さんと大手町にある「全や連総本店 東京」通称‘ご当地やきとりのテーマパーク’で楽しんでまいりました。http://www.zenyaren.jp/
大体3人で集まる時は‘秋葉原’や‘上野’‘新宿’辺りが多かったのですが、ちょっと‘シャレこんで’(死語・・・。)丸の内のビジネス街に繰り出してまいりました。
それにしましても驚いたのは味の良さも当然ですが、広い店内は満席に近い程のお客様の入り。(平日なのに!)
決して安い値段ではないのに店内は相当な賑わいでした。
その理由も何となく分かってしまいました。と言いますのも・・・。
R__
店員さんの接客やノリが凄くいいんです。
ちなみにこれは「焼き鳥の盛り合わせ」ですが、一本一本「これは○○県の○鶏の串で、このタレでお召し上がり下さい。」など丁寧に説明して下さいました。
お腹が膨れて、もう食べきれなさそうになってもついつい店員さんを呼んでオーダーしたくなる楽しいお店でした。
(楽しんでいたのは我々3人だけかも知れませんが・・・。)
Q__
この‘こぼれるような笑顔’!
Nさんも大喜び!!(北脇も調子に乗って呑み過ぎてしまいました・・・。)
そして、コノ人はと言えば・・・。
W__
こ~んな顔で喜びを表現していました。
連日、画業もお忙しいようですが、この週末はメソポ田宮さんにお手伝いをお願いしないといけませんので持ち上げて持ち上げてご機嫌を伺っていたつもりでしたが、北脇が酔って喋れば喋るほど機嫌を損ねてしまったようでした・・・。(良かれと思っていろいろ褒めちぎっているつもりなんですけどね~。)
とにかくまた来月辺り3人で集まりたいですね!!

2013年11月13日 (水)

北脇、夢は‘増位山’演歌・・・!?

1112_015

大相撲九州場所3日目の幕内解説は、元大関・増位山の三保ヶ関親方様。
この今場所で65歳の定年退職をされる為、現役当時のお話を交えながら取り組み解説をして下さったのですが、相撲ファンならずとも面白い内容でした。
当然、増位山関と言えば「内掛け・足技」が有名でしたが、当時の映像も随所に登場しました。
特に!
1112_010
初代貴ノ花関との激闘は最高でした。
同じような細身で同じような強靭な足腰(しかもお二人とも水泳経験者)。
1112_011
昭和54年の1年間の対戦成績は増位山関の4勝1敗。
しかも全てが「内掛け」での勝利でした。
映像を見ていた増位山の三保ヶ関親方様も「あれっ!左からも決まっているね・・・。」とご自身の内掛けの足を見て驚いてらっしゃいました。
(殆ど右内掛けで決める事が多かったようですね。)
1112_012
この乱れ髪!男前過ぎますよねぇ~。
1112_009
ちなみに向正面解説は元関脇・麒麟児の北陣親方様。
前回、富士桜の中村親方様がご出演頂いた時も向正面で現役当時のお話を交えて盛り上げて下さいましたが、今回も三保ヶ関親方様を立てながら解説をして下さいました。
そんな増位山関と言えば相撲以外の土俵でも大活躍されましたが、その土俵とは!
1112_005
‘歌’の世界の土俵であります。
これは北脇のレコードコレクションなのですが、中古レコード屋やフリーマーケットなどで入手しました。しかし力士と言うより歌舞伎役者のようなお姿ですよね~。
1112_003
大ヒット曲「そんな夕子にほれました」が入ったLP。
(エルピーですよ~。若い方は知らないでしょうね・・・。)
1112_002
も~アイドル並のルックスとポーズ!
1112_001
親子でリリースしたLPも!
そんな増位山の三保ヶ関親方様に北脇、ひそやかな夢ですが、いつの日か「演歌」を作って歌って頂きたいと願っていすんです。(勝手な夢ですけど・・・。)
いつも‘ゲリラ的’に頼まれもしないのに歌を作る事が多い北脇ですが、いろいろなお話をしながら泣ける演歌を作りたいですね・・・。
(‘やしきたかじん’的な・・・。ちなみに売れる前の秋元康さんが昔、たかじんさんの所に作詞した曲を持って言ったら‘こんなん歌えるか!’とケンもほろろに突き返したそうです。ラジオで、たかじんさんが‘あの時もろとけば良かった・・・。’とギャグにしていました。)
1112_004
あくまで勝手に‘増位山’演歌を作って自分で歌いましょうかね~。

2013年11月11日 (月)

伊勢ノ海部屋 元力士「勝盛」大相撲甚句に登場~っ!!

1110_004

北脇の隣の男性は、伊勢ノ海部屋の元力士「勝盛」の「松田一隆」さんであります。
平成8年5月から21年1月までの約13年間、力士生活を送られました勝盛さんと相撲との出会いをタップリ語って頂きました。
当然、勝盛さんを知る上でこの人物を知らなければ話しにならない訳ですが、‘この人物’とは・・・。
1110_020
元・花籠部屋幕内力士「若ノ海」関であります。
昭和40年代後半に関取として大活躍されましたが、勝盛さんはその若ノ海関の息子。
つまり二世力士でありました。
1110_021
これは若ノ海関の新入幕当時(昭和47年名古屋場所)の記事でありますが、‘花籠部屋 第三の男’として注目されていました。
1110_006
そんなお父様の若ノ海関についても語って頂きました。
ちなみに勝盛さんが手に持っている冊子は!
1110_008
若ノ海関の出身地であります岩手県大迫町(おおはさまちょう)の50周年記念誌であります。
1110_007
その記念誌に堂々と掲載されていました。
大迫町を全国に知らしめた偉人でらっしゃった若ノ海関。
1110_009
そんなお父様と同じ相撲界に入った勝盛さん。
当然、周囲からも期待や注目をされました。
1110_010
序ノ口で7戦全勝した時の勝盛さん(当時は本名の松田・一番右の力士)
1110_001
ちなみに収録したこの日は大相撲九州場所の初日。
十両の解説は勝盛さんの兄弟子で伊勢ノ海部屋の「甲山親方」様。
勝盛さんの1年兄弟子だった大碇の甲山親方様。
入門当時は伊勢ノ海部屋も23人ほどの大所帯だったそうです。
1110_002
当然、勝盛さんには大相撲甚句番組スポンサーであります㈱スギヨのカニ風味カマボコ・香り箱をご賞味頂きました。http://www.sugiyo.co.jp/
ちなみに㈱スギヨと伊勢ノ海部屋とは深~い繋がりがあります。
詳しい事は番組をお聴き下さいね!
1110_003
現在、料理人でらっやる勝盛さんも大絶賛の香り箱!
1110_015
収録後は勝盛さん特製の「伊勢ノ海・花籠部屋 味噌チャンコ鍋」をご馳走して頂きました。まろやかでコクがあって最高でしたよ~!
(特にツミレが美味しかったです!!)
1110_012
そして勝盛さんがさばいた「サンマの刺身」綺麗ですね~。(勿論、味も最高!)
1110_011
テーブルには香り箱と他社の「チーズカニカマ」も並べられました。(贅沢ですね~。)
1110_014
勝盛さんの弟弟子の「荒飛 あらとび」さんも駆けつけて下さいました。
大相撲中継を見ながら美味しい料理を頂きました。
1110_016
大勢で盛り上ってしまいましたよ~。
7__
こちらのワイン3本は春日野部屋の限定ワインです。
一番左の「栃乃洋 竹縄」ワインは赤。
味は栃乃洋関の取り口同様‘柔らかくまろやか’と言いたいところですが、実は結構辛口でシャープな味でした。(怒られますね・・・。)
大相撲を見ながらチャンコ鍋で呑むワインは最高でしたよ~。
1110_018
相撲ファンの女性4人。
ワインを持っている萩原里枝子さんのお誘いで国技館や巡業などで大相撲観戦し、ご友人達は皆さん大相撲が大好き。
大相撲中継をテレビで見ると女性ファンがテレビカメラで映し出される事が多々ありますが、今度4人で大相撲観戦に行かれたら確実にテレビに出るでしょうね~。
1110_017
荒飛さんとすっかり仲良しになってしまった北脇。
(何故か‘恋愛トーク’で意気投合してしまいました・・・。)
1110_005
勝盛さんご出演の大相撲甚句は11月24日、12月1日(日)深夜12時より放送予定です。FM西東京ホームページからお聴き頂けますし→http://842fm.west-tokyo.co.jp/  
ポッドキャストからは過去の放送もお楽しみ頂けます。→http://www.voiceblog.jp/kitawaki-takashi1/
又、ラジオななお、ラジオかなざわ、ラジオこまつでは11月30日、12月7日(土)夕方5時30分。ラジオたかおかでは夕方6時からの放送となっております。http://www.radionanao.co.jp/
 どうぞお楽しみにしていて下さい!!

2013年11月 7日 (木)

日本列島ダーツの旅に穴水町・・・!?

1106_011

水曜夜に放送している、日本テレビの「所さんの笑ってコラえて!」の人気コーナー「日本列島ダーツの旅」の映像であります。
1106_012
今回ダーツが刺さった地域は!
1106_013
北脇の地元、石川県能登半島の・・・。
1106_014
穴水町でした~!!
(しかし良く見ますとダーツは穴水町の隣の‘輪島市’や’門前町’近くの海に刺さっていますが、数年前ダーツの旅は確か門前町に来ているはずですので穴水町にして頂いたのかもですね・・・。とにかく嬉しいですよ~。)
1106_015
ご覧のように穴水町は能登半島の内側にありますので波も穏やかで景色も最高であります。
そんな穴水町の映像をワクワクしながら見ましたよ~。
(数日前に穴水に帰っていたのに・・・。)
1106_016
気になる第一町人は・・・!?
1106_017
北脇の母校「穴水高校」の女子生徒でした。
(スタッフさんも可愛い女の子を選んで声がけしたんでしょうか・・・?)
1106_018
あっと言う間に女性が集まってまいりましたよ~。
しかも綺麗どころばかり!!
(これに便乗した‘一億人のダーツの旅なりすまし’が現われるかもですよね・・・。)
1106_021
どこが素晴らしいんでしょうかねぇ~。(相撲でしょうか・・・?)
1106_022
このお父様がいい味を出して最高に笑わせて頂きました。
能登弁丸出しでノスタルジックな気持ちにさせてくれました。
(数日前に穴水に帰っていたのに・・・。)
笑いすぎて泣けてしまいました。有難う!穴水のお父様!!
1106_023
穴水と言えば漁業。
その伝統漁とは・・・。
1106_024
「ボラ待ちやぐら」でのボラ漁です。
やぐらの上から回遊してくるボラを見つけて網で取る穴水町の伝統漁です。→http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9C%E3%83%A9%E5%BE%85%E3%81%A1%E3%82%84%E3%81%90%E3%82%89
ウィキペディアではこのように書かれていますが、昨年ぐらいからボラ待ちやぐらでの漁を復活しました。
丁度、地元穴水町出身の「遠藤関」の化粧まわしにも刺繍されているボラ待ちやぐら。
まさにボラ待ちやぐらは穴水町のジンボルなのであります。
(パリのエッフェル塔、大阪の通天閣のような感じ、 あるいは大相撲の呼出しさんが登る‘やぐら’でしょうかね・・・。)
1106_026_2
残念ながらこの日はボラは獲れませんでしたので漁師さん、ボラ用意しとくから!とこの一言。
笑いました・・・。
1106_027
所変わって山では‘案山子’お母様がユーモアタップリのコメントで楽しませて下さいました。(全てお母様の手作りの案山子です。)
今度、穴水に帰ったら見に行かないとですね~。
1106_028
ボラは獲れませんでしたが、真鯛や・・・。
1106_029
様々な高級魚が獲れました!
1106_030
更にサザエや!
1106_031
今、旬のアオリイカも!
1106_032
贅沢にスタッフさんと獲れたての魚を食べた映像も出ました。
ちなみに、この港は北脇の生家から歩いて5分足らずの所にあります。
(家の近所まで来ていたとはですねぇ~。)
1106_034
そんな穴水町の地元飯をスタジオで食べて頂きました。
1106_035
ちなみに左の帽子の男性は北脇宅とは3軒隣のご近所様。
も~ひっくり返って笑ってしまいました・・・。
(今頃は近所の名物男になっている事でしょうね~。)
1106_037
「魚介類苦手!」と言いながらも皆様大喜びで食べて下さいましたよ!
も~、日本テレビ様さま、所ジョージ様さまの1時間でした。
本当に有難うございました~!!

2013年11月 5日 (火)

北脇兄弟、‘能登の裕次郎’の元へ訪問・・・!?

V

B
この街並み、この川、この風景。
石川県七尾市を流れる「御祓川 みそぎがわ」と周辺の様子です。
いつも地元石川県に帰った際には御祓川へ必ず立ち寄るのですが、当然この人物にご挨拶する為であります。
A
㈱御祓川の会長で七尾自動車学校代表の「森山外志夫」様です。
(御祓川のサイトです。→ http://www.misogigawa.com/  七尾自動車学校のサイトです。→ http://www.menkyo-concierge.jp/school/ishikawa/nanao01.html ) 
薪を割ってらっしゃいますが、㈱御祓川のお店「いしり亭」のお昼ご飯は森山会長が釜で炊いたものを提供しています。
当然、一粒一粒の米が立っていて甘みと粘りがあって最高に美味しいんです。
M
「元気やった?忙しい?」とお声がけ頂き、近況を報告させて頂きました。
毎回、森山会長といろいろお話しをしながらご飯を頂くのが楽しみなのですが、この日は用事があったり‘待ち人’がいましたので数十分でお別れしました。
その待ち人とは・・・。
D
北脇の兄Tであります。私だけでなく兄にまでも気さくにお声がけ下さり兄も喜びをあらわにしていました。(お土産まで頂いてしまいましたし・・・。)
㈱御祓川は街づくりや河川の美化に取り組んでらっしゃいますし、兄は建設関係の仕事をしていますのでお話しも盛り上っていました。
本当は兄弟で会長の炊いたご飯を食べてゆっくりしたかったのですが、本当に残念であります。
N
何といいましても「かまど炊き職人」のご飯ですからね!(‘七尾の裕次郎’と書かれていますが、森山会長は背も高くて男気があってダンディーなのであります。)
そんな会長の炊くご飯は本当に美味しいんですよ!!
お食事だけでなく、店内(まいもん処 いしり亭)にはお土産や展示物なども沢山ございます。
C
丁度、8月に行われました「御祓川まつり」の写真も壁一面に貼られていました。
(北脇もお招き頂きました。)
Z
川岸にビッシリのお客様。
あの暑い七尾の夜を思い出しました。(いい写真ですよね~。)
そんな中に・・・。
X
北脇が歌っている写真も展示されていました。
ちなみに写真のタイトルは「熱演 北脇貴士」そして何と‘准特選’となっていました。嬉しいですね~!!
S
故郷に帰ってもいつでも温かく迎えて下さる人と場所があるのは本当に幸せですね。
これから本格的な冬を迎える石川県能登。
森山会長ご夫妻様、お体にお気をつけ下さいましてこれからも宜しくお願い申し上げます。(お店‘いしり亭’の前で記念写真を撮りました。)
お忙しい中、本当に有難うございました!!

2013年11月 4日 (月)

北脇兄弟、相撲部恩師に再会…!?

___1_2

北脇のお隣にいらっしゃる男性は高校生時代の相撲部監督「白藤金一」先生。
三連休を地元石川県で過ごした北脇が、買い物で立ち寄ったお店で偶然にお会いしてしまいました。
北脇が、相撲ソングやラジオなどをやっている事は既にご存知で、五年程前からお会いするなどしておりますが、狭い石川県能登とは言え、なかなか偶然にお会いする事はございません。
20数年前は目つきも鋭く、近寄り難い空気を出してらっしゃいましたが、50歳を過ぎられすっかり優しいお顔になられた白藤先生。(栃乃洋関が高校生の時の稽古を見て、お前ら!後藤泰一のようになれ‼︎と我々穴水高校相撲部員に口癖のように言ってました…。)

ちなみに白藤先生は日体大相撲部出身で昭和37年生まれ。
日大相撲部ご出身の境川親方様とは時代も重なっていてお互い面識もおありのようで「何や〜金ちゃんの教え子か?」と北脇にお声がけ下さいました。
本当に相撲の世界は狭く、今となりましては白藤先生には感謝しております。
そんな北脇を白藤先生に紹介して相撲部へ送り込んだ人物は…。

2jpg

北脇の兄のTであります。
バスケット部だった兄が相撲の試合に借り出されたのがそもそもの始まりで、当時は相撲部員はゼロ。
部員を探していた白藤先生に「いい人材が来年来ますから楽しみにしていて下さい。」と言って送り込んだのが弟の私でした…。(体育教官室で一時間以上勧誘されましたよ…。)
残念ながら三年間で白藤先生の期待通りの活躍もせず、いい人材ではなかった北脇でしたが、後輩には有望な選手が入って来てくれました。
およそ四半世紀振りに再会した白藤先生と兄T。
大袈裟なようですが、この二人が北脇を相撲部で(そこそこ…。)活動する道を付けて下さいました恩人。
次はこの恩を郷土や相撲にお返ししないといけませんね…。
白藤先生、兄T、今だから言いますが、本当に有難うございました〜っ‼︎

大相撲甚句ポッドキャスト配信につきまして

FM西東京「北脇貴士の大相撲甚句」をポッドキャストでお聴き頂いております皆様、11月3日放送分は5日の早朝に配信しますので誠に申し訳ありませんが、宜しくお願い申し上げます。

2013年11月 3日 (日)

北脇、結婚式でブライダルソング大熱唱…⁉︎

Image

和装姿の新郎新婦の隣で和装姿の北脇がギターで熱唱しておりますが、この日は北脇の親戚の結婚式。
光栄な事に新郎新婦から「二人にブライダルソングを作って欲しい!」とのリクエストを頂いておりましたので、大勢の皆様方の前で披露してまいりました。
しかも2曲も…。
事前に新郎新婦には打ち合わせとリサーチを済ませておりましたのでネタは満載でしたが、これまで「リクエストを受けて歌を作る」というスタイルをあまり経験した事の無い北脇にとっては相当な難産でした。(大体が頼まれもしないのにゲリラ的に勝手に歌を歌っていましたので…。)
ちなみに披露した歌は「ヒロキとユカの数え唄」と言う結婚式にはありがちな…?コミックソングと「この時を忘れない」と言う基本中の基本のタイトルと内容の歌。
手前味噌で申し訳ありませんが、新郎新婦のお二人も皆様も喜んで下さったようで北脇も胸を撫で下ろしましたが、これまでは力士ソングなどをメインにやらせて頂いていた北脇にとりましては、このような機会を与えてくれた新郎新婦のお二人には本当に感謝しております。(北脇の兄夫婦も、今までと違う!これからはこんな曲をライブでやって欲しい!と言われました…。)
とにかくこのところは結婚式にお招き頂き、幸せのおすそ分けを頂きっ放しの北脇。
この度も本当に有難うございました〜っ!!

« 2013年10月 | トップページ | 2013年12月 »