« 2013年6月 | トップページ | 2013年8月 »

2013年7月

2013年7月31日 (水)

「笑顔発信中~っ!」北脇、久々のFM西東京!?

730_001

北脇の隣には若い女性の姿・・・。
FM西東京のディレクターで大相撲甚句の番組担当の「D達なおみ」さんであります。
北脇が収録・編集した番組を毎週チェックして管理して下さってまして、D達さんやFM西東京のスタッフの皆様方によって無事にオンエアさせて頂いているのでありますが、実は今年に入って北脇がFM西東京の局にお邪魔したのが何とこの日で‘2回目’なのであります。(前回は1月にスタジオで収録した武蔵川部屋の元力士・松武蔵さんの時・・・。)
以前は、ほぼ毎月のように局で収録をしていたのですが、最近はゲストの皆様の元へ取材に行くか両国のとんかつ若さんの店内で収録するケースが増えてしまいましたので「今度いつ会えるか分からないので写真を撮りましょう!」とD達さんと記念写真を撮りました。
(D達さん猫好きなんですね・・・。)
ちなみにこの日、北脇が局に行った理由は相撲協会広報部様に提出する書類にFM西東京局長に捺印して頂く為でありました。
相撲協会の力士や親方、行司、呼出し、床山さんに番組などにご出演頂く際には必ず相撲協会様に申請書を提出しなければいけないのですが、今回は急に書類を仕上げなければいけなくなりましたので、郵送している時間は無く直接局長の元へ言って書類を作成したのであります。
(北脇とD達さんが写真を撮っている間、後方では局長が書類を作って頂いております・・・。)
北脇貴士の大相撲甚句の番組に多大なるご尽力を下さった元・武哲山「栗本剛」様の追悼番組放送の為に今後は協会の親方様などに番組ご出演のお願いが増えてゆく事と思います。
天国の栗本先生が納得し喜んで下さるような追悼番組をお届け出来ますように頑張らないとですね~!!
(そう言えば栗本先生、FM西東京のジングル‘笑顔発信中~ぅFM西東京ぉ~っ!!’といつも歌ってました。)
とにかく‘栗本剛追悼番組’は出来る限り豪華ゲストで臨ませて頂きたいと思っておりますので、皆様もどうかお楽しみにしていて下さい!!

2013年7月28日 (日)

第29回わんぱく相撲全国大会

728_001

7月最後の日曜日。両国国技館におきまして「第29回 わんぱく相撲全国大会」が行われまして、全国から集まった4~6年生の代表選手がわんぱく横綱を目指して熱戦を見せてくれました。
何と競技開始は朝7時(早すぎますね~。)でありましたが、北脇が会場に着いたのは11時前。
当然、国技館内は!!
728_013
ご覧のように熱気ムンムン!!(死語ですね・・・。)
土俵たまりの子供の数も凄いですが、応援団の数も半端ではなく、升席は超満員!!
そこかしこにビデオカメラや幟旗で通路までもが埋め尽くされて大変な盛り上がりでしたよ!!
(場所取りも大変ですよね~。)
728_015
今にも大歓声が聴こえてきそうな大熱戦!
プロ力士顔負けの技の応酬に感心してしまいました。
(水入りの取り組みもありましたよ!)
プロ顔負けと言えば、取り組みだけでなく「土俵の華」であります「横綱土俵入り」も披露して下さいましたよ!!
728_003
土俵中央には装束を身に着けた「豆行司」そして、綱を身につけた小学生力士登場!
728_005
この小学生力士、誰だと思いますか?
答えは元関脇・栃乃洋関、現・竹縄親方の甥っ子「池田亮」君5年生であります。
現在、石川県七尾市の「能登島相撲道場」で稽古をしている逸材です。
北脇の地元石川県能登と言う事もありますし能登島相撲道場の先生方にもお世話になっておりますので勇姿を一目見てまいりましたが、自分の身内のように感情移入して感激してしまいました。
四股も足が上がって美しいですし、せり上がり、雲竜型の所作、どれも完璧でありましたよ。
七尾市が生んだ大横綱と言えば「第54代横綱 輪島」がいます。
(栃乃洋関と同じ石崎町出身)
気の早いお話しになりますが、このまま相撲を続けて頂点を目指して頑張って頂きたいですね!
(遠藤関が輪島関をお手本に活躍してますので石川能登、益々相撲熱が上がりますよね!!)
と、石川県贔屓の相撲ネタばかり書き綴ってしまいましたが、会場を歩く北脇に声をかけて下さる方々は開口一番「栗本さん、本当に信じられないですね・・・。残念です・・・。」のお言葉ばかりでありました。
728_002
こちらは栗本先生が指導しておられた「東洋大牛久高校相撲部」の皆様。
(右3人は現役の部員です。)
左の男性は同校相撲部コーチの「山本紳童」先生。
(高校時代栗本先生の指導を受けられて東洋大相撲部へ進学。現在も現役で試合に出てらっしゃいます。)
「稽古場が静かで寂しいですよ・・・。でもインターハイ前ですから気合入れて稽古してます!」と山本先生。
栗本先生が突然お亡くなりになられて1週間余り・・・。
ご家族の皆様方も計り知れない程の悲しみの日々をお過ごしと存じますが、満員の国技館を歩いていますと「北脇さ~ん、また国技館でラジオの収録やりましょうよ~!」と関西弁で話しかけてくれる栗本先生の姿を思い出して泣けてしまいました・・・。
小学生時代「千代の富士」に憧れて相撲を始めた栗本剛少年。
この日集まった多くのわんぱく力士達も「○○関のようになりたい!」と憧れる関取衆も大勢いる事と思います。
子供達や我々相撲ファンの心を掴み熱くさせる大相撲力士が一人でも多く現われて欲しいですね!!
(栗本先生もそれを願ってらっしゃる事でしょうから・・・。)
そんな北脇、わんぱく力士から今日もタップリ力を頂きました!
有難う、わんぱく力士達!!

2013年7月27日 (土)

ザ・北乃脇バンド、赤坂BLITZに立つ! 完全復活ゆーとぴあホープ・・・!?

Dsc_0089_2
色とりどりの照明の中、ステージに立つ我らが「ザ・北乃脇バンド」の6人(ベース・佐々木靖夫さん、ピアノ・日ノ下慶二さん、ドラム・トミー前田さん、トランペット・大林裕明さん、サックス・宮崎勝央さん、ギターボーカル・北脇貴士)。
場所は天下の「赤坂BLITZ」のライブハウスでありますが、メンバー全員「最高のPA、最高の作り!」とBLITZを大絶賛しました。
(北脇もリハーサルの段階で音響の素晴らしさに感動して泣きそうになってしまいました・・・。)
「赤坂音楽祭」と称した音楽イベントにもかかわらず・・・。
Dsc_000001
白衣姿のこの人物が舞台に登場!(と言うより乱入・・・。)
ゆーとぴあホープ師匠。
ご存知のように7月3日に肺ガンの摘出手術を終えたばかりの病み上がりどころか絶対安静の体なのに「俺が会場に行かなきゃ若い女性ファンが待ってる!」などと言って「中村有志」さんに付き添って頂いて(と言うか無理矢理ホープ師匠に引き回されて・・・。)北乃脇バンド演奏の真最中にスピーチを始めました。
中村さんは自前の「拡声器」を使って「城後光義ゆーとぴあホープ!直ちに戻って来い!!」と刑事ドラマのように説得をしますが全く効果無し・・・。
(しかしよく見るとトランペットの大林さん、サックスの宮崎さんの隣で拡声器を持つ中村さんはホーンセクションのメンバーのようで妙にハマっています・・・。)
3dsc_000001
そのうち服を脱ぎだす始末・・・。
本当はローディーで参加して下さる予定だったイラストレーターの「メソポ田宮文明」さんを「今日は俺の付き人だ!」と言って自分のオモチャにして楽しむホープ師匠。
舞台でホープ師匠、中村有志さん、メソポ田宮さんがやりあう姿にお客様も大喜び!
(若い女の子も大爆笑しながら手を叩いていました・・・。)
そんな状況で演奏をする我々ザ・北乃脇バンドの6人。
その様子は「オレたちひょうきん族」の‘ひょうきんベストテン’のようで、我々も笑いをこらえるのが必死でありました。
(と言うか完全に笑ってましたけどね・・・。)
そんなホープ師匠をもう誰も止められる訳がありませんよ・・・。
1dsc_000001_2
「お前の病気は‘外科’では治らんようだ・・・。よし、これから‘精神科’に行くぞ!!」と中村さんに手を引かれるホープ師匠。
これはコントとして最高のオチ!(あの舞台のホープ師匠は完全にビョーキでしたよ・・・。)
とにかく若い客層にも大ウケで意気揚々と帰って行ったホープ師匠。
2~3ヶ月は絶対安静にして頂いて秋以降には完全復活して中村有志さん、我々バンド(メソポ田宮さんも)と一緒に何か面白い事をしたいですね~。
(ホープちゃんライブも復活して欲しいと言う声も頂いていることですし・・・。)
726
そんな昨日の様子が「スポーツニッポン」の芸能面に写真入で掲載されました。
転んでもタダでは起きないホープ師匠・・・。
おみそれしました・・・。(お願いですからあんまりご無理なさらないでくださいよ!)

2013年7月25日 (木)

東洋大牛久の快男児「栗本剛」と永久のお別れ・・・。

67_035

元・武蔵川部屋十両力士「武哲山」関で現・東洋大牛久高校相撲部監督「栗本剛」先生が7月20日朝、42歳の若さでお亡くなりになりました。
相撲界にとりまして貴重な人材を失った事はあまりにショッキングで悲しく残念でなりません・・・。
「相撲博士」「作戦参謀」などと呼ばれ相撲ファンの中では有名でらっしゃった栗本先生ですが、ご存知のようにFM西東京の「北脇貴士の大相撲甚句」のラジオ番組にも、その過激かつ大胆で、そして説得力があってユニークな口調で北脇をサポートして下さいました。
(どちらがメインパーソナリティーか分からない程の存在感でしたよね~。)
栗本先生と初めてお会いしたのは元力士でお笑い芸人の「木村晃健」さんと国技館で大相撲観戦をしていた時にご挨拶させて頂いたのですが(栗本先生と木村さんは平成5年の同期生同士でした。)その時は北脇に対して全く‘眼中に無い’ご様子でしたが、それから暫くして中学生の相撲大会が国技館で行われた際に北脇を発見して「何でも協力するよ!」と親しげに声をかけて下さいました。
(丁度、北脇も相撲雑誌などで少しづつ記事にして頂く機会があったので覚えて下さいました。)
それからと言うもの、本当に‘何でも協力’して下さいまして、番組にご出演頂いた事は勿論、プロ・アマ問わず多くのビッグネームの方々をご紹介下さり、大相撲甚句の番組以外でも北脇を大事にして下さいました。
この写真は6月7日、埼玉県上尾市の「三京かまぶろ温泉」の旅館で撮ったものですが、実はこの数日前に国技館で東日本大学相撲選手権大会の様子を収録したものが原因不明の「データー消去」7年間の番組史上初めてのミスをやらかしてしまいました。
そして無理を言いまして栗本先生に再収録をお願いしたのですが、北脇のミスをとがめるどころか本当に快くご協力下さいました。
そして、お亡くなりになられる前日の夕方お電話を頂いて楽しくお話をしたばかりだったのに・・・。結局それでお別れとなってしまいました。
そんな北脇の恩人、栗本先生のお通夜へ行ってまいりましたが、弔問に訪れた方々があまりに多すぎて、焼香を1回にして頂く程でありました。
(浄土宗は3回です。)
月並みな言葉ですが、眠るように少し笑みを浮かべたお顔は今にも目を覚ましそうでした。
生前、栗本先生に「すいません、いつもボランティアでご出演頂いて・・・。」と言うと「タダより高いものないからね!」と笑いながらおっしゃっていましたが、結局ご恩返しも出来ないままお別れとなってしまいました・・・。
栗本先生と親しい方々から「栗本剛・追悼番組をやりましょう!」と言うご意見を沢山頂きました。
北脇もそれを願いますし、出来る限り早く放送したいと思っております。
栗本剛さん、有難う!
あなたは最高に男前な人でした。
北脇はあなたの大ファンでしたよ!!

2013年7月24日 (水)

いよいよ赤坂音楽祭!スペシャルゲストはGACKT・・・!?

070

ご存知、ザ・北乃脇バンドの面々ですが、いよいよ7月26日(金)赤坂BLITZにて行われる「第二回 赤坂音楽祭」の日が迫り、気合が入っております。→http://jck-pro.com/aka-on.html サイトです。
我々の登場時間は夕方4時30分ぐらいから10分間。
少々短い気もしますが、我々の曲は一曲が短いので短期集中で楽しませて頂きたいと思っております。
そして肝心のホープ師匠ですが、何と言いましても今月の3日に大手術を終えたばかりで現在リハビリ中。
師匠ご自身は気合が入ってらっしゃるようですが「絶対ご無理をなさらないで下さい!」と説得しているところであります。
「とにかく無茶苦茶に暴れろ!自分の楽しみだけの為に歌え!!」と師匠から言われている北脇。
(と言いながら、コントの衣装でホープ師匠スタンバイしてらしたら止めようもないですけどね・・・。)
そんな第二回赤坂音楽祭ですが、スペシャルゲストは何とあの「GACKT」氏が登場します。
本来は‘シークレットゲスト’として当日まで極秘だったようですが、先週公表されたようです。
サイトです→http://gackt.com/jp-h/news/  GACKT氏の7月19日のサイトにもシッカリ告知されていますが、その中に「夢を追い続ける‘若手アーティスト’へGACKTがエールを送ります!」とありますが、メンバーほぼ全員GACKT氏よりも年上です。
(かつては1540年7月生まれとの事でプロフィールに書かれていたそうですが、現在は1973年生まれとの事です。と言うことは40歳・・・。羨ましいですねぇ~。)
あと、桜塚やっくん氏率いる「美女menZ」も出場されます。
皆様も無理にはお誘いしませんが、お時間がございましたら赤坂音楽祭へいらっしゃいませんか!!
(ザ・北乃脇バンドは4時半ぐらいですから大相撲で言うと中入後の時間。平日のこの時簡に来られる方は特殊なお仕事か学生さんぐらいのものですけどねぇ・・・。)

2013年7月22日 (月)

千秋楽は里枝子邸で相撲談義~っ!!

721_018

ご覧のように笑顔の男女達が仲良く記念写真。
この日は相撲好きが集まりまして千秋楽の大相撲をテレビで見ながら食事会を行いました。
幹事さんは勿論!
721_011
アトリエ彩華代表で大相撲大好き女性の「萩原里枝子」さん(右の女性)です。
横綱の‘ねりたづな’をプリントさてたシャツを持ってらっしゃいますが、このような柄のシャツを加工して可愛らしく里枝子さんがアレンジしました。
(国技館などで若い親方衆がブースで販売しているお馴染みのTシャツです。)
普段は着物や力士浴衣の反物などで小物や服を作る里枝子さんですが、チョッと一工夫されるとご覧のようにオシャレなシャツに早やがわり!
(とんかつ若の眞由美夫人も感心していますね~。)
721_013
元々は普通のTシャツだったのに首と袖の部分を可愛くカットして切り口をテープで巻いたようですが、これがTシャツだったとは思えませんよね~。
721_010
女性仕様デザインのシャツも国技館で置けば反響あるでしょうね!
721_012
これも国技館で若い親方衆が販売してらっしゃるTシャツを加工してワンピースに仕立てました。これも絶対売れそうですよね~。
女性ファンもきっと購入しますよ!
721_005
里枝子さんのグッズや小物などを楽しみながらもテレビの大相撲に釘付けだった我々
来場所の綱取りに望みを繋げる為に稀勢の里関には勝って頂きたかったのですが(琴奨菊関ファンの皆様申し訳ありません。)先場所と同じような形で敗れてしまいました。
一同ため息でしたよ・・・。
721_003
と言いながら目の前に特性チャンコが出されると何事も無かったかのように飛びついてしまいました。
具だくさんでコクがあって極上の味でしたよ~。
(本当に美味しかったんです!)
やはり暑い夏こそチャンコですよね!!
(チキンカツカレーの時も同じような事を書いてましたけど・・・。)
721_004
これも里枝子さんのお手製。服は当然としても料理もプロ級。
ちなみに北脇はこの「チキン・シメジ・ポテト」で(なんて言う料理か分からないので・・・。)ワインを飲みまくってしまいました・・・。
721_014
チャンコの締めはラーメン。
出汁がシッカリし見込んで最高でしたよ~。
(飲んで食べてばっかりですね・・・。)
721_015
この日、初めてお会いしたのは元・目黒学院相撲部「雨宮豊和」さんです。
幼稚園時代から相撲に目覚めて、葛飾白鳥や小松竜道場など名門相撲クラブで稽古をして目黒学院へ進学。
今場所千秋楽で1勝上げた「大道」関の事を「健ちゃん」と呼ぶ間柄。
(大道関、本当に良かったですね!)
その他にも現在活躍している力士や30代の親方衆などの子供時代やアマチュア時代のお話をタップリ語って頂きました。
三鷹相撲クラブの和田代表にも20年ぐらい前かなり鍛えて頂いた(しごいて・・・?)ようですよ。
そんな雨宮さん、トークも面白いので是非とも大相撲甚句の番組でもご披露頂きたいですね~。
721_008
わんぱく相撲で大活躍した雨宮さんの事を検索する里枝子さんと眞由美さん。
平成元年5回大会の4年生の部で3位に「雨宮豊和」と書かれています。→http://www.geocities.jp/oshino_sumo/Kiroku-Syougaku.html
わんぱく相撲で活躍した少年力士達は現在の大相撲でも大活躍しています
いよいよ国技館で28日全国大会ですね!→http://www.wanpaku.or.jp/
721_019
飲んで食べて相撲を見て語って、最後はアイスクリーム。
やはり暑い夏こそアイスクリームですよね~。(そればっかり・・・。)
ちなみに、この手の主は!
721_006
相撲4コマ漫画女流作家の「はすまる」さんであります。
お顔は秘密ですが‘水戸泉’大好き!漫画「すもうねこ」のモデルも水戸泉関。
ちなみに眞由美さんも水戸泉関大ファン。
このフェイスタオル、水戸泉関がプリントされていますが、当然眞由美さんも水戸泉グッズを多数所有していますよ!
721_007
「私達!大相撲を応援します!!」白熱の大相撲の取り組みを期待するファンは大勢。
名古屋が終わったばかりですが、来る九月場所も楽しみですね~。

2013年7月21日 (日)

「D51」と「白い稲妻」のDNAを受け継ぐ男、大相撲甚句に登場・・!?

720_007

食卓を囲む大人と子供達。
お馴染み、とんかつ若の店内ですが、この日も大相撲甚句の収録をさせて頂いたのですが、今回のゲスト様は!
720_011
元力士・羽黒灘で、現在「墨田区相撲連盟」指導者「田中大介」様であります。
(白いフレームのメガネがオシャレですね~。)
説明不要とは思いますが、田中先生のお父様は元関脇の「黒姫山関」で現・武隈親方様、祖父も元関脇の「北の洋」関というサラブレッド。
(D51と白い稲妻のニックネームはあまりに有名ですよね!)
少年時代から今日に至りますまでのお話しをご披露頂きました。
720_008
元気いっぱいの子供達がチキンカツカレーの大盛りを食べていますが、実はこの日は田町にある港区スポーツセンターで相撲の稽古をしてタップリ汗を流したばかり。
内容も充実した稽古でしたが、残念な事に写真撮影はNG.。
収録の際に稽古メニューについても触れさせて頂いております。
720_009
田中先生とご子息の虎之介君も気持ちの良い程の食べっぷり。
ちなみに北脇は収録前は食べないようにしているので
(満腹になると喋られなくなるんです・・・。)
指をくわえながら皆さんの様子を見ておりました。
720_001
そんな気の毒な北脇に田中先生の奥様がプレゼントを下さいました。
その品とは!
720_002
浴衣地の反物で作られた「バッグ」です。
しかも「境川部屋」の反物ですよ~。
これから秋にかけて着物で舞台に立つ機会もありますので是非とも使わせて頂きたいですね!
ちなみに奥様はこのようなバッグなどを販売してらっしゃるプロの方。
貴重な品ですので大切に使わせて頂きます。
奥様!本当に有難うございます!!
720_003
そんな奥様と虎之介君が見入っている写真は・・・。
720_004
黒姫山関の写真です。(虎之介君もあまりおじい様の現役時代の映像や写真は珍しいようですね。)
これは力士運動会の様子ですが、とんかつ若の店内に置かれているものです。
超~っお宝ですね~。
720_006
そして子供達が見入っているのは・・・。
720_005
大相撲甚句の番組スポンサーであります㈱スギヨのカニ風味カマボコ「香り箱」です。http://www.sugiyo.co.jp/ ←サイトです。
田中先生も子供達も最高のリアクションでしたが、マイクを離れて食べていた時の方がリアリティータップリのコメントでした。
やはりそう言った声を収録するのは難しいですよね~。
720_014
田中先生と虎之介君が見ているのは昭和58年ごろの超~お宝写真。
三鷹相撲クラブの和田代表が中学生時代に立浪部屋へ稽古に行った際に黒姫山関が引退し「山響親方」を名乗ってらっしゃった頃の稽古風景やチャンコの様子、所属していた力士の皆様方の写真をカラーコピーして下さいました。
「うわっこれ覚えてますよ~。いや、でもこの人が思い出せないなぁ~。」と収録中ものめり込んで見てらっしゃいました。
和田代表、貴重なお宝資料を有難うございました!!
(皆さんも見たいですよね・・・。またいつか!)
720_013
そんな田中大介先生ご出演の大相撲甚句は7月28日、8月4日、日曜深夜12時に放送予定です。
FM西東京サイトからもリアルタイムでお聴き頂けますし→http://842fm.west-tokyo.co.jp/
ポッドキャストからも過去の放送を配信しております→http://www.voiceblog.jp/kitawaki-takashi1/
 どうぞお楽しみにしていて下さい!
ちなみに・・・。
720_015
無事に収録を終えて北脇も特性ダブルチキンカツカレー大盛りを食べましたよ~。
(持っているのは服部社長様)
720_016
暑い夏こそカレーですよ~。
超~っ美味しかったですよ!!

2013年7月20日 (土)

新十両「遠藤」関、堂々十両優勝~っ!!

719_001

「十両優勝 遠藤」と大きな字幕。
今場所新十両で入門3場所目での大偉業!
大相撲界も遠藤関の将来性やスター性に注目を寄せていますが、石川県民も大喜び!そして「石川県穴水町出身」の私北脇や穴水町民も遠藤関の活躍に沸き立っているのであります。
その十両優勝の感動の様子を写真でチョッとご覧下さい!!
719_002
相手は幕内上位で大活躍した実力者「栃乃若」関。
放送でも言っていましたが、遠藤関の2年先輩で高校時代は雲の上の人物だった憧れの選手。
大相撲の世界で、しかも十両優勝を懸けての大一番で対戦する事となりました。
719_003
そんな実力者の栃乃若関に堂々の真っ向勝負。
まるで幕内上位の取り組みのような迫力であります。
719_005
師匠の「追手風親方」が土俵下で見守る中・・・。
719_004
見事に勝利した遠藤関。
ちなみに、大相撲甚句の番組の中で、元・武哲山関の栗本剛先生が「遠藤関、新十両で優勝!」と予想して下さいましたが見事的中!
場所中も何度か北脇の元に電話で「俺の予想当るんちゃいます?‘予言者・栗本ダムス’ですよ~。」と笑いながら言っていましたが、本当に的中してしまいました。
しかし流石に四股名は‘二代目輪島’は実現は難しいでしょうが、せめてニックネームは横綱輪島関にちなんだ「蔵前の星」とか「黄金の左」などと言うキャッチーでカッコイイものを考えて遠藤関に与えて頂きたいですね!
例えば、北陸新幹線開通にちなんで‘角界の新幹線’(新幹線並のスピード出世とスピード速攻相撲だから)
又は‘角界の若大翔’(映画スター加山雄三の若大将のような美男力士だから‘大将’と師匠の四股名‘大翔山’の大翔を引っ掛けてみました・・・。)
とにかく遠藤関の活躍は北脇も相当力を与えて下さってますよ~。
719_006
いやぁ~感動ですね~!
ちなみに三段目優勝の「能登櫻」さんも遠藤関と同じ石川県鳳珠(ほうす)郡出身(能登町ですから穴水町の隣です。)
しかも高校の「金沢学院東」の先輩後輩ですから、石川県もかなりの盛り上がりですよね!(北國新聞の記事が楽しみであります。)
719_007
十両優勝のインタビューで佐藤アナウンサー、少し緊張気味の遠藤関をリラックスさせようと思ったのでしょうか「優勝は穴水に報告しましたか?放送を通じて‘穴水’に喜びを伝えて下さい!」と‘穴水’を再三に渡って連呼していました。
(穴水を知らない人は‘何なんだろう・・・?’と思われたかも知れませんね~。)
719_008
笑顔で「優勝したよ~!」と本当にテレビで報告した遠藤関
(スタジオでも笑いがおこっていましたよ・・・。)
マスクもいい!コメントもいい!相撲っぷりもいい!!
三拍子も四拍子も揃ったスター遠藤関。
残り2日間の相撲も勿論、これからの活躍も大注目ですよ!!

2013年7月18日 (木)

秀ノ山親方の‘温度差’解説にハラハラ・・・!?

大相撲名古屋場所も11日目を終えて横綱白鵬関が他を寄せ付けない強さで連勝し、早くも幕内優勝が濃厚となっておりますが、この日の幕内取り組みの向正面解説は・・・。

717_001
元関脇・琴錦の「秀ノ山」親方様。
幕内優勝2回、F1相撲などと平成相撲ブームを牽引した名力士でしたが、現役引退後の解説も取り口同様に歯切れが良く魅力タップリ。
以前、とんかつ若の店内でお会いしてお話しをさせて頂きました時、‘歯に衣付けぬ’どころか‘歯の浮く’ようなお話の数々で今思い出してもハラハラする現役時代の武勇伝を語って頂き(も~凄いんですから!)すっかり大ファンになってしまいました。
そんな秀ノ山親方様の解説に今日もハラハラしてしまった北脇・・・。
717_004
当然、話題は今場所好調の同部屋「琴欧洲」関の優勝の行方ですが、非常~に冷ややか・・・・。
同部屋の力士をあまりに褒めすぎる親方衆の解説も「贔屓目」っぽくて決して気持ちの良いものではないかも知れませんが、この日の秀ノ山親方様の琴欧洲関に対する解説はハラハラしっ放し・・・。
717_003
「日馬富士との対戦もご覧のように拮抗してますね・・・。」とアナウンサーが秀ノ山親方様に話を振れば「しかしこの1年は勝ててないんじゃないですか?」とキッパリ。
「どのように横綱を攻めれば良いですか?」と振られても淡白な受け答え・・・。
(アナウンサーも気を遣いながらの会話に思えました・・・。)
更に追い討ちをかけるように!
717_005
過去の「ブランク優勝」記録を引き合いに出された途端・・・。
717_006
「こんな記録がある事自体知りませんでしたよ・・・。」と苦笑いしつつも憮然とした声で「琴欧洲はまだ横綱戦が残ってますし、倒すまでは優勝云々は早いですし本人もまだ優勝は意識してないと思いますよ!」とキッパリ。
しかしながらこのような記録は2回以上幕内優勝した力士しか成し得る事が出来ない訳ですから凄いですよね。
(しかも2位3位は横綱でありますしね。)
今度もし、とんかつ若などで秀ノ山親方様にお会いする機会がありましたらいろいろこの辺りのお話を聞かせて頂きたいですね~。
(マンツーマンではガチガチになるかも知れませんが・・・。)
更に秀ノ山親方様の勢いは止まらず!
717_008
「場所前に琴勇輝との稽古で額を縫う怪我をしたのですが、身長差がある相手に頭同士をぶつけるからこんな怪我をするんですよ!以前から小さい相撲を取るなと指導してしますが、今場所はこの怪我が相撲を良くさせているんでしょうね・・・。」と結構チクチクと語ってらっしゃいました。
好調でも不調でも大関は本当に大変ですね。
しかし琴欧洲関、こうしてみると相当な男前なお顔ですね!
(ちなみに北脇の母は琴欧洲関の大ファンで、負けるとテレビの前で悲鳴を上げています・・・。)
方や同じ大関でありながらも!
717_009
琴奨菊関の相撲はベタ褒め!
「立ち合い変化で連敗した時は本人も迷っていたようですが、大関なんだから今日のような右差し左上手の形でどんどん頑張って欲しい!」と大絶賛。(実際はもっと褒めてらっしゃいましたよ。)
これだけ両大関に温度差のある解説をする秀ノ山親方様、相撲以上にハラハラワクワクしてしまいました。
717_011
二敗を喫してしまった琴欧洲関。
しかし過去には白鵬関が優勝が決まってから勝ったりとか連勝を阻止したりとか大きな仕事を成し遂げる琴欧洲関。
気持ちを切り替えて場所を盛り上げて頂きたいですね~。
(十両土俵もかなり盛り上っている事ですしね!!)

2013年7月16日 (火)

北脇、西田ぼんの魅力に迫る・・・!?

715_001

‘シベリア超特急’のシャツを着た男性。
お馴染み「西田ぼん」さんであります。
この日はぼんさんとモーニングコーヒーを飲みながら人生を語り合いました。
ぼんさんについては様々な噂や真実が飛び交っておりますが、一緒にいますと不思議な安心感と言いましょうか魅力にハマってしまいます。
恐らく様々な修羅場をくぐってきている強さや危なさの中に面白さが見えたりして、それをネタに出来るサービス精神があったりで、とにかく話題の尽きない、謎の多い方なのであります。
715_002
「なぁ北脇、お前から純粋さや真っ直ぐさが無くなったら何が残る?俺はお前を応援してるんだよ!」と時折真剣な顔で素に戻るぼんさん。
「この人と組めば何か凄い事が出来るかも知れない・・・。」と思わせてしまうぼんさん。
コーヒーの後は場所を変えて・・・。
715_006
蕎麦屋でチョッと一杯!(真昼間から・・・。)様々な講義を受けた上に飯までご馳走になってしまいました。
これは後が怖いかもですね~。
でも三連休最後は楽しい時間をぼんさんに与えて頂きました。
ぼんさん、有難うございました~っ!!

2013年7月15日 (月)

第23回 多摩川いかだレース

__

「多摩川いかだレース」と書かれたポスター。
連休谷間の14日に行なわれた大イベント。
ご近所と言う事もあり、炎天下の中、参加してまいりました。
___2
別に水道管工事の最中ではありません。
(どう見ても水道工事ですよね~。)
これは水道管や木材などを使って作った「いかだ」です。
レース前日に家主さんと一緒に作りました。
家主さんは長年いかだレースの関係者として協力しているので勝手知ったる人物。
とは言いながら、うまく浮き上がるかが非常~に心配でありました・・・。
___3
軽トラに積み込んで、いざレース会場へ!
ちなみに家主さんは大相撲大好き、バンド大好きでして、以前北脇が相撲の稽古に行っていた時ベランダに「マワシ」を干していたのを発見して「あれマワシだよね~。嬉しいな~、うちの住人に相撲やってる人がいるなんて!!」と言ってそれ以来顔を合わせると相撲トークに盛り上がってしまいます・・・。
そんな家主さんは昔バンドマンだった事もあり、我が家の地下にはスタジオがあります
。これで‘特撮ヒーロー’好きならもう大変ですよね~。(実際、昔は多摩川沿いでウルトラマンシリーズなどしょっちゅうロケしてたそうですよ・・・。)
___4
朝8時。レース開始まで約2時間。
これだけの企業や団体が多摩川いかだレースに協賛しています。
とにかく一大イベントなのであります。
___5
レースのスタート地点。
今年は87体のいかだが参加しましたが、各チーム様々ないかだで見るものを楽しませてくれました。
(ザリガニいかだもありますね~。)
___6
こんなのもありました。(ネッシーじゃなくて‘多ッシー’でしょうか・・・。)
いかだレースと言うよりも「鳥人間コンテスト」のいかだ版のような感じでした。(その他にも面白いかだだらけでしたよ!)
しかも面白いいかだでけではなく、カヌーや本格的な舟のようなスタイルのいかだが多数参加していました。(もう何でもありでした・・・。)
___7
いよいよ我々チームの登場。北脇は運搬といかだ作りのみで乗ってはいません。
メンバーは同じマンションの住人で保険会社の「ニッセイ」の皆様方であります。
___8
このロケーション。最高ですね~。
しかし我々沿道にいる者たちは汗ダラダラでうだる暑さでした。
いかだの皆様が羨ましかったですが、あとでメンバーを見たら体力を使い果たしてグッタリしていました。
乗る方も相当大変だったようですね~。
___9
参加団体87チーム中、我々ニッセイチームは60位ぐらいでした。
初参加にしては完走(いかだのレースで完走と言うのもどうかと思いますが・・・。)出来て一同大喜び!
当然お楽しみの・・・。
___10
打ち上げですよ~。ニッセイの美女の皆様方に囲まれて北脇もテンションが上がって飲みまくってしまいました・・・。(皆さん飲ませ上手ですもん・・・。)
来年は北脇もエントリーしてみたいと思ってしまいました。
(バンドメンバーかメソポ田宮さんを誘ってみましょうかねぇ~。)
とにかく天候にも恵まれ(過ぎ・・・。)て最高の‘いかだレース’日和でした。
本当にお疲れ様でした~!!

2013年7月13日 (土)

ザ・北乃脇バンドよりホープ師匠へビデオレター・・・!?

___2

お馴染み、ザ・北乃脇バンドの面々ですが、来る7月26日に行われる赤坂BLITZの「第2回赤坂音楽祭」出場に向けましての練習をスタジオにて行いました。
(サイトです。→http://jck-pro.com/aka-on.html
しかしながら、肝心のホープ師匠ですがご存知のようにまだまだ安静にしなければいけない状況ですし、この暑さ。
ライブ当日ギリギリまで出場出来るか判断が難しい訳であります。
そんなホープ師匠に向けて我々6人からビデオレターを録画してお渡しする事にしました。お喜び頂けると良いのですがねぇ~。
712_011
トボけた雰囲気でホープ師匠お気に入りのドラマー「トミー前田」さん。
いきなりカメラを向けますと・・・。
712_012
「シショウ、快気祝いしましょう・・・。」と普通のコメント。
いつもはバンド業界言葉炸裂の前田さんなんですけどね・・・。
(例・彼女→ジョカノ、1万円→C万円などなど・・・。)
とにかくホープ師匠の‘オモチャ’になってくれるバンドにとっても貴重な人材です。
712_013
もの凄い怖い目つきはベースの「佐々木靖夫」さん。
挑発的な言葉を発すると思ったら・・・。
712_014
一瞬にして満面の笑み。
皆さんミュージシャンと言うよりコメディアンに近付きつつあるようですね~。
712_015
もの凄い目力!トランペットの「大林裕明」さん。
一言「チョメチョメしましたか~?」
くどいようですが、皆さん一流のミュージシャンでしてコメディアンではありません・・・。
ちなみにスタジオ練習後、ホープ師匠の元へ大林さんと一緒にビデオレターを届けに行って来ました。
712_016
師匠がもっともお気に入りのサックス「宮崎勝央」さん。
もう耳にタコが出来るほど「俺はサックスも○ックスも好きなんだよ~。」と師匠に言われ続けている宮崎さん。
しかしそんな師匠が宮崎さんも大好きであります。
712_017
皆さんのノリについつい‘下ネタ’が大炸裂して照れまくるピアノの「日ノ下慶二」さん。
元々関西人ですから笑いのセンスも光っている凄腕ピアニスト日ノ下さん。
当然、一同大爆笑でしたよ!
712_018
「ホープ師匠マンセーっ!!」と締めくくってビデオレター撮影終わり!
直ぐに片付けていざ「北乃脇部屋」にて・・・。
712_002
ミーティングと称した飲み会。
ご覧のようにまだ外は明るいのに・・・。
そして当然!
712_003
大相撲中継の真っ只中!
もうスタジオにいた時から気になって仕方がありませんでした。
(メンバーの皆さん方ゴメンなさい・・・。)
712_001
実は宮崎さんは相撲どころ熊本県出身。
「立ち合い成立とか不成立とかあるけど何故なの?」とか「体(たい)が無いってどうゆう事?」など結構マニアックな質問をしてきました。これまでは‘70年代特撮ヒーロー’DVDを見て盛り上っていましたが、相撲にも関心を寄せて下さって非常に嬉しいです。
北乃脇バンドの風向きも徐々に良くなってきたようですね~。
712_005
大相撲中継から画面変わってこの人物登場!
712_008
そう!ホープ師匠。
丁度、朝オンエアされた「モーニングバード」の週間人物大辞典のコーナーの録画をみんなで見ました。
712_007
メンバー一同「これは名言だね!師匠ならではの言葉だ!!」と大絶賛しました。
712_009
「それにしても師匠って‘ヒットラー’みたいだよね・・・。見た目もそうだけど一言一言に影響力があるよ~。」と宮崎さん真剣な眼差し。
これまでホープちゃんライブではバンドの皆さんに散々無茶な即興演奏を本番直前にリクエストしてきたホープ師匠。
それでも皆さん嫌がるどころか無茶を楽しんでいるかのようでした。
師匠が完全復帰したら是非ともまた「ホープちゃんライブ」を再開したいですね!
712_010
番組の中で「笑いこそ最高に免疫力を高めるもの!」と言ってコメンテーターやスタジオの皆様もホープ師匠の生き様を絶賛していましたが、それはあくまで「笑った側の人間」であって「笑いを提供する側」の人間はそれこそストレスやスランプと戦いながら精神をすり減らしている訳であります。
たかだか2年余りですが、舞台裏のホープ師匠の姿を見てきた我々はその苦悩を少しですが分かっているつもりであります。
ご覧のように我々はホープ師匠の映像に釘付け。
何とか26日の赤坂音楽祭にてホープ師匠と一緒にステージに上がりたいですね!

2013年7月10日 (水)

ホープ師匠、テレビ朝日「モーニングバード」に登場~っ!か・・・!?

大手術から退院して3日目のホープ師匠。

既にテレビやスポーツ新聞などの会見をして大きく報道されましたが、本日も都内某所でテレビの取材を受けられました。
その番組はテレビ朝日の朝8時からの「モーニングバード」であります。
http://www.tv-asahi.co.jp/m-bird/ ←サイトです。
金曜日の名物コーナー「週間人物大辞典」にてホープ師匠が登場されるのですが、何と放送日が12日(金)。余程の大きなスクープや大事件が起きなければオンエアされるそうであります。
(ディレクターさんからもブログには‘あくまで予定’と書いて告知下さい。との事でしたよ。)
撮影現場などの様子も公表出来ませんし、写真も掲載出来ませんが、間違いなく反響を呼んでくれるような放送になると思いました。
(ちなみに北脇は、ほぼ毎朝‘モーニングバード’を見ています。本当ですよ~。)
そんな訳で皆様も是非12日(金)テレ朝・モーニングバードをチェックしてみて下さいね!!

ホープ師匠、記者会見でもギャグ炸裂~!!

79_001

昨日のスポーツ新聞。もう既にご覧になられた方々も大勢いらっしゃるかと思いますが、ホープ師匠が手術後の記者会見をされた模様が掲載されております。
当然、深刻な病気でありますから多くの皆様もご心配されていましたし、会見に向かわれる前も「病気をギャグにしたりすると取り返しのつかない事になるから今回は慎重に臨まないとな・・・。」とかなり真剣な表情だったホープ師匠でしたが、実際の記事は・・・。
79_003
ご覧のようにトレードマークの「ヨロシク~ネッ!」ポーズ・・・。
79_004
このような‘見出し’で掲載されていました。
常々ホープ師匠は「お笑いは同情されたり哀れんで見られたらお終いだよ。」とおっしゃいます。
北海道へ2ヶ月一緒に舞台へ立たせて頂いた時も「俺が突っこんだり攻撃しても撥ね返す強さや図太さを身に付けろ!客に‘可哀想・・・。’と思われた時点で笑いは取れないんだ!」と叩き込んで頂きました。
実際、大手術を受けられたホープ師匠ですから相当きつかったと思われますが、悲しく重々しい記事に書かれる事の方を恐れられて必死にギャグで対応されたのだと思います。やはりホープ師匠は男前だと思って記事を拝読しました。
その記者会見には当然テレビも来ていましたが、これがまた永久保存版にしたいほどの傑作でありました。
79_005
テレビ朝日のテレビスクランブル「エンタメでGO!」のコーナーで・・・。
79_006
当然、記者会見場は笑いがおこっていました。しかし・・・。
79_008
少し言葉をつまらせる場面もありました。当然であります・・・。
79_010
会場はウケていましたが、見ていて胸が一杯になってしまいました。
お笑い芸人はここまで体を張って笑いにしなければいけないんですよね。
79_011
しかしこの顔色!
もう健康そのものですよね!!
79_012
恐らく記者の皆様も「本当に手術したのかね・・・?」と言う空気を発してらっしゃったのかも知れませんが、いち早くそれを察知したホープ師匠。
思わず・・・。
79_013
このコメントですよ~。
詐欺と思われようとも師匠が回復して元気になって頂ければそれで万歳ですよ!
暫くは安静とリハビリの生活を送られるでしょうが、また舞台やテレビで大暴れされる事と信じております。
ホープ師匠!最高に男前でしたよ~っ!!

2013年7月 8日 (月)

七夕、名古屋初日、そして二代目三波伸介一門会・・・!?

620_004

「二代目三波伸介一門会 7月7日」と書かれたポスター。
以前、大相撲甚句の番組でもご紹介させて頂きましたが、この日は七夕であり名古屋場所初日でもあり、いろいろな意味で熱くロマン溢れる一日でありました。
大相撲ファンが「大砂嵐」「遠藤」「蒼国来」「稀勢の里」などなどの注目している頃、千葉県佐倉市で二代目三波伸介一門会が行われ、大成功のうちに幕を下ろしました。
その様子をチョッとご覧下さい!
77_002
まんてんトリオのお三方。
(左から‘そめやん’さん、二代目‘三波伸介’師匠、‘トミー’さん)
ご覧のように会場は畳の部屋。
お客様もおくつろぎでリラックスムードでコントをご覧になっていました。
77_016
そして北脇登場。「般若心経の歌」を歌いながら客席を歩いていると北海道の阿寒湖での2ヶ月間を思い出しました。
(今思えば、あの時ホープ師匠と一緒に舞台でコントが出来た事が幸せで楽しかったです・・・。)
ちなみに今回は「大砂嵐の歌」と「快傑ライオン丸」の歌なども披露してみましたよ~。
77_018
‘剣士’の格好をしているのは「そめやん」さん。
この度の「三波伸介一門会」のプロモーターをしました。
そして佐倉市はそめやんさんの生まれ故郷。皆様大喜びでしたよ!
いつの日か北脇も地元石川県能登にホープ師匠や北乃脇バンドのメンバーを呼んで盛大にイベントをしたいと思わされました。
そめやんさん、本当にお疲れ様でした~。
77_017
そして結びは初代三波伸介率いる「てんぷくトリオ」得意の大ネタ「武芸アラカルト」会場の外にも笑いと拍手が鳴り響いていましたよ。
こうしてあっという間に1時間のプログラムが終わり、楽屋に戻りまして・・・。
77_013
着替えて記念写真。丁度、そめやんさんの髪の毛の‘ウイック’があったので付けてみました。
(北脇的には‘あしたのジョー’か‘矢部謙三’になった気分でしたけど・・・。)
とにかく二代目三波伸介一門会とまんてんトリオの益々のご活躍を心よりお祈り申し上げます。
(また北脇は心にも無い嘘を言っている~。と二代目にツッコまれそうですけど・・・。)

2013年7月 7日 (日)

梅雨明け、ビールで乾杯~っ!!

76_002

ビールで乾杯!北脇と対面している男性は㈱スギヨのN様であります。http://www.sugiyo.co.jp/ ←サイトです。
この日は本社の石川県から東京出張で出てこられていましたので都内某所でお会いしまして近況をお話ししました。
丁度、関東地方も梅雨明けでこの夏一番の暑さ!
本来は‘ビアガーデン’を予約して楽しみにしていたのに直前になって「申し訳ありません。当方の手違いでお席を確保出来ませんでした・・・。」と電話がかかってきました。
(フザケていると思いませんか~?)
暑さでイライラする北脇の心を逆撫でするようなビアガーデンスタッフの対応・・・。
結局N様とクーラーの効いた上品なお店を探して店内でビールと料理を楽しみました。
楽しんだと言えば!
76_004
N様のお隣の女性スタッフ。
込み合うお店で忙しいのに接客サービスも行き届いていましたし、何と言いましても‘可愛らしい!’それ程酔っていませんでしたが、酔ったふりをして「ツーショットいいですか~?あれ?女優のナントカさんに似ていますね~。」などと言いながら記念写真。
(イラストレーターのメソポ田宮文明氏にも見せたかったですよ・・・。)
と、まぁビアガーデンの予約が出来なかった事でN様と楽し~い時間を過ごす事が出来ました。
昨年までは酒やビールを呑まなかった北脇ですが、今年は少~しだけビールを楽しんでみましょうかねぇ~。

2013年7月 4日 (木)

8月10日は石川県七尾市の‘御祓川まつり’!!

73_001

「御祓川まつり」と書かれたポスターには白装束の神主様達の姿。
これは北脇の地元、石川県七尾市に流れる「御祓川 みそぎがわ」で毎年行われているお祭の様子であります。
http://www.misogigawa.com/ ←㈱御祓川のサイトです。
現在は美しく流れている御祓川も数十年前は水質汚染が酷く、悪臭やヘドロで近隣住民も頭を抱えていたそうですが、㈱御祓川の皆様や地元の皆様方の尽力で、かつての美しさを取り戻す事に近付きつつあります。
そしてこれからも川を美しくと言う願いを込め、そして川に感謝の気持ちを抱く意味も込めて8月に「御祓川まつり」を毎年行っているようであります。
(勿論、川の浄化だけでなく、石川県七尾市の街づくり、人の育成などなど地域発展の為に様々な取り組みを行っています。)
この御祓川まつりの記念すべき第10回目に何と北脇もゲストでお招き頂く事となりました。と、言いますのも・・・。
73_004
御祓川まつり実行委員会、㈱御祓川の会長をしておられるのは「北脇貴士の大相撲甚句」の番組スポンサーとして長年ご協力して頂いている「七尾自動車学校」の森山社長様が兼任してらっしゃるからであります。
http://www.nanao-drive.co.jp/index.html ←七尾自動車学校のサイトです。
その森山会長様の‘鶴の一声’でこの度、北脇がお招き頂く事となったのですが、ただ単に‘歌を歌って喋って終わり’ではなく、何と・・・。
73_003
このお祭の様子は地元FM局の「ラジオななお」で放送される事となります。
http://www.radionanao.co.jp/ ←ラジオななおのサイトです。
そして現在、FM西東京で放送中の北脇貴士の大相撲甚句は石川・富山県のFM局で8月より放送されるように動いて頂いているようであります。
(詳しくはまたブログでご紹介します。)
更なる番組の向上の為に頑張らないとですね~。
73_002
昨年の夏は「のとじま水族館」「金沢競馬場」などで水族館や競馬にちなんだ歌を作って披露した北脇。(イルカや馬が暴れて大変でしたが・・・。)
今回は‘川’にちなんだ歌を密かに作らせて頂きましょうかね~。
とにかく8月10日は石川県近隣にお住まいの皆様、是非とも「御祓川まつり」に行きましょう!!

2013年7月 2日 (火)

ホープ師匠、歌で予言・・・!?

昨日のブログではホープ師匠のパジャマ姿の写真を掲載しておりましたが、師匠がいつでも言う「世間の常識から外れた事に挑戦しろ!」との教えの元、ブログには様々な師匠の写真や記事を掲載させて頂きましたが、やはり昨日の記事は削除させて頂き、ホープ師匠が完全復帰して頂くまでは師匠のご様子などは極力書かないようにします。
ブログをご覧頂き、コメントやお電話、メールを下さいました皆様方、本当に有難うございます。そして申し訳ありませんでした。
師匠は病院の中でも人気者で患者さんを明るく励まして非常に男前にしてらっしゃいます。
入院中のホープ師匠といつも「俺の書いた‘遺言状のブルース’と‘ジタバタするのが人生’の歌は現実になってきちゃったね~。俺は予言者だね!」とおっしゃるのですが、確かに笑えないぐらいに当っている箇所があって改めて聴いて驚いております。
(北脇的には予言は外れて師匠は何事も無かったように元気になると思っておりますが・・・。)
そんなホープ師匠と入院前に一緒にライブをやりました映像をユーチューブにあげましたので是非とも皆様も見て聴いてみて下さいね。

057

5月30日に上野のライブハウス「アリエス」にてライブを行った時の様子です。
師匠が我々バンドメンバーと一体になって楽しんでおりますよ。(過激でヤバイMCもタップリ・・・。)
その1→http://www.youtube.com/watch?v=0H8xhXEppec (北脇による‘般若心経の歌’)
その2→http://www.youtube.com/watch?v=mvtKb7-Obxk (ザ・北乃脇バンドによる‘悲しき性分’)
その3→http://www.youtube.com/watch?v=BOjz7S-WsVM (ゆーとぴあホープ&ザ・北乃脇バンドによる‘遺言状のブルース’)
その4→http://www.youtube.com/watch?v=1Z3YKb4I8eo (ゆーとぴあホープ&ザ・北乃脇バンドによる‘ジタバタするのが人生’)
こうして見てみると、やはりホープ師匠はライブの人!
何が何でも7月26日、赤坂Blitzでの「赤坂音楽祭」で一緒にやれる事を願っているのであります。
師匠、絶対に完全復帰ですよ~!!

« 2013年6月 | トップページ | 2013年8月 »