« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »

2013年1月

2013年1月31日 (木)

大翔山・山﨑直樹の秘蔵映像 by MROテレビ

大雪に見舞われました北脇の地元石川県穴水町から無事、東京に帰ってまいりました。(北海道阿寒湖の雪ほどではありませんでしたけど・・・。)

この度の滞在も楽しい出来事ばかりでありましたが、そんな中でも特に印象に残ったのが地元のMROテレビ「情報 6 レオスタ」の生中継であります。http://www.mro.co.jp/tv/reosta/

ブログでもその様子を少しご紹介しましたが、更に詳しい写真をご覧頂きたいと思います。

まずはこの人物!

012

この白マワシ姿の少年こそ!(周囲の景色がかなり昭和色を発してしますが・・・。)

015

穴水中学時代の現・追手風親方(大翔山)の山崎直樹選手であります。

画面の左には当時のヒットソング‘ハイティーン・ブギ’と出ていますが、映像の雰囲気はオイルショック時代を彷彿させました。

それ程、穴水町は都会と10年ぐらい歩みが遅かったのかも知れませんが、非常に懐かしい気持ちにさせてくれましたよ。

014

この表情、今でも面影が残っています。

真冬の稽古のようで「寒み~っ!鳥肌立ってきたぁ~。」と絶叫してらっしゃいましたよ。

そんな弱気な声も!

016

いざ稽古が始まると他を寄せ付けない強さでした。

中学生時代から既に右差しの形が完成されていました。

017

これはダンベルで筋トレをしてらっしゃる様子。

018

そして近所をジョギング。

この時で150キロ。まさに石川能登の怪童でありました。

019

そして角界入りして幕下優勝した時の実家での映像。

北脇も相撲部の稽古帰りにチームメートと近所の電気屋のテレビで山崎・大翔山を応援したものでした。

022

こちらはお父様。

実家は飲食店をしてらっしゃいました。

020

穴水町を大いに盛り上げてくれた大翔山関。

そんなお宝映像を見終わって・・・。

026

北脇の「大翔山の応援歌」へと繋がる訳ですが、ご覧のように猛吹雪でありました。

029

このようなケースの‘特設ステージ’で松村キャスターと前原キャスターの手拍子で歌わせて頂きましたが、昔懐かしい「ザ・ベストテン」の中継先から歌う歌手のようで嬉しくなってしまいました。

有難う!MROテレビ!!

更に映像は続き・・・。

033

穴水相撲教室の室内稽古の様子も流されました。(この日は全員マワシ姿です。)

034

これがメニュー。(本当は極秘なのかも知れませんが・・・。)

035

村田監督の熱のこもった指導!

036

以外に石川県民には浸透していないのかも知れませんが、穴水町は相撲界では有名な町なのであります。

037

10年後20年後、この映像が超お宝映像として再び放映されます事を信じて北脇もこれから穴水相撲教室を応援したいと思っております。

032

当然、北脇自身が活躍して、この猛吹雪の映像が後に‘超お宝映像’として蔵出しされるようにならないといけませんね~。

頑張らないとですよ!!

2013年1月28日 (月)

北脇、穴水相撲教室稽古に参加!

北脇、穴水相撲教室稽古に参加!
北脇、穴水相撲教室稽古に参加!
北脇、穴水相撲教室稽古に参加!
北脇、穴水相撲教室稽古に参加!
北脇、穴水相撲教室稽古に参加!
元気いっぱいの子供達!
北脇の地元石川県「穴水相撲教室」の小中学生のみんなであります。
屋内相撲場を持たない穴水相撲教室の稽古は体育館の会議室での四股、腕たて伏せ、摺り足、ぶつかり稽古がメインで相撲は取らずひたすら基礎トレーニングに打ち込んでいます。
ですから楽しい遊びの延長のような雰囲気で子供達も楽しんでおります。
それでも常に全国大会に出場し、上位入賞するなどの活躍をしてくれる穴水相撲教室の子供達。
先月アマチュア横綱になった遠藤聖大選手も中学2年生ながら全国3位になった佐藤淳史選手も小学生時代の冬場稽古はこのような環境でありました。
そんな子供達に混じって北脇も四股や腕たて伏せなどで共に汗を流しました。
気合いが入り過ぎて6年生の虹太君(90キロ)によせばいいのに胸を出してぶつかり稽古の相手を買って出ました。
わずか5回しか持ちこたえる事が出来ませんでしたが、全国トップレベルの小学生の当たりを体感出来て感慨無量でしたよ。(気を使ってフルパワーで当たってこなかったでしょうけど北脇の体は真っ赤になっております…。)
そんな子供達にいつも胸を出したり指導している「村田護」監督。
北脇の穴水高校相撲部時代の2年後輩でチームメートでした。
「20数年振りにこの会議室で稽古するとは思わんかったよ…。」と当時を思い出しながら子供達にも当時のお話しを語ってあげました。
今、全国の相撲クラブや相撲部も部員を獲得し育成する事は大変だと思いますが、指導者と父兄と地域が協力して、かつてのような相撲人気が復活して根付いて欲しいと思いました。
相撲に頑張る子供達の姿は北脇にいつも力を与えてくれます。
穴水相撲教室のみんな、今日も本当に有り難うね〜っ!!

穴水雪中ジャンボかき祭り2日目も大盛況〜っ!!

穴水雪中ジャンボかき祭り2日目も大盛況〜っ!!
穴水雪中ジャンボかき祭り2日目も大盛況〜っ!!
穴水雪中ジャンボかき祭り2日目も大盛況〜っ!!
穴水雪中ジャンボかき祭り2日目も大盛況〜っ!!
穴水雪中ジャンボかき祭り2日目も大盛況〜っ!!
本日は穴水雪中ジャンボかき祭りの2日目。
初日は会場に約1万5千人が訪れたとの事でしたが、2日目は更なるお客様がご来場頂いたように思えました。
北脇も朝10時半からステージで歌わせて頂き、お客様方と楽しいひと時を過ごしました。(お客様は楽しんで下さったかは分りませんが、少なくとも北脇は最高に楽しみましたよ〜。)
ステージを終えて会場を散策して発見したのは穴水町の名産「能登ワイン」ブースで働く中学時代の後輩A君。
「先輩!歌カッコ良かったですよ!!」とおだてられて能登ワイン購入しました。
会場は牡蛎だけでなく様々な海産物や食材が満載。
ちなみに写真の毛ガニは阿武松部屋「丹蔵」関の地元、能登町宇出津の港で取れました。(能登町は穴水町のお隣で地元石川県でも大人気であります。)
会場では臼と杵で餅つきが行われて、つきたての餅をキャンペーンガールのお二人と食べました。(ちなみにお二人は穴水町生まれて、ただ今ご結婚相手を募集中との事。ブログでも告知して下さい。と言われましたので、どなたかいらっしゃいませんでしょうかね〜。)
イベントは本日で終わりましたが、かき料理や美味しい食材をご用意して穴水町は皆様方のおこしを心よりお待ちしておりますので、引き続きましてどうか宜しくお願い申上げます。
きっと皆様ご満足頂ける事と思いますよ〜。

2013年1月27日 (日)

ジタバタする!?穴水雪中ジャンボかき祭り 1日目!!

ジタバタする!?穴水雪中ジャンボかき祭り 1日目!!
ジタバタする!?穴水雪中ジャンボかき祭り 1日目!!
ジタバタする!?穴水雪中ジャンボかき祭り 1日目!!
ジタバタする!?穴水雪中ジャンボかき祭り 1日目!!
ジタバタする!?穴水雪中ジャンボかき祭り 1日目!!
北脇の地元石川県穴水町の毎年恒例の大イベント「雪中ジャンボかき祭り」か大寒波、猛吹雪の中、初日が行われ大勢のお客様が会場に訪れて地元穴水産の牡蛎や食材をご堪能下さいました。
そんな大盛り上がりの会場の特設ステージで北脇も歌わせて頂きました。
毎年「力士ソング」ばかり披露する北脇ですが、今回はリリースしたばかりのCD「ジタバタするのが人生」の曲を中心に歌わせて頂きました。
毎回ステージを盛り上げて下さる地元のお笑いコンビ「ぶんぶんボール」のお二人や司会の平見アナウンサー(地元のテレビでも大活躍されてる美人アナウンサー)がステージ上でCDをPRして下さった事もありまして、お客様方の反応も良くCDもお買い求め頂けました。(穴水相撲教室の瀬戸君兄弟も!)
しかし、北脇がステージで歌っている時は「ここは南極大陸か!」と思ってしまう程の猛吹雪…。
凍えながらも無事にステージを終える事が出来ました。
それでもステージ後は大勢のお客様から「昨日のMROテレビ見ましたよ!」とか「悲しき性分の歌良かった!」「般若心経の歌良かった。」「アンコールしたのに…。もっと聴きたかった。」などと温かいお言葉を頂きまして寒さも癒されました。
ご機嫌のうちに地元の新しいゆるキャラ「のとりあーな」ちゃんと記念写真を撮る北脇(毎年いろいろなキャラクターが次々に現われております…。)
初日は大盛況のうちに終わった穴水雪中ジャンボかき祭り。
明日は更なる大寒波が押し寄せるようですが、そんなものは何処吹く風でしょうね〜。
2日目も北脇、ジタバタしながら頑張りますよ〜っ!!

2013年1月26日 (土)

MROテレビ「レオスタ」穴水町から生中継〜っ!!

MROテレビ「レオスタ」穴水町から生中継〜っ!!
MROテレビ「レオスタ」穴水町から生中継〜っ!!
MROテレビ「レオスタ」穴水町から生中継〜っ!!
MROテレビ「レオスタ」穴水町から生中継〜っ!!
MROテレビ「レオスタ」穴水町から生中継〜っ!!
蛍光色のパーカーを着ている面々は北脇の地元石川県の「穴水相撲教室」の少年達。
本日は地元テレビ局MRO放送夕方からの情報番組「レオスタ」が26、27日に行われる「穴水雪中ジャンボかき祭り」のPRに来て下さいました。
中継車、大勢のスタッフさん、そして豪華キャスター陣に囲まれて、かき祭り実行委員の方々も大喜びでした。
しかし、北脇はと言えば叩きつける猛吹雪、病み上がりの体で、吸血鬼に血を吸われたような青白い顔と涙目で「大翔山の歌」を熱唱しました。
本番前に男性の松村キャスターから「ブログ見ましたよ。インフルエンザは大丈夫ですか?」と優しいお声がけを頂いたのに本番では「そんな格好で寒くないですか?着物の下はマワシですよね〜。」とニコニコしながら言ってこられたので「寒いに決まってるでしょ!これは罰ゲームですか!!」と半分マジになってしまいました。(でも男前で背が高くて、しかもトークは軽妙ですので、石川県内ではかなりの人気キャスターでらっしゃいます。)
大翔山関の中学生時代の稽古風景のお宝映像あり、穴水相撲教室の少年達のインタビューありと、かき祭りでありながら相撲色の強い内容だった「レオスタ」でした。
当然、しっかり録画しましたので、また良き時にブログなどで番組をご紹介したいと思います。
石川県や近隣にお住まいの方々、是非とも「穴水雪中ジャンボかき祭り」にいらして下さいね〜っ!!
牡蛎は勿論、穴水町の名産物、能登ワイン、様々な催し物をご用意して皆様方のご来場をお待ちしております。

2013年1月24日 (木)

インフルエンザ完治!北脇、故郷「石川県穴水町」へ!!

皆様方からお励ましのコメントやご連絡を頂きましたが、お陰様ですっかりインフルエンザも完治しまして、いよいよ26日、27日に行われます北脇の地元石川県穴水町の「かき祭り」へ行く事となりました。

今回は、かき祭りの前日にテレビに出演する事となっておりますが、北陸三県の地元情報番組「MRO 情報6 レオスタ」と言うものであります。http://www.mro.co.jp/tv/reosta/index.html ←番組サイトです。

2~3年周期で北脇も有難い事に地元民放テレビに「異色のシンガーソングライター」などど取り上げて頂いて、しばらくの間は地元でもチョッとした話題にもなるのですが、今回も忘れた頃にご連絡を頂き、柄にも無く相当‘色気づいて’いる北脇であります。

ちなみに3年前の番組は・・・。

002

こんな感じの見出し!

このときは‘大相撲ソング’一色感が漂っていますが、まさか3年経ってホープ師匠とゴムパッチンをする事になるとは夢にも思いませんでしたよ・・・。

004

この時は普段も着物をサラリと着ていました。(しかも相当若い!)

やはり人間は3年で随分変わるものなのですね~。

005

相撲色を前面に出して必死になっている様子がよ~く分かります。

ちなみに今回の番組の趣旨も「相撲の町‘穴水町’」にちなんだ内容で、大翔山の追手風親方の石川県内に残されていたアマチュア時代の映像やプロ入り直後のお宝映像などを交えて穴水町から生中継すると言うこだわりよう。(と言う事は当然、北脇もアノ歌を歌う事になるのですがね・・・。)

そして嬉しい事に!

018

全国大会でも大活躍している「穴水相撲教室」の少年たちも北脇と一緒に出演してくれるとあってワクワクしています。

ちなみに先ほど番組ディレクターさんから「衣装は当然‘着物’ですよね!」と電話があったのですが、着物の下に密かに‘マワシ’をしのばせて歌っている時に着物を脱いでやろうかと考えております。(どんなリアクションが帰ってくるか楽しみですが、インフルエンザがぶり返してしまいますよね・・・。)

そんな訳で、北陸地方にお住まいの方、明日25日(金)夕方18時15分からの「情報 6 レオスタ」をご覧下さいね!!http://www.mro.co.jp/tv/reosta/index.html

2013年1月23日 (水)

インフルエンザさま様・・・!?北脇、地獄から天国へ!!

皆様、お元気でお過ごしでしょうか?

私、北脇は日曜日の昼から体調を崩して医者に行きましたら「インフルエンザ」と診断されてしまいました。

生まれて40年間、インフルエンザにかかったことのなかった北脇にしてみれば、単なる風邪と思っておりましたが、頭痛とだるさ体の痛み、微熱で相当苦しめられました。(近頃のインフルエンザは37度台でも発症するそうです。)

週末には地元石川県穴水町に行かなければいけないので「注射でも何でも打って治して下さい!」と医師に言いましたら処方してくれた薬が何と・・・。

005

「イナビル吸入粉末剤」と言うものでありました。

これを一度に二つ吸入すれば完治するとの事。

半信半疑で薬を吸入しましたら・・・。

006

目薬ぐらいの大きさの薬をホイッスルのように加えて思いっきり中に入っている粉薬を吸い込む。

これを二回するのですが、無味無臭で「こんなんで効くんか・・・?」と思っておりましたら、その晩は高熱が出てトイレにも行けないほど体が衰弱してしまいました。

しかしそんな中にありましても!

002

普段はなかなか見ることの無い昼間のワイドショーを布団の中から見ながら・・・。

004

19日にお亡くなりになられました大鵬親方の特集を見入っていました。(杉山邦博アナウンサーが柏鵬時代を懐古しながら当時の映像に合わせて実況解説してらっしゃいました。)

実は、大鵬親方様に大相撲甚句にご出演頂こうと公演を観に行ったり2度ほど手紙を書いたり菅原博士に相談するなど手を尽くしましたが結局実現できなかった事が悔やまれてなりません。

もっと情熱を持ってご自宅に押しかけて行くぐらいの行動を取れば良かったと今頃になって思っております。

大鵬親方様のご冥福をお祈り申し上げます。

とにかく、インフルエンザは感染しますので家から出ることなく昼間からBSの大相撲中継を見て閉じこもっていた北脇。

丁度、幕下の照強(伊勢ヶ濱部屋)さんが阪神淡路大震災の日に生まれた事で話題になっておりますが、場所前は高熱が出て稽古が殆ど出来なかったそうですが、見事勝ち越し!

167センチの小兵でありながら抜群の相撲センスと根性の取り口でインフルエンザの北脇に力を与えて下さいました。

力を下さったと言えば・・・。

007

先日、7日目の大相撲中入で解説をされた「武蔵川親方」様です。

体が小さくて一度入門を断られながらも再度挑戦し、三段目までは相撲も弱く誰からも注目されず、入幕し関脇で優勝しながらも肝炎で大関陥落、苦労と苦心の末に横綱になった三重ノ海関の武蔵川親方様。

テレビの解説を見て改めて「武蔵川部屋物語」の書籍を読みましたが、非常に面白かったです。

インフルエンザで寝込んでいなければジックリ読書する事もなかったでしょうね。

そんなインフルエンザの北脇の元へ!

008

小説「コント馬鹿」の主人公‘ホープ師匠’から何度も電話がありました。

「インフルエンザか?大変だね~。シッカリ治さないとうつるからね~。早く治せよ!!」と一旦電話を切ったのに「あのさ~。今度の活動は○○に仕掛けて△△の方向に行こうと思ってるんだよ!その為には××を調べないといけないね~。いろいろ動いてくれよ!!」とやる気充分のホープ師匠。

こっちはインフルエンザで高熱にうなされて電話の液晶は汗でびしょびしょ・・・。

意識も朦朧としているのに、マイペースで喋りまくっていたホープ師匠でしたが「こうして病気で家にいる時こそ普段出来ない事を考えるいい機会だ!良かったじゃないか!!」と人の気も知らずに・・・。と思いながらも師匠が元気いっぱいになってくれて北脇も励まされました。

まさにインフルエンザさま様と言ったところでしょうかね~。

2013年1月20日 (日)

北乃脇バンド、新年初稽古!!

001

男4人が訳の分からない並びで記念写真を撮っておりますが、この日は我が家の地下スタジオにてバンドの皆様方と新年初稽古を行いました。(前から北脇、トランペットの大林さん、ドラムの舛田さん、ベースの佐々木さん。)

10月のホープちゃんライブを終えてCDのレコーディング以来、約3ヶ月ぶりに再会して音合わせをしました。

正直なところ思うような演奏とは程遠かったものの、久々のバンドサウンドに北脇も皆様も感動に浸っておりました。

やはりバンドは楽しいですよね~。

暫くはホープちゃんライブも具体的な日程が定まっておりませんので、思い切ってバンドだけでも音楽ライブやイベントに参加出来るようにスケジュールを調整する事にしました。(ホープ師匠にはせめて3回に1回は参加して頂きたいですけどね・・・。)

ちなみにこの日はサックスの宮崎さん、ピアノの日ノ下さんはライブでお休み。

我々4人でのスタジオ練習となりましたが、トランペットの大林さんがイイ味を出していて、北乃脇バンドが‘シャネルズ’のようになりました。(と言う事は大林さんは‘桑マン’・・・?佐々木さんは‘マー○ー’でしょうか・・・。勿論ジョークですけど、ホープ師匠は常々‘○代みたいになるんじゃないぞ!アイツはミュージシャンとしてもコメディアンしても最高のセンスだった・・・。本当に勿体無いよ!だから○スリは絶対ダメ!!と我々に言い聞かせています。)

そんなスタジオ練習も終わり、恒例の飲み会ですが・・・。

004

乾き物をつまみながら楽しんでいる大林さんと舛田さんに対して・・・。

005

佐々木さんは爆睡しています。

丁度、海外から帰ってきたばかりで旅疲れか時差なのかグッスリ眠っていました。

006

舛田さんの目に前には北脇特製の‘味噌ちゃんこ’。

ちゃんこと言えば、スタジオに入る前、舛田さんとは我が家のテレビで大相撲6日目を楽しみました。

この日の解説は第57代横綱三重ノ海の「武蔵川親方」様でした。(武蔵川親方と武隈親方の解説、感動で泣けてしまいました。あと、前日の中村親方・北陣親方の解説も良かったですよね~。)

ちなみに昔、北乃脇バンドで「三重ノ海の歌」をライブで演奏したことがありました。https://www.youtube.com/watch?v=KOAGvnsEwqo ←その時の映像です。

最近はバンドで力士ソングを演奏する事はめっきり減ってしまった北乃脇バンドですが、今年はいろいろな曲をバンドで表現させて頂きたいですね。

007

鍋の要は㈱スギヨのカニ風味カマボコ「香り箱」であります。

カマボコから味が染み出て鍋にもピッタリ!香りも最高!!

そんな鍋の匂いを嗅ぎつけて・・・。

008_2

佐々木さんもお目覚め。

男4人で大鍋が殆ど空になりました。

今後も定期的にメンバーで集まって練習・ミーティング・飲み会をやりたいですね~。

ちなみに!

002

この写真、シャッターのタイマーが間に合わず北脇がブレてしまいました。

この日、スタジオで練習して感じたのですが「面白くてハモれるギターリスト」が欲しい!と言う事であります。(出来れば巨漢かガッチリした人。見た目的には‘坂上二郎’タイプ!!コミックバンドには不可欠な雰囲気ですよね~。)

何処かに居ないですかねぇ・・・。(またいろいろな所に出て探しに行かないとですよ!)

2013年1月19日 (土)

「ありがとう松井秀喜」記念写真集登場!!

008

北脇が手に持っているのは、サンケイスポーツ特別版として発売された「ありがとう松井秀喜」の写真集であります。

サンケイスポーツと言えば北脇の恩人にして最大のライバル(と勝手に思い込んでいる・・・。)の「成岡利泰」さん(右の男性)、そして成岡さんの上司でらっしゃいます伊那次長(左の男性)が写真集をご紹介下さいました。

当然、松井秀喜選手と言えば石川県民で、高校生の頃から石川県の名を全国民に知らしめた功労者。

そしてメジャーリーグに行ってからは世界中に石川県の存在を広めて下さった英雄であります。

そんな松井秀喜選手(もう引退されましたから松井秀喜氏ですね・・・。)の記念写真集を是非とも一人でも多くの方々に知って頂きたいと昨日「石川県東京事務所」に伺い、http://www.pref.ishikawa.lg.jp/tokyo/index.html 事務所長様にもご覧頂きました。

007

これが表紙であります。http://www.sanspo.com/baseball/photos/20130116/npb13011611160002-p1.html

日米での野球人生20年間の写真や記事も満載でありますが、それだけではなく!

009

幼少時代のお宝写真もご覧の通り!(お父様ご公認の秘蔵写真であります。)

右打ちから左打ちになった当時の写真もシッカリ掲載されています。

010

高校野球史に残る「甲子園5打席連続敬遠」

北脇も当時テレビを見ながらヤキモキして大ブーイングをしていました。(しかし気の毒なのは松井選手以上に明徳義塾の生徒達だったのではないかと思います。当時は野球部以外の生徒までも心無い言葉を浴びせられたことでしょうね・・・。実際、高校相撲の金沢大会に出場した明徳義塾の相撲部員は会場でもかなりのバッシングだったようです。)

そんな5敬遠を経て読売巨人軍、大リーグと活躍され多くの伝説を作り上げた松井秀喜氏!

北脇も年齢が近い事もあり(北脇が2年上)いつも注目しておりました。

松井氏の爪の垢でも煎じて飲ませて頂きたい程であります。(もう死語ですね・・・。)

006

サンケイスポーツ様より北脇にまで「ありがとう松井秀喜」の写真集をプレゼントして頂きました。(読み応え充分!最高に面白かったですよ。)

ちなみに「かきまつり」と書かれた大きなポスターですが、北脇の地元「石川県穴水町」の恒例行事‘雪中ジャンボかきまつり’のPRポスターであります。http://www.town.anamizu.ishikawa.jp/kanko/maimon/kaki.html

北脇も26,27日とお招き頂き、穴水町へ帰る事になりました。(なんと地元テレビに出る事になってしまった北脇。さすがに‘松井秀喜ソング’は歌いませんけどね・・・。)

石川県の発展の為に、そして野球の普及の為に尽力された松井秀喜さん。

本当に有難うございました!

これからのご活躍も大注目ですね!!(サンスポ情報では地元、星陵高校野球部で野球を指導したいとか・・・。是非とも実現して頂きたいです。)

2013年1月17日 (木)

北脇、ホープ師匠に励まされる・・・!?

006

10数日振りに再会したホープ師匠。

電話では連絡は取り合っておりましたが、久々にお目にかかれて会話も弾んでしまいました。

北海道では全力を出しすぎて体力と精神が回復するのに時間を要してらした事はよく分かっていましたので、お会いしたら「今まで頑張り過ぎたんですよ!しっかり休養してまた気が向きましたら一緒に面白い事をしましょう!私もみんなも急いでおりませんから!!」と目一杯‘前向きな’言葉をかけるつもりでおしましたら、逆に「よく50日頑張ったよ!そして2年間休まずにライブやイベントに付いて来てくれた。本当によくやってくれた!」と師匠に励まされてしまいました。

「この何年か遊んでいた俺をやる気にさせてくれて感謝してる。でも60過ぎるとテンション上げるにも相当なエネルギーが要るし、今度は普通に戻す事が出来なくなる・・・。これからは俺の顔色を見ないで自分で道を切り拓いてどんどん前に進め!40歳なら一番力が出る時だよ。」と言われました。

ライブや北海道の舞台で師匠の芸を間近で見る度に「俺はホープ師匠のように中心になって人をまとめたり引っ張って行く人間ではない・・・。」と自分のキャパシティーを決め付けて‘サブキャラクター’に徹しよう!と思っておりましたが、ホープ師匠から「ナンバー2や3に満足する気持ちが染み付いているんだ!40からは自分の性格を変えて前に進まなきゃ!!誰にも真似できないオリジナルの武器を身に付ける事だよ。」と、まるで上位を狙う‘力士’へ異口同音に相撲関係者が言う言葉に似たホープ師匠の思いでした。(妙義龍関の連日の相撲も押しに徹して素晴らしかったですよね!)

どんなに凄い相撲の取り組みよりも心に響いて燃えたホープ師匠の言葉!

この日は時間を忘れて前向きなお話しをしました。

「ちょっと小腹が減ったね・・・。」と喋り疲れて!

008

チャーハンを注文。

007

「先に食べろよ。ちょっと電話!」と言って2~3件仕事関係の電話で楽しげなホープ師匠。

食欲も戻って顔色も良いので、もう安心ですね~。

009

一つの食べ物も分けて食べるのが「ホープ一門」のスタイル。

またホープ師匠と何か新しい事に挑戦しなければ!と思わされた北脇でした。

2013年1月14日 (月)

今年も潜入!東洋大牛久高校相撲部合同合宿~っ!!

006

凄まじい稽古場の風景!選手達の息づかいや緊迫した空気が写真から伝わってまいりますが、この3連休は茨城県にあります「東洋大牛久高校相撲部」稽古場におきまして合同合宿が執り行われました。

もはや数年前からの恒例行事となっている合宿。

北脇も一昨年前の12月にお邪魔しまして見学と番組収録をさせて頂きましたが、この度も行って参りました。

当然、東洋大牛久高校相撲部と言えば勿論この人物!

001

元・武哲山関の「栗本剛」先生であります。

この2~3年は大相撲甚句にご出演下さり大いに番組を盛り上げて下さった栗本先生ですが、2013年も更にご協力頂けそうであります。

北脇が道場に現れるや笑みを浮かべながら‘小さ~い声’でシュールなギャグなどを連発して笑わせて下さいました。(ホワイトボードなどにも‘ケーシー高峰’ばりにアブナイギャグを書いて北脇を笑わそうとしていましたが、ご本人曰く‘収録前のウォーミングアップ。四股みたいなもんですよ!’との事・・・。)

しかし稽古場は激しいまでの申し合い稽古。

003

先生方の激が飛び交っていました!(参加校は東洋大牛久、秋田県・金足農業、秋田県・平成高校、静岡県・飛龍高校、長野県・更級農業、神奈川県・向の岡高校、など豪華な面々でした。)

007

1年ぶりにお邪魔した東洋大牛久高校相撲部道場には武哲山関の化粧まわしがケースに入れられ飾られていました。

非常に貴重であります。

稽古も昼前には終わり、豪華なお食事をご馳走になりました。

そしていざ収録となりましたが・・・。

012

今回のゲストは栗本剛先生と金足農業高校相撲部監督「伊藤淳」先生のお二方。(一応、栗本先生の差し手を伊藤先生が強烈におっつけている様子でありますが、誤解を招く写真になってしまいました・・・。)

緊迫した稽古も終わり、リラックスして‘少~し’だけ呑んで頂いたお二方(その割にはイイお顔の色になっていますね~。)今回は昭和60年の全日本相撲選手権大会の映像や1985年ぐらいに日本テレビで放映された‘アマチュア相撲界のバイブル的映像’で日本大学相撲部を追跡取材した「俺さまの土俵さ!」を見て気持ちを高めながらの収録でした。

かなり盛り上がりましたよ!!

011

今回収録した大相撲甚句は1月27日(日)深夜0時放送です。(後編は2月中旬以降に放送予定です。)

FM西東京ホームページからリアルタイムでお聴き頂けますし→http://842fm.west-tokyo.co.jp/ 

ポッドキャストからも過去の放送と共にお聴き頂けます。→http://www.voiceblog.jp/kitawaki-takashi1/ 

どうぞお楽しみに!!

2013年1月13日 (日)

「浪乃花」大相撲甚句に登場!!

009

写真パネルを持った男性。

元小結・浪乃花で、西麻布「天海地」代表・工藤和博様であります。http://www.namichan.jp/ ←天海地のサイトです。

昨日はお店にお邪魔しまして大相撲甚句の収録をさせて頂きました。

浪乃花関と言えば土俵の鬼「若乃花」関の二子山部屋に入門し、時間前の立会い、気迫溢れる相撲、仕切り前の鋭い目などなど小兵ながら小結まで登りつめられた力士でしたので、正直北脇もこれまでに無いぐらい緊張して固まっておりましたが(お電話で出演交渉させて頂く時も声が震えてしまいましたよ・・・。)実際にお会いした浪乃花関は穏やかで非常に優しい人物でありました。

007

とは言いながら現役時代のお話や現在の大相撲のお話に触れますと当時の眼光そのままに凄い迫力でありました。

ちなみに北脇は浪乃花関の大ファンでありましたよ!

そんな浪乃花関には当然・・・。

001

大相撲甚句の番組スポンサー㈱スギヨのカニ風味カマボコ「香り箱」をご賞味頂きました。

002

カメラを向けますと思わずこの笑顔!

003

真剣なお顔で味わって頂きました。

ちなみに店内を見渡しますと!

012

二子山部屋11関取の手形・サインが飾られていました。

当時の稽古場の雰囲気や関取衆のお話も語って頂きました。

013

こちらの絵画は画家「斎藤吾朗」画伯が描かれた貴重な‘赤絵’であります。http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%96%8E%E8%97%A4%E5%90%BE%E6%9C%97 

多くの有名著名人とも親交がある浪乃花関は現役時代の相撲以上に人間的にも魅力が溢れていました。

そんな浪乃花関には勿論・・・。

016

北脇が作詞作曲の「浪乃花の歌」を熱唱しました!

ちなみに浪乃花関には1996年に名古屋後援会様が「頑張れ浪乃花」と言う応援歌を贈られておりますのでhttp://www.youtube.com/watch?v=hUMOgBZPHww 北脇は日本国内で二人目の浪乃花ソングを作った者と言う事になります。(多分・・・。)

そんな浪乃花関ご出演の大相撲甚句は1月20日(日)深夜0時に放送します。(後編は2月中旬に放送予定です。)

パソコンやスマートフォンでもお聴き頂けますしhttp://842fm.west-tokyo.co.jp/ 

ポッドキャストでも過去の放送もお楽しみ頂けます。http://www.voiceblog.jp/kitawaki-takashi1/ 

宜しくお願いしますね~っ!!

2013年1月11日 (金)

新宿東口に「ひよの山」現る・・・!?

003

ここは新宿東口。

昼間でも大勢の人だかりでありますが、本日は東口の「新宿ステーションスクエア」におきまして・・・。

002

13日から始まります「大相撲初場所」のPRイベントが行われました。http://www.sumo.or.jp/kyokai/goannai/0039/shinjuku_chanko.html 

「このところ相撲ネタがブログに無いですね・・・。」と言うご意見がチラホラございましたので遠くから見学をしておりましたが、とにかく寒くて人が多くて、しかもアルタの大型テレビの音響が大きくてシッカリ聞き取る事は難しかったのですが、このようなPRイベントは今回が初めてと言う事で北脇もワクワクしながら一部始終を見ておりました。

004

元・千代の富士の「九重親方」様が現われて集まった方々に御礼とご挨拶をすると「千代の富士~っ!」の声援と共にカメラのフラッシュの嵐・・・。

やはりウルフ人気は今でも健在でありますね!

そして次に現われたのは・・・。

005

雅山関、豊ノ島関、豪栄道関の三関取。

場所直前の稽古直後に駆けつけて下さりファンサービス。

新弟子時代の体格、子供の頃に憧れた力士、ライバル視している力士、などなどトークあり笑いありのイベントでしたよ!

そして極めつけは・・・。

008

相撲ファンにはお馴染み「ひよの山」関であります。

恐らく大部分の方々は‘初ひよの山’だったのではないかと思いました。(シッカリ‘写真タイム’もありましたよ。)

平日の昼でも大変な人だかりですからさすが新宿でありますね。

この後は‘振る舞いチャンコ’なども用意されてお客様も長蛇の列になっていました。(明日、土曜日もチャンコが振舞われるようであります。)

このように寒い中にありましても九重親方様、雅山関、豊ノ島関、豪栄道関、ひよの山関、呼び出しさん達が大相撲初場所のPRの為に尽力される姿を見て北脇も力を頂きました。

九月場所は見に行けませんでしたので初場所は絶対に見に行かないとですね!

非常に楽しみであります!!

2013年1月10日 (木)

代々木公園は出会いの宝庫!北脇、原点回帰・・・!?

005

ギターを持つ北脇と紳士。

本日は代々木公園で歌の練習と曲作りに没頭していた北脇でした。(ちなみに‘浪之花’関の歌を作っておりました。と言うことは近日中に浪之花関が番組に登場・・・!?)

東京の冬は北海道程ではありませんが、まだまだ寒さが身に凍みますが10年ぐらい前は真冬でも路上で歌っていた北脇、当然代々木公園でもよく歌っていたものでありました。

当時は「誰かに聴いて欲しい!足を止めて欲しい!!」と必死でありましたが、本日は誰に聴かせるでもなく、自分のペースで歌っておりましたら「いいですか?」と言ってこちらの紳士が石に座りながら長い時間聴いて下さいました。

002

「いい歌ですね~。パンチがあってメロディーもいいですね!我々の世代も喜ぶと思います。」と静かな口調で語って下さいました。

‘拝啓ホープ様’‘こんな兄貴に誰がした’‘ジタバタするのが人生’などCDに入れた曲を次々うたいましたが、北脇の父親世代の男性に喜んで頂いて少し自信が沸きました。

そうして代々木公園での歌も終えて帰ろうとした時にトランペットの音色が・・・。

003

夕日に照らされてトランペットを吹く姿は絵になっていました。

早速話しかけて友達になってしまいました。(その後も渋谷まで歩きながらいろいろ語り合いましたよ。)

「向うで歌っていた方ですね!スピリットが伝わっていましたよ。」と一言。

ニューヨークや海外でトランペットで生活をしていたそうですが、何とも言えない魅力が体からにじみ出ていました。

そう言えば今、バンドで一緒にさせて頂いているトランペットの大林さんも代々木公園で吹いていた時に北脇が声をかけた事がきっかけでした。

その他にもパーカッションやサックスなどの人たちも代々木公園や路上で探し歩きました。(今のサックスの宮崎さんは大林さんが連れてきて下さいましたが・・・。)

とにかく昔はコネや知り合いも無かったですから今思えばキャッチセールスのように目に止まる人に声をかけたものでありました。(楽器屋で試し弾きしている人などにもですよ・・・。)

昨年は西新宿の‘ホープちゃんパーク’に通いつめていましたが、今年は原点回帰じゃないですが、代々木公園や路上で積極的に歌ったり活動もしてみたいと思いました。

思わぬ出会いが待っているかも知れませんよね~。

2013年1月 9日 (水)

石川県東京事務所に新年ご挨拶!

1318_001

スーツ姿の北脇。

それもその筈で、本日は永田町にあります都道府県会館の「石川県東京事務所」へ新年のご挨拶に伺ったからであります。http://www.pref.ishikawa.lg.jp/tokyo/index.html 

これまでにも北脇が両国にぎわい祭りや、わんぱく相撲三鷹場所、その他にもイベントなどに参加する際にノベルティーなどご提供下さったり、首都圏でご活躍の石川県出身者をご紹介下さったりと北脇の活動をいつも応援して下さっております。

そんな石川県東京事務所の所長様に近況を報告したり、今後の相談に乗っていただいたりしてついつい長居してしまいました。(北脇のお隣の男性は所長様ではなく職員の方であります。)

ちなみに北脇は「石川県観光特使」でありますから石川県をPRする為に積極的に動かなければなりません。

丁度、北脇が指差しているポスターですが・・・。

1318_003

北脇の故郷、石川県穴水町が誇る一大イベント「かきまつり」のポスターであります。

この数年かきまつり会場の野外ステージで歌わせて頂いております北脇ですが、感謝な事に今年(1月26,27日)もお招き頂きました。

雪が降りしきる中、野外で炭火焼のカキは最高で毎年県内外からも大勢の方々が穴水町に来て下さっております。

今から楽しみにしている北脇であります。

楽しみ!と言えば・・・。

1318_004

北陸新幹線の開通も間近であります。http://www.pref.ishikawa.lg.jp/shink/hsksindex.html 

昨年は北脇も金沢競馬場や能登島水族館などのイベントに招かれて地元にはお世話になりましたから、今年は少しでも石川県に恩返しをさせて頂かなければいけませんね。

そんな訳で石川県民の皆様方、本年もどうか宜しくお願い申し上げます!!

2013年1月 8日 (火)

潜入!ラジオ日本スタジオ・・・!?

この2~3日、ブログの更新をしておりませんでしたが、北脇なりにCD「ジタバタするのが人生」のPRの為に地味に動いておりました。(目立った成果は今のところ見つかりませんが・・・。)

昨日はと言えば・・・。

001

かつては‘東京のシンボル!’と言われた東京タワーの近くにあります「ラジオ日本」に行ってまいりました。http://www.jorf.co.jp/

今は東京スカイツリーに主役の座は明け渡したかに思えますが、やはり間近で東京タワーを見ますと何故かワクワクしてしまいますね~。(実際、周辺には未だに東京タワーをバックに記念写真を撮る方々が大勢いましたよ・・・。)

と、東京タワーはこのぐらいにして、ラジオ日本スタジオにお邪魔しました。

002

こちらの人物はラジオ日本番組制作のI氏であります。

鋭い目!一見近寄りがたい雰囲気も漂っております(スター誕生の阿久悠氏を彷彿させますね・・・。)。

実際は非常に穏やかで優しい方でありますが、長年に渡ってラジオの現場やヒットソングなどを見続けてこられた方ですのでお話にも非常に説得力があります。

ちなみにI氏とお会いしたのは10年ほど前のフォークシンガーのオーディション会場でした。

当時は毎晩のように路上で歌い続けていた北脇(北脇はストリートミュージシャンでした。)は様々なオーディションに声をかけられたりしておりました。(中には‘ネズミ講’や‘自己啓発セミナー’の勧誘もありました。勿論、ヤク○からも何度も脅されましたよ・・・。)

大体オーディションに出ても特別賞とか○○賞などグランプリは取れないけどミュージシャンらしくない北脇を面白がってくれる風潮はありました。(当然、ギターや歌は今以上に下手でしたけど・・・。)

そんなI氏も北脇に興味を示して下さり、会場で声をかけて下さった一人(I氏は審査員ではなく会場を見に来たお客様でしたけど。)で「面白いね~。今度番組に出ませんか?」と拾って下さいました。(その時は何の賞も取れなかったのに、本当に番組に呼んで下さりタップリ歌って喋りました。)

それからと言うもの、何か困った事などあったら連絡をして相談に乗って頂いておりました。

003

「お陰様でCDをリリースするが出来ました!」とご挨拶しますと早速スタジオに入れて頂き、ジックリ試聴。

正直なところ何かの番組で紹介して頂ければと思いましたが、この手の持ち込みは大手レコード会社や事務所も連日でありますのでI氏曰く「話題を作りましょう!その方法は云々・・・。」といろいろ伝授して頂きました。(当然、内容は秘密ですけどね・・・。)

プロダクションやマネージャーも無い北脇でありますから仕掛けや話題作りも考えなければいけない訳でありますが、やはりI氏のような方々とお会いして情報収集する事は刺激がありますしワクワクしてしまいます。

とにかく一人でも多くの方々にCDを聴いて頂きたいですね~。

2013年1月 5日 (土)

新生ゆーとぴあ「歌&格闘家コント」YouTube~っ!!

035

学ランの後姿はホープ師匠であります。

これは昨年の北海道阿寒湖の「鶴雅寄席」での楽屋シーンでありますが、約2ヶ月間の舞台を終えたホープ師匠、今頃になって舞台の疲れやストレスが一気に出てしまいました。

毎回ライブやイベントを終えると3~4日電話にも出なくなるホープ師匠。

「CDも出た事だし2013年は頑張らないとな!」と気合が入ってらっしゃいましたが、この2~3日は待ち合わせ場所にも現われず、電話にも出られなかったので北脇なりに単独で動いてホープ師匠からの連絡を待たせて頂く事にしました。(そのうち元気なお声で何事もなかったかのように一方的に電話があるんですけどね・・・。)

そう言えば先日のブログで「新生ゆーとぴあ」のコントをYouTubeにアップしましたら北脇の知人などからも反響を頂きましたので(ギター外してコントに専念したら?などと言うご意見も・・・。)歌ありきの新生ゆーとぴあの映像もご覧頂きたいと思いますのでアップしてみました。(相変わらず北脇のコントは粗くて雑ですが・・・。)

2本に分けておりますので気長にご覧下さい・・・。(見ている本人も胸が苦しくなっております・・・。)

https://www.youtube.com/watch?v=WPEh74cQAyY ←1本目

https://www.youtube.com/watch?v=fpwZEMvbwPQ ←2本目

2013年1月 4日 (金)

新生ゆーとぴあ「先生・生徒コント」YouTube~っ!!

2_011

2013年も明けまして3日が過ぎまして、正月気分も抜けきっておられます事と存じます。(ちなみにこの写真は‘ジタバタするのが人生’のCDレコーディングの際に撮ったものであります。)

北脇もお正月のお笑い番組などを見ながらコントの研究をしておりましたが、今時の新しい笑いには付いて行けず、結局「コント55号」や8時だヨ!全員集合の「ドリフターズ」のDVDを見ながらドップリはまっておりました。(それにしましても若き日の欽ちゃんと二郎さんはホープ師匠と西田ぼんさんの立ち位地にソックリで驚いてしまいました・・・。)

やはりお笑いも歌も北脇には昭和がピッタリ合うようでありますね・・・。

そんな中、北海道阿寒湖の「鶴雅寄席」で‘新生ゆーとぴあ’が50日間舞台に立たせて頂いた中で撮影していた映像で昭和を感じさせるものを発見しましたのでYouTubeに上げてみました。

時間の関係で9分程度の尺ですが、北脇の粗くて雑なコントをご覧頂きまして、北脇の苦悩の様子をご確認下さい。(素人の北脇を操るホープ師匠の名人芸も注目です。)

2013年、北脇も正念場であります!

とにかく貪欲に何でも挑戦しなければいけませんね~。

新生ゆーとぴあ「先生・生徒コント」です。→http://www.youtube.com/watch?v=cW9HUFJ28co&feature=youtu.be

2013年1月 2日 (水)

2013年、新年のご挨拶は30分ナリ・・・!?

11_002

2013年1月1日!

新しい年が明けようとも普段どおりホープ師匠の元へ普段どおりにお話をしに行った北脇。

しかし、行きつけの喫茶店は元旦につきお休み(当然ですね~。)

この日は某大手ファストフード店にて師匠と会いました。(ポスターや紙コップでお分かりでしょうが・・・。)

師匠と大晦日から今朝までの出来事をタップリお話しました。(ちなみに31日の明け方、北脇の家の三軒隣で全焼の火事がありまして、火の手がそこまで迫ってきました。人的被害は無かったと思いますが、電線などが焼けてテレビや電話が通じなくなりました。皆様、火の元には充分気をつけましょう。)

2013年の活動やライブ、CDのプロモーションなどなど打ち合わせをしましたが、この○ドナルドは全席禁煙。

ゆっくり落ち着いてお話も出来ず「そうだ!サウナ行こう!!ゆっくり話しが出来るぞ。」と言われ喜んで行きつけの銭湯へ向かいました。

その道中・・・。

11_004

初詣に向かう途中のチカさん(中央の犬を連れた女性。ちなみにチカさんは師匠のご友人です。)とお母様に会いました。

「明けましておめでとうございます!これから銭湯ですね~。」とご挨拶もそこそこにCDリリースした事を心から喜んで下さったチカさん。

実はCDを購入する為にお店を数軒探されたそうですが見つける事が出来ず、結局ネットでお買い求め下さいました。(北脇の知人もお店で探しまわれれた方々が大勢いらっしゃいました。本当に申し訳ありません・・・。)

そんな「ジタバタするのが人生」のCDですが!

11_005

お買い求めはコチラへ→http://shopping.recochoku.jp/gp/%E3%82%B8%E3%82%BF%E3%83%90%E3%82%BF%E3%81%99%E3%82%8B%E3%81%AE%E3%81%8C%E4%BA%BA%E7%94%9F-%E3%82%86%E3%83%BC%E3%81%A8%E3%81%B4%E3%81%82%E3%83%BB%E3%83%9B%E3%83%BC%E3%83%97%E5%8C%97%E8%84%87%E8%B2%B4%E5%A3%AB%E3%81%A8%E3%83%9B%E3%83%BC%E3%83%97%E8%BB%8D%E5%9B%A3/4948722483076/ アクセスお願いします。(そのうちアマゾンなどでもお取り寄せ出来るようになるかと思います。)

北脇も周囲には「‘いきものがかり’ぐらいメジャーになりたいですね~。」などと言っておりますが、そうなれば全国のCDショップなどでも間違いなく購入できますね~。(あくまで北脇の妄想であります・・・。)

と、ホープ師匠とサウナに行きましたが残念ながら本日は休業(元旦ですからね・・・。)

結局この日、師匠とのご挨拶は30分でありましたが、やはり正月中はゆっくりお話も出来なさそうでありますね。

とにかく2013年もホープ師匠に付きまとって何か面白い事を起こしてやろうと考えている北脇であります。

2013年1月 1日 (火)

北脇貴士、2013年は何処へ行く・・・!?

002

皆様、新年明けましておめでとうございます!

お正月らしく紋付姿で写真を撮ってみましたが、やはり着物は良いですよね~。(このところは‘学生服’か‘空手着’ばかり着ておりましたからね・・・。)

それにしましてもこの2~3年は(と言うよりもホープ師匠にお会いしてからと言うもの・・・。)北脇の生活も激変していい意味で刺激的な日々を送らせて頂いております。

2011年は大阪のストリップ劇場で7日間公演(一日3ステージ)を経験させて頂きましたし、2012年は北海道阿寒湖で50日間(一日2ステージ)を経験させて頂きました。

この調子で行きますと2013年は一体どのような経験をさせて頂けるのか、期待と不安が入り混じっております。

それより何より、歌なのか喜劇なのかこの先の方向が全く見えておりませんが、ホープ師匠曰く「俺はミュージシャンだからね!現代のクレイジーキャッツを作るぞ!!」と意気込んでらっしゃいます。(いっその事、楽器が出来るオヤジがAKBのように集団で豪華なバンドを組んでみたい気もしますがね・・・。)

さぁ!2013年の北脇は一体何処へ行きますでしょうか・・・。

とにかく周囲があっと驚くような楽しい事に挑戦したいと思っております。

そんな訳で本年もどうか宜しくお願い申し上げます!!

« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »