« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »

2012年8月

2012年8月31日 (金)

ホープちゃんライブは楽しい詐欺集団・・・!?

002

僧侶になりすまし、役に入り込んでいるのはお馴染み「西田ぼん」さん。

その様子をボー然と見ている「川手ふきの」さん。

ホープちゃんライブのコント練習のひとコマでありますが、これだけ見ても一体何の設定なのか全く理解できませんけれど、間違いなく‘ウサンくさい・・・。’と言う様子はご理解いただけますね~。

003

テレビのコントのような大予算が無い舞台のコントはチョッとした衣装と小道具を使って役に成りきらなければいけません。(ホープ師匠とふきのさんが白衣を着ているので大体のコントの設定がお分かり頂けますね。)

ですからコントの役者には大変な演技力が要求されます。

そして、衣装やセットがキッチリしていないと言う事はアドリブやその場の空気でリハーサルと違う方向にコントが進んで脱線してしまっても演者達の阿吽の呼吸で更に話しを膨らませて面白く出来ると言う楽しみがあります。(当然、大変な腕が必要でありますが・・・。)

ホープ師匠は「オチが客に読まれるようなコントはやりたくない!‘このコントのオチはどうなるの?え~っ?そんなオチだったの・・・。’とお客を騙して‘アッと’驚かせるコントがしたい。その為には‘詐欺師’になれ!」とおっしゃいます。

誤解を招くといけませんが、ホープ師匠が言う‘詐欺師’とは、いい意味でお客を裏切り笑わせるコントを意味しています。

006

メソポ田宮さんもコントでお客さんを騙す‘詐欺師’の特訓を師匠に受けています。

本番は絶対に大爆笑をとってくれると信じておりますよ!

と、人の心配をしている場合では無く・・・。

008

北脇も三味線の「柳家紫文」師匠、アコーディオンの「ナオミ」さんと一緒に「ボーイズ」をやります。

題して「ホープちゃんボーイズ」であります。(ホープ師匠のいない所で三人で稽古をしました。)

音楽コントはタイミングが非常に難しく、お客を騙す詐欺師になれるか心配でありますが、ホープ師匠が何とか爆笑を取って下さるものと思います。(途中で投げ出す可能性もありますが・・・。)

とにかくホープちゃんライブ出演者一同、詐欺師になってお客様のご来場をお待ちしております!(誰も来なかったりして・・・。)

2012年8月30日 (木)

ホープちゃんライブはコメディエンヌ養成所・・・!?

002

ホープ師匠を取り囲む女・おんな・オンナ・・・。

ホープちゃんライブの稽古を終えて一息つく師匠であります。(この写真だけ見るととても稽古後とは信じがたいですが本当なんです・・・。)

ホープちゃんライブの特徴は本物のコメディエンヌ(女性のコメディアン)を起用するのではなく、お笑いを知らない女優、歌手、モデル、アイドルをホープ師匠と絡ませて笑いを作り出すと言う事であります。

昔、ホープ師匠がストリップ劇場で女性ダンサーと一緒にコントをして幾度も笑いを取った経験をホープちゃんライブでも活かし続けている訳であります。

ホープ師匠曰く、「変に笑いのセオリーを知っているよりも何も知らない人の方が面白い場合がある。」との事ですが、昔の萩本欽一さんもお笑いとは縁の無い前川清さんと絡んで新しい笑いを発見されたり(全くの一般人とも掛け合いをしましたね。)、志村けんさんはジュリーやマ○シーと一緒にコントをして本職のコメディアン以上の笑いを我々視聴者に提供して下さいました。(ホープ師匠も昔、マ○シーとコントをした事があったそうですが、カンの良さ、アドリブなど天下一品だったそうで‘アイツ勿体無いよ・・・。’といつもおっしゃいます。)

ホープ師匠もお笑いとは縁遠い女性達とコントをして、その反応やチョッとしたリアクションを見ながらご自身の笑いをも進化させてらっしゃるのかも知れません・・・。

当然、イラストレーターのメソポ田宮さんもホープ師匠の元でビシビシ鍛えられえておりますが、今回のライブでは一体どのようなキャラクターで起用されるでしょうか・・・?(後でイイ味を出していますねぇ~。)

とにかく本番まであと2回稽古、本日も頑張りますよ~っ!!

2012年8月28日 (火)

川手ふきのは俺の物!ホープちゃんライブ稽古開始・・・!?

006

男性陣に囲まれて笑顔の女性は女優の「川手ふきの」さん。

ホープちゃんライブ当日まで5日と迫りまして、ようやくコントの稽古が始まりました。

ふきのさんにピッタリと寄り添う落語家の桂茶がまさん満面の笑みですが、稽古初日はナースに扮したふきのさんに我々男性陣がコントで絡むと言う設定で行いました。

どんな無茶振りも受け止めて軌道修正してオチまで引っ張ってくれるふきのさんの凄腕にホープ師匠も大絶賛。

我々男性陣もすっかりふきのさんの虜になってしまいました。(メソポ田宮さんも嬉しそうでありますね~。)

しかし、稽古前半を盛り上げて楽しませて下さったのは・・・。

005

ご存知、西田ぼんさんであります。

ジェットコースターのような人生を送るぼんさんは、まさにコントのネタの宝庫!

ぼんさんの独り言を膨らませながらコントを作り上げて行きましたが、話しが大きくなりすぎて・・・。

001

「西田ぼんの人生相談」のような講演になってしまいました。

女性陣もぼんさんの話に釘付け・・・。

その姿は詐欺師を通り越して教祖のように見えてしまいました。

妙な説得力とツジツマ合わせは名人級で北脇も「ぼん師匠!」と呼びたくなりましたが、あくまでこれは‘楽屋での話’。

実際、ホープ師匠とコントを始めると・・・。

004

さっきまでの流暢な会話が全く続かず、師匠に攻められっぱなしでした。

しかしこれは、ぼんさんが弱いのでは無く、ホープ師匠の迫力やツッコミ、テクニックが凄すぎる為であります。

そんな師匠の変幻自在の攻撃を受け止めて師匠の魅力を引き出して下さったのが女優「川手ふきの」なのであります。

当然、北脇も・・・。

008

ふきのさんと初めてコントをさせて頂きましたが、北脇の大暴投や悪送球、手つき不十分の立合いもガッチリ受け止めて下さいました。

よく、映画や芝居で共演した俳優同士が惹かれあってお付き合いする。と言う話しを聞きますが、何となくわかる気がしました。(茶がまさんも完全にビッタリでありますね~。)

本日のふきのさんは光輝いて男を虜にする魅力が溢れ出していました。(本当ですよ!)

そんな訳で、本番まであと4回稽古!

本日も頑張りますよ~っ!!

2012年8月27日 (月)

FM西東京・北脇貴士の大相撲甚句306~308回ポッドキャスト

034

005

FM西東京・北脇貴士の大相撲甚句をポッドキャストでお聴きいただいているリスナーの皆様にお知らせです。

この数週間、サーバーのメンテナンスでポッドキャスト配信が出来ずにご迷惑をおかけしておりましたが、一時的に別のサイトから306回~308回の放送分をお届けしますので、ご理解を頂きたいと存じます。

新しいURLは→http://kitawaki-takashi.seesaa.net/ です。

今後ともFM西東京・北脇貴士の大相撲甚句を宜しくお願い申し上げます。

北脇、今年も青梅で24時間テレビ~っ!!

24

今年も24時間テレビの季節がやってまいりまして、日本中の皆様の注目を寄せましたが、北脇にとりましても24時間テレビは非常に深い繋がりがありまして、毎年のように募金会場で歌を歌わせて頂いております。

ちなみにここは東京都青梅市の会場で、北脇もかれこれ過去8回ほどお邪魔しております。

しかし、だからと言ってテレビ中継が来た事は無く、あくまでTシャツを着て‘雰囲気を体感する!’にとどまっております。

24_005

早速24時間シャツに着替えて募金箱へ!

ウケ狙いで財布を入れようとしていますが、勿論そんな事はしません!!

本当は小銭を500円ぐらい入れようとセコイ事を考えていましたら募金箱にはお札がギッシリ・・・。

当然、思いとどまってキッチリ募金をさせて頂きましたよ!

24_002

北脇が昼過ぎに会場に着いた頃には既に皆さん出来上がっていました・・・。(暑かったですからねぇ~。)

ちなみに北脇は酒は呑みませんのでカキ氷を食べました。

24_004

「おなじみ!相撲フォーク 北脇貴士だ~」とマジックで書かれていますが、北脇が書いたのではございませんよ!

ちなみにこの日は相撲ソングは2曲のみしか歌いませんでした・・・。

それにしましても毎年のように青梅の24時間テレビやイベントにお邪魔しておりますが、この1~2年で驚いた事は!

24_003

このような女の子や・・・。

24_023

このような女の子・・・。

24_007

女性出演者が非常に増えた事であります。

しかも皆さんプロ級の腕前とルックス。

昔は地元青梅の男性出演者ばかりで盛り上っていましたが、やはり色々な地域から色々な音楽(や可愛らしい女性・・・。)が集まると青梅も非常に活気が出て新しい音楽を発信してゆく街になって行くように思えました。

にもかかわらず・・・。

24_021

北脇は10年前に青梅に来た時と殆ど変わらないスタイルで歌いました。(と言っても20分のうち半分ぐらいは喋り倒してしたんですけどね・・・。)

24_018

この3年ほどは「ザ・北乃脇バンド」の皆様と青梅でステージを行っておりましたが、今回は一人で熱唱。

やはりいろいろな方々から「あれ?今回はバンドじゃないの?あの自己主張の凄いメンバーと北脇さんとのやり取りは面白かったのにね~。」と言うご意見が多々ありました。

まるでコミックバンドのように北脇が歌うとボリュームを上げて邪魔をするスタイルがウケていたようですが、北脇は笑わすつもりは無く、いつも真剣だったんですけどね・・・。

無事にステージも終わって・・・。

24_008

毎年、北脇に優しくして下さる‘お母さん’と記念写真!

「今年は来ないかと思ったよ~。会えて嬉しい~。」とご挨拶。

北脇の方が嬉しかったですよ!毎年有難うね~お母さん!!

来年も何とか青梅で歌いたいですよね。

24_022

そして、この帽子の美女!

大相撲大好き、寶智山大好きのエルさん。

差し入れを持って会場にわざわざ来て下さいました。

北脇が青梅で歌う事はブログでも書いておりませんでしたが、調べて下さったようで本当に嬉しくなりました。

そんなエルさんの為に「寶智山ルンバ」を熱唱した北脇。

当然、北脇も寶智山関を応援しておりますし、九月場所も大注目しております。

殆ど喋り倒して、歌は控えめだった北脇のステージの後は・・・。

24_025

大人のムードタップリの大ベテランバンドの皆様が登場!

北脇も何とかこの大先輩方達の年齢までバンドや音楽を続けて行きたいと思わされました。

今年も青梅の24時間テレビ、大いに楽しませて頂いた北脇でした!!

2012年8月26日 (日)

北脇、ホープ師匠効果にあやかる・・・!?

001

ホープ師匠のお隣の男性はモノマネ芸人の「あっち幾三」さん。

行きつけのサウナでよくお会いするのですが、「俺、ミュージシャンになったの。バンドで活動してるんだよ!」と以前ホープ師匠が言った為に、あっち幾三さんのライブ「ものまね七変化マンマ・ミーヤ」にゲストで呼ばれて出る事になりました。(当然‘北乃脇バンド’と一緒に・・・。)

師匠、キョトンとしたお顔でありますが、内心「シャレで言ったのに・・・。」と思ったのかも知れませんが、既にチラシにも写真入りでサイトにも掲載して頂いております。→http://193pro.com/ 

とにかく、いろいろな方々に興味を持って頂けるのは非常に有難い事であります。

そして、こちらの人物もホープ師匠に強~い興味を持って下さいましたよ・・・。

002

プロモーターのI社長であります。(右の男性です。)

世界中のエンタテインメントや、本物のショーを見てご活躍中のI社長。

落語家の桂茶がまさん(左)と長年お仕事をされておりまして、この程、ホープ師匠と北脇もI社長のお世話になる事となりました。(詳しい事はまた徐々にブログなどで・・・。)

そんなI社長からご覧のように‘しゃぶしゃぶ’をご馳走になってしまいました。

003

「どんどん肉を持ってきてよ!いっぱい食べる奴がいるからね。」と積極的にオーダーするホープ師匠。

いっぱい食べる奴とは当然・・・。

004

私、北脇であります。(テーブルにはウドンも見えます。)

肉は大好物ですし、しゃぶしゃぶは特に好きですが、頼み方が半端じゃありませんでした。

もう食べきれないほど食べて師匠とヘトヘトになりながらも大満足で帰りました。

今回もホープ師匠にあやかって仕事も食事も便乗した北脇でありました・・・。

2012年8月25日 (土)

人生‘谷あり谷あり’・・・!?師匠、ぼんちゃん大いに語りあう・・・。

004

‘西田ぼんプロジェクト’が一夜にして白紙になった事でホープ師匠も多少の動揺はあったものの、ご覧の様に仕切りなおし‘サウナでカキ氷’を楽しむホープ師匠と北脇。

ブログをご覧下さいました皆様からお励ましのメールやお電話、コメントを頂きまして9月1日のホープちゃんライブに向けてフンドシを締めなおす覚悟になりました。

本当に皆様、有難うございました!

そうして師匠と一緒におりますと現われたのは・・・。

008

お馴染み「西田ぼん」さんであります。

「今までお前の言う事を真に受けた事は殆ど無かったのに・・・。俺も慎重さを欠いていたよ~。」とホープ師匠。

そんなぼんさん、何事も無かったかのようにカメラ目線。

とは言いながら!

015

「ほら、師匠。ブログを見ている皆さんに‘ヨロシク~ネッ!’元気な姿を見せなきゃ!!」と師弟でゆ~とぴあのポーズ。

この日は師匠とぼんさんの出会い、その周囲にいらっしゃった芸人や携わった方々の話をタップリ4時間ほど聞かせて頂きました。

心温まる話し、過激な話し、嘘のような本当の話し、などなど初めて聞かされる話しに北脇もドップリと浸ってしまいました。

そんな師匠が芸人を目指して九州を離れて一番最初にたどり着いた大阪の話しを聞かせて頂いていた矢先に・・・。

028_2

テレビに映された人物を見て会話が止まってしまいました。

その人物こそ、ホープ師匠が付き人をしていた大物芸人の・・・。

030

「白木みのる」師匠の映像でありました。

嘘のようですが、昔ホープ師匠は白木師匠の元で喜劇を学んでらっしゃったんです。

当時のお話をされるホープ師匠のお顔は、夢憧れる19歳の「城後光義少年」に戻っていました。

芸能界の華やかな所、汚い所、素晴らしい所、ダメな所を語って下さいました。

確かに芸能界は勿論、人生は思い通り行かない事が殆どでありますが、舞台の一つや二つ形にならなかったとしても(動いて下さり、ご協力下さった皆様には本当に申し訳ありませんが。)、師匠やぼんさんがいつも口癖のように‘人生谷あり谷あり!’の言葉のように転落して落ちろ所まで落ちても、命ある限り生き続けなければいけないのであります。

今回のホープちゃんライブのテーマにもなっていますが!

Hopechanlive91_2

「死んでたまるか。死んでも生きてやる。」であります。

ホープ師匠とぼんさん、そして出演して下さる皆様の迫真の芸を一人でも多くの皆様にご覧頂きたいと願っております。

2012年8月24日 (金)

ぼんちゃん、今宵は大いに泣く・・・!?

002

笑顔で寄り添う男性二人。

お馴染み、ホープ師匠と作家の「元木すみお」先生。

以前よりブログでもご紹介しておりますが、ホープ師匠と元木先生は40年来の親友。

この日は歌舞伎町の「クラブ中越」の店内でお仕事のお話で盛り上ったお二人でした。

「元木さん、今度の仕事は大きくなりそうだから力を貸して欲しい!」とホープ師匠。

実は、つい数年前も元木先生の脚本で舞台をやれれたホープ師匠でしたが、大好評で「またあんな泣けて笑える芝居が見たい!!」と周囲の皆様からもリクエストが殺到しておりました。

普段は芝居などには消極的なホープ師匠ですが、元木先生の脚本でまた機会があれば舞台に立ちたいと密かに願っていた師匠。

そんな舞台の仕事を持った来て下さったのが・・・。

001

ホープ師匠の弟子「西田ぼん」さんであります。

若き日から芸達者でパントマイムで世界中を旅したり、大衆演劇の花形をやったりしていたぼんさんを発掘し、弟子として育てたのがホープ師匠でした。

その後は、ポール牧師匠、水野晴郎先生、遠藤実先生、の元で修業をして様々な芸を身に付け修羅場をくぐって来たぼんさん。(今も修羅場をくぐっている最中ですけど・・・。)

そんなぼんさんが「ホープ一座」を大舞台で活躍出来る場を探しだして「さぁ!師匠これから忙しくなりますよ!北脇、バンドの皆のスケジュールも押さえておいてくれ!!」と気合充分。

お店で大いに呑んで歌って踊って盛り上りました。

帰り道の電車の中でぼんさんと一緒に楽しい話しで盛り上った北脇でした。(ぼんさんと北脇はご近所であります。)

それなのに翌日・・・。

Ts390241

ぼんさんに呼び出されて近所の居酒屋に行きましたら「あ~寿司でも食べてチョッと話しをしよう・・・。」と、この表情・・・。

Ts390240

「遠慮するなよ!全部食え!!」と食べかけの寿司を北脇に渡すと「あの舞台の仕事はナシだ!悪いね・・・。バンドの皆さんにも伝えておいてくれ・・・。」と突然言われて、寿司が喉に詰まりそうになった北脇。

いろいろギャグを言いながら悲しい空気を出さないように立ち居ぶるまうぼんさん。(店員の女の子も爆笑していました・・・。)

世間はぼんさんをいろいろおっしゃる方々もいますが(かなり大勢・・・。)師匠に対しては全力を尽くすぼんさん。

北脇も面倒を見ていただいておりますので、何の不満や文句も言えませんし、第一!

Ts390242

帰り道、このように馬鹿げた顔をするぼんさんの目頭がうっすら濡れていた気がしました。

大きな仕事が無くなってホープ師匠も悲しんでらっしゃいましたが、ぼんさんが一番悲しんでいたのかも知れません。

いつの日か師匠とぼんさんの師弟関係を泣ける歌で表現したいと思った北脇でありました・・・。

2012年8月22日 (水)

穴場発見!激安居酒屋!!

002

3日振りに師匠に呼ばれて向かった先は新宿の某居酒屋。

そこには師匠の長年の後援者で某大手企業取締役で作詞家のM様とホープ師匠がジョッキ片手に呑んでらっしゃいました。

お盆の間はライブに出演して下さる役者さんやバンドの皆さんと打ち合わせや稽古をして一枚岩になったホープ一座ではありましたが、やはり人数が増えると当然‘資金’の問題が生じてしまいます。

出来るだけ安く、お金をかけないでライブの準備や稽古をする為に師匠とアイディアを搾り出している北脇ではありますが、ご協力下さる出演者さん達に少しでも還元したいと考えるのも当然。

そこでM様に‘激安居酒屋’を教えて頂いたホープ師匠。

安いばかりでなく料理も美味しくて、しかも比較的空いているのでリラックスも出来まして、利点ばかり!

M様は企業の組織でトップを取られた人物。

仕事が出来るのは当然でありますが、部下を育てて組織を拡大させて行く為にはどうすれば良いのか?自身も成長して行くには何をすれば良いのか?など非常に勉強になるお話を沢山聞かせて下さいました。

芸人も芸を勉強するだけではなく、やはり周囲に気配りや気遣いをしなければ誰も力を貸してくれない事も教えて頂きました。

有難い事に出演者の皆様や周囲の皆様にご理解ご協力を頂いてホープ一座も拡大しつつあります。

次回辺り、この激安居酒屋で皆様とライブ後、美酒に酔いしれたいものでありますね!

2012年8月21日 (火)

北乃脇バンド、70年代特撮ヒーローに釘付け・・・!?

022

ご存知、北脇自宅スタジオのひとコマであります。(クドイようですが借家・・・。)

平日の夜と言う事もあり、フルメンバーではありませんが、ライブに向けてのスタジオ練習を終えて記念写真。

いつもは後で控え目に写っているベースの佐々木さんを前面に出て頂きましたが、こうして見ると‘韓流スター’のような端正なお顔立ちでらっしゃいます。(実際、佐々木さんはKポップや韓国のアイドルが大好きであります・・・。)

練習もホドホドにして恒例の!

007

北脇宅での‘特撮ヒーローDVD’鑑賞会。(キーボードの日ノ下さん、ドラムの舛田さんもテレビに釘付けでありますね!)

DVDは前回同様に!

002

「レインボーマン」であります。

1972年の作品ですが、どう見ても‘昭和初期’にしか見えませんねぇ~。

ちなみに、原作者は「川内康範」で、月光仮面などの作者であります。

更に言うならば、森進一の「おふくろさん」、青江三奈の「伊勢佐木町ブルース」などの作詞も手がけられました。

006

レインボーマンの宿敵「ゴッドイグアナ」

なかなか妖艶な魅力ですよねぇ~。(演じるのは曽我町子です。https://www.google.co.jp/search?q=%E6%9B%BD%E6%88%91%E7%94%BA%E5%AD%90&hl=ja&prmd=imvnso&tbm=isch&tbo=u&source=univ&sa=X&ei=Om8yUMXgDaGDmQW9hoHoBw&ved=0CGQQsAQ&biw=1024&bih=530 70年代の特撮番組には欠く事の出来ない人物でありました。)

そんな70年代の特撮ヒーローで異色を放ったのが!!

012

この金髪の猿!

008

「宇宙猿人ゴリ」であります!!

タイトルは宇宙猿人ゴリでありますが、主人公はこのヒーロー!(説明不要とは思いますけど・・・。)

010

「スペクトルマン」であります。

このスペクトルマンの事を語ると北脇は我を忘れて熱くなってしまいますので→http://www.youtube.com/watch?v=JcQwq7g0fE8 クリックしてみて下さい・・・。(名作でありますよ!)

013

登場するヒロイン(遠藤理恵)も‘つけまつ毛’をつけて70年代を思わせておりますが、40年経った現在、ひと回りして新しさを感じてしまいますね!(そう思うのは北脇だけでしょうか・・・。)

021

そんな大の大人4人が70年代の特撮ヒーローを見ながらあれこれ談義をした訳ですが、当時のBGMなどは非常に芸術性があって重厚感が漂っていました。

次回は「シルバー仮面」と「快傑ライオン丸」を鑑賞しようと思っております。(どうでも良い話ですが、北脇の従兄弟がブログを見ているようで‘今度70年代ヒーローのDVD見るときは呼んでくれ!’と言っていました・・・。近いうちにメソポ田宮さんや従兄弟も呼んで盛大に鑑賞会を行いたいものでありますねぇ~。)

2012年8月19日 (日)

大相撲甚句307回放送「追手風親方」ゲスト回のお知らせ

004

今夜8月19日(日)深夜12時放送の大相撲甚句、ゲスト「追手風親方」ご出演の回ですが、ポッドキャストのサーバーがメンテナンス中の為、先週よりアップロード出来ない状況にあります。

ポッドキャストでお楽しみ頂いておりますリスナーの皆様にはご迷惑をおかけしておりますが、FM西東京ホームページをアクセスして頂き、リアルタイムでお聴き下いますことをお勧めします。

パソコンやスマートフォンからhttp://842fm.west-tokyo.co.jp/ ←深夜0時少し前にアクセス頂ければ地上波同様に番組が放送されますので、宜しくお願い申し上げます。

お宝話し満載、追手風親方の山崎直樹少年が相撲処「石川県穴水町」で相撲に出会い、山崎少年を英才教育した恩人の話、十両時代に貴闘力関と血みどろの対戦をした直後の話、などなど聴き所満載の大相撲甚句307回放送をどうぞお聴き逃しのありませんように!!

2012年8月18日 (土)

大好評!トミー前田ラーメン・・・!?

001

この日もホープ師匠を囲んでの記念写真ですが、北脇の姿が完全にボケております。(シャッターをタイマーでセットしたのですが、何度トライしても北脇だけ上手く写る事が出来ませんでした・・・。何かに取り付かれていたのでしょうか・・・?)

実はこの日もライブに向けてコントの稽古をしたのですが、ホープ師匠と中村ゆうじさんのご指導の元、非常に内容の濃い実戦的な稽古をしました。

中村さんはご予定があったので稽古直後に帰られましたが、中村さんの指導は非常に的確で分かり易く「何故このようにテンションを上げなければいけないのか!」「この受け答えをしないとコントが成立しない!」など‘目からウロコ’のお話しをタップリ聞かせて下さいました。(だからと言って中村さんの言った事を直ぐに実践出来るほどコントは生易しいものではありませんが・・・。)

稽古後、ホープ師匠と中村さんに「昔のストリップ劇場のコメディアンはそうやって丁寧に教えられたのですか?」と訊けば「そんなもん誰も教えてくれないよ!とにかく見て盗まないと。お客のヤジやブーイングに負けないように毎日死に物狂いでコントをやった・・・。」とおっしゃっていました。(ストリップのお客様はコント目当てではありませんからね。)

そんな貴重な稽古と講義の後は・・・。

003

ドラマー「トミー前田ラーメン」が振舞われました。

先日は包丁で指を切った前田さんでしたが、今回はノーミスで汚名挽回しました。(そう言えば先日はかなり泥酔していましたからねぇ・・・。)

004

ホープ師匠も「前田君、君のラーメンは最高だ!俺、汁まで残さず食べちゃったよ!!」と大絶賛。

その昔、ホープ師匠が「レオナルド熊一門」で旅回りしていた頃(当時は‘熊田にげろう’と言うお名前だったようですが。)、座員が手分をして師匠の身の回りの世話や食事当番、雑用、稽古をしながら全国を興行して一人前のコメディアンや踊り子になったと聞きました。

いつの日か「ホープ一座」でバンドの皆さん達と一緒に全国の旅回りしたいと思わされた北脇でした。

2012年8月16日 (木)

北脇、またも能登に帰る・・・!?

001

テーブルを囲んで集合写真を撮っておりますが、北脇の親戚の皆さんであります。

と言いますのも、8月12日の早朝に北脇の祖母が96歳で亡くなった為、葬儀の為に親戚が石川県能登町に集まる事となりました。

この夏は毎週のように能登に帰省して多くの皆様にご挨拶をさせて頂いた北脇でしたが、まさかこのような形で親戚が集まるとは思いもしませんでした。

北脇も予定していた事を全てキャンセルして能登へ急遽帰ってきましたが、ご覧のように全員悲しんだり落ち込んだりしている様子も無く、笑顔やピースサインしています。(久し振りに会う姪っ子や従兄弟の子供の成長に驚いたり、いい感じに歳を重ねた従兄弟達の姿に笑ったりしてしまいました・・・。)

一見、不謹慎のようにも見えますが、祖母は非常にユーモアのある人物で能登の人間の割には話し好きで派手好きで華やかで体からいつもエネルギーが溢れていました。

そんな祖母の武勇伝や若き日の事を教えて頂きながら北脇も自分自身のルーツを振り返り、祖母の事を思い出してまいりました。

その祖母がと嫁いで来たのが、第6代横綱「阿武松緑之助」が生まれた・・・。

Ts390239

能登町(旧・能都町)七見であります。http://www.geocities.jp/une_genzaburo/Ohnomatsu.htm 

ちなみに、この看板は祖母の家の前の国道246号線に立てられております。

Ts390222

祖母の家(北脇の父親の実家)から数百メートルの所にこのような阿武松の石碑がありまして、祖母からはよく阿武松の話しなど聞かされていましたが、北脇が大人になって古典落語や様々な大相撲にまつわる話しを知る度に阿武松の偉大さを後々思い知る事になりました。

ちなみに、現在の阿武松親方の益荒雄関は福岡県出身でありますが、阿武松ゆかりの能登町へ毎年合宿をして近隣の子供達に相撲の指導や普及に尽力され、能登町出身の「丹蔵」関を九月場所、遂に十両まで育て上げて下さいました。

尽力と言えば!

Ts390237

8月14日、15日は北脇の生家がある穴水町沖波の「大漁祭り」が行われ現在、穴水町に合宿中の「追手風部屋」力士が祭りを盛り上げて下さっております。

Ts390236

ちょっと見えにくいですが、能登の祭りには「キリコ」と言う山車のような神輿のような物があるのですが、そのキリコを追手風部屋力士の皆さんが担いで海に入り、大漁祈願、米の豊作を祈願します。http://kimassi.net/notomaturi/okinami.html 

北脇も20代前半まで毎年のように祭りには参加して楽しんでおりましたが、10数年ぶりに遠目で大漁祭りを見ました。

祖母の通夜が14日、告別式が15日でしたので丁度祭りと重なってしまいましたし、祭りには当然参加する事は許されませんが、このお盆のタイミングで祖母が天に召された事は北脇には意味深く、強烈なメッセージを与えて下さったと思っております。

しかし、これで当分は北脇も能登へ帰る事は無いと思いますが、やはり故郷は何度帰っても良いものだと実感しました。

ばあちゃん、今まで有難うございました!そしてお疲れ様でした!!

2012年8月14日 (火)

ホープ師匠&北乃脇バンド、役づくりの為に店を占拠・・・!?

003

カウンターの中にはホープ師匠が3人の男女を前に何やら話しをしている様子。

お馴染みの歌舞伎町にあります「クラブ中越」のお店をお借りしまして9月1日のホープちゃんライブに向けてのミーティングをしている最中であります。

005

ホープ師匠のコントには台本はありません。

緻密な人間観察と人間分析からキャラクターと設定を考えてアドリブで舞台に立ってブッツケ本番のコントをします。

ですから非常に難しい技を要求されますが、確実に短時間で力がつきます。(がしかし、殆どの芸人や役者がホープ師匠の難度なアドリブに苦しめられます・・・。)

そんな中、北乃脇バンドのメンバーも今回のライブにコメディアンとして参加してもらうべく白羽の矢が立ったのが・・・。

008

ドラムの前田さんであります。

今回はカウンターに入って皿洗い、料理、雑用、などなど何でもこなして頂きました。

006

手際良くネギをきざむ姿に落語家の桂茶がまさん、キーボードの日ノ下さんも見とれていますが・・・。

007

張り切り過ぎて指を切ってしまいました・・・。(本当ですよ~。)

しかし何事も無かったかのように!

009

笑顔でラーメンを作る前田さん。(本当に不思議な人物であります・・・。)

010

これが結構いけまして皆さん笑顔でポーズ!!(北脇も食べましたよ~。)

我々がカウンターでいろいろやっているうちに師匠はお客様や出演者の皆様にサービスをして大忙しでした。

013

今回のライブにご出演下さる「俵山栄子」さんを囲んで記念写真。

本格的な音楽コントに取り組むべく大いに語り合い打ち合わせをしました。

ライブ本番までクラブ中越さんには足を向けて寝られないほどのご協力を頂く事になりそうですが、最高の舞台で還元したいですね!

とにかくお盆返上でホープ一座、しっかり稽古に精進しますよ~っ!!(と言いながら北脇、また東京を離れてしまうんですけど・・・。)

2012年8月13日 (月)

8月12日放送の大相撲甚句のポットキャスト

ポッドキャストで大相撲甚句の放送をお聴きの皆様。

サーバーの不調により306回放送の番組をアップロード出来ない状況であります。

ご迷惑をお掛けしますが復旧しましたらお知らせしますので今しばらくお待ちください。

新生「ザ・北乃脇バンド」初スタジオ~っ!!

002

7人の男女が仲良く集合写真!

本日は北脇宅の地下スタジオ(と言いましても借家・・・。)でホープちゃんライブに向けての練習を行いました。

ご覧のように女性メンバー「ナオミ」さんが参加して下さった事によりバンドにも華やかさが生まれ、我々男性陣の顔も心なしかヤル気が漲っている気がします。(前列左からピアノ・日ノ下さん、アコーディオン・ナオミさん、トランペット・大林さん、後列左から:ドラム・前田さん、パーカッション・舛田さん、ベース・佐々木さん。)

本日は欠席しましたが、サックスの宮崎さんが加われば総勢8人のバンドになります。

そして忘れてならないホープ師匠もボーカルでありますから「ホープ&ザ・北乃脇バンド」で9人!!

超~っ豪華になってしまいます。(実際は師匠はそんなには歌いませんけど・・・。)

皆さん実力者ばかりですので(北脇以外は・・・。)、演奏も完璧で無事に楽しくスタジオ練習も終えて、恒例の・・・。

003

宴会であります!

ご覧のように皆さん非常~に楽しそうでありますね~。

特に!

007

ドラムの前田さんであります。

ナオミさんの隣で超~っご機嫌!酒の量も増える訳であります。

ちなみに前田さん、スタジオ練習終了間際に現われたにもかかわらず宴会では一番弾けていました。

テーブルの上には真っ赤に熟したスイカがありますが!

006

北脇の地元、石川県能登産であります。

佐々木さん、男前な表情でひとくちガブリ!

真っ赤と言えば・・・。

008

㈱スギヨのカニ風味カマボコ「香り箱」であります。

先日、スギヨ様から我が家に届いたばかり。

早速バンドの皆さんにお出ししましたが、前田さんの視線は香り箱と言うよりもナオミさんでありますね~。

やはりナオミさんは人気の的であります!

009

勿論、ライブに向けての打ち合わせや音楽の話も真剣でありますよ~。

真剣と言えば!

010

北脇宅での恒例「特撮ヒーローDVD鑑賞会」

この日は日ノ下さんのリクエストで「レインボーマン」を観ました。(日ノ下さんの手には‘特撮ヒーロー全集’の図鑑が・・・。)

011

レインボーマン第八話「ひとりぼっちの戦い」今見ても面白いですよね。

ちなみにヤマトタケシがレインボーマンに変身する時に唱える呪文は「般若心経」であります。

当然、ホープちゃんライブでもザ・北乃脇バンド演奏の「般若心経の歌」は毎回ご好評頂いておりますので今回も演奏予定であります。

そんな訳で!

Hopechanlive91_2

9月1日のホープちゃんライブVOL7を宜しくお願いします!!

2012年8月11日 (土)

北脇、本日は師匠だらけ・・・!?

006 

驚いた表情でホープちゃんライブのチラシを持っているのはお馴染み、二代目 三波伸介師匠。

以前にブログでもご紹介しましたが何と三波師匠、9月1日のホープちゃんライブVOL7にご出演して頂く事になりました。

しかも「ニュー てんぷくトリオ」としてであります。(ちなみに‘ニュー てんぷくトリオ’と言う名前は仮の名称であります。)

これまで北脇は「三波伸介一座」のイベントや会にお招き頂いたり、逆に大相撲甚句のゲストに三波師匠がご出演頂く事は度々ございましたが、ホープちゃんライブに三波師匠がご出演頂く事は今回が初めて。

喜びと緊張が北脇を襲いましたよ!(その割には北脇、悪~い顔をしていますねぇ・・・。)

早速お近づきの印に!

001

三波師匠の好物のシュークリームを持って萬天舘の事務所へご挨拶!(もの凄~いご機嫌のお顔ですね~。)

それにひきかえ・・・。

002

ちぇこ社長はいぶかしいお顔・・・。

「10分の持ち時間を三波がオーバーしてご迷惑をかけるんじゃないかしら・・・。」とご心配のようでしたが、心配はご無用!

以前、中村ゆうじさんが‘超~っ過激な爆弾トーク’をして時間を大幅にオーバーした時がありまして‘喰い付いているお客’と‘ドン引きしているお客’が真っ二つに分かれて北脇も舞台でアブラ汗を流して司会をしましたが、今となりましてはホープちゃんライブの伝説になりました。(本当にヤバかったですよ~。)

何と言いましても出演される方々全員が一癖も二癖もありますから大いに三波師匠にハメを外して頂きたいものであります。

そうしてライブの打ち合わせをしているうちに三波師匠のスイッチが入りまして・・・。

003

「アニメ・ヒーローソングメドレー」をアカペラで延々歌い続けてしまいました。

一見、歌舞伎役者のようにも見えますが、完全にヤバイ目つきになってらっしゃいます。

お金が発生する芸を惜しげもなく披露される三波師匠のサービス精神と異常な精神にすっかり脱帽してしまった北脇・・・。

完全にツボにはまって笑い転げてしまいました・・・。

009_2

そんな訳で、9月1日(土)新宿ロフトプラスワン、午後1時から行われます「ホープちゃんライブVOL7」を宜しくお願いします!

ちなみに翌日の9月2日は自由ヶ丘のお祭りにて行われる「三波伸介一座」の舞台に北脇もお招き頂きました。

9月も刺激が多そうですね~。

刺激が多いと言えば・・・。

007

このお二人も刺激の塊であります。

ホープ師匠のお隣の人物は、元関取・栃桜の「高橋満矢」様であります。

三波師匠とのライブの打ち合わせを終えてホープ師匠と待ち合わせの喫茶店にいらっしゃった栃桜親方。

以前よりラジオにご出演下さったり北脇を可愛がって下さる栃桜親方ですが、このところ刺激が無いと少々お嘆きでらっしゃいました。

現役時代より相撲甚句や初っきり、弓取りなど多芸で、その上に多くの芸人の面倒を見られた親分肌。

ホープ師匠も20代の頃から栃桜親方のお世話になっていました。

008

そんな栃桜親方は前々回のホープちゃんライブにご出演下さり、相撲甚句をご披露下さいました。

一見、近寄りがたい雰囲気も漂ってらっしゃいますが、男気があって面倒見が良くてお話好きな栃桜親方。

北脇は栃桜親方のCDをお手本に相撲甚句の勉強をしました。

言わば、北脇の相撲甚句の師匠なのであります!

ちなみに栃桜親方「相撲甚句の弟子求む!いつでも歓迎!!」との事。

シビレますよ~っ!!

そんな訳で、北脇‘師匠づくし’の一 日でありました。

Hopechanlive91_3

2012年8月 8日 (水)

師匠、北脇、本日は半分づくしナリ・・・!?

004

お馴染みのサウナの食堂。

師匠のカツ丼に箸を伸ばす北脇でありますが、こう暑いと食欲も減退・・・。

いつもはテーブルいっぱいに料理を並べて二人で食べるのですが、この日は一杯のカツ丼を半分に分けて食べました。

005

と、言いましても七割ぐらいは北脇が食べたんですけど・・・。

002

食後のかき氷も半分分けしました。

001

「やっぱり夏はこれに限るね!」とかき氷を楽しむホープ師匠。

サウナで体をスッキリさせて師匠と北脇が向かった先は‘国産うなぎ’で有名な「鰻な○」のお店。

006

「やっぱり夏はこれに限るね!」と満面の笑みを浮かべながら「う巻き」を食べようとするホープ師匠。(これに限るね!尽くしでありますね・・・。)

それにしましてもサウナの後のホープ師匠の顔は光り輝いていますね~。

007

今、写真を見てもヨダレが出そうになるような鰻料理。

北脇は酒を飲まないので殆ど食べてしまいました・・・。

008

そしてお待ちかねの「うな重」であります。

「これ美味いんだよ~。よし、これも半分分けだ!!」と言ってひとつのうな重を分けるホープ師匠。

010

国産うなぎは今後食べられなくなるかも知れないので、味わって噛み締めて頂ました。

美味しい物も二人で分けると美味しさも倍増!

お腹も気持ちも満たされてしまいました。

2012年8月 7日 (火)

琉鵬、大相撲甚句に出演!!

004

お馴染み、両国「とんかつ若」の店内にて大相撲甚句の収録をさせて頂きました。

今回のゲストは元・幕内力士「琉鵬」関(中央)そして、元・武哲山で現・東洋大牛久高校相撲部監督「栗本剛」様(右)。

お二人にタップリ二週分語って頂きました。

005

「何故、この二人が一緒に?」と思われるかも知れませんが、実は大の仲良し!(大相撲界では‘手があう’と言います。)

詳しい事は番組をお聴き頂けばお分かりになりますが、収録前に琉鵬関「自分は口数が少なく上手く喋られるか分かりませんよ・・・。」とおっしゃっていましたが、そこは芸人顔負けのトークの栗本先生がシッカリ援護射撃!

そんな今回の琉鵬関のゲストも栗本先生が橋渡しをして下さいました。(しかも大相撲甚句を牛久高校の生徒や相撲の試合会場などでもPRして下さっております。有難いですねぇ~。)

とにかく、無事に楽しく収録を終える事が出来ましたよ。

収録後「俺、今回あんまり喋らんかったでしょう・・・?」とおっしゃった栗本先生でしたが、琉鵬関以上に喋って下さいましたよ!(相撲トークから歌謡トークまで・・・。)

011

これはベースボールマガジン「相撲8月号」の関取立志伝のコーナーですが、幕内力士が引退すると特集され掲載されます。

この記事を元に、琉鵬関への質問を考えたり「琉鵬の歌」を作成しました。

記事には掲載されなかった貴重なお話の数々を琉鵬関に語って頂きました。

006

沖縄の正装「かしゆりスタイル」で収録に臨んで頂きました琉鵬関(北脇は‘アロハルックですねぇ~。’と言ってしまいましたが・・・。)。

すっかりスマートになってしまいました琉鵬関ですが、やはり近くで並びますと非常に大きく、しかも目つきも時々鋭くなりますので、凄い存在感が漂っていました。

当然、現役時代の思い出の一番や怪我の事、様々な質問をさせて頂きました。

放送は9月2日(日)、9日(日)深夜12時、FM西東京ホームページからパソコンやスマートフォンでもお聴き頂けますし→http://842fm.west-tokyo.co.jp/ 

ポッドキャストからも過去の放送もお楽しみ頂けます。→http://www.voiceblog.jp/kitawaki-takashi/ 

ちなみに琉鵬関は大相撲甚句のリスナーであります!

大相撲甚句リスナーと言えば・・・。

001

相撲博士で整体師の「菅原尚晋」さんも仕事の合間を縫って収録に駆けつけて下さいました。

いつも番組に情報などをご提供して下さる菅原博士ですが、栗本先生を含め、多くの皆様に支えて頂きながら番組を続けさせて頂いております。

そしてこの人物・・・。

008

とんかつ若「服部禎徳」社長も毎回収録にご協力頂いております。

収録後はお決まりの「ダブルチキンカツカレー大盛り」を食べました。

当然、収録後は・・・。

009

ホープちゃんライブの打ち合わせの為にホープ師匠の元へ向かった北脇。(店内の壁にチラシを貼らせて頂きました。)

010

こ~んな感じで栃乃洋関の断髪式の申し込み用紙の隣に並べてみました・・・。(竹縄親方、申し訳ありません!)

2012年8月 6日 (月)

移動2時間、舞台15分、稽古0分・・・!?

032

笑顔で乾杯するホープ師匠、ブッチー武者さん、北脇の三人。(その割にはグラスは空でありますが・・・。)

本日は、本川越にありますプリンスホテルで営業の仕事をさせて頂きました。

武者さんと長年の繋がりのある企業様の記念イベント会場が川越プリンスホテルでしたので、ホープ師匠、武者さん、北脇の三人で行ってまいりましたが、移動が往復2時間。

ちょっとした旅行気分を楽しんでまいりました。(武者さんは朝6時までお店の仕事をして、ホープ師匠は夜型人間ですので一睡もせず、北脇も能登からその足で合流しましたのでハイテンションでした・・・。)

肝心の舞台は15分間。

当然、高い笑いを要求されるのでありますが、ここだけの話、稽古は全くせずブッツケ本番。

にもかかわらず爆笑の渦、ステージ後は豪華なお料理のおもてなしを頂きました。

北脇自身も「俺がスベっても白けても師匠がオモチャにして笑いを引き出してくれるし、武者さんのインパクトと存在感で爆笑間違い無し!」と伸び伸び舞台を楽しませて頂きました。(信用はしてませんが、ホープ師匠と武者さんを北脇は心から信頼していますのでね~。)

何はともあれ、毎回貴重な経験をさせて頂いている北脇。

本当に幸せ者であります。

022

徹夜明けでらっしゃるのに肌艶も良く、化粧ののりも良い武者さん。

「コラ!写すんじゃない!!」とおっしゃる武者さんですが、「‘写すな’とは‘写せ!’って事だからいいんだよ!」とホープ師匠。

楽屋でのコミュニケーションが既に舞台のリハーサルなんですね~。(北脇もホープ師匠をモデルに数々の曲を作らせて頂いております。

023

本番前でも全く緊張感もなく平常心のホープ師匠。

「あの懺悔の‘水かけ’は武者さんが判断してマル・バツを出しているんですか?それとも台本があるんですか?」と超~素朴な質問をした北脇。

「そんな素人みたいな質問をするんじゃない!」とホープ師匠に言われましたが、武者さんは丁寧に教えて下さいました。(真相はまたいつか・・・。)

北脇が少年時代テレビで見ていたお二方ですから当然、シロウト目線になってしまいますよね~。

030

我々三人の舞台も無事に終わり、次はマジシャン「からくりドール一座」のマジックショー。

名人芸の数々に北脇もすっかりハマってしまいました!

028

楽屋ではホープ師匠がゴムパッチンのメンテナンス。(歯で噛んだゴムの両端をハサミでキレイにカットしています。)

「このゴムで俺も養育費を払う事が出来たよ・・・。」としみじみおっしゃる師匠。

ホープちゃんライブではゴムパッチンは絶対にしませんが、営業先ではお客様にゴムパッチンを体験させてらっしゃいます。(皆様ゴムパッチンを受けた方ほぼ全員‘有難うございました~!’と大満足でらっしゃいます。)

029

「武者も懺悔で子供を育てたからね~よく頑張ったよ・・・。」と弟弟子でらっしゃる武者さんに労いの言葉をかけるホープ師匠。

やはり代表作やギャグを持っている方は凄いですよね。

031

と、言う訳で9月1日の新宿ロフトプラスワン「ホープちゃんライブVOL7」まで一ヶ月をきってしまいましたが、ホープ師匠や出演者一同皆様のご来場をお待ちしております!!

2012年8月 4日 (土)

穴水相撲教室「アマ翔ける!」に登場!!

穴水相撲教室「アマ翔ける!」に登場!!
穴水相撲教室「アマ翔ける!」に登場!!
穴水相撲教室「アマ翔ける!」に登場!!
穴水相撲教室「アマ翔ける!」に登場!!
穴水相撲教室「アマ翔ける!」に登場!!
土俵の上には「穴水相撲教室」の面々がズラリ。
ベースボールマガジン「相撲」の人気コーナーであります「アマ翔ける!」の取材を受けて9月号の掲載が決まった穴水相撲教室。
小学生時代、北脇も相撲教室で指導を受けましたが、選手層も厚く、しかも北脇自身が力と根性が無かったので長続きしませんでしたが、「上野」代表を中心に「村田護」監督や多くのOBが子供達を指導し、親御さん達と連携して30年間継続し、その間に全国制覇や全国トップレベルの名選手を育成してこられた穴水相撲教室。(ちなみに村田監督は北脇と穴水高校相撲部時代のチームメートでありました。)
そんな穴水相撲教室が取材を受け、コーナーに取り上げて頂ける事は自分の事以上に嬉しく、感激してしまいました。
これを機に穴水相撲教室が益々活躍し、発展して欲しいと願いながら「相撲9月号」の発売を心待ちにする北脇。
皆さんも是非チェックしてみて下さいね〜っ!!

2012年8月 3日 (金)

追手風親方、大相撲甚句に出演!

追手風親方、大相撲甚句に出演!
追手風親方、大相撲甚句に出演!
追手風親方、大相撲甚句に出演!
追手風親方、大相撲甚句に出演!
追手風親方、大相撲甚句に出演!
北脇の隣りには元・大翔山の「追手風親方」様。
遂に念願叶いまして大相撲甚句にゲスト出演して下さる事になりました。
昨夜は遅くまで後援会や穴水町民の方々と触れ合い、今朝は早朝から力士の指導をされ、お疲れの中、時間の許されます限りタップリと収録にご協力下さいました。
親方と北脇は同じ穴水町出身でありますから地元ローカルの相撲話から金沢高校、日本大学、現役時代の知られざる秘話をタップリご披露頂きました。(当然、貴○力との血みどろの決戦の裏話なども!)
稽古見学させて頂きました上にチャンコまでご馳走になり、至れり尽くせりのおもてなしを受けました。(稽古では白マワシの大翔大関の西野師匠補佐が凄まじいまでのぶつかり稽古をして震え上がってしまいました…。)
聴きどころ満載の追手風親方ご出演の大相撲甚句は8月19日、26日放送予定であります。
穴水が生んだヒーロー二人の対談をどうぞお楽しみにしていて下さいね!

2012年8月 2日 (木)

歓迎・追手風部屋夏合宿 in 穴水町

歓迎・追手風部屋夏合宿 in 穴水町
歓迎・追手風部屋夏合宿 in 穴水町
歓迎・追手風部屋夏合宿 in 穴水町
金屏風の前には浴衣姿の力士達がズラリ!
穴水町へ夏合宿に訪れた追手風部屋力士12人と行司、床山、そして春日山部屋力士2人の皆様であります。
穴水町町長以下、総勢100人余りの方々が会場に集まり、盛大に歓迎会が執り行われました。
そのような場に北脇、穴水町民でしかも相撲をやっていたと言う理由でお招き頂き、その上に歌まで歌い、お料理などのおもてなしまで頂きました。(控え室の前で調子に乗る北脇であります…。)
大翔山の追手風親方様の前でしつこい程に「大翔山の歌」を熱唱した北脇でありましたが、気さくに優しく接して頂き、親方様の懐の深さに感激してしまいました。
明日は朝から稽古場にお邪魔する事になっておりますが、穴水町は夜の繁華街など無いので力士の皆様も稽古一本に集中されます事でしょう。(田舎ですし、何と言いましても健全な町でありますから!)
恐らく穴水町や近隣の相撲ファンが稽古場に押し寄せるでしょうね〜。
非常に楽しみであります。

北脇、穴水町営相撲場に突撃〜っ!!

北脇、穴水町営相撲場に突撃〜っ!!
北脇、穴水町営相撲場に突撃〜っ!!
北脇、穴水町営相撲場に突撃〜っ!!
北脇、穴水町営相撲場に突撃〜っ!!
マワシ姿の凛々しい少年達が7人。
穴水相撲教室の面々であります。(単パン姿の男性は上野代表です。)
実は北脇、朝から地元穴水に帰りまして穴水町営相撲場での稽古を見学してまいりました。
丁度、穴水町出身の元・大翔山の追手風部屋が穴水町で合宿しておられまして北脇もお招き頂いたと言う訳であります。(上野代表からマワシ締めたいやろ?と言われましたが丁重にお断りしました…。)
大相撲力士と一緒に稽古をする少年達は多少緊張も見られましたが、元気いっぱい伸び伸びと朝から稽古に励んでいました。
この夏で穴水相撲教室の子供達も追手風部屋力士の皆様も穴水で更なる実力を身に付けて頂きたいですね!

2012年8月 1日 (水)

これで最後・・・?ホープ、腹をくくる・・・!?

78_003

神妙な顔で二枚のチラシを手にするホープ師匠。

よく見ると「これで最後」「もはやこれまで」「死んでたまるか。」など少し過激な見出しになっておりますが、9月1日、10月20日に新宿ロフトプラスワンで行なう事になっております「ホープちゃんライブVOL7 VOL8」のチラシのデザインが出来ましたので師匠に最終チェックをして頂きました。

78_002

無言で見ているホープ師匠。

78_001

「面白いね~。やっぱり彼は変態的だね・・・。」とチラシのデザインに満足気の師匠。

早速!!

78_004

「俺のイメージ通りだよ!流石だねっ、天才画家!!」と喜びをあらわに電話をするホープ師匠。

もちろん、電話の相手はチラシをデザインしてくれたイラストレーターの「メソポ田宮文明」さんであります。

「メタちゃんにはとびっきり‘変態的なコント’をやってもらうから楽しみにね!」とイラストレーターでありながらコメディアンにも起用する考えのホープ師匠。

しかし、毎回面白いコントを考えてメソポ田宮さんに役を与えるホープ師匠ですが、当日の朝に「やっぱりメタちゃんカットね!」と残酷に切られてしまうメソポ田宮さん・・・。

VOL7、VOL8と重要な役どころがメソポ田宮さんに与えられます事を願うばかりであります。

ホープちゃんライブも今後どうなるかわかりませんしねぇ~。

ホープ、北脇、ブランコで暑さしのぎ・・・。

Burannko_001

連日の猛暑、さすがにダウン気味のホープ師匠でありますが、9月1日のホープちゃんライブまで一ヶ月。

何とかネタを考えようとお馴染みの公園でミーティングをホープ師匠と重ねましたが、我慢の限界・・・。

いつもは大勢の人々が集まる公園には誰も居ませんでしたので・・・。

Burannko_002

少しでも風を感じたいと、ブランコに乗ってみました。(師匠もギターを持って楽しそうであります。)

Burannko_003

これがなかなか楽しくてクセになってしまいましたが・・・。

Burannko_004

「もう飽きた!降りる。」とホープ師匠。

北脇、バランスを崩してコケそうになりました。(師匠、あんなに楽しんでいたのに・・・。)

Burannko_006

「なんかもう余計暑くなっちゃったよ。」とホープ師匠、この表情・・・。

Burannko_005

うだるような暑さ!あちこちからセミの鳴き声も響いて我々を刺激してくれました・・・。

8月になったら暑さも倍増!公園も暫くは行けないかも知れませんね~。

« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »