« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »

2012年5月

2012年5月31日 (木)

動物天国!ホープちゃん、ムツゴロウさんになる・・・!?

012

このところ、西新宿某公園にすっかり‘ドハマリ’してしまっているホープ師匠。

大体ライブが終わって3~4日は師匠と音信不通になるので(エネルギーを使い果たして引きこもってしまうんです・・・。)北脇も場所後の休みのように自由を謳歌しようと思っているのですが、この日も師匠から「いつもの公園にいるからギターとコーヒー持って来て!」と電話があり合流しました。

コーヒーを飲みながらお菓子を食べておりますと・・・。

008

鳩が寄って来ました。

「師匠、餌を与えないで下さいよ!看板にも書いてますし、鳩は苦手なんですよ~。」と北脇が必死に止めているのに・・・。

009

「ほら~面白いね~!どんどん寄って来たよ~!!」(当たり前です・・・。)

鳩を操ってすっかりご機嫌のホープ師匠。

011

「貧してもスズメのようにならなきゃね・・・。餌が欲しくても遠くから我慢して見てるだろ?鳩のようにガツガツした芸人は大嫌いだ!」と言うホープ師匠はハイエナのような嗅覚で金持ちを嗅ぎつけて近寄っていますよ・・・。

そんな所に!

001

犬の散歩のご婦人登場!

犬に目がないホープ師匠は近寄るも‘ソッポ’。

しかし、カメラを向けると・・・。

002

しっかりカメラ目線のワンちゃん。

飼い主のご婦人も「うちのチェリーちゃんはカメラには敏感なんです。いい子ちゃんでしょ?」といろいろお話をしてくださいましたが「あれ?テレビに出ている方ですね・・・。ゴメンなさいお名前が出て来ないわ・・・。え~っと誰だったかしら・・・?」と考えてらっしゃるご婦人。

シャイなホープ師匠は話を誤魔化して・・・。

003

「あっ、猫だ!ほら自転車の後ろに猫がいますよ!!」と師匠の手の先には。

004

明らかに野良猫とは思えないような毛並みの猫がいましたが、ご婦人曰く「誰かが捨てた猫」との事。

師匠は猫も大好きですが、やはり飼い主はしっかり責任を持って頂きたいですね!

やはり餌を与えるのでこの公園に住み着いてしまったようです。(そのうち師匠も北脇も・・・。イヤ!そんな事は無い筈です・・・。)

005

公園の池を見ながら電話をするホープ師匠。

「あっ俺だけど!今夜歌舞伎町で飲もうよ!!」と約束を取り付けていますが、師匠の視線の先には・・・。

007

野生のカモが二羽。

都心にある小さな公園ですが、動物天国です。

飽きっぽい師匠も暫くはこの公園にハマリ続けそうですね・・・。

そして、歌舞伎町のお店には!

013

懺悔の神様「ブッチー武者」さんと祝杯!

先日のホープちゃんライブVOL6でも爆笑をご提供下さった武者さん。

ちなみに、ホープ師匠と武者さんは「レオナルド熊一門」の兄弟弟子であります。

内弟子時代は食べ物にも困ってらしたようですが、お二方の好きな食べ物は!

014

「豚足」であります。「どうだ武者、自分の手を食べているみたいだろ?あっ、マスター焼酎おかわりっ!それとね、こいつの‘手’を切って明日の豚足に使ってよ!!」とお店のマスターにもギャグを飛ばすホープ師匠。

いくつになっても弟弟子は兄弟子のオモチャにされるんですねぇ・・・。

しかし、羨ましいご関係だと思って見ておりました。

015

「え~明日公園でライブするから来い?イヤですよ~。動物がいっぱいいて面白い?動物はホープさん一人で充分!‘シロアリ’みたいに食べ尽くしてボロボロにしてしまうんだから・・・。アンタは芸能界のシロアリだよ!!」と武者さんが言えば「じゃ武者は‘大アリクイ’だな!俺を怖がらないで栄養にしているんだからな。」とネタのような本当の話で盛り上がりました。

「北脇が武者のことを‘宮史郎’に似てる。って言ってたぞ!よし、今度のライブは決定だな!!」と言う訳で・・・。

016

「宮史郎と並木ひろし‘ぴんからトリオ’」ネタで行くかもですよ!http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%AE%AE%E5%8F%B2%E9%83%8E ←宮史郎の情報です。

これから西新宿の公園で猛稽古しなければいけませんねぇ・・・。

2012年5月30日 (水)

有難うございました!文京針ヶ谷相撲クラブ「村田且将」先生!!

Dscf9435

国技館土俵の上に乗りきらないほどの相撲少年達、カップ、楯、優勝旗が見えますが、文京針ヶ谷相撲クラブが団体戦で全国優勝した時の様子であります。

このブログでも以前はマワシ姿で子供達と相撲の稽古に励む北脇の写真が毎週のように掲載されていましたが、文京針ヶ谷相撲クラブは北脇に相撲を‘取る’楽しさ感動を思い出させて下さった大切な恩義のあるクラブチームであります。(この1年余りは伺っておりませんが・・・。)

その文京針ヶ谷相撲クラブの「村田且将」先生がお亡くなりになられました。

村田且将先生に育てられ活躍し、そして更に指導者として後進を育てておられる相撲競技者は数しれない程でありましょうし、何と言いましても「針ヶ谷良一」先生の意志をお引き継ぎになり、チームを守り発展に導かれた功績は計り知れない程であります。

北脇ごとき人間がブログ等で軽々しく村田且将先生の事を書かせていただくのは、おこがましい事は承知しておりますが、どうかお許し頂きたいと思います。

_igp3608

鋭い目で稽古場の子供たちをご指導されている村田且将先生。

しかし、北脇が始めて道場へ取材にお伺いした時は本当に気さくに優しく接して下さいました。(5年ぐらい前のわんぱく相撲東京都大会の時です。)

「北脇さんも相撲やってたんでしょ?石川県穴水町?昔ねあの土俵へ何回か行きましたよ。いい所じゃないですか!温泉があって見晴らしが良くてねぇ・・・。今度は取材じゃなくマワシ持って稽古に来て下さいよ!」と温かいお言葉をかけて頂ました。(こうして書きながら村田先生を思い出すと何か熱いものがこみ上げてきます・・・。)

Hariga_003

そんな村田且将先生のお言葉に甘えて本当に道場へ通いつめてしまいました。(その上、靖国や両国の土俵にも‘文京針ヶ谷相撲クラブ’の一員として試合に出させて頂ました。本当に身に余る光栄でありました。)

道場の先生方やご父兄の皆様も北脇を受け入れて親しく接して下さいました。(左の村田安啓先生にも‘ガンガン相撲取って下さいよ~!’と笑顔でよく励まして頂ましたし、村田光央先生にもラジオの取材等ご協力をいただきました。)

Dscf0405

そして遂に全国大会で団体優勝を成し遂げた文京針ヶ谷相撲クラブ。

村田且将先生の意志を受け継ぐ子供たちが今度は相撲発展に粉骨砕身し尽力して行く事でありましょうし、その子供たちを育成してゆく多くの先生方も在籍している文京針ヶ谷相撲クラブ。

昨夜のお通夜でも斎場に入りきらない程の大勢の相撲競技者の皆様がお集まりになりました。

多くの皆様から愛され、尊敬された「村田且将」先生、これまで本当に有難うございました。そしてお疲れ様でありました。

2012年5月29日 (火)

ホープ師匠、毎日がコントライブ・・・!?

ホープちゃんライブVOL6も皆様のご協力、ご尽力で無事に終える事が出来ました。

これまでホープ師匠はライブが終わって3~4日間は無気力になり、電話も繋がらず行方をくらませてしまいます。(その辺は‘西田ぼん’さんと似ています・・・。)

北脇も少しは自分の時間を満喫できると思っていた時、珍しく師匠から「ギター持って来てよ!」と電話を頂いて向かった先には・・・。

6_010

‘よろしくネ!’Tシャツを来た白髪の男性(それにしても分かりやす過ぎですね・・・。)。

6_011

「師匠、遅れまして申し訳ありませんでした!まさかライブ翌日に師匠がお電話くださるとは思いませんでした・・・。本当にお待たせしてすいませんでした!!」と必死にお詫びする北脇。

6_009

「何だ・・・。あんまり遅いから来ないと思ってたのに・・・。」と師匠とご近所のチカさん、バツが悪そうな様子。(何か二人にあったのか分かりませんけど、来ない方が良かったんでしょうかね・・・。)

ライブをお客さん目線で見て下さったチカさんのご意見を聞きながら参考にしていたのに・・・。

6_012

「あの彼女さぁ~。やっぱり綺麗だよね~。」と先日、犬の散歩で仲良しになった女性(紫の服を来た後ろ姿の女性)を見てしみじみ言うホープ師匠。(恋多き男でらっしゃいますからね・・・。)

しかしこの公園はコントのネタの宝庫ですね!

その直後に・・・。

6_013

コント青年団の「青木イサム」さん登場!(青木さんはホープ師匠のお弟子さんでらっしゃいます。)

「師匠、昨日のライブ素晴らしかったです。勉強させて頂ました!」と平身低頭な青木さん。

「ここの公園でも‘野外ライブ’しようかと思ったんだけど降りそうだ・・・。よし!中止だ!!」とホープ師匠。(せっかく寄席の仕事を終えて駆けつけて来て下さったのに・・・。)

6_014

チカさんとお別れして我々男3人は「銭湯のサウナ」へ!(もう小雨がパラパラ来ていました。)

6_016

「あ~そ~、そんなにライブ良かった?嬉しいねぇ~。」と一風呂浴びてご機嫌のホープ師匠。(ちなみにここは銭湯の休憩所です。)

青木さんが冷静な目でライブを見て、思った事を師匠に報告していましたが褒められすぎて師匠すっかり舞い上がっていました。(近くに置いてあった子供のオモチャが・・・。)

6_017

「20年来、師匠を見てまいりましたけど普段の‘素’の面白さが出ていたのは北脇さんと一緒に歌っていた時です。弟子としては素の師匠の良さが舞台で見られる事が一番嬉しいんですよ!」と普段は物静かな青木さんが熱く語ってらっしゃいました。

褒められすぎて師匠も口数が少なくなって来ました。

北脇も何か熱いものがこみ上げてきましたが・・・。

6_018

「・・・。」

6_019

そのままご近所の中華料理屋さん(いつもお世話になっているんですよ・・・。)で乾杯!

青木さんにご馳走になってしまいました。

皆様にお世話になりっぱなしの北脇ですが、いつになったらご恩返し出来ますでしょうかね・・・。

ホープ師匠もこの日は喜びの酒に酔いしれてらっしゃいました。

「ホープちゃんライブVOL6」今回も大成功~っ!! その3

6_005

ライブを終えてすっかり和やかな表情になったホープ師匠。

田中光四郎先生達とお疲れ様の集合写真。

そのまま会場を出て出演者の皆様が向かった先は!

6_008

お馴染み、歌舞伎町の「クラブ中越」のお店です。

只でさえ力が無い北脇なのに、全力を出し尽くしてフラフラであります。(酒を飲んでいない北脇の目がうつろになっていますね・・・。)

流石に写真を撮る元気もありませんでしたが・・・。

6_006

「一緒に写真を撮りましょうよ!」と声をかけて頂き、ポーズ!!(毎回ライブの後はカウンターの隅でメソポ田宮さんと静か~にしている北脇ですが、やはりお声がけして頂けば嬉しいですよね・・・。)

ダウン寸前の北脇ですが、ライブを通じて共演して頂いた方々や見に来て頂いた方々と輪が広まり、親しくなってゆく事は最高の幸せであります。

本当に皆様、有難うございました~っ!!

2012年5月28日 (月)

「ホープちゃんライブVOL6」今回も大成功~っ!! その2

6_001

多くのお客様の視線に‘天狗’になっている舞台の北脇。

ホープちゃんライブの後半は「般若心経の歌」から華々しくスタートしましたが、北脇を天狗にさせてしまった立役者たちは当然!

Cimg6383

ザ・北乃脇バンドの皆々様であります!(手前左からトランペット・大林さん、サックス・宮崎さん、後列左からドラム・トミー前田さん、ピアノ・日ノ下さん、ベース・佐々木さん)

楽曲の演奏だけでなく、コントのBGMや効果音も奏でてくれて、ライブを贅沢にショーアップしてくれました。

ホープ師匠も「コントが滑ってもバンドが盛り上げてくれるよ!」とメンバー一人一人に愛情を注いでしましたよ!(ホープ師匠は人をやる気とその気にさせるんです。)

有難う!バンドの皆さん!!

Cimg6006

う~ん、完全に酔いしれて‘ナルシスト’になっていますねぇ・・・。(やっぱりバンドは止められませんね!)

そんなザ・北乃脇バンドの演奏の後に突如現れたのは・・・

Cimg6007

ご存知、懺悔の神様「ブッチー武者」さんであります!

童謡唱歌、夏の思い出「♫夏がく~れば思い出す~♪」と歌いながら登場した武者さん。

会場は騒然でフラッシュの嵐でした。

Cimg6019

「マル~ッ!」と笑顔の懺悔の神様ですが、歌声は甘く美声で酔いしれてしまいました。

しかし、よく見ると「ぴんからトリオの宮史郎」にも似ているとおもいませんか・・・?

今度は北乃脇バンドの演奏で「女のみち」を熱唱して頂きたいですね・・・。

Cimg6036

ふきのさんと武者さんの絡みは最高!

得意の‘ビールの一気飲み’を披露したふきのさん。

ちなみに、このコントは武者さんが歌舞伎町で経営している「女無BAR 懺悔の部屋」での日常の出来事を元にした‘ドキュメンタリーコント’であります。http://zangenokamichama.blog105.fc2.com/ ←武者さんのサイトです。

そんな女無BARに・・・。

Cimg6049

マスコミが取材に!記者の中村ゆうじさん、カメラマンはメソポ田宮文明さん。

やり取りしている所へ・・・。

Cimg6059

ホープ師匠が登場!

激しい暴露トークが炸裂しましたが、本題はホープ師匠と武者さんが20年前に「アフガンの兵士へコントを捧げた」時の話を・・・。

Cimg6065

写真を使ったスライドでして頂ました。(分かりにくいですが、ライフルを持っているのはホープ師匠です。もちろん本物のライフルでありますよ。9

当時の写真を10数枚ご紹介しました。

そんな危険なアフガンへホープ師匠と武者さんを連れて行ったのは!

Cimg6074

武術家で‘アフガンのサムライ’と言われた「田中光四郎」先生であります。

小兵で、しかも70歳を超えるご高齢でありながらも凄まじいまでのエネルギーが体から溢れてらっしゃいました。

Cimg6094

そしてお弟子さん達に剣術の実演をして頂ましたが迫力満点でした。

Cimg6134

更には護身術も実演して頂ましたが、ホープ師匠がアッと言う間に床に押さえつけられてしまいました。(しかも腕の関節が鈍い音を立てながらですよ・・・。)

そんなアクションあり、コントありのホープちゃんライブもフィナーレにさしかかり、テーマソングの!

Cimg6361

「ホープのバラード~ジタバタするのが人生~」と「遺言状のブルース」を熱唱しました。

今回のホープちゃんライブも内容充実でありました。

本当にお疲れ様でした!!

次回は8月を予定しておりますが、先のことよりも打ち上げが大事!と言う事で その3に続きます・・・。

「ホープちゃんライブVOL6」今回も大成功~っ!! その1

Sh3k0602

これまでブログなどでも告知させて頂いておりました「ホープちゃんライブVOL6」もお陰さまをもちまして大勢のお客様のご来場やスポンサーの皆様のご協力、ご尽力によりまして、無事に終える事が出来ました。(松村邦洋さんとダンカンさんもニッポン放送のラジオでライブチラシやホープ師匠をネタにして下さいましたしねぇ・・・。)

そんな新宿ロフトプラスワンにて行われましたライブの様子をどうぞご覧ください!!

Cimg5781

オープニングは北乃脇バンドの演奏「悲しき性分~それがゆーとぴあホープ~」のロックンロールナンバーに合わせてホープ師匠が登場。(笑っていいとも!のタモリさんのようにも見えますが、師匠本人は‘ロックンローラー’になりきっています・・・。)

Cimg5788

マイペースでギターのチューニングをする北脇に対して師匠の執拗なまでのツッコミ・・・。

Cimg5789

北脇も段々突っ込まれるのが「快感」になってきておりました。(全く予想出来ない所で叩かれますからねぇ~。)

それでも曲は真面目に!

Cimg5791

師匠と歌わせて頂ました。

ちなみに曲は師匠の妹さんを想って作った新曲「こんな兄貴に誰がした」です。

歌っていて北脇も熱いものがこみ上げて来ました。

そんないいムードの時に・・・。

Cimg5799

‘自称ホームレス’の「モロ師岡」さん登場!

Cimg5808

「俺にギターを貸してくれよ!」と北脇のギターを取り上げてセッティングを始めるモロさん。

Cimg5823

そして、バカバカしくシュールな「替え歌ソングメドレー」を熱唱しました。(しかも北乃脇バンドの豪華メンバーを従えてのステージ)

更に、モロさんの名人芸「ピン芸」をご披露下さいました。(前回の‘狂った校長先生’はピン芸人史に残る最高傑作でした!)

Cimg5875_2

場面変わって「中村ゆうじ」さんの新婚夫婦コント。(本当はこの前に‘西田ぼん’さんの‘悪徳映画プロデユーサー コントもありましたよ!大粒の汗を流しながらホープ師匠とぶつかり合う姿は‘コント55号’の欽ちゃん・二郎さんのようでした。)

Cimg5882

平和な新婚夫婦生活をメチャクチャにする‘同居している父’のホープ師匠。

その父をスリッパで叩きまくる息子ですが、決して老人虐待ではありませんよ!

二人の狂気と狂気が激しく舞台で火花を散らしていましたが・・・。

Cimg5972

オチは下ネタ・・・。(会場にはチビッ子もいたのに・・・。)

テレビでは絶対に放送できないコントの数々は、もはやホープちゃんライブの定番になってしまいました。(そんな事でいいのでしょうか・・・?)

後半は その2に続きます!!

2012年5月26日 (土)

ホープちゃんライブ、成功へ神頼み・・・!?

006

懺悔の神様「ブッチー武者」さんへ必死に懺悔している北脇、それを「祈りなさい・・・。」とホープ師匠。

ホープちゃんライブの前日に都内近郊の某ホテルで行われましたイベントにお招き頂きましたホープ師匠とブッチー武者さん、そして北脇。

大勢のお客様の温かい笑いに包まれながら「歌&コント」をさせて頂ました。

この写真は舞台を終えた直後の楽屋の様子でありますが、舞台前は・・・。

001

ホープ師匠、鏡の前で「ヨロシク~ネッ!」とウォーミングアップ。(武者さんも神様のメイク途中であります・・・。)

002

「なぁ武者、金のゴムと銀のゴムどっちが良いと思う?」とホープ師匠。

と、聞いておきながら「よし!二つとも持ってゆこう!!」と上着の内ポケットにゴムパッチンのゴムをしのばせたホープ師匠。

普段は滅多にゴムパッチンは使いませんが、やはりお客様はゴムパッチンを求めてらっしゃいますからねぇ・・・。

でも、なるべくならゴムには頼りたくないので!

003

武者さんと入念な打ち合わせ(のような雑談・・・。)をしていざ舞台へ!

007

30分の舞台を終えてホープ師匠、ご機嫌の様子。

当然‘大爆笑’でありました。(北脇も舞台の上でタップリお二人の芸を楽しませて頂ましたよ!)

008

お客さんと武者さん、北脇が噛んだゴムの両端をハサミでキレイにカットしてゴムのメンテナンス終了。(武者さんの後に噛んだゴムは‘オシロイ’のような化粧品の味がしました・・・。)

そんな訳で!

009

ホープちゃんライブにも「笑いの神」が降りて来る事を信じて、武者さんも「マル~ッ!」を出して頂ました。

皆様もお誘い合わせの上、27日(日)昼1時の新宿ロフトプラスワン「ホープちゃんライブVOL6」にいらして下さいね~っ!!

西田ぼん失踪・・・!?どうなる!ホープちゃんライブ・・・。

Saisyuu_001

ホープちゃんライブに向け、最後の稽古日にもかかわらず皆様浮かないお顔・・・。

いつもなら稽古の後は美酒に酔いしれているところでありますが、その原因は・・・。

Dscf9069

この人「西田ぼん」さんであります。

何度電話をかけても全く通じず、我々もすっかりお手上げ・・・。(ちなみにこの写真は以前、都庁前でバッタリ出会った時に撮ったものでありますが、怪しいオーラーが体からにじみ出ていました・・・。)

ぼんさんは3ヶ月に一度の割合で電話番号を変えますし、電話自体2~3個持っておりますので私生活は謎だらけ・・・。

基本的にはぼんさんから電話を頂く意外、まず連絡は取れません。(先日もイベントプロモーターが稽古場に来て‘ぼんちゃん、携帯変える時は連絡してよ!次々に番号を変えるんだから!!’と怒ってらっしゃいました。)

ぼんさんの事をいろいろ言う方々もいらっしゃいますが、ホープ師匠を裏切る事はしませんのでライブには間違いなく現れると思いますが、ぼんさんのコントが未完成。

非常に心配しているのであります。(しかもバンドの音もコントに入るので気が気じゃありません・・・。)

Saisyuu_002

「ぼんの事を考えても仕方ない!よし解散!!」ホープ師匠の号令の下、稽古終了。

27日の本番は一体どうなりますでしょうかねぇ・・・。(ちなみに26日はホープ師匠、ぶっちー武者さん、北脇の三人で‘就職セミナーの仕事’に行ってコントをしてくる予定です。ライブ本番直前なのにですよ・・・。)

2012年5月25日 (金)

ホープちゃんライブの稽古で一同笑い疲れ・・・!?

Musya_026

「ライブ直前なのに酒ばっかり飲んで大丈夫なのか・・・?」とご心配される方々も大勢と思いますが、この日はいつになく激しい稽古をしましたので、師匠はじめ皆様もこのように美酒に酔いしれていた。と言う訳であります。

そんなライブの稽古の様子をチョットご覧ください!

Musya_001

ひょうきん族の懺悔の神様で有名な「ぶっちー武者」さんが忙しいスケジュールを縫ってようやく合流。

ホープ師匠と動きながらコントのイメージを膨らませていました。

Musya_002

川手ふきのさんに厳しく何度も演出するホープ師匠。

凄まじいまでの気迫でありましたよ!

Musya_009

ひょうきん族の裏話や武者さんの過去の暴露話をして追い詰めるホープ師匠。

必死で応戦する武者さん。

ホープ師匠は毎回打ち合わせと違うコントやトークをして共演者をハラハラさせます。(しかしそれが面白いんですけどね・・・。)

昔話を聞かされてコントを忘れてウケている西田ぼんさん。(後方にはメソポ田宮文明さんも爆笑してますね。)

Musya_019

「あなたはねぇ~僕の映画のイメージにピッタリなんですよ~。感激だなぁ~。」と映画プロでユーサー役になりきるぼんさんですが、リアリティーが有り過ぎ・・・。

完全に詐欺師でしたよ・・・。

Musya_022

息ピッタリのぼんさんとふきのさん。

様々な役になりきって今回は大活躍のふきのさん。笑わせて頂ました!

Musya_023

ホープ師匠とぼんさんのカラミも当然あります。

コントにのめり込みイキイキとしているホープ師匠。

武者さんやぼんさん、ふきのさんなど実力者が勢揃いして(中村ゆうじさんやモロ師岡さんも出演されますしね!)これまでに無い程の盛り上がりを見せてくれるに違いない「ホープちゃんライブVOL6」

この日の稽古で北脇もすっかり笑い疲れてしまいました・・・。

2012年5月24日 (木)

本日は「ぼんちゃんライブ」ナリ・・・!?

Bon_001

いよいよホープちゃんライブまで4日に迫ってまいりましたが、稽古(らしき軽~い打ち合わせ・・・。)を終えて飲み会を行なっているホープ師匠、西田ぼんさん、川手ふきのさんであります。

ライブの主役はあくまで、ホープ師匠なのに、この日の主役は完全にぼんさんで「山下清」になったり「座頭市」になったり「悪徳プロデューサー」になったりして我々を楽しませてくれました。

特に、悪徳プロデューサーはリアリティーがありまして・・・。

Bon_002

「ふきのちゃん、君は哀愁があるね!気が強そうに見えて本当は壊れやすくもろい・・・。でも、華があって存在感があるんです!僕はねぇ~、デニーロやジャッキー(チェン)なんかとも何度も仕事をして世界中の本物の役者を見てるんですけどね。ジャッキーなんか僕の顔を見つけると人垣を押して‘ぶぉんちゃ~ん’と名前を呼んで近寄ってきますよ~。うん、あなたの時代は必ず来る!絶対に女優を続けて下さい。あなたは素晴らしいものを持っています!!」と熱弁。

凄い説得力に我々一同引き込まれていましたら・・・。

Bon_003

「ふきの、もう時間だろ?帰った方がいい。アイツは誰にでもそうゆうことを言うんだ。詐欺師なんだから・・・。でもお前には才能があるよ!今回のライブも頼りにしてるよ。」と優しく話しかけるホープ師匠。

「有難うございます!私頑張ります!!」とふきのさんが力強く言った後、「ところでさぁ~明日までに30万円何とかならないかなぁ~。」とホープ師匠。(一同大爆笑!)

と、ホープ師匠とぼんさんがグルになってふきのさんを「マインドコントロール」していました・・・。

マインドコントロールと言えば・・・。

Bon_005

この人物ですが、北脇がカメラを向けると「アタシは映さないで!」と激しく拒否。

そのかわり・・・。

Bon_006

「このチラシを写真に!」とイラストレーターの「メソポ田宮文明」さん。

ホープ師匠に言われるがままに「モノマネの松村邦洋をチラシに名前入れといて!交渉中だから・・・。あと‘タケちゃん’はどうしようかなぁ~。」とチラシ作りの相談を受けていたメソポ田宮さん。(ちなみにタケちゃんとは世界の北野武であります。ホープ師匠とたけしさんは旧知の中ですが、いくら何でもですよ・・・。)

ホープ師匠もあれから松村さんに電話して「いやぁ~俺のライブチラシをオカズにしてラジオで盛り上がってたんだってねぇ~。」と言えば「いっいや~、ダンカンさんとですね、ホープさんの話で盛り上がって・・・。ネタにして申し訳ありませんでした!」と必死で謝ってらっしゃったそうです。(どっちが悪いのか分かりませんね・・・。)

「何言ってんの?嬉しいよ!次回は出てね。俺は松村君の才能を誰よりも理解しているファンなんだから!」と言って丸く収めたそうです。

ホープ師匠は、ぼんさん以上の詐欺師ですよ・・・。

Bon_008

と、言いながらお二人で楽しく遊んでいる姿は見ていても楽しくなってしまいます。(北脇も完全にコントロールされていますね・・・。)

Bon_007

「北脇、お前も売り飛ばしてやろうかなぁ~。」とカメラ目線のぼんさん。

恐ろし過ぎますねぇ~・・・。

2012年5月23日 (水)

困った先輩芸人「ゆーとぴあホープ」・・・!?

Banndo_005

ホープちゃんライブのチラシ写真に五人の指がさされていますが、写真の顔はホープ師匠であります。

この日はホープ師匠たちはコントの練習。北乃脇バンドは楽曲の最終リハーサルを行なっておりましたが、北脇の知人から面白いお話を聞かされてバンドの皆さんに報告したら大ウケ!

そのお話とはライブチラシの事なのですが・・・。

Omotesaisyu_2

豪華ゲスト陣の所にお名前が記載されている「松村邦洋」さんがニッポン放送のラジオ「高田文夫のビバリー昼ズ」の番組の中でその日のお題「困った先輩芸人」のコーナーで「僕の困った先輩は元ゆーとぴあのホープさんです。僕は正式にオファーされていないのにライブチラシに名前が入れられているんですよねぇ~。」と激白!

それがこのチラシなのですが・・・。

Tirasi

ラジオの中では「ダンカン」さんも「ホープさんには俺もいろいろ被害を受けててね、前にライブに出たんだけど、チラシに名前を入れられて事務所とかにも誤解されたんだよ~。で、サウナでしょっちゅう会うんだけど、まぁ~困った先輩芸人だねぇ・・・。」と言う感じの話題で盛り上がっていたのと事。(北脇の知人がラジオを聴いていたのを‘又聞き’したので、ザッとした情報ですが・・・。http://www.1242.com/takada/ ←サイトです。)

そんな‘最高のネタ’を黙っておく手は無い!とバンドの皆様に報告!!

Banndo_001

「へぇ~っ、そないなオモロイ事があったんでっか!」といつもの‘アヤシい関西弁’で面白がっているドラムのトミーさん。(トミーさんは東京生まれです・・・。)

Banndo_002

「松村さん来ないんですかぁ・・・。しょうがないですね!」とマイペースなベースの佐々木さん。

Banndo_003

「毎回当日の朝までライブはどうなるか分からないから師匠から‘無茶振り’されても大丈夫なように練習しておかなきゃ!」とトランペットの大林さん。(ホープ師匠はバンド同士の打ち合わせを見事に変えてしまいます・・・。)

Banndo_004

「ホープ師匠、面白そうですね。頑張りますよ~っ!!」と今回ホープちゃんライブに初参加のキーボード・日ノ下さん。

Banndo_007

この日はサックスの宮崎さんはホープ師匠達のコントの稽古に合流して‘トコトン飲まされた’そうです。

丁度、西田ぼんさんから‘サックスの彼、飲む度に元気がなくなって行くんだ・・・。師匠から何か聞かされたんじゃないかなぁ・・・。’と電話がありましたが、バンドが存続出来るか心配になってきました。(毎回コントの稽古の後は皆さん浴びるほど酒を飲みます・・・。)

困った先輩芸人「ホープ師匠」・・・。

これからも様々な伝説を作って下さる事でしょうねぇ・・・。(ホープ師匠の名誉の為に、実際には松村さんには何度も電話で‘出演交渉’をしていましたし、北脇もその会話を隣で何度も聞いておりましたが、事務所的にNGだったのかと思います。ダンカンさんも普段は非常に優しくて良い方でらっしゃいますので、あくまでラジオのネタとしてリスナーに笑いを提供したと言う事になるかと思います。多分・・・。)

とにかく、ホープちゃんライブVOL6成功に向けて、コントも音楽も頑張りますよ~っ!!

2012年5月22日 (火)

涙あり、笑いあり、わんぱく相撲三鷹場所!! その3

2012_082

白熱した「わんぱく相撲三鷹場所」の取り組みも全て終わり、上位入賞した子供たちの表彰式直後の様子です。

様々なイベントや行事と重なって参加者の呼び掛けも大変だったと思いますが、これだけ多くの子供たちが集まり、そして入賞したわんぱく相撲三鷹場所。

そのクライマックスシーンをご覧ください!!

2012_066

幼稚園の部で優勝し「横綱」になったのは北脇が注目して応援していた「二代目三波伸介」師匠の少年時代に似ている男の子。

武蔵野三鷹ケーブルテレビのカメラマンが「は~い!賞状をカメラに見せて!!」と言うと裏側を見せて我々を楽しませ和ませてくれました。

勿論、相撲も堂々たる取りっぷりで将来性も有望!(スター性もありましたよ!)

将来性有望と言えば・・・。

2012_068

こちらの可愛い女の子が何と「大関」になってしまいました。

一回戦から「もろ差しからの下手投げ」の相撲で面白いように勝ち上がり会場を沸かせてくれました。(大きな男の子にも全く動じずに勝負勘も良かったんです)

後で聞いたらレスリングを始めて半年との事でしたが、それにしても高い身体能力で将来が非常に楽しみになってしまいました。

2012_077

三鷹相撲クラブの和田代表が写真を撮っているのは低学年女子の部で関脇になった「まゆこ」ちゃんでありますが、実は・・・。

2012_078

まゆこちゃんは和田代表のお嬢さんであります。(後ろはお兄ちゃんの剛拓君であります。)

蹲踞や所作がしっかりしていて絶対に引かない基本に忠実な押し相撲を見せてくれました。

お父さんである和田代表譲りの素晴らしい相撲でしたよ!(現役時代の和田代表の相撲の映像を見させて頂きましたが‘うっちゃれ五所瓦の田門泰造’そのものでありました。)

2012_094

こうして、わんぱく相撲三鷹場所も無事に終わり、北脇も三鷹相撲クラブの皆様と記念写真を撮らせて頂ましたが、これから三鷹相撲クラブにお邪魔する時は‘オレンジの着物’を来なければいけないですねぇ・・・。(こん平ちゃんになってしまいますね・・・。)

2012_095

全てのプログラムが終わって、安心してお腹もペコペコ・・・。

チャンコを食べるのは5年生のたくみ君と正悟君。

決勝では同門対決をしましたが、普段はチームメートで仲良し!

写真を撮りながらいろいろお話をしていると・・・。

2012_096

「北脇さんもお腹減ってるでしょ?チャンコ食べて下さい!!」と持って来てくれました。

これには北脇も感激・・・。優しさに泣きそうになりました。(旭天鵬関の優勝インタビューじゃないですが、歳を取ると涙もろくなってしまいます。)

美味しいチャンコを有難う~っ!!

2012_097

こうして大鍋のチャンコを三鷹相撲クラブのみんなで配るお手伝いをしていました。

いっぱい食べて大きくなって相撲も強くなって大活躍してね!!

本当に皆さん、お疲れ様でした。そして有難うございました!!

わんぱく相撲三鷹場所の写真の数々は「三鷹相撲クラブ」のサイトに掲載されております。

白熱の取り組みの様子もタップリですよ!(北脇の写真も何枚も載せていただきました。本当に有難いです・・・。)

サイトは→http://blogs.yahoo.co.jp/mitakasumou です。是非ともご覧ください!

2012年5月21日 (月)

涙あり、笑いあり、わんぱく相撲三鷹場所!! その2

2012_053

北脇の隣には美女が!

「北脇もホープ師匠のように‘恋多き男’になったのか!!」と思われるかも知れませんが、実は北脇が「わんぱく相撲三鷹場所」に招かれた最大の理由は「取り組みの実況解説」の仕事だった訳であります。

昨年から実験的に、サンケイスポーツの成岡さんや、三鷹相撲クラブの川井コーチと北脇で実況解説しましたら、なかなか臨場感が出て面白かったので今年正式に導入されました。(それなのに二人とも仕事で来られませんでした・・・。)

そこで、選手の名前などを間違えずに放送する為に北脇のサポートを三鷹青年会議所の‘金星’様におまかせしました。(非常にテキパキと仕事をして下さいました。)

そして、北脇の後方には、‘大相撲の向正面解説でカメラを意識しているお客さん’のような男性が二人いますが・・・。(怒られますねぇ~。)

2012_052

三鷹相撲クラブ・和田光広代表(左)と元・中央大学相撲部・岸田聡司さんであります。

実は今年の「わんぱく相撲三鷹場所」は何と「武蔵野三鷹ケーブルテレビ」で6月3日、10日の夜20時から放送される事になり、撮影のカメラが数台セットされていました。

大相撲甚句のパーソナリティーをして6年ぐらいになる北脇とは言え、ライブで実況は経験がないですし、何と言いましても「決まり手」の見定めが甘いので、お二方に‘耳打ち’して助けて頂こうと思っていたのに、チャンコを食べて気が付けばお二方ともいなくなっていました。(お忙しいですからねぇ・・・。)

しっかり気合をいれて実況解説させて頂きましたよ!

2012_054

放送席から見える様子。

身が引き締まる思いでした。

そんな北脇の釘付けにさせたのが・・・。

2012_051

この男の子であります。

誰かに似ているなぁ~と思ったら、少年時代の「二代目三波伸介師匠」にソックリ!

思わずシャッターを押して、後でお父様に「私の知人で超~っ有名人がいるのですが、ご子息は非常に似ているのでブログに・・・。」と許可を頂ました。(大きな体ですが、これでも幼稚園児であります。)

ちなみにお父様は初代三波師匠とは似ておりませんでしたよ!

2012_055

3年生の部で優勝した海君がケーブルテレビの取材を受けておりますが、和田代表は他の子供たちの取り組みに気が気でないご様子。

2012_056

そのすぐ隣では6年生の「命 みこと」君がお父さんを相手に激しくぶつかり稽古をしていました。

小学生最後のわんぱく相撲とあって、北脇も是が否でも命君に都大会に出場して欲しいと願いながら見ておりました。

2012_057

お父さんは元大相撲力士。相撲の奥深さや厳しさを誰よりも知っています。

命君もお父さんの期待に応えようと必死で稽古をしていました。

2012_059

そんな中、5年生の部の決勝戦を終えた正悟君(左)とたくみ君(右)。

正悟君が制して三鷹代表で東京都大会に出場決定!

教え子二人共を愛する和田代表は素直に喜びを露わに出来ません。

二人とも三鷹相撲クラブの大切な子供なのですから・・・。

2012_060

普段は大変厳しい林監督(主審をしてらっしゃいました。)もたくみ君を慰めていました。

このようなシーンを見ると北脇も少年時代を思い出してもらい泣きしそうになります。

穴水相撲教室で相撲を教わっていた時、負けてよく泣いていた北脇少年。(未だに当時の先生から‘貴士君は泣いとったね・・・。’と言われます。)

それは大相撲力士とて負ければ泣く事もあるでしょう。

やはり相撲は奥が深く、厳しく、そして魅力あるものと思わされました。

競技も無事に終わりまして、いよいよクライマックスの表彰式ですが・・・。

その3に続きます!(引っ張りますねぇ~。)

涙あり、笑いあり、わんぱく相撲三鷹場所!! その1

大相撲五月場所はモンゴル力士のパイオニア、ベテラン力士「旭天鵬」関の幕内優勝で幕を閉じましたが、最後の最後まで優勝争いが混戦して非常に盛り上がった場所だったと思いました。

そんな両国国技館から総武線一本の先にあります「東京都三鷹市」におきましても相撲で大変盛り上がりました。

それは!!

2012_042_2

「わんぱく相撲三鷹場所」であります。(幟を逆から写してしまいましたが、分かりますよね!)

緑が生い茂る三鷹市役所敷地内にあります屋外土俵にて行われましたが、とにかく大盛り上がり!

北脇も今回で三度目のお招きを頂きましたが、年々発展し勢いづいてくる、わんぱく相撲三鷹場所に力を頂ました。

2012_001

三鷹相撲クラブの和田代表にお迎え頂いて会場に着いたのは8時半でしたが、三鷹青年会議所の皆様が力を合わせて設営の真っ最中でありました。

参加する子供たちも続々と集まりまして、10時の開会式には!

2012_002

地元伝統の太鼓で盛大なファンファーレ!

そのまま「ふれ太鼓」のように奏でて参加する子供たちが次々に「土俵入り」をしました。

非常に画期的でしたよ!

三鷹市長様や、青年会議所理事長様のご挨拶が終わり、競技説明。

現れたのは!

2012_010

「維新力」関と「維新力一門」の皆様。(一番手前の浴衣の男性が維新力関です。)

三鷹市のお隣、武蔵野市在住の維新力関は近隣のわんぱく相撲の発展の為に尽力されています。

2012_016

早速、模範演技。その様子を見ている人・人・人!

「よ~し、じゃぁ~維新力関にぶつかりたい人~っ!」と言うや否や・・・。

2012_021

次々に子供たちが飛びつきました。

しかし・・・。

2012_022

軽々と釣り上げられました!

2012_023

「やられた~」とチビッ子もこの笑顔!

しかし、維新力関に群がって笑顔を作るのは何もチビッ子達だけではありませんよ・・・。

2012_035

北脇もその一人であります。(北脇、笑点メンバーみたいですね・・・。)

優しくてサービス精神旺盛の維新力関。

少年時代からテレビで維新力関の取り組みをいつも注目していました。

こんなご縁を作って下さったのも三鷹相撲クラブや三鷹青年会議所の御陰であります。

維新力関と北脇の後方に見えますのは・・・。

2012_044

ご覧のように様々な皆様方からご協賛頂いて作られた「幟」 であります。

そしてメイン土俵の他にも!

2012_040

「サブ土俵」も設置されました。

このように、わんぱく相撲を各地で年一回執り行うにも大変なお金や様々な物品が必要となります。(勿論、メインは参加する子供さん達ではありますが・・・)

そして、集まった子供さんやご父兄の方々、見に訪れた皆様、関係者の食欲を満たしてくれたのが!

2012_045

大量の「炊き出しチャンコ」でありました。

三鷹相撲クラブのお父さん、お母さん達も大忙し!

そして、チャンコ鍋を振舞って下さったのは!!

2012_047

元力士・元裕山の「住谷貴由」さんであります。(写真が上手く撮られませんでした。とにかく忙しくて撮り直しが出来ない程でありました・・・。)

三鷹市出身の住谷さんですから、三鷹の相撲の発展を本当に願ってらっしゃいます。

2012_038_2

炊き出しチャンコを求める人たちの列がずっ~と続いていました。

本当に嬉しい悲鳴ですね!

嬉しいと言えば・・・。

2012_049

青空の下、みんな仲良く嬉しさいっぱいでお食事!

やはりこのようなシーンは癒されてしまいますね~。

と、癒されているばかりではありませんでした。

北脇には重要な任務がありまして、緊張の連続・・・。

その任務とは・・・? その2に続きます。

2012年5月20日 (日)

「俺も第二のミッキーカーチスに!」恋多きホープ師匠・・・!?

003

この日もホープ師匠と公園でライブの打ち合わせをしておりましたが、コントのネタに煮詰まっておりました。

ベンチに座っているホープ師匠の視線の先には・・・。

001

老紳士と美女が犬の散歩で仲良く談笑。

「へぇ~何の接点も無さそうな二人なのに、犬の散歩であんなに仲良くなれるもんかね・・・。」とホープ師匠が言うので「何言ってるんですか!ミッキーカーチスは犬の散歩で知り合った美女と‘犬繋がり’で仲良くなって最近結婚したじゃないですか!!」と北脇が言うと・・・。

005

「いやぁ~私もね、犬を飼おうかと思ってるんですよ!どんな犬がいいですかねぇ~。」とホープ師匠。(絶句しました・・・。)

013

「あ~‘ズック’ちゃんって言うの?僕はホープちゃん!」と言って犬を使って美女に接近するホープ師匠。(天才的ですねぇ・・・。)

美女が去った後、ホープ師匠「俺も犬飼って第二のミッキーカーチスになるぞ!」と意気込んでいました。(もう‘犬畜生’以下ですね・・・。)

そんなホープ師匠ですが!

014

やはり若い女性にモテるんです!

ご近所に住んでいる師匠とは仲良しのチカさんが来て下さいました。(この日の差し入れはビールでした。いつも有難うございます!)

「じゃ~折角だからギターで一曲歌ってやれよ!」とホープ師匠から言われましたので北脇歌い始めると・・・。

015

近所の子供たちがいっぱい寄ってきて「子狐コンコン山の中ぁ~っ♪」と歌い始めて北脇のギターをみんなでボロンボロンと弾いて大喜び!

もう圧倒されてしまいました・・・。

そんな時に!

017

ホープ師匠の弟子の「西田ぼん」さんが登場!

「なんだなんだ?北脇が公園でライブやってるって聞いたから来たよ~。みんな浅く広~い恋はダメだよ!深~い恋をしなきゃ。ねぇ師匠!」と一人で盛り上がっているぼんさん。

その様子を見て無言のホープ師匠ですが、ホープ一門は恋多き変わった人達ばかりですねぇ・・・。(北脇もいずれお二人のようになってしまうのでしょうか・・・。)

2012年5月19日 (土)

「大相撲VSビーチ相撲」サンスポ紙面に大掲載~っ!!

Sannsupo_001

先日の大相撲結びの一番を見て一喜一憂された方々も大勢いらっしゃったかと思います。

北脇も須磨ノ富士関のお店「力士料理 すま」の店内で収録を終えて若兎馬関達とテレビで見ておりましたが、放心状態・・・。(敢えて細かくは書きませんけど・・・。)

今朝、北脇も家主さんと家の前で昨日の結びの一番を振り返りながら、かなりの長時間立ち話をしてしまいました。(ちなみに家主さんは北脇より5歳ほど年上ですが、大の大相撲ファン!物心付いた頃には‘北の富士’関を応援していました。)

これで千秋楽まで幕内優勝の行方が全く分からなくなりましたが、やはり横綱有利になるんでしょうね・・・。

大相撲も盛り上がっておりますが、この紙面の下には・・・。

Sannsupo_002

場所前、5月5日にお台場のビーチで行われました「ビーチライフ」のイベント記事が掲載されていました。

これは「サンケイスポーツ」なのですが、記事によりますとイベントに参加した人数は約2万5千人にものぼるとの事。http://www.jbeach.jp/report/2012/0505.html ←詳細はコチラ

当然!

Sannsupo_003

ビーチ相撲の記事も出ておりました。

五月場所の序盤も入りの事でいろいろニュースになっておりましたが、昨日は満員御礼。

まさに、巻き返して大相撲人気も完全に息を吹き返しました。

ビーチ相撲もこれからの時期が最盛期になりますので、全国のビーチに玉海力関や小野川親方と相撲を取る参加者も殺到するのではないでしょうか!

勿論そうなった時は・・・。

Sannsupo_004

北脇もギターを持って応援に行かなければですよ!(小野川親方の後ろで地味~に立っているのが北脇ですが、本当に影が薄いですねぇ~。)

次回は小野川親方との約束通りに「マワシ」を持って行かなければいけないかも知れませんが(ボロボロになる事でしょうね・・・。)、とにかく今日の北脇があるのは‘相撲’のお陰である事は間違いありません!

ご恩返しをしないといけませんね!

ちなみに明日、5月20日(日)は朝9時から三鷹市役所敷地内の土俵上で「わんぱく相撲三鷹場所」が開催されます。http://mitaka-sumo.com/ ←詳細はコチラです。

このまま行けば天候にも恵まれるでしょうし、近隣にお住まいの方々は是非とも足を運んで頂きたいですね!

北脇も「歌」「トーク」「実況解説」を予定しております。(グズグズになるんでしょうけどねぇ・・・。)

是非とも「サンケイスポーツ」様に白熱の「わんぱく相撲三鷹場所」の取材を願っておりますよ~っ!!

遂に実現!大相撲甚句に「若兎馬」登場~っ!! その2

032

若兎馬関との収録も無事に終わり、力士料理すま店主の須磨ノ富士関が手に持ってらっしゃるのは若兎馬関お薦め「お好み焼き ハーフサイズ400円」であります。

「お待たせしました~。」と笑顔の須磨ノ富士関ですが、癒されますね~。

031

外はこんがり、中はトロトロでスウィーツかファストフード感覚のお好み焼きでした。

「大阪風」でも「広島風」でもない「明石焼き」に近い食感。(地元が神戸と言う事もあるかもですね!)

とにかくクセになるような味でしたよ!

そして・・・。

030

白いご飯が大量に食べたくなってしまうような絶品「鶏の唐揚げ」

ジューシーで甘辛くて最高でした。(千切りキャベツの中にはシソの葉も混じっていてサッパリ感を演出していました。)

更に!

033

この湯豆腐が良かったんです!

付け合わせのタレ(ペースト状)で食べるといくらでもイケました。

当然シメは・・・。

034

「うどん」ですね!

「何か僕らばっかり写真に撮って北脇さんが食べてる写真も写しますよ~。」とおっしゃる若兎馬関ですが、仲睦まじいお二人を撮っている北脇、充~分お腹が一杯になりました。(それにしてもイイお二人ですね~。)

幸せと言えば!

015

やはり同期生二人を見ていると北脇も幸せを分けて貰いました。

部屋は違えども15歳の頃から切磋琢磨した戦友でありライバルだった二人。

高校、大学、社会人と歩んできた北脇でありますが、残念ながらこのように今でも強い絆を持って付き合える友はおりませんので、本当に羨ましいと思いました。

いつまでもこの友情は変わらない事でしょう・・・。

ちなみにお二人が手に持っているのは!

006

同期生4人(若天狼関、若兎馬関、北勝力関、須磨ノ富士関)であります。

大銀杏に化粧マワシ。

やはり大相撲は魅力が在り過ぎますね!!

029

そして、現役を引退してもお二人の話題は大相撲。

店内のテレビに釘付けになっておりますが、当然チャンネルはNHK大相撲中継。

取り組みに一喜一憂しながら北脇も一緒に見ておりました。

035

お腹も満たされ、大相撲中継も楽しんで、しかも収録も完璧!

記念にお店の前で写真を撮りましたが、須磨ノ富士関のおかみさんは「写真はゴメンなさい!」と入って下さいませんでした。

ショートカットでクッキリとした端正なお顔立ちで‘サイケの女王・ジュンココシノ’を彷彿させましたよ!(勿論、若い頃のですよ・・・。)

次回、須磨ノ富士関ご出演の収録の際には是非ともお顔を見せて頂きたいですね!

もしくは直接お店へ食べに行けば美味しい料理と須磨ノ富士ご夫妻ともご対面出来ますよ。(お店の詳細は→http://www3.hp-ez.com/hp/suma/page1 です。)

そして!!

Wakakita_001

若兎馬関ご出演の大相撲甚句は5月27日、6月3日(日)深夜0時から放送予定です。

FM西東京ホームページからもサイマル放送でお聴き頂けますしhttp://842fm.west-tokyo.co.jp/

ポッドキャストからもバックナンバーも配信しております。http://www.voiceblog.jp/kitawaki-takashi/

どうぞお楽しみにしていて下さい!

お楽しみと言えば・・・。

037

若兎馬関から頂ました反物で浴衣を仕立てて、この夏はライブやイベントに参加したいですね~。

若兎馬関、本当に有難うございました!!

遂に実現!大相撲甚句に「若兎馬」登場~っ!! その1

Wakakita_002

五月場所の幕内優勝の行方も全く分からない状況でヒートアップしておりますが、「大相撲甚句」の番組も注目して頂きたい訳であります。

北脇の隣の男性、大相撲ファンならひと目でお分かりかと思いますが、元幕内力士「若兎馬 わかとば」の「山田裕三 やまだひろみ」さんであります。

小兵でありながら粘りのある相撲で土俵を沸かせて下さった若兎馬関ですが、やはり若兎馬関と言えば、「芸人のようなキャラクター」と「軽妙なトーク」が持ち味であります。

北脇も視聴者としてテレビの向こう側から憧れの目で見ておりましたので、今回番組にご出演頂ける事になり、喜びもひとしおでありました。

そんな若兎馬関と収録をさせて頂いたお店ですが・・・。

036

新小岩にあります「力士料理 すま」であります。

この写真だけではお分かり頂けない方々も大勢いらっしゃいますので・・・。

012

若兎馬関のお隣にいらっしゃるのが店主の「足立茂雄」さんであります。

収録中にも頻繁に「お~い、すま~ぁ!」と呼んであれこれ談笑する若兎馬関ですが、この写真だけを見るとどっちが店主か分からないですし、第一「すま」と言う人物が何者なのかもよく分かりませんねぇ・・・。(しかし、このツーショット笑えますね!)

001

厨房に立ち凛々しいお顔をする姿、店主は足立茂雄さんであることは一目瞭然!

「本日はお店を使わせていただきまして有難うございます!」とお近づきの印に「能登の塩」をお渡ししました。(石川県をPRしないといけませんからねぇ~。)

そして何と言いましても足立茂雄さんは!

005

元十両力士「須磨ノ富士」で、若兎馬関とは同期生でらっしゃいまして、今回の収録は「是非とも須磨ノ富士の店で!」と強いリクエストを若兎馬関から頂き、お店を開放して頂きました。

近日中に須磨ノ富士関にも番組にご出演頂けるようにお約束しましたよ!

014

「北脇さん、今日は宜しくお願いしますっ!」とテレビの解説の頃さながらの張りのあるお声で差し出されたのは若兎馬関の現役時代限定100枚のみ作られた貴重な「反物」であります。

それを惜しげもなく北脇にご進呈下さいました!

もう嬉しさのあまり、仕事をやり終えてしまったような充実感が北脇を襲いましたが、当然キッチリ収録はさせて頂ました。

少年時代に相撲と出会い、押尾川部屋に入門する事となった経緯、現役時代の思い出の取り組みの数々も語って頂きましたし、お宝グッズもご披露!

018

若兎馬関が手にしてらっしゃるのは現役時代、押尾川部屋の稽古場で実際に架けられていた名札。

そして右手に持ってらっしゃるのは・・・。

019

大相撲の熱狂的ファンのドイツ人男性が若兎馬関に贈ったオリジナル写真集であります。

020

現役時代の貴重な写真が数々掲載されておりましたし!

021

若兎馬関の「赤いマワシ」の由来も番組で語って頂ました。

「どうせ若兎馬の四股名のモデルになった‘赤兎馬’だから赤マワシなんでしょ?」と思われるかも知れませんが、それは違うんですねぇ・・・。

真実は大相撲甚句の番組で明らかになりますよ!

022

稽古場の様子もあり・・・。

025

化粧マワシでの土俵入りの写真も掲載され、このような写真集を作られたドイツ人の大相撲ファンの方に感激した北脇でした。(確か、境川部屋にも訪れて沢山の写真を撮ってらっしゃったかと思いますが、とにかく凄い人物でありますね!)

そしてもう一枚、若兎馬関が大切にしている写真が・・・。

026

ご家族との記念写真です。

027

男三兄弟の末っ子だった若兎馬関。

二人のお兄さんは相撲経験は無いものの、スポーツ万能だったそうです。

028

お父様に連れられて見に行った「府中大国魂神社 八朔相撲」で相撲に目覚めた若兎関。

そして、三段目時代に相撲を辞めようと思った時に思いとどまらせてくれたお母様の一言。

ご両親を大切に生き続けている若兎馬関。

そして一番大切にしているのは!

013

最愛の奥様ですよね!

奥ゆかしくて気が利いて、美しくて北脇も幸せな気分になりました。

収録も無事に終わりまして若兎馬関、奥様、北脇の三人で力士料理すまの美味しい料理を堪能しましたが、続きは その2で!!

2012年5月18日 (金)

高校男子から熟女まで・・・。西新宿のマイトガイ北脇貴士復活か・・・!?

005

ギターを持つ北脇の横には高校生がズラリ!

昨日はホープ師匠とライブの打ち合わせをする予定だったのに電話が繋がらず、仕方なく西新宿の某公園で歌の練習をしておりましたら、このように学校帰りの高校生たちが集まってきて、ちょっとした路上ライブになってしまいました。

中でも中央の男の子は大の「琴欧洲」好き。(顔も琴欧洲に似て美男子ですね!)

「え~っ!琴欧洲の歌があるんですか?」と北脇に質問してくれば、隣の男の子がすかさず「何言ってんの、この人のオリジナルに決まってんじゃん!」と言いながら話題は大相撲ネタになりました。(琴欧洲関、昨日は豪快に把瑠都関に勝利しましたね!それにしましても、6年ぶりの日本人力士幕内優勝を稀勢の里関、決める事が出来るか注目でありますね~。」

そんな高校生たちに、何かプレゼントするものは無いかと思いましたら丁度!

003

「能登ふるさと博 おいでよ能登へ」のポケットティッシュを大量に持っていたのでプレゼントしましたらみんな大喜び!(丁度、永田町にある石川県東京事務所からの帰り道でしたのでね!)

あまりの喜びように思わず顔を隠してしまいました。(なんか‘訳あり高校生’みたいになってしまいました・・・。)

「こいつは毎日テッシュを使いまくってるから1日で無くなっちゃいますよ~。」と言う子がいたので「何言ってんの?‘1回’で無くなるよねぇ~。」と北脇が言えばみんな爆笑!(やっぱりそういう話題が好きなんですねぇ・・・。)

そうして青春真っ只中の高校生たちにパワーを貰いながら・・・。

004

名刺がわりに「ホープちゃんライブ VOL6」のチラシも渡しました。

「え~っ俺たちブログに顔出ちゃうの・・・?」と心配そうにしているので「大丈夫!一日大体20件ぐらいしかアクセス無いから誰も見ないよ!」と北脇が言えば「じゃ~安心だ!俺たちもアクセスするので明日から25件だね!」と一本取られた北脇。

なかなかセンスのある高校生5人組!

いつかホープちゃんライブにユニットで登場して貰いたいものでありますね~。

そんな元気いっぱいの高校生と会う前日はホープ師匠の行きつけのお店・・・。

Jyukujyo_006

西新宿にあります「みるく」でライブ用の歌を歌わせて頂ました。(北脇の隣の女性がお店のママです。)

ちなみにこの日の歌は力士ソングではなく、ホープ師匠が故郷の妹さんに捧げる歌「こんな兄貴に誰がした・・・。」という歌であります。(昭和的要素タップリですねぇ・・・。)

歌を聴いて下さったお客様(手前の女性)が「ライブ頑張ってね!」と北脇のポケットにチップを入れて帰られました。

そう言えば、ほんの6~7年前まで北脇は西新宿の屋台や路上で毎晩のように歌を歌いながら大勢の皆さんと出会って修行のような事をしていたと思い出しました。

今でも北脇にとって西新宿は大事で特別な街なんですね~。

高校生のみんな、みるくのママ、お客様、有難うございました~っ!!

2012年5月16日 (水)

日本人ランボー、武術家「田中光四郎」ホープちゃんライブに出演!!

001

この日はホープ師匠と中村ゆうじさんと一緒に5月27日のホープちゃんライブの打ち合わせの為に歌舞伎町で集まったのですが、手前には気になる人物が3人。

特に一番右にいらっしゃる男性こそは、武術家でアフガンの軍人の軍事指導をされた‘日本人のランボー’の異名を持つ「田中光四郎」先生で大変な偉人でらっしゃいます。→http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%94%B0%E4%B8%AD%E5%85%89%E5%9B%9B%E9%83%8E →http://www.youtube.com/watch?v=XsdZQLTPeBc (動画もご覧いただけます。)

そして田中先生のお隣の女性と男性は先生の道場で武術の鍛錬をしてらっやる本物の武術家でらっしゃいます。

そのような世界的な武術家である田中先生とホープ師匠は20年来の親交があり、田中先生のご尽力でその昔、ホープ師匠は紛争中のアフガンへコントをしに行った事がありました。(ブッチー武者さんも一緒に・・・。)

アフガンの本物の軍人を相手に「ゴムパッチン」をやったり、それはそれはハチャメチャなコントをやって命からがら日本に帰って来たそうであります。(実際に写真を見ましたが、ホープ師匠は本当に命知らずな人だと思いました・・・。)

その田中先生に何と大胆にもホープ師匠、ホープちゃんライブに出演交渉してしまいましたところ、アッサリと快諾して下さいました。

これには武道や格闘技を経験してらっしゃる中村ゆうじさんも大喜び!

早速、ライブの大まかな打ち合わせを田中先生達としてしまいました。

003_2

田中先生の数々の武勇伝を聞いてガチガチになっていた北脇でしたが、非常に気さくで、しかもお笑いが大好きでらっしゃいまして、このように笑顔で記念写真も撮らせて頂ました。

ライブでは恐らくコントと言うよりも、ドリフターズの‘8時だよ全員集合 ’の後半の「体操コーナー」のような雰囲気になるかと思っております。(と言うことは田中先生は‘中本工事’的な立ち位置と言う事でしょうかねぇ・・・。)

とにかく、ホープ師匠は毎回コメディアン以外の全く異業種の方々と絡んで舞台を作り上げて笑いを取ってしまいますから、ホープ師匠こそお笑い界の‘異種格闘家’なのかも知れませんね・・・。

非常に楽しみでありますが、楽しみと言えばホープ師匠がライブで毎回披露する‘歌’であります。

何と言いましてもホープ師匠の肩書きはこれから‘ミュージシャン’でありますから・・・。

005

マイク片手に歌を熱唱!

007

段々テンションが上がってノリノリになってくると、見知らぬお客さんから「もしかしてゴムパッチンの‘ゆ~とぴあホープ’さんじゃないですか~っ?」と声が上がったので・・・。

004

「え~っ分かっちゃいました~。何でバレたんだろう・・・。もぉ~‘ヨロシク~ネッ!’」とお客様に照れながらポーズを見せていたホープ師匠。(師匠は非常~にシャイでらっしいます・・・。)

そんな訳で、ホープちゃんライブに続々と豪華メンバーが集結しておりますが、一体どのようなライブになりますでしょうか・・・!?

楽しみですね~っ!!

2012年5月14日 (月)

ザ・北乃脇バンド、ゴダイゴになる・・・!?

008

大相撲五月場所も大変な盛り上がりですが(豪栄道関、遂に白鵬関に勝利しましたね!)、我らが「ザ・北乃脇バンド」も激しいスタジオ稽古を終えて北脇邸で(と言いましても借家ですけどね・・・。)盛大に宴会をしております。

これまでも腕のある皆様の力で北脇も何とか舞台に立たせて頂いておりますが、前回から加入して下さいました・・・。

001

ピアノの「日ノ下慶二」さんの活躍でかなりのバンドに変身してしまいました。(一番右の男性です。)

トランペットの大林さん(左)とサックスの宮崎さん(中央)と入念に曲の打ち合わせをしております。

専門用語が飛び交いましたので理解出来ない北脇は小さ~くなっていました・・・。

002

サイケデリックなベースを持って佐々木さん、じっと待ち続けています。

と言いますのも・・・。

004

ドラムのトミーさんが電車を乗り間違えて大幅に遅刻したので(1時間半も・・・。)殆ど練習をする事が出来ませんでした。

皆さん当然怒り心頭!

しかし、トミーさんのトボけたキャラクターにいつもウヤムヤにされてしまいます。(ホープ師匠もトミーさんをお気に入りであります。)

そんな個性豊かな皆様によって、ソロシンガー(ピン芸人・・・?)北脇の楽曲は進化して着実にレベルアップしております。

今回のスタジオでの演奏がかなり良かったので映像をYouTubeにアップロードしました。http://www.youtube.com/watch?v=kQmfxBj-StA ←動画です。

「般若心経」をロックにして演奏したものですが、日ノ下さんのピアノは「ゴダイゴ」を彷彿させて、北脇も感激に浸りきってしまいました。

そうしてご機嫌のうちにスタジオを出て我が家で呑み明かしました!

006

若干、目が座っているようにも見えますが、とにかく出来る限りのおもてなしをした北脇。(でも大体が‘乾き物’なんですけどね・・・。)

ちなみに皆さんが手にしているのは!

007

先日、石川県東京事務所で頂いてきた「揚げ浜塩」です。(そして‘能登空港箸’も!)

そんな石川県能登話から次第に「出身地方言」の話に変わり、いろいろな所作や行為、更には‘体の一部’の名称などなどをクイズ形式にして、やがては‘柔らか~い話’になってしまい、気が付けばオヤジトーク炸裂の宴会になりました。(ちなみに大林さん、宮崎さんは熊本出身。日ノ下さんは京都出身。トミーさんは東京出身であります。)

そんな出身地も年齢も音楽性も違うザ・北乃脇バンドですが、今や完全に一枚岩。

5月27日のホープちゃんライブが非常に楽しみになってまいりました。

2012年5月13日 (日)

五月場所7日目、境川部屋大旋風!!

Sakaigawa_016

昨夜からスポーツニュースなどで大々的に取り上げられている「境川部屋旋風」

「妙義龍」関、「豪栄道」関、「豊響」関、が師匠の境川親方の目の前で次々に上位力士を敗る活躍。

北脇もホープ師匠と一緒に中華料理屋のテレビで見ておりましたが、帰宅後に何度もビデオで見ながら感動しておりました。

境川親方に心酔している北脇にとりましてはこれ程の感激はありませんでした。

勝負審判として土俵下に入り、しかも弟子が三人も上位戦に組まれ、その上全員が勝利。

三関取共、日頃から大変な稽古を重ねて相撲に精進してらっしゃるとは言え、このようなドラマは起こり得る事は非常に難しいと思います。

素晴らしい相撲を本当に有難うございました!

Sakaigawa_021

全勝の好調琴奨菊関を一気の相撲で勝利した妙義龍関。

その相撲に「俺も!」と気合が入った・・・。

Sakaigawa_022

豪栄道関。把瑠都関の吊りを懸命にこらえて執念の外掛けで勝利!

そして「結びの(豊響関の)相撲も期待して見ています!」とコメント。

その期待に応えた・・・。

Sakaigawa_018

豊響関。放送時間がオーバーしてインタビューはニュースで放送されました。

Sakaigawa_019

このインタビューを聞いて北脇も泣きそうになりました。

ちなみにホープ師匠は、中華料理屋のテレビで一緒に結びの一番を勝って花道を去る豊響関を見て目を赤くしながら「俺も北脇が舞台で金星上げるような活躍したら泣いちゃうね・・・。」とおっしゃっていました。

豊響関の相撲はホープ師匠と北脇にも大きな勇気を与えて下さいました。

Sakaigawa_020

ニュースでもこれだけ大きく取り上げられていた境川親方。(解説の北の富士さんも‘シブいね!弟子がこれだけやって気分悪かろう訳ないね!’と、ご自身の事のように語ってらっしゃいました。)

三関取には勝ち越して頂いて、境川部屋三賞独占して頂きたいです!(言われなくとも当然狙ってらっしゃると思いますが。)

本日の取り組みも注目ですね!!

歌好き、犬好き、相撲好き、ホープ師匠・・・!?

Sakaigawa_010

近頃、この公園にハマッているホープ師匠と北脇。

決して、公園で青空ライブしながら「投げ銭」で生活費を捻出している訳ではなく、この日はホープ師匠とホープちゃんライブ用の歌を作詞作曲しておりました。

何を隠そう、ホープ師匠はかなりの詩人で師匠の口から出てくる言葉を元に北脇が作曲し、そしてバンドの演奏で一緒に歌っております。

つまり、ホープ師匠は今や‘アーティスト’なのであります。(いろいろ異論があるかも知れませんが・・・。)

そんなホープ師匠と北脇の手には焼き鳥が持たれておりますが、差し入れして下さったのは!

Sakaigawa_007

チカさんとお嬢さんであります。

チカさんは先日もお友達の谷岡さんと一緒にお好み焼きを差し入れ下さって、何かと師匠と北脇をサポートして下さる頼もしい女性なのであります。

そして、愛犬のハッピーちゃんに手を伸ばす師匠。

実はホープ師匠は大の犬好きであります。(時々、新宿のペットショップへ犬を見に行く事がありますが、師匠は子供のように目を輝かせています。)

Sakaigawa_004

「俺、犬好きなんだけど、なついてくれるかい?」とホープ師匠。

Sakaigawa_005

「いい子だねぇ~。可愛いね~。」とハッピーちゃんを呼んでも全く近寄って来ません。

見ていて笑えてしまいました・・・。

そのまま近所の中華料理屋さんに行きまして食事を食べましたが、当然!

Sakaigawa_013

店内にはホープちゃんライブのチラシを貼らせて頂きました。

「俺、歌うから見に来てよね!」とホープ師匠。(当然、コントがメインですよ・・・。)

美味しい料理を食べながらも北脇はテレビの大相撲に夢中!

境川部屋力士が大旋風を巻き起こして結びでは豊響関が横綱白鵬関に勝利し、店内のお客様と大喜びしました。

気分良くホープ師匠とサウナに行った北脇ですが、湯上りの後・・・。

Sakaigawa_014

「相撲見て興奮して血圧が上がってないかな?」と測定するホープ師匠。(普段はこのような事はしないのに・・・。)

実際、豊響関が涙をこらえて花道を下がっている姿を見てホープ師匠ももらい泣きしそうになっていました。

やっぱり相撲はいいですよね~。

2012年5月12日 (土)

北脇、いしかわ観光特使に思い悩む・・・!?

Nototokusi_002

北脇貴士の故郷、石川県能登が先ごろ「世界農業遺産」に認定された事で、石川県内が大変な盛り上がりとなっております。http://www.pref.ishikawa.lg.jp/satoyama/giahs/index.html 

このようなハッピを作って大々的にPRをしているようで、石川県民である北脇としましては何とか故郷に恩返しをしたいと考えておりますが、北脇自体が小粒なので何も出来ていないのが現状であります。

それに輪をかけて、石川県出身の関取も居なくなってしまい北脇のテンションも下がる一方・・・。

しかしそんな逆風の中!

Nototokusi_004

今、世間を賑わしている二股男!塩谷瞬。

実は何を隠そう「石川県民」なのであります。

本日、永田町にあります「石川県東京事務所」にお邪魔してきた北脇ですが、事務所の中は塩谷瞬の話題で持ちきり。

まさに‘旬’の男なのであります。(怒られそうですねぇ・・・。)

と言いますのも・・・。

Nototokusi_003

塩谷瞬はこの2月に「いしかわ観光特使」に委嘱されたばかり!

つまり石川県の「歩く広告塔」的存在なので石川県もいろいろ頭を抱えているようであります。

Nototokusi_005

石川県知事の隣に座っているのが塩谷瞬ですが、やはり石川県が彼に対する期待の大きさが伺える一枚となっております。

ちなみに・・・。

Dscn5275

北脇も2年前に「いしかわ観光特使」になり、一応更新されて平成26年まで続ける事になっております。

がしかし!ラジオやブログで細々と石川県のPRをしているものの決定打に欠けており、まさに「職務怠慢」状態となっております。

大体、石川県民と言うものは良く言えば‘奥ゆかしい’悪く言えば‘引っ込み思案’つまり自己主張が上手く出来ない県民なのであります。(当然、例外もありますが・・・。)

北脇も自身のPRも満足に出来ないのに、観光特使とは身の程知らずにも程がある。と言う訳であります。

塩谷瞬が‘涙の謝罪会見’した時は「あ~石川県民らしいなぁ~。」と少し親近感が湧きました。(だからと言って北脇に二股は無縁であります・・・。)

被害に遭われた女性の皆様は本当にお気の毒だと思いますし、今後このような事があってはいけませんが、塩谷瞬が「いしかわ観光特使」の名を世に知らしめた功績は非常に大きいですね。

これから更に広まって行く事でしょう。

そんな北脇に出来る事と言えば・・・。

Nototokusi_006

このような写真をブログに掲載したり!(中央にいらっしゃる男性は石川県東京事務所の東賀課長。そして両脇には事務職員の女性です。)

Nototokusi_008

相撲処石川県をPRする事ぐらいですね~。(そう言えばもうじき高校相撲の金沢大会が行われますね~。北脇はホープちゃんライブと日が重なる為行けませんが大会の成功を祈っておりますよ!http://hk-event.jp/sumou/ ←前年度のサイトです。)

それにしましても東賀課長の蹲踞は形になっていますね!

そんな石川県東京事務所からお土産に・・・。

Nototokusi_009

能登の手造り「海水塩」を頂きました。(別に‘塩谷瞬’の塩つながりではありませんよ・・・。)

先日の両国にぎわい祭りのスタンプラリーでも配布されましたし、5月20日の「わんぱく相撲三鷹場所」にも配布予定であります。http://jci-mitaka.com/ 

熱いおもてなしを受けて石川県東京事務所を後にした北脇が次に向かった先は・・・。

Nototokusi_012

お馴染み、歌舞伎町の「クラブ中越」であります。(手前からコント青年団・青木イサムさん、懺悔の神様・ブッチー武者さん、ホープ師匠です。)

酒を飲まない北脇がビールを持って乾杯しているので中越ママが「北脇さんが酒に溺れないかしら・・・。」と真剣に心配していました。(ちなみに北脇は若い頃、酒癖が悪く、何度もしくじった為、以来10年程は絶対人前では酒は呑みません・・・。)

Nototokusi_011

「レオナルド熊一門」のお三方の話題はやはりレオナルド熊師匠の事です。

理不尽で無茶苦茶な方だったそうですが、芸の腕は天下一品!

この日は北脇もコントや笑いの手ほどきを受けながら稽古を付けて頂きました。

が、しかし・・・。

Nototokusi_014

師匠お気に入りの「ナオちゃん」が現れると、超~っご機嫌になってコントは中断。

師匠、気持ちよく酔いしれてらっしゃいました。

Nototokusi_013

「北脇も女を手玉に取るぐらいやんなきゃ!まだ若いんだから。俺が君ぐらいの頃は無茶苦茶やったもんだよ!」と北脇を操ろうとする師匠。(酒さえ呑まなければ北脇は危険度ゼロです!)

いろいろな人からホープ師匠の若かりし頃の武勇伝を聞きますが、塩谷瞬など目じゃないぐらい「恋多き男」だったようです。

北脇もこの先、ホープ師匠と一緒にいると「いしかわ観光特使」としていろいろPR活動出来るようになるかも知れませんね~。(しかし、これでいいのか?と、いろいろ思い悩んでしまいますよねぇ・・・。)

2012年5月11日 (金)

相撲博士と五月場所5日目、大相撲観戦~っ!! その2

相撲博士で整体師の菅原尚晋さんと国技館で大相。撲観戦した北脇土俵の取り組みも非常に気になりましたが、我々二人が最も注目したのは!

Gogatubasyo_019

国技館内に放送される「どすこいFM」であります。

中央には、伝説の番組「大相撲ダイジェスト」で超~っ有名になりました「銅谷志朗」アナウンサー。

そして玉光国・玉乃島ご兄弟の姿!(お隣には土佐ノ海関の立川親方、玉力道関の荒磯親方もサポートされて大変盛り上がりました。

玉乃島関の非常に実直でキッチリとした口調の解説に対して、玉光国関の物腰柔らかい、チョット‘オタク的’な解説に博士も北脇も聴き入ってしまいました。

豪華6大関と言う事もありますので!

Gogatubasyo_015

5日目にして早くも東西関脇の割が組まれました。

豊ノ島関、豪栄道関の取り組み、見応えありましたよ!!

見応えあったと言えば!

Gogatubasyo_016

菅原博士と北脇が本日一番注目していた「稀勢の里・妙義龍」の割であります。

二人で(勝手に!)解説しながら北脇の予想通りの取り口で妙義龍関が勝利して必要以上に盛り上がってしまいました。(豊響関も凄まじい程の出足で日馬富士関に勝利し、見せ場を作って下さいました。)

丁度、荒磯親方がFMで「日体大相撲部の斎藤先生が見に来ていたから妙義龍も気合が入ったんでしょうね!」とおっしゃっていました。(思わず客席を見回した北脇でした。見える訳無いのに・・・。)

Gogatubasyo_017

そして、玉光国関が「近い将来、横綱になる!」と言っている鶴竜関、そして「大関になって欲しい!」と願いを込める高安関。

読みは当たりますでしょうか!?(銅谷アナウンサーからも質問攻めされていた玉光国関でした。)

Gogatubasyo_018

結びは白鵬関と豊真将関。

堂々の横綱相撲で勝利した白鵬関。やはり磐石ですね!

取り組みも終わり、どすこいFMのブースに行った我々二人。

Gogatubasyo_021

「いや~面白かったですよ!楽しませて頂きました!!」と玉光国関と玉乃島関にご挨拶をしました。

プロ・アマ問わず相撲大好きな玉光国関、マニアックトーク満載で土佐ノ海の立川親方に対しても「僕はアマチュア選手権に出場していた山本選手時代から立川親方を注目していました。僕の兄弟子の‘福’さんと決勝トーナメントで当たって勝たれた一番が忘れられません!」と言って立川親方や銅谷アナウンサーを驚かせていました。

これからは玉光国関を「相撲‘大’博士」と呼ばせて頂きたいです。

Gogatubasyo_020

そんな相撲大博士をご紹介して下さった菅原博士。

北脇の頼もしき、そして大切なブレーンであります。そんな菅原博士が・・・。

Gogatubasyo_014_2

北脇の知らない水面下でいろいろ接近してらっしゃるのは、元・旭豊の「立浪親方」様であります。

非常にフランクに菅原博士に話しかける立浪親方。

それを女学生のような ‘乙女の目’で見ていた北脇。(だってメチャクチャ男前なんですからねぇ~。)

「しゃ、写真をブログにぃ・・・。」と赤面する北脇に「あ、イイよ!」と一言。

北脇も最近いろいろな役者さん達を見ますが、こんなにドキドキしたのは久しぶりでした。(だからと言って北脇は‘アッチ’ではございませんよ!)

そんな楽しい大相撲観戦を終えて・・・。

Gogatubasyo_022

国技館を出ると雨も上がり、爽やかな5月の空になっていました。(玉光国関の後方には微かにスカイツリーが見えていますね。)

今度は是非、BSの大相撲解説を光国関にして頂きたいですね!

BSと言えば!

Gogatubasyo_023

この日は十両の取り組みの解説も西岩親方でした。

優しい口調で非常に丁寧な解説。

これからもテレビ、ラジオ、どすこいFMの解説で引く手あまたでしょうね。

本当にお疲れ様でした!!

相撲博士と五月場所5日目、大相撲観戦~っ!! その1

Gogatubasyo_013

豪華6大関で話題になっている大相撲五月場所。

その5日目の国技館へ大相撲観戦してきた北脇でありますが、北脇の隣には当然!!

Gogatubasyo_001

整体師で相撲博士の「菅原尚晋」さん。忙しい仕事の合間を縫って合流しました。

ちなみに博士と相撲観戦する前に腹ごしらえと言う事で、すっかり名物になった国技館大広間のチャンコを食べました。

気になるこのチャンコですが・・・。

Gogatubasyo_002

「花籠部屋チャンコ」です。

ゆず胡椒が入って風味サッパリ!(しかも具だくさんで250円!!)

実は花籠部屋は近々峰崎部屋と合併されるようで、花籠部屋チャンコは今場所で食べ納めとの事・・・。

皆様も今場所国技館にて相撲観戦された際には、是非とも国技館地下の大広間へ行って250円チャンコをご賞味してみて下さい!

国技館地下と言えば・・・。

Gogatubasyo_003

大相撲インターネットチームの皆様がいらっしゃる仕事部屋がありまして、ご挨拶に行ってまいりました。

「先日の両国にぎわい祭りもお疲れ様でした!良かったら食べて下さい!!」と差し出されまのは「大福もち」。

黒豆やよもぎなど美味しそうなものがいろいろありましたが・・・。

Gogatubasyo_004

北脇が選んだのはオーソドックスな白い大福もち(プレーンなタイプのですね・・・。)です。

やはり白星を連想させますからねぇ~。(土俵に上がる訳でもないのに・・・。)

花籠部屋チャンコと大福もちでお腹も満たされ、いざ館内へ!!

Gogatubasyo_008

席に行くと気難しい様子で指を折りながらブツブツ独り言を言っている菅原博士。

実は国技館内の「どすこいFM」のクイズの答えを必死で考えている最中でありました。

ちなみにクイズは「武蔵川部屋、現・藤島部屋で関取になった力士の数」と言うもの。

北脇も一緒に考えましたが、何しろ数が多くなかなか答えが出ませんでした。(こんな時、栗本先生がいたら一発ですね。しかも武蔵川部屋力士でしたし・・・。)

「よし!解った~っ!!」と言ってFMのブースに走って行った博士・・・。

正解したでしょうか・・・!?

Gogatubasyo_009

そしてFMブースから猛ダッシュで帰ってくる博士(通路にぼんやり水色の人物が写っていますが、それが菅原博士です・・・。)

Gogatubasyo_011

「いや~当たりましたよ!ゲットしました~。」と笑顔で博士が手にしているのは・・・。

Gogatubasyo_012

国技館の土俵の砂(本物!)であります。

以前から、どすこいFMではクイズが出題されて、答えが分かったらブースまで行って正解者にはプレゼントを進呈していますので、毎回リスナーがブースに押し寄せて盛り上がっています。

北脇も昔、クイズに正解して「永谷園のお茶漬けの素」や「国技館新築落成記念の革財布」を獲得した事があります。

ちなみに武蔵川・藤島部屋の関取衆の数は「13人」でありました。

Gogatubasyo_006

クイズも終わり、土俵には横綱白鵬関の土俵入り!

やはり絵になりますね~。

そんな訳で続きは その2で!!

2012年5月 9日 (水)

五月場所5日目どすこいFMに「玉光国」登場!か・・・!?

005

先月の大相撲甚句にご兄弟でご出演頂きました、元・玉光国の「岡部光国」様と元・玉乃島の「西岩親方」様と北脇の収録風景であります。

番組ではお二人、息ピッタリで楽しくタメになるお話をご披露頂きました。

二週に渡っての放送ではありましたが、時間の関係で編集せざるを得なかった所も多々あり、玉光国関の‘告知’をお届け出来ませんでした。

そんな玉光国関、何と五月場所5日目(5月10日)の幕内取り組みの解説を国技館内の「どすこいFM」でされる事が決定しました。(詳細は→http://www.sumo.or.jp/ticket/honbasho_joho/tokyo_fm.html です。)

サイトでは「西岩親方」となっていますが、恐らく‘兄弟共演’だと思っております。(菅原博士からの情報ですから間違いないと思いますよ!)

004

テレビやAMラジオ中継の解説と違って、どすこいFMは非常にリラックスして緩やかな感じであります。(時々過激でヤバ~ィお話をなさる親方衆もいらっしゃいますが、それはそれで楽しいんです・・・。)

当然、北脇も菅原博士と一緒に国技館で相撲観戦しながら、どすこいFMを聴く予定でおります。

どすこいFMならではの、お宝話、こぼれ話を聴きたいですね~。

是非とも皆様もラジオを持って国技館へGOですよ!!

Dscf9507

このように‘えびす顔’の玉光国関ですが、時々過激な‘毒’を吐いて我々を楽しませて下さいます。

一体どのようなお話をして下さいますでしょうかねぇ~。

恋多き男、ホープ師匠・・・!?

大相撲五月場所も4日目を迎え、豪華6大関の取り組みは勿論の事、初日から横綱が敗れて今後の取り組みも目が離せませんが、実はホープ師匠も大の相撲好き。

この3日間は毎日サウナの休憩室などで大相撲中継を見て熱戦を楽しんでおります。

いつもサウナで汗を流し、身奇麗にしているホープ師匠の元には麗しき‘乙女’達が次々に現れて華やかな日々を送ってらっしゃいます。

そんなホープ師匠の3日間をダイジェストでご覧ください!

Koiiikiotoko_007_2

公園でたたずむホープ師匠。思う存分遊んでいる子供たちを見てホープ師匠、何を思っているのでしょうかねぇ・・・。

そんな師匠の元に・・・。

Koiiikiotoko_003

鳩が二羽寄って来ました。

「餌をくれると思ってるんだね~。」と餌を与える‘フリ’をするホープ師匠。

勿論、餌なんか持っていませんが・・・。

Koiiikiotoko_004

ゾロゾロと鳩が集まってきて師匠も大喜び!

やはり普段から餌付けされている鳩らしく、すっかりなついてしまいました。

しかし・・・。

Koiiikiotoko_006

公園の近隣の皆様は大迷惑しているようです。

そんなホープ師匠の元には鳩でけでなく!

Koiiikiotoko_008

女性も寄ってきました。師匠と北脇が公園にいる事を知って差し入れの「お好み焼き」を持って来て下さいました。(左の女性はチカさん、右の女性は谷岡さんです。)

Koiiikiotoko_011

かつてはグルメレポーターをしていたホープ師匠。食べっぷりも流石でありますが「北脇に餌を与えちゃダメだよ~。」とホープ師匠。(北脇は鳩かっ!)

しかし9割以上は北脇が食べましたけど・・・。

Koiiikiotoko_012

「師匠、ライブ頑張ってね!見に行くからね~。」とチカさんと谷岡さん。

有難いですね~っ!!

と、ホープ師匠は女性にモテモテ。

翌日も・・・。

Koiiikiotoko_013

ライブに出演する女優の「きみ」ちゃんと会って打ち合わせをしました。(右の男性は師匠のお弟子さんの青木イサムさんです。)

「‘きみ’は大胆な大人の女性の役を考えているんだよ。ライブまでにしっかり勉強しておいてな!期待してるよ!!」と励ますホープ師匠。

師匠に寄り添いながら写真に写るきみちゃんに手を回して「きみは細いね~。俺の半分以下じゃないか!ちゃんと食べてるのか~。」と声をかけながら体を触るホープ師匠ですが、非常~に自然でありますからイヤラシさ全く無し!(きみちゃんもこの笑顔!)

「師匠は昔から女性の扱いは名人ですからねぇ~。」と青木さん。

う~ん・・・。勉強になりますねぇ~。

Koiiikiotoko_014

お馴染み、歌舞伎町の「クラブ中越」の店内にホープ師匠、青木さん、北脇。

「実は合わせたい女の子がいるんだ。最近お店に入った子だけど、ミュージシャンなんだ。次のライブで使えるかも知れないからいろいろお話してやってよ!」とホープ師匠。

その女の子を待っている間・・・。

Koiiikiotoko_015

「よし!今日は‘バーテン’になれ!!コントの練習になるから。」と師匠に言われてカウンターに入る北脇。(無茶振り!と思われるかも知れませんが、すっかり慣れてしまいました。)

完全にバーテンになりきって仕事をしていると・・・。

Koiiikiotoko_017

「お~頑張ってるね!ナオちゃん!!こっち来て座れよ~。」と手招きするホープ師匠。そして盛り上げる青木さん。

言われるがままに・・・。

Koiiikiotoko_019

「ナオはミュージシャンなんだよな~。可愛いな~。」とひとしきり褒めて・・・。

Koiiikiotoko_018

「え~い!こうしてやる~っ!!」と欧米人のようなご挨拶!

しかしナオちゃんこの笑顔!

師匠の名人芸を目の当たりにして動揺しながらも・・・。

Koiiikiotoko_020

ひたすらバーテンに徹する北脇。(本当はグラスを落としそうになりましたよ・・・。)

う~ん、やはりホープ師匠は只者じゃないですねぇ~。

2012年5月 8日 (火)

北乃脇バンドにピアニスト加入、その名は‘日ノ下慶二’!!

Bitisumou_119

このところ、バンドでの集合写真が多くなってきたブログでありますが、北脇貴士率いる(実際には率いられていますが・・・。)ザ・北乃脇バンドに新たなメンバーが加わりました。

ピアニストの「日ノ下慶二」さん(前列の中央の男性です。)

腕前は当然でありますが、とにかく人間的に最高で北脇ひと目惚れしてしてしまいました。

Bitisumou_117

北脇よりも北脇の曲を知り尽くしているトランペットの大林さんが日ノ下さんに曲の構成を説明しています。

「北脇さんの曲は音楽の常識にとらわれていないので自由な感じに弾いて下さい。で、ここで○○になって△△になって最後に□□になります。まぁ一回聴けば大体分かりますよ!」と音楽の専門用語が飛び交っている横で「そ~なんですよ!最後は□□でねぇ~。」と知ったかぶりに合いの手を入れる北脇・・・。

しかしながら日ノ下さんの演奏は完璧でしたよ!!

約2時間に渡る練習を終えて、毎回お約束の・・・。

Bitisumou_120

我が家での‘宴会’であります。

実はこの日、北脇はビーチ相撲を終えてそのままスタジオに入ったのでメンバーの皆さんから「メッチャ日に焼けてますね~。」とか「なんか苦しそうですね・・・。」とあれこれ聞かれてしまいました。(そりゃそうです。炎天下の中、何番も相撲取ったんですもんねぇ・・・。)

喉もカラカラで「も~‘アイアンキング’ばりに水飲まないと倒れますよ!」と言うと、「えっ?アイアンキングって何ですか・・・?」と北脇に質問してくる皆様。

当然、ヒーロー図鑑を広げて・・・。

Koiiikiotoko_021

「これがアイアンキングですよ!エネルギーが水なんで、水ばっかり飲んでるんです。一見カッコ良さそうな感じがするんですけど超~っ弱いヒーローです。」と言って・・・。

Bitisumou_124

アイアンキングの映像を皆さんに見てもらいました。(迷惑な話ですねぇ・・・。)

Bitisumou_126

主人公の静弦太郎(石橋正次が演じてます。)が、かなり男前なんです。

主人公なのに巨大ヒーローに変身しない‘異色’の番組であります。http://www.youtube.com/watch?v=AhfnBhpo_mM ←主題歌です。(北脇はかなり気に入ってます・・・。)

ピアニストの日ノ下さんもアイアンキングにハマッていましたよ!

ハマっていた!と言えば・・・。

Bitisumou_121

㈱スギヨのかに風味かまぼこ「香り箱」であります。(大相撲甚句の番組スポンサー。もうお馴染みですよね!)

「美味いですね~。本物のカニじゃないんですか?」と驚きながら食べて頂きました。

そんなピアニストの日ノ下さんを北乃脇バンドに呼んで下さったのは・・・。

Bitisumou_122

ドラマーの「前田トミー」さんです。

微妙に‘小指’を立てていますが、決して‘アッチ’ではありません。(紛らわしいですねぇ・・・。)

とにかく面白い方で、北乃脇バンドの「田代まさし」的存在であります。(だからといって‘ヤッて’ませんよ・・・。)

ドラムは当然‘スゴ腕’でらっしゃいますよ!

Bitisumou_123

香り箱のラベルを確認して「いや~ホンマもんのカニですやん!」と‘パーマン4号’ばりの怪しい関西弁で喋るトミーさん。(実際は東京生まれです・・・。)

わざとらしいリアクションに皆さん冷ややかな感じで対応していますが、北乃脇バンドは熱く燃え上がっておりますよ~っ!!(北脇の体も日焼けで火が付いたように熱くなっております・・・。)

2012年5月 6日 (日)

今年も大、大盛況!ビーチ相撲 IN お台場 その3

Bitisumou_088

ビーチ相撲連盟理事長の玉海力関を囲んで集合写真。

ビーチ相撲大人の部で上位入賞した3選手の中に北脇も含まれておりますが、決勝のハイライトをご覧ください!!

Bitisumou_077

決勝に進んだ北脇ですが、取り直しの相撲などもあって体力は限界・・・。

早く勝負を決めようと焦る北脇・・・。

Bitisumou_080

土俵中央で組み合う両者ですが、構わず勝負をかける北脇!(小野川親方嬉しそうに笑っていますねぇ・・・。)

Bitisumou_081

そのまま体を預けて寄り倒して北脇決戦を制しました。(相山さんも北脇に軍配を上げていますね。)

Bitisumou_082

お互いの健闘をたたえてガッチリ握手。周囲からも惜しみない拍手を頂きました。

やっぱり相撲は見ても取っても良いですね!!

Bitisumou_084

玉海力理事長より優勝商品を授与されました。

今回のビーチ相撲は一応北脇も‘関係者’ですので本来はお客様である一般の参加者に譲らなければいけないのでしょうが、何故かこの日は燃えてしまいました。

そんな北脇のビーチ相撲初タイトルに貢献して下さったのは・・・。

Bitisumou_091

サンケイスポーツの成岡さんであります。

今回は取材で来ていましたが、北脇のセコンドと言いますか‘作戦参謀’としていろいろ助言をして下さいました。

3~4年前のビーチ相撲で北脇が惨敗した時も北脇の敵を取ってくれた成岡さんですが(10連勝ぐらいして北脇を驚かせてくれましたよ!)今回は参戦せずに見学してらっしゃいました。(本当は相撲を取りたかったように見えましたけど・・・。)

とにかく成岡さん、有難うございました!!

「相撲を取りたかったように見えた」と言えば・・・。

Bitisumou_090

プロボウラーの「須田毅」さんです。

実は北脇は須田プロと加奈子夫人の結婚式の司会をさせて頂いたご縁もあり仲良くさせて頂いておりますので「見るより取った方が面白いですよ!」とけしかけて・・・。

Bitisumou_102

何と相撲を取る事になってしまいました。

これには加奈子夫人も里枝子さんも北脇も驚いてしまいました。

しかも相手は全身バネのようなダンサー風の若者であります。

Bitisumou_101

勝負は3番勝負でお互い1勝1敗、そして取り直しの一番。

最後は須田プロ敗れはしましたが、相撲センスは抜群で、里枝子さんも「だてに相撲を見てないね~。」とお兄さんの相撲っぷりに感心してらっしゃいました。

Bitisumou_108

そんなパパの頑張りを見ていた息子の光翼君もご覧のように大喜び!!

やっぱり相撲は親子の絆も強くしてしまうんでしょうね!

そんな北脇、感動に浸る間もなく・・・。

Bitisumou_110

北桜の小野川親方から‘ご指名’されて勝負をする事に・・・。

まさに「北桜VS北脇」の‘北’対決であります。(まぁ勝負は見えていますが・・・。)

Bitisumou_096

しかしやるからには真剣勝負!

思いっきり頭からぶちかます北脇に小野川親方は右差し狙い!

Bitisumou_116

北脇、浅い位置で右前ミツを引いていますが、小野川親方は全くの余裕。

まさに相手に相撲を取らせるだけ取らせている感じで・・・。

Bitisumou_098

最後は豪快に投げられた北脇。

二番取らせて頂きましたが、親方から「もう一丁!」と言われても立ち上がる事は出来ませんでした。

やっぱり23年間現役を貫いた小野川親方の北桜関は本当に凄い方でしたよ!

Bitisumou_100

いやはや本当に疲れきって暫くは言葉も出ませんでした。

小野川親方から「次は絶対にマワシを持って来てくださいよ!」と言われてまたまた指名されてしまいました。

嬉しいやら不甲斐ないやら・・・。でもやはり有難いですよね!!

有難い!と言えば!!

Bitisumou_109

現役力士の相山さんも初日を明日に控えたお忙しい中、多くの参加者に胸を出して相撲を取って下さいました。

今場所は三段目西16枚目、幕下を狙える地位であります。

是非とも大暴れして頂きたいですね!

天候にも恵まれ、多くの皆様が集まって楽しんだビーチライフinお台場。

そしてビーチ相撲の準備の為に尽力された皆様、本当にお疲れ様でした。そして有難うございました!

今年も大、大盛況!ビーチ相撲 IN お台場 その2

Bitisumou_051

「第7回ビーチライフinお台場」の開会式で北脇、大胆不敵にも拳を突き上げて某大物プロレスラーになりきったつもりが、ご覧のような微妙な空気・・・。

それもそのはずで、皆さま真っ黒に日焼けした本物のアスリートの皆様や超豪華な方々ばかり・・・。殆ど場違いのような北脇だったのに、玉海力関が「今回は‘こっち側’の人間なんだから我々と一緒に盛り上げてね!」と励まされてついつい気合が入ってしまいました。

ステージからお客さんたちを見渡しておりますと何と!

Bitisumou_055

北脇がいつもお世話になっている「萩原里枝子」さん(右の女性、北脇は‘角界のカーネーション’と呼ばせて頂いているファッションデザイナーであります。http://saikaweb.com/←サイトです。)

そしてお姉さん(加奈子さん)のご主人・須田毅さん(プロボウラーですよ!)と・・・。

Bitisumou_056

ご子息の「光翼 こうすけ」君が会場に来て下さいました。(それにしましても可愛らしい寝顔であります。)

そして!

Bitisumou_057

元幕内力士で歌手・俳優の「大至」さんと息子さんも会場にいらっしゃいました。http://www.daishinobuyuki.com/blog.html ←大至さんのブログです。

「ブログ見てるよ~。活躍してるみたいだねぇ~。また落語家さんとコラボやる時は教えてね!」とあたたかいお言葉。(今度、ホープちゃんライブにも出て頂きたいですよね~。ホープ師匠に相談しなければですよ!)

ちなみに息子さんはバレリーナで体は柔軟、体幹がぶれない抜群のセンスのある相撲を見せつけてくれました。

将来が非常に楽しみであります。

子供たちの白熱したビーチ相撲を見せつけられて北脇も逃げきれずに・・・。

Bitisumou_058

現役力士「相山」さんと北脇が激突!(もう相撲は見るだけにしようと思っていたのに・・・。)

Bitisumou_059

思いっきり立ち会いから攻撃を仕掛ける北脇。この日は何十番も相撲を取り続けている相山さんですが・・・。

Bitisumou_060

全く疲れは見えず、腕を返すとジリジリと前に出て北脇を料理しています。

Bitisumou_112

負けじと強烈な左からの‘おっつけ’を見せる北脇。

一見苦しめているようにも見えなくもないですが、次の瞬間北脇の体は弧を描いてビーチに叩きつけられました。(当たり前ですねぇ~。)

ちなみにこの写真は里枝子さんが撮って下さったのですが、やはり相撲ファンでらっしゃいますから決定的シャッターチャンスを逃しませんね!

Bitisumou_065

相山さんと2~3番相撲を取って力を出し尽くした北脇。

玉海力関に「いやぁ~今日はこのぐらいで勘弁してやりますよ!」と‘池野めだか‘ばりに言って逃げようとすると「何言ってんの?北脇さん大人の部にエントリーされてるよ!なぁ小野川親方ァ~!!」と言われて絶望的な気分になってしまった北脇・・・。

こうなったら逃げも隠れもしない!と出場してしまいました。

ちなみに北脇の初戦の相手は・・・。

Bitisumou_067

細身ですが、俊敏な動きの男性。

実はこの方、外国人でらっしゃいまして、北脇の相撲人生の中で初めての外国人。

燃えました!!

Bitisumou_111

かなり苦しみながらも勝利した北脇。

取り組み終わってガッチリ握手をしましたが、実は剣道の達人でらっしゃいました。

取り組み前に聞いていたら動揺して北脇負けていたかも知れませんねぇ・・・。

Bitisumou_071

二回戦は20代前半と思われる若手の柔道経験者。

組むと絶対勝てないので低く攻めましたが・・・。

Bitisumou_072

腕を抱えられてもつれるように両者倒れこみました。

すぐさま「もう一丁!取り直しだ!!」と言って割って入ったのはサンケイスポーツの「成岡利泰」さん。

この日は取材で来てらっしゃったのですが、北脇のセコンドについてくれました。

しかしビデオ判定なら北脇負けていたでしょうねぇ~。(それにしても里枝子さんいい写真を撮ってくれます・・・。)

Bitisumou_074

取り直しの一番。寄り切りでかろうじて勝たせて頂いた北脇でしたが・・・。

Bitisumou_075

もう体力の限界・・・。深々と礼をしますが、もうヘトヘトでした。

Bitisumou_076

そして決勝の相手はいかにもアスリートと思われる精悍な男性。

果たして北脇の運命は・・・。 その3に続きます!(引っ張りますねぇ~。)

今年も大、大盛況!ビーチ相撲 IN お台場 その1

Bitisumou_003

晴れ渡った空!美しい砂浜と海!!

今年も恒例の「ビーチ相撲」がお台場にて行われまして、‘Mr ビーチ相撲’玉海力関でありますビーチ相撲連盟理事長「河辺幸夫」様のお招きで北脇もギターを持って朝から行ってまいりました。(それにしましても‘合成写真’のように美しすぎる景色でありますねぇ・・・。)

今回はビーチ相撲だけではなく!

Bitisumou_004

「ビーチ ヨガ」にも大勢の参加者がいましたし、ビーチバレー・ビーチフラッグ・ビーチサンダル飛ばし、ビーチテニスなどもありましたし、ビーチ空手などと言う競技まで誕生していました。

そのうち‘ビーチ太鼓持ちソング’などというジャンルも生まれるかもしれないと思ってしまいました・・・。(もちろん冗談でありますよ!)

そしてお待ちかねのビーチ相撲には!

Bitisumou_007

参加希望のチビッ子達が列をなしていました。

ちなみに先頭は相撲博士の「菅原尚晋」さんのご子息「晋士 ゆきと」君であります。(二番目はお姉ちゃんの‘ななみ’ちゃんであります。)

たまたま予約していたお客様がキャンセルされて急遽ビーチに現れた菅原博士、気合が入っていましたよ!

Bitisumou_009

玉海力関に思いっきりぶつかってゆく晋士君。なかなか勇ましかったです。

Bitisumou_010

ななみちゃんもご覧のように堂々たる仕切りで玉海力関に挑戦しました。

Bitisumou_012

そして、玉海力関の後には現役力士、北の湖部屋「相山」さんが登場。

チビッ子達も大喜びで飛びついていました。

大喜び!と言えば・・・。

Bitisumou_015

菅原博士も目の色を変えて相山さんに向かって行きました。

実は菅原博士、北脇とは様々な草相撲や相撲イベントなどに参加している、もはや運命共同体でありますが、意外にもビーチ相撲は初参加でした。

固い土俵とは違う砂の感触に少々戸惑いもあったかと思います。

Bitisumou_017

そして、永遠の24歳・北桜関の「小野川親方」様も登場され子供達と触れ合ってらっしゃいました。

そんな子供の列に混じって!

Bitisumou_021

博士も小野川親方にぶつかって行きました。

短距離ランナーのような踏み込みと出足に我々ギャラリーも大喜び!

Bitisumou_022

土俵際投げの打ち合いなど、見せ場も数多くありましたが・・・。

Bitisumou_024

やはり小野川親方は巨大な岩石のように博士の攻撃を受け止めていました。

それにしましても博士の闘志とスタミナには北脇も脱帽してしまいましたよ・・・。

Bitisumou_028

場面変わってチビッ子たちのビーチ相撲トーナメント戦が行われまして、参加者に特製‘ビーチ相撲マワシ’を付けさせている小野川親方。

Bitisumou_029

当然、晋士君もビーチ相撲マワシを付けてスタンバイ!

Bitisumou_038

自分の倍はあろうかと思われる上級生と3位決定戦をした晋士君。

土俵際に何度も相手の攻めを凌いでギャラリーを沸かせてくれた晋士君でした。

Bitisumou_040

午前中の部に優勝した選手はスポーツマンで勝負勘も良く中々の男の子でした。

きっと小野川親方も「是非、うちの部屋に将来!」と思われたかも知れませんが・・・。

Bitisumou_041

晋士君とななみちゃんを抱きかかえながら「将来は晋士君を預けて下さい!」と博士に直談判してらっしゃった小野川親方。

私も是非とも晋士君の大相撲入りを熱望しておりますよ!

そんな訳で!!

Bitisumou_046

親子三人大活躍した姿を見て元気をもらった北脇。

本当にお疲れ様でした!!

午後の部では北脇もビーチ相撲に・・・。

さぁどうなりましたでしょうか!? その2に続きます。

2012年5月 4日 (金)

ゴールデンウィークもホープ師匠!!

Udon_003

連日の大雨で外出も出来なかったゴールデンウィークでしたが、雨の止み間に久し振りに師匠にお会いして立ち食いウドンを食べながら近況を報告しました。(ちなみに、ここのウドンはなかなかの美味でありました。)

やはり話題の中心はゴールデンウィーク前半の北脇の活動報告でしたが、両国にぎわい祭りなどで楽しませては頂いたものの、ホープちゃんライブに向けての決定的なネタを探す事が出来ず、早々にウドンを食べて打ち合わせ。

Udon_001

困った時の「西田ぼん」と言う事で、師匠が電話をしているのはお弟子さんのぼん様であります。

今は東京を離れて某所にいらっしゃるぼん様。

浮世離れした生活をおくるぼん様のお話しを聞くだけで刺激を受けて楽しくなってしまいました。(世間の大部分の皆様はぼん様をいろいろおっしゃいますが、やはり凄い人物でらっしゃいますね・・・。)

Udon_002

「ぼんちゃん、早く東京に帰って来てね!27日のライブ予定空けておいてよ。ぼんちゃんにも出てもらうんだから!」と師匠ご機嫌のお顔。

ホープ師匠とぼん様の電話のやり取りを見ていて癒された北脇。

ちなみに北脇は明日、5日の朝からお台場のビーチで行われる「ビーチ相撲」の会場に行って「力士ソング」を熱唱してまいります。(調子に乗って相撲を取ってグダグダにならないようにしないとですよ・・・。)

2012年5月 3日 (木)

平均年齢46.5歳「ザ・北乃脇バンド」猛練習・・・!?

004

それぞれにポーズを決めている男4人ですが、スタジオ練習を終えた「ザ・北乃脇バンド」であります。

連休の谷間、忙しい時間を縫って集まって頂いたメンバーの皆様(トランペット・大林さん、ドラム・トミーさん、ベース・佐々木さん)。

5月27日のホープちゃんライブに向けての曲目を猛練習した訳ですが、本来ならば作詞・作曲し、バンマスとしての立ち位地である北脇が堂々と仕切らないといけないのに、皆様に頼りっぱなし・・・。

と言いますのも皆様それぞれに超~っ大物演歌歌手やビッグアーティストのバックで演奏をしていた‘スゴ腕’の持ち主でありますから、北脇も勉強にはなりますが、練習中は勿論の事、終わってからも緊張が持続して毎回クタクタになってしまいます。

にもかかわらず、皆様「‘俺について来い!’って自信持って!!」とか「一緒に頑張って行きましょう!」とか「俺らに任せていい歌を作って!」などなど北脇を褒めちぎって励まして下さいます。(ハッキリ言って北脇は褒められると簡単に人を信じ込んで‘ソノ気’になってしまいます・・・。)

先日、ホープ師匠やバンドの皆様と飲み会をした時、師匠が「俺たち20年前に出会っていたら天下取る為に頑張ってただろうね!」とおっしゃっていましたが、20年前だったら北脇は20歳前のガキ・・・。

ホープ師匠はもとより、バンドの皆様も口も利いてくれなかったと思います。(皆様の過去の武勇伝を聞くと北脇は近付く事も出来なかったですよ・・・。)

そんな平均年齢46.5歳(あと、サックスとピアノのお二人が入るともう少~し若くなると思いますが・・・。)のザ・北乃脇バンド。

ホープ師匠の指示の元、ホープちゃんライブで名曲の数々をご披露しますよ~っ!!

(ライブ情報はコチラです。→http://www.loft-prj.co.jp/PLUSONE/schedule/lpo.cgi )

Dsc_0673_2

使い慣れないエレキギターと必死に格闘する北脇。

ライブまでには何とかカッコ良く使いこなしたいですね~!!

2012年5月 1日 (火)

「ホープちゃんライブVOL6」に向けて大宴会!

430_006

ゴールデンウィーク真っ只中、ホープ師匠の呼びかけで「ホープちゃんライブVOL6」に向けましての打ち合わせと称した大宴会が歌舞伎町の「クラブ中越」のお店で行われまして、ご覧のように‘男ばかり’が集結しました。(完全に男子校の部室のような感じでしたよ・・・。)

左から、ホープ師匠のお弟子さんの「コント青年団・青木イサムさん」、イラストレーター「メソポ田宮文明さん」、「ホープ師匠」、トランペット「大林裕明さん」、ベース「佐々木靖夫さん」、ドラム「前田トミーさん」であります。

430_004

「今回のライブもみんなの協力が必要だ!男同志の結束は固い!!女に俺たちの何が分かる?冗談じゃないよ。なぁみんな!そうだろう?」と熱弁するホープ師匠。

皆さん全員師匠の言葉にコントロールされていますが・・・。

430_010

途中から参加した女の子達が(左端・まさこさん、右端・アスカさん、師匠の隣はライブを終えて駆けつけてきてくれたサックス・宮崎さん)現われると急に華やかになりまして・・・。

430_009

非常に盛り上ってしまいました。

やっぱり女性の力は素晴らしいですねぇ~。

師匠もテンションが上がりまして・・・。

430_008

こんな事になってしまいました・・・。

ちなみに、まさこさんが持っているのは師匠が作った‘特製カクテル’であります。

「美味しい~っ!こんなカクテル飲んだことないです!何が入ってるんですか?」と聞かれると「ん?ボクちゃんの‘いろんなモノ’が入ってるの!!」とホープ師匠。

さっきまで「女に何がわかる!」と我々に言っていたホープ師匠の事が分からなくなってしまいました・・・。

そんな中、全くペースを乱さないのが・・・。

430_012

ベースの佐々木さん。フォークギターを持つと、専属の‘クラブの弾き語り’のような雰囲気でムードを作ってくれました。(北脇も佐々木さんにギターを習おうかと思いましたよ・・・。)

そんな中、大きくペースを乱してしまったのが・・・。

430_011

ドラムのトミーさんです。

完全に酔いつぶれて北脇も大喜び!

ちなみに北脇は今でこそ酒は辞めていますが、その昔は呑むと酒癖が悪く手が付けられませんでした。

だから酔いつぶれて寝ている人を見ると昔の自分を見ているようで何か‘優越感’のようなものがわいて来ます。

ホープちゃんライブVOL6まで一ヶ月弱。

頑張りますよ~っ!!(詳細は→http://www.loft-prj.co.jp/PLUSONE/schedule/lpo.cgi 5月27日(日)昼1時から新宿ロフトプラスワンにて行います。)

« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »