« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »

2012年10月

2012年10月31日 (水)

遂に北海道へ!ホープ・北脇コント修行~っ!!

910

10月30日、うす曇りの東京新宿の朝、北海道へ向かうべく羽田空港行きのバス乗り場で記念写真を撮るホープ師匠と北脇。
そんな我々をわざわざお見送りに来て下さったのが・・・。

909

ホープ師匠のお弟子さんでコント青年団の「青木イサム」さんであります。
「コントの小道具を買いにドンキホーテに行きましたが開いていませんでした・・・。」とさり気なく言いながら缶コーヒーで乾杯して北海道行きを祝福して下さった青木さん。
美しい師弟愛に北脇も感激しながら新宿を後にしましたよ・・・。
有難うございます。青木さん!!

911

そんな感動のシーンから約3時間後には釧路空港行きの飛行機の中にいましたホープ師匠と北脇。

前日は3時間ほどしか眠られなかったようで飛行機に乗って暫くすると眠ってしまったホープ師匠。

険しいお顔ですが、悪夢にうなされているのでしょうか・・・。

912

「寒い・・・。帽子と上着を出してくれ・・・。」と言ってクローゼットから取り出して師匠にかけてあげました。

ひょっとして、舞台がウケずに‘寒~い’夢を見てらっしゃるのでしょうか・・・。(きっと北脇がゴムを引っ張らずに、足を引っ張っているんでしょうね・・・。)

916

そして、こちらはこの度お世話になります釧路市阿寒湖温泉の「鶴雅グループ」のホテル内の演芸場であります。

11月1日からの初日に向けて急ピッチで舞台が設営されております。

915

出演者はこちらの面々であります。

今回の座長はセンターを務める「桂茶がま」さんであります。(ホープちゃんライブでもすっかりお馴染みでありますね!)

しかし気になるのは「新生ゆ~とぴあ ホープ&キタワキ」であります。

異論やクレーム覚悟で大抜擢して頂いた北脇でありますが、一体どうなってしまうのでしょうか・・・!?

ちなみに今回はギターと歌は封印し、コントのみで2か月間戦う北脇。

もう‘袋叩き’覚悟で舞台で大暴れする以外ないですね・・・。(こうしてブログを書きながら目眩がしてまいしました・・・。)

927_2

そんな北脇の不安も目の前に並べられた大量のご馳走に心奪われて死ぬほど食べてしまいました。

しかも酒を飲まないはずの北脇なのに大ジョッキの生ビール。

今思い出してもよだれが出てしまいます・・・。

925

師匠も味わって料理を食べてらっしゃいましたよ!

923_2

食事を終えてすっかりご機嫌の3人。

左の男性はマジシャンの「マギー隆司」さん。

マギー一門の一番弟子でらっしゃいまして、ホープ師匠とも数十年来のお付き合いでらっしゃいます。

北脇も隆司さんにコントの間や会話をいろいろ教えて頂きました。

そして、釧路温泉でありますから当然、温泉とサウナを堪能して旅の疲れを癒しました。

930

師匠ももう眠りに落ちる寸前であります。

北脇はこうして慣れないノートパソコンでブログを書いておりますが、コントも北海道でのホテル生活も全て慣れない事尽くし・・・。

何とか乗り越えて元気に東京へ帰りたいものであります。

頑張りますよ~っ!!


2012年10月30日 (火)

メソポ田宮文明からの‘珍みやげ’に北脇カンゲキ・・・!?

001

まるで絵葉書か合成写真のようにも見えますが、新宿駅前での写真であります。

いよいよ北海道へ出発する前夜にイラストレーターのメソポ田宮文明さんが見送りに来て下さいました。

「北海道へ行きましても毎日ブログ更新して下さいね!」とメソポ田宮さん。

これまでも多くの方々が「ブログお願いしますね!」と言って下さり、ホープ師匠や我々の動向を気にして下さっているようで嬉しくなりました。(皆様、本当に有難うございます!)

そんなメソポ田宮さん、これから約二ヶ月に渡り北海道で生活をするホープ師匠や北脇の為に‘この男’らしいお土産を持ってきて下さいました。

それは・・・。

002

「こっこれ、師匠も喜ばれると思いますよ・・・。ハイ・・・。」と恐る恐る紙袋から出したのは、あの‘ケンドーコバヤシ’氏も大絶賛される‘あのグッズ’であります。(詳しくは説明しませんけど・・・。)

全部で3つあるのですが、男5人での長期滞在でありますから奪い合いにならなければ良いのですが・・・。

とにかく、ヘンタイの名を欲しいままに日々画業に励むメソポ田宮さんに相応しいグッズであります。(ちなにみ北脇は神に誓ってこのようなグッズは過去に使ったことはございません・・・。)

きっとホープ師匠も泣い喜ばれる(悦ばれる・・・?)のではないかと思います・・・。

そんな訳で北海道からも毎日(出来る限り・・・。)ブログにて状況をご報告しますので、どうぞお楽しみにしていて下さいね~っ!!

2012年10月27日 (土)

レコーディング終了!ユニット名は「ゆーとぴあホープ・北脇貴士とホープ軍団」!!

2_011

‘ザ・昭和コント’と言える様な衣装を着たホープ師匠と北脇ですが、予定通りレコーディング3日目で全ての楽曲を録り終える事が出来ました。

ちなみに、ユニット名は「ゆーとぴあホープ・北脇貴士とホープ軍団」で決定し、この写真をジャケットに発売されそうであります。

「えっ!バンド名は‘ザ・ヤンバダム’じゃなかったの・・・?」と突っこまれそうですが、やはりホープ師匠と北脇の名前がキチンと表記されていた方が良いとのご意見がパインスターエンタテインメント様から出ましたのでホープ師匠と北脇も合意しました。

一番最初は「ザ・北乃脇バンド」から「ザ・ヤンバダム」になり、最終的には「ゆーとぴあホープ・北脇貴士とホープ軍団」となりましたから、まるで70年代特撮ヒーロー番組の「スペクトルマン」のタイトルのようでありますね~。(一番初めのタイトルは‘宇宙猿人ゴリ’→‘宇宙猿人ゴリ対スペクトルマン’→‘スペクトルマン’と名前を2回変えました。気になる方は→http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B9%E3%83%9A%E3%82%AF%E3%83%88%E3%83%AB%E3%83%9E%E3%83%B3

まぁ力士でも出世して番付けが上がった時に四股名を変えて大活躍する事もありますし、すぐに四股名を元に戻す場合もありますので「ゆーとぴあホープ・北脇貴士とホープ軍団」もずっとこのままの名前で行くかは全く分かりません。(ホープ師匠も移り気でらっしゃいますからねぇ・・・。)

そんなレコーディングの現場にこの人物が登場!

2_007

「中村ゆうじ」さんであります。

もうホープちゃんライブではお世話になりっぱなしでありますが、今回も「ゆうちゃんに協力して欲しいんだ!」と言うホープ師匠からの無茶振りで急遽スケジュールを空けてレコーディングに参加して下さいました。

どこの部分で中村さんに入って頂いたのかは、ホープちゃんライブを見に来て下さった方々はお分かりかと思いますが、CD発売までのお楽しみと言う事でシークレットにさせて頂きます。(中村さんの手に持たれた本が気になりますね~。)

2テイクで完璧にレコーディングを終えられた中村ゆうじさんでありました。

2_008

「お疲れ様~っ!」と記念写真を3人で撮りましたが、実は大変な事実が発覚しまして、このままではCD販売が出来ない事態に陥ってしまいました。

と言いますのは、ホープ師匠の波乱万丈人生をそのまま作詞して歌にした北脇でありますから、過激な歌詞が2箇所程ありまして修正しないと最悪、発売禁止になる可能性が出てしまいました。

かつて、様々なレコードが過激な言葉や放送禁止用語などで発売禁止や回収される憂き目を見た事が多々ありました。

今回も「歌詞を変えてレコーディングをしましょう。」と案がでましたが、痩せても枯れてもシンガーソングライターの北脇ですから、歌詞を変えてしまうとホープ師匠の本当の人物像が全く違ったニュアンスになってしまいますので、ここはホープ師匠にお願いして・・・。

2_009

北脇の過激歌詞の部分にピッタリ合うように・・・。

2_010

「ピー音」ならぬ「ヨロシク~ネッ音」を重ねてごまかしました。

後で聴き返しましたらあまりにバカバカしくて、それでいて自然な感じで爆笑してしまいました。

是非とも完成した曲を皆様にも聴いて頂きたいです。

そんな訳で!

2

12月25日発売の「ゆーとぴあホープ・北脇貴士とホープ軍団」のCDをヨロシク~ネッ!!

2012年10月26日 (金)

レコーディングスタジオにホープ師匠参上!

2_008

バンドメンバーに囲まれてご機嫌なお顔のホープ師匠。

前日はホープ師匠のお誕生日会でありましたので、まだ若干お酒が残っているいるご様子ではありましたが、非常に楽しい雰囲気でレコーディング2日目を終える事が出来ました。

その様子をご覧下さい!

2_001

「師匠何時ごろ来るの?」メンバーの皆様も師匠が来るのを今や遅しと待っているように見えますが、窓の外には・・・。

2_002

路上で金髪美人がジュースを売っている様子を見てデレデレしていました。

さすがに買いには行きませんでしたが、メソポ田宮文明さんなら確実に近寄って買ってきてましたよねぇ・・・。

2_010

とにかくホープ師匠が現われるまでそれぞれのパートを手分して仕上げました。

この日の宮崎さんも冴え渡っていましたよ!

2_014

大林さんも絶好調!

実は前日は体調不良で納得のゆく音が出なかった大林さんでしたが、かなり気合を入れて臨んで頂きました。

そんな我々の気合と力を‘いい意味で分散’させて下さったのが・・・。

2_003

勿論この人、ホープ師匠です。

いきなりスタジオに入ってきて「ダメだよみんな~!元気出さなきゃ~。そんな静かな演奏でどうするんだ!!」と喝を入れていましたが「これはバラードの演奏なので静かに演奏しているんですよ!!」と言ってスタジオから出て頂きました。

師匠の出番まで少し待っていただきまして・・・。

2_004

お待ちかね!ホープ師匠の登場でありますが、緊張気味が若干お顔がこわばっています。

そして隣のブースでは!

2_005

北脇もスタンバイ。

北脇も不安な顔をしていますね~。

2_007

しかし、北脇の不安を払拭するようなホープ師匠のアドリブにつぐアドリブの連発で歌と言うよりもコントか漫才のような楽しいレコーディングになってしまいました。

真剣に北脇が歌えば歌う程、ホープ師匠の面白さが前面に出て、何度聴き返しても笑ってしまいました。

そして、ご自分のパートが終わった途端、歌舞伎町に帰ってしまったホープ師匠でした。(営業でも撮影でも舞台でも自分の出番が終わるとすぐに帰り仕度をしていなくなるホープ師匠であります・・・。)

2_013

師匠が居なくなってご自分の演奏を終え、力を出し尽くし眠る舛田さんと宮崎さん。

2_012

日ノ下さんは読書。

皆さんの血と汗の演奏が出来上がっていよいよ!

2_017

北脇の歌入れです。

本番に強いのか、20分で1曲の歌入れを終えてしまいました。

これには松本知子社長も驚いてらっしゃいました。(普通は何度も録り直してかなりの時間がかかるそうであります。)

とにかくこの調子で3日目のレコーディングも頑張りますよ~っ!!

バンドの皆さん、松本社長、石川部長、エンジニアさん、そしてホープ師匠、有難うございました~っ!!

2012年10月25日 (木)

ザ・ヤンバダム(北乃脇バンド)怒涛のレコーディング初日・・・!?

1_013

男6人(左からピアノ・日ノ下さん、ベース・佐々木さん、ドラム・舛田さん、トランペット・大林さん、北脇、サックス・宮崎さん)がスタジオにて集合写真。

この日は都内の某スタジオにてレコーディングをしたザ・北乃脇バンド改め「ザ・ヤンバダム」。

昼12時から夜23時まで約11時間スタジオに篭ってレコーディングをしました。

ところで、気になるホープ師匠ですが実は10月24日は師匠の63回目の誕生日!

当然、歌舞伎町のクラブ中越しでは盛大に誕生日パーティーが行われまして、レコーディング初日は不参加。

我々6人で約4曲のオケを録りました。(CDは6曲入りで販売予定です。)

その様子をご覧下さい!

1_001

セッティングとサウンドチェックを入念に行います。(写真は佐々木さん・舛田さんです。)

レコーディングはマイクの設置や準備にかなりの時間を費やします。

1_002

今回のレコーディングでバンドの不動のエース的存在になってしまったピアノの日ノ下さん。

北脇の作詞作曲した曲を知り尽くし、意のままに操り我々メンバーやエンジニア、ディレクターを驚かせて下さいました。

途中6時間ほど別の現場に行きましたが、戻ってきても完璧な演奏で締めくくってくれました。

1_003

バンドの華!トランペットの大林さんとサックスの宮崎さん。

宮崎さんは今回「フルート」にも挑戦して下さいました。(ブルーコメッツみたいですねぇ~。)

1_005

パインスターエンタテインメント代表でレコーディングディレクターの松本知子社長と曲の入念な打ち合わせをしている大林さん。

楽譜の読み書きが出来ない北脇のかわりに皆さんがフォローして下さいました。(恥ずかしながら、自分で曲を作っているのに楽譜は理解出来ないんです・・・。)

1_009

こちらのエンジニアさんが凄腕なんです。

瞬時に録りなおしの対応したり、ピッチのずれた音を修正したり、とにかく神業でしたよ。

1_007

レコーディングは体力勝負!

まずは腹ごしらえです。

1_008

食べつつも頭の中はレコーディングの事で頭が一杯であります・・・。

1_010

ブースの中で何度も納得の行く音を出すまで食い下がる大林さん。

プロの魂を見ました!

1_011

大量の食料の差し入れを石川部長から頂いて食べる我々ですが、皆さん相当疲れきったご様子です。

しかし初日で4曲のオケをレコーディング出来たのは嬉しい誤算でありました。(最初の一曲目がかなり時間がかかってしまいましたので・・・。)

1_016

そんな訳で初日終わり皆さん撤収。

2日目はホープ師匠が参加する事になっておりますが、誕生日会でカラオケを歌いすぎて声が潰れていない事を願っております・・・。(北脇のギターも危なっかしいものですけどね~。)

2012年10月23日 (火)

「パインスターエンタテインメント」に北脇、単身乗り込む・・・!?

002

北脇がお邪魔した所は、CDレーベルの「パインスターエンタテインメント」のオフィスです。(右は代表の松本知子様、中央は石川敏明部長様です。)http://www.pine-star.com/

この10月にホープ師匠とザ・北乃脇バンドのCDリリースが急遽決定し、スタジオからスケジュール、予算の確保の為に東奔西走して下さった松本社長と石川部長。

先日の「ホープちゃんライブVOL8」にも足を運んで頂いて、ライブ写真を撮って下さったり、様々なご提案をして下さいました。

そのパインスターエンタテインメントに単身北脇が乗り込みましてレコーディングから完成に至りますまでのお話しをタップリ語り合いました。

レコーディングは今週24~26日の3日間の合計30時間に6曲とナレーションなどを加えたものを作り上げる予定であります。

普通で考えれば無謀な時間配分とスケジュールではありますが、これまで無謀で不可能と言われてもライブやイベントを乗り越えてきたホープ師匠と我々バンドメンバーですので、必ずや実現出来るものと信じております。

ちなみに先日のホープちゃんライブをご覧になられた松本社長、北脇が真剣に打ち合わせで話しをする姿を見て「北脇さんは非常に真面目な方だったんですね・・・。コントで‘壊れて行く’北脇さんの姿を見て、てっきりコントと同じ面白い人と思っていました・・・。」と一言。

メソポ田宮さんのSMショー程ではありませんが、北脇も相当過激にいじられましたからねぇ・・・。

とにかく、バンドの皆様方にもご協力を頂きましてレコーディング、何とか乗り切りますよ~っ!!

参考までにパインスターエンタテインメントですが、最近では・・・。

003

「林家ペー・パー子」ご夫妻がCDリリースされましたし・・・。

004

相撲甚句名人の「大名川憲治」氏もリリースされました。

我々バンドも12月25日の発売に向けて最高の曲を皆様にお届けしたいと思っております。

2012年10月22日 (月)

大相撲甚句に「すもうねこ」登場・・・!?

001_2

美女3人が並んでポーズ!

しかしよく見ますと中央の女性だけお面のようなものを付けていますが、この方こそ、ねこが力士の主人公を4コマ漫画にした「すもうねこ」の作者「はすまる」さんであります。

この日は萩原里枝子さんの自宅兼オフィスにお邪魔しまして大相撲甚句の収録をさせて頂きました。(右の女性が里枝子さん、左の女性が多田トモコさん。)

当然、お三方とも大相撲が」大好きでらっしゃいます。

009_2

実は、はすまるさんは普段は会社員でらっしゃいますので、いろんな意味からお顔をサイトに掲載する事はNGでらっしゃいます。(それにしてもお面、笑えます・・・。)

しかし実際のはすまるさんは可愛らしい女性で、ELTの持田香織似の金星であります。(はすまるさんご本人は‘藤井フミヤに似てるって言われます。’との事。どちらにしても美男美女でありますよね。)

そんな、はすまるさんに「すもうねこ」誕生秘話から高校生時代から大相撲にのめり込んでいた頃のお話、などなど面白トークをタップリご披露いただきました。

005_2

普段、よく里枝子さん邸では「女子会」と称した交流会が行われるそうで、北脇も今回は特別に女子会の中で収録をさせて頂きましたが、もう楽しくて仕事を忘れて食べて飲んで写真を撮りまくってしまいました。(多田さん、ほろ酔いで面白トーク炸裂していましたよ・・・。)

お面のはずのすもうねこが「早く収録しろよ~。」と北脇に言っているようにも見えてしまいますね~。

006_2

多田さんと里枝子さんが、はすまるさんに食べさせているのは大相撲甚句の番組スポンサー㈱スギヨのカニ風味カマボコ「香り箱」です。

何か新しいプレイのようにも見えなくもないですが、とにかくこのように和気あいあいとした楽しい雰囲気で収録をさせて頂きました。

007_2

実は、すもうねこの漫画の中で、某カニカマ「オホー○ク」が登場するシーンがあるのですが(詳しくは漫画をご覧下さい。)、今度いつかスギヨのカニカマか、スギヨの社名が入った「呼出し装束」をすもうねこで登場させて頂きたいとお願いしました。

当然、香り箱の味を大絶賛くださったはすまるさんでした。

大絶賛と言えば!

003_2

この日の為にご用意下さった里枝子さんのお料理も全員大絶賛でした!

ちなみに里枝子さんが手に持っているのは・・・。

004_2

「パンプキン茶巾」であります。(北脇は‘ダンゴ’と言って大ヒンシュクを買ってしまいました・・・。)

ご覧のようにモンスターを太刀持ち・露払いにして「すもうねこ」が土俵入りをしているようにも見えます。

カボチャの皮を上手に使ってこんな細やかに作られて食べるのが勿体無い気もしましたが、北脇は丸ごとモンスター茶巾を食べてしまいました。

美味しかったですよ~。

そして美味しかったと言えば!

015_2

里枝子さん特製の「豆乳鍋」に香り箱を‘投入’しました。(ベタですねぇ~。)

まろやかでコクがあってアツアツで最高でしたよ!(特にツミレが美味でした。)

013_2

「私が男だったら絶対、里枝子ちゃんと結婚したい~っ!」と多田さんとはすまるさんに言われて複雑なリアクションをとる里枝子さん。

優しくて気遣いが出来て美しくて、非の打ち所がない里枝子さん。

どんな人と結婚してしまうのでしょうか・・・。北脇も気になってしまいました。

018_2

そんな北脇の前にバースデーケーキが置かれて、何と誕生会をして頂いてしまいました。

わざわざ里枝子さん、多田さん、はすまるさんがご用意下さいまして、北脇感激で泣きそうになりました・・・。

019_2

40歳と言うことで4本のロウソクに火を灯されました。

実は前日のホープちゃんライブの打ち上げでも中越さんの店内で10月生まれの「ホープ師匠・北脇」の誕生ケーキをご用意頂いたばかりでした。(女優の川手ふきのさんが呼びかけて下さいました。)

やはりいくつになっても誕生日のお祝いは嬉しいですね。

本当に有難うございました!

017_2

甘いケーキの後にも甘い「ドラ焼き」

良く見ますと、すもうねこの焼印が入っています。

栗も入ってズッシリのドラ焼きでしたが、すもうねこが描かれていますので、食べるのが何となく気が引けてしまいましたが、勿論おいしく頂きましたよ!

022_2

そしてこちらは里枝子さんが作って下さった「大鵬ネクタイ」です。

以前より様々な手作りのバッグなどをプレゼントして下さる里枝子さんですが、本業はファッションデザイナーでらっしゃいます。http://saikaweb.com/blog/ ←里枝子さんのブログですが、様々な服などをデザインし作っておられます。

綿の反物で作られたネクタイですからデニムにも合いますね!

本当に嬉しくなってしまいました。(里枝子さんの誕生日には‘泣け歌’ならぬ‘笑え歌’を作らせて頂かないとですよ!)

025_2

そんな訳で、はすまるさん、多田さん、里枝子さん登場の大相撲甚句は12月頃の放送予定です。(北海道に行く北脇ですから録り溜めをしましたが、放送日が分かり次第ブログなどでご報告します。)

大相撲甚句は毎週日曜日深夜12時から放送しておりますが、パソコンやスマートフォンでもお聴き頂けますし、http://842fm.west-tokyo.co.jp/ 

ポッドキャストからもお楽しみ頂けます→http://www.voiceblog.jp/kitawaki-takashi1/ 

どうぞ宜しくお願いします!!

宜しくと言えば!

023_2

はすまるさんの「すもうねこ」の本も宜しくお願いします!

本当に面白いですよ~。(それにしても本に隠されたお顔、気になりますね~。)

2012年10月21日 (日)

ホープちゃんライブVOL8、無事大成功~っ!!

8_025

ご覧のように新宿ロフトプラスワンにて「ホープちゃんライブVOL8」が」行われ、大盛況のうちに終える事が出来ました。(これはフィナーレのシーンです。)

第一回目に阿佐ヶ谷ロフトで行われて以来、約2年間の間に8回も行う事が出来たホープちゃんライブですが、今回を持ちまして一応「終了」となりました。

しかしながらホープ師匠の事ですから、何事も無かったかのように「よし!9回目もやるぞ!」と急に言い出されるかも知れません・・・。

とにかく今回8回目のホープちゃんライブはこれまでの集大成と呼ぶに相応しい最高の出来栄えであったと思っております。

その一部シーンですがご覧下さい!

8_003

悪漢共(中村ゆうじさん、青木イサムさん)を一気に斬り捨てた(ように見える)のは、西田ぼんさん扮する「座頭市」。

歌も動きもリアクションも最高だったぼんさん。

会場は大爆笑が巻き起こりました。

8_004

ぼんさんの後は何をやっても笑いは起きないと思っていましたが、予期せぬ「SMショー」でお客様や出演者は大喜び・・・?

ちなみにロウソク攻めをしているのは「川手ふきの」さん、拷問を受けているのは「メソポ田宮文明」さん。(しかも赤いビキニパンツが最終的には殆ど剥ぎ取られてしまいました・・・。)

もはやホープちゃんライブの名物コーナーになりつつあるSMショーですが、これで見納め・・・。

9回目でも是非挑戦して頂きたいですねぇ~。(ウケまくったメソポ田宮さんに北脇ちょっとジェラシーでしたが、SMまでやる勇気はありません・・・。)

8_006

「ゆーとぴあ」を代表する大ネタ「先生・生徒」をやらせて頂いた北脇。

これまで数週間、ホープ師匠や中村ゆうじさん、青木イサムさん達に徹底的に稽古を付けて頂き、お陰様で北脇もコメディアンデビューさせて頂く事が出来ました。

長年ホープ師匠を見てこられた方々からも「よく頑張ったね!短期間でたいしたもんだ!!」とお声がけ頂きましたが、北脇の知らないところで「ホープは無謀だ!北脇には無理だ!」と言われ続けていたそうですが、ずっと北脇をかばい続けて来て下さったホープ師匠。

そんなホープ師匠に少しでも喜んで頂きたいと思っているのですが、今回少し喜んで頂けたかと思いました。

8_008

アメリカ帰りの「メアリー先生」(アヤさん)と島の分校で教師をしている「ふきの先生」

アヤさんもコントは全くの初心者でありましたが、笑いをとって今回のライブで大きく進化されました。

8_014

進化と言えば「ナオミ」さん。

この衣装で足を上げながら歌って踊って「産卵」してお客様を驚かせました。(普段のナオミさんとはまるで別人のようでしたよ。)

ホープ師匠の元、コメディアン以外の人たちが集まり、コントをすると言う事がホープちゃんライブの見所であります。

8_015

大きな箱に棒を突き刺しているホープ師匠。

まさにお客様の視線も舞台に突き刺さっていますが・・・。

8_017

この箱の中には何と北脇が入っております。

その箱に棒をさして楽しむと言うゲームですが、暗くて熱くて怖くて大変な状況でありました。

8_018

ライブを見に来て下さった「大林素子」さんをステージに呼んで・・・。

8_019

刺して頂きました・・・。

全部で10本もの棒が箱に突き刺され、お客様もお喜び下さいましたよ!

8_022

無事に箱から出てきて何事も無かったかのようにエンディングの「ホープのブルース~ジタバタするのが人生~」を出演者の皆様と熱唱しました。

バンドの皆様も今回はかなりの無理難題の曲を完璧に演奏してライブを盛り上げて下さいました。

8_023

当然、ホープ師匠もノリノリであります。

8_027

ここで西田ぼんさんと中村ゆうじさんから重大発表!

直立不動のホープ師匠と北脇。

8_030

10月30日よりホープ師匠と北脇が2ヶ月間、「北海道へコント修業」へ行く事とレコーディングをして年内に「CDリリース」する事となりました。

見事に2ヶ月を完走出来るかお客様や出演者も師匠と北脇を大注目!

これから一体どうなりますでしょうか・・・?

とにかく皆様、これまで本当に有難うございました。

北脇、更なる精進を重ねてまいりますので今後ともどうか宜しくお願い申し上げます。

2012年10月20日 (土)

ライブ前夜に北脇、運気を使い果たす・・・!?

4000_002

北脇の指の先には一本の棒!

この日はライブ直前までコントの稽古をして久々にホープ師匠と馴染みの「サウナ」に行ったのですが、その際にクジを引きましたら何と「一等賞」を取ってしまいました。

師匠もサウナの店長さんも「信じられな~い・・・。」の表情!

そして北脇は‘ドヤ顔’ですよ!!

拡大してみますと・・・。

4000_003

ご覧の通り「5本線」の印が付いています。

4000_005

お見事!5本線で4000ポイントゲットしました!!

4000_004

これで師匠とサウナ「一日コース」を二人分タダで楽しめる事が出来そうでありますが、ライブ前夜にこのようなラッキーな出来事があると運気を使い果たして、本番の舞台で‘スベリそうな’嫌な予感が頭をよぎってしまいました・・・。(大体嫌な予感は的中してしまうんですよねぇ・・・。)

しかし心配はご無用!

ライブ当日は・・・。

4000_001

ホープ師匠の一番弟子の「西田ぼん」さんが爆笑を取って下さるでしょうし!(稽古最終日に現われて30分ほど稽古をして爆笑を取って去って行きました・・・。)

北脇のコントのコーチを務めて下さった「青木イサム」さんもフォローして下さるに違いありません!!(後でコントの衣装をたたんでらっしゃいます。)

仮に北脇がドツボにハマって最悪になったとしても・・・。

4000_006

最後には伝家の宝刀「ゴムパッチン師匠」が登場して笑いを巻き起こして下さる事でしょう!(青木さんは‘ゴム師匠’‘ヨロシクネ兄さん’と言ってホープ師匠のギャグを敬ってらっしゃいます。)

そんな訳で、北脇が運気を使い果たしても安心して・・・。

Hopechanlive1020_2

皆様、20日(土)昼1時からの「ホープちゃんライブVOL8 in 新宿ロフトプラスワンに来て下さいね~っ!!

2012年10月19日 (金)

ホープちゃんライブに向け、ザ・ヤンバダム(ザ・北乃脇バンド)死角無し!

1019_007

任侠ポーズで決めているザ・北乃脇バンド改め「ザ・ヤンバダム」の面々!(後に変わったポーズをとっている二人が見えますが・・・。)

今回のホープちゃんライブはコントが‘任侠’にちなんだ話しが多いのでBGMも東映ヤクザ映画シリーズや、サスペンス劇場、ミステリー物の音楽を演奏して欲しい!とのホープ師匠からのリクエストで我々バンドもかなり気合を入れてスタジオ練習に励みました。

とは言いましても、北脇は今回殆どコントに出演する事となりそうですので、演奏にはあまり参加出来ませんが、この日の練習でコントのBGMも完璧!

コメディアンとバンドマンとのアンサンブルで間違いなくコントの笑いも倍増するものと思っております。

1019_004

今回は見せ場タップリのトランペット大林さん、重要な意見を出して指揮を取って下さったサックスの宮崎さん(任侠映画のBGMを入念にボイスレコーダーでチェックしています。)

1019_001

たまには違う楽器に挑戦!とピアノの日ノ下さんはドラム。ドラムの舛田さんはベースを!

二人とも若いですし、演奏技術やセンスも素晴らしいのですぐに音が出ていました。

1019_002

ベースの佐々木さんはピアノを弾いていました。(しかも巧いんですよ!)

ホープ師匠は常々「楽器をシャッフルしてもいいんだよ!お客を騙して驚かせるにはどうしたらいいのか?固定概念にとらわれない事!」とおっしゃっております。(昔、ゆーとぴあ時代、舞台直前にホープ役とピース役を変えてお客さんを驚かせた事があったそうです。一度見てみたかったですね・・・。)

今回の北脇のコメディー起用もホープ師匠はかなり勇気がいった事と思いますが、確実に北脇の中で音楽以外の新しい発見をする事が出来たと思っております。

無事にスタジオ練習も終わって!

1019_010

部屋に戻って宴会!

皆さんが手に持っている食べ物は・・・。

1019_011

歯科衛生士で歌手「石川恵子」先生が昨夜作ってくださった「巻き寿司」です。

ライブの稽古の際にはいつも差し入れの食べ物を持ってきて下さる恵子先生。

あっと言う間に巻き寿司を食べてしまいました。

美味しかったですよ~っ!!

1019_012

皆さんが注目する先には!

1019_019

ご存知、70年代特撮ヒーローの「レインボーマン」の映像。(これは主人公のヤマトタケシが師匠のダイバダッタに出会った時のシーンです。)

改めて見ると全体的に役者の‘間’や台詞まわし、演技などは完全に「コント」であります。

ホープ師匠がレオナルド熊師匠に出会ってコントの修業をされたのが70年代前半ぐらいでしたでしょうから時代背景から言うと当時の映画やドラマなどからコントの題材を取り入れられたのではないかと思いました。

まさにホープ師匠にとってレオナルド熊師匠は‘ダイバダッタ’であった訳でありますね!

1019_017

これなどは完全に‘コント’ですよね~。(北脇も今回これに近いコントをやります・・・。)

1019_015

皆さん‘我が家’のようにくつろいでいます・・・。

1019_016

佐々木さんもリラックスしています・・・。(かなり集中したスタジオ練習でしたからねぇ~。)

1019_021

最後は〆の「うどん」を!

1019_020

立ち食いソバのように食べました。(もう完全にコントですよね・・・。)

そんな訳でクドイようですが!

Hopechanlive1020_2

10月20日(土)昼1時から、新宿ロフトプラスワンでの「ホープちゃんライブVOL8」を宜しくお願いします!!

2012年10月18日 (木)

ホープちゃんライブ稽古場に「大林素子」登場・・・!?

001

ホープちゃんライブのチラシを持って笑顔の女性は、元・女子バレー日本代表の「大林素子」さん。

お忙しい中、ホープちゃんライブの稽古場へ差し入れを持って来て下さいました。

実は大林素子さんと川手ふきのさん(右の女性)は10数年来の友人で、先日も舞台で共演されたばかり。

年齢も同じと言う事でプライベートでも大の仲良し!

本当はコントの稽古を見にこられた大林素子さんですが、ホープ師匠や中村ゆうじさんに「恋愛話」や「過去の不幸な体験」を質問攻めされていました。(それでも笑顔で和ませて下さった大林さんに女優魂を感じてしまいました!)

そんな大林さんが途中でお帰りになられましても稽古熱は冷める事無く集中して行う事が出来ました。(大林さんもお忙しいスケジュールの中、‘20日のライブ是非見に来たいです!’とおっしゃってくださいました。頑張らないとですね!)

002

ホープ師匠が指導しているのはバンドでアコーディオン担当の「ナオミ」さん。

今回はコントで女優デビューする事になりました。

004

何度も何度も厳しい指導を受けても必死で食い下がるナオミさんにプロ根性を見ました。

プロ根性と言えば!

005

和傘を使っての登場シーンを稽古しているのは歯科衛生士で歌手の「石川恵子」先生。

指導されるのは都々逸の「柳家紫文」師匠。

実は紫文師匠、日本舞踊の名取りでもありまして、多くのお弟子さんを教えてらっしゃるプロフェッショナルでらっしゃいます。

こちらの稽古も相当入念に行われていました。

更に!

007

女優の「アヤ」さん(右)も川手ふきのさん相手にコメディーを身に付けてメキメキ実力を発揮し周囲を驚かせました。

ホープ師匠はじめ、中村さん、紫文師匠、ふきのさんなどの指導を受けた人たちは短時間で驚くほどの変化をとげてしまいます。

008

当然、ホープ師匠、中村さんも稽古に打ち込んで何度もネタを変化させながら一番面白い部分を探してらっしゃいます。

そんな激しく厳しい稽古も無事に終わり・・・。

009

お疲れ様の「乾杯」!

長年ホープ師匠に付いてらっしゃった青木イサムさんですから、師匠に代わって我々にいろいろなコントのパターンを教えて下さいます。

本番まであと稽古2回、頑張りますよ~っ!!

2012年10月17日 (水)

「センセイ~ッ!体力には自信があるんです!!」北脇、肉弾コントに挑戦・・・!?

1016_010

10月20日に行われる「ホープちゃんライブVOL8」の稽古に打ち込む我々出演者。

今回で‘これで最後’と言うふれこみでありますライブですからホープ師匠も過激なネタやタブーな事に挑戦する覚悟で相当気合が入っています。

そんな中・・・。

1016_004

可愛らしい女性の姿!

以前、ホープちゃんライブに出演してくれた「アスカ」さん。

現在は「白ピアス」と言うお名前だとか・・・。

そんな白ピアスさんは!

1016_006

歌を歌っております。

ちなみに白ピアスさんはシンガーでらっしゃいます。

コントのワンシーンで歌が使えるかどうかをホープ師匠にオーディションして頂いている真っ只中。

結果は・・・。

1016_008

ご覧のように盛り上ってコント出演決定した白ピアスさん。(ホッとした表情の白ピアスさん。)

それにしましても青木イサムさん(一番手前の男性)、相当盛り上ってらっしゃいますね~。

1016_009

ホープちゃんライブには欠かせない看板女優の「川手ふきの」さんに演技指導を受けている「アヤ」さん。

コメディーでありますが、当然稽古は真剣で空気が張り詰めております。

この後、歯科衛生士で歌手の石川恵子先生も合流して今回のホープちゃんライブは女優陣の見せ場が満載!

そんな中、男性陣は・・・。

1016_001

イラストレーター「メソポ田宮文明」さんと、シンガーソングライター(自称・・・。)の「北脇貴士」がこのように対決!

これまでのホープちゃんライブでは毎回‘コメディアン’以外の人間を起用してコントを行うという事が通例となっておりましたが、我々二人も今回は見せ場タップリ(の予定・・・。)であります。

当然、喋りやコント独特の‘間’を短時間で身につける事は難しいですから、体を張ったコントが主流になります。

言わば‘肉弾コント’であります!

1016_002

人間ブリッジをする北脇の上にメソポ田宮さんが乗ってもビクともしません!(約75キロ)

「センセイ~ッ!ボクは体力には自信があるんです!!」と往年の‘ゆーとぴあ’のコントが登場するでしょうか・・・?

これまでホープちゃんライブではゆーとぴあ時代のネタを封印してきたホープ師匠。

いよいよ‘これで最後’のライブでありますから、過激コントがタップリ用意されております。

そんな訳で!

Hopechanlive1020_2

10月20日のホープちゃんライブVOL8をヨロシク~ネッ!!

2012年10月16日 (火)

春日野親方、大相撲甚句に登場~っ!!

012

北脇の隣にいらっしゃる男性は、元・栃乃和歌の「春日野親方」様であります。

この1年ほどは相撲協会の親方衆や行司さんなどにご出演頂き、相撲協会からもご理解ご尽力を頂いております大相撲甚句ですが、この度の春日野親方ご出演が実現しましたのも春日野部屋後援会の萩原様はじめ、関係者の皆様の後押し、そして何より「喜んで協力しますよ!」とご快諾頂きました春日野親方様など、多くの方々のお力でありました。

本当に有難うございます。

ところで、この見慣れない風景ですが、実は春日野部屋の皆様は墨田区を離れまして埼玉県入間市にて合宿中でありました。

その宿舎であります「青少年活動センター」にて収録させて頂きましたが当然、朝稽古も見学させて頂きました。

002

土俵を掃き清める力士。

ここは「入間市民体育館」にあります屋外相撲場であります。

普段は入間市の相撲競技者の皆様が稽古で利用されているようですが、春日野親方と学生時代のチームメートで現在も子供達に相撲を指導されている「西澤」様が10年ほど前から春日野部屋を合宿地として開放されているとの事です。

本土俵と稽古土俵の二面で非常に環境も整っていました。

006

北脇のお隣は先日、断髪式を終えたばかりの、元・栃乃洋の「竹縄親方」様。

北脇が録音機材やギターを持って現われたらすかざず「先日は有難うございました。今日のラジオの取材って北脇さんですか?えっ!師匠がゲストですか・・・。凄いですね~。」と気さくにお声掛け下さいました。(それにしましてもこの体格差ですよね~。)

元・栃乃花の「二十山親方」様も「萩原さんから聞いていますよ。分からない事など何でも訊いて下さい。」と非常に丁寧な口調で接して下さいました。(しかも稽古場から宿舎まで車で送っていただきました。本当に申し訳ありませんでした・・・。)

一見で取材に行ってもこのような対応は絶対に有り得ません。

春日野部屋に限らず、番組のゲスト出演交渉や場所をご提供して頂く際には本当に多くの皆様のご協力なくしては7年も続けて行く事は出来ませんでした。

喜びを噛み締めながら稽古を拝見しましたが、やはり写真を撮ったり席から動き回っては稽古の妨げになりますので、ジッと土俵を見据えて約4時間の稽古を終えて宿舎に向かいました。

007

チャンコをご馳走になって、いざ収録!

収録場所は親方様の個室で1時間半タップリ2週分の撮らせていただきました。

当然、内容は少年時代から今日に至りますまでの春日野親方様の相撲半生を語って頂きました。(菅原博士にもいろいろ質問項目を下調べして準備も万全で臨みましたよ!)

そして勿論「栃乃和歌の歌」も三番まで熱唱しました。

現役時代は鬼の形相で怪力相撲の栃乃和歌関でしたが、実際の現・春日野親方は・・・。

それは番組でタップリお楽しみ頂きたいと存じます!

そして、この力士・・・。

010

「栃登」さんですが、北脇と同郷の石川県能登出身力士。http://sumodb.sumogames.com/Rikishi.aspx?r=11741&l=j

中学卒業から入門して3年半。稽古場でも積極的に稽古に励んでいました。

ちなみに栃登さんが着ているシャツは春日野部屋限定のオリジナルシャツです。(ビームス製)

入手希望者が殺到していますが、現在は在庫がありません。

親方様曰く「原価が高くて皆さんに安くお売りしたいけど今すぐには無理だなぁ~。」との事。

何とか大量に安く出来れば皆さんの元にも行き渡るかもですね!

011

栃登さんをスカウトしに能登町まで行かれた春日野親方様。(本当にいい笑顔ですね!)

ご実家は網本で民宿を経営してらっしゃいます。(北脇も何度か昔お邪魔した事がありました。)

同じ能登町出身の「丹蔵」関に続いて近い将来関取に上がって頂きたいです!

そんな訳で、春日野親方様ご出演の大相撲甚句は10月28日、11月4日の日曜深夜12時から放送予定です。

FM西東京ホームページからパソコンやスマートフォンでもお聴き頂けますし→http://842fm.west-tokyo.co.jp/ 

ポッドキャストからは過去の放送もお楽しみ頂けます。→http://www.voiceblog.jp/kitawaki-takashi1/ 

どうぞお楽しみにしていて下さい!!

2012年10月14日 (日)

北脇、刺激的一日体験・・・!?

1014_001

見るからに‘業界人’と言えるような皆様がズラリ!

本日も都内某所にて「歌舞伎町はいすくーる」の撮影が朝から行われましてホープ師匠のお供で北脇も現場に行って参りました。http://www.kabukicho-high.com/

師匠も撮影ギリギリまで台本を覚えたり役作りに専念してらっしゃいましたので、北脇も邪魔してはいけないと思い、気配を消して小さくなっていましたが・・・。

1014_006

「いい機会だからエキストラで出さしてもらえ!」と師匠に言われて撮影現場に入れて頂きました。

ちなみに、このような‘ピンク’の店内でありますので、男性なら泣いて喜んでしまうような‘お色気シーン’を連想されるかも知れませんが、実際はもう想像を絶するような現場に北脇も目のやり場に困ってしまいました。(本当は喜びを噛み締めて心の中では‘ガッツポーズ’をしておりましたが・・・。)

すかさず師匠「こら!いくら嬉しいからってデレデレするんじゃない!!」と言われて写真を撮られてしまいました。(後にはカメラマンさんやスタッフさんが必死でお仕事をしてらっしゃるのにですよ・・・。)

1014_014

このスリーショット、新しいユニットのようにも見えますが(見えませんかね・・・。)左から片岡愛之助さん、ホープ師匠、塩谷瞬さんです。

師匠もこの度の映画で共演された方々やスタッフの皆様ともすっかり親しくなられました。

そして、北脇も師匠に便乗させて頂いて貴重な経験をさせて頂きました。

本当は最後まで撮影現場に居たかったのですが、やはり20日のホープちゃんライブも迫っておりますので・・・。

1014_019

バンドの皆さんと集まってライブの楽曲の練習をしました。(左からトランペット・大林さん、ベース・佐々木さん、アコーディオン・ナオミさん、北脇、サックス・宮崎さん)

既にスタジオ練習を終えて部屋で飲み会をしておりますが、なかなか充実した練習が出来ました。

ご馳走を目の前に皆さんご覧のように笑顔でありますが!

1014_018

こちらは撮影現場で配られた‘ロケ弁’。

ホープ師匠が「バンドの皆と食べてくれ!」と言ってご自分のは食べずに北脇に持たせて下さいました。

肉厚のチキンカツはボリューム満点でした!(北脇が大半を食べましたけど・・・。)

そして!

1014_016

皆さんが手をかざしているのは「マイセンのカツサンド」であります。

これも現場から頂いてきた物でありますが、何とこのカツサンドは・・・。

1014_017

片岡愛之助さんが差し入れで下さいました貴重な物であります。

早速「レンジでチンしよう!」と温めましたが、時間をかけすぎてカチカチになってしまいました。(結局こちらも北脇が食べる事となってしまいました・・・。)

とにかく本日は朝から晩まで刺激的な一日を過ごさせて頂きました。

師匠もこの日で登場シーンの撮影を終えましたのでライブに専念出来そうであります。

そんな訳で!

Hopechanlive1020_2 

10月20日(土)昼1時からの「ホープちゃんライブVOL8」 in 新宿ロフトプラスワンをどうぞ宜しくお願い申し上げます!!

元力士・琴旭基、大相撲甚句に登場~っ!!

010

お馴染み、両国の「とんかつ若」の店内で大相撲甚句の収録をさせて頂きましたが、今回のゲストは元力士「琴旭基」の「角田博且」さんであります。

小兵の体で最高位、東幕下5枚目まで登り、17年間の土俵をつとめ上げた知る人ぞ知る名力士でありました。

そんな、琴旭基がこの度、大相撲甚句にご出演頂く事となったきっかけは・・・。

033

今年の夏に自費出版され多くの相撲関係者から注目される事となった琴旭基さんの書籍「元力士・琴旭基」を知ることとなったからであります。

内容は琴旭基さんと相撲との出会いに始まり(師匠の佐渡ヶ嶽親方のスカウトの様子もシッカリ書かれておりますよ!)、現役時代の苦悩や喜び、お店を出店された絶頂期から大病を患いリハビリをしながら再起をかける現在の事まで非常に分かり易い内容であります。

この書籍を元にトークをさせて頂きましたよ!

そして今回は琴旭基さんを長年サポートし、大相撲をこよなく愛する謎の女性「弥舟 やふね」さんにもご出演頂き、番組を盛り上げて頂きました。(かなりの相撲博士でらっしゃいましたよ!)

002

当然、琴旭基さんには番組スポンサーであります、㈱スギヨのカニ風味カマボコ「香り箱」をご賞味頂きました。

005

この笑顔!北脇も見ていて嬉しくなってしまいました。

012

こちらはお宝写真、相撲教習所の卒業式。

第146,147期生が集合していますが、安芸乃島関もいますし、玉海力関もいらっしゃいます。(ちなみに玉海力関は今とお顔が殆ど変わっていませんよ。)

013

現役時代の名札。

左の細い方が墨田にあった頃の佐渡ヶ嶽部屋に掛けられていた物で、右の大きな方が松戸に移転されてからの佐渡ヶ嶽部屋で掛けられていたものです。

当然、当時の貴重なお話もご披露頂きましたよ!

014

同期生であった安芸乃島関の反物で作って実際に着ていた浴衣です。

入門当時の安芸乃島関のお話しも語って頂きました。

015

こちらの暖簾は琴旭基さんのお店で実際に使われていた物です。(持って下さっているのは、とんかつ若おかみさんの‘眞由美’夫人であります。琴旭基さんや弥舟さんと相撲トークでかなり盛り上っていましたよ。)

そして、この暖簾を贈られたのが・・・。

016

「デーモン閣下」です。

ちなみに閣下と琴旭基さんは大の仲良しでらっしゃいます。

028

こんな写真も発見しましたよ~。

017

力士への幟旗で作った甚平も似合ってらっしゃいますね~。

018

そして、胸元には・・・。

019

しっかりお店の名前もプリントされています。

024

これは入門1年ほどの琴旭基さんの写真ですが、注目すべきは右の力士「琴剣」さんです。

説明不要とは思いますが、相撲漫画家で大相撲甚句にも3度ほどご出演頂いております琴剣画伯。

かなりのお宝写真ですね~。(左のアヤシイ人物の事もご説明頂きました・・・。)

025

今は無き、フジテレビでの「大相撲部屋別対抗歌合戦」の貴重な一枚。

左から「琴錦」関、「琴富士」関、そして「琴旭基」さん。

実は琴旭基さんは力士になる前は‘アイドル志望’でらっしゃいました。(かなり男前でらっしゃいました。)

そして、琴富士関と言えば!

020

そして、この大入り袋は琴富士関が幕内優勝した時の大入り袋。

当時のお話もご披露頂きました。

011

その他にもまだまだお宝写真を持ってきて頂きましたが、続きは書籍でご覧頂きたいと思います。

ご購入は!

032

メールでお問い合わせ下さい。

詳細はhttp://blogs.yahoo.co.jp/kotoasaki2012 ←琴旭基さんのブログをご覧下さい!

そんな訳で!!

030

琴旭基さんゴ出演の大相撲甚句をどうぞお楽しみにしていて下さい!

放送は11月中旬辺りを予定しております。

FM西東京ホームページから日曜深夜12時からパソコンやスマートフォンでもお聴き頂けますし→http://842fm.west-tokyo.co.jp/ 

ポッドキャストからも過去の放送もお聴き頂けます。→http://www.voiceblog.jp/kitawaki-takashi1/ 

宜しくお願いします!!

2012年10月12日 (金)

「今日から学生服で過ごせ!」北脇、18歳の少年に・・・!?

001

北脇に向かって詰め寄っているのは「中村ゆうじ」さん「ホープ師匠」「青木イサム」さんであります。

この三人のコメディアンに連日コントの手ほどきを受けさせて頂いている北脇。

コメディアンを目指している芸人にしてみればこれほど贅沢な講義は無いほど恵まれた環境にある北脇ですが、ド素人を相手に稽古を付けて下さる師匠、中村さん、青木さんの忍耐と我慢も限界・・・。

この日は激しく叱られてしまいました。

ちなみにコントの設定は「高校三年生と面接官」。

ホープ師匠が高校三年生、中村さんが面接官、青木さんが高校三年生、ホープ師匠が面接官・・・。

などなど役をシャッフルしてそれぞれコントを演じられるのですが、60代の師匠も50代の中村さんも40代の青木さんも完全に‘高校三年生’になりきってコントを見せて下さいました。

それなのに一番若い北脇が高校三年生を演じると、もうボロボロ・・・。すっかり自信を無くして落ち込んでいましたらホープ師匠「落ち込んでいる場合じゃないんだよ!39歳の北脇が舞台に立ったって誰が笑う?バカになれ!誰が何と言おうが‘ボクは18歳です!’と嘘をつき通す‘詐欺師’になれ!!」とホープ師匠に強い口調で言われました。

中村さんからも「コントを演じる上でやっぱり重要なのは役づくりです。北脇さんにないのは役になりきっていない所です。」と的確にご指導頂きました。

師匠や中村さんの言う通りに注意しながらコントをやってみると北脇のコントも少しマシになったようで「昔、俺の弟子で30過ぎの女芸人がいたんだけど‘お前は今日からセーラー服で生活しろ!女子高生になりきればコントで使ってやるよ!’と言って本当にセーラー服を着て日常を過ごした奴がいた。それぐらいバカになれ!!」とホープ師匠に言われました。

青木さんの姉弟子でらっしゃったようですが、居酒屋やスナックへもセーラー服を着て徹底的に女子高生になりきってらしたようです。(誰も‘未成年だろ!’と注意もさせないほどの凄みがあったんでしょうね・・・。)

この後は中村さん、新宿ロフトプラスワンのトークショーにゲストに招かれました。

003

ホープ師匠と一緒に観に行きましたが、トークショーの主役は!

012

「上佑史浩」氏でした。

プロレスラーのサスケさんが司会をされましたが、中村さんの切れ味鋭いコメントや質問、全くぶれない立ち位地はまさに名人芸でありました。

そんな中村さんに対しても上佑氏、全く熱くなることなく、こちらも全くぶれる事なく激しいまでのトークショーを見せて下さいました。

このように写真を掲載していますが、サスケさんからも「写真OKです。何でしたら動画も撮ってユーチューブに上げても良いですよ!」とお客さんに言って我々を驚かせて下さいました。

トークの内容はとても書く事は出来ませんし、そんな気持ちもございませんが、いかなる相手でも堂々たる立ち居振る舞いをして媚びない中村ゆうじさんは‘朝まで生テレビ’の‘田原総一郎’氏のようでありました。

そんな北脇、ホープ師匠や中村さん、青木さんとの貴重な時間を思い出しながら家に帰りまして・・・。

011

本当に高校三年生になってみました。

「誰からも愛される可愛らしい男になれ!」とホープ師匠に言われましたが、本当に愛される男になれますでしょうかねぇ・・・。(昨年末の大阪でのストリッ○劇場でのコント以来、学生服に袖を通しました。)

とにかく非常に実りの多い一日でありました!

ホープ師匠、中村ゆうじさん、青木イサムさん、有難うございました!!

2012年10月10日 (水)

ザ・ヤンバダムに追い風の予感・・・!?

001

男性陣5人の中に白衣姿の女性が一人。(前列左から歌手で歯科衛生士の石川恵子さん、ドラマーの舛田さん、ピアノの日ノ下さん、北脇、ホープ師匠、トランペットの大林さん)

ここは高田馬場にあります恵子先生の歯科医院(津田歯科医院)の前なのでありますが、この日はホープ&ザ・北乃脇バンド改め「ザ・ヤンバダム」にとりまして重要な話し合いが行われる為、㈱パインスターエンタテインメントへ行く事となっておりました。http://www.pine-star.com/

以前、ブログでもご紹介させて頂きましたが、㈱パインエンタテインメントはCDなどをリリースされるレコードレーベルでらっしゃいます。

そこへ重要な話し合いが行われると言う事は、当然・・・。と言う事になる訳でありますが、恵子先生を介して代表の松本様とジックリ‘具体的な’お話をさせて頂く事が出来ました。

何やら奥歯に物の挟まったような表現でありますが(恵子先生が歯科衛生士と言う訳ではありませんよ!)とにかく、ザ・ヤンバダムに良き追い風が吹いてきている事は間違いないと思います。(また詳しい動きはブログなどでご紹介をさせて頂きたいと思います。)

ちなみに恵子先生の津田歯科医院の目の前には「高田馬場RABINEST」と言う劇場がありまして、様々な役者さん達が舞台を行ってらっしゃいます。http://www.rabinest.com/info.html ←サイトです。

その劇場で何と!

002

ドラマーの舛田さんが本日(10日)より舞台「キラキラになりたくて」を行う事になっておりまして、大忙しでありました。

ドラマーでありながら劇団などでも活躍している舛田さん。

今後の活躍に目が離せませんね~。

005

当然、北脇も観に行くつもりであります。

何か舞台で新しい発見が出来るかもと非常に楽しみなのであります。

そして、楽しみと言えば!!

003

ザ・ヤンバダムの今後も楽しみですね~。

打ち合わせも終わり、その足で歌舞伎町のクラブ中越さんで祝杯!

これから我々も忙しくなりそうですよ~。

2012年10月 9日 (火)

北脇、3連休を大いに満喫する・・・!?

035

このポスター、以前にブログなどでもご紹介させて頂きましたが、東京現代美術館で3ヶ月間に渡り行われました「特撮博物館」。

昨日10月8日は最終日でありましたので、遅まきながら北脇も観に行ってまいりましたが、群集のような人だかりでありました。

001

朝10時に会場に着いた頃には既にこんな感じで、チケットを買って実際に入って見学するまでにやはり2時間弱はかかってしまいました。

客層も老若男女問わず、様々な年齢層でこのように日本国民(海外の人たちもいらっしゃいましたよ。)に夢を与えるイベントが行われた事は素晴らしいと実感してしまいました。

それにしましても凄い数の人で「ホープちゃんライブもこのぐらい人が集まってくれたらなぁ~。」と思ってしまいました。(当然、この事はホープ師匠に報告しましたよ。)

会場は身動きとれないほどの人でひしめき合っていましたが、窒息しそうな中で「お宝特撮美術品」の数々を目の当たりにして元気とパワーをタップリもらいました。(当然、写真撮影はNGであります。)

そんな中!

002

この空間のみは撮影OK。

館内で上映された「巨神兵東京に現る」の映画で実際に使われた撮影のセットであります。

9分間ぐらいの映画でしたがド迫力であまりのリアリティーに恐ろしくなってしまいました。

003

折れ曲がった東京タワーや傾きかけたビル。

ミニチュアセットと言いながら実際に成人男性の背丈と比較してもその大きさがよくお解かりかと思います。

005

人が居なくなった隙をついて素早く北脇も一枚だけ写真を撮りましたが、ご覧のように逆光で真っ黒になってしまいました。

残念ではありますが、グッズ売り場では当然!!

037

この書籍を購入しました。

分厚くてお宝写真や記事がビッシリでした。

以前、大相撲甚句の収録で「盗撮美術監督・井上泰幸先生追悼番組」をお届けした際にお邪魔しました東郷様邸で拝見したこの書籍を見て購入したいとおもっておりました。

039

この「ピープロ」作品のザボーガーやライオン丸、ロックバットも展示されていました。

写真では本物の野生のライオンのような色となっていますが、実際は真っ白でありました。

40年の年月がライオン丸の仮面をこのようにセピア色にしていましましたが、もう感激でした。

041

流星人間ゾーンのスーツも展示されていました。

これも約40年前のものでありますが、現存されてていた物を実際に拝見できて本当に嬉しかったです。

042 

タックアロー号の他にも数多くの戦闘機が展示されていましたが、ミニチュアと言うにはあまりの大きさと重厚感に驚いてしまいました。

036_2

と、このように朝から特撮博物館を満喫して、ホープ師匠が待つであろう新宿歌舞伎町にコントの稽古に向かった北脇。

待てど暮らせど一向に現われないホープ師匠から電話が入り「ゴメン・・・。夕べ飲み過ぎで体が動かないよ~。公園まで出てきて・・・。」と弱々しいお声・・・。

といいますのも。

107_033

その前の晩は「歌舞伎町はいすくーる」の撮影が都内某所で行われて軽部進一監督や俳優の皆さんがホープ師匠を尋ねてクラブ中越に来て下さいました。

監督や俳優の皆さんと話が弾んでお酒もすすんでホープ師匠もご機嫌で浴びるほどに飲んでしまいました。(見ていた北脇も飲みたくなるほど楽しい雰囲気でありましたよ!)

コントの稽古をやめてサウナで昨夜の酒を流しだしていたホープ師匠の元に「ダンカン」さんが現われまして目の色が変わったホープ師匠。

「ダンカン君、北脇にコントの稽古を付けてくれよ!」と頼み込んで下さり、全裸でコントの稽古をサウナ室や休憩室で行いました。

大量の汗をかきながら人間ブリッジなど体を張ってコントをやる姿はスーパージョッキーの「ガンバルマンズ」のコーナーのようでした・・・。(ダンカンさん、プライベートなのに本当に有難うございました!)

40歳目前でまさかこんな事になるとは思いませんでしたが、この3連休は最高に充実し楽しませて頂いた北脇でした。

2012年10月 8日 (月)

全国少年相撲選手権大会 in 両国国技館

107_031

3連休の中日、両国国技館におきまして「全国少年相撲選手権大会」が開催され、全国から約80チームが集結し熱戦を繰り広げました。

そんな中に!

107_001

北脇の地元、石川県「穴水チーム」の子供達も参加。

堂々の相撲を見せてくれました。

丁度、ベースボールマガジン「相撲9月号」のアマ翔ける!のコーナーで特集して頂き、勢いに乗る穴水チーム。

ご覧のように全員細身ではありますが、技と動き、チームワークで団体戦の2戦を勝利してくれました。

107_006

監督の「村田護」先生と北脇は穴水高校相撲部時代のチームメート。(北脇3年の時の1年生)

小・中学生時代から本格的に相撲をやっていた村田先生。(当然、北脇は稽古場でも殆ど勝てませんでしたよ・・・。)

当時チームのポイントゲッターとしてで活躍してくれました。

そんな村田先生から「忙しいと思いますが応援に来て下さい!」と電話を貰って北脇も3時間ほどですが一緒に応援させて頂きました。

そんな穴水チームのすぐ目の前の席には!

107_011

「柏日体高校相撲部」がいらっしゃいました。

監督の永井先生(右から2人目)とは様々な試合会場などでもよくお会いしますし、以前から親しくさせて頂いております。

赴任して2年ほどですが部員も増えて着実に地力を着けてらっしゃるご様子!

いつか稽古場を観に行きたいと思いました。

107_004

団体戦は小学3,4,5,6年生と中学生一人の5人制。

北脇がお世話になっている文京チームは3チーム、三鷹チームは2チーム参加して選手層の厚さを目の当たりにしました。

そして半年、1年も見ないうちに子供達は体も大きくなってメキメキ力を付けていました。

107_008

穴水チームの子供達に囲まれて人気を独り占めしているのは、追手風部屋力士「大翔虎」さん。

この夏、穴水町に合宿に来て下さった追手風部屋力士ご一行様の中に当然、大翔虎さんもいらっしゃいましたので、すっかり子供達とも仲良しになったようで応援に駆けつけて下さったようでありますが・・・。

107_010

「アキラ~っ!」と呼び捨てにされたり髷を触られたりしてタジタジになっていました・・・。(大翔虎さんは‘相撲博士’のようでありますよ。)

夏の3週間の合宿は子供達とお相撲さんの距離を縮めて大相撲を身近なものにして下さいました。

しかしながら、部員の減少は歯止めがかからず村田先生や父兄の皆さんも頭を悩ませていました。

これは穴水チームだけでなく、他のチームにも深刻な悩みだと思います。

大相撲力士とアマチュア相撲が連携して更なる相撲人口増加の為に頑張って頂きたいと感じました。

107_015

北脇のおじさんはこれからも穴水チームと相撲少年達を応援しますよ~っ!!

2012年10月 6日 (土)

NG・爆笑・大量生産・・・。ホープ師匠、映画に挑む・・・!?

008

ホープ師匠とポーズをとる男性は映画監督で映画プロデューサーで㈱nktエンターテイメント社長の「軽部進一」様。http://www.nktentame.jp/

この日は軽部監督の指揮の元、会社で「歌舞伎町はいすくーる」の撮影が行われまして、朝から多くの役者さん達が集まりました。http://kabukicho-high.com/cast.html 

当然、ホープ師匠も朝から現場に入り、張り切っておりましたがホープ師匠はアドリブや即興のコントは名人でらっしゃいますが、キッチリとした台詞割のある台本を覚えて演技することが苦手でらっしゃいます。(昔から様々な映画やテレビ、舞台でNGを連発されていました・・・。)

その証拠に・・・。

001

㈱nktのロビーで青ざめたお顔でタバコを吸っているホープ師匠。

「俺、長い台詞があるんだよ・・・。絶対5回はNG出すよ・・・。」と超~っ弱気な発言。

「いえ!私は師匠がテイク1で神がかり的に撮影をこなしてゆく姿を夢で見ましたよ!」と見えすいた嘘をついた北脇。(けっこう長い台詞があったんです・・・。)

しかし、刻一刻と撮影時間が迫り・・・。

003

衣装に着替えて台本を読むホープ師匠。

こうして見ると二枚目俳優(死語ですねぇ~。)のようにも見えますが、実際の役どころは・・・。(申し訳ありませんが上映前ですので言えません。)

かなり真剣に役作りをしていたホープ師匠でした。

005

しかしながらNG続出でホープ師匠の顔もこわばっております。(衣装さんにお直しをして頂いております。)

そんなホープ師匠に映画と笑いの神が降臨して現場は爆笑につぐ爆笑!

信じられないようですが、ドキュメンタリーのようなリアリズムを追求した最高のシーンが撮影されました。(それも軽部監督のアイディアとホープ師匠の性格を知り尽くされた故の計算された産物であったのですが・・・。)

撮影後はホープ師匠と軽部監督が抱き合って喜び合ったのは言うまでもありません。

そして!

009

ホープ師匠と共演された「塩谷瞬」さん、「あさ美」さん、「乃木太郎」さんと‘ヨロシク~ネッ’のポーズ。(写真の掲載を許可頂きました。有難うございます。)

軽部監督がホープ師匠の事を「師匠!師匠!!」と呼んでらっしゃるので現場スタッフの皆さんも出演者の皆さんも全員「師匠~っ!」と呼んで親しみを込めてらっしゃいました。

あれ程のNGを連発しても周囲を笑わせて愛されるホープ師匠。

やはりホープ師匠は只者ではありませんよねぇ~。

この後は塩谷さんと一緒にフジテレビの「ウチくる!?」の撮影をしたホープ師匠。http://www.fujitv.co.jp/b_hp/uchikuru/index.html

10月28日放送予定の映像ですが、過激で放送コードギリギリのホープ師匠の発言の連発に間違いなく‘お蔵入り’されてしまうと思いました・・・。(撮影していた会議室からは笑い声が響き渡っていましたが・・・。)

しかし!「歌舞伎町はいすくーる」のホープ師匠のNGはメーキング映像などで間違いなく使われるものと思います。

上映が本当に待ち遠しいですね!!

2012年10月 4日 (木)

琴剣を囲んで‘男だらけの大相撲甚句’・・・!?

003

いつものように両国「とんかつ若」の店内にて記念写真。

今回も大相撲甚句の収録の為にお邪魔したのですが、ゲストは、元・力士で相撲漫画家「琴剣淳弥」画伯であります。http://blog.goo.ne.jp/honobonobeya ←その様子が琴剣さんのブログに掲載されていますよ。

それにしましても全員、男・オトコ・おとこ・・・。

前列左から琴剣さん、整体師で相撲博士の菅原さん、後列左から三鷹相撲クラブ代表の和田さん、イラストレーターでヘン○イのメソポ田宮さん、北脇。(北脇の左手に注目・・・。しかし二人はアヤシイ関係ではありませんよ~。)

見事に男ばかりが勢揃いしましたが、実は訳がありまして、以前とんかつ若で美女が大勢集まった際に「琴剣さんを囲んで収録したら皆さん来てくれるかな~?」と北脇が呼びかけた際に「ハ~イ!!」と美女の皆さんから帰ってきたので「琴剣さんをエサにして・・・。」と悪だくみを考えた北脇でしたが、皆さんお仕事などで結局集まったのは男のみでありました。(上手く行かないものですねぇ~。)

しかし、男だらけでも盛り上りましたよ~。

004

琴剣さんのアイパッドに釘付けになる皆さん。(紙芝居のおじさんに群がる子供のようですね~。)

画面には!

006

8月に宮城県で大相撲巡業された際に「琴剣ブース」に集まった子供達と記念写真を撮られた琴剣さん。

約90人の子供達の似顔絵をボランティアで描かれた琴剣さん。

子供達も大喜びだったそうですよ!

そして大喜びは子供だけでなく・・・。

007

玉鷲関も!

子供達の行列に混じって並んだそうです。(ちなみに似顔絵は子供限定でありました。)

それにしましても似顔絵、激似です。凄すぎますよねぇ~。

008

そして、琴剣さんがお宝をご持参。

これは五月場所に綱打ちした時に出来た「麻」をほぐしたものであります。

これと同じものが横綱白鵬関の綱の中に入っているんです。

皆さんで分けて頂きました。(超~縁起物であります!)

012

菅原博士の私物で琴剣画伯の書籍。

このレシピを元にちゃんこ鍋を作った菅原博士。

収録でも「琴剣へ100質問」して番組を盛り上げて下さいました!(100もしてませんけど・・・。)

014

お仕事を早めに切り上げて収録に参加して下さった和田代表。

少年時代(昭和59年九月場所)に「琴風・小錦」の凄まじい一番を目の当たりにして「俺も琴風のように小錦を倒す為に力士になりたい!」と稽古に励んだ和田光広少年。

プロには行きませんでしたが、琴風関の相撲は和田代表を通じて三鷹相撲クラブの子供達にも受け継がれています。http://mitaka-sumo.com/

和田代表の目黒高校相撲部時代の先輩で角界入りした力士と琴剣画伯は親友でありました。

やはり相撲人はいろいろな所で繋がっているんですね!

013

繋がっていると言えば、琴剣画伯とメソポ田宮さんは同じ漫画協会の会員でありますし、以前より「メソポ田宮さんに会わせて下さいよ!」とラブコールを送っておられた琴剣画伯。(メソポ田宮さんの絵に興味を寄せてらっしゃったようであります。)

そしてメソポ田宮さんと言えば!

001

スギヨ仮面をデザインした人物であります。(琴剣画伯の手には‘スギヨ仮面携帯ストラップ’が持たれています。)

ちなみに、琴剣画伯は熱狂的な‘特撮ヒーローファン’でらっしゃいますので、メソポ田宮さんとも意気投合!(メソポ田宮さんも特撮大好きですからね~。)

お話しも弾んでらっしゃいました。

015

「あっ、あのぉ~サインをして下さい。ハイ・・・」と恐る恐るお願いするメソポ田宮さん。(オドオドしていますね~。)

017

この笑顔ですよ!

そして、今回の男だらけの大相撲甚句の中に・・・。

018

女性が一人。

ご存知、琴剣画伯のおかみさんであります。

奥ゆかしくて優しくて気が利かれて、本当に良い方でらっしゃいます。

琴剣画伯を支える活力の源でらっしゃいますおかみさん。

今回の収録もお世話になりっぱなしでありました。

そんな訳で!

011

琴剣画伯ご出演の大相撲甚句は10月21日(日)と、もう一週11月ぐらいに放送予定です。

FM西東京ホームページからパソコンやスマートフォンで日曜深夜12時からお聴き頂けますしhttp://842fm.west-tokyo.co.jp/ 

ポッドキャストからも配信します。http://www.voiceblog.jp/kitawaki-takashi1/ 

どうぞお楽しみにしていて下さい!!

2012年10月 3日 (水)

北脇、コントで丸裸に・・・!?

10_002

やや疲れた顔で食事を前に写真を撮るホープ師匠、青木イサムさん、北脇の3人。

この日は師匠、中村ゆうじさん、青木さんを講師にコントの稽古を付けて頂きました。

以前からホープちゃんライブなどでは‘ほんのチョイ役’で北脇もコントに参加する事は幾度かありましたが、今回は‘ホープ師匠の相方’としての特訓ですから大変な稽古でありました。

「その芝居は余計!」「その返しは邪魔!」「そんなツカミじゃ客は笑わない!」などなど北脇がやればやるほどドツボにハマリ、師匠や中村さん、青木さんの模範コントを見れば見るほどレベルの高さに自分自身の力の無さに愕然としてしまいました・・・。

とにかくこの日一日の稽古で北脇の悪い癖や動きなどが全て分析されて、まさに三人に‘丸裸’にされてしまいました。(まぁ全裸になって笑いが取れるならいくらでも脱ぎますがね・・・。)

「食事を終えて帰り道「君を見てると昔のピースを思い出すよ・・・。アイツは昔、何にも出来なかったんだ。でも根性はあったし貪欲だった。不器用さを稽古でカバーして最終的には客イジリやリアクションなんかも完璧になったんだよ・・・。」と北脇に話して下さったホープ師匠。

昔をあまり語りたがらないホープ師匠ですが、ゆーとぴあ結成時の事を思い出されたようでありました。

「今日一日で北脇の良い所、悪い所が大体見えた。大丈夫大丈夫!絶対出来るよ。君は天才だ!!」と言って北脇のやる気を引き出して下さったホープ師匠。(勿論、天才ではありません・・・。北脇は超~不器用な人間であります・・・。)

北脇、40歳目前に新しい自分を発見する日が訪れたような気がしましたが、教えて下さった師匠、中村さん、青木さんも相当なエネルギーを使われました。

何とか期待にお応え出来るように頑張らないといけませんよね!!

2012年10月 2日 (火)

これで最後か・・・!?「ホープちゃんライブVOL8」迫る!!

Hopechanlive1020_2

ご覧のような見出しで描かれた「ホープちゃんライブVOL8」のチラシ。

毎回新ネタを披露し続けるホープちゃんライブでありますが、「これで最後。」「もはやこれまで」と言う事で、10月20日のライブは出演者全員力を出し尽くして取り組むつもりであります。

皆様にはどうか一人でも多くご覧頂きたいと願っておりますので、どうか宜しくお願い申し上げます。

ホープ師匠も我々出演者も皆様のご来場を心よりお待ちしておりますよ!!

ちなみに、ホープちゃんライブVOL1からテーマソングとして歌っている「ホープのブルース~ジタバタするのが人生~」の映像もユーチューブにアップしました。

是非ともご覧下さいね。→http://www.youtube.com/watch?v=y7b2hqHNLPg&feature=youtu.be

2012年10月 1日 (月)

ザ・ヤンバダム、スタジオ初練習~っ!!

003

台風真っ只中でしたが、昨夜も我々「ザ・北乃脇バンド」改め「ザ・ヤンバダム」のメンバー揃いましてスタジオ練習を行いました。(全列左から北脇、ナオミさん、佐々木さん。後列左から宮崎さん、舛田さん、大林さん)

10月20日のホープちゃんライブVOL8に向けて気合十分でありますが、この日はピアノの日ノ下さん、パーカッションの前田さんは欠席。(他のお仕事と重なってしまいました。)

こんな時は!

001

ナオミさんにピアノをやって頂きます。

本来はアコーディオンよりもピアノが得意なナオミさんであります。

10月のホープちゃんライブではナオミさんにもメインボーカルをやって頂く予定です。(北脇はコントに専念します・・・。)

無事に練習も終わりまして!

004

恒例の北脇宅でミーティング(と称した飲み会・・・。)。

皆さんテレビに釘付けですが、気になる番組は!

005

テレビ東京の「大食い選手権」であります。

この番組の司会者はホープちゃんライブに毎回ご出演頂いております「中村ゆうじ」さんであります。(画面の一番左の男性です。)

10月のライブもスケジュールを調整して頂いているようでありますので北脇、思い切って胸をお借りしたいと願っております。

006

全員「食べた~い!!」とスゥイーツに釘付けでありました。(本当に美味しそうですよね~。)

008

宮崎さんが真剣に呼んでいるのは北脇が最近ハマッている「すもうねこ」の本です。

シュールでバカバカしくて、でも可愛らしい内容で本当に笑えるんです。

009

結構マニアックな相撲の内容も書かれています。

010

ちなみに舛田さんは相撲大好きであります。(若の里ファン)

稀勢の里世代の26歳の舛田さんは我々バンドの中でも希望の星であります。

013

勿論、大食い選手権とすもうねこを見終わった後はスタジオ練習の時に撮った映像で反省会を行いました。

011

と、言う訳で「ザ・ヤンバダム」を宜しくお願い申し上げます。

先日、あっち幾三一座にお招き頂いた時の動画をユーチューブでアップしましたのでご覧下さい。(お楽しみ頂けますよ~。)→http://www.youtube.com/watch?v=mCjjPeXetOA&feature=youtu.be

« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »