« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »

2012年1月

2012年1月31日 (火)

北脇「能登づくし」の一日 その2

北脇「能登づくし」の一日 その2
北脇「能登づくし」の一日 その2
北脇「能登づくし」の一日 その2
北脇「能登づくし」の一日 その2
北脇「能登づくし」の一日 その2
能登空港から北脇が向った先は、大相撲甚句の番組スポンサーであります七尾自動車学校の森山外志夫社長様が会長を務めてらっしゃる(株)御祓川のお店「いしり亭」であります。
お店には会長のご子息で頼もしい右腕の「明能」様もいらっしゃいました。
そして、お昼をご馳走になりながら近況をお話ししました。(写真のウドンは能登産のナマコが練り込まれていて、腰と歯ごたえ、弾力がありました。そしてご飯は会長が朝、薪で炊いて下さったものです。甘み粘り香りがあって最高でしたよ!)
そして、釜戸には大鍋がありますが、先日埼玉県で行われた「ご当地鍋コンテスト」の全国大会で使われたもので、何と43チームの中で「能登鍋」が堂々の5位入賞。
初参加ながら大健闘されました。(当然、地元新聞も取材に来てましたよ。)
そんな(株)御祓川の二階事務所から甘い香り…。
見れば美女お二人が能登産の「干し芋」と「干し柿」に(昨日は能登の牡蛎を楽しみましたねぇ〜)チョコレートのコーティングをしてバレンタインに向けての出荷作業をしてらっしゃいました。(県内の百貨店などにも並ぶそうです。)
次々新しいアイディアと新しい人材が現われる(株)御祓川。
お腹も知識も満たされた北脇でした。
次はいつ能登に帰って来れるでしょうかね!

北脇「能登づくし」の一日 その1

北脇「能登づくし」の一日 その1
北脇「能登づくし」の一日 その1
記録的な豪雪の日本海側ですが、能登も当然大雪であります。
ご覧のように能登空港前も雪に覆われました。
そんな中、立ち寄りました能登空港には阿武松部屋の幕下力士で能登町出身の「能登桜」さんがいらっしゃいましたので写真を取らせて頂きました。
石川県能登出身の栃乃洋関が引退して石川県出身関取が不在となってしまった今、能登桜さんには大いに盛り上げて頂きたいと強く思わされました。(勿論、毎日厳しい阿武松部屋で稽古を重ねてらっしゃる事と存じますが…。)
能登桜さんの姿に北脇も勇気と力を頂いて次なる場所に移動しました。(その2に続きます)

2012年1月30日 (月)

今年も「かき祭り」を満喫…!? その2

今年も「かき祭り」を満喫…!? その2
今年も「かき祭り」を満喫…!? その2
今年も「かき祭り」を満喫…!? その2
今年も「かき祭り」を満喫…!? その2
ステージ上の北脇を盛り上げて下さったのは、地元石川県出身のお笑いコンビ「ブンブンボール」さんと地元では超〜っ有名人の女子アナ「ひらみ」さん。
石川県のローカルネタで盛り上がってしまいました。
そんなローカルネタの中心はやはり「相撲話」であります。
丁度、28日に国技館で行われました「岩木山関断髪式」ネタに食いついていたのは黄色いパーカーを着た「穴水相撲教室」の少年達。(デジカメの中の引退相撲のデータを見て楽しんでおりました。)
そして北脇もつきたての餅を食べてお腹も心も満たされた「雪中ジャンボかき祭り」でした。
穴水町や近隣の皆様、今年も本当に有り難うございました。

尚、今週の大相撲甚句ポッドキャスト配信は30日の夕方以降となります。
宜しくお願い申上げます。

今年も「かき祭り」を満喫…!?

今年も「かき祭り」を満喫…!?
今年も「かき祭り」を満喫…!?
今年も「かき祭り」を満喫…!?
今年も「かき祭り」を満喫…!?
降りしきる雪の中、着物姿で歌う北脇ですが、地元石川県穴水町で毎年恒例行事となっております「雪中ジャンボかき祭り」にお招き頂きまして歌ってまいりました。
今年は28、29日の両日で約四万人以上の人達が祭りに訪れました。(ちなみに穴水町の人口は一万人ぐらいです。)
そんな中、地元石川県能登出身力士「大翔山の歌」「栃乃洋の歌」「輪島の歌」を披露した北脇。
ステージの後は名物の焼きがきを死ね程食べた北脇でした。

2012年1月28日 (土)

有難う!お疲れ様!名力士、岩木山関!!

Dscf9007

国技館土俵の上で正装して座ってらっしゃるのは元小結・岩木山関の関ノ戸親方様であります。

11年間の現役を終えて、1年4ヶ月間、髷をつけていた関ノ戸親方様も1月28日、遂に断髪式を迎える事になりました。

そして、大勢のファンやお客様に見守られながら無事に断髪式を終えられた関ノ戸親方様。

是非その名シーンをご覧下さい!

Dscf8920

国技館エントランスには岩木山関の明け荷。

そして関取の象徴であります・・・。

Dscf8922

化粧まわしが展示されていました。

説明不要ですが、岩木山関の地元青森の「岩木山」を刺繍した化粧まわしであります。

Dscf8924

母校「青森大学」からの化粧まわし。

Dscf8925

後援会様からの化粧まわし。カッコイイですね!

Dscf8926

そして名門「弘前実業高校」からの化粧まわしもありました。

そして、今回北脇と一緒に見させて頂いたのは・・・。

Dscf8929

お馴染み!相撲博士「菅原尚晋」様。(いい笑顔ですねぇ~。)

Dscf8930

手にはお土産の「マグカップ」

何と気前良く北脇にプレゼントしてくれた菅原博士。嬉しいですねぇ~。

Dscf8934

そして、三鷹相撲クラブ代表「和田光広」様。

毎回多くの相撲関連の皆様を番組にご紹介下さる北脇の頼もしいブレーンであります。

そんな和田代表が手に持ってらっしゃるのは‘特製・岩木山ハンドタオル’です。

「いろんな人に‘岩木山っぽいですね・・・。’って言われるんですよ。」と和田代表。(確かに似てらっしゃいますねぇ・・・。)

Dscf8931

そして、北乃脇バンドのドラムスで大相撲ファンの「舛田真」様。

国技館名物の焼き鳥を食べてこの笑顔!

そして土俵では微笑ましい光景・・・。

Dscf8948

岩木山関とご子息「けんしん」君との親子対決!

場内も歓声と拍手!!

Dscf8952

そして見事、けんしん君の押し出しで勝利!!

その光景に北脇の涙腺もゆるんでしまいました・・・。

Dscf8962

客席には大きな「ありがとう岩木山」の幕!

いよいよ断髪式が始まり、大勢の方々が鋏を入れられました。

Dscf8963

そんな中、角界入りの橋渡しをして下さった恩人「舞の海」様が現われると場内が沸きました。

そして‘あいうえお ’順で舞の海様の後に現われたこの人物・・・。

Dscf8966

三波伸介師匠登場~っ!!

北脇の周囲のお客様は「えっ!三波伸介って生きてたの・・・?」と言う声があちこちから聞こえてまいりましたが、「ミナミシンスケ~ッ!!」と絶叫した北脇でした。

Dscf8969

そして鋏を入れられた三波師匠。

その後も、演歌界の大御所や球界の大御所などなど大勢の有名著名人が鋏を入れられました。

そして角界からは・・・。

Dscf8973

弘実時代の後輩「高見盛」関が鋏を入れました。

Dscf8984

そして同部屋で弟弟子の「豪栄道」関。

最後には勿論・・・。

Dscf8992

師匠であります「境川親方」様が止め鋏を入れられて・・・。

Dscf8994

髷が切られて会場は割れんばかりの「イワキヤマ~ッ!」の大歓声と拍手が鳴り響きました。

Dscf8998

四方に深々とお辞儀をする境川親方様と関ノ戸親方様。

Dscf9015

けんしん君とまりこ夫人から大きな花束を受ける関ノ戸親方様

Dscf9014

岩木山関、本当に有難うございました!そしてお疲れ様でした!!

しばしのお別れ、ホープ師匠と徹底サウナ・・・!

Dscf8917

お馴染み、サウナの食堂で一杯のモヤシラーメンをシェアするホープ師匠と北脇であります。

微笑ましくも見えるショットじゃあ~りませんか!!

Dscf8918

これが師匠が分けて下さったラーメンですが、当然北脇の食欲は満たされず、別に定食を頼んで腹いっぱい食べて「師匠、実は明日国技館で岩木山関の断髪式を見た後、その足で石川県に帰るんです・・・。」と北脇。

「何だよ!寂しくなるじゃないか・・・。いつ帰るんだよ・・・。」と師匠。

Dscf8913

「今、石川県は雪がひどいだろ?いつ東京に戻るんだよ?事故に遭っても知らないぞ・・・。」と脅しながらも目の前のイチゴを食べながら・・・。

Dscf8914_2

「君に万が一の事があっても盛大に‘追悼ライブ’をやってやるから安心してイチゴを食べろよ!まぁ俺も明日死んでるかも知れないけど・・・。」と笑えない話をしながら次なるコントを師匠と考えていた北脇でした。

ちなみに北脇の追悼ライブをやる時は「河村隆一」さんに北脇の歌を歌って頂くように師匠に頼んでみました。

かなり無謀であつかましい北脇の願いではありますが・・・。

Dscf6414a

ホープ師匠は以前、河村隆一さんにライブの出演交渉をしたことがありました。(しかし周りのスタッフさんに止められましたけど・・・。)

とにかく北脇が東京を離れている間に師匠の周りで新たに何か進展があれば楽しいですねぇ~っ!!

そんな訳で北脇、気をつけて能登に帰ってまいります!(追悼ライブはまだ早すぎますよねぇ・・・。)

2012年1月25日 (水)

今年の大相撲甚句も‘三波伸介’節炸裂~っ!!

Dscf8892

この4ショット、すっかりお馴染みになってしまいましたが、二代目三波伸介師匠の事務所「萬天舘」で大相撲甚句の収録をさせて頂きました。(説明不要とは思いますが、一番右の女性は三波師匠の奥様で萬天舘代表のちぇこ様、中央の男性は相撲博士で整体師の菅原尚晋様であります。)

昨年も三波師匠には随分番組にご出演ご協力頂きましたが、今年も大いに大相撲を語って頂きました。

ご覧のように今回は北脇、着物ではなく普段着でお邪魔しております。

と言いますのも、今場所はホープちゃんライブの稽古や打ち合わせで相撲をジックリ見る事が出来ず、番組は三波師匠と菅原博士にトークを丸投げしております。

ちなみに、三波師匠が手に持ってらっしゃるのは菅原博士がお土産に持ってきて下さった「輪湖時代」の相撲雑誌であります。

Dscf8894

まるで学者と博士が研究資料を見て討論しているようにも見えますが、番組の内容は「輪湖時代」の話題には一切触れておりません!(ややこしいですねぇ・・・。)

とは言いながら、息もピッタリのお二人は・・・。

Dscf8890

「りくろーおじさん」のチーズケーキを仲良く食べながら熱~く相撲談義を重ねていました。

Dscf8891

ちなみにこのケーキは菅原博士がお土産で持ってきて下さいました。

大阪に住んでいた頃、北脇も食べた事がありましたが、約20年ぶりの味に感激してしまいました・・・。

大阪と言えば、3月は大阪場所ですので見どころもタップリ語り合いましたよ!

三波師匠・ちぇこ社長・菅原博士ご出演の大相撲甚句は2月5、12日の日曜深夜12時放送予定です。

どうぞお楽しみに!!http://842fm.west-tokyo.co.jp/ ←パソコンからもお聴き頂けますし、http://www.voiceblog.jp/kitawaki-takashi/ ←ポッドキャストからも配信しております。

Dscf8895

あと、菅原博士と北脇宅に本日届いておりました「どすこい酒場 龍馬」のハガキです。

以前、番組にもご出演下さいました「玉龍馬」様がこの程お店を出されるようで、菅原博士が早速番組で宣伝させて頂きました。(流石ですねぇ~っ!!)

近いうちに是非とも収録にお邪魔しないとですよ!楽しみですね!!

‘ぼんちゃん’次なる計画は・・・!?

Dscf8889

ホープ師匠の肩口で不敵な笑みを浮かべているのは師匠のお弟子さんで映画プロデューサー「西田ぼん」さまであります。

先日のホープちゃんライブでも舞台で大活躍してホープ師匠と息の合った芸をご披露下さったぼん様でありました。

この日は映画評論家・荻昌弘氏のご子息であり、ぼん様とは映画関係の仕事仲間の荻先生と都庁で打ち合わせをしてらっしゃったのに無理矢理呼び出したホープ師匠。

Dscf8886

「映画の仕事なんか辞めて芸人に戻れ!」と説得するホープ師匠。

ぼん様の芸に中毒のようにハマッている北脇も師匠に同感。とにかく面白いんです!

Dscf8888

ぼん様の事をいろいろ言う芸人・映画関係の方々は大勢いますが、この笑顔にいつも取り込まれて許されてしまうんです。(これこそ才能・芸ですねぇ・・・。)

「師匠!あのライブを被災地の皆様に観てもらおう!!俺が何とかするよ。」と意気込むぼん様。

「ぼんちゃんの言う事は10分の1ぐらいに聞いておかないと・・・。」とおっしゃるホープ師匠。

しかしこれまでライブ会場の新宿ロフトのセッティングや師匠の映画出演、大阪のストリップ劇場出演などなど、ぼん様の尽力で前進した仕事は数々あります。(今回のライブでも大活躍でしたし!)

そんな訳で、ぼん様の計画に是非とも期待したいですが、どうなりますでしょうか・・・!?

2012年1月24日 (火)

ホープ師匠、サウナ生活に戻る・・・!?

Dscf8884

お馴染み、サウナの食堂でのシーンでありますが、ホープちゃんライブで気力・体力・資金力を使い果たしたホープ師匠。(後のお客様の視線がチョッと怖いですねぇ・・・。)

やはり心なしかションボリしたお顔であります。

毎回ライブの後は4~5日間ぐらいは誰とも会わず、電話も出ないのがホープ師匠なのでありますが、実はライブ翌日は真面目にお仕事をしていました。

Dscf8876

俳優や映画などの専門学校「東放学園」の学生さん達が撮る映像に‘役者兼講師’として参加したホープ師匠。(師匠のお隣の女性と男性は共演された俳優さんでありますが、このメガネと赤いセーター。怪しすぎますねぇ・・・。)

Dscf8878

撮影する学生さん達に「偉いね!頑張ってるね!君達が監督になったら俺を使ってほしいけど生きてるかなぁ~。」と言いながら学生さん達の緊張をほぐしてらしたホープ師匠でした。(微笑ましいシーンでしたので思わずシャッターを押してしまいました。)

約半日間のお仕事で得たお金もライブの資金援助して下さった方々に返済した師匠。

当然、ガックリしてしまいますが・・・。

Dscf8883

「いいじゃないか!また面白いネタを考えよう。一緒に付き合ってくれよな!」と言いながら漫画を読みふけるホープ師匠。

ホープ師匠と約一年ご一緒させて頂いておりますが、神経質で、か細かった北脇も図太く大胆になった気がしております。(師匠はいつも‘大胆且つ繊細に!’と口癖のように北脇におっしゃいます。)

と言いながら心の中は・・・。

Dscf8880

スポーツ新聞を読みながら、大器「佐久間山」さんの活躍が気になって(思えばプロ入り前に大相撲甚句にご出演下さったんですよねぇ~。)「今場所全勝だったら最速で十両入りだったけど、8人の決定戦も面白かった~。」と喜んだり・・・。

Dscf8879

石川県出身力士の「栃乃洋」関が引退してショックを受けたりと、やはり北脇にとりまして相撲は生命線なのであります。(これまで‘竹縄親方’だった‘燁司’関は協会を退職されるそうですが、今後が気になります・・・。)

栃乃洋関、お疲れ様でした!(いつか番組にもご出演頂きたいです。)

2012年1月23日 (月)

「ホープちゃんライブVOL5」無事終了~っ!! その2

多くの皆々様のご協力でホープちゃんライブVOL5を無事に終える事が出来ました。

その後半の様子をご覧下さいませ!!

Dscf8838

後半一発目は「北乃脇バンド」の曲からスタート。(ステージ中央にはギターを持った北脇、左にはトランペットの大林様、右にはサックスの宮崎様。写真には写っていませんが、更に右側にはドラムの前田様、ベースの佐々木様がいます。)

「般若心経の歌」と「遺言状のブルース」を披露しました。

迫力のバンドサウンドの後に現われたのは・・・。

Dscf8842

羽振りが良くて売れっ子だった頃のホープ師匠にご祝儀をたかる芸人役「柳家紫文」様が登場!

皮肉ネタやお色気ネタの「都々逸」をご披露下さいました。

ライブハウスがお座敷か屋形船のような空気になり高級感タップリでしたよ!

Dscf8847

そして中村ゆうじ様の哀愁が漂いながらも過激で面白いパントマイムが登場して・・・。

Dscf8851

モロ師岡様の一人芸「校長先生」ネタを約10分間ご披露下さいました。

本当に実在するのではないかと思ってしまうようなリアルで馬鹿馬鹿しい校長先生を演じとおしたモロ様。

面白さを突き抜けて感激してしまいました。

Dscf8854

モロ校長先生の元に、教頭先生役のホープ師匠と不良生徒役の十勝花子様が現われて更に過激コントが始まり最高潮に盛り上ったホープちゃんライブ。

フィナーレはもちろん!

Dscf8863_2

ホープ師匠と北脇が二人で「ホープのバラード」を歌って、更に・・・。

Dscf8865

北乃脇バンドの皆様の演奏が加わってアップテンポになって・・・。

Dscf8871

「ホープのロック ~ジタバタすのが人生~」を出演者全員で熱唱しました。

こうしてホープちゃんライブVOL5も大成功のうちに終える事が出来ました。

皆様、本当に有難うございました~っ!!

2012年1月22日 (日)

「ホープちゃんライブVOL5」無事に終了~っ!! その1

Dscf8870

お馴染みになりつつあるシーンでありますが、ホープちゃんライブのフィナーレであります。

ブログでも再三に渡りまして告知をさせて頂きましたが、1月21日(土)無事に新宿ロフトプラスワンでホープちゃんライブVOL5を終える事が出来ました。

お足元の悪い中にもかかわらず、この度も大勢の皆様にご来場頂きまして笑いに包まれながら出演者の皆様も十八番ネタ、初挑戦ネタをご披露下さいました。

と言う訳で、今回のハイライトシーンをご覧ください!

Dscf8783

破滅的な芸人人生を送ってホームレスになったホープ師匠の元へ消息不明だった三人娘達と運命的再会(あまりに無理矢理的に・・・。)をしたリアリティーコントをオープニングで披露しました。

Dscf8788

座りながら気だるく「ストリッパーの歌」を歌ってくれた「あすか」ちゃん。

普段はバンドのボーカリストとして活動しているあすかちゃんですが、この日は際どい衣装でストリッパー役で登場!(ちなみに‘ストリッパーの歌’は北脇が大阪のストリップ劇場での体験を元に作らせて頂いたものであります。あすかちゃんに楽曲提供できて北脇も感無量でした・・・。)

そして舞台中央の‘三輪明○’風の人物は「中村ゆうじ」様。

あすかちゃんの歌に合わせて最後の一枚まで脱いでしまった中村様。当然大爆笑でしたが、凄すぎます・・・。

Dscf8814

ストリッパー「アンジェラ花子」のヒモ役で登場した「メソポ田宮文明」様。

あまりにハマリ役で爆笑してしまいました。(アンジェラ花子はもちろん十勝花子様であります。)

Dscf8815

絶対お目にかかることの出来ないスリーショットの男性三人は左から「モロ師岡」様、「西田ぼん」様、「中村ゆうじ」様。

このお三方は昔、ストリップ劇場でコメディアンとして舞台に上がってらっしゃいましたが、その当時の嘘のような実話のようなコントをご披露下さいました。

三人の息もピッタリ!腹の底から笑わせて頂きました。

Dscf8827

そしてホームレス生活をするホープ師匠の元に数十年ぶりに現われた「栃桜親方」様。

昔を回想しながら「ホープもう一度死ぬ気で頑張れ!」と親方に励まされて・・・。

Dscf8830

「相撲甚句」を熱唱して下さった栃桜親方様。

お客様からは割れんばかりの拍手と「ハァ~ドスコイ!ドスコイ!!」の掛け声。

これにて中入り!(後半はその2にてご紹介します。)

2012年1月21日 (土)

ホープちゃんライブ前夜に北脇ジタバタ・・・!?

Dscf8781

大相撲初場所、大関把瑠都関が初優勝で盛り上っている頃、ホープちゃんライブの稽古を終えた皆様をお見送りしてメソポ田宮さんと北脇は居残りで「事務計算」や「進行表作成」などをしておりました。

「お互い力を合わせて頑張りましょうね!どんな事があっても二人の友情は壊れませんね!」と慰めあいながら仕事をしている時に一本の電話・・・。

「何してるんだよ!待ってるから来いよ!!」とホープ師匠からの電話で北脇が向かった先は・・・。

Dscf8782

ご存知「サウナ」であります!

「ゴメンなさい!師匠からのお呼びですからメソポ田宮さん、後は頼みます!」と言って仕事を押し付けてサウナで汗を流す北脇。

完全にメソポ田宮さんとの友情は崩壊・・・!?

ホープちゃんライブ前夜に北脇、ジタバタしておりますが、果たして皆様の足を引っ張る事なく無事に仕事が出来ますでしょうかねぇ・・・。

と言いながら一人でも多くの皆様のご来場を心よりお待ちしておりますよ~っ!!

新宿ロフトプラスワン「ホープちゃんライブVOL5」のお問い合わせは→http://www.loft-prj.co.jp/PLUSONE/ です。

2012年1月19日 (木)

‘これぞ昭和!’ホープちゃんライブVOL5の青写真見えた・・・!?

Moronakamura_001

一見、何の集まりか理解出来ないかも知れませんが、連日ご紹介しております「ホープちゃんライブ VOL5」の稽古のひとコマであります。(クラブ中越の店内での稽古なので、どう見ても飲み会のようではありますが・・・。)

写真を注目頂ければお分かりですが、ホープちゃんライブにはお馴染みの「中村ゆうじ」様(右から3人目の赤い服の男性)と「モロ師岡」様(一番左にいらっしゃる男性)も稽古に参加して下さいまして、ほぼライブの骨組みが出来て青写真が見えてまいりました。

中村様もモロ様もホープ師匠とその昔、ストリップ劇場の幕間コントで修行された、言わば「同じ釜の飯を食べた戦友」でらっしゃいますから、息もピッタリ。

当時を懐古しながらリアリティーがあって切なく、それでいて馬鹿馬鹿しいコントが次々と搾り出されました。(十勝花子様がまた面白いんです・・・。)

いつも稽古の時は近寄りがたい程ピリピリした空気を出してらっしゃるホープ師匠も、この日は笑顔で中村様、モロ様と活き活きした笑顔で稽古に打ち込んでらっしゃいました。

そして、笑顔と言えば・・・。

Moronakamura_003

稽古が終わって「モロ師岡ライブ」をご覧のように笑顔で楽しませて頂きました。(メソポ田宮さんも大喜びですねぇ~。)

Moronakamura_004

モロ様が真剣に歌を歌えば歌うほど爆笑してしまいました。(お隣のあすかちゃんも笑いをこらえるのに必死であります・・・。)

そんなモロ様に・・・。

Moronakamura_005

「北脇君の歌はイイ!今度一緒に何かやりましょうよ!!」と言われて「良かったなぁ~。北脇は才能あるだろ?俺の目に狂いは無かった!モロ、俺は嬉しいよ!」と喜びをあらわにして下さったホープ師匠。

嬉しさを通り越して申し訳ない気持ちになってしまった北脇でありました・・・。(その割には偉そうな顔をしてますけどね・・・。)

2012年1月18日 (水)

稽古の後は‘おつカレー’・・・!?

Dscf8774

超~っベタなタイトルで申し訳ありませんが、ホープ師匠、メソポ田宮さん、北脇のスリーショット。目の前にはココ○チのカレーライスであります。

昨日もライブに向けましての猛稽古をして、力を出し尽くしたホープ師匠と女優の皆様方・・・。

いろいろなコントを作っては試して「これならば!」と言う確かな手ごたえを感じて胸を撫で下ろしたホープ師匠と我々男性陣。

カレーを食べながら明日への英気をやしなっております。

メソポ田宮さんと北脇はどのような役でコントに出る事になるのでしょうか・・・。

楽しみでありますねぇ~。

Vol5saisyu

1月21日(土)午後1時から「新宿ロフトプラスワン」で行われます「ホープちゃんライブ VOL5」是非ともお持ちしておりますよ~っ!!http://www.loft-prj.co.jp/PLUSONE/ ←お問い合わせはコチラです。

2012年1月17日 (火)

ホープちゃんライブに向けて稽古開始~っ!!

Dscf8769

いよいよ「ホープちゃんライブVOL5」まで一週間をきってしまいましたが、出演者が集合して打ち合わせと稽古を始めさせて頂きました。

「えっ!そんなギリギリで大丈夫なの?」と思われるかも知れませんが、ホープ師匠の頭の中には既にライブに向けてのネタがギッシリつまっているのであります。(多分・・・。)

これまでも1週間で完璧に舞台に立ってコントを披露しておりましたので、全く問題は無いのであります。(以前は‘一週間で出来るの?’と連日心配したものでしたけど・・・。)

それに、あまり時間をかけて打ち合わせや稽古を重ねてもかえって面白くなくなってしまうんです。(その昔、ドリフターズは8時だよ全員集合の前半のコントを1日半で仕上げて大爆笑をとっていましたし。)

それにしましても、ホープ師匠の周りには十勝花子さんはじめ、女性だらけ・・・。

これまで経験した事のない空気に終始デレデレしていたのは、この人物・・・。

Dscf8771

イラストレーター「メソポ田宮文明」さんであります。

ライブチラシのイラスト、当日までの雑務、時には舞台でコメディアンとして登場したりとマルチな才能を発揮して師匠からも絶大な信頼を寄せています。(勿論、北脇も!)

本日(17日)は更に大勢の出演者が集まりますので、メソポ田宮さんもテンションが上がりっぱなしでしょうね~。(それにしても、この顔イイ味出してますねぇ~・・・。)

2012年1月16日 (月)

北脇、三波伸介一門に預かり弟子志望・・・!?

Dscf8757

お馴染み、二代目三波伸介師匠とポーズをとっている北脇でありますが、川口市にあります「湯の郷 スパヌサ・ドゥア」のステージに「三波伸介一座」の一員として出させて頂きました。

昨年より大相撲甚句の番組にご出演下さったり、相撲観戦したり、お仕事にお招き頂きましたりと、三波師匠には大変お世話になっている北脇。

何の緊張も無く‘ファン目線’で三波師匠の隣で楽しみながらステージに立たせて頂きました。(入念な稽古もせず、ラジオの収録の時のようにザッとした打ち合わせで30分2ステージをさせて頂きました。)

当然、ステージのネタは九割がた大相撲ではありますが・・・。

Dscf8750

一回目の舞台が終わって三波師匠が険しい表情をしておりますが、決してネタが受けなかった訳ではありません。

三波師匠の視線の先の・・・。

Dscf8752

ワンセグでの大相撲中継で贔屓力士が敗れたからであります。(当然ですね!)

結びの一番までシッカリ相撲を見た後、二度目のステージに立たせて頂いた三波師匠と北脇(高安関、横綱相手に立派な相撲を取って沸かせて下さいましたね!)の様子をチョッとご紹介!

Dscf8766

「三波伸介一座と言いながら座長の私が浴衣でこちらは黒紋付。どっちが座長か分かりゃしないですね~。」とお客さんに言う三波師匠ですが、三波師匠が着てらっしゃる浴衣は横綱白鵬関が63連勝達成した時の記念の反物で仕立てた‘お宝’であります。(この日も花道で横綱が同じ浴衣を着てらっしゃいましたよ!)

三波師匠十八番の「呼び出の声帯模写」「行司の声帯模写」「フランク永井のモノマネ」「玉置宏モノマネ」「水原弘モノマネ」などなど七色の声でお客様は大爆笑でした。

芸達者な三波伸介一門にホープ一門から‘預かり弟子’のように行き来して芸を学んだ北脇。

そして当然ですが・・・。

Dscf8768

「高見盛の歌」「琴奨菊の歌」「輪島大士の歌」「寶智山ルンバ」などの力士ソングを熱唱した北脇でした。(三波師匠から‘寶智山ルンバは歌って下さいね!’とのご要望でしたのでねぇ~。)

汗をかいて目一杯のステージを終えた後は・・・。

Dscf8754_2

大浴場の温泉とサウナを楽しませて頂きました。(三波師匠と北脇、手を取り合っていますが、当然そのような関係ではありませんよ・・・。)

今回も三波師匠、ちぇこ社長、有難うございました~っ!!

2012年1月15日 (日)

北脇、ステージングレッスンに泣く・・・!?

Dscf8746

いよいよ1週間後となった「ホープちゃんライブ VOL5」

この日も北乃脇バンドの皆様とスタジオで楽曲の猛稽古をしました。

皆様、それぞれに長年様々なバンドでご活躍していた実力者ですから、ホープちゃんライブでも毎回ご好評頂いておりますし、北脇も最高の気分で歌わせて頂いております。

しかし「北脇さんステージングが地味だね・・・。」「カッコよくギターを振って」とか「最後のキメをしっかりして!」と言われて、そのうち「それじゃコミックバンドだ!ウケる~!!」と言われて北脇‘ドツボ’にはまって動けなくなってしまいました。(丁度、スキップの出来ない幼稚園児のようなギクシャクした動きであります・・・。)

「曲や歌はいいのに何でそんなギクシャクするんだろうね・・・。」と意見が飛びかう中、独り悩む北脇。(言い訳がましいですが、これまで一人の活動が長かったので自分勝手に歌って終わってましたからねぇ・・・。)

当日は何とかカッコよく決めたいですね~っ!!

Dscf8748

スタジオの後はお決まりの飲み会であります。

メンバーの皆様は普段の会話も非常に面白いんです。

ホープ師匠も超~っお気に入りでありますよ!!

そんな訳で!

Vol5saisyu

ホープちゃんライブVOL5を宜しくお願い申し上げます!!http://www.loft-prj.co.jp/PLUSONE/ ←新宿ロフトプラスワンのサイトからも受け付けております。

2012年1月14日 (土)

今場所、初観戦!両国国技館~っ!!

Dscf8725

幕内力士の土俵入り。国技館の二階席から撮ったものでありますが、昨日13日(金)大相撲初場所6日目を国技館にて観戦してまいりました。

今場所はいろいろ予定があって国技館に行けないと思っておりましたが、思いがけず行ける事となりまして、結びまでタップリ楽しませて頂きました。

実は今回は仕事を兼ねましての大相撲観戦でありました。

と言いますのは・・・。

Dscf8718

北脇の隣の男性は、大相撲のインターネット関連の業務を担当してらっしゃる「厚海」様でありますが、今後の展開によって‘北脇の力士ソングが使えるかも知れない’と言う意見が出たようであります。(信じられないのですが本当なんです・・・。)

いろいろ打ち合わせをした後「どうぞ!」と言って1月8日にリリースされたばかりの「ハッキヨイ!大相撲 ひよの山かぞえ歌」のCDを頂いてしまいました。

嬉しいですねぇ~。

そんなご縁を作って下さったのが・・・。

Dscf8744

元力士で漫画家「琴剣淳弥」様であります。

昨年末、忘年会にお招き頂きました事がきっかけとなりましたが、分不相応なおもてなしを受けて北脇もいろんな所から‘汗’が吹き出てしまいました。(しょっちゅうホープ師匠とサウナに行っているのに・・・。)

勿論、大相撲甚句のゲスト出演交渉もさせて頂きました。

気合を入れて歌を作らせて頂きますよ~っ!!

ゲスト出演と言えば・・・。

Dscf8717

向かって左は先日、大相撲甚句にご出演下さいました元・岩木山の「関ノ戸親方」様であります。

そして右は元・北桜の「小野川親方」様であります。

「この度はご出演下さいまして有難うございました。お陰様で無事にオンエア出来ました。」とご挨拶しますと「通りでオンエア直後の1月2日に断髪式の申し込みが殺到しましたよ!」と関ノ戸親方様。(嬉しいですねぇ~。)

「8日目(日)どすこいFMに出ますので一緒にどうですか?」とお誘い頂きましたが「その日は二代目三波伸介師匠とお仕事なんですよ!」と北脇。

「忙しいですね~。」と関ノ戸親方に言われて赤面してしまいました。(普段はサウナ三昧なんですけどね・・・。)

28日の関ノ戸襲名式で岩木山関の勇姿を焼き付けたいと思います。(チケットのお問い合わせは03-5809-5583 FAX兼 岩木山引退大相撲事務局 まで)

そんな関ノ戸親方が番組でも‘尊敬している先輩’とおっしゃっていたのが・・・。

Dscf8722

小野川親方様であります。

「いや~北脇さんの歌は‘ロケンロール’なんですよ!素晴らしいんですよ!!」と言ってポケットから‘飴玉’を取り出しました。

爆笑トークで北脇を笑わせながらも部屋の力士(北の湖部屋力士)がモニターに映ると食い入るように見てらっしゃいました。

当然ですが「是非とも番組にゲストで!」と出演交渉しましたら「僕で良ければ!」と交渉成立。

あとは広報部様に申請が通れば決定であります。

是非とも実現して頂きたいものでありますね~っ!!

Dscf8724

その大相撲甚句に日本相撲協会から初めてゲストにご出演下さったのが十両格行司「木村堅治郎」様であります。

その節は本当に有難うございました!(ちなみに「行司さんの堅治郎さんの回を聴きましたよ!」と館内で北脇を発見したご婦人がお声掛け下さいました。「次は若の里の歌をお願いします!」と言われましたが、相撲ファンの皆様が喜んで下さる番組をお届けして行かないといけませんね・・・。責任重大であります!)

そんな大相撲甚句には・・・。

Dscf8732

やはりこの人物「二代目 三波伸介」師匠に今年もご協力頂かなければいけませんね!

この日は三波師匠も国技館で観戦されるとの事でしたので北脇も合流してご一緒しました。(ちなみに三波師匠の視線の先は行司の‘式守錦太夫’です。三波師匠は力士以上に行司や呼出しの様式美に注目されます。)

そして三波師匠と北脇が注目するのはやはり・・・。

Dscf8730

境川部屋力士であります「妙義龍」関や・・・。

Dscf8734

「豊響」関であります。(佐田の富士関も隆の山関と素晴らしい攻防のある相撲で館内も大変な盛り上がりでした!)

そしてこの日は好取組続出で・・・。

Dscf8737

子供の頃からライバル同志だった「大関 琴奨菊」関と「関脇 豊ノ島」関の取り組み。

外四つから極め出しで豪快な相撲を見せてくれた琴奨菊関。

ド迫力でしたよ!!

そして結びは・・・。

Dscf8740_2

横綱白鵬関と豪栄道関。

「豪栄道~っ!!」と館内から声援が飛び交う中、真っ向勝負をした豪栄道関。(三波師匠も大声援を送ってらっしゃいました。)

横綱の磐石相撲の前に敗れはしましたが、いつか豪栄道関、座布団を飛ばして頂きたいです!!

無事に相撲観戦を終えて我々が向かった先は・・・。

Dscf8741

お馴染み「とんかつ若」であります。

相撲三昧、カツカレー三昧、そして・・・。

Dscf8742

手前の男性、北脇の知人で相撲仲間「後田泰輔」さんと‘プロレス談義’した三波師匠。(説明不要とは思いますが、三波師匠は‘超~っ熱狂的プロレスファン’でらっしゃいます。)

プロレス好きの後田さんと、すっかり意気投合した三波師匠。

そのマニアックトークを聞き入っていた「ちぇこ」社長と北脇。

楽しかったですよ~っ!!

2012年1月13日 (金)

相撲甚句名人「栃桜」ホープちゃんライブに出演決定!!

Syoniti_001

笑顔でガッチリ握手をするお二人。

ホープ師匠のお隣の男性はお馴染みの、元関取で相撲甚句名人で「方屋」店主の栃桜親方様であります。

栃桜親方様が行きつけの喫茶店でこのところよくお会いする機会がございまして、昔の相撲界や芸能界のお話で盛り上るのですが、何と「ホープちゃんライブ VOL5」のステージに栃桜親方様がご出演下さる事になりました。

「お前らも変わっているねぇ~。俺を舞台に上げたら手が付けられないぞ~。」と凄みのあるお顔を見せながらも、現役時代は‘初っきり’‘弓取り式’‘相撲甚句’など大勢のお客様を喜ばせた栃桜親方であります。

「しょうがねえなぁ~。よしやってやるよ!!」と出演交渉成立しました。

そんな栃桜親方様は、浅草芸人とも親交が深く、新宿歌舞伎町でお店をやっていた頃は多くの芸人達の面倒を見て育ててらっしゃいました。(ホープ師匠も20代の頃から栃桜親方様のお世話になっていたそうであります。)

と言う訳で1月21日(土)午後1時から新宿ロフトプラスワンでの「ホープちゃんライブ VOL5」くどいようですが是非とも観に来て下さいね~っ!!

Dscf2291

男気と破天荒で現役時代から今日まで生きてきた栃桜親方様の生き様が書き綴られた自伝「どっこい人生」

書籍も面白いですが、お話はもっと面白いんです。(過去、大相撲甚句にもご出演頂きました。)

そして何と言いましても・・・。

Syoniti_002

栃桜親方の「相撲甚句」はしびれますよ~っ!!(国技館でも販売している栃桜親方の相撲甚句CDです。)

実は北脇は栃桜親方の甚句を研究し、目指して相撲甚句の稽古をしましたので、北脇の「相撲甚句の師匠」であります。(勝手に言っていますが・・・。)

当然、ライブで共演出来ると言う事が北脇の長年の夢でありました。

本当に嬉しいですねぇ~。

2012年1月12日 (木)

1月11日、1づくしの1日に北脇大満足~っ!!

Dscf8707

ステージで歌う女性とピアノに注目している方々・・・。

この日、1月11日は‘半径5メートルの日常を歌う’音楽家「秦万里子」様の歌を聴きながらの「新年ランチ会」が都内の某ライブスペースで行われまして大勢の業界の方々がお集まりになりました。(スクリーンの前でピアノを弾いてらっしゃるのが秦様であります。)

そのような場に北脇もお招き頂いたのですが、素晴らしい歌、MC、に引き込まれまして食事はのどを通らずステージに釘付けになってしまいました。

先月、大相撲甚句に秦様がご出演頂きました事がきっかけでこのような事になった訳ではありますが、事務所の社長様、スタッフ様、そして秦万里子様までもが非常に気さくに温かいお言葉を北脇にかけて下さいました。

満たされた気持ちのまま北脇が向かった先は・・・。

Dscf8708

石川県東京事務所であります。

事務所の所長様にはいつもお世話になっているのですが、北脇と同じく所長様にご挨拶に訪れていたのは「石川県観光特使・黒澤淳一」様であります。

石川県‘観光大使’であります「松井秀喜」選手のポスターの前で‘観光特使’同士が仲良く記念写真。

故郷の石川県の発展の為に粉骨砕身する事を誓って所長様、黒澤様、北脇の三人で様々なアイディアを出し合いました。(と言いながら所長様から沢山のお土産を頂いてしまいました・・・。)

ステータスの高い皆様が集まる場所に一日中いた北脇ですから緊張でガチガチになってしましました。

そんな北脇が向かった先は・・・。

Dscf8709

ホープ師匠がいる西新宿であります。

この日は丁度、元関取で相撲甚句名人、そして‘方屋’の店主であります「栃桜」親方様にご馳走になってしまいました。

お腹の空いた北脇に食べきれないほどのご馳走と、昔の相撲界・芸能界のお話しでおもてなし下さいました。

「いつもいいタイミングに遭遇するねぇ~。親方からは滅多にこんな話し聞けないからラッキーだよ。」とホープ師匠に言われた北脇。

新年早々(と言いましても11日過ぎましたが・・・。)幸先の良い出だしとなりました北脇。

今年は更に良い年になっていただきたいものであります。

Dscf8710

お昼を食べられなかった分、反動で大盛りごはんと料理を食べ尽くした北脇。

元力士の栃桜親方様も北脇の食欲に驚いてらっしゃいました。

2012年1月11日 (水)

日本特撮映画の大横綱「井上泰幸」大相撲甚句に登場~っ!!

Dscf8696

お馴染み、FM西東京スタジオにおきまして昨日は大相撲甚句の収録をさせて頂きました。

初場所真っ只中で盛り上っている大相撲でありますが、今回のゲストは!

Dscf8690

日本の特撮映画界の大横綱と呼ぶに相応しい偉人「特撮映画美術監督・井上泰幸」様であります。

北脇自身、大相撲と同じぐらい特撮映画や特撮ヒーローも大好きであると言う事はラジオやブログでも公言しておりますが、特撮映画の神様と呼ばれた「円谷英二」監督が最も信頼を寄せて、日本特撮映画の礎を築いた人物。

それが井上泰幸先生なのであります。

相撲で例えるならば円谷監督が双葉山ならば井上先生は「羽黒山」か「東富士」と言ったところではないでしょうか?(あくまで北脇の個人的な感想でありますが・・・。)

そんな井上先生と北脇が手にしているのが、「特撮映画美術監督井上泰幸」の書籍であります。

貴重な資料の数々や当時の様子がビッシリと掲載されています。

Dscf8702

ゴジラとクモンガの戦闘シーン。まさに映画のシーンそのままの臨場感がありますが、井上先生曰く「僕は絵は上手いと思った事は一度も無い。」との事。

井上先生が描いた絵を見た円谷監督が「よし!このシーンはこれで行こう!!」と言ってそのまま生かされて実際映画になりました。

Dscf8704

セットデザインも緻密に計算されおります。

井上先生はデザイン・造形もされながら図面を引いて予算なども全て計算されたそうであります。

Dscf8705

井上先生のセットデザインが忠実に映画で再現されております。

そんな井上先生作品で最も北脇が好きなのが・・・。

Dscf8693

ピープロの「快傑ライオン丸」や「電人ザボーガー」であります。(このDVDは北脇の私物です。)

緊張を通り越してテンションが上がりっぱなしだった北脇でした。

そんな井上先生には・・・。

Dscf8685

当然、番組スポンサーである㈱スギヨのカニ風味カマボコ「香り箱」をご賞味頂きました。

Dscf8687

このような笑顔でポーズをして下さいました。

香り箱の味も絶賛して下さいました。

Dscf8688

元・東宝特美「白崎治郎」様(左奥の男性)、キネマ旬報社「西崎尚吾」様(左手前の男性)にもご賞味頂きました。

Dscf8700

連日イベントなどに参加されてお疲れもあった事と存じますが、貴重なお話しを沢山ご披露下さいました井上先生。

井上泰幸様ご出演の大相撲甚句は1月22日(日)深夜0時放送であります。

どうぞお楽しみにしていて下さい!!

http://842fm.west-tokyo.co.jp/ ←パソコンから聴く事も出来ます。

http://www.voiceblog.jp/kitawaki-takashi/ ←ポッドキャストからも配信しております。

2012年1月10日 (火)

テーマは‘昭和’ホープちゃんライブVOL5!!

Dscf8672

素晴らしい笑顔のお二人でありますが、ホープ師匠のお隣は「中村ゆうじ」様であります。

毎回ホープちゃんライブで驚きのパフォーマンスと笑いをご提供下さる中村様。

今回もスケジュールを調整下さいましてご出演が決定しました。

昔、ホープ師匠と都内の某ストリッ○劇場の同じ舞台に立たれて過激で斬新な笑いをお客様に提供されていましたので、ベタでありきたりな笑いには縁遠い中村様。

お二人で昔の劇場の踊り子さんや芸人、お客さん、様々な思い出を懐古しながらVOL5のネタを作成してらっしゃいました。(かなり衝撃のお話しが続出してましたけど・・・。)

我々「北乃脇バンド」も重要なネタで贅沢に使って下さる事になりまして、早速メンバーに報告しました。(笑って演奏が出来ないかもですよねぇ~・・・。)

そんな訳で、くどいようですが1月21日(土)午後1時から新宿ロフトプラスワンにて行われます「ホープちゃんライブ VOL5」をどうか宜しくお願い申し上げます!http://www.loft-prj.co.jp/PLUSONE/schedule/lpo.cgi ←詳細はこちらです。

あと、もう一つ皆様にご報告ですが・・・。

Dscf8674

昨夜放送されました「十津川警部」の番組に何と・・・。

Dscf8676

小料理屋の店主役として・・・。

Dscf8679

ホープ師匠が出演したシーンがオンエアされました。

Dscf8682

草津でのロケでしたが、北脇も同行して一部始終を見学させて頂きました。(屋外からモニターで見させて頂きましたよ。)

Dscf8684

本番前、急に台詞が増えてホープ師匠が手を焼いたシーン。

「カットされてたら嫌だね・・・。」と後でおっしゃってた師匠でしたが、全部使われていました。

またまたライブのネタが増えましたねぇ~。

2012年1月 8日 (日)

北乃脇バンド、新年初稽古~っ!!

Dscf8664

男5人が鍋を囲んでポーズをとっておりますが、ホープちゃんライブにはもはや不可欠な存在になって頂いております「北乃脇バンド」の皆様であります。

昨夜は我が家の地下スタジオにてライブに向けましての初稽古を行いましたが、北脇の作る変幻で音楽のセオリーを無視した曲に対しても皆様それぞれに素晴らしいテクニックと知識で無事に曲を仕上げる事が出来ました。

そんな皆々様のご紹介をさせて頂きます。

Dscf8667

カメラ目線はトランペットの大林さん。北脇の曲を毎回楽譜におこして下さいますが、とにかく大変な作業であるそうです。(本当に申し訳ません・・・。)

そしてその隣はサックスの宮崎さん。普段は呑みませんがこの日はほろ酔いで「曲は個性があって僕は好き。今年は‘譜面’を学んで頂きたいですね!」とのご意見に全員賛同。

譜面を読み書き出来ない北脇、今年は音楽教室に通いましょうかねぇ・・・。

Dscf8670

スギヨのカニ風味カマボコを持っているのはベースの佐々木さん。

「君は変態的で面白いねぇ~。」とホープ師匠に気に入られてメンバーの中で唯一‘ゴムパッチン’を受けました。

お隣はギターの佐々木さん。様々なバンドを渡り歩いてきたテクニシャン。

北脇の曲をかなり男前にして下さいましたよ!

Dscf8668

そして今回急遽サポートして頂く事になりましたドラムの前田さん。(舛田さんは別のイベントとライブが重なってしまいました。)

テクニックやこれまでの経歴はもちろん凄いですが、キャラクターが非常に面白くてギョーカイ用語(何でも逆さまに言うやつですね・・・。)を言いながら笑いをご提供下さいました。(昔、ヒップアップの島崎俊郎さんたちとコントをやっていたそうです。凄いですねぇ~。)

Dscf8669

ちなみにこの日のメニューは北脇の作った寄せ鍋であります。

有難い事に完食して頂きましたよ!

Dscf8671

終電ギリギリまで皆様に残って頂きました。楽しい宴でしたよ~っ!!

そんな訳で!!

Vol5saisyu

1月21日(土)13時から新宿ロフトプラスワンで行われます「ホープちゃんライブVOL5」を宜しくお願い申し上げます!

2012年1月 7日 (土)

大御所を前に北脇、緊張と興奮の一日・・・!?

Dscf8660

毎日が新年会のようでありますが、この日はホープ師匠の後援者でありますM様からご招待頂きました。

昨年末に大阪へ行って来た事に対するご褒美と1月21日のホープちゃんライブに向けての激励を兼ねましての新年会でありました。

ちなみにこの日のメニューは・・・。

Dscf8659

「特上鰻重」でありました。(蒲焼と蒲焼の間にご飯が挟まっていて、ご飯よりも鰻の方が多かったです・・・。)

このようなご馳走は滅多に食べられませんので感激しておりましたら・・・。

Dscf8661

「青木!お前は俺と半分づつだ!」とホープ師匠の鰻重を茶碗で食べる青木イサムさん。

M様は「可哀想だよ!青木も一人前頼んでやるからな。」とおっしゃいましたが、「青木にはもっと貪欲でハングリーになってもらいたいの!!」とホープ師匠の厳しい親心。

美しい師弟関係であります。(青木さんのお顔は引きつっていますが・・・。)

Dscf8662

以前よりブログでもご紹介させて頂いておりますが、M様は会社役員でありながら実は作詞家でらっしゃいます。

森進一の「港町ブルース」の作詞(なかにし礼先生が補作)やハニーナイツの「ふりむかないで」の作詞をされました。

そんなM様へ「北脇は最近いい歌を作ったので見てやって下さい!」とホープ師匠。

緊張で固まりながらご指導を受けました。

本当に有難く、申し訳ない気持ちでいっぱいになりました。

そしてその夜は・・・。

Dscf8663

20代からの大親友で芸能界での戦友でらっしゃいます「元木すみお」先生と新年のご挨拶をされたホープ師匠。

「今はNHKの高視聴率番組やお笑い番組の審査員などをしてるけど昔は一緒に勉強したり遊んだりしたもんだよ・・・。」としみじみ元木先生を語って下さいました。

我々のような若手には滅多にお仕事のお話をなさらない元木先生ですが、「演出家とはどのような事を考えて舞台を作り上げるのか」「役者と演出家の関係性」など非常に勉強になるお話を聞かせて頂きました。

「この男の作った歌を聴いて感想を言って欲しい!」とホープ師匠、またも北脇を推して下さいました。(この後、場所を変えて歌わせて頂きましたよ!)

「今年は風が吹いてきているんだ。人間そんなにチャンスは来ないよ!今年はどんどん推して行くから遠慮なんかするんじゃないよ!!」とホープ師匠。

師匠の期待に応えられます様、北脇この一年が正念場であります!!

2012年1月 6日 (金)

音曲師「柳家紫文」師匠、ホープちゃんライブに出演決定~っ!!

Dscf8646

ホープ師匠のお隣には、粋な着物に三味線姿の若旦那様がいらっしゃいますが、新年らしくお座敷気分を楽しもうとしている訳ではありませんよ。

実は、このお方様こそ音曲師で都々逸界では超~っ有名な「柳家紫文」師匠であります。http://www.yanagiyasimon.com/

来る1月21日(土)午後1時から行われますホープちゃんライブVOL5にご出演して頂く事が決定しましたのでホープ師匠が接待をしたと言う訳なのであります。

数年前に紫文師匠と舞台をご一緒して以来「何かある時は協力してね!」とお約束をしていたそうなのですが、遂に実現となりました。

風刺の効いた都々逸やお色気タップリの都々逸、ちょっと馬鹿馬鹿しい都々逸などを三味線の音でご披露頂きましたが、すっかり紫文師匠の虜になってしまった北脇でした。

Dscf8648

「いいか!こうゆうのを‘芸’と呼ぶんだよ。紫文ちゃんの芸はそう簡単に盗めないけど徹底的に研究するんだ!!」とホープ師匠に‘喝’を入れられた北脇。

あれこれ初歩的で失礼な北脇の質問にも非常に丁寧にお答え下さった紫文師匠。

余裕と言いますが風格が漂ってらっしゃいました。

そして・・・。

Dscf8650

おもむろに小箱を出されまして中を拝見しますと‘必殺仕事人’のような七つ道具がありました。

そのうちの・・・。

Dscf8649

「三味線にもギターのように‘カポダスト’があるの。古今東西人間の考える事は同じなのね。」と優しい口調でご説明下さいました。

勉強になりましたよ~。

そして更に・・・。

Dscf8647_2

何と三味線は‘分解’出来る事を初めて知りました。

「大体の三味線は分解出来るの。これは6つに分けられるけど、物によっては10に分けられるものもあるよ。」との事。

ちなみにこの三味線は○百万円します。凄いですねぇ~。

Dscf8658

凄い!と言えばホープ師匠が「こりゃ凄いね~。面白いね~。好きだね~。」と言いながら読んでらっしゃる本は・・・。

Dscf8654

紫文師匠の著書「都々逸 のススメ」であります。

すでに四版もしてらっしゃる程の人気の書籍。

当然、北脇も歌を作らせて頂く際の教科書として勉強させて頂きたいです。

Dscf8657

そして、紫文師匠の羽織の裏には何と!

Dscf8656

赤塚不二夫先生直筆の「バカボンパパとサイン」が描かれていました。

実はこの新宿歌舞伎町のクラブ中越が出来る前、この場所に「オカ○バー」があったそうですが、30数年前に赤塚不二夫先生がいらっしゃってサインを書いて頂いたそうであります。

超~っお宝ですね~っ!!

Dscf8651

「なぞかけ」「詩吟(エロ・・・。)」とブームが来て「今年は都々逸だね!」と言いながら楽しく呑ませて頂きました。

この日はホープ師匠とコント青年団の青木イサム様と北脇でサウナに行った帰りでしたから気分も爽快でした。

と言う訳で、ホープちゃんライブ楽しみにしていて下さいね~っ!!(これからまだまだ有名な方に出演交渉を予定しております。)

2012年1月 5日 (木)

新年会の席で「ぼん計画」発表・・・!?

Dscf8645

テーブルに乗り切らない程のご馳走が並べられておりますが、昨夜はこの人物が幹事になって盛大な新年会が執り行われました。

その人物とは・・・。

Dscf8637

「西田ぼん」さんであります。

昨年末は大阪のストリッ○劇場で一週間生活を共にさせて頂いたのですが、計り知れないほどのエネルギーと不思議が渦巻いております。(一週間でしたが、正直なところ半年ぐらい一緒にいたような気がしております・・・。)

大阪で一緒にいた時は怪しい‘関西弁’でしたが、この日は何故か‘福島弁’で喋っていました。(本当は九州出身なのに・・・。)

不敵な笑みを浮かべていますが、今年も様々な計画を企てているようであります。

当然・・・。

Dscf8642

ホープ師匠を巻き込んで大きな事をお考えのようですが、どんな話しにもすぐに乗らないのが師匠であります。(特にぼんさんの話には超~っ慎重でありました・・・。)

「大丈夫大丈夫!俺に任せておいて!!」と師匠を説得するぼんさんでありますが、師匠は簡単には返事をしません。

「おい、北脇お前もメンバーに入ってるんだから予定しておけよ!師匠は必ずやってくれるから。」とぼんさんに言われましたが、寝耳に水の話しに絶句してしまった北脇。

一体どうなってしまうのでしょうか・・・!?(真相はまたおいおいご説明しますが・・・。)

Dscf8640

謎の女性「ななお」ちゃんですが、ぼんさんの計画の中には重要な役割を任せられているようであります。

ぼんさんのネットワークの広さには毎回驚かされるばかりでありますが、北脇もこの先どこへ行ってしまうのでしょうかねぇ~。

考えても仕方がないので・・・。

Dscf8639

アツアツの「鶏鍋」を食べて!

Dscf8641

パリパリでジューシーな餃子を食べまくりました。

ちなみにこの日のお勘定は‘ぼんさん’持ち。

と言う事は北脇、完全にぼんさんの計画に完全に乗ってしまう事になってしまいました。

こうなったら乗りかけた船!今年は北脇も徹底的にやるしかないですね~っ!!

« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »