« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »

2012年11月

2012年11月30日 (金)

「新生ゆーとぴあ」は子供に大人気・・・!?

004

以前、ブログで紹介しましたアイヌコタンの中にあります喫茶店「ポロンノ」の店内でホープ師匠とお店の美人姉妹さん、そして小学生の男の子が仲良く記念写真。

実は、この男の子は先日我々の舞台を見に来てくれた阿寒湖小学校のお友達であります。

北脇がお店の前を通りかかった時「あっ、ゆーとぴあだ!!お店に入ってよ!」と言われてお店に入ったら師匠が一人でコーヒーを飲んでいました。(本当は二人で犬の散歩に行くはずだったのに・・・。)

それにしても北脇を見て「ゆーとぴあだ!」と呼んでくれた少年。

なかなか面白いじゃないですかねぇ~。

当然!

005

一緒に「ヨロシク~ネッ!」ポーズをしました。

聞くところによると、学校でもヨロシク~ネッ!が流行ってきているとか・・・。

とにかく阿寒湖小学校の児童達にはコント、マジック、落語がかなりのインパクトだったようです。

006

お店のカウンターに座っている美少女は!

007

お店のお嬢さんで6年生の「貴子」ちゃん。

北脇がコントで入った段ボール箱に棒を刺して舞台を盛り上げてくれました。

この地域のお姉さん的存在で非常にシッカリしています!(丁度、宿題の最中でありました。)

008

普段、東京にいる時はなかなか子供達と接する機会が無い北脇ですから嬉しくなってしまいました。

ちなみに北脇が手を回しているニット帽子の少年「じん」君は小学校低学年で、やはり北脇がコントで段ボールに入った時に棒を刺してくれました。

その時は‘おっかなびっくり’でしたが(この言葉も死語ですね~。)すっかり友達になってしまいました。

下手したらお父さんよりも年上の北脇ですが、子供達と接してすっかり童心に戻ってしまいました。

010

犬の「まじめ」君も大勢のお友達に囲まれて嬉しそうでありますね~。

そしてお店に新生ゆーとぴあがいることを知った近所の子供達が次々に・・・。

012

行列をつくって遊びに来てくれました。

舞台では過激で凶暴なホープ師匠ですが、子供達は敏感ですから優しいホープ師匠をしっかりと分かっております。

釧路に来て丁度1ヶ月が過ぎて、土着化しつつある新生ゆーとぴあ。

子供達や地域の皆様、ホテルのスタッフの皆様から計り知れない程の力を頂きました。

皆様、本当に有難うございます!!



















2012年11月29日 (木)

本日はプレゼント尽くしナリ・・・!?

007


こちらの吸引機。咽喉や鼻の乾燥を防止する加湿機であります。

北海道の冬は乾燥しておりますので、油断をすると風邪をひいたり咽喉を潰してしまいます。

そんな我々芸人を心配された東京の知人がわざわざこの加湿機を送って下さいました。

早速!

003

ホープ師匠が使っております。

「どないですか?」と訊いているのは茶がまさん。

「うん!これはイイね~。」とご機嫌のホープ師匠であります。

当然!!

005

茶がまさんも使って大喜び!

芸能人は咽喉が命なんです。常に咽喉のケアが必要になってまいります。

その後は勿論・・・。


006

北脇も使わせて頂きました。

あまりの気持ち良さに手放せなくなってしまいましたよ!

このように思わぬプレゼントが舞い込んでご機嫌になってしまった我々・・・。

この夜も凄いプレゼントが用意されましたよ~。

013

我々が鶴雅ウイングスに滞在して丁度1ヶ月。

ナント、特別料理をご用意頂きました。

これらの高級食材は・・・。

012

土鍋に入れられてしまいます。(美味しそうでしょ~。)

010

こうなると全員無口になってひたすら鍋を食べてお酒を頂いてしまいました。

014

こうして「カニしゃぶ」でも食べられる新鮮な食材でありますよ!

016

実は総務部のMさん、鍋奉行!

手順もアク取りも完璧でらっしゃいました。(ちなみにMさんは舞台の音響を担当してらっしゃいますが、アク取り同様に音響も完璧であります。)

018

鍋の締めくくりは、やはり「雑炊」であります。

師匠、出来上がりを待ちきれずにチョッとお味見!

019

栄養満点、味も満点の鍋を食べましたから明日の舞台は大成功間違いなし!

加湿機、豪華鍋と本日はプレゼント尽くしでありました。

贈って頂きまして本当に有難うございました!!

(ちなみにこの日も飲み過ぎてしまい、ブログを書いていますが殆ど記憶がありません・・・。普段は酒を飲まない北脇ですが、このような楽しい場でありますから、ついつい量が増えてしまいますよね~。う~ん!やっぱり飲み会は最高ですね!!)
























2012年11月28日 (水)

北脇、芸は小学生並み・・・!?

004

Tシャツにサインをしているのはマジシャンのマギー隆司さん。

この日は地元、阿寒湖小学校1,2年生の児童が課外授業で寄席を見に来てくれたので、記念にサイン入りTシャツをプレゼントしました。

これは舞台が終わった直後の楽屋の様子であります。

006

最後に桂茶がまさんがサインをして出演者全員のサインが書かれました。

007

楽屋の外では子供達と先生が待っていて群衆のように迫って来て、北脇も思わず後ずさりしてしまいました。

元気いっぱいで、元気があり余り過ぎて、普段は飄々として感情を表に出さない桂茶がまさんも「コラ~ッ!人が喋ってる時にガヤガヤ騒ぐな!!ちゃんと聴け~っ!!」とダウンタウンの浜ちゃんか横山やすし師匠のようにまくし立てていましたが、全く効果無し・・・。

自由奔放に競い合って喋って騒いで楽しんでいた児童達!

子供の時はそれぐらい元気があってハメを外すぐらいが良いと思います。

何故なら、この日の北脇は子供達からもお陰様でウケて笑って貰いましたし(舞台が終わってから‘ねぇねぇゴムパッチンって痛いの?’と児童達が質問して来ました・・・。)夜の舞台でも久々に歌った「般若心経の歌」が年配のお客様に喜ばれて、北脇の歌に合わせて一緒に「お経」を唱えながら手を合わせる方々も現れたり・・・。

最高の舞台でありましたが、最後の大喜利の「なぞかけ」が全く出来ず素に戻って盛り上げる事が出来ませんでした。

実は、なぞかけはお客様から打ち合わせなしで本当にアドリブで芸人がネタを考えるので、本当に真剣勝負なんです。

北脇も時々は出来の良いなぞかけが出来て師匠や先輩方からも褒められてお客様も喜んで下さるのですが、出来ない時は本当に悲惨で楽屋で落ち込む時もあります。

「落語家じゃないから出来なくても良い!」と思われるかもしれませんが、舞台に上がればやはりプロの芸を披露しなければいけないのであります。

「芸が無ければ元気を出せ!出来なくてもテンションを上げて行け!!」とホープ師匠や先輩方から教えられました。

もちろん!

008

この天真爛漫な子供達からも、元気を出す事の大切さを教えて貰いました。

例え、芸は小学生並みだとしても北脇が汗を流しながら舞台を動き回る姿を目で追って拍手と笑いをくれた阿寒湖小学校1,2年生のみんなには本当に感謝をしております。(本当にみんな有難うね~!)

明日は、なぞかけ出来なくても舞台で大暴れしてやろうと思っておりますよ・・・。(温泉、阿寒湖、釧路などなどのお題で何か面白いなぞかけがありましたら是非ともご一報下さい・・・。)




2012年11月27日 (火)

こんちには!阿寒湖小学校のお友達~っ!!

004


ホープ師匠の周りには元気いっぱいのチビッ子達!!

この日、鶴雅演芸場には地元、阿寒湖小学校の3年生から6年生の児童が課外授業で演芸を見に来てくれました。(担任の先生方も!)

このようにホープ師匠、笑顔でポーズをとっていますが、実は数日前から我々芸人は「子供達に楽しんでもらえるだろうか?芸を分かってもらえるだろうか?」と心配していました。

特にコントはホープ師匠が北脇を叩いたり追い詰めたり「お前はバカだ!」などと教育上問題があるようなネタが多く、コントを見た子供達同士で‘イジメ’などにならないかとホープ師匠とネタや設定をギリギリまで考えていました。

しかし、結果は取り越し苦労で、子供たちが元気いっぱいに笑って舞台と一体になってくれました。

勿論、マジックのマギー隆司さんの本格的(のように見せながらギャグ満載の)手品、桂茶がまさんの落語「寿限無寿限無」で子供達の心を引き寄せ感動させて、更に桂三象さんの‘バカ殿様’ばりの白塗りメイクで披露した舞踊などなど、芸人全員が力を合わせての笑いでありました。

そして、締めくくりの「大喜利」は普段の「なぞかけ」などを無くして芸人5人の「年齢当てクイズ」や「誰が一番好き!」などと趣向を変えて子供たちに質問コーナーを設けました。

001

舞台横にあるモニターを見ながら開演前にワクワクそわそわしている小学生を見ておりましたら「相手が子供だからって手を抜いたり悪フザケするんじゃないぞ!こんな時こそ真剣に堂々とコントをするんだ!」とホープ師匠に言われ、北脇これまで以上に動き回って師匠にぶつかって行きました。

丁度「8時だよ全員集合!」のドリフターズのコントのようにベタベタでバカバカしい設定でやらせて頂きましたが、舞台の上から笑顔で我々の姿を食い入るように見てくれている子供達の姿にこちらが勇気を貰いました。

ちなみに!

003

この日のコントは「武道家・師範」でした。

師匠から「今日ぐらい高見盛の歌で登場してみな!」と言われて鶴雅演芸場に来て初めて力士ソングを歌いました。(いつもは‘般若心経の歌’や‘ジタバタするのが人生’を歌いながら北脇が頭で登場します。)

舞台が終わって児童代表の子から「面白い芸を見せて下さいまして有難うございました!」と芸人に向かって言ってもらった時は「お礼を言うのはおじさん達の方です。有難うございました!」と心の中で叫びました。

この26日間、心が折れそうになったり落ち込んだりした時もありましたが、今日で全て忘れる事が出来ました。

5人の芸人の中では一番存在感が無く、芸の無い北脇でしたが舞台を終えた楽屋で「君があんなに子供にウケて人気者になるとは思わなかった・・・。新しい発見だよ。」とホープ師匠や先輩方に言って頂きましたが、正直あまり実感がありませんでした。(しかし、児童から‘テレビのリンカーンに出てましたよね!’と言われて‘ゴメン!僕じゃないの・・・。でも出られるように頑張るね!’と言ってしまいました。子供に嘘をつかない為にも頑張らないとですね~。)

いつの日か阿寒湖小学校の子供達が「あの芸人さん鶴雅の演芸場に来てくれたんだよ!」と自慢のタネにしてもらえるような人間になりたいと真剣に思いました。

阿寒湖小学校のみんな!本当に有難うね~!!(明日は小学1,2年生が見に来てくれる予定です。)





2012年11月26日 (月)

50日公演、ようやく折り返し地点~っ!!

大相撲九州場所は本日千秋楽を迎え、横綱白鵬関が幕内優勝で幕を閉じましたが、我々「鶴雅ウイングス 鶴雅演芸」は、ようやく中日を終えて折り返し地点を迎える事が出来ました。

芸歴40年を超えるホープ師匠、その他の先輩芸人の皆様も連続50日、100回公演は未だ経験したことのない大変な偉業。

毎回クタクタになりながら舞台に立たせて頂いております。

そんな50日公演も本日11月25日を持ちまして半分を終えた訳ですから喜びもひとしおでありまして・・・。

001


ホープ師匠も隆司さんも超~っご機嫌!

これまでの胸の内をスタッフの女性に打ち明けました。

そして、この3連休を皮切りに地元の小学生や様々な団体のお客様が既に寄席へ来て下さる予約がギッシリ入って我々もかなり気合が入っている訳であります。

012_2


先日は地元北海道の新聞にデカデカと鶴雅演芸場の広告が掲載されましたし・・・。

008_3

地元の生活情報誌にはナント・・・。

007_2

カラーで広告掲載されました。

嬉しい反面、我々芸人にはハイレベルな笑いを要求した大勢のお客様の期待を裏切る事の出来ないプレッシャーがのしかかってくるのであります。

003

ホープ師匠も広告を見ながら残り半分をどう乗り切ってお客様に満足して頂けるかを必死に考えてらっしゃいます。

安心するにはまだ早すぎる訳であります。

後半戦も体調を整えながら芸に向き合って行きたいと思っております。

これからの動向もブログでご紹介してまいりますので、皆様どうか宜しくお願い申し上げます!!

2012年11月25日 (日)

有難う!さようなら!!青木イサムさん・・・。

019

北脇が手を合わせて感謝しているのはコント青年団の「青木イサム」さん。

忙しい合間を縫って東京から釧路まで駆けつけて下さって早や4日目。

本日、東京に戻られる事となりました。

ホープ師匠の弟子になって、20数年の年月を過ごされて、本当の親子のようなご関係になってらっしゃる青木さん。

しかしながらホープ師匠とはこれまで1対1でコントをされる機会が殆ど無かったようで、今回の舞台に助っ人として参加して下さって青木さんは勿論、ホープ師匠も本当に嬉しそうでありました。

今日の舞台もホープ師匠、青木さん、北脇の3人でコントをさせて頂きましたが、広がりがあって安定感があって自然で、北脇の荒削りで一本調子な姿とは180度違った笑いがお客様からおこっていました。

しかしホープ師匠「お前は青木にない歌やギターがある。20年かけて青木が身につけた芸を短時間で出来る訳がないけど、青木の芸を盗め!そうすれば歌も笑いもできる芸人になれる。頑張れ!」と励まして頂きました。

青木さんが東京から来て下さらなければ、このような新鮮で実りの多い舞台を体験する事は出来ませんでした。

ですから出発される前に北脇、青木さんの荷物持ちを買って出まして・・・。

011

ホテルの中の土産物売り場にご一緒しました。

ちなみに青木さんが持っているのは阿寒湖名物の「まりも羊羹」であります。

007

北海道土産と言えば、やはり「白い恋人」ですね!

当然、青木さん買ってらっしゃいました。

012

この「とうきびチョコ」もなかなか美味であります。

楽屋にもお茶菓子として、とうきびチョコが置かれていますよ!

014

もはや全国的な人気キャラであります「まりもっこり」のクッキー。

青木さんは買いませんでしたが、北脇は東京へ帰る際のお土産に絶対買うでしょうね~。

016

これは変わっている「ザリガニちっぷす」

阿寒湖に生息している「ウチダザリガニ」を粉末にしてスナックにしたものです。

ちょっと抵抗がありますが、試食しましたら結構イケましたよ!

017

そして阿寒湖と言えばやはり「わかさぎ佃煮」ですね!

当然、青木さんも購入してらっしゃいました。

018

お土産を大奮発した青木さん。

東京の皆さん方も青木さんの帰りを待ちわびてらっしゃることでしょうね。

005

アイヌの「ふくろうの神様」に手を合わせてらっしゃる青木さん。(ホテルの中にあるんです。)

何をお祈りされたんでしょうかねぇ~。

020

いよいよ出発前!

ホテルのロビーで青木さんを見送りに来たホープ師匠と隆司さん。

木彫りの熊にも手を合わせる青木さん。

それもその筈「レオナルド熊師匠と思って手を合わせてご挨拶しなさい!」とホープ師匠がおっしゃったからであります。

ちなみに、レオナルド熊師匠はホープ師匠の師匠でありますから、青木さんは孫弟子にあたります。(しかもレオナルド熊師匠は北海道ご出身であります。)

こうして北脇、バス乗り場まで青木さんをお見送りしました。

022

青木イサムさん、まるでピンチの時に現れる「ウルトラ兄弟」か「歴代仮面ライダー」のように北脇を助けて疾風のように去って行きました。

東京へ帰る青木さんを見て北脇も東京を思い出して軽くセンチメンタルになってしまいました。

しかし、50日公演も丁度半分を過ぎました。

明日から折り返し!しっかり頑張って乗り切りたいと思わされました。

有難う、さようなら青木イサムさん!!





























2012年11月24日 (土)

おとこだらけの部屋飲み会~っ!!

005

世間にありましては3連休を満喫してらっしゃる方々も大勢と思いますが、鶴雅ウイングス演芸場の芸人には休みは無縁。

なにしろ50日間、全く休みが無いんですからねぇ・・・。

それでも我々芸人、好きな事をして尚且つ、飯・風呂・寝るの三点セットで毎日を満喫しております。

但し、ホープ師匠はじめ全員が現金を持っていませんので豪遊することなく、つつましげな生活を送らせて頂いているのが現状であります。

この日も、東京からはるばる来て頂きましたコント青年団の「青木イサム」さんの送別会を(と言いましても3泊4日の滞在でしたが・・・。)行おうと、奮発して居酒屋を貸し切ろうかと思っておりましたが、予算の都合でホープ師匠のお部屋で「部屋飲み」で我慢して頂きました。

しかしこれが非常に盛り上がりまして、人目を気にせず過激トークや本音トークで非常に新鮮な時間を過ごす事が出来ました。

実際、北脇も東京にいた頃は酒の一滴も飲みませんでしたが、この日はグイグイお酒を飲んで久し振りに酔っぱらってしまいました。(ブログを書きながら実は殆ど記憶が曖昧になっております・・・。)

青木さんが東京に戻りましても、まだまだ我々出演者の戦いの日は続きます。

時に酒でも飲んでリセットしなければ50日を乗り切る事は困難であります。

本日のように時々は部屋飲みでもして、気持ちを新たにし、まずは自分達が楽しむような方向で結束を固めて行きたいを思わされました。

あと26日、シッカリと舞台を務めさせて頂きたいと願っております。

明日はどんなサプライズがありますでしょうか!?

非常に楽しみであります。

2012年11月23日 (金)

北脇、サクラにもなれない・・・!?

007


舞台の上でコントをしているホープ師匠、その相手は北脇ではなく、コント青年団の「青木イサム」さんであります。

昨日から釧路入りされた青木さんに、何と本番の舞台でコントをやって頂きました。

50日の長丁場でホープ師匠も新鮮な気持ちで、この先も舞台に立って頂かなければいけませんし、何より北脇も青木さんの芸を客観的に見ることによって、自分の新しい芸の発見が出来ますので、この日は客席で‘お客’になりすまして全体を見させて頂きました。

当然、コントの途中で舞台に上げられて素人がコントに絡むという設定で、北脇もお客を騙す「サクラ」として参加するんですけど、あまりに不自然で半分ネタばれしてしまいました・・・。(後半の大喜利でもハリキリ過ぎて浮いてしまいました・・・。)

とにかくコントとはオチやネタをお客様にバレないように詐欺師のようにお客様を騙さないと笑いや驚きにはなりません。

青木さんの自然な立居ぶるまい、リアクションを見て北脇も相当刺激を受けてしまいました。

勿論、青木さんの芸だけに刺激を受けた訳ではなく・・・。

001

茶がまさんの司会、客とのコミュニケーションも勉強になりましたし・・・。

002_3

隆司さんのトリッキーかつ、ほのぼのした舞台も勉強になりました。

更に!

004_4

「上方落語界の波動砲」の異名を持つ桂三象さんの落語も実話とフィクションを絶妙な割合でミックスしたマクラに爆笑しながら、尚且つ切れ味鋭い噺に感動しました。

そしてやはり!

005_3

気負いも無く、完全なる自然体で登場した青木さんの全くブレない姿を見つつ・・・。

006_3

少し照れてハニカミながら青木さんとコントをする師匠の姿を見て師匠の新しい魅力を発見する事が出来ました。

明日の昼、夜と青木さんが滞在される間に3人コントや、様々な広がりのあるコントをお客様に披露し、喜んで頂ける様、限られた時間を有効に使わせて頂きたいと思いました。

50日公演の折り返し地点、非常に良いタイミングで青木さんが来てくれて本当に良かったと思っております。

客席でサクラになりきり、なにくわぬ顔でコントに参加し笑いを取れればこんな楽しい事はないですよね!

明日は徹底的にサクラになりきってやろうと思っております。(と、ブログに書いてしまうとネタばらししてしまって全く意味が無くなってしまうんですけどねぇ~。)

無事に舞台も終えて風呂でひと汗ながした後は!

008_2

師匠のお部屋でアイスクリームタイム!

本日の反省と明日の打ち合わせをしました。

お客様に喜んで頂くには、まず自分たちが楽しんで舞台に立つ事。

簡単なように見えて非常に難しい事でありますが、この一日で北脇も様々な発見をする事が出来ました。

ホープ師匠、青木さん、そして一座の芸人の皆様方、本日も有難うございました!!

2012年11月22日 (木)

コント青年団・青木イサム、釧路に来たる・・・!?

001

北海道にも完全に冬将軍が訪れ、辺りは雪・雪・雪・・・。(ホテル近くにキティーちゃん雪だるまを発見して思わずシャッターを押してしまいました。)

凍えるほどの寒さで身も心も震えている時、釧路に熱い男が現れました!

その男こそ!!

008

ホープ師匠のお弟子さんで、コント青年団の「青木イサム」さんであります。

009

お忙しいスケジュールの中、東京からはるばる釧路まで駆けつけて下さいました。

段ボール箱師匠の芸やコントを北脇に教えて下さった大恩人の青木さん。

もう数日前から来て下さる日を指折り数えておりました。

007

当然、ホープ師匠も大喜び!

早速、犬の散歩やご近所の方々に紹介する為に青木さんを連れてまわりました。

この数日、師匠もストレスなどで苦しそうでしたが、すっかりご機嫌になってしまいました。

舞台も青木さんにご協力頂いて、大盛り上がり!

北脇も助けて頂きましたよ。

014

当然、青木さんを囲んでの歓迎会が執り行われました。

丁度、桂三象さんも本日が舞台初日でらっしゃいましたので、非常に良いタイミングで宴席を設ける事が出来ました。

013

今回は男だけの宴会でしたから呑んで食べて、誰に気を遣うこともなく盛り上がりました。

しかし、深酒は禁物!

まだまだ舞台は折り返し地点にも到達しておりませんので、ほどほどに切り上げて風呂に入りました。

それですっかり酒も抜けてしまいましたので・・・。

016

師匠の部屋で軽く‘部屋呑み’をして明日の舞台の打ち合わせをしました。

師匠も北脇も喉をやれれてしまっているので、青木さんに助けて頂きながら動きで明日の舞台を暴れる事にしました。

青木さんが滞在される3日間で少しでも芸を盗み取れるように北脇も集中して舞台に臨みたいと思っております。


















2012年11月21日 (水)

色気づく‘ゆーとぴあキタワキ’・・・!?

021

女性店員と「よろしく~ネッ」ポーズをとる北脇。

以前のブログでもご紹介しましたが、ホテルから徒歩10分ほどの所にある‘ホットケーキ屋さん兼エスニック調の服販売店’へお邪魔しまして、北脇のサイズに合うズボンを買ってまいりました。

師匠から「芸が地味で目立たないからせめて衣装ぐらい派手にしろ!」と言われておりましたので、このド派手なズボンを入手出来て北脇もすっかりご機嫌!

店員さんも「舞台で穿いて下さるんですか?嬉しい!!」とこちらもご機嫌でありました。

そんな訳で北脇、嬉しさのあまり1着だけでなく、018

2着も購入してしまいました。

お値段は2着でナント6400円ナリ!

大変なお買い得でありましたよ~。

と、買い物を終えて師匠が待っているお店に行こうと思っておりましたが・・・。

003

辺り一面はすっかり雪景色!

当然、路面にも雪が積もっていたり、凍結していたりで普通なら徒歩10分の道のりが、恐る恐る歩いて20分以上かかってしまいました。

004

しかも景色があまりに美し過ぎて写真を撮ったりしているので増々時間がかかってしまいましたよ!(でも綺麗と思いませんか~。)

006

そうして白銀の世界を堪能していた所に、昨日から一座に合流された落語家「桂三象」さんとバッタリ出会ってしまいました。

お顔もご覧にのようにいかにも「落語家」という雰囲気が漂ってらっしゃいますが、普段のお話も最高に面白くて、北脇もすっかり虜になってしまいました。

そうして、いろいろ道草をしながらようやくホープ師匠が待つお店に到着した北脇。

009_2

ガラスの向こう側にはホープ師匠、ホテルのパティシエNさん、犬の「まじめ」君が楽しそうに遊んでいました。

010_3

非常に賢い犬、まじめ君であります。

おやつを食べる時も「おすわり」「まて」「お手」は当たり前!

見ていて微笑ましいのですが、北脇の元には絶対寄りついて来ません。

何故なら散歩に連れて行ったり、おやつを与えたりしないからであります。(北脇は犬は嫌いじゃありませんが、何となく距離を保ってしまいます・・・。)

お店の外を見ると!

015_2

そり遊びをする子供がいました。

シャッターを押した瞬間!

016_3

あっという間に坂を滑り降りてしまいました!

017

同じようにそり遊びをする小学生の児童が10人ぐらいいました。

北脇も石川県の雪国生まれでしたから小学生時代は毎日のようにミニスキーやそりで遊んでいましたので懐かしくなってしまいました。

「子供は風の子」と言う言葉が死語になりつつある現代に、釧路の子供たちの逞しさを見ました。

たくましさ!と言えば・・・。

020_4

本日購入したサイケデリックなズボンを穿いてポーズを取る北脇であります。(後ろには段ボール箱師匠が控えてらっしゃいますよ!)

実は今朝から声がガラガラになって思うように歌ったり喋ったり出来なくなってしまった北脇でしたが「静かに喋って下から行け!こんな時はお客を味方にして徹底的に可愛く演じてみろ!」とホープ師匠からのお言葉。

その通り、声のトーンを落として囁くように舞台を務めさせて頂きました。

そして極めつけは「そのお婆ちゃんにキスするんだ!」とホープ師匠からの命令に舞台から客席に向かい、お婆ちゃんの肩を抱いてキスをした北脇。

これにはお客様もお婆ちゃんも大喜びでした。

舞台を終えて師匠とサウナに入りながら「さっきのお婆ちゃん喜んでいただろう?お客さんが喜んで笑ってくれるには、お客を味方にしなければいけないんだ。歌も出来てコントも出来て自分でもやってて楽しいだろう?」とホープ師匠から言われて嬉しくなってしまいました。

増々色気づいて、芸を磨いて舞台に立たせて頂きたいと思わされた北脇でした。










2012年11月20日 (火)

こんにちは「三象」さん!有難う「笑助」さん!

008

大皿料理を前に乾杯をしているのはホープ師匠、マギー隆司さん、桂茶がまさん、そして桂三象さん(右後方の男性)

我々一行が北海道釧路の鶴雅ウイングスに来て早や3週間。38回公演を終えました。

そして、41回公演から一行に合流する事となりました三象さんが本日ホテル入りをしまして、この日は歓迎会が行われました。

目の前に並べられた料理は味、ボリューム共に最高級でありました。

004

超豪華オードブルに!

003

イクラの太巻き寿司に!(北脇、胃袋が破裂するほどたべましたよ・・・。)

005

極めつけは刺身の盛り合わせ!

も~ったまりませんでしたよ~!!

これらは全てホテル側から我々芸人に特別にご用意下さいました。

こんなにもおもてなしを頂いたにもかかわらず、この日の夜の舞台は芸人全員力を出し尽くす事が出来ず、消化不良でかなり落ち込んでしまいました。

006_2

師匠ももうヤケ食い!

いつも爆笑を取っている鉄板ネタを何故か外してしまったり、思わぬ所で噛んでしまったり、これまでは北脇の失敗やアタフタしている姿を激しくツッコんで爆笑を取ってらしたのに、全くホープ師匠らしくない舞台でありました。

ホープ師匠も「今日の湊川親方の気持ちが痛いほど分かったよ・・・。」としみじみおっしゃいました。

大相撲ファンならお分かりでしょうが、本日の「日馬富士」「豪栄道」の取り組みで土俵だまりで審判をしていた元・大徹の湊川親方が大相撲史に残るような失敗をしてしまいました。

解説の北の富士親方アナウンサーは「人のやる事だから完全はあり得ない!」と何度もおっしゃっていましたが、お客さんや視聴者、ファン、そして力士にとってみれば大変な事でありました。(実際、湊川親方のお顔は完全に血の気が引いていました・・・。)

コントの天才児、狂気のホープ師匠も人の子。

完全、絶対はあり得なかった訳でありました。

北脇も当然、落ち込んでしまいましたが、もう一つ寂しい出来事がありました。

それは!

010_2

これまで一座としてやってきた落語家「笑福亭笑助」さんが20日で舞台を終え、東京に帰ってしまう事であります。

北脇と年齢も近く、大喜利では隣同士でいつも近くで見ていた人でしたので、明日でいなくなってしまうのかと思うとやはり寂しくなってしまいます。

これからは北脇が先輩方のオモチャやイジラレ役にならなければいけない訳であります。(笑助さんは舞台でステテコ姿にさせられたり竹刀で叩かれたり、かなり体を張っていました。)

とにかく、今日の舞台は全て忘れて前半メンバーがこれまでにない最高の芸を披露し、お客様に喜んで頂きたいと願っております。

頑張りますよ~っ!!














2012年11月19日 (月)

これで盤石!段ボール箱師匠、鶴雅ウイングスに到着~っ!!

008

不敵な笑みを浮かべながらカメラ目線の北脇。

その前に並べられた大量の梱包資材・・・。

これこそ、舞台では全く滑り知らずでお客様を爆笑と歓喜の渦に陥れて下さる「段ボール箱」師匠であります。

001

連日のように段ボール箱師匠が舞台に登場して下さいますので、たちまち在庫が切れて急遽、東京にいらっしゃるホープ師匠のお弟子さんで北脇の先輩であります、コント青年団の青木イサムさんにお願いしまして大量に送って頂きました。

ホテルの責任者の方から「今朝、届きましたよ!」とわざわざ楽屋まで3口(全部で300枚)運び上げて下さいました。(かなりの重さであります。)

そして「箱を組み立てる為に特別の控室を用意しましょうか?」とまで言って頂きました。

それ程、段ボール箱師匠の盛り上がりや、お客様の食いつきが凄いと言う事で、まさにホテルの従業員の皆様にとりましても「段ボール箱さま様」と言う訳であります。(スタッフの皆様の対応やお心遣いには毎日本当に頭が下がります・・・。)

007

早速、新しい段ボール箱師匠を作らせて頂きました。

今回の段ボール箱師匠は清潔感漂う「ホワイト」であります。

ホープ師匠からも「もうすっかり段ボール職人だね!箱に命が宿ってるよ~。」と不思議な褒め言葉を頂いてしまいました。

当然この日も大爆笑!

何が大爆笑だったのかは、ご覧頂いた方々はご納得頂けるのですが、言葉で書き表してもお面白さや感動を伝える事は出来ません・・・。

箱の中に閉じ込められた北脇が最後、飛び出す瞬間は何物にもかえ難い喜びのひと時であります。(とにかく凄いんです!)

実際、この後にホープ師匠と露天風呂に行く途中のエレベーターや浴室で会ったお客さま方から「さっきは笑いました!どうかテレビに出て活躍して下さい。応援しています!!」と次々嬉しいお励ましのお言葉をかけて頂きました。

そして、更に嬉しかったのが・・・。

009

ホテル専属のパティシエスタッフの女の子から「豪華ワッフル」を差し入れして頂いた事であります。

芸人全員が汗を流して、頭と体を使ってヘトヘトになった体にワッフルは最高のご褒美となりましたよ!

ちなみにパティシエのNさんは忙しい時間を工面して時間の許す限り、我々の舞台を応援に来て盛り上げて下さいます!

010

どれも超~っ美味しかったですよ!

011

こ~んな感じで贅沢にワッフルを食べた北脇。

甘いものを食べすぎて太って段ボールに入られなくなってもいい!と思ってしまうほどに、いっぱい食べてしまいました。

こうしてアイスクリームたっぷりのワッフルを楽しんでいますが、一歩外へ出ますと・・・。

012

ご覧のようにホテル周辺にも雪が積もって道路は凍ってツルツルになっていました。

甘いワッフルを食べすぎて安心して油断すると明日の舞台は滑って大怪我するかもですねぇ~。

段ボール師匠が来ても決して気を緩める訳にはいかないのであります!

さぁ!明日も頑張りますよ~っ!!











2012年11月18日 (日)

ようやく序盤、新生ゆーとぴあ・・・!?

019

3日連チャンで宴会が行われてホープ師匠も北脇も完全に出来上がっておりますが、それもその筈!
50日100回公演の1/3序盤をようやく終える事が出来たからであります。

東京を出発する前は「ホープは無謀だ!」「北脇が可愛そうだ!」と周囲の皆様方から非難ごうごうで、ほぼ全員が「尻尾を巻いて東京に帰ってくるよ!」と予想していました。

実際、北脇も釧路に着いて舞台に立たせて頂く度に、ゆーとぴあの偉大さやネームバリューを知らしめられて、毎晩のように落ち込んでおりました。

勿論、ホープ師匠も全盛期時代のような笑いや動き、リアクション、狂気が取り戻せずに本当に苦しんでらっしゃいました。

昔、ドリフターズから荒井注さんが脱退して志村けんさんが加入し、一年余りはドリフターズがスランプに陥り、視聴率で裏番組の萩本欽一さんの「欽ちゃんのどーんとやってみよう」に敗れて苦しんでいた時代があったと聞きました。

しかし、志村けんさんが「東村山音頭」などでかつてのドリフターズファンから認知され、一気にスターダムにのし上がり、ドリフターズ黄金期を牽引し中心的ポジションになりました。

「新生ゆーとぴあ」と言いながらもこれまでの「ゆーとぴあ」ファンは北脇を簡単には受け入れず、むしろ厳しい目で粗探しをしてらっしゃる方々が大勢であります。

志村けんさんが荒井注さんのキャラクターをそのまま真似てもファンの反感を買うばかり、いっその事、全く違う立ち位置で攻めて見ようと行動を移した時に新生ドリフターズが誕生しました。

北脇にしか出来ない、そしてホープ師匠が60歳を超えて昔と違う、若い頃に出来なかったコントを作り上げた時に、本当の新生ゆーとぴあが誕生すると思わされました。

あと33日、限られた時間を精一杯生かして舞台に精進したいと思わされました。

しかし、ホープ師匠は新生ゆーとぴあとして新しく生まれ変わったとしても・・・。

005

女好きは恐らく死んでも治らないと思います。

両手に花!ご機嫌のホープ師匠はまだまだギラギラして新しい笑いに貪欲であります!!

2012年11月17日 (土)

北海道の冬とかけまして芸の道と解きます。その心はどちらも厳しすぎるでしょう!

006_2

マギー隆司さんと北脇貴士、ダブルたかしが仲よくツーショットでありますが、よく見ると何やら乗り物に乗っているような雰囲気であります。

この日は珍しく天候にも恵まれまして、阿寒湖の遊覧船に乗って1時間30分の船旅に出かけました!

目的地はと言いますと・・・。

004

船の窓から遥か彼方に見えます「まりも公園」であります。

山々の雪化粧が美しいですね~。

007

無事に到着して先ずは記念写真!
阿寒湖の日差しがまぶしいのがお解りでしょうか!!

009

まりも記念館の沢山のまりもに驚かされましたよ。

010

人の頭よりも大きいまりも!
ここまで成長するのに何百年もかかります。

011

阿寒湖の雄大さ、長き歴史に比べれば我々人間なんて本当にちっぽけなものであります。
我々芸人も思わずこのポーズ・・・。

013

カメラを向けられると、ついつい「ヨロシク~ネッ」をやってしまうんです・・・。

それにしても素晴らしい景色でありますね~。

015

気分はすっかり遠足!
写真を撮ったりお菓子を食べたり景色を見たり、これまでずっと休み無しで走り続けてきた我々にとりましては最高のご褒美でありました!

020

遊覧船からホテルに戻って元気いっぱいのはずが、師匠は小食・・・。
それに引き替え!

021_2

北脇はご覧の通り食欲旺盛!
残さずに全て食べてしまいました・・・。

022_2

隆司さんも食欲旺盛であります。

024

今日もまたしても飲み会!

楽しく元気いっぱいのひと時でありました。

しかしながらこの日北脇がスランプに陥り、ずっと落ち込んでおりましいた。

ホープ師匠、たまりかねて「憎たらしく、ふてぶてしく、それでいて可愛く無くてはお客さんは喜ばないよ!そしてお客さんの前に‘俺を気持ちよくさせろ!芸人は同情されて可愛そうと思われる事が一番恥なんだ!」と言って頂きました。

今更ながら芸の道は厳しく険しい事を師匠に教えていただきました。

芸の世界は北海道の冬のように生きるか死ぬかの大変な世界だと教えられました。

明日の舞台は狂人のように師匠に体当たりして行こうと決心しました!!





2012年11月16日 (金)

寒波襲来!ホープ師匠に大カンパ・・・!?

002

暖冬で北海道もなかなか雪が降りませんでしたが、本日とうとう大雪が降りまして、ご覧のように阿寒湖の山々も雪化粧となりました。

しかしたとえ雪が降ろうとも!

009

まじめ君の散歩は欠かすことが出来ないホープ師匠。
師匠もすっかり飼い主のようになっております。

010

隆司さんも大ハリキリ!
徹底的に動いて自分自身を空腹にさせようとしています。

何故ならば・・・。

017

この日は「焼肉パーティー」日頃のストレスやフラストレーションをかき消す為、近所の焼肉屋さん「あっけ」へ行くことになっておりました。(こちらは新鮮なラム肉であります。)

016

凄まじいまでの炎を上げて肉が焼かれております。

015

店内はご覧のように煙だらけ・・・。
それでも親の仇のように全員で焼肉を食べましたよ!

019

焼肉と美女を横に、師匠も超~っご機嫌であります!
しかし、師匠が一番喜んだのは・・・。

025

師匠とは旧知の仲でありますマネージャーが今回の公演を視察する為に、わさわざ東京からはるばる釧路まで駆けつけてくれた事であります。

この公演を影から支えて下さるホテルのスタッフの方々や我々芸人にマネージャーがポケットマネーで焼肉を振る舞って下さいました。

まさに北海道の寒波と共にホープ師匠や我々に大カンパが訪れた訳であります。(大喜利っぽいでしょうかねぇ・・・。)

和気あいあい、全員で記念写真を撮った後は!

030

鶴雅ご自慢の露天風呂で一日の疲れを癒しました。
湯煙に包まれながらのビールは最高!
東京ではまず味わう事ができませんよ!!

北脇も調子に乗りまして~。

033

缶ビール片手にドヤ顔!
50日公演の15日をようやく終えて少しづつではありますが、手応えを感じつつある北脇。
この勢いで明日も舞台に立たせて頂きたいと思っております。

本日も皆さん、本当に有難うございました!!

2012年11月15日 (木)

北脇の噂!真相は・・・!?

001

北脇のギターを弾いて熱唱するのはマジシャンのマギー隆司さん。
若かりし頃はフォーク青年で歌声喫茶で(今は無くなってしまいましたが・・・。)その美声を披露してらっしゃったそうであります。

時々ホープ師匠が楽屋で「たまには隆司ちゃんが落語やって茶がまちゃんがコントやったりしてシャッフルするのも面白いね!」とおっしゃるのですが、それが現実味をおびてきたような気がしております。

それと言いますのも・・・。

002

イタズラ大好きホープ師匠が北脇をオモチャにしてあらぬ噂を流して舞台から降ろそうとしているからであります。(本番前の客席で悪だくみを考えているホープ師匠・・・。)

003

それは夕飯時、女性スタッフの方々に「北脇は手が早いよ!手当たり次第に女性を口説くよ!君も気を付けた方がいいよ!!」と声をかけています。

丁度、師匠のお隣の女性も「え~っそうなんですか・・・?このホテルは噂があっっという間に広まりますよ~。」と冷静なコメント・・・。(トークが上手で師匠もかなり楽しんでらっしゃいました。)

005

「あっ、そうですか!気を付けます!!」と師匠の言葉を完全に真に受けてらっしゃるようであります。
完全に北脇のイメージが壊されています・・・。

008

「なんてね!」とお二人とも笑顔でVサイン!
こうして北脇は皆さんのオモチャになりながら舞台と私生活を送っている訳であります。

ちなみに北脇は女性は好きですけど、誘ったり口説いたりする度胸も行動力もありません・・・。(本当なんですよ!)

007

夜の舞台が終わってTシャツ売り場にもお客様が大勢お買い求め下さいました。
特別に出演者全員のサインを書くというサービス。

このような先輩方やお客様がいらっしゃる中で北脇が女にうつつをぬかせられる訳がありませんよね!

丁度、公演も二週間を過ぎて気持ちも緩みがちでありますが、しっかり気を引き締めて明日を迎えたいと思っております。

2012年11月14日 (水)

北脇にウン気が訪れる・・・!?

006_2

スタジオジブリのキャラクターが並んだ店内にはホープ師匠とマギー隆司さんの姿。
今朝、喫茶店で会った女性がこのお店に働いていると知って3人で押しかけました。
その女性は・・・。

002

こちらでありますが、今朝会ったばかりの、しかもどう見ても人妻のような熟女の肩にシッカリと手を回すホープ師匠。(熟女もまんざらでもないような表情であります。)

003

流石に熟女もリアクションに困っているようであります。
「この3人の中で誰が好み?(ホープ師匠、隆司さん、北脇)」と質問したり、様々なお色気話をし続けたホープ師匠。
相当欲求不満のようであります・・・。(そのストレスが舞台の北脇に来るんですけどねぇ・・・。)

008_2

いつものお土産物屋さんの犬「まじめ」君の所へ訪ねたホープ師匠。
おやつを与えているようですが、店内には・・・。

011

こんな張り紙が・・・。
完全にホープ師匠は犬の散歩当番になっていました。(それにしましても面白すぎますねぇ~。)

014

まじめ君よりも師匠の方がハリキッて嬉しそうでありました。

015

ご近所のワンちゃんともご挨拶!

017

休憩も大事!
写真を撮ろうと後ずさりした北脇の足に何やら不思議な感触が・・・。
まさか!!

018

そう、犬のウ○コを踏んづけてしまいました・・・。
まさに前ばかり見て足元がおろそかになっていました。
最近、舞台でも前のお客さんの反応やウケを気にして足元に気が回っていなかったので、これは自分の戒めになりましたよ。(隆司さんから‘臭いから早く洗っておいで!’と促されてしまいました・・・。)

019

暗闇の中、北脇を気の毒そうな目で見ていたワンちゃん。
しかし、真っ暗闇の世界でウン気が訪れて来た気がしました。(無理矢理ですね・・・。)

021

気を取り直して夕食を食べに社員食堂へ!
この日のメニューは蕎麦、エビチリ、コロッケなどなど・・・。
ちなみに北脇は蕎麦の上に!

023

コロッケと生玉子を乗せて食べるのが好きなんです!
美味しかったですよ~。

丁度、社員食堂に・・・。

024

ホテルのラウンジでギターを演奏する外国人「アントニオ」さんが居たので記念写真。
ギターのテクニックは当然世界的レベルでらっしゃいますが、明るく陽気でオモシロいんです。
サウナでも一緒になりますが、楽しい話題を我々に投げかけて場を盛り上げて下さいます。(この夜もサウナで一日の疲れを癒しあいましたよ。)

と、食べて遊んでばかりのように見られたら嫌なので!(何故なら本当に食べて遊んでいるからであります・・・。)

007

舞台の様子もチラッと!
夜の部はほぼ満席で大変な盛り上がりでしたが、こちらは昼の部。
ややお客様も少なめでしたので、少し趣向を変えてホープ師匠と茶がまさんがアドリブでお客さんを笑わせている様子であります。

長丁場ですから、我々芸人もマンネリの芸で済ませるのではお客様に失礼!
常に新鮮で楽しい舞台を見て頂きたいと必死であります。

北脇も毎日が勉強なのであります。


2012年11月13日 (火)

大盛況!鶴雅ウイングス亭 大喜利!!

このところブログでは犬の散歩や阿寒湖周辺のネタばかりで、芸人たちは本当に舞台に立って芸を披露しているのか!?と疑問に思ってらっしゃる方々も多いのではないでしょうか?

本当は舞台の様子をもっと写真などに撮って掲載したいのですが、やはり本番前は楽屋もピリピリしていますので結局、舞台以外のリラックスした日常生活がブログの主なネタになってしまいます。

本日も舞台とはあまり関係ない記事を掲載しますが、ご理解のほど宜しくお願いします。(誰か専属のカメラマンでも雇いましょうかねぇ・・・。)

002

いつものようにホープ師匠と隆司さんと社員食堂で夕食とテレビを楽しんであります。
テレビの上の時計は5時を指しています。
本日は国会中継で大相撲放送が5時過ぎからでしたので、慌てて部屋に戻った北脇。
ちなみに、今日の夕食のメニューは!

001

こんな豪華な料理であります。(豚丼、エビフライ、具だくさん味噌汁、ヒレカツ、肉じゃが、豆腐ハンバーグ、おでん、生野菜、生玉子)

この日の昼の舞台は「武道家と師範コント」で師匠にイジメ倒された北脇。(毎日体を張っていますよ~。)

タップリ栄養を摂って夜の舞台に臨みました。

004

食事を終えて部屋に戻る途中のお土産物屋さんで、隆司さんが何やら物色していますが・・・。

005

ワゴンの中には北海道限定のキャラメルの数々・・・。(ジンギスカンキャラメルなんてのもありますねぇ~。)

007

何と5個もまとめ買いした隆司さん。
隆司さんはアイスクリームなど甘いものが大好きでらっしゃいます。

010

そのまま北脇の部屋に遊びに来た隆司さん。
この日は部屋の引っ越しで、別館から本館に移動しました。
環境が変わってマンネリも打開!
しかし、北脇のマンネリは変わりませんよ!!
当然、テレビには・・・。

009

NHK大相撲中継であります。
もう食い入る様にテレビに釘付けになりました!

011

初日、二日目と二大関を倒した「松鳳山」関(松ヶ根親方の見守るなかでの勝利は格別だった事でしょうね!)

地元福岡で大いに暴れて下さる事でしょうね!

隆司さんが「この力士、怖い顔だね!」と北脇に言ってきたので「インタビュールームや普段は笑顔でファンからも人気者ですよ!」とウンチクをたれてみました。(しかしこの日はニコリともせずに喜びを押し殺しているように見えました・・・。笑顔が見たかったなぁ~。)

013

ちなみにマギー隆司さんは松鳳山関とは逆で、本番の舞台の上では笑顔とギャグを連発しながらマジックをされますが、プライベートで眼鏡を外すと超~っイカツイお顔になります。

サウナで眼鏡を外し、暑さに我慢しているお顔などは近寄りがたい恐ろしい目つきになります。

こうしてカメラを向けると無理矢理笑顔を見せてらっしゃいますが、北脇に芸の厳しさを毎日教えて頂いております。

015

しかし、やっぱり一番厳しいのはホープ師匠であります。
女性やファンの前では当然このようなスタイルでありますが、舞台に上がると真剣勝負!
「狂気を出せ!本気でぶつかって来い!!」と北脇を常に追い込みながら爆発的な笑いを巻き起こすホープ師匠。

今日の昼も夜も鬼気迫るコントで久々に師匠に褒めて頂きました!

016

「よし!今日は祝杯だ!!」と配られた北海道の地酒「男山」
これを全員手に持って~。

017

「お疲れさ~ん!乾~杯!!」と飲み干しました。
本来は楽屋で飲むべきでないのでしょうが、今日はお客様も大入り、笑いも多く、我々出演者も大満足でありました。

明日も無事に舞台を迎えられますように!!





2012年11月12日 (月)

本日も犬づくし!北脇、犬に癒される・・・!?

早いもので北海道釧路に来て丁度2週間が経過しました。
団体行動苦手、縦社会キライ、そして何より努力・稽古大キライの北脇が師匠や先輩芸人の皆様方に揉まれて舞台にしがみついて必死に生活させて頂いております。
北脇の唯一の楽しみであります大相撲も本日初日を迎えましたが、心はいつも舞台に向けておりますので、今場所は大相撲もジックリ見られない覚悟でおります。(そう言いながら幕内後半は部屋のテレビで見ましたけどね・・・。)

そんな北脇の心を癒してくれたこの方々を紹介したいと思います!

009_2

犬大好きのホープ師匠。
この日は運動を兼ねて行きつけのお土産物屋さんの番犬「まじめ」君の散歩に名乗り出ました。
師匠も張り切っていますが、まじめ君も大はしゃぎであります!

010

シャッターを押す暇もなく元気に走るまじめ君。
師匠も必死であります・・・。

012

ご近所の子犬と遭遇!一触即発と思いきや、仲よくじゃれあっていましいた。
気を抜いて見いていた北脇の元に・・・。

014

飛びついてきた子犬。
驚いてコケそうになってしまいましたよ・・・。

016

ご近所の犬にもご挨拶!

仲良しであります。

021_3

こちらの2匹も今にも喧嘩が始まりそうに見えますが、尻尾を振ってじゃれあっていました。
犬の世界も芸人の世界も縄張りや優劣、上下がしっかり決まっていてルールを守りながら共存じています。
舞台の上では竹刀やスリッパで叩かれたり、箱の中に閉じ込められ、師匠に虐められているようにも見られがちの北脇ですが、キチンとした約束事と、信頼関係でお客様も笑って下さる訳であります。
こうして犬を見ながら改めて芸の深さや人間関係も教えてもらった北脇でした。

022

散歩の後は座談会。
地元の皆様と触れ合う絶好の機会であります。
お母さんが持つリードの先には・・・。

023

先ほどの黒い子犬であります。
三ヶ月ほど前に捨てられていたのを拾って育てているようですが、人なつっこくて本当に可愛いんです。
三ヶ月前と言えば北脇が本格的にコントを勉強させて頂いた頃であります。
空気を読まず、怖いもの知らずで羽目を外す姿は北脇そのもののようで、非常に親しみが湧いてしまいました。
可愛い犬たちに癒されて元気を貰った北脇でした。

025

マギー隆司さんも合流して話に花が咲きました。
時間を忘れて気が付けば・・・。

030

辺りはすっかり暗くなってしまいました。
これでもまだ夕方四時半であります。
北海道の昼は短く、そして夜は早くやってまいります。
すぐに社食へ向かって食事を済ませて幕内後半の相撲を堪能した北脇でした。
犬と相撲、そして多くの皆様方からの温かいメールや電話に励まされた北脇でした。
明日はどんな楽しい出来事があるでしょうかねぇ~。


2012年11月11日 (日)

初雪に口も滑らすお二人さん・・・!?

001

阿寒湖の山々は薄っすらと雪化粧。
ホテル周辺の平地も昼前には雪がちらついていました。
天気予報では15日ぐらいに北海道に初雪が降ると聞いていましたので、まさか5日も早く雪が見られるとは思いませんでした。

009

外で飼われている犬も心なしか寒そうに見えましたので・・・。

006

犬好きのホープ師匠と隆司さんが犬と遊んであげました。

008

「隆司ちゃん、俺たちが凍えそうだよ・・・。帰ろう!」と犬を後に夜の舞台に備えるホープ師匠。
確かに昨日から比べて気温がグッと下がって外にジッとしていられませんでした。
しかし、地元の人曰く「今日は温かい方ですよ!」との事。
やはり北海道民と我々は鍛え方が違いますね~。

この寒さが功を奏したのか、舞台はキッチリ引き締めて昼も夜も確かな手ごたえで終えることが出来ました。

しかし・・・。

010

昨夜から本日にかけてこのお二方、失言の連発・・・。
一緒にいる北脇までもが冷や汗をタップリかいてしまいました。
詳しいことは書けませんが、とにかく周囲を敵に回してしまいそうな爆弾発言の数々・・・。
初雪と同時に口を滑らしてしまった感はありますが、やはり連日休み無しでお客様に笑いを提供し続けているお二方でありますから、かなりのストレスやフラストレーションを溜め込んでらっしゃるんでしょう。
珍しく就寝前のアイスクリームタイムに隆司さんも参加して3人で楽しい時間を過ごしました。

012

師匠もヤケ酒ならぬヤケアイスで気持ちを紛らわせています。(しかし半分以上は北脇が食べたんですけどね・・・。)

011

「ホープ師匠、これは何ですか?」と真剣なお顔で質問する隆司さん。
詳しいことは書けませんが(こればっかりですね・・・。)イラストレーターのメソポ田宮文明さんが持たせてくれたシロモノでありますが、皆さん物珍しく見ているだけで使いようがありません・・・。
とにかく、やっと1/5の期間が過ぎた釧路・・・。
まだまだアクシデントや面白出来事が起きそうでありますよ~。

2012年11月10日 (土)

小入りでも大爆笑!鶴雅ウイングス亭 大喜利!!

002

広い店内にお客はホープ師匠ただ1人。(写真を撮る北脇もいるので実際には2人なんですけどね・・・。)
それもその筈。
何故ならば・・・。

001

まだお店はCLOSEなんですから・・・。
それなのに無理矢理お店に入って「マスターと俺は兄弟分だからいいの!ねぇ~マスター!!」と言ってコーヒーを注文したホープ師匠。(実際にはまだ2回しか入った事がないのに・・・。)
北脇も申し訳ない気持ちで小さ~くなっていると・・・。

003

たまたまお店の前を通りかかったホテルの女性従業員を発見したホープ師匠。
「君たちも入りたまえ!丁度良かった!!」と言って、半ば強引にお店に引き込んでしまいました。
ですが実はこのお二人、昨夜の舞台を見に来て下さっておりまして「面白かったです!ゆーとぴあが一番面白かったです!!」と夢のような言葉を発して下さり、師匠も北脇もすっかり舞い上がってしまいました。(さすが一流ホテルの従業員は人を喜ばせるツボを知っていますねぇ~。)
お茶を飲みながら日常の事や家族の事、趣味のことなど何でも語り合ってお友達になってしまいました。
やはり師匠は女性と話している時が一番幸せそうなお顔をしています。
そうして幸せ一杯になって!

005

後ろ髪を引かれるようにお別れしました。
当然、やる気十分で舞台に臨みましたが・・・。

006

何故か寄席の客席に座っているホープ師匠と笑助さん。
それもその筈・・・。

007

お客様は3人しかいらっしゃいませんでした。
「たまには仲間内の芸を客観的に見よう!」とのホープ師匠の提案で我々出演者が客席から見ましたが、仕事を忘れ笑い転げてしまいました。(舞台にはマギー隆司さんが女性とマジックをしています。)
このリラックスした雰囲気が良かったのか、肩の力が抜けて北脇舞台に集中出来ました。
後で「お前は3人の時に最高の間(ま)でコントをしやがって、何で大勢のお客さんの前で出来ないんだ・・・。」と師匠が北脇に言いましたが「公園で俺といつも稽古していた時の空気が出せたんだ。今まで無駄じゃ無かっただろう?」と二人っきりの時に言われました。
(丁度、西田ぼんさんから電話を頂いて‘3人も入って良かったじゃないか!昔、シベリア超特急のトークショーを東北でやった時お客は2人だったぞ!ありがたい事だぞ。’と慰められました。)

しかし、夜の部はお客様も大勢おこし下さいまして、北脇も「般若心経の歌」をワンコーラス歌いましたら、不思議な笑いが起きまして師匠も北脇をツッコみ倒して舞台を大暴れされました。(なぜ般若心経の歌で笑いが起こるのか不思議なのですが・・・。)

舞台を終えて風呂に向かう途中に!

009

「さっきの舞台面白かったです!関西から来ましたけど笑わせて頂きました!!」と師匠と北脇を発見したお客様から声をかけて頂いて「ヨロシク~ネッ!」ポーズ。
お客様からもホテルのスタッフの皆様方からもご好評を頂いて元気を貰った師匠と北脇。
明日も皆様方に喜んで頂きたいですね~。
本当に皆様、有難うございました!!


2012年11月 9日 (金)

新生ゆーとぴあに希望の虹・・・!?

004

昨夜の大雨とは打って変わり、本日は朝から晴天の阿寒湖でありました。(それでも曇って見えますが・・・。)
中一日あけてホープ師匠と朝の散策に出かけた北脇。

007

船着き場に発見したホテルの従業員らしき女の子にホープ師匠「何を見てるの?」と聞けば・・・。
「虹が出てるんです・・・。」と彼女。

006

分かりにくいかも知れませんが、確かに湖面から天に向かって七色の虹が伸びていました。
我々3人、時のたつのも忘れて虹を眺めていました。

005

女の子とホープ師匠が並んでいる後ろ姿は、何か映画のワンシーンのようにも見えますが、これが師匠と北脇なら完全に「先生!人生って何でしょうかっ!!」と先生・生徒コントになってしまいますねぇ・・・。
それにしましても東京にいたらなかなか虹など見ることも出来ませんが、大自然に囲まれた阿寒湖で虹を見て師匠と北脇、希望を貰いました。

009

昼の舞台を終えて、師匠と隆司さん、北脇が向かったのはアイヌコタンの中にあるカフェ(というか喫茶店)「ポロンノ」であります。

この数日、ママに会えなかったホープ師匠はもうご機嫌で「会いたかったよ~。」と連呼していました。

端正なお顔立ちで美人ママでありますが、北脇が気になったのは「ズボン」であります。

実はこの日の舞台で張り切りすぎてズボンを破ってしまい、動きやすくて派手なズボンを探していた矢先にママのズボンに釘づけになりました。(勿論、ズボンだけではありませんよ・・・。)

早速、売っているお店を教えてもらって北脇、その足でお店に向かいました。(ちなみにその間、師匠と隆司さんは近所お店で飼っているの犬の散歩を して楽しまれました。)

010_2

そのお店にはエキゾチックな美人女性店員と笑顔の可愛らしい男性店員がいらっしゃいました。

「ポロンノのママから聞きました。同じ柄のズボンありますか?」と訊きましたが、あいにく売り切れでありました。

「来週まで待って下さい!取り寄せますから!!」と嬉しい返事が返ってまいりましたので「舞台でカッコよく穿きますよ~。」と北脇。

「えぇ~っ本当に新生ゆーとぴあですか!」と驚かれたお二人・・・。

011

早速お店にチラシを貼って下さいました。

「以前から芸人さんたちが鶴雅ウイングスに来ると聞いていました!嬉しいです!!」と心の底から喜んで下さいましたお二人。

012

こうして北脇までもが喜んで頂けるのもこれまで「ゆーとぴあ」が全国の皆様方に愛されたからであります。

調子に乗っているように見えますが、毎回毎回プレッシャーと闘いながらホープ師匠と舞台に立たせて頂いております。

それでも、ゆーとぴあを知らない世代の方々からも「面白かった!頑張って下さい!!」とか「般若心経の歌、もっと聴きたかったです!」「また観に来ます!」と言って頂いた時はもう泣きそうなくらい嬉しく申し訳ない気持ちになりました。

師匠は勿論、隆司さん、茶がまさん、笑助さんも舞台で助けて下さいますし、スタッフの方々も毎回協力して舞台を成功に導いて下さいます。

喜びを噛みしめながら一日の終わりの温泉・サウナを楽しんで・・・。

013

師匠のお部屋で‘ミーティング’と称した‘アイスクリームタイム’を満喫しましたが・・・。

014

「もうねぇ~ソフトクリーム飽きちゃった・・・。食べていいよ~。」とホープ師匠。

かなりの飽き性で気まぐれなホープ師匠が、よくぞ北脇を相手にコントを15分も全力投球してもらえるものと未だに信じられません。(ホープ師匠の周囲の皆様も心配して毎日のように‘北脇は大丈夫なのか?’とお電話下さいます。お蔭様で北脇は舞台の上でアザと汗まみれになりながらも元気であります!)

そんな訳で師匠に飽きられる前に新生ゆーとぴあがお客様に飽きられないように毎日精進と鍛錬を重ねて参りたいと思っております!

2012年11月 8日 (木)

大雨さま様!満員御礼・・・!?

003

雨の阿寒湖、いつもは毎朝ホープ師匠と阿寒湖周辺を散策するのですが、あいにくの雨。
今朝は北脇一人で出歩きましたが、雨足が強まり、結局ホテルに缶詰め状態となってしまいました。(北海道は記録的な雨で被害を受けられた方々もいらっしゃるようであります。)
外へ出られない師匠は当然ストレスが溜まります。

005

女性スタッフも気持ちを察して下さり、ホープ師匠の話し相手になって下さいました。

009_2

「これでお客さんが来てくれなかったら悲しいよ・・・。」とスタッフの皆様に胸の内を打ち明けるホープ師匠。
スタッフの皆様も優しい方々ばかりで師匠も相当癒されています。
しかし、この雨で嬉しい誤算・・・。
観光や買い物に出られない宿泊客の皆様が次々演芸場に押し寄せて下さいました。

010

これは舞台袖のモニターですが、お客様でほぼ埋め尽くされた席。
スタッフの方々も対応に追われて大変でありました。
我々もいつも以上に張り切りすぎてアクシデントや失敗も重なってしまいましたが、お客様は大喜び!
トラブルまでもが笑いにつながり、無事に舞台を終える事が出来ました。
まさに「芸人生かすにゃ刃物は要らぬ、一日雨が降れば良い!」となってしまいました。(本来は‘芸人殺すにゃ刃物は要らぬあくびの一つもすれば良い。’らしいですね。)

そうしてご機嫌のうちにお酒を頂いてしまい・・・。

011

久々の喜びを東京の皆様方に電話で伝えました。
ブログをご覧いただいている方々から「寝る前のアイスクリーム美味しそうですね~。」などと冷やかされて照れていたホープ師匠。(アイスクリームだけに・・・。)

013

「うん!美味いね~。やっぱりこれに限るよ!!」と師匠が食べているのは・・・。

014

特製お茶漬けであります。
舞台を終えた我々芸人に特別に用意して頂いたお茶漬けなのですが、これが本当に美味いんです!
塩シャケと水菜、ゴマ、アラレ、わさび、だし、白飯、などなどが入った贅沢なお茶漬け。
今夜はアイスクリームは食べずに!

012

三人でお茶漬けを食べて露天風呂に浸かりました。
冷たい雨に打たれながらポカポカの風呂に入って最高の贅沢を味わいました。
40歳の若造には勿体ないほどの体験をして北脇も改めて幸せを実感しました。
皆様、今日も本当に有難うございました!!



2012年11月 7日 (水)

ホープ師匠、次なる相方は犬・・・!?

008

今日も晴れ間を見計らって食事前にホープ師匠とお散歩。
行き先は!

004

アイヌコタンであります。
ウキウキしながら昨夜の美人ママの喫茶店へ行ったもののあいにくお休みでした。(師匠はスペイン人並みに女性に積極的でありますからねぇ・・・。)
しかし、ホープ師匠の目に飛び込んで来たのは!

005

一匹の賢そうな犬。

003

もう我慢できず犬を撫でる師匠。
ホープ師匠は犬や猫、動物が大好きであります。(イグアナも・・・。)

002

邪魔してはいけないとその場を離れる北脇。

015

そのお店のお隣には木彫りのアクセサリーを売るご主人がいましたので話しかけると・・・。

016

すっかり師匠と息投合!
「舞台見に行きますよ~。」と記念写真。

017

「君の将来の夢は何だ!」「ハイ!先生~っ!」とコントのようなやりとりをしいていた師匠と店員さん。
師匠は素人の方をイジって面白くさせるのが天下一品であります。

019

通り過ぎようとしたお店でまたも犬を発見して触るホープ師匠。

020

なかなか愛嬌があって可愛らしい犬であります。

更に歩きますと・・・。

010

またまた犬を発見!

犬もすっかり心を許して師匠になついています。

「君も犬を撫でてやりなさい。」と言われましたので・・・。

011

北脇もムツゴロウさんになったつもりで「よ~しよしよし。」と言いながら手を伸ばしましたが・・・。

012

ソッポ向かれて北脇この表情・・・。

犬は好きなのですが、西新宿の公園で師匠と一緒にいても散歩の犬は北脇に寄り付かず、師匠の方ばかりに尻尾を振って喜んでいます。

師匠は北脇よりも犬とコンビを組んだ方が心が通って面白いかも知れないですねぇ~。(犬に嫉妬した北脇でした・・・。)

と、犬ばかりと遊んでいる「新生ゆーとぴあ」と思われてはいけませんので、舞台の大喜利の様子も一枚!

023

美味しそうなサーモンの寿司が5カン。

よく見ますと「1カンにわさび大盛り」と書かれています。

これは我々大喜利メンバーがお客様の前で寿司を食べて誰が大盛りわさびだったのかを当てるゲームをしました。

大喜利とは少し違いますが、毎回なぞかけ、数え歌などのネタでマンネリでしたので趣向を変えてみましたらこれが大ウケ!

北脇も涙を流して笑いました。(ちなみに被害者は茶がまさんでした・・・。)

こうして2回の舞台も終わり、サウナで汗を流してお決まりの!

024

湯上りアイス!であります。(師匠もこの表情!)

いくら犬が可愛くて気持ちが通じ合ってもアイスクリームを買って来てはくれないでしょうから、やはり北脇の方が相方として相応しいでしょうね~。

さぁ~明日は何をして遊びましょうか・・・。(遊んでばかりで申し訳ありませんねぇ~。)

2012年11月 6日 (火)

大喜利ネタ収集~っ! in 阿寒湖畔

釧路市阿寒湖町に滞在して早や一週間。
少しづつではありますが、ホテル生活にも慣れてきた我々一座。
そろそろ大喜利のネタもマンネリ気味・・・。
そこで地元にちなんだネタを収集する為、寒空の中、阿寒湖畔周辺を朝から散策しました。
その様子をご覧ください!

008

師匠と北脇が朝から向かった先は!

002

阿寒湖の「観光船乗り場」であります。
ホープ師匠の背中、なかなか哀愁が漂っていますねぇ~。

005

待合室の窓から遠くを眺めるホープ師匠。
気分は高倉健ですね・・・。

004

遥かかなたには船が見えます。

006

船着き場に到着を見計らってヨロシク~ネッ!ポーズをするのは勿論・・・。

007

北脇であります。(寒さと風で顔がこわばっています・・・。)

仕事もせずにブラブラしていると思われたら嫌なので、ちゃ~んと舞台の写真もご覧いただきたいのですが・・・。

016

笑助さんが舞台で必死にお客さんを楽しませている様子を袖から見ているホープ師匠。

017

月曜日の昼という事で、お客様はいつもより少なめでしたが、わざわざ3時間かけて舞台を見に来て下さったお客様。

本当に頭が下がります。

無事に70分の舞台を終えまして、またネタを探しにホテルの外へ出た我々一座!

018

お土産物屋の前で談笑するホープ師匠と隆司さん。

019

「よし!ひやかしに入ろう!!」と入りますと・・・。

021

「女の子のプレゼントを探してるんだ。」とのホープ師匠に店主が勧めたグッズは・・・。

022

「・・・。」

(店主曰く、‘結構女の子が買って行くんですよ!’と自信満々でした・・・。)

気を取り直して!

028

アイヌ美女のママの喫茶店であります。

端正なお顔立ちに烏の濡れ羽色の美しい髪。

すっかり師匠もご機嫌になってしまいました。(恋多き男ですからね!)

もちろん北脇も心を奪われていまいましたよ。

024

お店にはモーリスのフォークギターがありました。

「一曲歌ってくれよ!」とのホープ師匠のリクエストに!

025

師匠の実の妹さんに捧げた歌「こんな兄貴に誰がした」を静かに歌った北脇。(茶がまさんは‘木魚’を叩いています。)

東京を離れて旅の気分を味わった気がしました。

こうして収集した地元ネタをふんだんに使って舞台に立った我々一座。

当然、お客様の反応もリアルで非常に新鮮でありました。(コントでも実在する地元大学をタップリ取り入れましたよ!)

舞台を終えてお約束のサウナで汗を流して・・・。

033

そしてサウナの後のお楽しみは毎晩「北海道限定イチゴアイスモナカ」のはずが、写真は普通のソフトクリーム。

北脇が思った通り!

032

「毎日イチゴモナカじゃ飽きちゃうよ・・・。」とソフトクリームにかぶりついていたホープ師匠。(北脇も笑いながらシャッターを押しました。)

明日はどんな一日になりますでしょうか・・・。

楽しみでありますね~。

2012年11月 5日 (月)

ホープ師匠、ホープシックに・・・!?

001

朝、いつものようにホープ師匠の部屋へご挨拶に行きましたら悲しげなお声が聞こえてまいりました。
電話でお話をしてらっしゃったのですが「○○ちゃ~ん、寂しいよ~。東京へ帰りたいよ~。」と東京の女の子たちに胸の内を打ち明けていたホープ師匠。(当然、一人や二人ではありませんし、東京以外の女性にも電話をかけていました・・・。)
当然、一座は男ばかりで、しかも誰も酒を飲みませんし、北脇とは舞台もサウナも散歩も飯も一緒ですから完全にマンネリで飽きられてしまっています。
まさにホームシックならぬ‘ホープシック’にかかってしまったホープ師匠・・・。
しかし、そんな時に救世主が二人も現れました。
一人は!

006

ホテルの職員さんであります。
仕事は出来るし、お話上手で聞き上手、しかも可愛らしい!
ホープ師匠もすっかりご機嫌になりました!(我々男連中のアイドルであります。)

そしてもう一人!
004

ホテルの「なかい」さんであります。
ご覧のように素敵な笑顔で我々の食欲も増して美味しく食事を摂ることが出来ました。
やはり多くのお客様を満足させるサービスを毎日しておられますから元気を頂きまして・・・。

005

北脇までもが元気になってしまいました。
実はこの日、稽古では失敗が殆ど無かった筈の小ネタを何度も外して北脇も落ち込んでしましたが、ちょっと女性とお話をしただけで元気が回復してしまうのですから、男とは本当に単純なものでありますねぇ~。(マギー隆司さんに特訓して頂いて小ネタの方も少し自信が付きました。)

本日は大爆笑は無かったものの怪我やアクシデント無く、四日目の舞台も無事に終える事が出来ました。

師匠と隆司さんとサウナでタップリ汗を流した後はお決まりの・・・。

007

イチゴアイスモナカで一日を終えました。

ブログをご覧いただいている方々から師匠の電話で‘イチゴアイスモナカ’ネタが結構出ているようであります。

今は美味しく食べてらっしゃいますが、飽きっぽい師匠ですから、また新しいアイスクリームを探すことでしょうね・・・。

そんな訳で五日目の舞台もシッカリ頑張りたいと思います!

2012年11月 4日 (日)

遂に大看板「段ボール箱」師匠登場・・・!?

018

どや顔のホープ師匠と北脇。
本日、3日目の舞台を終えた直後の楽屋でのひとコマであります。
この日は土曜日という事もあり、お客様も大勢おこし下さいまして、これまでにない程の笑いを頂きました。
と言いますのも、「新生ゆーとぴあ」を結成させて頂きまして初めてのネタに挑戦し、お客様もそれを受け入れて下さったからであります。

そのネタこそ・・・。

016

「段ボール箱」師匠であります。
前回のホープちゃんライブで使ったネタなのですが、北脇が段ボールの中に入って、ホープ師匠が番号に棒を突き刺す。と言う非常にシンプルなネタなのですが、派手さがあってお客様の食いつきも完璧!
申し分ないのですが、問題は「コストが高い」という事であります。
ですから余程の事がない限りは使いたくないネタなのであります。
コント青年団の青木イサムさんから伝授して頂いた「段ボール箱」師匠。(青木さんはそのように崇めてらっしゃいます。)
当然北脇も舞台前に手を合わせてお祈りしました。(本当ですよ!)

017

本日は何と「段ボール箱師匠」に2回も登場して頂きました。
初代、二代目の段ボール箱師匠のご活躍のお陰でお客様もご満足頂けたのか「ゆーとぴあTシャツ」が飛ぶように売れました。
本当に有難うございました段ボール箱師匠!(ちなみに段ボール箱師匠は十代目まで釧路に連れてきております・・・。)
有難うございます。と言えば・・・。

002

「マギー隆司」さんであります。

ホテルの前のお土産物屋さんで土産物を見て楽しそうですが、心なしか深刻な様子のホープ師匠。

004

「隆司ちゃん、相談があるんだよ・・・」と二人が向かった先は・・・。

006

ホテルのラウンジ。

コーヒーを飲みながら「段ボール箱のコントでアシスタントやってくれないか?北脇が箱に入るといろいろ段取りが大変なんだよ・・・。」と直談判。

ライブでは中村ゆうじさんが段ボールコントのお手伝いをして下さいましたが、本業のマジシャンでらっしゃる隆司さんにコントのアシストをして頂くのは失礼と思われたホープ師匠でしたが、ご覧のように‘ピースサイン’で快く受けて下さいました隆司さん。

お蔭様で段ボール箱コントは完璧にできました。

マギー隆司さん、有難うございました!

008

ホッとしてタバコを一服するホープ師匠。

絵になりますね~。

部屋に戻ってテレビを見ますと・・・。

010

NHKの番組に何と!

011

マギー隆司さんの弟弟子「マギー審司」さんが出ていました。

実は、隆司さんや審司さんの師匠でらっしゃいます「マギー司郎」師匠とホープ師匠は40数年来の大親友であり、兄弟分でありました。

ですからホープ師匠はマギー司郎師匠のお弟子さん達を身内のように親しみを込めてらっしゃいます。

今回の大喜利でも「後輩の審司に抜かれた隆司!」とネタにして喧嘩をしながらお客さんに笑いを提供してらっしゃるホープ師匠と隆司さん(丁度‘笑点メンバー’で言うと、歌丸VS小円遊のような感じであります。)ですが、普段はお互いを尊重し合って素晴らしいご関係でらっしゃいます。

013

隆司さんのご協力でお昼の舞台も無事に終わり、社食でお楽しみの食事!

この日のメニューはカレーライスとうどんでした。

この量を全て!

014

きれいに食べつくした北脇。

ネタが受けて安心したのか、ついつい食べ過ぎてしまいました。

ちなみにプロモーターからは「段ボール箱のネタが出来なくならないように‘太らないで’ね!」と釘を刺されていましたが、この数日で1キロ太っていました。(まぁ1キロなんて誤差の範囲ですけどね・・・。と強がってみたものの気を付けなければですよねぇ~。)

セーブしなければいけないと分かっているんですけど・・・。

019

やっぱり原因は寝る前に師匠と食べる「北海道限定イチゴアイスモナカ」でしょうね~。

この日も二人で半分分けして食べてしまいました。

う~ん。ネタがウケなければストレスで食べるし、ウケれば安心して気の緩みで食べるし、この先どうなるんでしょうかねぇ・・・。

とにかく段ボール箱師匠は北海道でも大ウケする事がよ~く分かりました。

2012年11月 3日 (土)

第二日目は「鶴雅ウイングス」近隣散策・・・!?

020

釧路市のホテル「鶴雅ウイングス」での舞台も無事に第二日目を終えさせて頂きました。
相当気合の入った表情の北脇でありますが「メイクでもして役になりきれ!何でも勉強だよ・・・。」とのホープ師匠からのお言葉で、北脇も‘ゴルゴ13’ばりの‘さいとうたかおタッチ’の眉毛を描いてみました。(舞台ではあまり効果は現れませんでしたが・・・。)
とにかく先輩芸人の皆様に芸は勿論の事、日常生活に至りますまで面倒を見て頂いている北脇。
釧路に滞在して四日目ではありますが、チョッとホテル近隣を散策してみましたのでご覧ください!

004

こちらは「阿寒湖畔」の様子であります。

釧路の天気は変わりやすいのか、朝は晴れていましたが昼過ぎには冷たい雨が降って夜は一段と雨足が強くなりました。

ところで、阿寒湖と言えば!

001

ご存じ「まりもっこり」であります。

ホテル周辺は至る所に「まりもっこりオブジェ」やグッズ、土産物が軒を連ねていましたよ!(それにしましてもいろんな意味で凄いですよね・・・。)

002

「マリモの歌」CDも販売しているようです。

ちなみにホープ師匠と北脇が東京を出発する前の壮行会で歌手で歯科衛生士の石川恵子先生がマリモの歌をカラオケで歌って下さいました。(静かで風情がある曲調で、決してまりもっこりの姿はイメージされませんよ・・・。)

北脇が朝に散策している頃、ホープ師匠は・・・。

010

まだ夢の中でありました。

中村ゆうじさんの師匠でらっしゃいました「杉平助」師匠はお弟子さん達に「俺が寝ている時は必ず息をしているかを確認しておけ!」とよくおっしゃっていたそうですが(笑えないギャグのようですが、真剣に生存を確認して欲しかったようであります。)ホープ師匠もこの写真を見て「俺、こんな顔で寝てるの?死んでるみたいだね・・・。毎日俺の息を確認してくれよ!」と北脇に言いました。

しかし、心配はご無用であります。

何故ならば!

005

目覚めとともに、この食欲であります。

夜型でらしたホープ師匠もこの数日間で規則正しい生活を送ってシッカリ3食とって元気でらっしゃいます。(ちなみにこちらは社員食堂であります。)

006

北脇も食欲旺盛!

朝からこれだけの食事を残さずに食べました。

激太りの心配もありますが、毎日舞台で汗を流したり怪我をしないように体操やトレーニングをしていますので筋肉質な体になってきました。

011

ところ変わりまして、こちらはホテルの中にある池であります。

師匠がジッと見つめているのは・・・。

014

幻の魚「イトウ」であります。

昔、「釣りキチ三平」の漫画で登場したのを見て存在を知った北脇でしたが、実物を見るのは初めてでありました。

012

これだけで見ると小魚のような気もしますが、実際は結構大きくて不気味な感じもしました。

そのイトウを見たホープ師匠「なんか触れそうだねぇ~。」と言って・・・。

013

本当に触ってしまいました。

触る師匠も凄いですが、イトウも人に慣れているのか全く逃げようともしませんでした。

それにしましても釧路に着いて生活をしてまだ4日しか経っていないのに半年ぐらい住んでいるような感覚になっております。

東京に帰るころには一体どうなっているでしょうかねぇ・・・。

2012年11月 2日 (金)

「超~っご機嫌!ホープちゃん」の巻

舞台初日が大成功となり、すっかりご機嫌になったホープ師匠。
北脇のコントのコーチとして尽力して下さいました「中村ゆうじ」さんや「青木イサム」さんからもお電話を頂き、北脇も超~っご機嫌!(お二方には本当にお世話になりました・・・。)
そんなホープ師匠と北脇、一緒にホテル周辺を散策して舞台の疲れを癒しました。
その様子をご覧ください!!

012

鉛色の空、少し背中を丸めながら肌寒い阿寒湖畔の道を歩くホープ師匠。

向かった先は!

013

アイヌの集落であります。

010

「東京のみんなに何お土産に買って行こうかな・・・。」と品定めしているホープ師匠。

009

「この木刀、コントに使えるかな・・・。」とニヤリと笑う師匠。

当然、木刀の餌食になるのは北脇なんですけどね・・・。

014

東京ではまず食べることは出来なさそうな「エゾ鹿肉定食」

今度食べてみたいと思います・・・。

015

よろしく~ネッ!ポーズをする北脇。

これから毎日特訓であります。

016

チョッと休憩。

017

なかなか絵になってらっしゃると思いませんか?

018

お土産物屋さんのおかみさんと談笑するホープ師匠。

これも地元ネタのコントを作る上での大事なお仕事であります。

019

地元の小学生の女の子とも親しくなったホープ師匠。

微笑ましいですねぇ~。

023

夜は「お疲れ様会」で地元の居酒屋に行きました。

当然サイン攻めですよ!

024

今回、キャスティングして下さいましたプロモーターI氏とツーショット写真。

色紙には「新生ゆーとぴあ ホープ・貴士」と書かせて頂きました。(師匠や皆様方に申し訳ない気持ちになってしまいました・・・。)

初日大成功でI氏もこの笑顔ですよ!

嬉しいですね~。

027

一座で記念写真!

左から北脇、茶がまさん、マギー隆司さん、ホープ師匠、I氏、笑助さん。

この日は北脇もお酒を飲んで酔っ払ってしまいました。(このところ連日のように飲んでいる気がしますけど・・・。)

028

温泉とサウナを楽しんだ後は「アイスモナカ」です。(北海道限定イチゴ味)

かぶりつくホープ師匠の写真を撮る北脇が鏡越しに映っていますが、この日は最高の一日でありました!

皆様、有難うございました!そして、お疲れ様でした!!

「笑いまショー」初日ハイライトシーン~っ!!

笑いまショーの初日を無事に終える事が出来た我々一座。
マジックあり、落語あり、コントあり、大喜利ありと、バラエティーに富んだ内容でお客様も大いにお喜び下さいました。(と思っておりますが・・・。)
そのハイライトシーンをご覧ください!

001_2

ホープ師匠と茶がまさんが段ボール箱から慎重に取り出しているのは・・・。

003_2

今では入手困難となってしまいました幻の・・・。

004

「ゆーとぴあCD」であります。

ゆーとぴあのお二人が数年前、劇場版「トリック」に出演した際、記念に作ったCDでありますが、内容が過激でクレームが出てしまい流通ストップになってしまいました。(実際はそんな過激ではないんですけどね・・・。)

倉庫に眠っていたCDを今回の寄席に来て下さいましたお客様に、なっなっ何とプレゼントしてしまう事になりました。

勿論、タダではありませんよ~。

020

Tシャツをお買い求め下さいましたお客様限定のプレゼントであります。(あと、ゴムパッチンを受けたお客様にもCDプレゼントしました。)

実際にTシャツをお買い求め下さいました‘ご奇特な’お客様も現れて下さいましたが、この手作り感タップリのポスターもなかなか味があって笑えてしまいますねぇ・・・。

当然、Tシャツを買って下さったのは我々新生ゆーとぴあの力だけではございません!!

005

トップバッター司会で会場の空気を暖めて下さった「笑福亭笑助」さんの話術や・・・。

006

マギー隆司さんの笑いありの芸術的マジックや・・・。

007

桂茶がまさんの上方落語の力が結集してのアンサンブルであります。

008

舞台そでから真剣な眼差しで皆さんの芸を見ているホープ師匠。

コント初心者の北脇も安心して舞台に上がらせて芸をさせて頂く事が出来ました。

021

出演者の皆様、スタッフの皆様、そして何よりお客様、本当に有難うございました!!

大喜利ウイングス亭 笑いまショー 初日大成功~っ!!

001

ホープ師匠と笑顔でチラシを持つ男性は今回の「大喜利ウイングス亭 笑いまショー」の座長を務められる落語家「桂茶がま」さんであります。

無事に初日を終える事が出来、ホープ師匠と安堵の表情。

当然、不安いっぱいで飯も喉に通らなかった北脇も・・・。

003

 ご覧のように笑顔であります。

稽古の段階から体中‘青アザ’だらけの体当たりコントをやらせて頂きました甲斐ありまして何とか師匠の足を引っ張る事なく、見事に‘ゴムを引っ張る’事が出来ました。

 

しかし、油断は禁物!

打ち合わせ通りにやらないホープ師匠に翻弄されることなく一日一日舞台に立たせて頂きたいと思っております。

そんな訳で、あと49日しっかり頑張りますよ~っ!!(まだ49日・・・。シジュウクニチじゃありませんよ・・・。)


2012年11月 1日 (木)

「大喜利ウイングス亭 笑いまショー」初日!

002

これは釧路市にありますホテル「鶴雅ウイングス」にて行われます演劇場のチラシであります。(座長の桂茶がまさんよりホープ師匠の顔写真の方が大きいのが若干きになりますねぇ・・・。)
11月1日、いよいよ初日の朝となってしまいました。
大勢のお客様方のご来場を心よりお待ちしております!
と、非常にありきたりな感じでブログを仕上げようとしておりますが、実はインターネットの接続状況が厳しく、昨夜から何度もパソコンからブログを送信しておりますが、立ち上がらず、もうお手上げであります。
せっかく面白い写真やネタがあるのに皆様に見て頂けず残念であります…。
ネットの具合が良くなりましたらブログをどんどん書いて行きますので宜しくお願いしますね〜。(その前に北脇の具合が悪くなりそうであります…。)

« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »