« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »

2012年12月

2012年12月31日 (月)

2012年締めも境川部屋!

008

こちらは境川部屋の玄関であります。

本日は朝から力士の皆さん方総出で餅つきが行われまして、光栄にも北脇もお招き頂きました。

004

北脇が到着した頃には既に多くの餅がつきあがっておりまして、いよいよお正月!と思わせる空気が部屋の稽古場に漂っておりました。

本物の臼と杵でつきあげられた餅をその場でご馳走になりながら境川親方様や部屋の後援会の方々、力士の皆様方と楽しいひと時を過ごさせて頂きました。

006

2012年は境川部屋YEARと呼ぶべき大変な大躍進でありました。

来る2013年は北脇も境川部屋の勢いに便乗させて頂きたいと願いつつ、お土産で頂いた大量のお餅を持って次なる場所へ移動しました。(境川部屋の皆様方、本当に有難うございました。)

2012年12月30日 (日)

本日は「忘年会休み」ナリ・・・!?

001

楽しげな表情で電話をしているホープ師匠。

12月21日に北海道から帰ってきてからと言うもの毎晩のように様々な方々から忘年会と称した飲み会に呼ばれて休む間も無かったホープ師匠。

実は本日も朝まで飲み会でクタクタになってらしたホープ師匠でしたが、今日は飲み会も無く久々にしらふで北脇と会うことが出来ました。

お茶を飲みながらCDのプロモーション活動になりそうな先に電話をして様々な意見を参考にしました。

毎回、ライブやイベントの直後は引きこもりがちなホープ師匠ですが、今回はやる気が漲って北脇も嬉しくなりました。

「よし!仕事はこのぐらいにして美味い物を食べに行こう!」と言われて向かった先は・・・。

002

高級天麩羅屋です。

朝から食事らしい食事をしていなかったホープ師匠と北脇でしたからご飯をお替りして腹一杯にご馳走を楽しみました。

003

美味しいものを食べると心が豊になりますよね~。

ちなみに明日も盛大な忘年会が入っていますが、2013年の活動に向けて非常に重要な集まりになると思っておりますよ。

楽しみですね~。

2012年12月29日 (土)

新生ゆーとぴあ、「大竹まことゴールデンラジオ!」に出演~っ!!

003

ビルの壁面に書かれた「文化放送」の文字。

こちらは浜松町にあります文化放送の本社ビルであります。

昨日の昼(27日)、ホープ師匠と北脇は文化放送に行きまして・・・。

002

大竹まことさんがパーソナリティーをつとめておられます「大竹まことゴールデンラジオ!」にゲスト出演してまいりました。

この度リリースしたCD「ジタバタするのが人生」のプロモーションの為に急遽ゲスト出演させて頂いたのですが、プロモーションと言うよりはホープ師匠と大竹さんの楽しい談話が殆どでありました。(ブースには木曜日担当の光浦靖子さんもいらっしゃいましたよ!)

テレビなどで拝見する大竹さんはコワ面でちょっと近寄りがたい雰囲気がありますが、非常に紳士的で穏やかで生放送前、ホープ師匠と一緒にいた北脇に対して「あっ、新しい相方さん?と言うことは二代目ピースさんですね!」と気さくにお声掛け下さいました。(当然、‘ホープ師匠はピースじゃなくてキタワキって言うの。本当はミュージシャンなんだけどコントも始めたんで宜しく。’とキチンと紹介して下さいました。)

新生ゆーとぴあの出演時間は20分程でありましたが、番組では「コイツね、ストリートミュージシャンだったんだけど脅してお笑いをさせているの。これからの時代は音楽だけじゃダメだ!って騙してね・・・。」とホープ師匠が言えば「え~っ!コントやった事ないのによくやるね~。大変だね~。」と大竹さん。(阿寒湖での50日公演も一部始終話しました。)

当然、田端グループ時代のホープ師匠の傍若無人なお話しや(勿論、放送できる範囲内のですよ~。)下積み時代のシティーボーイズのお話しなどなど楽しいトークで盛り上りました。

そして極めつけはスタジオでの「ゴムパッチン」

ラジオですから音声のみでありますが、あの緊迫感は充分にリスナーの方々にも伝わったものと思っております。(スタジオのガラスの向こう側には大勢のスタッフさんが大爆笑しながら食い入るように一部始終をご覧下さいました。)

肝心のCDも‘ジタバタするのが人生’のワンコーラスを流して下さいました。

とにかく20分間で全てを出し尽くしたホープ師匠と北脇。

逃げるようにスタジオを出まして・・・。

001

文化放送を後にしました。

そしてその足で新宿歌舞伎町で師匠や師匠と親しい方々数人で底なしに酒を呑みました。

北脇も北海道で毎晩酒を呑んで鍛えられていたとは言え、5軒ハシゴをして泥酔して翌朝は完全に二日酔い・・・。(ちなみに師匠は本日も飲み会が入っています。)

今後も様々なメディアにCDのプロモーションを考えておりますが、果たして体が持つでしょうかね~・・・。

とにかく一人でも多くの皆様方にCDを知って曲を聴いて頂けるように頑張らないとですよね!!

2012年12月27日 (木)

新生ゆーとぴあ、文化放送のアノ番組に出演!!か・・・!?

ホープ師匠と北脇、ホープ軍団のCD「ジタバタするのが人生」がリリースされて早や2日。

早速いいお話が飛び込んでまいりました。

急な話なので詳細は明日にならないと分かりませんが、文化放送の‘アノ番組’にホープ師匠と北脇がゲスト出演する事になりそうであります。(しかも生放送!)

宜しかったら皆様も是非ともお聴き頂きたいと存じます。http://www.joqr.co.jp/golden/ 

さぁ~どうなりますでしょうかね~。非常~に楽しみであります!!

2013年大相撲甚句ゲスト1号は春日野部屋・栃湊!!

012

‘力士運動会’と書かれた写真を持つ男性は、春日野部屋の元力士・栃湊の「松田広行」さんであります。(騎馬戦で青いタンクトップは横綱輪島関、緑のタンクトップは栃湊さんであります。)

本日は2013年第1弾の大相撲甚句の収録を両国の「とんかつ若」の店内にて行いました。

昭和48年3月に初土俵を踏まれた栃湊さんの力士人生を語って頂いたのですが、これが非常に面白くて、パーソナリティーである北脇が完全にリスナーになってしまうほど栃湊トークにのめり込んでしまいました。

実は栃湊さんの情報は殆ど入手する事が出来ず、何の資料も無い状況での収録でありましたが、気がつけば1時間半以上の尺を入手する事が出来ました。(お陰で2週分どころか3週分も確保できましたよ!)

そんな楽しい収録風景を写真でご覧下さい!

001

栃湊さんと言えば「初っきり」が有名でありました。

左の力士が栃湊さん、右の力士は幕下時代の「栃纏」関です。

004

当然、番組でも初っきり時代の秘話をタップリ語って頂きましたよ!

005

栃湊さん、トリッキーな動きで爆笑を取ってらっしゃいましたが、かなりの美男力士です。

002

映像を見ながら「もう栃纏も死んじゃったんだな・・・。もう居ないんだものな・・・。」と思わず口にされた栃湊さん。

ちなみにこの貴重な映像は相撲博士の菅原さんが持ってきて下さいました。

014

入門当時の栃湊さん(左から2人目)、そして一番左の人物は後の関脇「栃赤城」関です。

一場所兄弟子の栃赤城関を実の兄のように慕っていた栃湊さんでした。

015

第93,94期生の相撲教習所の卒業記念写真。

この中に琴風関(尾車親方)と竹葉山関(宮城野親方)も写っています。

新弟子当時の同期生のお話も語って頂きました。

013

金城関(左)と幕下時代の栃赤城関。

お二方とも人間的に最高だったそうです。

017

この騎馬戦の写真は、とんかつ若の服部社長が持っていた物ですが、栃湊さんは長年ずっと探してらっしゃいました。

栃湊さんも感激して暫く声が出ない程でありました。

大相撲甚句もそのうち「バラ色の珍生」のようなご対面番組になって行くのでしょうか・・・。

とにかく素晴らしいものを見させて頂きました。

007

そんな栃湊さんには当然、番組スポンサーであります㈱スギヨのカニ風味カマボコ「香り箱」をご賞味頂きました。

008

「うん!美味いね~。」と2カンづつ食べてあっと言う間にたいらげてしまった栃湊さん。

018

収録の後はお約束のチキンカツカレーを食べて頂きましたよ!

019

ちなみに北脇はダブルチキンカツカレーの大盛りを食べました。

やはりいつ食べても美味しいですね~。

020

相撲博士の菅原さんにも援護射撃をして頂き、今回も大いに盛り上りました。

そして今回北脇が歌った「栃湊の歌」は収録中にインタビューをしながら即興で作りました。

栃湊さんの情報を入手出来ず、事前に歌を仕上げる事が出来ませんでしたが、北海道での舞台で即興ソングを作った自信から挑戦してみました。(我ながら悪くない仕上がりと思っていますが・・・。)

そんな栃湊さんご出演の大相撲甚句は新年1月6日、13日(日)深夜0時から放送予定です。

パソコンやスマートフォンからも聴く事が出来ますしhttp://842fm.west-tokyo.co.jp/ 

ポッドキャストからは過去の放送もお楽しみ頂けます。http://www.voiceblog.jp/kitawaki-takashi1/ 

2012年12月26日 (水)

今年のクリスマスプレゼントは「大相撲」尽くし・・・!?

世界中がクリスマスをお祝いしておられる事と存じますが、北脇のクリスマスイブは風邪で寝込んでいました。(一日20時間ほど眠っていましたよ・・・。)

ちなみにホープ師匠は本日風邪でダウンされて寝込んでらっしゃいました。(お疲れがドッと出たんでしょうね・・・。明日は仕事で会う予定であります。)

そんな北脇に大変貴重なお宝をプレゼントして下さる人物が現われました。

その人物とは・・・。

001

元・春日野部屋の関取「栃桜」親方であります。

50日の北海道公演を無事に務め上げた北脇にご褒美を下さいましたよ!(右手の筒には北脇へのプレゼント。左手には相撲博士の菅原さんへのプレゼントであります。)

ゆっくり北海道のお話をしたかったのですが、ご多忙につき本日はお宝を頂いてお別れしました。

帰宅して中を見てビックリ・・・。

006

大横綱「大鵬」関の直筆サインと手形!

これは大変なお宝でありますよ~。

更に・・・。

007

右隣には「柏戸」関と「玉乃島」関のサインと手形!

そして・・・。

008

左には「北の富士」関と「琴桜」関のサインと手形。

豪華2横綱3大関の手形とサインが一枚の紙に載せられております。

これだけでも凄いのに!

009

「柏戸・大鵬」の割り紙までプレゼントして下さいました。

太っ腹と一言では片付けられない程の貴重なプレゼント。

栃桜親方の真心に泣けてしまいました・・・。

栃桜親方は北脇にとりましてサンタクロース以上の存在であります。

本当に有難うございます!

実はクリスマス前にも北脇の元に前倒しでクリスマスプレゼントが数点届いておりました。

まずは!

010

相撲漫画家「琴剣」さんから可愛らしい卓上カレンダーが届きました!http://blog.goo.ne.jp/honobonobeya ←琴剣さんのサイトです。

011

ほのぼのタッチのお相撲さん漫画が描かれています。

来年も大相撲甚句にご出演いただいて様々な大相撲トークをご披露頂きたいです。

琴剣さん有難うございます!

012

そしてこちらの大相撲カレンダーは、元・中央大学相撲部で㈱岸文大島・代表「岸田聡司」様から贈って頂きました。→http://www.amakara.jp/information/index.html 

過去にも大相撲のチケットをプレゼントして下さったりして岸田さんにはお世話になりっぱなしであります。

岸田さん、有難うございます!

013

そして、この書籍!

33年前に発売された貴重な書籍「昭和大相撲史」

これはブログなどでもコメントを下さる「なら志乃」さんから贈って頂きました。

ご本人も大変思い入れのある‘お宝グッズ’であります。

大切に読ませて頂きますよ!

有難う~っ!なら志乃さ~ん!!

このように大相撲にちなんだ品々が北脇の元に届きましたが、クリスマスプレゼントは大相撲グッズだけではありません。

002

「こわれもの新品のトースターが入っています。」と赤い字で書かれていますが・・・。

004

本日、我が家に届いたオーブントースターであります。

これは、阿寒湖の「鶴雅ウイングス」の大忘年会にお招き頂いた際の抽選会で見事ゲットした物であります。

普通ならばホテルのスタッフさんやお世話になったご近所の方々にお譲りするのが筋なのですが、我が家のトースターは北脇が学生時代にバイト先からお古で貰った‘20数年モノ’に引退してもらいたいと思っていた頃でしたので、迷うことなくホテルから我が家へ送りました。(‘こわれもの新品のトースター云々・・・。’と書いてくれたのはお土産物売り場のスタッフのMさんでしょうね~。笑えてしまいました・・・。)

005

このトースターで新年は餅をタップリ焼いて食べまくってやろうと思っております。(また激太りしそうですよね~。)

そして、12月25日と言えば!

003

「ジタバタするのが人生」のCD発売日であります!

パインスターから我が家に100枚届きました。http://www.pine-star.com/

さぁ!このCDで2013年は躍進しなければいけませんね~。

2012年12月24日 (月)

久々の大相撲甚句収録! in 両国とんかつ若

H241223_002

まるまる2ヶ月ぶりに来ました両国国技館。(丁度、スカイツリーも見えますね~。)

雪深い北海道釧路に居た頃がまるで夢だったかに思える程、完全に現実に引き戻されてしまい、暫く国技館前から動く事が出来ませんでした。

そんな両国に来たのは本日、大相撲甚句の収録をする為でありました。

約2ヶ月ぶりの収録、多少緊張しつつも楽しさいっぱいのひと時。

それと言いますのも・・・。

H241223_020

本日は大相撲大好き美女3人がゲスト。(左から萩原里枝子さん、服部眞由美さん、はすまるさん)

本来この日は「北脇のお帰りなさい会」をとんかつ若さんで行う筈だったのですが、2か月分録り貯めしていたストックが底を尽き、無理を言いまして今年最後の放送分(12月30日)の収録を行いました。

ちなみに北脇が着ているピンクのシャツですが・・・。

H241223_007

4コマ漫画「すもうねこ」作者、はすまるさんがプレゼントして下さいました。(お顔は例によってお見せする事は出来ませんが、以前ゲストにご出演頂いた際にも言いましたが、持田香織や藤井フミヤ似の端正なお顔であります。)

もう嬉しくなりまして~。

H241223_008

着てしまいました。

色はピンクの他にもブルー、グレー、ブラックなどいろいろありますが、はすまるさん曰く、北脇のイメージはピンクとの事。

すっかり気に入ってしまいましたよ~。

H241223_006

眞由美さんとお嬢さんの夏海ちゃんからは靴下を貰いました。(力士が柄になっています。)

ソフトで肌触りが良くて履くのが勿体無いような気がしてしまいます。

H241223_011

里枝子さんからもお菓子や手作りケーキを頂きました。

皆さん!いつも本当に有難うございます!!

H241223_010

ちなみに北脇からは阿寒湖のお土産「まりもっこり携帯ストラップ・北海道限定」を各種用意しまして皆さんに一つ選んで頂きました。(ちなみに、はすまるさんはまりもっこりフリークであります。)

それだけでは余りに申し訳ないので・・・。

H241223_016

大鵬煎餅も食べて頂きました。

どうやら大鵬煎餅も北海道限定のようで、両国駅前のお土産物屋さんには置いていませんでした。(箱も大鵬関が横綱時代の番付け力士が印刷されています。)

H241223_017

味は昔ながらの懐かしい甘さと歯ざわりでありました。

H241223_018

形は「化粧まわし」

お菓子やお茶を楽しみながら収録をさせて頂きました。

テーマは「今年一年の大相撲で思い出に残った出来事」

盛り上りましたよ~。

H241223_021

大相撲ソングとは違った北脇の一面も見て頂きたく、12月25日リリースのCD「ジタバタするのが人生」も手にとって頂ました。

多くの皆様に聴いて頂きたいですね~。

そんな訳で!

H241223_015

今年最後の大相撲甚句は12月30日(日)深夜12時に放送します。

FM西東京ホームページからパソコンやスマートフォンでリアルタイムで聴く事が出来ますし→http://842fm.west-tokyo.co.jp/ 

ポッドキャストからも過去の放送と一緒にお聴き頂けます。→http://www.voiceblog.jp/kitawaki-takashi1/ 

どうぞお楽しみにしていて下さいね!!

2012年12月22日 (土)

遂に完成!「ゆーとぴあ・ホープ&北脇貴士とホープ軍団」CD~っ!!

  Cd_007

昭和色タップリのCDジャケットのタイトルは「ジタバタするのが人生」

説明不要とは思いますが、ホープ師匠と北脇の念願のCDが遂に完成しました。

ちなみに‘ホープ軍団’とは今回のレコーディングで演奏をして下さいましたザ・北乃脇バンド(佐々木さん、舛田さん、大林さん、宮崎さん、日ノ下さん)と般若心経を読んで下さった「中村有志」さんであります。

2_008

ホープ師匠と北脇が北海道へ旅立つ5日前に正味2日半でレコーディングを済ませたCDでありましたが、聴いてみて最高の仕上がりでありました。(手前味噌ではありませんよ~。)

これはその時の写真でありますが(10月25日)、もう遠い昔のような気がしております。

早速、完成したCDを受け取りに北脇が向かった先は!

Cd_006

製作・販売元であります「パインスター」のオフィスであります。→http://www.pine-star.com/ 

「ブログ見てましたよ!北海道お疲れ様でした!!」と松本知子代表(中央の女性です。)から第一声を頂きました。

北海道に行っている間も石川部長(右の男性)とも逐一連絡を取り合っていましたが、とにかく毎日の舞台に必死で正直、CDの事は石川部長にまかせっきりでありました。

しかしながらCDの音のバランスもデザインもシッカリと仕上がっていて北脇も大満足!

特に注目すべきは・・・。

Cd_001_3

CDの裏であります。(ちなみに全7曲入りで1800円となっております。)

北脇とは運命共同体・・・!?のイラストレーター「メソポ田宮文明」さんが描いたイラストが使用されております。(北海道に滞在中も何かと話題に出ました‘変態的’イラストレーターであります・・・。)

勿論、歌詞カードにもレコーディング風景やメンバーの写真もギッシリ載っていて見て聴いて楽しい1枚となっておりますよ~。

そんな至極のCD「ジタバタするのが人生」の生みの親とも言えるこの人物にも当然手にとって見てもらいましたよ~。

Cd_004

そう!ホープ師匠であります。

「ほ~っ、良く出来てるじゃないか!」と感心しきり・・・。

昨夜は空港からそのまま新宿歌舞伎町で美酒に酔いしれたホープ師匠。

一夜明けて師匠とCDを手にしながら今後の活動をいろいろ話し合いました。

Cd_005

はにかみながら「買って聴いてよな!」と一言!

12月25日に全国一斉発売となりますので皆様!どうかヨロシク~ネッ!!(詳細などはまたブログでご紹介させて頂きます。)

有難う阿寒湖の皆さん!暫しのお別れ・・・。

12月21日、我々芸人一行も最後の阿寒湖滞在となりました。

多くの皆様方に助けて頂きながら夢のような日々を送ることが出来ました。

ホテルの方々、アイヌコタンの方々、阿寒湖小学校のお友達、阿寒湖の近隣の皆様方・・・。

上げればキリが無いほどであります。

そんな中、この相棒と2ショット写真を撮る事が出来なかったので・・・。

421

犬の「まじめ」君と写真を撮りましたが相当嫌がっていますね~。(でも写真を見て笑えてしまいました・・・。)

413

いつも見ていた阿寒湖ももう見納め・・・。

ちなみに白く雪が積もっているように見える所は湖であります。

湖が凍ってしまうほどの寒さ・・・。

でもこの風景が北脇を毎日癒してくれました。

癒してくれた!と言えば・・・。

458

毎朝、師匠や隆司さん、北脇に美味しいコーヒーを飲ませてくれたホテルお向かいにある「エルム」さん。

出発直前にパスタやカレー、オムライスを頂きました。

461

マジシャンらしく、フォークで「エアーマジック」をする隆司さん。

新生ゆーとぴあのコントでも毎回ご協力して下さいました。

隆司さんには芸も私生活もいろいろ教えて頂きましたよ!

463

料理も人も空気も景色も最高の阿寒湖でした!

このカレーもしっかり味わって頂きました。

457

ホテルに戻りますと幟やポスター、演芸にまつわる物が全て片付けられていました。

寂しさもありますが、本当にいい思い出になりました。

この後、大勢のスタッフの皆様方に見送られながら空港へ向かった芸人一行。

その道中に・・・。

468

「運転手さん、あれ何!?」とホープ師匠の視線の先には!

465

雪の中に動く黒い物・・・。

466

野生の「蝦夷鹿」であります。

剥製かと思うほどの重厚感、迫力に全員釘付けになってしまいました。

やはり厳しい北海道の冬を生き抜く野生動物は逞しさが違います。

469

車窓から見える風景をしっかり脳裏に焼き付けて!

470

東京行きの飛行機に乗りました。

今度いつ釧路阿寒湖に来る事が出来ますでしょうか・・・。

阿寒湖の皆様!またお会い出来ます事を楽しみにしております。

本当に有難うございました~っ!!

2012年12月21日 (金)

50日100回公演!終わり良ければ全て良し!!そして祭りの後・・・。

50日間100回におよぶ鶴雅ウイングス亭「鶴雅寄席」も本日を持ちまして無事に終える事が出来ました。

会場に入りきらない程のお客様が来た日もあれば0人の日もあったり、本当に貴重で驚きの毎日でありました。

最後の舞台は思いっきり羽目を外して・・・。

057


「先生・生徒コント」の設定を逆にしてみました。

刺激的な舞台を終えて最後は芸人5人で三本締めで100回公演を無事に終える事が出来ました。

舞台の後、鶴雅ウイングスの大忘年会が開催されまして、我々5人もご招待頂きました。

042

それぞれの部署が団結してこの日の為に出し物を用意し披露してひと時を楽しみました。

どの部署もプロさながらの出し物で感動してしまいました。

Img_20121220_230747437

我々芸人も舞台から皆様にご挨拶させて頂きました。

033

「本日は無礼講!」と言う訳で、北脇も調子に乗ってスパークリングワインを一本飲み干してしまいました。

もう滅茶苦茶おいしかったです!(お蔭で完全に出来上がってしまいました・・・。)

022

「えっ!北脇が二人・・・。」ではなく、鶴雅ウイングスの関連企業のスタッフさんですが、北脇と激似!

ハッキリ言って北脇の実の兄貴よりも似ています。(ご本人も‘弟です。’との事)

いつか是非ともコントで共演してみたいですね~。

029

もう我を忘れて皆様方と記念写真を撮りまくった北脇。

044

一緒に「ヨロシク~ネッ!」ポーズも!

045

皆さん楽しさいっぱいですね~。

050

館内や社食で仲良くなったスタッフの皆さんとも今夜でお別れ・・・。

沢山の思い出を本当に有難う~!。

048

社員の忘年会とは思えぬほど凄い予算がかけられていた鶴雅ウイングス。

最高のサービスと最高の料理、そして最高の人たちが居てくれたからこそ我々芸人も芸に専念して舞台に立たせて頂く事が出来ました。

本当に有難うございました!

こうして50日余りの阿寒湖生活も最後の夜となりました。

当然お約束であります・・・。

056

部屋でホープ師匠と‘祝アイス’を楽しみました。

最後まで北脇を見捨てず面倒を見て下さいましたホープ師匠。

東京へ帰りましても「ヨロシク~ネッ!」

今夜はぐっすりと眠らせて頂きますよ~っ!!


























2012年12月20日 (木)

感傷に浸る間もなく大爆笑・・・!?

001


雪景色の阿寒湖畔。

釧路に来なければ大自然の神秘や美しさを知ることもありませんでした。

002

そして連日、最高気温が零下である阿寒湖ですから、よく見ますと岸辺には薄氷が張っていました。

これがあと1ヶ月もすると本格的に氷が張って割れないほどの厚さになってしまうのですから北海道の冬は本当に凄いですね。

003

曇ったガラスから風景を見て感動しているホープ師匠とマギー隆司さん。

「我々が来た頃はコートもセーターも要らなかったのに今は寒くて外へも出られないね・・・。」と10月30日頃を振り返っていました。

この風景ももう2日で見納めであります。

寂しいものですね~。

そして!

008

一緒に散歩して北脇の運動不足を解消してくれた「まじめ」君。

明日1日も滞在していますが、タップリ散歩出来るか分かりません。

今日が最後の散歩なのかも知れないと思うとやはり寂しいですよね・・・。

007

そんなまじめ君の飼い主であります「中川ゆうこ」さん。

手にはご自身が丹精込めて作られたアイヌ装束の鉢巻であります。

これは自分自身のお土産として!

010_2

買わせて頂きました。

「寂しくなるね~。明日の昼の舞台、見に行ければいいけど・・・。精一杯頑張ってね!」と励まして下さいました。

明日の最後の舞台はこの鉢巻をして出ましょうかね~。

格闘家のコントも気合が入りそうであります。

そうして、阿寒湖の風景やお世話になった方々と触れ合いながら感傷に浸っていたかったのですが、やはり笑いの神様は凄いものを見せて下さいました。

011_2

これは今日の「大喜利」の場面。

実はこの並びはいつもと違っていまして、普段は茶がまさん、隆司さん、北脇、三象さん、ホープ師匠。でありますが、最後の舞台まで近い事もあり並びを変えてみました。

013_2

注目は三象さん。

本日も軽快に笑いを取ってらっしゃいましたが、スッと立ち上がろうとした瞬間・・・。

016_2

バランスを崩して・・・。

015_2

舞台から落ちてしまいました。

勿論、ウケ狙いではなく本当に落ちてしまったので我々一同大爆笑!

普通は心配してパニックになりそうなものですが、芸人としては最高にオイシイ瞬間でありました。

012_2

「これがホンマの‘落伍’モン!」と何事も無かったようにオチをおっしゃっていましたが、厳しく過酷な舞台、緊張をとぎらせず神経を張りつめ続けた日々もあと1日で終わり・・・。

部屋で今日の舞台の映像を見ながら笑い転げつつも、やはり寂しさを感じてしまいました。

さぁ!明日の舞台は悔いの残らないように精一杯ぶつかって行かないとですね。

頑張りますよ~っ!!

2012年12月19日 (水)

これが最後の楽屋酒・・・。

002


満面の笑みで集合写真。

50日・100回公演も残すところ4回となり、我々芸人と舞台を全面的に協力して盛り上げて下さった総務部の方々と楽屋酒を楽しみました。(遅れてパティシエのNさんも参加してくれました。)

ホープ師匠はじめ、先輩方も50日間休みなしで舞台を続けた事はこれまでの芸人生活の中では経験した事がなく、大変な修行と試練だったようです。

何も知らない全く別の世界から参加した北脇ですから、ある意味「怖さ知らず」で滑ろうがシラケようがお構いなしで突き進んできたので、この試練を試練と思わなかったのだと思います。

実際、ホープ師匠も「中途半端に笑いを知ってる芸人ならノイローゼになっていたと思う。よく耐えたな・・・。」と北脇に言って下さいましたが、北脇からすれば「素人の北脇と一緒に舞台に立って下さった皆様がよくご辛抱下さいました。」と思えました。

まさに相撲の5人制の団体戦で相撲未経験者が交って試合に出ているようなものであります。(分かりやすい例えでしょうか・・・。)

とにかく泣いても笑っても舞台はあと4回しか出来ない訳であります。

いや!まだ4回も残っているのです。

師匠方はともかく、北脇が気を抜いて安心するにはまだまだ早すぎる!

気持ちよく楽屋酒を楽しみながらも、残り2日で納得の行く舞台に近づけるようにメラメラと野心を燃やしていた北脇でした。

さぁ!明日もやりますよ~っ!!

2012年12月18日 (火)

北脇、ぼちぼち東京へ帰りじたく・・・!?

002


毎朝の日課になっているホープ師匠とマギー隆司さん、北脇のモーニングコーヒー。(お店の雰囲気もコーヒーの味も最高!そしてマスターもママもいい方なんです。)

そんな我々のテーブルに女性が一人。

その女性は!

001

ホテルのお土産物屋さんで働いているスタッフMさんであります。

昨夜の舞台を見に来て下さり、その上に差し入れのお菓子まで持ってきて下さいました。

「凄い面白かったです!」とMさん。

我々男3人もデレデレしながらコーヒーと会話を楽しみましたよ!

「お土産買いに来て下さい!待ってます!!」と嬉しい言葉。

昼の舞台が終わったら買に行く約束をしました。

010

ちなみに昼の舞台は「格闘家・師範」コントでしたが、師匠と正座をしてお客様と世間話をしながら徐々にテンションを上げて舞台をつとめさせて頂きました。

昨夜のコントは師匠も大絶賛で「久し振りにコントをやった!って気がした。昔のピースを思い出したよ・・・。」とおっしゃっていたのに「昨夜のコントは美しい思い出として残しておこう・・・。」と何とも師匠らしい言葉で北脇を説得しました。(同じネタで滑って傷つきたくないですからねぇ・・・。)

無事に舞台を終えて日課であります「散歩」に出た北脇。

004

北脇の姿を見ると雪を投げて逃げる小学生。

005

追いかけようにも普通の革靴では雪道は走るどころか歩くことも困難。(師匠から長靴を借りれば良かったですよ・・・。)

009

「ゆーとぴあのおじさん、さよなら~っ!」と雪を投げて一目散に逃げる少年たち。

あともう3日でこの子達とも遊べなくなるのかと思うと寂しさがこみ上げてきました。

014

そんな寂しさも社食のご馳走の前にはすっかり忘れてしまい、美味しい料理の数々を堪能しました。

015

ちなみに社食のテレビにはNHKの「家族に乾杯」の再放送が出ていました。

真剣な表情で見ている隆司さん。

それもその筈で、この日は北脇の地元「石川県羽咋市」が特集されていました。

「相撲が盛んなんだね。俺も仕事で石川能登には何度も行ったから懐かしいね~。」としみじみ・・・。

丁度、先週の放送で「唐戸山相撲」が取り上げられて北脇の名前が一瞬テレビに出た時、沢山の方々から北脇の元にメールや電話が届きました。

やはりNHKの力は凄いですね~。

016

食事を終えてお土産物屋さんに行きましたら既にMさんが待ってくれていました。

Mさんの手の先には!

017

阿寒湖のマスコットキャラ「まりもっこり」の携帯ストラップがズラリ!

当然、大量に買い占めましたよ~。

更に!

019

北海道が生んだ大横綱「大鵬」の煎餅が・・・。

もちろん迷うことなく買いました~。

020_2

その他にも手当たり次第にお菓子やお酒を買ってレジへ!

022

「沢山のお買い上げ有難うございます!」と美女二人に言われてメロメロの北脇。

かなりの金額ではありましたが、社員割引を適用して下さいました。

嬉しいですね~。

021

目じりを下げて鼻の下を伸ばす北脇・・・。

東京へは帰りたいですけど、やっぱり阿寒湖の鶴雅ウイングスはサービスも全て最高!

う~ん・・・。やっぱりもう少し残りたい気持ちにもなってきましたよ~。

東京へ戻ったら‘逆ホームシック’になるかもですね・・・。






































2012年12月17日 (月)

ギターを外した「ゆーとぴあキタワキ」・・・!?

009


北脇、今日もテレビの前で舞台映像を見て、ひとり反省会をしていますが、本日は挫折と歓喜の一日でありました。

日曜日という事もあって学校もお休み。

昼の舞台は何と!

010

北脇と雪遊びをして仲良しになっている阿寒湖小学校のお友達がご家族や親せきの皆様方と見に来てくれました。

北脇を発見して舞台前、遊んだりお話をしたり楽しんだのですが、いざ本番の舞台は空回り・・・。

いいところを見せようとして意識し過ぎたのか、得意の格闘家コントも不発で終わってしまいました・・・。(歌も全くノリが出ませんでした。)

そんな北脇にホープ師匠「夜はギターと歌は無し。コントに専念しろ!武器がかえって邪魔をしているのかも知れない・・・。」と言って頭から北脇一人で登場し、ひとり芝居を数分しました。

007

しかも北脇が苦手にしている「先生・生徒」コント。

もう破れかぶれでコントに専念したのが良かったのでしょうか、これまでに無い笑いが次々におきました。

当然テクニックやアドリブはありませんが、師匠の絶妙なタイミングでのツッコみが北脇の粗いコントを新鮮にさせて下さいました。

舞台の後「今日が一番良かった。ギターが無い方が生き生きして面白いじゃないか!これでいいんだ!!」と師匠に言われてしまいました。

これまでコントに専念しているつもりが心の中では「俺はミュージシャン!笑いが取れなくても曲で理解してもらえばいい・・・。」と思い込んでいたのでしょう。

ホープ師匠はいつも「向いているか向いていないかは自分で決めつけない事。相手が決める事だ!」とおっしゃいます。

そしていつも新しい事に挑戦させて下さいます。

この先、北脇がどの方向に進んで行くのか分かりませんが、コントの天才ホープ師匠が褒めて下さったと言う事は北脇に新たな道が拓かれたのではないかと勝手に思ってしまいました。(明日はまた挫折するんでしょうけど・・・。)

とにかく今夜は一人で祝杯!と洒落込んで!(死語ですね・・・。)

001

先日、差し入れで頂いた「グレープフルーツ」の皮を剥いて焼酎の湯割りで酔いしれたいと思います。

002

う~ん、贅沢ですねぇ~!

004

さぁ、舞台も残り4日。

頑張らないとですね~っ!!













2012年12月16日 (日)

北脇「ひとりコント」「即興ソング」「漫才」に挑戦・・・!?

008


テレビの前でニンマリする北脇。

本日の昼と夜の舞台の映像を見て一人で反省会をしているのですが、決して後ろ向きで絶望的な反省会ではなく、非常に価値のある反省会であります。

実は本日の昼の舞台はお客様が0人でありました。

本来ならば落ち込んで舞台自体中止するか、あるいは雑な舞台で済ましてしまってもおかしくはないのですが、ホープ師匠「今日は一人でコントをしろ!俺が隣にいてお客さんも満員のつもりで真剣に舞台をつとめてみろ!」と言われまして・・・。

006

一人で「ヨロシク~ネッ!」をして学生コントをしました。

素に戻ったり、悪フザケで軽い笑いは禁物。

何しろ客席にはホープ師匠はじめ、先輩芸人の皆様方が目を光らせて審査員のように北脇を見ているのですから。

ホープちゃんライブでお馴染みの「モロ師岡」さんが「ひとりコント」を披露されますが、あの芸を見たときの衝撃と感動は今でも脳裏に焼き付いております。

北脇自身‘モロ師岡になったつもり!’で舞台を動き回って声を荒げました。(お蔭で‘舌を噛んで’口の中が血まみれになってしまいました・・・。)

異常な精神状態でありましたし、クスリとも笑わない師匠方ですから、このまま舞台を終えたくないと思いまして「即興ソングを作って歌います!お題を3つ下さ~いっ!!」と言って即興落語のように歌を作りました。

出来栄えはともかく、真剣な北脇の姿に茶がまさんも「あの言葉をオチに使えばまとまる。」とか「前半静かに後半盛り上がるようにすれば面白い!」などと落語家目線でアドバイスを下さいました。(ちなみにお題は、美女・温泉・ウン○、雪国・南国・北○鮮、桂三象・サントリー角瓶・踊り、などなど接点があるようなないようなワードばかりでした・・・。)

こうして北脇の独り舞台が終わった後は全員で大喜利をやりましたが、お客様が居ない事をいいことに、超~っ過激な「あいうえお作文」をして盛り上がりました。(内容はとても言えません・・・。)

お客様が0人だとしても転んでもタタでは起きない我々芸人達!

大変貴重な舞台でありました。

ちなみに・・・。

002

本日、土曜日は社員食堂は「カレー曜日」

このカレーが絶品で我々も毎週待ち焦がれているのですが、このカレーを食べられるのも今日で最後・・・。(来週は東京に帰っていますからねぇ~。)

血まみれの口にカレーがしみながらも味わってたべましたよ!

010

昼間とは打って変わって夜は予想を上回るお客様がご来場下さいました。

しかも宴会の後で、出来上がったお客さま方は超ご機嫌。

マジックや落語にあちこちから掛け声を入れられて非常にやりにくそうでありました。(オチやネタを先にばらされたりしますからね・・・。)

そこでホープ師匠「コントでなく前半は漫才のような会話でお客に入る隙を与えない。俺の言葉に乗っかって‘いや~凄いですね~’とか‘本当ですよ~’合いの手を入れながら進める。いつものライブと一緒だ!」と言われて、急遽漫才をやりました。

師匠の指示通りやりますと、これが非常に面白くて、後で映像を見ましたが自分で見ても笑えてしまいました。

やはりホープ師匠の長年のカンと芸は凄いと実感しました。

こうして無事に舞台を終えた新生ゆーとぴあは!

005

祝杯ならぬ‘祝アイス’で一日を終えました。

003

残り5日!嬉しいような寂しいような気もしますが、本日は北脇にとりまして非常に貴重な舞台でありました。

何でも新しい事を挑戦させて下さるホープ師匠。

やはり相当面白いですよね~。










2012年12月15日 (土)

残り6日!恵子パワー、カニパワー注入~っ!!

013


笑顔で皆さんポーズ!

本日、鶴雅ウイングスに東京からはるばる歌手で歯科衛生士の「石川恵子」先生が来て下さいました。(ホープちゃんライブでもすっかりお馴染みでありますね!)

もともとが北海道ご出身で年間に何度もコンサートやイベントで北海道に来てらっしゃる恵子先生ですが、阿寒湖へは小学校の遠足以来ずっと来てらっしゃらなかったそうです。

そして恵子先生のお隣の男性二人は北海道新得町の観光課の方で、恵子先生が釧路に来るタイミングに合わせて訪ねてきて下さいました。(新得町名産の極上‘こんぶ焼酎’を大量に差し入れして下さいました。本当に有難うございます!!)

001

早速、昼の部の舞台を見て頂きましたよ!

マギー隆司さんのマジックに拍手喝采!!

002

昼の舞台を終えて師匠がアイヌコタンをガイドしました。

更に!

003

阿寒湖畔の雪景色も堪能して頂きました!(パティシエのNさんも犬のまじめ君も一緒であります。)

夜の舞台の後は当然、恵子先生の大歓迎会!

008

本日は「カニ鍋」です。

カニのエキスたっぷりのスープとギッシリ身の詰まったカニ足は極上でありました。

そんなカニ鍋を仕切ってくれたのが・・・。

006

パティシエのNさん。

手際よくカニを鍋に入れて調理する様はなかなかのものでしたよ!

007

鍋奉行のMさん(舞台音響担当)も見とれていました。

見とれたと言えば!

011

恵子先生のテーブルマジックであります。

ご自身のコンサートなどでも披露されるそうで、隆司さんの目の前でも堂々とマジックをしてらっしゃいました。

012

「凄いね~。何でも出来るんだね~。」と師匠も感心しきりでした。

感心しきりと言えば!

010

このカニの大きさであります。

小顔の女性ならスッポリと隠れてしまう程の大きさ。

カニ味噌もギッシリ詰まっていてコクがあって最高でした。

もう贅沢三昧でありますよ~。

009

先日は焼肉パワーで舞台を大暴れした北脇。

明日はカニパワーで更に大暴れしたいですね~。

恵子先生にもパワーを注入して頂いてもう鬼に金棒!

さぁ!あと6日、頑張りますよ~っ!!

























2012年12月14日 (金)

舞台より大汗!北脇、子供と犬に大奮闘・・・!?

このところの大雪や吹雪で昼間もホテルから出る事のなかった北脇。

久々の晴れ間、散歩がてらアイヌコタンへ行きますと・・・。

003_3


「あっ!ゆーとぴあだ!!ヨロシク~ネッ!!」とそれぞれにポーズを決める阿寒湖小学校のお友達。(どの子供達も北脇を‘ゆーとぴあ’だと思っているようであります・・・。)

先日、舞台を見に来てくれた際、子供たちに「ゆーとぴあCD」をプレゼントしたのですが(4~5年前に劇場版トリックにゆーとぴあが出演された時にリリースしたCDです。今や幻のCDとなっております・・・。)その楽曲が子供達の間で流行っているようで、北脇の前で大合唱してくれました。

「あのね~、さっき校長先生が僕のお店の漫画を返しにきたよ!」と喫茶ポロンノの少年が北脇に報告しました。(一番右の男の子)

ちなみに‘校長先生’とはホープ師匠の事で、コントの中で校長先生を演じて以来、子供たちの間では校長先生と呼ばれているようです。(それなのに北脇は‘生徒’ではなく‘ゆーとぴあ’と言われているんですよね~。)

006

とにかく北脇を発見すると雪を投げたり棒で叩いてきたり(コントで北脇が竹刀で叩かれていたからでしょうね・・・。)3~4人の子供が束になってかかってくると逃げるのに必死であります。

もう舞台よりも疲れてしまいました・・・。

そして更に・・・。

008

ホープ師匠の行方が分からないので警察犬のように‘まじめ’君を散歩と称して辺りを探してもらいましたが、走るのが早くてついて行くのに必死でありました。

しかし、昨夜の焼肉パワーが効いているのかスタミナ充分でけっこうな距離を走ってもくたびれる事はありませんでした。

やはり焼肉は凄いですね~。

010

結局、ホープ師匠は発見出来ず辺りは暗くなってきました。

子供達も家に帰って我々も飼い主のゆうこママの元へ帰りました。

012

散歩をしてお腹が減ったまじめ君におやつを与えるゆうこママ。

微笑ましいシーンですね!

と思った矢先・・・。

013_3

近所の子犬が遊びに来て大変な賑わいになりました。

ここでも犬と遊んだ北脇は汗びっしょりでクタクタになりました。

この日は舞台よりも子供達と犬達相手に汗を流した北脇。

そんな時、師匠から電話が来て向かった先は・・・。

014_2

社員食堂でした。

パティシエのNさんを連れて近所の散髪屋さんに行っていたホープ師匠。

タップリとご飯を食べて夜の舞台は師匠と一緒に激しく動き回ってお客様にコントを披露しました。

まさに校長先生は絶‘好調’でありましたよ~!(ダジャレで申し訳ありませんでした・・・。)



2012年12月13日 (木)

焼肉さま様!焼肉パワー注入~っ!!

004


金網の上には乗りきらないほどの肉・ニク・にく・・・。

昨夜のブログではご紹介できませんでしたが、夜の舞台を終えて我々芸人は焼肉のご招待を受けました。

勿論、焼肉だけでなく!

001

北海道名産の「こんぶ焼酎」

師匠も超~っご機嫌であります!

003

和気藹々とした雰囲気で本日の疲れを癒しました。

005

もう黒焦げ寸前・・・。

皆さんが話に盛り上がっている時、北脇はひたすら肉を食べ続けました。(もう3年分ぐらいの肉を食い溜めした感じであります・・・。)

006

北脇が肉を食べつくした頃、皆さんは締めのラーメンや雑炊を楽しんでしました。

北脇も食べたかったのですが、もう胃袋が破裂しそうなぐらい飲んで食べましたので受け付けませんでしたよ・・・。

007

北海道へ来て2.5キロ太ってから食事を制限していましいたが、この日は大食い選手権のように腹に押し込みました。

この雑炊、空腹の時に味わって食べたかったですよ・・・。(ひと口食べましたが最高に美味かったです。)

008

そんな栄養満点の焼肉、こんぶ焼酎を食べて飲んでパワーを注入しました。

ちなみに、翌日13日の昼の舞台は思いっきり動き回りましたよ~。

残り7日間の舞台も頑張りますよ~っ!!





あと一週間!本日は焼肉大宴会〜っ!!

日本列島を様々なニュースが飛び交っている中にありましても、我々は昼、夜の舞台をつとめさせて頂きました。
さぁ!今日のブログを書こうと思った矢先、またしてもネットの状況が悪く残念ながら本日のブログはまた様子を見てアップさせて頂きます。
ちなみに今日は豪華焼肉をご馳走になりました。
明日の舞台は力が漲っている事でしょうね〜。

2012年12月11日 (火)

レモン、オレンジの次はグレープフルーツ・・・!?

034

レモンと湯呑を持って満面の笑みを浮かべる北脇。

そしてテーブルの上には焼酎の瓶・・・。

毎晩、風呂上がりの楽しみが「レモン入り焼酎の湯割り」になってしまいました。

東京にいた頃は人前は勿論、家でも酒を飲まなかった北脇でしたが、北海道へ来て以来ほどほどに酒を飲んで一日の疲れを癒しています。(師匠や周囲からは‘アル中’になったんじゃないのか?’と言われていますがそんなことはございません!)

何故、毎晩レモン入り焼酎を飲むようになったのかと言いますと、毎日舞台でレモンを使うからなのであります・・・。

030

この右側のレモンをよく見ると大きな傷が付いています。

これはホープ師匠が北脇目がけて投げたレモンをフォークの先で刺して受ける。というコントでこのような傷が付いた訳であります。(丁度、加トちゃん・志村のヒゲダンスのような感じを思い描いて下さい。)

こうしてコントで使われたレモンは感謝と供養の意味を込めて毎晩北脇が責任を持って頂いているのです。(別に焼酎に入れなくてもそのまま飲めば良い気もしますが・・・。)

ちなみに昨日は大雪の影響でレモンが入荷せず急遽・・・。

016

オレンジを使ってフォーク刺しをしましたら面白い程に刺さりまして北脇も嬉しくなりました。

先輩芸人の皆様方は「リンゴやジャガイモでも試してみたら?」と冗談を言っていましたが、いろいろやってみたいと思ってしまいました。(勿論、刺した後のオレンジはキチンと食べましたよ!)

そして、本日の夜の舞台前・・・。

025_2

ホープ師匠のお部屋に行きましたらテーブルに大きなグレープフルーツが3つありました。

「舞台責任者のAさんが‘栄養付けて下さい!’ってわざわざ届けてくれたんだ。後でお礼言っておけよ!」と言って・・・。

033

北脇に一つくれました。

今晩あたり、リッチに「焼酎グレープフルーツ割り」と行きたいところですが、これは明日の舞台で使う可能性もありますので、我慢して取っておいた方が良さそうですね~。

と、言う訳で!

031

今日もレモン入り焼酎を楽しみたいと思います!(湯呑の中には絞ったレモン汁が入っています。)



















レオナルド熊師匠に捧ぐ「新生ゆーとぴあ」コント!!

004


日本列島、大寒波に襲われ雪による被害がニュースでも取り上げられておりますが、ご覧のように北海道釧路市も12月には珍しい程の大雪で住民の皆さんも朝から雪よけに追われていました。

013

当然、学校も臨時休校。

阿寒湖小学校のお友達も雪よけを手伝いながら思わぬお休みに大はしゃぎ!

朝から元気いっぱいでした。

元気いっぱいと言えば・・・。

012_2

この少年!

阿寒湖小学校4年生の野球大好き少年D君。

ホープ師匠、隆司さん、北脇が毎朝モーニングコーヒーを飲む「エルム」のお店のご子息です。

昨日、昼の部の舞台で北脇の人間ブリッジに乗ったり、ゴムパッチンの死闘をしたりコントを盛り上げてくれました。

野球少年ですからコントロールも良くて、北脇が口にくわえたフォーク目がけて投げたレモンも見事に刺さりましたよ!

そんなD君「写真は勘弁して!」と目を隠す辺りは子役芸人のようです。(将来は日ハムに入りたいそうですけど、我々芸人と遊んでいると悪影響になるかも知れませんねぇ・・・。)

と、冗談はこのぐらいにして、実際に大雪は深刻な問題でありまして!

015_2

警備員や除雪車がフル稼働しなければいけないほど交通機関に甚大な被害をもたらしていました。

道路は閉鎖され、車も通行が困難になり、ホテルへの物資の運搬も遅れ、更に宿泊客も定時にチェックイン出来ない程でありました。

そんな被害は我々芸人までもを襲い・・・。

017_2

昼の舞台は何と・・・。

018_2

お客様0人でした。

これまでは途中からお客様が訪れたり、ホテルのスタッフが数人見に来て下さったりして0人と言う事はありませんでしたが、39日目の舞台にして初めて0人を経験してしまいましいた。

しかし、目の前にはお客様が大勢いらっやるという気持ちで全員舞台に立ち芸をさせて頂きました。

019_2

お客さんが居ないのに真剣に‘客いじり’をする三象さんの芸を見て感動しているホープ師匠。

ホープ師匠はいつも「一人のお客様にも百人のお客様の気持ちでテンションを上げて堂々と舞台に立て!」とおっしゃっています。

それは他の芸人さん達も同じ気持ちで、0人の舞台も真剣に芸をさせて頂きました。

当然、我々新生ゆーとぴあも!

023_2

心を込めて全身全霊で舞台をつとめさせて頂きました。

空席にはホープ師匠がお世話になった「レオナルド熊」師匠、「ポール牧」師匠、「東京ぼん太」師匠、「三波伸介」師匠、などなどお亡くなりになられた喜劇人の皆様方が見て下さっていると言う気持ちで歌とコントをさせて頂きました。

実は、12月11日はレオナルド熊師匠の命日でありましたので、大雪によって舞台で思わぬ供養が出来たと思っております。

そして、ホープ師匠曰く「熊師匠に出会う前に本当は三波伸介師匠の弟子になるかも知れなかった。でも俺は変わっていたんだろうな~。売れっ子の三波さんじゃなくヨゴレと言われた熊師匠へ行っちゃったんだよ・・・。でも熊師匠が居なければ今の俺は無かったよ・・・。」との事。

そんな初代三波伸介師匠も12月8日が命日でらっしゃいます。

この日の昼の舞台は非常に意味のある素晴らしい舞台でありました。

そして夜の部は通常通り大勢のお客様が見に来て下さいまして、心地よい疲れの内に師匠と風呂へ行きました。

025

そして風呂上りに3本の缶ビール。(冷蔵庫代わりに雪で冷やしたビールであります。)

026

ホープ師匠、北脇、そして勿論「レオナルド熊」師匠のビールであります。

普段は部屋で酒を飲まないホープ師匠ですが、39日間無事に舞台に立つ事が出来、そして我々を見守って下さった熊師匠に感謝の気持ちを込めて献杯しました。

残り10日、20回の舞台も無事に終える事が出来ます様、レオナルド熊師匠はじめ多くの喜劇人の皆様方、どうか見守っていて下さい!

本当にこれまで有難うございました!!

2012年12月10日 (月)

第二の刺客、釧路を去る・・・!?

018


釧路駅前行きのバスに乗って手を振るのはホープ師匠のお弟子さんで北脇の先輩芸人「ひろ」さんであります。

2泊3日の滞在でしたが、舞台をサポートして下さったり(サクラの芸は天下一品でした。)一緒に社食で飯を食べたり、酒を飲んだり、普段は東京でもなかなかお会いすることもなかった方だけに非常に新鮮な時間でありました。

そして何より、北脇の芸を客観的に見ていろいろアドバイスをして下さいました。

「あそこはウケているんでもっと真剣に真面目な顔をすれば師匠がツッコみやすくなりますよ!」とか的確で具体的な意見なので非常に勉強になりました。

その効果が出たのか夜の部では「ああやって真剣にやればお客は騙されるんだ!芸人が客に乗せられちゃいけない。今日の舞台は完全に客を引き付けていたから少しぐらい間を外しても大丈夫だ!少しコントが分かってきたな。」と師匠に褒められてしまいました。

ひろさんには本当に感謝しております!(しかし一回ぐらい良くても明日はウケるという保証はありませんが・・・。)

そんなひろさんに感謝の意を込めまして!

010

お土産の買い物の荷物持ちをさせて頂きました。

ひろさんが気に入ったのは・・・。

012

猫のぬいぐるみであります。

実はこのぬいぐるみは手で触れると「笑い袋」のように笑い声を発しながら転がりまわります。

ネタが受けず、お客さんから笑いが起きない時には舞台袖にでも置いておきたいアイテムであります。

そんな可愛らしい猫ぬいぐるみの他に・・・。

013

お菓子や酒のつまみを探すひろさん。

真剣な表情であります。

014

「青木兄さんは何を買いましたか?」と先日来て下さった兄弟子の青木さんのお土産と被らないお土産を物色しています。

015

見た目も綺麗な「まりもようかん」や・・・。

016

「あかん」と書かれた箱の‘まりもようかん’を大量に買ってらっしゃいました。(まりもようかんばっかりですね・・・。)

017

大量のお土産と、そして大量の土産話を持って東京へ帰ったひろさんでありますが・・・。

020

大寒波に襲われた北海道はご覧のように大雪であります。

飛行機が無事に飛び立つか非常に心配でありましたが、何とか東京へ到着されたようであります。

飛ばなくてまた阿寒湖に戻って来ればネタとしては最高なのでありますが(実際、ホープ師匠も先輩方も‘東京帰らずに阿寒湖で生活すればいいじゃないか!’と笑えないギャグを言っていました。)忙しい合間を縫って訪ねてきて下さって本当に嬉しかったです。

ひろさんが来なければ未だに痛々しい舞台で苦しみぬいていた北脇だった事でしょう・・・。

本当に有難うございました!!





















2012年12月 9日 (日)

食べて飲むのも芸のうち・・・!?

001


社員食堂で黙々と食事をしているのは・・・。

002

昨日から釧路に来たホープ師匠のお弟子さんで北脇の先輩芸人「ひろ」さんであります。

腹いっぱい飯が食べられる事が幸せ!とおっしゃるひろさんでありますから、社食でお替りして飯が食べられて喜びを感じてらっしゃいました。

004

食べる量もさることながら、食べるスピードも半端じゃありません。

右手には箸、左手にはスプーンを持って手際よくカレーライスとおかずを食べてらっしゃいました。

とにかく見ていても気持ちの良いぐらいの堂々たる食べっぷりでありました。

昼、夜と舞台でサクラを演じられたひろさん。。

笑いを巻き起こして大満足のうちに芸人全員で飲み会を開きました。

005

ホープ師匠の隣で楽しげに飲んでいるひろさん。

見ていても嬉しくなってしまいました。

006

超~っ豪華な刺身の船盛りを目の前に皆さんで芸について語り合いました。

007_2

こうして師匠や茶がまさんからオモチャにされてもこの笑顔!

飲み会を盛り上げて下さいました。

008_2

「腹減っただろ?腹いっぱい食え!」と師匠自ら弟子であるひろさんにお茶漬けを作って持ってきて下さいました。

「これがブログに出ていたお茶漬けですね!感激です!!」と北脇のブログを常にチェックしてらっしゃるひろさん。

お替りして食べてらっしゃいましたよ。

010

「しかし君は僕に似てるね~。他人とは思えへん!」と桂三象さん。

波乱万丈で頑固な性格、オモチャになるキャラクターなど我々から見てもお二人は非常に似通っています。

この後、飲み会がお開きになってもサシでとことん飲んでらっしゃいました。

食べて飲めるのは立派な芸だと教えられました。

先輩方!本日も有難うございました!!












2012年12月 8日 (土)

ホープ一門、第二の刺客現る・・・!?

阿寒湖での舞台も36日を終え、いよいよ残り2週間となった時に、ホープ一門の新たなる刺客が東京からはるばるやってまいりました。

その人物は・・・。

014


芸人の「ひろ」さんであります。

ホープ師匠に弟子入りして16年半。様々な修羅場をくぐってこられました。

先日、応援に来て下さいましたコント青年団「青木イサム」さんの弟弟子で、北脇にとりましても先輩にあたります。

今回、ホープ一門の第二の刺客として鶴雅寄席のお客様を楽しませ、喜んで頂く為に単身自ら名乗り出てわざわざ来て下さいました。

そんなひろさんには釧路到着早々・・・。

003

舞台のサクラとして席に座って頂きました。

あいにくこの日の昼の舞台はお客様がゼロで、我々もいま一つ力が湧いて来ませんでしたが、開演してすぐに数人お客様が来て下さいました。

001

ひろさんの凄い所は、完全に気配を消して、お客になりきってしまう能力がある事であります。

この日はゴムパッチンで舞台に上げられて北脇と激しいゴムパッチン合戦を繰り広げましたが、エキサイトしすぎて本当に唇を切って流血してらっしゃいました。

その姿にお客様も大爆笑。

夜の部でもサクラになって大活躍してらっしゃいました。

やはりホープ一門は体を張っていますね・・・。

昼の舞台が終わり、ひろさんに阿寒湖散策して頂く為にガイドをしました。

005

師匠と一緒に犬と戯れるひろさん。

楽しそうであります。

そして!

012

阿寒湖畔で師弟同士仲良く記念写真。

006

一方、北脇はと言いますと、阿寒湖小学校の児童に発見されて、またしても雪玉を思いっきり投げつけられました。

007_2

身の危険を感じてお土産物屋さんに逃げ込んでも追いかけまわされる北脇。

もう完全に子供たちのオモチャになってしまってますね・・・。

016_3

そして夜の舞台を無事に終えて居酒屋でひろさんの歓迎会。

飲んで騒いで盛り上がりました。

明日の舞台もひろさんには大いに盛り上げて頂きたいと思っております。

明日もどうか宜しくお願いします!!

2012年12月 7日 (金)

阿寒湖も芸も猛吹雪・・・!?



003


ご覧の通りの大雪。

テレビのニュースなどでも北海道や日本海側の地域は大寒波に襲われております。

そんな中、よせばいいのに大雪の中をぶらり散歩に出た北脇でありました。(ちなみにシャッターを押したのはホープ師匠。当然、散歩には出られずホテルでジッとして舞台に専念されました。)

004

観光客の方々が雪で転倒しないようにお土産物屋さんの店員さんは一斉に雪よけを始めていました。

ちなみに今年は暖冬ですので、雪に湿気が多く例年に無い程の雪の重みで除雪が大変との事でした。

005

阿寒湖小学校の男の子。

いつもはソリ遊びで盛り上がっている坂道もこの日は誰もいませんでした。

こんな小さな男の子もシッカリ雪よけのお手伝いをしていましたよ。

012

「あっ!ゆーとぴあのおじさん、こんにちは!!」と北脇を発見して挨拶してきた阿寒湖小学校の女の子。

「うれし~っ!!」と思った瞬間、手に持っていた雪玉を北脇目がけて投げてきました。(しかも2回も・・・。)

親しみと親近感を寄せてくれての可愛らしいご挨拶に嬉しくなってしまいました。

この女の子も雪よけのお手伝いをしていましたし、ご近所の小学生達は率先して雪よけをしていました。

阿寒湖の子供たちの逞しさと賢さに感激した北脇でした。

009

東京や本州の太平洋側ではなかなか見る事の出来ない除雪機。

北海道の冬は厳しく、大変である事がよく分かりました。

勿論、厳しいのは北海道の冬だけではなく・・・。

001_2

芸の道は更に厳しく険しいという事であります。

冬は4月ぐらいになれば温かい春が来ますが、芸人は一生冬のまま終えてしまう人の方が圧倒的に多い訳であります。

楽屋や大勢の人の前では明るく振舞われるホープ師匠。

そんな時は北脇も殆ど師匠と会話をする事もありませんが(舞台は別ですよ。)二人になるといろいろ芸や人生についてお話をします。

コントや笑いの技術的な事は敢えてここでは書きませんが(北脇のレベルはその域に達してしませんし・・・。)師匠がいつも北脇に言うのは「君はツキを持っているんだ!俺が全盛期の頃は弟子だって誰も直接話も出来なかった・・・。芸も教えなかった・・・。こんな50日の舞台なんて芸能生活でなかなか体験できるものじゃない。ベテランのマジシャンや落語家と同じ舞台に立つ事が出来るって事は強いツキを持っているって事だよ・・・。」と。

そう師匠に言って頂けるだけで目の前の猛吹雪が少し治まって春が来てくれるのではないかと思ってしまいます。

あと2週間。何とか乗り切らなければですね~!














2012年12月 6日 (木)

北脇、ターゲットは熟女・・・!?

010


楽しそうなスリーショット!

ホープ師匠のお隣の女性はアイヌコタンでお土産物屋さんをしている「中川ゆうこ」さん。

いつもホープ師匠が散歩をしている犬の「まじめ」君の飼い主でもあります。

実はゆうこさん、昨夜の舞台を見に来て下さいまして「たかしク~ン頑張れ~っ!!」と何度も大きな声で声援を下さいました。(まるで授業参観か運動会を見に来た母親のようでありましたよ・・・。)

昨夜は大勢のお客様が来て下さった上に、ゆうこさんまで見に来て下さったとあってハリキリ過ぎて失敗も多々ありましたが、元気いっぱいで舞台をつとめさせて頂きました。

そんなゆうこさんに感謝の気持ちを込めまして!

001

今日は師匠に代わり、北脇がまじめ君の散歩をしました。(こうして見ると師匠が飼い主のようですね~。まじめ君もすっかり心を許しています。)

002_3

昨夜からの大雪で除雪してもかなりの積雪でありましたが・・・。

004_2

寒さをこらえて、いざ散歩!

006_3

世間はすっかり選挙ムード。

まじめ君と散歩に出なければチョッとした外の出来事も分からなくなってしまいます。

ひどい時にはホテルから一歩も外へ出ず一日を終えてしまう事もあります。

なにしろ北海道の冬は零下ですからね・・・。

007_2

転倒に注意しながら歩いている北脇に手を振り近づいてくる男性。

その人は洋服屋さん兼ホットケーキ屋「コルアカン」のスタッフさんでした。

これから近所のお風呂へ行く途中で北脇に遭遇。

この一か月あまりで沢山の友達が出来ました。

008_4

ゆうこさんが大切にしているまじめ君をタップリ遊ばせれば少しでも昨夜の声援の恩返しが出来ると思って張り切って散歩した北脇でしたが、気がつけばもう日暮れ・・・。

逆にゆうこさんを心配させてしまいました。

う~ん舞台同様、日常もなかなか上手く行かないものでありますね~。

何とか無事にホテルへ戻り、食事を済ませて夜の舞台へ!

011_3

応援団長のような貫禄のある男性はマジシャンのマギー隆司さん。

夜の舞台は北脇が空手着で格闘家のコントをする事になりましたので、隆司さんに学生服を着てコントに参加して頂きました。

012_2

これには楽屋もバカウケ!

「お前はいくつだ!」「ハイ、18歳ですっ!!」と隆司さんをオモチャにして楽しんでいる茶がまさんとホープ師匠。

あまりの面白さに笑い声が客席に聞こえてしまうのではと思ってしまいました。

013_3

隆司さんのようなキャラクターや喋りで笑いを取る事は出来ない北脇でありますが、この日の昼・夜のコントは師匠がやたらに北脇の股間をネタにお客さんから笑いを取っていました。(まぁ下ネタですね・・・。)

そんな北脇のチンチ○ネタを奇声を発しながら笑って喜んでいたのは中高年の女性のお客様方でありました。

大喜利などでも「こんな安モンのホストみたいな男を甘やかせちゃダメだよ~。」とメンバー一同で北脇をツッコんで笑いを取って下さっています。

舞台が終わってお客様をお見送りしている時、5~6人の中高年女性から「モッコリちゃん、頑張って~!」とか「チンチ○ちゃん、若いから大変ねぇ~。」と言われて赤面してしまった北脇・・・。

後で師匠に「君には中高年女性を引き付ける詐欺師のような不思議な魅力があるんだ!それも芸だから徹底的に磨け!」と言われました。

ゆうこさんといい、今日の中高年女性といい、北脇これからは熟女に可愛がられる男になりましょうかねぇ・・・。(北脇この先、一体どうなってしまうのでしょうか・・・?)

2012年12月 5日 (水)

悩める、ゆーとぴあキタワキ・・・!?

002


真剣な眼差しでテレビを見ている北脇。

映し出されているのは本日の新生ゆーとぴあのコントであります。

実はこのところ、コントを見たお客様から「可哀相~っ!」「ヒド~イ!」「そんなに叩かないで!」と北脇を同情する言葉が殺到しまして、ホープ師匠が意地悪な人に見られて笑いに繋がらない状況が続いておりました。

しかしそれは「学生と先生」コントの場合に限り、「格闘家と師範」のコントは皆さん楽しんで笑って下さっています。

師匠から「学生の時の演技を格闘家の時と同じでテンションを上げて動き回れ!」と言われ、自己分析をする意味でも本日の舞台をビデオ撮影しました。

今まで客観的に見る事の無かった自分の姿を見て一喜一憂しましたが、非常に勉強になりました。

その様子をチョッとご覧ください!

009

幕の前で空手着姿にギターで歌う北脇。

一昔前の‘スポ根ドラマ’のようであります・・・。

011_2

そこへ師範が登場!(こんな師範は実在しませんが、コントですからね・・・。)

012

一見本格的な武道のようにも見えますが(見えませんか・・・?)!

013_3

武道とは殆ど関係ないような修行をさせて北脇を追い込む師範のホープ師匠。

014_3

ストリッパーばりに上着を脱ぐ北脇。(当然、阿寒湖小学校のお友達の前ではやりませんでしたよ・・・。)

015_2

師匠の投げるレモンを口にくわえたフォークで刺す芸。(お陰様で毎日やっていますので殆ど刺さるようになりました。)

全く武道とは関係ない修行を真面目にやるから笑いがおこるのですが、この姿を見て北脇をもうミュージシャンやラジオパーソナリティーとは思わないでしょうね・・・。

016

身体を張って動き回って最後は師匠と「ヨロシク~ネッ」ポーズで終了。

言葉のやりとりや設定が細かくない格闘家コントは少しづづ自信がついてきたものの・・・。

017_3

学生コントになると、こじんまりした芝居になってしまう北脇・・・。

ちなみにこの夜の舞台は過去最高の動員数でありました。

そんな中、学生服姿で歌う北脇。(一昔前の‘青春ドラマ’ですねぇ~。)

001_3


ゆっくりと客席におりて歌いながら全力で会場を走る北脇。

とにかく師匠からは「体を使って思いっきり動け!」と言われていますが、歌いながらギターを弾いて走るのは大変な事であります。

018

北脇が気持ち良~く歌っている背後にホープ師匠が近寄ってきて・・・。

019_4


持っていた出席簿や隠していたスリッパで北脇を思いっきり引っ叩いてツッコむのですが、この日は「可哀相~っコール」も起こることなく大爆笑でありました。

やはり動き回ってパワーが少し出てきていたのでしょうか。とにかく嬉しかったです!

004

今回は反抗的な学生になりきって先生に思いっきりぶつかって行きましたよ!

005_3

ゴムパッチンの恐怖と痛みにも耐えて・・・。

007_3

段ボール箱の中の暑さと暗さにも耐えました!(ちなみに箱に棒を刺しているのはお客様。お客様は手加減をしないので本当に怖いんです・・・。)

008_3

最後はキッチリと「ヨロシク~ネッ!」で決まりました。

映像を見て思った事は、とにかく北脇は下手以前に‘超~っド素人’であると言う事であります。

特にホープ師匠と並んでいますから、北脇の悪さが浮き出て情けなくなりました。

しかし「それが分かっただけ進歩だ!人が何十年かかる事を一年半年でやれる訳ないだろ?でも歌も出来てコントも出来れば最高じゃないか!なぁ?」と師匠から励まして頂きました。

悩めるゆーとぴあキタワキ、明日も映像に撮って研究あるのみです!!

2012年12月 4日 (火)

結成!コント信号機・・・!?


008_2


楽屋で談話しているホープ師匠、マギー隆司さん、桂三象さん。

昼舞台の前の一コマであります。

よく見ると三人のカラフルな衣装、まるで信号機のようであります。

丁度この時も「毎回似たようなネタばかりで飽きてくるね。お客様は一回限りだけど、俺達も何か面白い事をやろうか!」とホープ師匠。

そのアイディア乗りました!と隆司さん、三象さんも意気投合しまして・・・。

009

「コント信号機」を結成しました~!!

ノリノリの隆司さんですが、毎回舞台では出番は一番最初。

黄色い衣装そのままに注意を促しながら巧みにお客さんを掴んでらっしゃいます。

赤い衣装の三象さんは常に安全運転。

アドリブなどは一切ないキッチリと計算された舞台であります。

そして、当然ホープ師匠は赤信号を一切無視してアドリブにつぐアドリブ。

かなりの危険運転で舞台を暴れまわっていますので、三象さんとは真逆であります。

今日は「コント信号機」として舞台には上がりませんでしたが、まだ30回以上の舞台がありますので、一度ぐらい冒険して頂きたいですね~。(ちなみに北脇の衣装は空手着の‘白’か、学生服の‘黒’でありますので、芸同様に非常~に地味であります・・・。)

014

一方、桂茶がまさんですが、このように真剣な表情で歯切れの良い上方落語を披露されました。

ご自身では「落語の出来る役者」と言ってらっしゃいますが、お客様に応じて様々な上方の古典落語を披露しお客さま方を楽しませてらっしゃいます。

そんな茶がまさんの舞台の最中・・・。

012_3

楽屋はこ~んな感じになっております。

昼間はカラフルな衣装でありましたが、夜はやや大人しい感じの衣装であります。

やはり、コント信号機は幻で終わってしまうのでしょうか・・・?

ちなみに赤い着物の三象さんですが、着物の下には・・・。

013_2

ピンクと白の浴衣を着こんでらっしゃいます。

お顔も白塗りでメイクも完璧・・・?でらっしゃいます。(30分かかるそうです。)

この日は得意の「舞踊」を披露されました。

いつかその姿を写真におさめてブログにご紹介したいと思っておりますが、かなり笑えますよ~。

2012年12月 3日 (月)

しょっぱくて甘い釧路の日・・・!?

20121202_145236

舞台の幕前で記念写真!

本日の昼の部を見に来て下さったお客様(5人)と我々芸人とのショットでありますが、初めてお会いしたのに以前から知り合いだったかのように和気藹々とした雰囲気で親睦を深める事が出来ました。

当然、マギー隆司さんのマジック、桂三象さんの落語、桂茶がまさんの南京玉すだれ、の芸に喜んで下さったからでありますが、ホープ師匠と北脇の新生ゆーとぴあの芸も反応を頂きました。

コントの頭で北脇が歌った「般若心経の歌」を聴いた中央のお母様(ホープ師匠のお隣)が「今朝、主人を想って仏壇に般若心経を唱えて家を出てきました。まさかお経の歌を聴けるとは思いませんでした。有難うございました。」と深々とお礼を言って頂きました。

この鶴雅演芸場でコントをさせて頂き、30数日が経ちますが、ホープ師匠は必ず北脇にオープニングの歌を歌わせます。

「般若心経の歌」で笑う人、手を合わせて一緒に唱える人、目を閉じてじっと聴いている人、などなどリアクションは様々でありますが、単なるコミックソングでは無い歌であると最近実感しております。

ホープ師匠の野性的カンに操られる北脇でありますが、本日の5人のお客様の温かさに熱いものがこみ上げてきた北脇でした。

そして、舞台を終えて外を出ますと・・・。

001

可愛い女の子二人組を発見!

「阿寒湖小学校の子でしょ?」と北脇が声をかければ「うん!ゆーとぴあでしょ?」と女の子。

普段着で歩いていても北脇を認識してくれました。(本当に嬉しいですね~。)

そしてカメラを向ければこのように笑顔でピース!

子供から年配の方々まで気軽に声をかけて頂いて、この時も北脇に熱いものがこみ上げてまいりました。

感傷に浸りながら北脇が向かった先は・・・。

002

昨日、舞台を見に来て下さった「コルアカン」のTさん。

お礼を兼ねてホットケーキを食べに行きました。

それにしましてもエプロン姿のTさん、美しいですよね~。

勿論、北脇一人で抜け駆けで行ったわけではありませんよ!

003

茶がまさんと、もう一人・・・。

004

三象さんであります。(何かお婆さんのようですよね・・・。)

昨晩の舞台でTさんはすっかり三象さんのファンになってしまいました。

やはり捨て身の芸は女心を揺さぶるんですね~。

005

ホットケーキの注文をしながら暫しの談話。

話が弾みました。(三象さんの後ろ姿も強烈ですね・・・。)

ホットケーキが焼けるまでの間!

006

店内の服を見ている茶がまさんと三象さん。

沢山の品数に目移りしてしまいました。

そうしているうちにお待ちかね!

008

ホットケーキが焼きあがりました。

甘くてしょっぱくて非常に美味しかったですよ!

そうしてお店を出て、夜の舞台に臨んだ我々ですが、お陰様で夜はお客様も大勢来て下さいまして、満足のうちに終える事が出来ました。

楽屋に戻りますと・・・。

010

見事なまでのスゥイーツの数々が並べられていました。

贈り主はこの人!

011

パティシエのNさん。

疲れた我々の体を思ってさり気ない優しさを振りまいて下さいます。(このチーズケーキ、絶品でありましたよ!)

009

釧路に来て舞台を重ねて人の優しさや温かさを知った北脇。

今日も素晴らしい一日でありました。

皆さん、有難うございました!!































12月も出だし好調!鶴雅演芸場~っ!! その2

インターネットの接続が上手くゆかず、昨晩はブログ更新出来ませんでしたが、本日は昨晩の分も合わせてお宝写真をご覧ください!(と、言いましても飲み会の様子ですけど・・・。)

018


舞台の上で奇妙なポーズを取る北脇ですが、このズボンを指さす女性は!

020

阿寒湖温泉で「衣料品兼ホットケーキ屋」の代表をしているTさん(左の女性)。

北脇が舞台で穿いているズボンはその「コルアカン」で購入しました。

美女二人に挟まれて北脇も超~っご機嫌でありますが、嬉しさのあまりポーズがグズグズになっています・・・。(ちなみに右の女性はホテルのスタッフIさん。Tさんとは親友でらっしゃいます。)

025

そんな美女お二人が険しい表情で口元に持ってきている食べ物は・・・。

024

阿寒湖では有名なお寿司「まりもの涙」であります。

ちなみにこの寿司ネタは‘わさび漬けのトビッコ’で相当な辛さ。

涙が溢れる程の寿司だから「まりもの涙」と言うそうです。(色もまりもに似ていますね~!)

その寿司を北脇は2カンも食べてケロリとしていました。(味覚が麻痺しているんでしょうか・・・。皆さんは食べた直後むせていましたけど・・・。)

しかし、その「まりもの涙」よりももっと衝撃でショックを与えたのは・・・。

022

落語家の「桂三象」さんであります。

おどけた表情でご機嫌でらっしゃいますが、膝の先を見ますと・・・。

023

パッチに見事な穴が空いています。

これがたまたま舞台の大喜利で発覚して我々芸人は死ぬほど笑い転げて、前列のお客様は呼吸困難になる程に大爆笑してらっしゃいました。

一見、ビンテージデニムのようなダメージのようにも見えますが(見えませんね・・・。)三象さんはウケ狙いではなく、天然な方でありますから我々芸人泣かせな芸人さんであります。

本当に凄すぎます・・・。

028

こうして12月の初日も無事に終える事が出来ました。

皆様、本当に有難うございました~っ!!














2012年12月 2日 (日)

12月も出だし好調!鶴雅演芸場~っ!!

008

不満気な表情にも見える北脇でありますが、ホテルの待遇や環境(食事・部屋・温泉・スタッフなどなど・・・。)も最高級でありますが、やはり東京を思い出すとホームシックになってしまいます。(この日に限り、東京の知人からメールや電話が殺到してしまいました・・・。)

当然ホープ師匠も・・・。

009

ひっきりなしに東京へ電話して胸の内を打ち上げてらっしゃいます。(ちなみに電話の相手は師匠の一番弟子の‘西田ぼん’さんであります。)

気心の知れた方が相手だと、ついつい弱気になってしまうホープ師匠ですが、これは師匠だけでなく、我々全員誰にも相談できずに日々戦って勝利してゆかなければなりません。(鉄板のネタも外してしまう事も多々ありますのでね・・・。)

昼間の舞台はお客様が少ないながらも非常に盛り上がりましたが、夜の舞台はやはり大勢来て頂きたいと願っておりましたら・・・。

010

こんなにも大勢のお客様。

モニターを通しての映像ですが、満席で大変な賑わいであります。

我々芸人も嬉しかったですが、スタッフも大喜び!


011


音響のMさんもこの表情!

013

無事に夜の部を終えた楽屋に美女が訪ねてまいりましたので、ホープ師匠と三人で記念写真。

この気になる美女の正体は・・・。

016_2

阿寒湖で「コルアカン」というお店の代表をしているTさん。

実は北脇が穿いているズボンを販売していたお店がコルアカンで、お礼を兼ねてわざわざ見に来て下さいました。

師匠も北脇も大喜び!

021

そのまま楽屋で飲み会になってしまいました。(毎晩の事ですが・・・。)

ホームシックにかかって東京を恋しがっていたホープ師匠も美女に囲まれてご満悦!

この勢いで残りの舞台を乗り切りたいですね~っ!!


12月も鶴雅演劇場大繁盛〜っ!

本日も大勢のお客様で大繁盛だった鶴雅演劇場。
沢山の写真を撮ったものの、インターネットの接続状況が宜しくなくてブログを更新出来ません。(そう言えば一ヵ月前もネットが繋がりにくかったですね…。)
改善出来次第ブログ更新しますので暫くお待ち下さい。
ちなみにこの夜も楽屋で大宴会でした…。

2012年12月 1日 (土)

一人のお客様に愛をこめて・・・!?

002


舞台の上で深々と頭を下げているのは落語家の桂茶がまさん。

それと言いますのも、11月最後の舞台(昼の部)でお客様が0人だった事を一座の座長として責任を感じたからであります。

0人には訳がありまして丁度、北海道登別では3日に渡り停電がありましたが、この日は鶴雅ウイングスの館内は電気系統のメンテナンスで昼は本館で「計画停電」が行われました。

宿泊客も停電中にホテルにいても仕方がないので近所へ散策に出られました。

しかし我々芸人はお客様がいないからと言って舞台を中止にするような無責任な仕事はしません。

せっかくの機会ですから身内で「勉強会」と称した芸の発表会を行いました。

001

司会の茶がまさんに対してホープ師匠や隆司さんもお客が質問するであろう質問事項を投げかけてシュミレーションしました。

004

茶がまさんの面白い返しに思わず笑みがこぼれるホープ師匠と桂三象さん。

同業者を笑わせるのはなかなかの至難であります。

020

北脇も前の席に座って勉強させて頂きましたよ~。

すると突然に・・・。

005

一人の紳士がお客様として現れて、我々にも緊張が走りました。

気持ちを切り替えて舞台に集中しました。

ちなみに紳士は79歳でかつては教師でありました。

静かで控えめでらっしゃいましたが、非常に厳しい目で我々の芸を最後まで見られました。

007

たった一人のお客様でありますが、丁寧にいつも通りマッジックをした隆司さん。

008

三象さんもいつになく緊張感を漂わせながら落語をされました。

この後、新生ゆーとぴあが登場したのですが、頭で北脇が歌った「般若心経の歌」に対して興味を示して下さり「お坊さんは嫌がるかも知れませんが、お経を歌にするの面白い!素晴らしいアイディアだと思います。」と北脇に言って下さいました。

本当にありがたいお言葉でありました。

ちなみに夜はかなりのお客様が来て下さり、芸人全員がハイテンションになりました。

一人のお客様がいたからこそ、大勢のお客様の大切さが身に染みて分かりました。

完全燃焼で11月の舞台を終えた我々芸人。

11月分の疲れや苦しみを洗い流す意味でも・・・。

019

またしても楽屋で酒盛りを行いました。

この日は丁度、海外から帰ってきたプロモーターのI氏も合流しまして楽しいお酒の席でありました。

毎日のように何かにかこつけて飲み会を行っている我々一座。

11月を乗り切って、明日から12月。

少しづつではありますが、終わりへの舞台が見えてきた気がしました。

この先、お客様が0だろうと満員だろうと手を抜かず真剣に舞台に向き合って行こうと一致団結しました。

本日の一人のお客様、本当に有難うございました!!



















« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »