« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »

2013年10月

2013年10月30日 (水)

中立部屋・二番弟子「闘勝花」大相撲甚句に登場!!

1029_001

「居酒屋 闘勝花」と書かれたお店の入り口。
この日、北脇がお邪魔したのは・・・。
1029_018
元・中立部屋力士「闘勝花」さんがマスターをするお店でした。http://tabelog.com/saitama/A1102/A110203/11033952/
しこ名をお店の名前にしてらっしゃるのは分かりますが「中立部屋・・・?」と見て‘ピン’と来られた方!
そうなんです。今、日の出の勢いで幕内力士4人がいる「境川部屋」が出羽海部屋から独立された当時の名前が中立部屋。
その2番目の弟子の闘勝花さんにご協力頂き、大相撲甚句の収録をしてまいりました。
1029_003
これが現在の闘勝花の「福田雅文」さん。
(番組スポンサー、株式会社スギヨのカニ風味カマボコ・香り箱を持って頂いております。)お顔も体型もご覧のように元力士とは思えないようでありますが、少年時代から地元・長崎県で相撲をしていた実力者でした。
1029_005
フードレポーターのように見えますが、見た目だけじゃなくトークも最高に面白くてその辺のタレントさんよりも面白くて北脇も楽しんで収録をさせて頂きましたよ!http://ameblo.jp/16430/ ←闘勝花さんのブログです。
1029_009
これは大変貴重な映像。
平成10年名古屋場所の千秋楽パーティーの様子ですが、スーツ姿の方が中立親方様(現・境川親方様)。
後方左の力士は一番弟子の「佐田乃島」さん、右が二番弟子の「闘勝花」さん。
当時は「親方2人・弟子2人」51番目の部屋として話題になりました。
1029_019
そしてこの方が中立部屋の独立に尽力された元・吉の谷関の「大鳴戸」親方様。
足取り名人として大活躍した力士として相撲ファンの間では有名ですが、男気溢れる熱い思いを持った九州男児だったそうです。しかし50歳の若さでお亡くなりになられました。
そんな大鳴戸親方様のお話も闘勝花さんに語って頂きました。
105_078
そして「闘勝花」の名付けの親は何と演歌界の大御所「鳥羽一郎」先生。
(本当なんですよ!)
その秘話も語って頂きました。
1029_021
収録も無事に終わりまして師匠である境川親方様に報告の電話をする闘勝花さん。
やはり師匠とお話ししている時は相当緊張してらっしゃいましたが、そのような姿を見ると相撲界の師弟関係や上下関係は素晴らしいなぁ~といつも羨ましくなってしまいます。
1029_012
居酒屋 闘勝花特製「餃子チャンコ鍋 しお味」超~っ絶品でしたよ!!
1029_016
この味と香りをお届け出来ないのが残念であります。
調子に乗って食べまくってしまいましたよ!
1029_014
「さぁどうぞ!いっぱい食べて下さい!!」本当におもてなし頂きましたよ~
有難うございました!!
1029_026
美味しいお料理を頂きながら貴重な映像を拝見しました。
当時は弟子4人でしたが、後方で着物を着てらっしゃるのが中立親方様です。
1029_025
親方自らマワシをして胸を出して指導してらっしゃいました。
そして約15年経ち現在の境川部屋の発展があります。
1029_028
そんな闘勝花さんご出演の大相撲甚句は11月10、17日(日)深夜0時FM西東京で放送を予定しております。
番組は局のサイトからパソコンやスマートフォンでもお聴き頂けますし→http://842fm.west-tokyo.co.jp/  
ポッドキャストから過去の放送もお楽しみ頂けます。→http://www.voiceblog.jp/kitawaki-takashi1/  
そしてラジオななお、ラジオかなざわ、ラジオこまつでは11月16、23日(土)夕方5時30分、ラジオたかおかでは夕方6時から放送予定です。http://www.radionanao.co.jp/
 どうぞお楽しみにしていて下さい!!

2013年10月25日 (金)

ザ・北乃脇バンド改造計画・・・!?

1024_002

男6人記念写真。この日は久々にザ・北乃脇バンドの練習を我が家地下スタジオにて行いました。
(ドラムの舛田さん、何故か相撲雑誌を持っておりますねぇ~。)
何と言いましても感動したのが・・・。
__
先日、多摩川で出会ったトロンボーンのSさんがスタジオに来て練習に参加して下さった事であります。
サックスの宮崎さんと軽い打ち合わせで、バンドに参加して素晴らしい腕をご披露下さいました。
(かなりのテクニシャンでした!)
も~北脇、感激と感動でしたよ!!
1024_004
ちなみに一年前のこの日はCDのレコーディングでした。
バンドの皆さんには本当にご協力頂きました!
1024_005
あれから一年ですよ~。月日の経つのは本当に早い!
(CD聴きすぎてケースがボロボロです・・・。)
メガヒットすると思っていましたが世の中そんなに甘くないですよね~。
1024_003
ちなみに10月24日はホープ師匠の64回目のお誕生日。
今年はご病気などで大変でしたが、すっかり回復されてメンバーもホッとしております。
全員でお祝いの電話を師匠にしました。
ホープ師匠、お誕生日おめでとうございま~す!!
1024_008
我々が見ている映像は「特撮ヒーロー」ではなく・・・。
(一時期お約束のようにヒーローDVDを見てましたからね~。)
1024_007
RCサクセション。密かに北脇はファンなんですが、音楽性もスタイルも全く反映されていませんが、サックスの宮崎さん曰く・・・。
1024_016
これからは見た目のインパクトも大事!こんな感じの衣装を全員で揃えようか?
とご提案。
1024_020
アリですね・・・。
(無しですか・・・?)
1024_015
更に北脇のレコードコレクションを物色する宮崎さん。
丁度、佐々木さんがいましたので!
1024_017
「前から言おうと思ってたんですけど布施明ににてますよね~。」と言えばメンバー全員大爆笑!!
1024_018
せっかくですから同じ角度でポーズして頂きました。
(布施さん、佐々木さんゴメンなさい・・・。)
ジョークはさておき、これから先のザ・北乃脇バンドをいろいろ語り合いました。
1024_010
「北脇君、師匠や力士の歌じゃなく‘北脇貴士のブルース’をやるべきたよ!君は出来る男だ!!」と普段は物静かな宮崎さんが熱い言葉を下さいました。
宮崎さん、北脇がビッグになったら‘テナーサックス’をプレゼントさせて頂きますよ~!
(頑張らないとですね~!!)
1024_011
「バンドにギターリストを入れましょう!北脇さんもエレキを持ったら?」と佐々木さんのご提案。
以前、エレキギターを買いましたが、殆ど弾いていませんので来年はエレキを弾かないとですね~。
(あとギターリスト探しも!)
1024_012
「トランペットとサックスがステージで動きまわれるようなバンドにしたいですね~。ワイヤレスマイクが要るなぁ!」と大林さん。
も~無茶苦茶なステージングで大暴れしたいですね!!
(北脇が大出世したらワイヤレスマイク買いますよ~!!)
1024_019
そうと決まれば、北脇貴士改造計画・・・?
メンバー満場一致で!
1024_023
これからのザ・北乃脇バンドは‘小林旭’的サウンドで勝負ですよ~。
(いやぁ~ハードルが高いですねぇ・・・。)

2013年10月23日 (水)

北脇、少年2人と大いに遊ぶ・・・!?

N__

鉛色の空。
すっかり肌寒くなった多摩川で遊ぶ少年2人。
(石を投げて遊んでいました。)
元気いっぱいで何よりですが、北脇にしてみれば招かれざる客。
と言いますのも・・・。
C__
‘君たちが来る前からオジさんはず~っと歌の練習をしてるんだけど・・・。’
以前にもブログで書きましたが、練習している時は近くに人が来たり騒いでいると気が散って集中出来ず、不機嫌になってしまう北脇・・・。
しかも、この数週間は「歌が出来ない病」にかかって大スランプ状態・・・。
(半年に一回ぐらいの割合で歌詞も曲も全く浮かばず殻に閉じこもってしまうんです・・・。)
そんな北脇の気持ちも知らない少年達。
(当然ですよねぇ・・・。)
B__
も~‘バシャバシャ’石を投げまくって盛り上っていました。
注意するのも大人気ないので「あのさぁ~オジさん歌とギターの練習してるんだけど君たち迷惑じゃな~い?」とイヤミったらしく訊けば「大丈夫です!音楽大好き。ウキウキします!!」と北脇の心をくすぐるような坊ちゃん達の言葉。
すっかり機嫌が良くなって隣で楽し~く練習に没頭した北脇。
(単純であります・・・。)
V__
そんな時、空に光る物体・・・。
「あ~っあれ何~?」と少年の指差す先には・・・。
G__
UFO・・・!?
(まぁラジコンでしょうけど・・・。)
男3人で盛り上ってしまいましたよ~。
X__
「ねぇ!相撲好き?」と訊けば「相撲は見ないけど剣道やってます。」とハキハキした受け答えの緑の少年。
(可愛いんですけど俊敏な動きでした!)
「相撲よりボクシングを見ます!」と青い少年。
(体が大きくて運動神経抜群!)
この少年達はまだ4年生だそうなので来年あたり「わんぱく相撲」に出てくれないかな~と密かに考えてしまった北脇。
これまでの経験上、相撲を始める子は‘地区大会で負けたのが悔しくて道場で本格的に相撲を始める!’というパターンが非常に多いんです。
(その時はおそらく‘三鷹相撲クラブ’さんか‘府中道場’さん辺りに通うんでしょうね~。)
北脇の住む狛江市は相撲道場どころか土俵も無い‘相撲不毛地帯’(ダジャレじゃないですよ~。)であります。
この少年達が相撲に興味を持ってくれるかどうかは別として、人なつっこくて元気があって礼儀正しい姿に触れて北脇も相当元気を貰いました。
一緒にギターを弾いたり石投げしたり学校のお話をしたりして、すっかり仲良しになってしまい「また遊ぼうね~。」と北脇が言えば「オジさん今度いつ来るの?明日は?」と言われて嬉しくなって泣けてしまいました・・・。
(ちなみに明日は我が家スタジオでバンドの皆さんと練習であります。)
北脇の‘歌が出来ない病’を完全に治してくれた少年2人。
本当に有難うね~っ!!
(それにしてもこの写真いいですよね~。)

2013年10月21日 (月)

三波伸介一座 in 明神寄席

1021_011

一見‘その筋の大幹部’のような男性。(後には日本刀が・・・。)
と言うのはウソで、ご存知「二代目 三波伸介」師匠であります。
この日は神田明神・祭務所地下ホールにて「三波伸介一座 明神寄席」が行われ、有難くも北脇もお招き頂きました。
1021_010
当日は朝から冷たい雨・・・。
しかしお足元の悪い中でも多くの三波伸介一座ファンの皆様方が来て下さり、大変な盛り上がりでした。
本当に有難うございました。
1021_012
明神寄席の大看板「まんてんトリオ」のお三方も気合が漲っていました。
(左からトミーさん、中央・プロレスラーで特撮ヒーロー大好きの‘シラノ’さんこと平野さん。そして二代目三波伸介師匠。)
そして、この男所帯の中で美しい花二輪・・・。
1021_013
東京漫才界一の美人姉妹「ニックス」のお二方。
(左・妹のトモさん、右・姉のエミさん)
姉妹息の合った漫才で笑いと癒しを与えて下さいます。
(楽屋でも非常~に優しくて北脇のショ~も無い話にも突っ込みを入れて下さいます。有難いですね~。)
W__
本番直前、まんてんトリオさんに交じって写真を撮る北脇。
(私もメイクすれば良かったですよ・・・。)
R__
ご覧のようにお客様も大入りで大ハリキリの北脇。
あっという間に持ち時間の20分が過ぎました。
(と北脇は思っていますが、お客様は‘長げぇよ~!’と思ってかもですけど・・・。)
とにかく楽しませて頂きましたよ~。
ニックスさん、講談の宝井駿之介さん、まんてんトリオさん、そしてスタッフの皆さん方、本当に有難うございました!
(二代目三波伸介師匠のサイトです。→http://mantenkan.com/
無事に明神寄席も幕を閉じ、我々が向かった先は!
E__
都内某焼肉屋さんです。
まんてんトリオに新しく入られたシラノさん(本当は平野さん)、舞台でも体を張った芸で楽しませて下さいましたが、宴会でも体を張っています。
(額に爪楊枝を刺していますね~。)
強面で巨体で一見近寄りがたいような感じもしますが、本当に親切で腰が低くて最高に男前な方です。
(しかも特撮ヒーロー好きですし・・・。)
よくホープ師匠が「喜劇は同情されたり可哀想と思われたら終わりだ!憎たらしさと可愛さがないと笑いがおきない。」といつもおっしゃっていましたが、シラノさんは追い詰められても攻撃を受けても‘可哀想’どころか‘もっとやれ!’と客に思われてしまう体とキャラクターを持ってらっしゃいます。
もう最高の芸ですよね。
これからのまんてんトリオのご活躍も益々目が離せませんよ~。
(トミーさんの‘ヘビ男’の芸も最高でした・・・。)
Q__
北脇の隣の男性は講談の宝井駿之介さん。
普段は物静かで言葉も二言三言ですが、舞台に立つと狂気と名人芸を発揮して笑いと衝撃を与えて下さいました。
思わず「弟子にして下さい!」とお願いした北脇。(結構マジですよ・・・。)
このような名人とご一緒出来るのも二代目三波師匠にお声がけ頂いたからであります。
今回も沢山勉強をさせて頂きました!
皆様、本当に有難うございました!!
(北脇、呑み過ぎて顔が真っ赤ですね・・・。)

2013年10月12日 (土)

北脇、ホープ師匠と1年前を語る・・・!?

2__

久々にブログに登場!
ご存知‘ホープ師匠’であります。
7月26日に赤坂ブリッツのステージでご一緒して以来、電話でお話しする事はあっても殆どお会いしませんでした。
手術を終えて回復してらっしゃるとは言え、以前のようにサウナや公園で日光浴する事も出来ませんでしたが、本日本当に久し振りにホープ師匠とお茶をしました。
ご覧のようにお顔の色も良く、タバコは勿論、酒も辞められたホープ師匠。
(ハッキリ言って北脇より顔色が良いんですよ~。)
そんなホープ師匠が笑顔で見てらっしゃる物は・・・。
1012_002
「三波伸介一座」のポストカードであります。
(サイトです。→ http://mantenkan.com/
このところ二代目三波伸介師匠にお声掛け頂く機会が増えまして、今回も光栄な事にゲストで出演させて頂く事となりました。
それをご覧になったホープ師匠・・・。
1__
「最近‘てんぷくトリオ’のメンバーになったそうじゃないか~。(てんぷくトリオではなくで、まんてんトリオなんですけどね・・・。)もう俺の周りじゃ有名だよ!何でも挑戦することはいい事だ。頑張れよ~!!」と笑いながらおっしゃるホープ師匠。
「とんでもないですよ~。歌やバンドも形になっていないのに、お笑いの世界なんて・・・。去年の北海道で2ヶ月散々ホープ師匠の足を引っ張ったじゃないですか~!」と北脇。
(ゴムは毎日引っ張って頂きましたけど・・・。お陰で北脇の人相も変わりましたよ~。)
そう言えば去年の今頃はホープちゃんライブVOL8の稽古と新生ゆーとぴあの猛特訓を「中村ゆうじ」さんやコント青年団の「青木イサム」さんに指導して頂いていました。
(それにCDのレコーディングの準備も!)
本当にあっと言う間の1年でしたが、ホープ師匠との2ヶ月間の北海道生活が北脇を大きく変えて下さいました。
本当にホープ師匠には感謝しても感謝しても足りないぐらいご恩があるんです・・・。
そんなホープ師匠と!
1012_001
来月11月17日(日)青梅市の祭典「青梅宿」にて‘新生ゆーとぴあ’としてお招き頂く事となりました。
「青梅は北脇の第二の故郷!」と呼んでも過言ではありませんが、青梅市民の皆様方にホープ師匠やザ・北乃脇バンドの姿をご覧頂きたいと今からワクワクしているのであります。(サイトです。→ http://art-fes.omjk.jp/
師匠と久し振りにお会いして近況を報告した北脇ですが「暫く会わない間に一人でボケてツッコむようになったのか?声帯模写までして~。面白いじゃないか!!」と師匠に褒めて頂き、すっかりテンションが上がってしまいまいした。(そりゃ嬉しいですよ~。)
「普通は20代30代でいろんな芸を身に付けて冒険するんだけど、まだまだ40代じゃないか!君はな、いろんな物を持ってるんだよ・・・。」と励まして頂きました。
ホープ師匠はよく北脇の事を「君は詐欺師の目をしている目の前の1人の客を騙せないで何百人、何千人の客を騙す事は出来ない!(変な意味じゃ無く、客を信じさせる事です。)芸が無くても芸があるように見られる事は立派な芸なんだ!」とおっしゃいますが、ホープ師匠こそ芸の無い北脇を‘ソノ気’にさせる「偉大なる詐欺師」であります。
とにかくホープ師匠、北脇の芸人魂に火を付けて下さいましたよ!!
1012_003
青梅とは思えないようなアメリカンナイズされたイラスト。
1012_004
‘ゴムぱっちんの新生ゆーとぴあ’と書かれていますが、ザ・北乃脇バンドも登場して予測不可能なステージにしたいと思っております。
(ちなみに16日はザ・北乃脇バンドのみで登場します。)
043
北海道・阿寒湖での修業から早くも1年が経とうとしています。
(鶴雅ウィングスの楽屋でのひとコマです。サイトです。→ http://www.tsurugagroup.com/
今思えば、本当に最高の経験をさせて頂きました!
ホープ師匠、11月の青梅宿も‘ヨロシク~ネッ!!’

2013年10月10日 (木)

美男力士!「栃乃花」大相撲甚句に登場~っ!!

1010_010

北脇の隣の甘いマスクの男性は、元・栃乃花の「二十山親方」様であります。
この程、ご縁を頂きまして大相撲甚句のゲストにご出演下さいました。
そのご縁を繋いで下さったのが大相撲をこよなく愛する女性、春日野部屋後援会でアトリエ彩華・代表「萩原里枝子」様。(サイトです。→http://saikaweb.com/blog/
一昨年前の秋は栃乃洋の竹縄親方様、昨年の秋は栃乃和歌の春日野親方様、そして今年は栃乃花の二十山親方様と、この3年間は‘春日野枠’を萩原様にコーディネートして頂いております。(有難いですね~!)
その春日野枠を余す所なく使わせて頂き、今回も最高の収録をさせて頂きました。
ちなみに二十山親方様と北脇は同学年の40歳。
にもかかわらずこの貫禄、落ち着き、そして何と言いましても男前!
悪いですが、実物の二十山親方様はテレビの10倍は男前で近くで喋っていると引き込まれてしまいそうな魅力が漂っていました。
そんな二十山親方様の現役時代は!
1010_011
こんな感じであります。(他にもっと写真があるのでしょうが、北脇の周囲には見当たりませんでした。申し訳ありません・・・。)
伝統春日野部屋の技巧派正攻法の相撲で最高位・東小結まで登りつめました。
当然、少年時代から高校大学、そして大相撲入りして今日に至りますまでの貴重なお話しをタップリご披露頂きましたよ!
ちなみに!!
1010_014
二十山親方は高校生時代北脇の地元、石川県「高校相撲金沢大会」に参加してらっしゃいました。
(これは当時のプログラム表で1990年の北脇の私物です。)
1010_012
岩手・浄法寺高校の「谷地 仁」選手が二十山親方様です。
(二年生の頃からレギュラーで活躍してらっしゃいました。)
ちなみに・・・。
1010_013
同じ時、北脇も金沢大会の卯辰山相撲場にいましたが、残念ながら補欠・・・。
(1年生の時は部員が2人でしたからレギュラーだったのに・・・。)
この時は有望な後輩が入ってきましたからね~。
(1年生の前田も2年生の端も小学生時代から‘穴水相撲教室’でミッチリ稽古して中学生時代も活躍したエリートでしたからねぇ・・・。ちなみに前田は現在、穴水相撲教室の指導者として活躍中です!)
そんな北脇のしみったれた話はさておき、二十山親方様と金沢大会トークで盛り上りました!
(もはや大相撲甚句の恒例ですよね~。)
1010_008
こうして改めて見ると二十山親方様、本当に男前でありますが、勿論お顔や見た目だけでなく考え方や相撲論も男前で北脇の一つの質問に対しても様々な角度から非常に深い回答をして下さいました。
(ろくでも無い質問にもですよ・・・。)
ちなみに親方様が手にしている書籍はベースボールマガジン・相撲2008年3月号で丁度現役引退された時の特集ページでありますが、現役時代は山あり谷あり激動の力士人生でらっしゃいました。
1010_016
多くの方々から事前に二十山親方様への質問メールを頂いておりました。
マニアックな質問の数々・・・。
それに答える二十山親方様のコメント、最高に面白いですよ~。
1010_009
と、面白いトークばかりでなく、肩を落として悲しみと怒りに震える二十山親方様の姿もありました。
丁度、同じ書籍に取り上げられていた記事に・・・。
1010_015
阿覧関が幕下時代に特集されていました。
春日野部屋へ移籍する事が決まっていながら突然の引退・・・。
二十山親方様も困惑しながら心中を語って下さいましたが、恥ずかしながら北脇は阿覧関が電撃引退した事を知らずにいました。
(大相撲甚句パーソナリティー失格ですよ・・・。)
その驚きふためく北脇のリアクションも笑えますよ~。
そんな訳で無事に収録もおわりまして!
1010_007
会議室のスタッフさんにシャッターを押して頂くように呼びましたら収録機材に興味津々・・・。
「へ~こうして収録するんですね!」との言葉に「こちらの方は元大相撲力士で13日の横浜巡業の準備でお忙しいんですよ!知ってるでしょ?栃乃花の二十山親方!」と訊けば「すいません・・・。相撲はあまり見ません・・・。」と超~っ正直なコメント。
(ちゃ~んと事前に口裏合わせをしていたのに・・・。)
優しい二十山親方様ですから「大丈夫!大丈夫!僕はあなたをよ~く知っているから!」とフォロー下さいました。
(優しいですね~。)
そんな二十山親方様とスタッフさんのお近付きのしるしに!
1010_006
記念写真を撮りました。
「名誉の為じゃないですが、こちらの女性スタッフは凄~く親切で方向音痴の北脇が駅から現場までの道順をそれはそれは丁寧に電話で教えて下さいました。
(道が分からなくて北脇も相当イライラして口調も悪かったと思いますが・・・。)
ちなみに、今回収録に使わせて頂いた会議室は「さくらWORKS」と言うNPO法人の会社であります。
(サイトです。→http://yokohamalab.jp/sakuraworks
冷暖房完備で飲食OK(お酒も!)歌も大丈夫と、まさに収録にうってつけの場所でした。(それなのに冷房を付け忘れて親方も北脇も汗まみれで収録しました・・・。)
1010_005
そんな二十山親方様ご出演の大相撲甚句は10月20日、27日、日曜深夜12時放送予定です。
FM西東京ホームページからパソコンやスマートフォンでもお聴き頂けますし(サイトです。→http://842fm.west-tokyo.co.jp/
ポッドキャストからは過去の放送も配信しております。http://www.voiceblog.jp/kitawaki-takashi1/  
そしてラジオななお(http://www.radionanao.co.jp/) 、ラジオ金沢、ラジオ小松は10月26日(土)夕方5時30分から、ラジオ高岡では夕方6時から放送予定です。
どうぞお楽しみにしていて下さい!!

北脇、多摩川で運命のミュージシャン発見・・・!?

D__

夕陽の多摩川。
この日は台風24号通過で日本列島は記録的な暑さと風が吹き荒れましたが、そんな時にありましても多摩川の河原で日課の歌の練習をした北脇。
(1年前ぐらいは毎日のようにホープ師匠とサウナで汗を流しておりましたがね・・・。)
だいたい多摩川周辺は北脇以外にも様々な楽器の練習をする方々が多く、思わぬ‘有名芸能人’とも遭遇する事があります。
(映画やドラマに出て活躍してらっしゃる方も!)
そんな時、北脇が捜し求めていたパートのミュージシャンがたまたま練習してらっしゃいましたので何の迷いもなく声をかけさせて頂きました。
その人物は!
B_
トロンボーン奏者のSさんであります。
関西を中心に活躍してらっしゃった方ですが、数ヶ月前に東京に引越ししてこられたとの事。
関西人独特のノリと不思議な魅力ですっかりうちとけてしまいました。
昔からミュージシャンを見ると見過ごす事が出来ず‘キャッチセールス’のように声をかけてしまう北脇。
(先日も電車の中でウッドベースを持った男性に声をかけてアドレスを渡しましたが何の音沙汰もありませんでした・・・。)
「今丁度トロンボーンの人を探していたんですよ~。再来週スタジオで練習しますから遊びに来て下さい!」と、たたみかけるようにお誘いして約束を取り決めてしまいました。
(そうゆう時の押しは強いんですよねぇ・・・。)
ちなみに現在のザ・北乃脇バンドも立ち上がり当時はこのように手当たり次第に声をかけさせて頂き現在に至っております。
(大きい体の子供を見たら‘坊や~、お相撲さんになるかい?坊やなら横綱大関だよ~!’とスカウトする親方衆のようですね・・・。)当然、先日の赤坂BLITZの動画も見て頂き「ねっ!私の言ってる事ウソじゃないでしょ?これ私ですよ~。」などとまるで詐欺師のようにYOUTUBEを再生しました。(これですよ~。→http://www.youtube.com/watch?v=db5iaz2mp3k&feature=youtu.be
と、お近づきの印に!
C__
まるで‘カップル’のように記念写真を撮りましたが、あまりの風の強さに目も開けられない程・・・。
ちなみに北脇は河原で練習している時は写真はおろか‘俺に近付いてくるな~!’の空気を体から発して話しかけてくる人に対しても非常~に無愛想で無視する事もあります。
(練習中はピリピリしてしまうんです・・・。)
それなのにSさん、本当にいい人で練習中なのに北脇のしょ~もないトークに付き合って下さったり(Sさん曰く‘一人でボケてツッコんでる~。関西の芸人みたいや~。’との事・・・。関西ご出身のSさんにそう言って頂けて本望でありますよ~。)このように写真までご一緒下さり、嬉しくなったので!
A__
更にもう一枚・・・。(普通は嫌がりますけどね・・・。)
あまりの風の強さに北脇の頭が‘ピッチリ横ワケ’になっております。
クレイジーキャッツなどコメディーも音楽も出来るバンドに憧れ続けている北脇。
Sさんが北乃脇バンドに入って下さいましたらもっと楽しい事が出来る気がするんですよね~。(さしづめSさんは‘谷啓’ですね~。http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%B0%B7%E5%95%93
ちなみにこの後、Sさんからメールが来てガッツポーズで喜んだ北脇。
今後のザ・北乃脇バンド楽しみですよ~っ!!

2013年10月 9日 (水)

お疲れ様!メソポ田宮文明画伯・・・!?

108_011

多くの作品の前で仁王立ちするのはご存知イラストレーターの「メソポ田宮文明」さん。
以前よりブログでもご紹介させて頂いておりましたが、昨日(8日)は元麻布ギャラリーにて行われていた「メソポ田宮文明とニッポンに今後をココアを混ぜながら考えてみる会」の最終日でしたので、その様子をチョッと見てまいりました。
108_001
物陰からそ~っと近付く北脇。そこには体の大きな男性が二人・・・。
108_002
イベント会場の前で、か弱き女性に詰め寄る男二人・・・。
これはただ事じゃなさそうですよ~。
108_003
通行人も気になっている様子・・・。
「チョッと待てぇ~!!」と北脇が颯爽と登場すると・・・。
108_004
丁度、イベントに訪れていた女子アナウンサー「山本ミッシェールのぞみ」さんと(http://blogs.yahoo.co.jp/michelleyamayama )、プロレスラー「征矢学 そやまなぶ」選手(http://pure-city.jp/soya/ )がいらっしゃいました。
「いいタイミングですね~。写真撮りますよっ!!」と主役のメソポ田宮さんがシャッターを押して下さいました。(申し訳ありませんねぇ・・・。)
ご挨拶もそこそこに会場に入りますと・・・。
108_010
この日は女性のお客様が多くてメソポ田宮さんも嬉しい悲鳴・・・。
対応に追われていましたので一人で作品を観た北脇でしたが、ハマってしまったのが・・・。
108_006
この「エビ」と「オヤジ」の立体パネル。(油絵ではありません・・・。)
前回はパーティーでゆっくり見る事が出来ませんでしたが、タイトルを見て笑ってしまいました。そのタイトルは・・・。
108_007
「おびえるえびお」読んでお分かりのように‘上から読んでも下から読んでも同じ文章’回文を絵に現したものですが(‘肉の多い大乃国 にくのおおいおおのくに’ のように・・・。)バカバカしくて笑ってしまいました。
(何でオヤジが登場するのか全く理解出来ないところが面白いじゃないですか~。)
しかも‘回文シリーズ’とありますので、もう一点見ますと・・・。
108_008
イカのような生物が舌をのばしておりますが、このタイトルが・・・。
108_009
「‘かいなめないか’ 貝舐めな!イカ・・・。」ですよ・・・。
(もうクダラな過ぎて笑いも出ませんでしたよ~。)
とにかくメソポ田宮さんの頭の中は宇宙のように未知なる世界である事がよ~く分かりました・・・。
108_012
「あっ!お客さんだ!!いらっしゃいませ~っ!」また美女が現われました。
(本当なんですよ~。)
とにかく連日、本当にお疲れ様でした~。
(今度また赤坂辺りで呑みましょうね・・・。)

2013年10月 7日 (月)

第366回大相撲甚句ポッドキャスト配信

FM西東京放送の「北脇貴士の大相撲甚句」をポッドキャストでお聴きの皆様、サーバー不良が改善されました。

第366回放送の大相撲甚句(ゲスト 昭和54年初土俵力士 五四会の皆様)をどうぞお楽しみ下さい!(サイト→http://www.voiceblog.jp/kitawaki-takashi1/

大相撲甚句366回(10月6日放送分)のポッドキャスト

FM西東京放送の「北脇貴士の大相撲甚句」をポッドキャストでお聴きの皆様、サーバーの不具合で配信が遅れております。

復旧出来次第お届けしますので今しばらくお待ちください。
ご迷惑をおかけしますがご理解の程、宜しくお願い申し上げます。

城ノ龍関・ボロルトヤさん、結婚披露宴!!

105_051

可愛らしいタッチのポートレート「おっとごー」「とや」と書かれていますが、断髪式を終えられた城ノ龍関と新婦「ボロルトヤ」さんが現われるのを今や遅しと待つ我々・・・。
105_052_2
日本国籍を取得され「小林光星」となった城ノ龍関。
芸能人のような素敵なお名前でありますね!
105_039
会場には入りきらない程の大勢の皆様!
大変な盛り上がりでしたよ!!
105_044
整髪してドレスアップした城ノ龍関に新婦のボロルトヤさんの純白ウエディングドレス姿!お似合いですね~!!
105_043
そして何とご媒酌人をつとめられたのは「鳥羽一郎」様ご夫妻。
大変なサプライズでありました。
105_047
ウエディングケーキの入刀!
この満面の笑み。
土俵上では気迫を前面に出し鋭い目つきの城ノ龍関ですが、最愛のトヤさんを前に溢れるような笑顔であります。
(トヤさん大金星ですから当然ですよね~。)
105_053
次々に祝福に訪れるモンゴル力士の皆様方!
北脇、大役を忘れてしまうほど見とれてしまいました。
その大役とは・・・。
105_063
「城ノ龍の歌」を披露させて頂きました。
境川親方様より「いい歌作ってやってくれよ!頼む!!」と言って頂き、顔じゃない事は百も承知しておりますが歌わせて頂きました。
本当に有難うございました。
105_075
多くのサプライズ、多くの皆様方からの心温まるメッセージやプレゼント、どれも感動しましたがやはりクライマックスシーンは北脇も堪えきれず号泣してしまいました。
(周りの皆様もみんな泣いていましたよ・・・。)
境川親方様、おかみ様、石浦先生ご夫妻様、鳥羽一郎先生ご夫妻様、そして多くの皆様方の溢れる愛情に包まれた城ノ龍関とトヤさん。
日本で必死に生きて相撲道を貫いてこられた城ノ龍関の事を皆様ご覧になっていたからこそですね。
そこにはモンゴルも日本も無い、人間の本来持つ信頼や愛情の姿がありました。
105_068
城ノ龍関、トヤさん末永くお幸せに!
最高の披露宴を本当に有難うございました!!

有難う!城ノ龍関!!涙の断髪式

105_003

金屏風の前に立つ大銀杏に黒紋付姿の力士。
後方にも大きく書かれておりますが10月5日(土)小雨降りしきる中、境川部屋力士「城ノ龍」関の断髪式が東京都足立区にて行われ、多くの相撲関係者とファンに惜しまれながら城ノ龍関に別れを告げました。
105_001
ご迷惑とは思いながらも大勢の写真待ちの皆様方の列に交じって北脇も写真を撮らせて頂きました。(北脇、緊張で顔がこわばっております・・・。)
引退直前の九月場所も気迫の相撲で見事5勝2敗で堂々の勝ち越しを決められた城ノ龍関。
男として最高の花道を自らで作られた城ノ龍関。
最高に輝いていました。
105_005
大勢の皆様方の前で10年半の力士生活に別れを告げられる城ノ龍関の姿。
105_089
そんな城ノ龍関の髷に鋏を入れさせて頂きました。
心より感謝を申し上げます。
105_008
先場所新十両で十両優勝されたモンゴルの後輩「照ノ富士」関も鋏を入れられました。
(その他にも多くのモンゴルの先輩後輩力士の皆様方が駆けつけられました。)
105_009
そして鳥取城北高校相撲部の後輩「大喜鵬」関も鋏を入れられました。
105_015
当然、同じ境側部屋の佐田の富士関も!
お二人は平成15年1月初土俵の同期生同士でらっしゃいます。
105_016
豊響関
105_018
関脇・豪栄道関
105_019_2
関脇・妙義龍関
105_021
元・岩木山関の「関ノ戸」親方様も。
105_024
そして会場が騒然となり、シャッターを押す多くの方々・・・。
105_026
横綱・白鵬関も駆けつけて下さいました。
105_028
最後のとめ鋏は師匠の境川親方様。
師弟とも涙がこらえきれず、その姿にもらい泣きしそうになりました・・・。
そこへ境川親方「先輩!石浦先輩も来て下さい!!」と呼ばれて・・・。
105_033
鳥取城北高校相撲部時代の恩師・石浦外喜義先生も一緒に最後の鋏を入れられました。
石浦先生は境川親方の日本大学相撲部時代の1年先輩で「小林!(境川親方の本名)お前に預けたい素晴らしい生徒がいる。育ててくれないか?」と言われたのが城ノ龍関のエレデンツォグト・オドゲレル選手でした。
そんな城ノ龍関にとりましては石浦先生、境川親方様は日本の父のような存在。
城ノ龍関もこみ上げる涙をハンカチで押さえておられます。(当然であります・・・。)
最高の晴れ舞台に北脇も感動して泣けてしまいました・・・。
105_036
我々には聞き取れませんでしたが、師弟の間で言葉が交わされてらっしゃった事でしょう。無事に断髪式が終わり、この後は引き続き城ノ龍関の結婚披露宴が行われました。
城ノ龍関、10年半の現役生活本当にお疲れ様でした。
そして素晴らしい相撲の数々を我々に見せて下さいまして本当に有難うございました。

2013年10月 4日 (金)

北脇、寄風親方と大いに呑む・・・!?

104_002

北脇と乾杯をする男性。
すっかりお馴染みですが、相撲ライターの「寄風」様。
九月場所も終わり、ある程度お仕事も落ち着かれまして久々にお会いしました。
(お借りしていた相撲の資料もお返ししなければいけませんでしたので。)
そこでおもむろに出された新聞に・・・。
104_001
「これ、スポーツ報知ですけど北脇さん出てますよ。」と一言。
丁度、遠藤関が勝ち越しを決められた時、国技館に行っておりましたが取材は受けてませんし写真も撮られた覚えもありませんでしたが・・・。
104_006
う~ん!今見ても素晴らしい勝ちっぷり!!
連日、新聞紙面を賑わせた遠藤関でしたね~。
104_005
それなのに、よ~く見ると「遠」と「藤」の字が入れ替わっていると言うか順番を間違っている事をシッカリご指摘頂きました。
(それ程、穴水町の皆さんも興奮していたと言う事ですかね~。)
で、更によ~く見ると・・・。
104_007_2
確かに北脇も写っていました・・・。
「おしいっ!!」が北脇の顔にかかっているのが笑えてしまいました・・・。
(いつも‘おしいっ!!’感じの人生を送っていますのでね・・・。)
寄風さん曰く「何か面白かったんでブログに載せようと思ったんですけどね~。」との事。
是非ともどのようなブログになるのか書いて頂きたかったですよ・・・。
(寄風さんのサイトです。→http://blog.goo.ne.jp/yorikaze/  面白いんですよ~。)
ちなみに報知新聞の記者様、以前ご挨拶させて頂きましたが、折り目正しくて非常~に素敵な方であります。
(媚びてますねぇ~。)
104_004
当然、メソポ田宮文明さんのイベントのポストカードをお渡ししましたら、寄風さん曰く「前から思ってたんですけどモデルはオレですか・・・?」との事。
(コメントは控えさせて頂きます・・・。)
とにかくこの日は呑んで食べて大いに盛り上りました。
大相撲甚句の番組を影から密かにサポート下さる寄風親方。
これからもどうか宜しくお願いします!!

2013年10月 2日 (水)

メソポ田宮文明とニッポンの今後をココアを混ぜながら考えてみる会 その2

930_037

感慨深気なお顔でパネルを眺めるのはイラストレーターの「メソポ田宮文明」さん。
9月30日より「元麻布ギャラリー」にて展示会を行っておられる訳ですが、様々なイラストやオブジェなどの作品の他にお客様の目を引き付けていたのはメソポ田宮さんがデザインしたヒーローの・・・。
930_020
スギヨ仮面とイヤヨヤダーの実物の頭部であります。
写真を撮る方、手に取る方、中には実際に被る方などなど大人気でした。(笑えましたよ・・・。)
デザインしたメソポ田宮さんも企画を実現させた㈱スギヨのNさんもお客様方のリアクションを見て喜んでしましたし、北脇も嬉しくなりつつもスギヨ仮面やイヤヨヤダーが手を離れて遠くに行ってしまう様な寂しさも感じてしまいました。
それと言いますのも・・・。
930_038
特撮ヒーロー大好きな北脇がラジオの「大相撲甚句」で架空のヒーローになりきった事がきっかけで、まさに偶然的に誕生したのが「スギヨ仮面」だったからであります。
(2008年と書かれていますが、実際には2006年10月から放送開始しました。スギヨ様には2008年からスポンサーになって頂いております。)
スギヨ仮面の動画や詳細はコチラ→ http://www.sugiyo.co.jp/sugiyokamen/
当然、少年時代から「特撮ヒーローになりたい!(しかも70年代・・・。)」と夢見ていた北脇ですからメソポ田宮さんもその事をよ~く理解していましたので・・・。
930_001
ギターを持ってこ~んな衣装で北脇が登場してスギヨ仮面に「チェ~ンジ!!」もしくは・・・。
930_002
こ~んな感じで悪漢共をなぎ倒して「ズバ~ット!」変身して・・・。
930_003
こ~んな仮面で北脇が変身した後でも「歌が歌えるように!」メソポ田宮さんもスギヨ仮面をデザインして北脇もワクワクしながら完成を待っていましたが・・・。
Dscn4869
出来上がったスギヨ仮面は北脇の入り込む余地は全く無く、70年代どころか近代的な超~っカッコいいヒーローになっていました。
当然、口は完全に塞がれていますし、何よりスーツがタイトで北脇も10キロくらい痩せないと着る事は絶対に不可能!
ちなみにこの日はビーチ相撲でザ・北乃脇バンドとコラボしたスギヨ仮面ですが、北脇の衣装は「マワシ」であります・・・。
(上下デニムも上下ブラックレザーの夢も打ち砕かれてしまいました・・・。)
ですが、完成度の高いスマートでシャープなスギヨ仮面ですからチビッコにも女性にも大人気!
我々の予想をはるかに超えた活躍をして頂きましたよ!
だからと言う訳ではありませんが・・・。
930_040
イヤヨヤダーに寝返った北脇・・・。(も~モテモテですよ~!)
と、北脇寄りの話しばかりになったので主人公のメソポ田宮さんのイベントに戻しますけど、駆けつけて下さったお客様も様々な方々!
930_029
レスラーの「めんそ~れ親父」選手や!
(サイトです。→http://ameblo.jp/mensookinawa
930_035
仮面ライダースーパー1・沖一也の「高杉俊介」さんなども!
(漫画家の巨匠・ちばてつや先生もいらっしゃいましたよ。)
930_034
このようにメソポ田宮さんデザインの「とろける千津夫」シャツを着る方々も大勢!
(女性ファン曰く‘可愛い’との事・・・。)
930_028
本当に楽しい宴、強烈で面白い作品の数々でありましたよ~。
930_004
皆様も是非「メソポ田宮文明とニッポンの今後をココアを混ぜながら考えてみる会」に行ってみてはいかがでしょうか!
楽しいですよ~っ!!(サイトです。→http://blog.goo.ne.jp/me-so-po

2013年10月 1日 (火)

メソポ田宮文明とニッポンの今後をココアを混ぜながら考えてみる会

930_002

何やら怪しい書体に怪しいイラストが貼られておりますが、この日は北脇の友人で恩人でありますアル人物の個展会場にお邪魔してまいりました。
その人物とは・・・。
930_004
身の丈6尺の大男。
そう、この人物こそ・・・。
930_003
イラストレーターの「メソポ田宮文明」さんであります。
この日、イラストレーター人生を賭けた大イベントが元麻布にあります「元麻布ギャラリー」で開催されまして、大勢の方々がオープニングパーティーに集まり大盛況のうちに初日を終えられました。
その様子をチョッとご覧下さい!
930_007
大胆且つ斬新で過激なイラストの数々・・・。
930_006
メソポ田宮ワールド炸裂!
930_008
イラストレーターでありながら自由奔放な作品の数々・・・。
930_009
こ~んなのや!
930_019
こ~んな感じのや!
930_016
こ~んなのも・・・。(笑えるでしょ?)
そして極めつけは!
930_020
スギヨ仮面やイヤヨヤダーのデザイン!(造形は違いますよ~。)
とにかく良く言えばオリジナリティーと独創性の塊!
悪く言えば統一性の無い不思議ワールド全開のメソポ田宮文明さんの作品の数々・・・。(芸術は理解されないものなんですよねぇ~。)
見るものを釘付けにしてしまいました。
930_026
はるばる石川県七尾市から出張と絡めて駆けつけて下さいました㈱スギヨのN様とスリーショット!
久々にN様とスギヨ仮面、イヤヨヤダーと再会できて喜ぶメソポ田宮さんと北脇。
930_022
そろそろパーティーの準備!
メソポ田宮さんも大忙しですよ~。
930_021
スギヨ様からはカニ風味カマボコ「香り箱」と・・・。
930_024
歯ざわりシャキシャキの「加賀揚」と更に!
930_025
定番の「ビタミン生ちくわ」を差し入れ頂き皆さん大喜びでした!!
美味しいお料理とお酒、そして芸術作品に囲まれながら大いに盛り上ったオープニングパーティーでした!
楽しかったですよ~っ!!(その2に続きます。)

« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »