« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »

2012年9月

2012年9月30日 (日)

栃乃洋引退 竹縄襲名 披露大相撲

003

国技館に押し寄せる人・ヒト・ひと・・・。

9月下旬なのに夏のような暑さと天候でありましたが、昨日9月29日は国技館にて「栃乃洋引退 竹縄襲名 披露大相撲」が執り行われました。

とにかく長蛇の列でなかなか入ることも出来ず、写真も殆ど撮る事の出来ない程の賑わいでありました。

Photo

ようやく門をくぐり、パンフレットを手にした北脇。

この化粧まわし姿の栃乃洋関の勇姿がもう見られないのかと思うと少し寂しい気持ちになってしまいました。

ところで引退パンフレットと言えば!

006

ご存知、相撲博士「菅原尚晋」さんであります。

北脇と一緒に栃乃洋関から升席を買わせて頂き、一緒に仲良く入りました!

ちなみに菅原博士が手に持っているのはお土産の袋に入っていた‘栃乃洋ペアマグカップ’であります。(そのカップは北脇が強引に奪い取ってしまいましたが・・・。)

004

お菓子や焼き鳥なども振舞って下さいましたよ!

太っ腹ですねぇ~。

そして我々の升席には!

007

元・春日野部屋の関取「栃桜」関と北脇がお世話になっているママも来て下さいました。

以前より「栃桜親方とお話ししたいです。」と北脇に言っていた菅原博士ですが、ご覧のように緊張でコチコチになっています。(よ~く分かりますよ~。)

更に我々の前の席には!

008

お馴染み!大相撲をこよなく愛する女性「萩原里枝子」さん(右)、「多田トモコ」さん(中)、とご友人がいらっしゃいました。

女性三人並ぶとやはり華やかでありますが、話題は‘大相撲一色’でありました。(よ~く分かりますよ~。)

そんな三人の横で北脇!

009

張り切ってしまいました!

さぁ!これからたまり席へ行こう!!と思っていた時・・・。

010

石川県のアマチュア相撲を全国区に牽引し続ける「松本司和」先輩が通りかかりましたので、お馴染み「石川県ポーズ」で記念写真。(親指の形が石川県になっております。)

金沢市立高校相撲部から拓殖大学相撲部へ行き、地元石川県で就職して40歳まで現役で相撲を取り続け、アマチュア相撲選手権で2位になった石川県相撲界の偉人・鉄人でらっしゃいます。

石川県と言えば!

011

この勇姿!

我々石川県民の希望の星であります!!

014

「丹蔵」関です。

大怪我と戦いながら遂にこの九月場所に十両昇進し、千秋楽見事に勝ち越しをして下さいました。

この日も十両の土俵で堂々の相撲を見せて下さった丹蔵関。

苦労と苦心され、回り道をされたかも知れませんが、必ずや幕内で活躍して下さるものと信じております。

そんな十両の取り組みも終わり・・・。

017

いよいよ栃乃洋関の断髪式が土俵の上で行われました。

そして恐れ多くも・・・。

019

北脇も鋏を入れさせて頂きました。

現役時代、眩しいほどに輝いて大活躍していた栃乃洋関の姿は勿論、北脇が高校生時代に始めて「後藤泰一」選手と出会った相撲合宿の思い出など頭を駆け巡りました。

栃乃洋関は我々石川県の相撲人の誇りでありました。

025

そして、栃乃洋関と同学年でライバルだった出島関の大鳴戸親方様も当然、鋏を 入れられました。

強豪「金沢市立工業高校」相撲部で一年生の頃からレギュラーで出場し、大相撲でも大関まで登りつめた出島関。

同じ時代でこれ程の人物を二人も輩出した石川県。

この二人に続いてこれからも多くの相撲人が石川県から現われる事を信じております。

027

そしていよいよ断髪式もクライマックス。

第49代横綱栃ノ海関の先代・春日野親方様も鋏を入れられました。

年齢を重ねられましたが、鋭い眼光はまさに横綱の目であります。

029

最後のとめ鋏は師匠の春日野親方様。

030

丸16年の髷に別れが告げられた瞬間でありました。

会場からは鳴り止まぬ拍手。

北脇もこの同じ空気を味わう事が出来て本当に幸せでありました。

038

鋏を入れる事の出来なかった多くの女性の方々から沢山の花束を贈られた竹縄親方。

一点を見つめながら様々な思い出が頭を駆け巡っている事でありましょうね・・・。

この後は、新横綱日馬富士関の不知火型の横綱土俵入りが披露されたり、幕内力士による取り組みなど大相撲ファンも大喜びのプログラムが目白押しでありました。

無事に襲名披露大相撲も終わりまして!

051

国技館地下の大広間で行われた披露パーティーには!

048

整髪した竹縄親方の姿!

ご覧のように大勢の人だかりであります。

050

ご祝辞は元・内閣総理大臣で石川県民の「森喜朗」様。

ウイットなジョークも交えながら大相撲の発展、郷土石川県の発展、竹縄親方のご活躍を真心を込めてお話しされました。

052

春日野親方も感謝の意を述べられました。

053

そしてサプライズで第54代横綱輪島関の姿も!

輪島関と栃乃洋関は同じ石川県七尾市石崎町出身であります。

七尾市と言えば!

055

北脇のお隣の男性は㈱スギヨ代表取締役「杉野哲也」様。

㈱スギヨの本社も石川県七尾市にあります。http://www.sugiyo.co.jp/ 

そして、北脇のラジオ「大相撲甚句」の番組スポンサー様でもあります。http://www.voiceblog.jp/kitawaki-takashi1/ ←ポッドキャストです。

当然、北脇日頃からお世話になっている杉野社長様にご挨拶をさせて頂きました。

この日の断髪式にご出席される為に石川県からいらっしゃいました杉野社長様。

スギヨも石川県を代表するリーディングカンパニーであります。

更に七尾市と言えば!

002

北脇の隣の男性は北脇の高校時代の相撲部監督「白藤金一」先生であります。

国技館前を歩いていた北脇を発見して声をかけて下さいました。

日体大相撲部から穴水高校に赴任し、北脇や体の大きい同級生を勧誘し部員ゼロからスタートさせた熱血漢でらっしゃいました。

当時、砂まみれ汗まみれ血まみれで稽古をしていた後藤泰一選手(栃乃洋関)の姿を見て感激し「お前ら!後藤泰一になれ!!」とスクールウォーズの滝沢賢治先生のようになってしまった白藤先生。(凄かったんですよ・・・。)

やはりこの日の断髪式の為にはるばる七尾市から国技館に駆けつけて下さいましたが、この白藤先生がいらっしゃらなければ栃乃洋関とも逢うことも無かったでしょうし、今日の北脇も存在しなかったでしょう。

やはり相撲こそ北脇の原点であります。

047

栃乃洋関、本当に有難うございました!

そして竹縄親方のこれからのご活躍を心よりお祈り申し上げます!!

2012年9月29日 (土)

あっち幾三一座へ乱入!その名は「ザ・ヤンバダム」・・・!?

002

ホープ師匠のお隣の男性はモノマネ芸人としてご活躍の「あっち幾三」さんであります。http://193pro.com/ ←あっち幾三さんのサイトです。

昨夜は銀座TACTにおきまして、あっち幾三さん座長のイベント「ものまね7変化 マンマ・ミーヤ」が開催されまして、会場には入りきらない程の大勢のお客様がお集まりになりました。

そのイベントにホープ師匠とザ・北乃脇バンドがサプライズゲストとしてお招き頂きました。

007

あっち幾三さんの司会でホープ&ザ・北乃脇バンド登場!

それなのに「今日から俺たち‘ザ・ヤンバダム’って言うバンド名で活動する事になったんだ!」と打ち合わせにない事を発表して幾三さんを困らせる師匠。

実はホープ師匠が3年ほど前、ブッチー武者さん達と組んだ「コント 八ッ場ダム」と言う名前を付けて下さったのが、ビートたけしさんでありました。http://www.news24.jp/entertainment/news/169158.html ←その時の記事です。

コント八ッ場ダムは1年程で解散してしまいましたが、この日からバンドで復活する事に決定しました。(ホープ師匠の思いつきで・・・。)

勿論、我々バンドメンバーも満場一致!

ホープ&ザ・北乃脇バンド改め「ザ・ヤンバダム」が誕生しました!!

それなのに・・・。

009

お約束、ゆーとぴあ時代の「ゴムパッチン」登場!

あっち幾三さんと北脇がホープ師匠の無茶振りでこんな事に・・・。(幾三さん、申し訳ありません・・・。)

020

一曲目は「般若心経のロック」を歌う北脇。

これはけっこう真剣な歌なのにお客さんは笑っていました。

やはりお経をロックにすると言う事がウケたのかも知れませんが・・・。

015

北脇が目立つと「お前は目立ちすぎなんだ!」と情け容赦なくホープ師匠のツッコミが飛び出します。(師匠が持っているのはペットボトルです。)

016

勿論、師匠も歌いましたよ!

ベースの佐々木さんは北脇が北乃脇バンドとして活動を始めた時のメンバー第一号であります。

063

ドラムの舛田さんは最年少ですが、腕は抜群!(顔も男前!)

佐々木さんの次に北乃脇バンドに入って下さいました。

029

トランペットの大林さん、サックスの宮崎さんも加入して下さり、更にバンドがゴージャスになりました。

この日も大人のムードをタップリ出して下さいましたよ!

045

赤いシャツを着ているのはパーカッションの前田さん。

数々のビッグアーティストのバックで活動してきた凄腕の持ち主であります。

039

ピアノの日ノ下さんが加わって音楽の幅が広まりバンドのグレードが上がりました!

019

「今日から俺、ミュージシャンなんだ!」と言ってカッコ良く決めたホープ師匠ですが・・・。

040

やっぱりこのポーズであります・・・。

043

「悲しき性分~それがゆーとぴあホープ~」「遺言状のブルース」などホープ師匠と北脇が作った曲をたたみ掛けるように演奏しました。

076

そして最後は「ホープのブルース~ジタバタするのが人生~」を熱唱し、無事に我々のステージは終了しました。

お客様からも沢山の拍手を頂きました。

084

ザ・ヤンバダムの8人が楽屋で記念写真!(アコーディオンのナオミさんはクラブ中越に出勤で今回はお休みでした。)

そんな9人のメンバーにもう1人!

085

イラストレーターで我々バンドのスタッフを名乗り出た(押し付けた・・・?)メソポ田宮文明さん(一番右)もザ・ヤンバダムのメンバーであります。

素晴らしい舞台をご提供下さいました「あっち幾三」さん(またゆっくりサウナでご挨拶させていただきます。)、そして出演者の皆さん、お客さん、本当に有難うございました!

2012年9月28日 (金)

境川親方一番弟子、大相撲甚句に登場~っ!!

018

「さだ乃家」と書かれた看板の下には作務衣を着た男性の姿。

この人物こそ、現在日の出の勢いの「境川部屋」の境川親方(当時は中立親方)の一番弟子「佐田乃島」の四股名を名乗り、12年間土俵をつとめあげた「佐々野和穂」さんであります。

2007年10月8日に引退し料理の修業をして、この9月6日に足立区入谷にオープンした「大串焼き鳥 さだ乃家」のオーナーとして新たに出発されました。

019

そんな佐田乃島さんの元へ北脇、ご覧のように収録に行ってまいりました。

当然、佐田乃島さんの故郷である長崎県五島の地元のお話し、相撲との出会い、境川親方との出会い、出羽海部屋から独立し小部屋からスタートした当時のお話し、激しい稽古の様子、大怪我、度重なる手術、引退に至りますまでの相撲人生を余すところ無く語って頂きました。

勿論、収録する前には!

001

境川部屋へお邪魔し、境川親方様へご挨拶をしてまいりました。

これから‘師匠会’の為に外出される直前のお忙しい境川親方でしたが「お~上がれ上がれ!これから和穂の所へ収録か?」とお声掛け下さいながら「この稽古の終わった静かな土俵を眺めて神棚と親父の写真(横綱佐田の山関)と日の丸に手を合わせている時間が好きなんや。俺のパワースポットやな。」としみじみおっしゃった境川親方。

神や人、国を愛し続ける境川親方に境川部屋の発展の理由が少し分かった気がしました。

当然、佐田乃島さんには若き日の境川親方の事もタップリ語って頂きました。

002

ここは、さだ乃家の厨房。

佐田乃島さんがお玉ですくっているのは・・・。

004

鶏のガラや骨、モミジなどなどを煮て取り出されたコラーゲンたっぷりの鶏エキスであります。

ご覧のようにゼリー状でありますが、さだ乃家チャンコにはこのエキスが贅沢に使われております。

005

こちらが「鶏ちゃんこ」美味しそうでありますね~。

009

そんな佐田乃島さんには番組スポンサー㈱スギヨのカニ風味カマボコ「香り箱」を食べて頂きました。

012

カメラ目線にして頂いて・・・。

013

食べて頂きました。

力士時代からもスギヨの名前は知ってらした佐田乃島さんですが、テレビの「たてほこ」で登場した香り箱を見て「いつか食べてみたい!」と思ってらっしゃったようです。(本当ですよ!)

やはり念ずれば夢は叶う!でしょうか・・・。

そして、今回の収録を盛り上げて下さったのが!

006

佐田乃島さんの愛娘「ゆうり」ちゃんであります。(ケーキを食べてご機嫌であります。)

人見知りしない元気いっぱいの女の子!

北脇も見ていて嬉しくなりましたが・・・。

007

パパは大変だったようで「なぁ~パパのマイク取らないで!大人しくして~。」とそうとう手ごわい様子でありました。

しかし、北脇がギターで「アンパンマン」を歌うと大人しくなって北脇を注目し続けていたゆうりちゃん。(やっぱりアンパンマンは偉大ですねぇ~・)

そして、佐田乃島さんの断髪式の時に歌わせて頂いた「佐田乃島の歌」を5年振りに歌った北脇。

引退力士の前で歌わせて頂いた第一号力士が佐田乃島さんでありました。http://www.geocities.jp/sakaigawa_beya/071008.html 

015

そんな佐田乃島さんも一国一城の主!

5年間の修業で身に付けた料理の腕を皆様に振舞って下さいますよ!

016

お問い合わせは080-1114-1919迄!

タイミングが良ければ境川部屋の力士の皆様とも会えるかもですね・・・。

そんな訳で!

008

佐田乃島さんご出演の大相撲甚句は10月7日、14日の日曜深夜12時より放送予定です。(お店の窓からの風景です。)

FM西東京のホームページからパソコンやスマートフォンでお聴き頂けますし、http://842fm.west-tokyo.co.jp/ 

ポッドキャストからも配信しております。http://www.voiceblog.jp/kitawaki-takashi1/ ←9月30日からこちらのサイトに変更させて頂きます。

どうぞお楽しみにしていて下さい!!

2012年9月27日 (木)

コント修業講師、その名は「青木イサム」!!

014

ホープ師匠とラーメンを食べているのは師匠のお弟子さんで北脇の先輩であります「青木イサム」さんであります。

このブログにも何度もご紹介していますが、コント青年団としてご活躍中の青木さん。

ホープ師匠の元で芸を学び20数年のベテランで、師匠が西田ぼんさんと共に可愛がり、信頼を寄せる愛弟子でらっしゃいます。

そんな青木さんに北脇、この日はマンツーマンでコントを教えて頂きました。

師匠との絡みやリアクションなど非常に自然で、時にふてぶてしさを見せながらも「もっと見てみたい!」と引き込ませる芸の数々を見させて頂きました。

「青木のように‘聴き上手’になれ、そして粘り強さを学べ!」と師匠に言われた北脇。

普段は物静かで主張をされない青木さんですが、コントになると凄まじいエネルギーを放出され、この日は本当に勉強になりました。

015

本当はコントの稽古の様子も写真で撮りたかったのですが、当然真剣な稽古の真最中にそんな事は許されませんので、師匠と青木さんが食べてらっしゃる時にコッソリとタイマーで写真を撮りました。

これから約1ヶ月間、青木さんの時間に合わせて北脇のコント修業が始まりますよ~。

2012年9月25日 (火)

ホープ師匠に新たなる相方出現・・・!?

004

ホープ師匠のお隣にいらっしゃる女性は、前回のホープちゃんライブで大トリをつとめて頂きました「石川恵子」さん。

歌手と歯科衛生士の二足の草鞋を履いてご多忙な日々を送ってらっしゃいます。

ブログのタイトルには「ホープ師匠の新たなる相方出現・・・!?」と書いてしまいましたので、ホープ師匠と恵子先生が‘夫婦漫才’でもするのか?と思われたかも知れませんが、残念ながらそうではなく(恵子先生は非常に面白いので、ちょっと見てみたい気もしますが・・・。)ホープ師匠の新しい相方は「入れ歯」であります。(ホープ師匠もご自身の口元に指をさしていますね!)

005

実はこの「津田歯科医院」は恵子先生の職場であり、お家であり、恵子先生のご主人様が院長様。

つまりホープ師匠は患者さんなのであります。

長年慣れ親しんだ‘入れ歯’がアタリメを食べた弾みで割れてしまった事から新しい丈夫な(しかも高級な)入れ歯を津田歯科医院様で作って頂き、この日完成しました。

師匠曰く「入れ歯は体の一部で俺にとっては‘相方’か‘女房’みたいなもんだよ・・・。」としみじみ・・・。(ちなみにホープ師匠の師匠である‘レオナルド熊’師匠もかつて患者さんでありました。)

そして、新しい入れ歯をつけたホープ師匠と向かった先は!

001

㈱パインスターエンターテインメント会長の「松本英祐」様の事務所であります。http://www.pine-star.com/ 

実は恵子先生、松本会長様とは長年お仕事を共にしておられまして、パインエンターテインメントからもCDをリリースされております。

先月のホープちゃんライブをご覧下さった松本会長様が「ホープ師匠と北脇と会ってお話ししたい!」と恵子先生に言われたそうで、ご挨拶に伺いました。

非常におおらかで楽しくて優しい松本会長様。

ホープ師匠も北脇もすっかりうちとけてしまいました。

002

その上、出前まで取って頂き、ご馳走になってしまいました。

「師匠、とにかく食べて喋って新しい入れ歯と馴染む事ですよ!」と恵子先生。

「なんか人の女房と○○してるみたいでギコチないね~。」とホープ師匠。(バカですねぇ~。)

しかし新しい入れ歯は見た目も本物ソックリで、口元も若々しくなりましたよ!

003

北脇もホワイトニングをして頂き、子供の頃の歯の色に回復してご機嫌になってしまいました。

結局、松本会長様やホープ師匠が食べきれなかったソバとカツ丼をまとめて三人前ぐらい食べてフラフラになってしまった北脇・・・。(残す事が大嫌いなのでね・・・。)

この後は松本会長様と今後のお仕事のお話しをしましたが、さてホープ師匠と北脇に一体どのような新しい道が切り拓かれるでしょうか・・・。

いずれにしましても恵子先生は我々にとりまして恩人様でありますよ!

2012年9月24日 (月)

平成二十四年九月場所「境川部屋千秋楽打ち上げパーティー」

010

金屏風の上には「平成二十四年九月場所 境川部屋千秋楽打ち上げパーティー」の文字。

北脇がいつも心を寄せている境川部屋の千秋楽パーティーに昨夜お招き頂き行ってまいりました。

今回は‘司会者’としてお仕事をさせて頂きましたが、勢いに乗って活気に満ち溢れている境川部屋の雰囲気や空気を久し振りに体感出来て北脇も勇気と力を頂きました。

東関脇で10勝5敗の好成績で3場所連続の技能賞を獲得された「妙義龍」関、名古屋場所で肋骨を骨折しながらも「虫に刺されただけです!」と言いながら無念の途中休場、今場所は稽古も出来ずぶっつけ本番で挑みながらも西関脇で見事に勝ち越した「豪栄道」関(しかも千秋楽で!)。

豊響関、佐田の富士関、寶智山関の三関取の今場所の取り口や一番一番の相撲も北脇を熱くして下さいました。

そんな関取衆を支えて盛り上げ付き人として働き、尚且つ自分自身の相撲も集中し戦い抜いてきた「幕下以下の力士」の皆さん。

どの力士も清々しく眩しい程に輝いていました。(勿論、床山さん、行司さんも!)

006

ステージ横の司会の席から見える北脇の視界(すいません・・・。)ですが、関取衆はお集まり頂いた後援会やファンの皆様へ歌をご披露したり、各テーブルにまわって「写真」「サイン」「お話し」などのファンサービスをして応援して下さる皆様へ精一杯の感謝を見せてらっしゃいました。

ちなみに北脇の司会は、天下の‘境川部屋’千秋楽パーティーには当然‘顔じゃない’(相撲界で‘分不相応’と言う意味です。)事は分かっておりますが、久々にお会いしましたお客様方から「よっ!名(迷・・・。)司会者!!今日は上手く出来たね!」とか「ブログ見てますよ!久し振りに会えて嬉しいね~。」とか「忙しいだろうけど元気な顔を見せてよ!」と言われて泣きそうになってしまいました。(忙しくないんですけどね・・・。)

そんな中にあって!

009

時々お電話を下さる「日下」さん(左)、国技館や両国にぎわい祭りなどでも北脇に声をかけて下さる「熊田」さん(右)も境川部屋の後援会に入って部屋を盛り上げてらっしゃいます。

特にお二人は相撲は見るより取る方がお好きのようで「今度ビーチ相撲がある時は連絡下さい!挑戦したいんです!!」と気合充分。

ブログや相撲雑誌で北脇がビーチ相撲でドロドロになっている姿を見て下さっているようであります。

こうなったら来年のゴールデンウィークのお台場ビーチ相撲は「境川部屋後援会チーム」で参戦しましょうかねぇ~。(北脇は引率者としてですけど・・・。)

そんな境川部屋発展の原動力となったと言える人物・・・。

012

元・幕下力士「佐田乃島」の「佐々野和穂」さん。(腕の中にはお嬢ちゃんで1歳8ヶ月の‘ゆうり’ちゃん。人見知りしない元気いっぱいの可愛い女の子です。)

境川親方の(当時は中立親方)一番弟子で小部屋のハンデや様々な困難、大怪我を乗り越えて現役を貫き通した佐田乃島さんが、この9月6日から境川部屋から程近い足立区入谷で「大串焼き鳥 さだ乃家」を開店し、オーナーとして出発されました。

当然、大相撲甚句の番組へのゲスト出演をお願いしましたらご快諾下さいました。

境川親方様にも当然お伺いを立てましたら「おう!本人と話し合ってくれよ。あんまり余計な事を喋らすなよ!和穂は俺の一番弟子やから‘頼むぞ’!!」とお許しを頂きましたが、「頼むぞ!」の言葉の中には様々な‘頼むぞ’が含まれているようで、北脇かなり緊張しております。(北脇の後方のテーブルには境川親方の姿が・・・。)

今場所も北脇を熱くさせて下さった境川部屋の皆様、本当に有難うございました。

2012年9月23日 (日)

ハッピーバースデー!大相撲博士・菅原尚晋!!

001

カメラに収まりきらない程の人・ヒト・ひと・・・。

お馴染み、両国の「とんかつ若」の店内に大勢の方々が集まりまして大宴会!

いつもお世話になりっぱなしの服部社長も・・・。

002

この日は大ハリキリ!

お昼の営業を休んで準備に取りかかって下さいました。

ちなみに今回の宴会のメインは!

006

相撲博士で北脇の大親友「菅原尚晋」さんの誕生会であります。(37歳!)

北脇の大相撲甚句のラジオを聴いて下さっていたのがきっかけで親しくなり、今ではゲストをコーディネートして下さったり、太鼓持ちソングのネタを提供下さったりと、北脇にとりましての活動をガッチリサポートして下さる頼もしい人物であります。(9月のホープちゃんライブもわざわざ観に来て下さいましたよ。)

そんな菅原さんには誕生会の事は一切触れずに内緒でお店に来て頂きました。

004

奥様のヨシミさん、お子さんのななみちゃん、ゆきと君と記念写真!

見ているこちらが嬉しくなってしまいますね!!

007

外タレばりのアヤシイ発音で「ハッピーバースデー」を歌う北脇・・・。

011

そしてプレゼント攻めを里枝子さん、多田さん、眞由美さんから受けて!(今回の幹事は里枝子さんでした。いつも利枝子さんのこまやかな仕事振りや行動力には感動してしまいます。)

当然、北脇もこの日の為に・・・。

015

太鼓持ちソング「菅原尚晋の歌」を熱唱しました!(しかも4番まで・・・。)

016

笑顔の菅原さん、‘どや顔’の北脇のツーショットですが、「目の前で歌を聴かされる多くの力士の皆さんの気持ちがよ~く分かりました・・・。」と菅原さん。

やはり皆さん、どのようにリアクションをとって良いのか戸惑ってしまうようですね~。

019

美女達に囲まれてご満悦の服部社長。

美味しい料理と相撲談義で盛り上ってらっしゃいましたよ!

021

皆さんが手に持って見入っているのは!

020

菅原さんご自慢の「引退力士パンフレット」のコレクション。

綺麗にファイリングされたお宝パンフがざっと5~6冊はありました。(引退と言えば‘黒海’関、本当にお疲れ様でした!)

023

この日は皆さん国技館で大相撲観戦して相撲を満喫されてきました。

菅原さんの誕生日会も大変盛り上りましたが、70代横綱も誕生となりますでしょうか!?

本日の大相撲千秋楽、目が離せませんね!!

2012年9月22日 (土)

我が家は狛江のトキワ荘・・・!?

002

テーブルを囲んで記念写真。

この集まりは北脇の家主さんが幹事になって住人の皆さんとの親睦会を行った様子であります。(左から301の北脇、402のマスオカさん、家主の小川さん、304のサワダさんです。)

以前より家主さんから「住人の皆さんと飲み会をしたいね!」と言われていましたが、遂に実現した訳であります。

ちなみに家主の小川さんは!

005

ブリティッシュロック大好き、プロレス大好き、特撮ヒーロー大好き、相撲大好き・・・・。

などと、北脇の趣味や好きなものと重なっている運命的な人物なのであります。(以前より‘竜電なかなか上に上がらないねぇ~。’と北脇と相撲談義をしておりましたが、今場所絶好調。竜電絶対に決めて頂きたいですね!!)

そんな小川さんは狛江市で生まれて地域の為に尽力される議員でらっしゃいますが、我々住人にとりましては頼れる兄貴的存在であります。

001_2

マンションから徒歩30秒のところにある居酒屋で夜8時から飲み会を開始して宴もたけなわになり・・・。

004

深夜2時半まで盛り上ってしまいました。

左から401・イトウさん(ベーシスト・作曲家・レコーディングエンジニア)、北脇、201・ナカノ さん(ベーシスト)、マスオカさん(ドラマー)、小川さん(ギターリスト)、サワダさん(会社員)。

とお解かりのように我がマンションにはミュージシャンが大勢住んでいるのであります。

地下スタジオも小川さんが個人的につかっていたものを住人である我々に開放して下さっているのであります。

ちなみにサワダさんは非常に飲ませ上手で、北脇もついつい飲んでしまい我を忘れて喋り倒してしまいました。(これまで北脇が築き上げてきたものが崩れていった気がします・・・。)

とにかく、小川さんの夢は「我がマンションの住人からビッグスターが生まれて、自慢したい!」事であります。

かつて、多くの偉大な漫画家を生み出した「トキワ荘」の如く、我々も世に出て活躍したいものでありますね~。

是非ともまたこのような飲み会をしたいと思った北脇でしたが二日酔いで今、テンションが目茶目茶低いです・・・。(酒は怖いですねぇ~。)

2012年9月21日 (金)

やっぱりこの日も「特撮ナイト」・・・!?

006

スタジオで練習を終えた「北乃脇バンド」の皆様。(ナオミさんの頭上には佐々木さんが‘目玉オヤジ’のようになっておりますね・・・。)

10月20日のホープちゃんライブまで一ヶ月に迫り、我々の団結も強くなってきております。

002

すっかり我々のアイドル的存在になってしまったナオミさん。

そして忙しい合間を縫って久々にスタジオに来て下さったサックスの宮崎さん。

003

凄腕の持ち主、ピアノの日ノ下さん。(でも非常に控えめで優しいんですよ。)

001

練習はいつも皆勤でスタジオに駆けつけて下さるドラムの舛田さん、ベースの佐々木さん、トランペットの大林さん。

この日は集中して練習と新曲のミーティングが出来ました。

004

実は舛田さんは劇団に所属している役者でもあります。

この度、喜劇色の強い舞台「キラキラになりたくて」に重要な役どころで参加する事となり、稽古でひと足先に帰りました。

10月10日~14日、高田馬場RABINESTにて行なわれます。

勿論、北脇も観に行きますよ~。

007

練習の後はお決まりの宴会でありますが、皆さんから「北脇さんお酒呑むようになったんでしょ?一緒に呑もうよ~。」と何度も誘惑されましたが、勿論丁重にお断りしました。(北脇は酒癖が超~っ悪いですからね・・・。)

宮崎さんだけカメラ目線ではありませんが、視線の先には・・・。

008

仮面ライダーV3の映像が・・・。

009

ヨロイ元帥の罠に落ちるライダーマンの結城丈二。

顔はかなり男前ですが、芝居がホープ師匠のコントの間に通じるものがあってカッコ良さと悲しさと可笑しさがあって皆んなのめり込んでしまいました。

この悲しきヒーローライダーマンの結城丈二は「デストロンは世界を科学で平和な楽園にする組織」と騙されてデストロン首相に育てられた人間でした。

とても子供向けのテレビ番組とは思えない設定に宮崎さんや我々も仮面ライダーV3に見入ってしまいましたよ・・・。

010

もうライダーマンに首ったけの宮崎さん。(ライダーマンの本を読んでいます・・・。)

011

こちらは「仮面ライダーアマゾン」で盛り上っています・・・。(一体我々は何の集団でしょうかねぇ~。)

013

仮面ライダーXも見つつ・・・。

012

せっかくですから円谷プロの「ミラーマン」も・・・。

そのうち我が家で「特撮ヒーロー合宿」を行うかもですねぇ~。

とにかく皆さん、練習お疲れ様でした!!

2012年9月20日 (木)

こうなりゃまとめてホープちゃんライブへ・・・!?

002

少し遅れて公園に着いた北脇の目に飛び込んできたのは猫と戯れるホープ師匠の姿・・・。

いつもの公園には多くの捨て猫が住みついていて、ご近所様が餌を与えております。(本当はいけないのかも知れませんが・・・。)

しかし、犬猫や生き物大好きのホープ師匠はご覧のように猫にベッタリ・・・。

005

もう可愛くて仕方ないのであります。

006

そんな師匠の目に飛び込んできた近所の子供達。

よく見ると・・・。

007

前日の「イグアナ少年」であります。(しかしこう見ると怪獣か恐竜ですよね~。)

008

イグアナを水遊びさせる子供達に師匠も北脇も釘付け。

そんな時に猫の鳴き声が・・・。

012

木の上から降りられなくなって助けを求めていたのか、遊んでくれないので気を引くために自作自演で甘えようとしているのか(これが本当の‘猫なで声’でしょうかね~。)とにかくホープ師匠、心配で仕方ない様子・・・。

013

「降りて来いよ!」猫を呼ぶ師匠。(これもコントですよねぇ~。)

結局師匠が木に登って猫を救出しましたが逃げてしまいました。

003

この猫、ホープ師匠の心を掴んでなかなかの役者かもですよね~。

014

いつの間にかイグアナ少年達の心までも掴んだ‘猫師匠’・・・。

016

「コラァ~何見とんじゃい!」と少年達を威嚇する猫師匠ですが・・・。

017

イグアナ少年達と仲良く遊ぶ猫師匠。(まるで‘池野めだか’ですよね~。)

「ショービジネスは‘動物と子供’には勝てない」と言いますが、こうなったら猫とイグアナと子供達に来る10月20日のホープちゃんライブに出てもらいたいですよね~。

それにしましても毎日毎日この公園はネタが満載であります・・・。

2012年9月19日 (水)

拝啓ホープ師匠様・・・!?

006

いつもの公園でたたずむホープ師匠。

この日のホープ師匠は虫の居所が悪く、イライラしてらっしゃいました。

恐る恐る「歌を作ったんですが・・・。」と切り出した北脇・・・。

004

タイトルは「拝啓ホープ師匠様」

北脇が師匠に対して書いた手紙を曲にしたのですが、内容的には怒りを逆撫でするような暗くて失礼で、普通の人ならば絶対に怒ってしまう筈なのですが・・・。

005

「少し俺の事が分かってきたね!これまでの曲とは違う。面白いよ!」と以外にも褒めて頂きました。

北脇も思わぬ師匠の反応に戸惑ってしまいました・・・。

008

その後、お弟子さんで北脇の先輩でありますコント青年団の青木イサムさんが現われて「お前、この世界入って何年だ?コンビ組んで何年だ?お客の前でウケるようになったのは何年前ぐらいからだ?」と師匠から質問されてらっしゃいました。

「北脇にコントを教えてやってくれ。時間が無いんだ・・・。」師匠は未だに北脇をどのように育てていいのかお悩みの様子。

有難いやら申し訳ないやら思っていた時・・・。

011

一人の少年に近付くホープ師匠。(師匠、かなり険しいお顔です。)

大人3人に囲まれても物怖じしない少年の胸に抱かれているのは・・・。

010

何と、本物の「イグアナ」

最初はオモチャかと思いましたが、正真正銘のイグアナを見たホープ師匠はすっかり心を奪われて・・・。

012

「ちょっとオジさんの頭に乗せてくれよ!」と言って・・・。

013

こ~んな事になってしまいました。

北脇にとっては師匠といる時間は全てコントなのですが、まさかこんな事になってしまうとは・・・。(ちなみに北脇はトカゲ、ヘビ、カエルなどの生き物が一番苦手であります・・・。)

この後は場所を変えて向かった先には!

014

ホープ師匠の一番弟子の「西田ぼん」さんが打ち合わせ兼、呑み会をしてらっしゃいました。

「青木、北脇、お前らは頑張っているけど師匠の綺麗な部分しか見てないんだよ。いや、見ようとしていない!もっと師匠の本質的な部分を真剣に見てみろ。お前ら絶対に変わるから!もうお前らに時間は無いんだよ。もうこんな芸人さんは現われないよ。もっと師匠と一緒にいる時間を大切にしろ!」と、ぼんさんに叱咤激励されました。

いつもは我々後輩に面白く馬鹿馬鹿しい姿を見せて下さるぼんさんですが、この日は真剣でした。

ホープ師匠も「俺の代わりに言ってくれて有難うね・・・。」とポツリ。

「チョッとあの歌をみんなに聴かせてやれよ!」と言われて「拝啓ホープ師匠様」を歌った北脇。

失礼で少々過激な内容ですが、師匠と北脇の間にいらっしゃる作家の「伊藤先生」が「我々団塊の世代への強烈なメッセージだね。俺はアリだと思う!」とお励まし頂きました。

北脇もこの日は大酒を呑んでいましたので勢いに任せて向かった先は!(また呑んでしまいました・・・。)

016

おなじみ、歌舞伎町の「クラブ中越」です。

やや薄暗くした店内のテーブルの上にはロウソクが立ったケーキ。

017

何と「ナオミ」さんの誕生日でありました!

ロウソクの火を吹き消すナオミさんに皆さんの温かい拍手!!

019

ケーキを持ってこの笑顔!

お店でもホープちゃんライブでも大活躍のナオミさん。

見ている我々も嬉しくなってしまいます。

しかし、一番嬉しがっているのは・・・。

020

ホープ師匠です。

「北脇に誘われても着いていっちゃダメだぞ!北脇にナオミがチョッカイ出されるんじゃないかと思って心配だよ・・・。」とホープ師匠ですが、そのお言葉は丸ごと師匠にお返しさせて頂きます・・・。

北脇は酒を呑まなければ安心ですので!

しかし、この日も大量に酒を呑んでしまうことになってしまった北脇。

何故ならば!

018

この日は「中村ゆうじ」さんもいらっしゃいましたので、ホープ師匠「ゆうちゃん、短期間で北脇にコントを教えてくれ!無理だと思うけど俺らが何年もかかって身に付けたコントを出来るだけ短期間で叩き込んで欲しい。協力して!!」と頭を下げてらっしゃいました。

これまでもホープちゃんライブでホープ師匠とコントを考えたり絡まれたりしている中村さんですが、指導力も大変なものであります。

皆様が一丸となって北脇を育てて下さる事を喜びに感じていますが、果たして皆様のご期待に応えることが出来るでしょうか・・・。(もう呑まずにはいられませんよね~。)

「拝啓ホープ師匠様」北脇はこの先、一体どうなってしまうのか全く読めませんよ・・・。

2012年9月16日 (日)

連休中日はバンド練習~っ!!

5_002

前回のホープちゃんライブから北乃脇バンドに加入して下さったピアニストでシンガーソングラーター「ナオミ」さんを取り囲む男4人(左から北脇、ドラム・舛田さん、トランペット・大林さん、ベース・佐々木さん)

大相撲中日も大変盛り上っておりますが(丹蔵関、惜しかったです!!)、連休中日も北脇の自宅地下スタジオではバンド練習で大いに盛り上ってしまいました。

前回のライブではアコーディオンで参加したナオミさんですが、大好評を頂きまして北乃脇バンドの‘絶対的エース’の座を手中にしてしまった感があります。

ホープ師匠はもとより、我々男性陣もデレデレのアマアマ状態・・・。(こんな事ならもう2~3人女の子をメンバーに加えたいと真剣に考えてしまっている北脇であります。)

和気あいあいあとスタジオ練習をしておりましたが、ナオミさんが居ない所では・・・。

5_001

ヤバイ空気全開の3人。

北脇も若干あとずさりしながらシャッターを押しました。

特に佐々木さんの顔はヤバイですねぇ~。(ライブでもホープ師匠から‘ベースの佐々木君は薬物中毒患者です!’といつもネタにされていますが、勿論ネタであります・・・。)

練習も無事に終わりまして部屋に戻りますと!

5_003

メンバー全員真剣な顔でテレビに夢中!

5_004

前回のホープちゃんライブの映像を見ながら反省会をしました。

いつもは‘特撮ヒーロー映像’を見るのですが、バンドやコントのレベルも上がってきて、メンバーの皆さんのご意見を取り入れながらネタを考えてゆかないとお客さんの目は騙せない訳であります。

次回のホープちゃんライブVOL8まで約1ヶ月。

お客さんを‘アッ’と言わせる面白い出し物を考えないとですよ!!

2012年9月15日 (土)

ホープ師匠の新たなる‘ツボ’・・・!?

001

一日一日秋の訪れを感じるこの頃、公園のセミの鳴き声も聞こえなくなってきてホープ師匠も「公園も刺激が無くなって飽きてきたね・・・。何か面白いことないかな・・・。」と一言。

当然、師匠と北脇が刺激を求めて向かった先は!

007

お馴染み「サウナ」であります。

005

一汗流したあとのカキ氷は最高!

師匠もこの笑顔です。

北脇はカキ氷も良いですが・・・。

004

師匠と大相撲を見ながらライブの打ち合わせにハマっていました。

師匠と北脇の身の回りの人やホープちゃんライブの出演者を力士に例えて説明する遊びで盛り上りました。(例えばメソポ田宮さんのキャラや存在感は○○関とカブっているなど、身内しか分からない話なんですけど結構面白いんです・・・。)

そんな中「本物の力士がコントに参加してくれたら面白いのにね・・・。」とホープ師匠。

008

今場所絶好調の「隠岐の海」関を見たホープ師匠「あんな力士がライブで舞台に立ったらお客も驚くね~。」と興味津々でありました。

当然、有り得ない話ですが、ホープ師匠はお笑いとは全くかけ離れた人をコントで起用するのが好きなのであります。

以前、某相撲部屋の千秋楽パーティーにて力士と一緒にコントをやった事のあるホープ師匠。

その時のスリルが忘れられないのかも知れませんね・・・。

サウナを出て小腹が減った師匠と北脇が向かった先は!

010

「サイゼリア」であります。

師匠と北脇以外はほぼ全員若い女性客ばかり・・・。(一組だけニューハーフっぽいお客さんが年配の紳士と神妙な顔で打ち合わせをしていましたが・・・。)

「へ~っ、こんな店があるの?値段も安いし、客層も若い女の子ばかりで面白いね!今度からここでネタを考えるか~。」と師匠もすっかり気に入って下さいました。

北脇も一人では敷居が高いですが、師匠と一緒なら楽しいですよね~。

これからサイゼリアに通いつめるかもですね~。

2012年9月14日 (金)

ホープ師匠、映画に出演!タイトルは‘歌舞伎町はいすくーる’!!

001

ホープ師匠のお隣には美男美女!

女優の「大島なぎさ」さん、男優の「川野太郎」さんであります。

昨日はホープ師匠にお供して映画「歌舞伎町はいすくーる」の本読みの現場に行ってまいりました。http://kabukicho-high.com/cast.html ←サイトです。

出演者の皆様はテレビなどで拝見する大物ばかり・・・。

当然、北脇もガチガチになりそうなものですが、平静を装って会場であります㈱NKLへ入りますと、皆様非常に気さくで楽しい雰囲気でありました。http://www.nkl.jp/ (映画についての事をブログに掲載する事も許可頂きました。)

今回の映画はホープ師匠と公私共にお親しい「軽部進一」監督が監督をされます。(ホープちゃんライブでも本当にお世話になっております。)

軽部監督も普段は非常に気さくで優しい方ですが、やはり撮影現場に入りますとかなり厳しい気性になられるとの事であります。(当たり前ですね!)

今回のホープ師匠の役どころは重要で台詞もかなりのものであります。

これからの撮影が非常に楽しみでありますね!!

楽しみと言えば!

002

9月のホープちゃんライブでホープ師匠の娘(のような愛人・・・。)役で活躍してくれた「友 ゆう」さんも映画に出演されます。

映画に向けての役作りも真剣で師匠も友さんの将来性を高く評価してらっしゃいます。

北脇も現場のマネージャーさん達と和気あいあいと情報交換しながら楽しんでまいりました。(マネージャーさん達も話題豊富で笑わせて頂きました。)

このような経験が舞台や曲作り、役作りに活かされる!とホープ師匠と帰り道に語って頂きました。(以前にもテレビドラマのロケで群馬までホープ師匠に付いて行った事もありましたね・・・。)

無事に撮影され、公開されます事が待ち遠しいです。

2012年9月13日 (木)

北脇、今宵は酔いしれる・・・!?

002

お皿の上の‘エビチップス’に不満顔はイラストレーターの「メソポ田宮文明」さん。

この日はメソポ田宮さんと北脇にとりまして大切なお客様が東京出張にいらっしゃると言う事でメソポ田宮さんが飲み会の幹事になったのに、お店の料理やサービスに不満爆発してしまったメソポ田宮さん。

その大切な人物とは・・・。

001

㈱スギヨのNさんであります。(説明不要とは思いますが、スギヨさんはカニ風味カマボコで有名ですし、北脇貴士の大相撲甚句の番組スポンサー様であります。)

普段は温厚で物腰の柔らかいメソポ田宮さんが我々を前にして、珍しく怒りをあらわにしてらっしゃいました。

003

2時間3500円のコースを予約していたのに、かなり控えめな量の料理。(これでもクーポンでかなりの割引してもらいました・・・。)

‘飲み放題’で‘枝豆食べ放題’でしたので「お前らは鳩か!」と突っこまれてしまうほど枝豆を食べました。

そしてメソポ田宮さんに脅されて「今日は呑んでもらいますよ!」と言われて普段は絶対に酒を呑まない北脇が言われるがままに呑んでしまいました。

その昔、あまりの酒癖の悪さに多くの人々を失ってしまった北脇。

10年ぐらい酒を辞めていましたが、今夜は何故か呑みたくなって出来上がってしまいました・・・。

009

すっかり出来上がって気が大きくなってしまい・・・。(北脇、赤い顔になっています・・・。)

006

面白い客引きの男に人に「記念写真撮りましょう!」と言ってカメラを向けたり、全然知らない女の子達にも声をかけて写真を撮ったりしました。(後で女の子達からクレームが来ると嫌なので載せませんけど・・・。)

011

面白いものを見つけると徹底的にシャッターを押しまくりました。(林家ペーのようですよ・・・。)

013

歩きつかれて道端で休憩。

酒を呑むと気が大きくなっていろんな人に声をかけて羽目を外す北脇の酒癖は10年経っても変わっていませんでした・・・。

酔っ払った自分の姿を写真で見てつくづく嫌になってしまいました。

もう人前では酒は呑みませんよ~っ!!(多分・・・。)

2012年9月12日 (水)

歌姫「佐藤泰子」大相撲甚句にご出演~っ!!

010

このスリーショット、何か新しい音楽ユニットのようにも見えなくもないですが、昨夜はサンケイビル会議室で大相撲甚句の収録をさせて頂きました。

今回のゲストは大相撲甚句にはお馴染みのサンケイスポーツ「成岡利泰」さんと成岡さんの大井川高校の先輩「佐藤泰子」さんです。http://www.edu.pref.shizuoka.jp/oigawa-h/home.nsf/IndexFormView?OpenView ←大井川高校ホームページです。

写真の佐藤泰子さん、ご覧の通り美貌の持ち主でらっしゃいますが、高校生時代からも学校のマドンナ的存在で合唱やミュージカルなどでも大活躍されたそうであります。

そんな佐藤さんは相撲部屋のおかみさんに興味がありまして、今回はおかみさんについてのお話や大相撲のチョッとした素朴なお話しなど成岡さんを交えてクロストークをしました。

そして当然・・・。

001

大相撲甚句の番組スポンサー㈱スギヨのカニ風味カマボコ「香り箱」をご賞味頂きました。(俺は撮らないで!と顔を隠す成岡さん・・・。)

興味津々の佐藤さん・・・。

002

恐る恐る食べて・・・。

004

「美味しい!」と、やみつきのご様子!

005

成岡さんもこの表情!

012

佐藤さんが手に持ってらっしゃるのは10月20日(土)18時より市川文化会館小ホールにて行われますオペラ「仮面舞踏会」のフライヤーであります。http://www.tekona.net/bunkakaikan/ ←市川文化会館のサイトです。

普段は銀座の音楽ビアプラザライオンなどで歌ってらっしゃる佐藤さんですが、定期的にオペラミュージカルなども積極的に取り組んでらっしゃいます。

ちなみに10月20日はホープちゃんライブも新宿ロフトプラスワンで行われるのですが、密かに佐藤さんにホープちゃんライブに出て頂けないものかと交渉しております。(ここに書いた時点で密かではなくなりましたが・・・。)

是非ともホープ師匠に会って頂いて音楽コントにも挑戦して頂きたいと願う北脇でした。

佐藤さん、成岡さんご出演の大相撲甚句は9月30日(日)深夜12時より放送予定です。

FM西東京ホームページからパソコンやスマートフォンでもお聴き頂けますし、http://842fm.west-tokyo.co.jp/ ポッドキャストでも配信します。http://kitawaki-takashi.seesaa.net/

どうぞお楽しみにしていて下さい!!

2012年9月11日 (火)

西田ぼん、日刊ゲンダイに・・・!?

010

紙面には「西田和昭」と書かれておりますが、まぎれもなく我らが「西田ぼん」さんであります。

昨日の日刊ゲンダイに掲載されまして・・・。

002

ホープ師匠も真剣なお顔で見てますし・・・。

004

ぼんさんの弟弟子「青木イサム」さんも釘付け・・・。

008

そしてご本人も・・・。

当然この後はホープ一門で盛り上りましたよ~。

2012年9月 9日 (日)

大相撲甚句に「安芸乃州」登場~っ!!

015

「安芸の膳」と書かれた看板の前に、元幕内力士「安芸乃州」で現在、和牛専科 安芸の膳オーナー「今田憲児」様とポーズをとる北脇。

九月場所初日前にお店にお邪魔しまして収録をさせて頂きました。

現役時代は小兵で軽量でありながらも回転の良い突っ張りと気迫で前頭9枚目まで登りつめ、土俵を沸かせて下さいました安芸乃州関と相撲との出会い、入門に至りますまでのお話し、更には井筒部屋の兄弟子であります逆鉾関、寺尾関、大関霧島関のお話し、師匠であります井筒親方様の事など貴重なお話しをタップリご披露頂きました。

北脇の様々な質問に対しても非常に丁寧に、そして一言一言気さくにお答え下さった安芸乃州関にすっかり虜になってしまった北脇。(会話が弾み過ぎてしまいました!)

022_2

特に、北脇がこの日歌った「安芸乃州の歌」は広島が生んだスーパースター‘矢沢栄吉’的なロックをイメージしましたが(YAZAWAファンの皆様ゴメンなさい・・・。)安芸乃州関、思いの外お喜び下さいました。

そんな安芸乃州関を慕う大相撲親方衆や力士の皆様も大勢いますが、この人物!

018_2

漫画家で好角家であります「やくみつる」先生もその一人。

やく先生自ら名乗り出て安芸乃州関のイラストを描かれたそうであります。

更に!

019

安芸乃州関のお隣の男性、‘お店の板長’が着ているTシャツの胸のワンポイントには・・・。

020

髷を切った現在の安芸乃州関のイラスト。

お宝ですね~。

そしてお宝と言えば!

016

お店の看板の字は「三十代 式守伊之助」親方が書かれました。

錦糸町駅北口から徒歩三分の所にある安芸の膳http://www.akinozen.com/ に北脇も今度改めまして食べに行きたいです!

021

そんな安芸乃州関ご出演の大相撲甚句は9月16日、23日の日曜深夜12時放送予定です。

FM西東京ホームページからパソコンやスマートフォンからもお聴き頂けます。http://842fm.west-tokyo.co.jp/ 

そして、現在ポッドキャストは→http://kitawaki-takashi.seesaa.net/ コチラに移動しております。

これまでのサイトが復旧出来次第またブログなどでご報告しますので宜しくお願い申し上げます。

2012年9月 7日 (金)

二代目三波伸介・北脇貴士、境川部屋へ潜入!!

013

境川部屋の玄関で二代目三波伸介師匠と北脇がツーショット。

説明不要とは思いますが、今や日の出の勢い、この数場所旋風を巻き起こし、関取5人を擁する境川部屋。

三波師匠と萬天舘代表ちぇこ様と三人で稽古見学に行ってまいりました。

九月場所直前でありますが、厳しく激しい稽古に震え上がりつつも、境川親方の指導力と男気、そしてお弟子さん一人一人に対する熱き想いを拝見でき、北脇も気合を頂きました。

激しい稽古の後は・・・。

001

チャンコの時間であります。(元・岩木山の関ノ戸親方様もすっかりスマートになってらっしゃいますね。)

002

この日はカシワと鶏肝のチャンコでした。

サッパリしながらもコクがあって美味でした。

三波師匠も笑顔で頂いておりましたが、「お弟子さんたちの分まで食べたらご迷惑がかかる・・・。」とチャンコは控えめでしたが、境川親方様から「お~い、お前ら三波師匠の頭触らせてもらえ!」とお声がかかりますと・・・。

004

頭を手ぬぐいで拭いて準備OK。

その三波師匠の頭を・・・。

005

両手で押さえて念ずれば「金運」「恋愛運」そして「勝負運」まで守られてしまうのであります。(本当ですよ・・・。)

006

「お前もやらせてもらえ!」と親方様から言われて桜児龍さんも(その顔は真剣でらっしゃいます。)手をかざしています。

その様子をニンマリ見ている北脇に・・・。

007

「北脇さんが笑っていると集中出来ないよ!」と三波師匠。(その様子をボー然と見ている諫誠さんと桜児龍さん・・・。)

しかし!

009

希望者殺到!(小浜海さんです。)

011

遂には新弟子力士さんまで手をかざし・・・。

012

そして、関ノ戸親方様までも!

力士の皆さんの勝負の世界は、どれ程稽古をしても予期せぬ怪我や病、土俵の白黒だけでは片付けられない苦難や苦行が待ち受けてらっしゃいます。

大相撲が一般の我々よりも神様や仏様を敬い、周囲の皆様のご縁を人一倍大切にされるのは相撲だけに打ち込み専念する事がいかに大変で尊い事かを身を持って分かっておられるからであります。

003

境川部屋力士の皆様のご活躍と大相撲の発展繁栄を心よりお祈り申し上げます。

境川親方様、そして境川部屋の皆様、この度も本当に有難うございました。

2012年9月 5日 (水)

ホープ乱入、ガダルカナル・タカと久々再会・・・!?

004

ホープ師匠の隣にいらっしゃる男性は、たけし軍団のドン「ガダルカナル・タカ」さん、その隣は「グレート義太夫」さん。

昨夜は新宿ロフトプラスワンにおきまして、書籍「我が愛と青春のたけし軍団」の内容にちなんだトークライブが行われまして、ガダルカナルさんを中心に「たけし」さんや「たけし軍団」の知られざる事実をファンの皆様にご披露されていました。

そのライブにホープ師匠がサプライズゲストとして招かれまして、約15分間大暴れして出演者、関係者、お客の皆様を驚かせたホープ師匠。

その様子をご覧下さい。(写真掲載は許可を頂いております。)

001

ホープ師匠の乱入に会場は騒然・・・。(北脇はドキドキしながら見ていました・・・。)

002

久々の再会にホープ師匠とガダルカナルさんガッチリ握手をした瞬間、いきなり‘靴で頭を叩く’ホープ師匠。

その後はお二人で「ヨロシク~ネッ!」のポーズをされました。

012

実はガダルカナルさんは、たけし軍団に入る前ホープ師匠の運転手や付き人をしてらっしゃいました。

若手だったガダルカナルさんにコントをや笑いを叩き込んで面倒を見られたとの事。

師匠もステージから降りた後「今は偉くなったタカだけど、あの一瞬はボーヤ(付き人時代)の顔になってたよ・・・。ああやって俺を立ててくれたけど、昔は酷い事をタカにしたんだろうな・・・。」とおっしゃっていました。

009

絶対に放送出来ない爆弾発言の数々に頭を抱えるガダルカナルさん。

「お客にケツを見せて失礼だろ!ケ○の穴を見せろ!!」とストリップ劇場でコントをしていた若手時代のガダルカナルさんや当時の芸人に教育していたホープ師匠。(本当の話のようです・・・。)

昔の話しをガダルカナルさんと語るホープ師匠はイキイキしていてホープちゃんライブとは違った輝きを放っていました。

013

そして、あっという間に時間が過ぎてしまいました。

当然、ガダルカナルさんに10月20日(土)の「ホープちゃんライブVOL8」の出演交渉をしたホープ師匠。(是非ともご出演して頂きたいですね!)

完全燃焼してホープ師匠と一緒に「クラブ中越」に戻った北脇に「タカのツッコミやリアクションは立ち居振る舞いは自然だったろう?あれが第一線で活躍する人間だ!タカのあの芸を盗むんだ!」と教えて下さいました。

以前は「ぼん(西田ぼんさん)の芸を盗め!」と北脇に言っていたホープ師匠でしたが、これから北脇にはハイレベルな芸を身につけて欲しいと言う師匠の期待に熱くなりました。

今更ながら、ホープ師匠はやっぱり凄い方なのであります!!

2012年9月 3日 (月)

今年も自由が丘熊野神社奉納演芸~っ!!

002

お神輿の周りには人・人・人・・・。

ハッピ姿の人たちの声が聴こえてきそうでありますが、これは目黒区自由が丘熊野神社のお祭の様子であります。

そしてお祭大好きお神輿大好き男と言えば・・・。

001

二代目「三波伸介」師匠であります。(左から写真家のとんばさん、萬天舘ちぇこ社長、三波師匠、‘そめやん’さん)

三波師匠のご親戚が自由が丘にお住まいで、少年時代からお祭に参加してらっしゃった三波師匠。

完全にお祭に溶け込んでらっしゃいました。

そんな三波師匠、前日はホープちゃんライブにゲスト‘NEWてんぷくトリオ’(仮名称)としてゲスト出演して下さいましたが、今回は北脇がゲストにお招きいただきまして・・・。

008

熊野神社で行われた奉納演芸に「三波伸介一座」のトップバッターに立たせて頂きました。(昨年に引き続きましてですよ・・・。)

歌う前に三波師匠とトークをさせて頂きながらお客様を呼び寄せて・・・。

022

高見盛の歌、寶智山ルンバ、輪島大士の歌を熱唱した北脇。

九月場所直前とありまして、大相撲トーク満載で舞台に立たせて頂きました。

当然、大相撲と言えば!

030

三波師匠の見せ所!

舞台の直前まで神輿を担いで体はクタクタの筈なのに大相撲のネタになると目が輝いて、北脇と延々相撲トークをしました。

そして北脇の無茶振り「ジャイアントロボのナレーション聴きたいな~。」と言えば「ジャイアントロボと大作少年の活躍でギロチン帝王の魔の手から云々・・・。」と言ったあと、「ジャイアントロボの主題歌」を大熱唱しました。(あまりのうるささに前列のお客様は耳を塞いでいました・・・。)

北脇が次々お客様を無視して無茶振りするので「最近、西田ぼんちゃんに似てきた!」と三波師匠に何度も言われてしまいました。(これは問題でありますねぇ・・・。)

そんな北脇の次に出られましたのは!

034

漫才「ホームラン」の師匠方であります。(カンタロウ師匠、たにし師匠)

カンタロウ師匠は小野ヤスシさんのお弟子さんで、たにし師匠は初代三波伸介師匠のお弟子さんでらっしゃいます。

ベテランの漫才を拝見させて頂き、北脇も勉強をさせて頂きました。

そして漫才の後は!

035

立川談奈さんの落語であります。

昨年同様‘ハンドマイク’で落語をしながらも飄々と何事も無かったように全くブレない談奈さんの落語にプロの姿を見ました。(マイクを持ちながらの落語は大変な苦行でありますよ・・・。)

そんな談奈さんとは打ち上げでご一緒させて頂き、同じ昭和47年生まれ同士楽しく交流をさせて頂きました。(お酒の席でのフリートークも最高に面白かったですよ!)

そして大トリは勿論!!

039

NEW てんぷくトリオ(仮名称)の笑いで締めくくって頂きました。

小雨が降りしきる中にありましてもNEWてんぷくトリオの芸に皆さま釘付けになっていました。

本職はダンサーのトミーさん(左)と本職は殺陣師の‘そめやん’さん(右)と三波師匠との息もピッタリでありました。

そんな楽しい奉納演芸も無事に終わりまして!

042

出演者全員でフィナーレ。

2日連続三波師匠とお会いして、しかもNEWてんぷくトリオの舞台も拝見できて幸せいっぱいだった北脇。

皆さんの中でも「NEWてんぷくトリオを見た~い!」と思われる方々も大勢と思います。

9月29日(土)14時から湯島天神にて「三波伸介一門会」が開催されます。(詳細は→http://ameblo.jp/minamishinsuke/ 三波師匠のサイトです。)

是非とも‘生 NEW てんぷくトリオ’をお楽しみ下さいね~っ!!

2012年9月 2日 (日)

完全燃焼!ホープちゃんライブVOL7

7_017

ホープ師匠の話に北脇のこの表情・・・。

以前よりブログなどでもご紹介しておりました「ホープちゃんライブVOL7」でのオープニングのひとコマであります。

今回のホープちゃんライブは「中村ゆうじ」さん「モロ師岡」さんなどエース不在でホープ師匠、考えに考え抜いて音楽コントやバンドサウンド重視のライブとなりました。

前半を盛り上げたのは!

7_018

横浜銀蝿のカバー曲を引っさげて大宮を拠点に活動する「罵駄狼琉 バターロール」の5人組。

ホープ師匠も‘ツッパリロッククンローラー’(死語・・・。)に扮してコラボしましたよ!

もう汗まみれで暴れまくっていました。

そして遂にこの3人がホープちゃんライブに出現!

7_026

「ニュー てんぷくトリオ」です。(仮名称)

舞台狭しと大暴れして下さいました。

二代目三波伸介師匠の堂々たる立ち居振る舞いにお客様も初代三波伸介師匠のお姿と重ね合わせて笑いと驚きの声が鳴り止みませんでした。

7_029

そして「医者とナースコント」では何と・・・。

7_031

ホープちゃんライブではこれまで封印していた‘ゴムパッチン’登場。

師匠のタイミング、リード、まさに名人芸でしたよ!(ご覧になられたお客様はラッキーでしたね!)

7_041

何故か突然歌いだすホープ師匠扮する‘財前寺先生’のバックには流しが登場したり・・・。

7_042

悪徳葬儀屋(桂茶がまさん)が登場したり・・・。(ふきのさんのナース、最高に面白かったです。)

7_044

悪徳僧侶(もちろん西田ぼんさん・・・。)が登場したり、全く先が読めない設定にお客様もお喜び下さいました。

それにしましてもぼんさん、ハマリ過ぎでしたよ・・・。

7_049

いつもは歌を投げ出してバンド演奏を無理矢理止めてしまうホープ師匠ですが、今回は最後まで熱唱しました。

ちなみにこの歌は「遺言状のブルース」

ホープ師匠をモデルに書いた曲であります。

7_055

俵山栄子さん差し出されたマイクにデレデレするメソポ田宮文明さん。

お客様も温かい目で見ていたのに・・・。

7_057

いきなりS○ショーになってお客様は騒然・・・。(ちなみに師匠が持っているのはムチです。)

7_059

更にエスカレートしてロウソク攻め・・・。

残酷なように見えますが、笑いとしては最高にオイシイお膳立て。

メソポ田宮さんはやはりツキを持っていますね~。

勿論、俵山さんはこの後、超名人級の歌真似を北乃脇バンドの演奏でタップリご披露下さいました。

あまりの激似に笑いを超えて感動してしまいました。

そして師匠とのコントの絡みも最高でした。

次回も俵山さんには是非ともご出演頂きたいです!!

7_066

そしてライブの大トリは歌手で歯科衛生士・石川恵子先生が歌い踊る「お梶 藤十郎」です。

柳家紫文師匠の三味線と生バンド演奏で恵子先生、最高の舞台を見せて下さいました。(紫文師匠は全体を通して三味線の音を奏でてライブを盛り上げて下さいました。)

茶がまさんも数々の俳優活動をしてらっしゃいますのでご覧のように堂々とした風格が漂ってらっしゃいます。

そして何と言いましても今回の功労者は・・・。

7_016

7_015

北乃脇バンドの皆様です。

忙しい時間をスタジオやコントの稽古にも参加して師匠と一緒に意見を出し合って下さいました。

7_006

前列左からサックス・宮崎さん、トランペット・大林さん、中列左からアコーディオン・ナオミさん、ドラム・舛田さん、後列左からベース・佐々木さん、キーボード・日ノ下さんです。

次回、10月20日(土)のホープちゃんライブVOL8も大いに盛り上げて頂きたいです。

今回お忙しい中、ご来場下さいました多くのお客様、ライブ開催にご尽力下さいました皆様、本当に有難うございました。

そしてご出演下さいました皆様、お疲れ様でした!!

2012年9月 1日 (土)

本日本番、ホープちゃんライブVOL7!!

Hopechanlive91_2

本日9月1日、遂に「ホープちゃんライブVOL7」本番となりました!!

今回は音楽コントやバンドを贅沢に使ったショーになります。(予定・・・。)

皆さんのご来場を新宿ロフトプラスワンでお待ちしておりますよ~っ!!(開演は13時であります。お問い合わせ03-3205-6864)

« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »