« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »

2011年11月

2011年11月30日 (水)

喜哀楽ホープちゃんの一日・・・!?

Dscf8229

女性2人に挟まれてご機嫌のホープ師匠。

12月14日から大阪に行くホープ一座の女優として一週間行動を共にします「annie アニー」さん(左)と音響や舞台関連を仕切って下さる「佐倉萌」さん(右)です。

アニーさんが「どうしてもホープ師匠にご挨拶して今回の舞台の‘ステージネーム’を命名して欲しい!」との強い要望がありましたので、急遽会う事になりました。

これまでの芸歴や普段の生活の事などをお話ししながらアニーさんに相応しいステージネームを考えるホープ師匠でしたが、やはり大阪行きを前に萌さんと大阪の現場のお話しをしながらテンションを上げていました。(結局‘アニー’でいいじゃない?と言って名前を付けなかったホープし師匠でした・・・。)

「せっかくだから3人で写真を撮ろう!」とご機嫌のホープ師匠。

北脇もお言葉に甘えまして・・・。

Dscf8230

アニーさんのお隣でこの笑顔。

師匠と北脇、心を弾ませながらいた矢先に一本の電話が師匠の元に・・・。

「え~っ、ブイシネマ?出ますよ!何せ暇でねぇ~。どんな役?共演者は誰?」と喜んでいるホープ師匠の肩が一気に下がって「そうですか・・・。また誘って下さいよ。すいません・・・。」と電話を切った師匠。

「ツイてないねぇ~。よりによって撮影日が12月14~20日だから大阪とバッティングしちゃったので断ったよ・・・。まぁ~そんなもんだねぇ・・・。」と落ち込むホープ師匠。

アニーさんと萌さんとお別れして師匠と北脇、弦直しにサウナに向かう途中・・・。

Dscf8231

「腹減ったね・・・。」と中華屋に飛び込んだホープ師匠。

Dscf8232

「五目麺と柔らかい焼きそばね!」とオーダー。いつもながら立ち直りが早いホープ師匠。

Dscf8233

「でんでんが悪役に挑戦?ほ~っ・・・。」と記事を読むホープ師匠。

「これ見てよ!でんでんも俺と同じ‘復讐するは我にあり’の緒方拳の狂気にはまっているよ!やっぱり同じだねぇ~。」と興味津々。

北脇もその緒方拳の映画を見ましたが凄まじい狂気でありました。

師匠曰く「あの演技を勉強すれば一流の喜劇人としてお客を騙せるよ!」との事。

北脇は喜劇人ではないんですけどねぇ・・・。

Dscf8234

出てきた五目麺を分けまして・・・。

Dscf8236_2

柔らかい焼きそばも半分分けしました。

なかなかの美味でしたよ!!

Dscf8237 

食べ終わって「さぁこれからサウナに行こう!」と行き付けのサウナに行って入りながら師匠と大阪の話しをしていた所に見知らぬお客さんが「あっ!ゆーとぴあのホープ先生ではないですか?この近くに住んでらっしゃるとの噂でしたけど、まさかお会いできるとは・・・。嬉しいですねぇ~。大ファンなんですよ!!」と言い寄られていたホープ師匠。(しかも別のお客にも言われていました。)

「もう俺の事なんか誰も気がつかないと思ってたけど、やっぱり有難いね!」としみじみ。

わずか一日でこんなにも「喜哀楽」のある人も珍しいと改めて思わされました。(怒はありませんでしたよ。基本的にホープ師匠は怒らない方ですが、都合が悪くなると‘俺もポール牧師匠のように飛び降りて死んでやる~っ!’と言って暴れます・・・。)

ちなみに北脇はこの夜に相撲協会様から悲しい電話が入り、落ち込みながら家に帰りました。

その悲しい出来事とは・・・?またブログにてお知らせします。(結構ショックでしたよ・・・。)

2011年11月29日 (火)

稀勢の里、大関昇進にホープ師匠は・・・!?

Dscf8227

九州場所も無事終わり、久し振りにホープ師匠とお会いして来月の大阪興行の打ち合わせをしました。

「久し振りだねぇ~。大阪に行くまでにラジオとか取材とか全部済ませといてよ!」と優しい一言。

ホープ師匠もこの数日間はコントのネタを考えるのに必死だったようであります。

話しもある程度まとまりましてお店のテレビにふと目をやるホープ師匠。

Dscf8224

その視線の先に映る映像は・・・。

Dscf8226

ワイドショーで取り上げられていた稀勢の里関の大関昇進関連の特集でありました。

ホープ師匠と言えばこのブログでも何度か書かせて頂きましたが、過去に鳴戸部屋の千秋楽パーティーなどに行ってコントをやったりして鳴戸親方様や部屋の力士の皆様とも親しい間柄でありました。(そのもっと昔はポール牧師匠と一緒に武蔵川部屋に行っていました。)

そんな訳で、若の里関が途中休場した時や稀勢の里関が終盤で星を落とした時、高安関、隆の山関が敗れた時などは自分の事のようにショックを受けていましたし、何より鳴戸親方様がお亡くなりになられた時などもかなり悲しんでらっしゃったホープ師匠でした。

「33勝じゃなくたっていいじゃねぇか。萩原(稀勢の里)なら大関に上がれば責任感で絶対に活躍してくれるよ!それにしても親方もひと目見たかっただろうね・・・。」と一言。

そんなお話しをホープ師匠として別れてから久し振りにこの本を読みました。

Dscf8228

鳴戸親方様の著書「親方はちゃんこ番」であります。

‘芸は人なり’と言いますが、この本を読むと鳴戸親方様の純粋で一途で頑固なところもありながら弟子を想う気持ちが文章の中から窺い知る事が出来ました。(勿論、専門のライターの方がある程度は手直しもされているでしょうけど・・・。)

北脇もそれなりにいろいろ書籍を読みますが、文章の内容などで「この人に会いたい!」と思った人は以外に少なく、「内舘牧子」様、「河崎実」監督(先週の大相撲甚句にもご出演頂きましたが、本も馬鹿馬鹿しく面白いんですが、行動力と交渉力があって憧れてしまいます。)

そして「鳴戸親方」様であります。

週刊誌などではいろいろ書かれたかも知れませんが、やはり現役時代に努力節制された時のお話しや稽古場でどのような指導をされていたのか、今となっては叶わぬ事でありますが、一度お会いしてお話ししたかったですね・・・。(そう言えば元二子山部屋力士・元祐山の住谷貴由様が‘鳴戸親方は相撲を理論的に分かり易く指導する天才だった!’とおっしゃっていました。)

そんな鳴戸親方様が手塩にかけて大関まで育て上げた稀勢の里関、これまで以上にステータスの高い人や政界・財界の大物の方々と会う機会も増えて、相撲以外の見聞も広めて益々人間的にも大きく成長される事でしょう。

稀勢の里関の映像を見ながら、北脇もこれから相撲にとらわれず、様々な様々な偉業を成し遂げた人物と会っていろいろ学び得たいと思わされました。

2011年11月28日 (月)

平成23年大相撲九州場所千秋楽!!

一年納めの九州場所、昨日は千秋楽でありました。

沢山の見どころもありましたし、連日テレビで取り組みを見ながらあれこれ展開を考えておりました北脇でありました。

そんな中で、最も注目したのが、この取り組みでしょうね・・・。

Dscf8218

稀勢の里・琴奨菊であります。

取り組み前から「稀勢の里の大関昇進は決定的!」と言う情報が流れてしまい、解説の北の富士さん、舞の海さんは少し(かなり・・・)苦言を呈してらっしゃいましたが、そんな情報を‘ごっちゃんです!’と喜んで気を緩めるような稀勢の里関ではない。と信じておりましたので、この取り組みを興奮しながら見ておりました。

Dscf8219

緊張の仕切り。一度つっかけた稀勢の里関。これが勝負に影響しなければ良いと思っていましたが・・・。

Dscf8220

低く鋭い立合いから一気の出足で攻め立てた琴奨菊関。

土俵際渡しこみを突き落としでしのいでもつれましたが・・・。

Dscf8221

一方的な相撲で稀勢の里関土俵下。すぐさま貴乃花審判長から物言いが付きましたが、軍配通り琴奨菊関が勝ちました。

Dscf8222

敗れて花道を帰る稀勢の里関。

「大関~っ!!」と声援が飛び交っていましたが、この表情であります。

来場所は大暴れして優勝に絡んで頂きたい新大関「稀勢の里」であります。

来場所は大暴れと言えば・・・。

Dscf8213

新十両からいきなり十両優勝した勢関。

謙虚ですが相撲っぷりが良く、親方衆などからも絶賛された勢関。

新大関稀勢の里関とは同年代ですので、来年辺り対戦も組まれることでしょうね。(豪栄道関とも少年時代はライバル同士だったようですから、こちらも注目ですね!!)

と言う訳で見どころ満載だった千秋楽でしたが、幕下力士8人によるトーナメント優勝決定戦、三段目で堂々の優勝を果たした佐久間山などなども楽しませて下さいました。

来年の大相撲も目が離せませんね~っ!!

2011年11月25日 (金)

ホープ、立川談志について語る・・・。

Dscf8210

11月23日の夕方、ニュース速報で日本国中に衝撃が走りました。

落語家「立川談志」の死去。北脇はその時間、秦万里子様のリサイタルを見ていましたので、帰宅して大相撲を録画したビデオのニュース速報を見て絶叫しました。

これまでの落語の常識や体制を変えた事はもちろん、落語家以外の活動でも世間に波紋を投げかけた人物でありました。(ヘアーバンドにジーンズでサングラスのスタイルは完全に落語家とは思えなかったですよね。まぁ、鶴瓶師匠のアフロにオーバーオールも凄いですけど・・・。)

昨日は久し振りにホープ師匠とお会いしましてサウナに行ったのですが、北脇の顔を見るなり「談志死んじゃったねぇ・・・。」と開口一番。

当然、ホープ師匠にしてみても談志師匠は雲の上の人物。

何度も間近で見られたそうですし、一緒にお仕事もされたとの事。

「あの狂気の目と存在感、誰にも文句を言わせない凄みは落語家とは思えない程の迫力だった・・・。」と懐古されました。

ホープ師匠が「ゆーとぴあ」のコンビ時代に「談志を語る」と言うような内容のテレビ番組の司会をした時、談志師匠が登場され、放送禁止用語や過激な発言を重ねて、編集するにも使えず、結局「お蔵入り」になってしまった。と言う武勇伝があったそうです。

並みの芸人やタレントなら局の出入り禁止は勿論、芸能界から干されて当然ではありますが、一つ言える事は「もう立川談志のような型破りな人物は現われない・・・。」と言う事でしょう。

実はホープ師匠、談志師匠の報道される前夜「自分が死ぬ夢」を見たそうです。

「みんな俺の死体を取り囲んで泣き崩れているんだ。後から‘俺生きているよ!’とみんなに言っても無視されてさぁ~。そんな夢を見た矢先に談志さんが死んだから‘次は俺かなぁ・・・。’と思って悲しくなったよ。」と一言。

いつも都合の悪い事があると「あ~死にますよ!俺も‘ポール牧’みたいに死ねばいいんでしょ!ここから飛び降りますよ~っ!!」と騒いで周囲を困らせるホープ師匠ですが、本音は死にたくない訳であります。(その姿は駄々っ子のようであります・・・。)

談志師匠のお話から脱線してしまいましたが、大相撲(特に舞の海関)を愛したと言う談志師匠。

心よりご冥福をお祈りします。

2011年11月24日 (木)

天才音楽家「秦万里子」大相撲甚句出演か・・・!?

Dscf8205

このポスターの女性「半径五メートルの日常を歌う音楽家」として大活躍してらっしゃる「秦万里子」様であります。http://www.hatamariko.com/

現在はNHKの朝10:05から放送している「歌うコンシェルジュ」にご出演して、超~ご多忙な日々を送ってらっしゃいます。http://www.nhk.or.jp/program/concierge/ 

そんな今や国民的スターになりつつある秦万里子様が、何と「大相撲甚句」にご出演して頂ける事になりそうなのであります。

何故、そのように事が運んだのか?それはこの人物が‘強烈援護射撃’して下さったからであります。(いろんな方々から援護されっぱなしですねぇ・・・。)

その人物とは・・・?

Dscf2177

東スポWeb編集長「柴田惣一」様であります。

先日、お仕事で秦万里子様とご一緒された柴田様。

その際に「アドリブ即興で作詞作曲する男がパーソナリティーをしている‘大相撲甚句’と言う番組に出演されてはいかがですか?お互いアドリブ即興で歌を作りあうのも楽しいと思いますよ。」と秦様と事務所の社長様に北脇を推して下さったようです。http://www.tokyo-sports.co.jp/writer.php?itemid=16565 ←柴田様のサイトをご覧下さい。

しかし、ひとつ事実と違う所がありまして、北脇はアドリブ即興で作詞作曲は出来ません。

おしん横綱「隆の里」のように相手力士(千代の富士)の相撲をビデオヘッドが擦り切れてテープがのびるまで徹底的に研究したのと同じで、北脇の歌も相手の情報や特徴を徹底的に時間をかけて調べないと出来ないんです。(天国の鳴戸親方様が‘俺と一緒にするな!’と激怒してらっしゃるでしょうね・・・。)

ですが、フンドシ担ぎの北脇が三役クラスの花形「秦万里子」と同じ土俵に上がれるかもしれない、まさに千載一遇のチャンスを柴田様に与えて頂いた訳ですから死にもの狂いでぶつかって行かないといけません!

そんな秦万里子様のリサイタルを見て笑いと涙と感激で震えてしまった北脇ですが、一体どうなりますでしょうか!?

詳細はまた近日中にご報告します。

2011年11月23日 (水)

休場か?強行出場か?悩める北乃脇・・・!?

連日盛り上っている大相撲九州場所ですが、10日目に入りまして休場力士続出し、心配している北脇でありますが、実は力士の皆様を心配する前に自分への心配の種が浮上してまいりました。

と言いますのは・・・。

Dscn2570

この写真、2009年に国技館の相撲教習所で行われました相撲協会主催の「相撲交流会」に‘ヨンミュージックチーム’として初参加していきなりの団体2位になりました。(ちなみに優勝は‘呼出しチーム)

左から牙一族のキバジさん、元・三杉豊の木村晃健さん、北脇ですが、三人とも非常に若いですねぇ~。

そして・・・。

Cimg0431_2

これが2010年の「相撲交流会」の団体メンバー‘芸人チーム’の四人です。

左から後田さん、瞬間メタルのタケタリーノ山口さん、キバジさん、北脇です。

この年は北脇も様々な草相撲やアマチュア相撲の公式戦に出場して最もアブラが乗っていた頃です。(体にも脂がのりきってますが・・・。)

残念ながらこの時は痛恨の5位(8チーム参加)。己の体力の限界を痛感しました。(大袈裟に書いていますが、稽古場で中高生と相撲を取っても手ごたえはあったんですよ・・・。)

そして・・・。

Dscf7582

今年に入ってマワシを締めたのはこの‘唐戸山相撲’(しかも化粧マワシ)と2月ぐらいに文京道場で稽古をした時のみであります。(隣は木村晃健さんです。)

40歳目前で「そろそろ相撲は引退か・・・?」と自分で思っていた矢先、いつもお世話になっている「相撲協会」様から「12月6日の夕方から例年通り‘異業種相撲交流会’を開催します。団体メンバー3人とおかみさん1人でご参加頂ければ幸いです。云々・・・。」とメールを頂きました。

はっきり言いまして相撲の稽古どころか四股も満足にふんでいない‘サウナ三昧’の北脇ですから‘惨敗’は間違いないですよねぇ・・・。

エントリー締め切りは11月30日、それまで悪あがきをして肉体改造し参加するか?サンケイスポーツの成岡様の「静岡おでんチーム」の補欠で細々‘タオル持ち’をするか?休場して‘宴会のみ’参加するか?(これがまた宴会が非常に面白くて、芸達者な業界人の皆様が大いに笑わせて下さいます。)

休場か?強行出場か?悩める北脇ですが、誰か団体メンバーで一緒に出てくれる方はいないでしょうかねぇ~。

出来れば芸人で統一したいのですが、以前‘玉光国’関が「アマチュア復帰したいんですけど‘覆面’を被って出られるような試合とか大会無いですかねぇ・・・。」と冗談半分まじめ半分で言っていましたが‘有り’だと思っています。(しかも滅法強い!!)

ブログを読まれたそこのアナタ!一緒に「異業種相撲交流会」に出ませんか!!

2011年11月22日 (火)

FlASHに「個性派力士たちの再就職先!」掲載・・・!?

Dscf8198

この見出し、相撲ファンならずとも気になってしまうのではないでしょうか?

昨日発売の写真週刊誌「FRSH」の33ページから堂々特集されていましたが、この情報を教えて下さったのは、大相撲甚句にご出演下さって相撲の爆笑裏話しと深イイ話しをご披露下さいました元・武哲山の「栗本剛」様でした。

メールには「本日発売FRSHに出てます」とだけで‘主語’が全く書かれていませんでしたが(番組でも‘お前の話には主語が無い!’とよく言われているそうですが・・・。)

記事の内容は非常に面白かったです。

当然、横綱曙関がトップ記事を飾りまして・・・。

Dscf8199

関脇・琴ヶ梅関、小結・三杉里関のお二人が登場。

以前、大相撲甚句でもご出演下さいましたお二人ですが、超~っイイ方でありますよ!

そして最近相撲界を去ったこの名力士・・・。

Dscf8200

小結・海鵬関であります。

男前で業師で上位と対戦しても必ず見せ場を作ってくれる‘銭の取れる’力士で、北脇もファンでした。

現在は墨田区で「加圧トレーニングジム」を開業されたとの事であります。

是非、大相撲甚句にもご出演頂きたいのですが、全く接点もありませんし‘直接交渉’でも良いのですが、やはりここは相撲博士、歩く百科事典、エンサイクロペディアの「菅原尚晋」様に切り込んで頂きたいですねぇ~。

そして注目は・・・。

Dscf8201

星誕期関です。プロレスラーであり、バラエティーやワイドショー番組などでもお馴染みですが、試合のない月~土曜日までは六本木の高級キャバクラで‘セキュリティー’のお仕事をなさっているとの事。

セキュリティーとはどんな仕事なのか分かりませんが恐らくは‘用心棒’のような事なのでしょうか・・・?

ちなみに浅草の漫才コンビ‘ロケット団’のネタに山形では「ストーブに石油入れてぇ(セキュリティー)」と言って笑わせてくださいました。(文字にすると面白くありませんが、実際のイントネーションは非常に面白いんです・・・。)

冗談はさておき、星誕期関とも当然接点がありませんので、ホープ師匠と一緒に六本木の高級キャバクラに行くか、エンサイクロぺディアの菅原様に・・・。(もうエエわ!っちゅ~話ですね・・・。)

ちなみに栗本先生曰く、「顔張ったり突っ張ったりして本当に嫌な相手でした・・・。」との事。

そして栗本先生が最も嫌だった対戦相手・・・。

Dscf8203

戦闘竜関と同じページに何と・・・。

Dscf8204

武哲山の栗本剛様もシッカリでていました。(12月中にも栗本先生には番組にご出演ご協力頂く予定です。詳細はまたブログで告知しますよ!)

主語の無いメールで一瞬困惑した北脇でしたが、この記事を見て即購入しました。

しかし、発売初日なのに近所のコンビには売り切ればかりでやっと探した一冊は立ち読みで表紙がヨレヨレでした。(まぁ、他の記事も男性が喜ぶような内容ばかりでしたしねぇ・・・。)

写真には載っていませんが輪島関、旭道山関、大至関、孝乃富士関、双羽黒関も取材したそうですが、NGだったとの事。

ちなみに輪島関、大至関は過去に大相撲甚句にご出演頂いた事がありますので鼻高々ですよねぇ~。

これからも元力士の皆様は勿論、現役力士の皆様も喜んでご出演頂けるような大相撲甚句を作って行くべく、努力・精進しますよ~っ!!(過去ご出演下さいましたゲスト様には本当に頭が下がります。)

2011年11月19日 (土)

人たらし!男たらし・・・!?境川親方、向正面解説!!

Dscf8197

本日のNHK大相撲中継の中入後の向正面解説は境川親方様でした。

今週放送の大相撲甚句の番組の中で二代目三波伸介師匠も大絶賛、ベタ褒めしてらしたように‘男気’がそのまま服を着て歩いているような人物。男の中の男!!

それが境川親方様なのであります。(オーバーなようですが本当であります・・・。)

その境川親方様から今朝お電話を頂きまして「お~っ忙しくやってる?忙しい北乃脇親方に悪いんやけど折り入って頼みたい事があって云々・・・。」と北脇の気持ちを最高に持ち上げて用件をお話されました。

詳細は書けませんが北脇にとりましては非常に名誉で有難いお話しでした。

いつも境川親方様や部屋の皆様にはお世話になりっぱなしですから少しでもお役に立たせて頂きたいと願っている北脇なのであります。

「じゃあ岩木山(関ノ戸親方様)のラジオの件と一緒に協力してよ!頼むね!!あと、今日の向正面解説やからテレビ見といてな!」とおっしゃって電話を切ろうとなさったので意を決して「豪栄道関、凄い気迫で稀勢の里関に勝って身震いしました!!」と北脇が言いましたところ

「お~そりゃそうや!豪栄道に‘喝’入れる為に○○○で○○○して、その上○○○したからな~。ガハハハ~ッ!!」と非常に面白いですけど絶対に書き表せられないような語録で朝から北脇を楽しませて下さいました。(さすがに‘ラジオで俺が言ったって言うなよ!’とおっしゃっていましたが、面白いんですけど残念ながら言えません・・・。)

とにかく境川親方様は‘人たらし’と言いますか‘男たらし’と言いますか北脇が目指す憧れの人物なのであります。

そんな人間味溢れて魅力タップリの境川親方様の一言一言を聞きながら大相撲中継を楽しませて頂いた北脇でしたが、丁度この日の幕下の解説をしてらした元・北桜の小野川親方様が部屋の幕下力士「吐合」が自分得意の最高の押し相撲で勝った時「よっ!この天才!!」と言って褒めるらしいのですが、北脇も境川親方様に今度お会いしたら言いたいです「よっ!この男たらし!!」とね。(まぁ絶対に言えないでしょうけど・・・。)

ホープ・北脇、軽部進一監督から直接指導・・・!?

Dscf8193

中央にいらっしゃる男性は映画監督の「軽部進一」様であります。

来年公開の「赦免花」の撮影・編集を終えて明後日、‘パキスタン’で行われる映画祭に向かわれる超~ご多忙な時にもかかわらず、昨夜はお馴染み新宿歌舞伎町の「クラブ中越」様に来て頂きました。

実はホープ師匠、赦免花の映画に出演して以来、軽部監督と公私共に親しい間柄になりましていろいろな相談相手になって頂いております。http://www.nktentame.jp/movie.html ←サイトですが、出演者の中に城後光義(ホープ師匠の本名)も掲載されていますよ!

そんな軽部監督は映画監督でありながら、音楽やバンド・アーティストのプロデュースもしてらっしゃいます。(ご自身もかつてはバンドをして活動もしてらっしゃいました。)

最近、ホープ師匠の周囲から「ホープちゃんライブのバンドが面白い!」とか「楽曲がバカバカしくて良い!」とご好評頂いておりますので、軽部監督に映像や音楽をチェックしていただきながら「今後どうやって売り込んで行けば良いか?」をアドバイス頂きました。

北脇がギター一本で歌っている姿を動画で撮影しながら的確なアドバイスや攻め方を伝授頂きました。

当然と言えば当然ですが、軽部監督の一言一言が非常に説得力があって、北脇も感激しながら聞いていましたが、ホープ師匠「そんなに褒めてくれるんならCD作ってプロモーションもしてよ!金も出して!!」とズケズケと軽部監督に言って監督苦笑い・・・。

北脇も思わず「普通はこれだけ具体的なアドバイスや戦略を教えて頂いたらコンサルタント料金を‘こっちから’監督に払わないといけないんですよ!!」とホープ師匠に厳重注意しました。(でも師匠が無茶苦茶な事を言っても憎めないからいいんですよねぇ・・・。)

更に勢いに任せて「この北脇は音楽よりも役者に向いていると思うんだ。絶対に面白いよ!監督もそう思うだろう?正直な監督の気持ちを聞かせてくれよ!!」と軽部監督に言い寄りました。

監督も苦笑いして濁していると「そんな色気を出すんじゃない!普通にしてろ!!」と北脇に言い聞かせていたホープ師匠でしたが「色気出して普通じゃないのはホープ師匠の方でしょ!」と突っこみたくなりました。

そんな怖いもの知らずのホープ師匠・・・。

Dscf8192

「今度のホープちゃんライブで河村隆一をコントで使いたいから言っといてよ!」と監督に言いました。(軽部監督と河村様は大親友で赦免花の音楽も河村様が担当されました。)

そしてこの日は金曜日でお店も大賑わい。次々いらっしゃるお客様に「この人は映画監督だよ!決して反社会的勢力の関係じゃないからね!!」と言いながら大暴れしていたホープ師匠。

全くホープ師匠は、反社会的勢力よりもタチが悪い人ですねぇ・・・。

2011年11月17日 (木)

北脇、感慨無量!「俺が死んだら般若心経の歌を頼む!」・・・!?

Dscf8188

ホープ師匠のお隣にいらっしゃる方は某大手企業のトップ「M」様で、長年に渡りましてホープ師匠をご支援されている大恩人です。

昨夜はM様に、12月の大阪行きのご報告をさせて頂きました。

その席で「北ちゃん!ライブで歌った‘般若心経の歌’素晴らしかった!俺が死んだら葬式で必ず歌って欲しい。頼む!!」とM様に言われてしまいました。

以前のブログでも書きましたが、実はM様は作詞家でもあり、エメロンシャンプーのCMソングで大ヒットした「ふりむかないで」http://www.youtube.com/watch?v=pvRLXrp79_g&feature=related や森進一の「港町ブルース」の詞を発案された人物でありますから北脇にとりましては雲の上の人物なのであります。

その上、多くの芸能人とも親交が深く、様々な舞台やステージを見てこられた‘目利き’なのであります。

ホープ師匠曰く「この人は大物の芸能人にも平気でダメ出しするし、滅多に褒めないんだ!それなのに君はたいしたもんだ!!」と大喜びでした。

実際、北脇もM様の前で初めて歌った数ヶ月前は「辞めるんなら今のうちだよ!」と厳しく言われて落ち込んだ時もありました。(しかし、さり気なくチップを下さいましたよ。)

「城後さん(ホープ師匠の本名)、彼とバンドをライブに入れて良かったな!次回のライブも楽しみだ。あと、俺が死んだら葬式では北ちゃんに‘般若心経の歌’を歌って欲しい!家内や身内が何と言おうと頼むよ!」と念をおされました。

Dscf8190

「良かったじゃないか!最高の褒め言葉だよ!!これで葬式の‘営業’が一本決まったね!!」とホープ師匠は大喜び。

有難いやら申し訳ないやら北脇もこの表情です。(住職でもないのに・・・。)

これから北脇はどこへ行くのでしょうかねぇ・・・。

2011年11月16日 (水)

ホープ一座、大阪行き決定~っ!!か・・・!?

001

ホープ師匠と仲良くツーショットの女性は、ホープちゃんライブの看板女優「十勝花子」様であります。

この日はホープ師匠と重要な打ち合わせで十勝様が来て下さいました。

「大阪で12月15日から20日までコントをやるから力を貸して欲しい!」とホープ師匠から熱烈ラブコール。

当然、ご多忙な十勝様ではありますが、快く合意して下さいました。(多分・・・。)

詳細につきましては徐々に公開して行きますが、非常に過激で過酷な舞台になる事は間違いありません!

そんなホープ師匠と十勝様と一緒に大阪行きに抜擢されたのが・・・。

002

私、北脇であります。

「この前の専修大学の学祭のように無心でコントに挑戦して欲しい!変なウケ狙いや媚びる態度は取るな!!」と師匠から念を押された北脇であります。

そんな大阪行きの仕事をコーディネートして下さったのが・・・。

003

ホープ師匠のお弟子さん「西田ぼん」様であります。

「師匠と花子姉さんの身の回りの事は頼む!あとは俺に任せておけ!!」と北脇に強い口調で西田様がおっしゃいました。

「‘ぼん’のこの目つきを盗め!この詐欺師の目つきだ!こいつはこの目で何億もの金を動かしたり、大物俳優やスターを操ってきた。今日から君の手本は‘ぼん’だ!」と師匠が北脇に何度も言いました。

確かに西田様の目に見つめられると完全に取り込まれてしまいます。(本当ですよ・・・。)

ホープ師匠曰く「君は若い頃のぼんの目に似ている!君は詐欺師の素質に溢れている!多くの客を騙して喜ばせるには詐欺師の目にならなければいけない!」との事。

とにかく北脇は芸人の世界でで生きて行ける立派な‘変人’のようです・・・。

で、変人と言えば・・・。

004

イラストレーター「メソポ田宮文明」様も立派な変人のようです。

忙しい合間を縫って師匠に会いに来て下さいました。

「メタちゃん、一緒に大阪行くか?交通費自腹で!!でも、飯と寝る所は用意するよ。」とホープ師匠から誘われたメソポ田宮様。

来て下されば北脇も心強いですけどねぇ~。

で、手に持ってらっしゃるのは・・・。

005

ホープちゃんライブで爆笑をとって下さった世界的マジシャン「ブラック嶋田」様のイラストであります。

「うん、これは天才的な絵だ!!やっぱり君は変人だ!」とホープ師匠も大絶賛のメソポ田宮様の作品です。

当然、次回のホープちゃんライブのチラシのイラストも描いて頂きます。

しかし、ご本人はイラスト以上に‘コント’で参加したいようですが、どうなりますでしょうか!?

非常に楽しみであります。

2011年11月15日 (火)

もはや運命共同体!?北脇もアブナイ橋に・・・!?

Dscf8182

大相撲九州場所の初日の感想をブログに掲載させて頂き、温かいコメントに感激していた北脇。

今日も相撲ネタを!と思っていた矢先、いつになく真剣な声で「大事な話しがあるから来てくれ!」とホープ師匠からお電話を頂き、駆けつけた先には‘この人物’がいらっしゃいまして北脇も思わずひっくり返りそうになりました。

北脇の右隣で笑みを浮かべてらっしゃるのはホープ師匠のお弟子さんの「西田ぼん」様であります。(映画界にあっては超~っ有名人でらっしゃいます。)

普段は全く連絡がつかず、消息も不明、一時は‘死亡説’も出てしまった謎だらけの西田様ですが、数ヶ月に一度の割合で師匠の前に現われて楽しい(アブナイ・・・!?)お土産話しを聞かせて下さいます。(ちなみに二代目三波伸介師匠も河崎実監督も‘ぼんちゃんは行方不明だけど元気なんですか?’と北脇に質問していました・・・。)

ホープ師匠、神妙なお顔で「君とは一年付き合ってくれ!と約束してたけど、もう少し延長して欲しいんだ・・・。ぼんが仕事を取ってきてくれた。俺と一緒に勝負かけよう!」と打ち上げられました。

詳細はまだ書く事は出来ませんが、北脇には未知の世界、非常~にアブナイ橋を渡らなければいけない事になりそうであります。(その割には北脇、へらへらした顔をしていますが・・・。)

これから12月の中旬にかけて猛特訓をした後、東京を離れるホープ師匠と北脇・・・。

一体どうなってしまうのでしょうか・・・?

そして西田ぼん様は行き先を告げずにまた姿を消してしまいました。

う~ん!本当に謎が多い方であります・・・。

2011年11月14日 (月)

大相撲九州場所初日に大興奮・・・!?

一年納めの九州場所初日が13日から始まりました。

大相撲甚句の放送で相撲博士の菅原様がおっしゃっていたように今場所からBSで大相撲中継の放送が再開され、ご機嫌でテレビの前に座りましたら、いきなり目と耳を疑いたくなるようなニュース。

それは・・・。

Syoniti_001

幕内の「翔天狼」関の休場。

以前、大相撲甚句にご協力下さって以来、すっかりファンになってしまった北脇であります。(かなりいい方でした・・・。)

そんな翔天狼関、盲腸で入院されたとの事ですが、経過が良ければ20日頃から途中出場されるかも知れないとの事で少し安心しておりますが、心配なのは・・・。

Syoniti_002

十両の「佐田の海」関であります。

先場所の千秋楽に右足の関節を脱臼骨折し、手術されたとの事で、テレビを見るまで知りませんでした。

大相撲甚句でも三波師匠と一緒に「ご当地場所で大勝ちして大活躍されるでしょう!」と注目していただけにショックでした。(菅原様も大ファンでありますし・・・。)

しかし、マワシを締めて土俵におりて稽古を重ねてらっしゃるそうですから必ずや復活して下さるものと信じております。

そんなショッキングなBS放送を見ながらも、三段目・幕下力士の取り組みを見ながら興奮していた北脇(名月院・誉富士の熱戦も素晴らしかったですしね・・・。)が最も感動した一番は・・・。

Syoniti_003_3

新十両の「勢」関であります。 

Syoniti_004

幕下時代に維新力関の餅つきや豆まきのイベントでご一緒した際に非常に気さくに優しく接して下さった勢関。

何度も幕下上位で撥ね返されながらも遂に十両に昇進されました。

そんな勢関の初日は実力者の千代桜関でありましたが・・・。

Syoniti_005_2

素晴らしい出足から一気の寄り倒し。

堂々の白星発進でした!

Syoniti_006

やや傾きかけた大銀杏で勝ち名乗りをする勢関。喜びをグッとかみしめてらっしゃるでしょうね。

「気合の入るカッコイイ歌を作って下さいよ!」と以前おっしゃって下さった勢関。

当然、渾身を込めた歌を作らせて頂きますよ~っ!!

勿論、幕内の取り組みも名勝負ばかりでありました。

稀勢の里関も堂々の白星で大関まであと10勝ですし、新大関の琴奨菊関も大歓声の中、素晴らしい相撲で白星でした。

2日目の大相撲も目が離せませんね~っ!!

2011年11月11日 (金)

「河崎実」監督、大相撲甚句に再び登場~っ!!

Dscf8169

北脇の隣にいらっしゃる男性は映画監督の「河崎実」様であります。

中央には身長2000メートルの巨大ヒーロー「電エース」のマスクがありますが、河崎監督の代表作であります。

その他にも、ヅラ刑事、いかレスラー、日本以外全部沈没、ギララの逆襲、などなど「河崎実」と言う名前や顔は知らなくとも作品タイトルなどは一度は耳にした事があると言う方々も大勢いらっしゃるかと思います。(何と言いましてもタイトルが斬新で笑えますしね・・・。勿論、作品も笑えます・・・。)http://www.ponycanyon.co.jp/ikochan/ ←河崎監督のサイトです。

そんな河崎監督が、約2年半振りに新作を公開されるとの事でご連絡を頂きました。

当然、河崎実ファンの北脇でありますから機材を持って監督の事務所にお邪魔しまして収録をさせて頂きました。

その作品とは・・・。

Dscf8171

「地球防衛ガールズP9」であります。http://girls-p9.com/ サイトです。

ウルトラマンや特撮ヒーローなどの影響を強く受けられた河崎監督。

内容も非常に面白いですが、キャストも超豪華であります。(アノ大御所達が次々登場します・・・。)

サンプル映像を拝見して楽しませて頂いた北脇ですが、とうぜん劇場にも観に行きますよ!!

収録中、お話が弾んで終始ご機嫌だった河崎監督。

「面白い物を見せようか・・・?」と言って・・・。

Dscf8153

撮影で実際に使われた怪獣の着ぐるみを見せて下さいました。(公開前ですので全部はお見せ出来ませんけど・・・。)

そして!

Dscf8155

これ何だか分かる?と扉を開けた先には・・・。

Dscf8154

映画「いかレスラー」で実際に使われた着ぐるみがありました。

これには驚いてしまいましたよ!!

そして更に・・・。

Dscf8156

かなりリアルな造形の「ウメラ」!お宝だらけであります。

そして極めつけは・・・。

Dscf8161

この「電エース」の仮面であります。

実際に付けてみたかったのですが、非常に小さくて顔と頭が大きな北脇には無理でした。

残念・・・。

Dscf8157

収録も順調に進み、監督には当然、番組スポンサーの㈱スギヨのカニ風味カマボコ「香り箱」をご賞味頂きました。

いつかスギヨ仮面も河崎実作品に出演して頂けるようにPRしましたよ!

PRついでに・・・。

Dscf8168

河崎監督の手に持たれているのは河崎監督の著書であります。

題して・・・。

Dscf8165

「タイガーマスクに土下座しろ!」であります。

これが最高に面白くて、北脇もタイガーマスクのDVDを全巻レンタルしてしまいました。

河崎監督の映画を「オフザケ映画」とか「バカバカしい」とか様々な苦言などを呈する人物もいますが、北脇は河崎実映画ファンなのであります。

いつか「河崎実に土下座しろ!」と言う歌を作って熱唱したいです。(本当ですよ!!)

ちなみに収録では「河崎実に捧げるバラード」を歌いました。

河崎監督出演の大相撲甚句は11月20日放送であります。

で、おまけ写真ですが・・・。

Dscf8166

河崎監督の35、6歳の頃の写真です。

北脇も顔が濃いですが、河崎監督もかなり濃いお顔であります。

そんな監督とサウナの話しをしましたら「俺達みたいなタイプの顔は狙われるんだよね・・・。」と盛り上ってしまいました。

もちろん北脇にその気は全くありませんが、サウナにはいろいろな方々がいますからねぇ・・・。

「面白い物があるんだ!」と言ってまた監督が取り出したのは・・・。

Dscf8164

テレビ大阪のノベルティーグッズ「鶴瓶師匠のペン立て」であります。

これを作って関係者に配っているテレビ大阪のセンスも凄いですが、サウナの話しのタイミングでこれを取り出す河崎監督も凄いですねぇ・・・。

もちろん、河崎監督には‘その気’はありませんよ!(多分・・・。)

やはり河崎実と言う人物は凄いですよねぇ~。

2011年11月 9日 (水)

生きてる幸せを実感!ホープ師匠と北脇・・・。

Mesi_008

気難しい顔で週刊誌を読むホープ師匠。

昨日のスポーツ新聞の一面はほぼ全紙「鳴戸親方」の記事で占められておりました。

昨日のブログでも書きましたが、鳴戸親方とホープ師匠は親しいご関係でしたので、やはりショックは大きく、無言の時間が過ぎていた時、「面白い記事があるよ!」と見せて下さった箇所には・・・。

Mesi_004

みうらじゅんさんのコラム「死に方上手」でした。(凄いタイトルですね・・・。)

内容は「最近‘無宗教’と言う人が多いですが、自分の葬儀ではお経ではなく、生前に好きだった音楽を流す人が増えている云々・・・。」と言うものでありました。

ホープ師匠も先月で62歳になりましたが、「自分ではこんなに生きるとは思っていなかった・・・。」と今でも口癖のようにいっております。(実際、何度も死にかけた事もあるようですし・・・。)

この度の鳴戸親方の事も決して自分にとっては対岸の火事では無いと受け止めて暫く沈黙・・・。

そんな様子を見て「この前のライブで‘般若心経のロック’やったじゃないですか?みうらじゅんさんの記事を読むと、ひょっとしたらこの歌で一儲けできるんじゃないですか・・・?」と恐る恐る言うと・・・。

Mesi_003

「そりゃそうだ!ひと山当てるまでは死ねないね!!よし、ちょっと付いて来てくれ!」と師匠に連れて行かれた処は・・・。(それにしても凄いお顔ですねぇ・・・。)

Mesi_001

美味しいと評判の定食屋さんです。

「あら師匠!久し振りじゃない?」と親しげに声をかけられながらも、「それとこれと・・・。」品定めする師匠の耳には入っていませんでした。

そして師匠が選んだのは・・・。

Mesi_002

魚と野菜中心のヘルシーなおかず。「やっぱり健康に気をつけなきゃ長生きできないよ!」と満面の笑み。

それにしてもいい笑顔ですね~。

Mesi_007

そして北脇もいっしょに「いただきま~す!」

このようなボリュームの食事も男二人なら・・・。

Mesi_009

ものの数分で完食であります。

「いや~、生きていればこそだね。もう少し長生きしてジタバタしよう!」と言いながら食後のいっぷくを楽しむ師匠。(絵になりますね・・・。)

この後は当然、師匠とサウナで汗を流した北脇でした。

2011年11月 8日 (火)

さようなら、おしん横綱「隆の里俊英」!!

Naru

昨日、隆の里の鳴戸親方がお亡くなりになられたニュースを聞いて衝撃を受けられた方々も大勢と思います。

私も昨日の昼過ぎに武哲山の栗本先生からお電話で聞かされて、その場で倒れそうになってしまいました。(丁度、ラジオのエンディングでも隆の里・北天祐の取り組みの話をしたところでしたしね・・・。)

隆の里関と言えば北脇が小学生時代、大相撲に一番のめり込んでいた時に見ていた力士でした。

当時は千代の富士全盛でしたが、その千代の富士にことごとく土を付けた力士でしたし、何と言いましても北脇が少年時代に初めて見た「不知火型の土俵入り横綱」でした。(その後に、双羽黒や旭富士が出てきましたけど・・・。)

とにかくこの時代は「ウルフ」とか「おしん」とか「新人類」とか横綱に対してもそうですし、大関以下の力士にも様々なニックネームが付いていて子供心に本当に楽しませて頂きました。(ちなみに北脇の‘西新宿のマイトガイ’も‘南海の黒豹’や北海の白熊’のようなニックネームに憧れて‘自分で’勝手に付けましたが、未だに全く浸透しておりません。今後も浸透しないでしょうね・・・。)

丁度、昨日は元関取の栃桜親方様やホープ師匠とお茶を飲みながらお店のテレビを見て鳴戸親方の事をお話しました。

「俺みたいな男が死なないで、これからの男が死ぬなんて・・・。あんな堅物で真面目な親方はもう現われないね・・・。」と寂しげに栃桜親方が言えば、「俺なんて鳴戸部屋にしょっちゅう行って親方には随分世話になったからね・・・。おかみさんと弟子が可愛そうだよ・・・。」とホープ師匠もかなり落ち込んでらっしゃいました。

自分や弟子にはかなり厳しい鳴戸親方でしたが、部屋に遊びに来たホープ師匠や芸人さんたちには本当に気さくに優しく接して下さったそうです。

鳴戸親方のご冥福を心よりお祈り申し上げます。

2011年11月 7日 (月)

大相撲甚句出演なるか!○木山関・・・!?

Iwa_002

5,6日は大阪府堺市で相撲のインカレが行われまして、北脇もテレビで見ながら盛り上っておりました。

先週、今週と大相撲甚句のゲストで盛り上げて下さいました栗本先生からも「インカレ観に来てるでしょ?」とお電話を頂きました。(テレビを見ますと東京方面からも熱狂的な相撲ファンが観に行っていた様子がシッカリ映されていました・・・。)

大学相撲と言えば今や日体大、日大、近大などが上位を占めておりますが、つい10数年前に「青森大学」で全国制覇を狙っていた熱い男がおりました。

さて、前振りが長くなりましたが、北脇が不敵な笑みを浮かべながら手にしている写真が青森大学出身の元小結○木山関であります。

1月30日の断髪式を前にお電話で出演交渉をしましたところ「私で良ければ!」と快くお返事を頂きました。(師匠の境○親方様も番組出演の為の‘援護射撃’をして下さいました。)

あとは相撲協会の広報部様へ書類を提出して審査が通れば○木山関にご出演頂ける事になりそうであります。(一応、○木山関と書かせて頂いておりますが完全にお分かりですよねぇ・・・。)

見切り発車でブログの記事にしてしまいましたが、さぁ!一体どうなりますでしょうか・・・。

皆様、どうか楽しみにしていて下さいね!!

Dscn5745

高校時代、金沢大会のパンフレットの表紙にもなった○木山関。(右の選手です。)

大学卒業後、教職員を経て大相撲入りした苦労人でらっしゃいますから話題も満載でありましょう。

是非とも大相撲甚句の番組で語って頂きたいです。

2011年11月 5日 (土)

専修大学鳳祭りに「ホープちゃん一座」大暴れ・・・!?

Dscf8132

11月4日、天候にも恵まれた「専修大学・鳳祭り」でありましたが、ご覧のように我らが「ホープ一座」集合して仲良くポーズを決めております。

この前日は微稽古をして、だいたいの流れを決めていたステージに上がったものの・・・。

Mov07b_capture

ステージで独り歌う北脇。

自分では哀愁が漂っていて酔っていたのですが・・・。

Mov07b_capture_1

「北脇を助けて盛り上げてやれ!」と師匠の掛け声で全員ステージに上がってご挨拶!

Mov07b_capture_2_2

そしてステージで歌って踊りまくりましたよ!

いつもは「お前は目立ちすぎだ!!」と師匠に突っこまれる北脇ですが、この日は「あの歌歌え!」「あれもやれ!!」と北脇を前面に押し出して下さったホープ師匠でした。

しかし!ご覧のようにアヤちゃんはタンバリン、トランペットの大林さんもセンターに来たり、パーカッションの舛田さんは鍋やフライパンを叩いたり、普段は微動だにしないベースの佐々木さんは大股を広げてノリまくっていました。

まぁ、北脇が一番地味だったかもですよ・・・。

Mov07b_capture_3

当然、歌の合間にはフリートーク。女子大生が大勢集まってきて師匠も北脇もテンションが上がってしまいましたよ!!

そして!

Mov07b_capture_1_2 

最後は「ホープのバラード ~ジタバタするのが人生~」を歌いました。

信じられない事に学生達が一緒に歌ったりノッて盛り上ってくれました。

う~ん、やはり音楽の力は凄いですね~。

Dscf8131

そして我々6人、アドレナリンが出まくってこの表情!!

前列左から20代の舛田さん、60代のホープ師匠、50代の大林さん(若い!)、30代の北脇、後列左から40代の佐々木さん、そして紅一点‘21歳になったばかりのアヤちゃん’であります。

20代から60代までの我々ホープ一座でありますが、結束は固い!!(と思っているんですが・・・。)

今回は学園祭でしたが、次回は年配の方々が集まる所に行って反応を見てみたいですね。

そう言えば、イラストレーターのメソポ田宮文明さんの姿が見えませんが、決してシャッターを押していると言う訳ではなく、寝坊してしまいました。(やっぱり笑わせてくれますねぇ・・・。)

実行委員長の学生さんから「来年も是非お願いします!」と言って頂きましたが、来年の今頃は我々一体どうなっているでしょうかねぇ・・・。(師匠には長生きして頂かないとですよ!)

そしてステージには・・・。

Dscf8124_2

専修大学の戦隊ヒーロー「オオトリレンジャー」やダンスユニットなどの皆様も盛り上げてらっしゃいました。(メソポ田宮さんにも見せてやりたかったですよ・・・。)

Dscf8130

と言う訳で専修大学鳳祭りを楽しませて頂いた我々ホープ一座は学生で賑わうキャンパスを後にしたのであります。

専修大学の皆様!有難うございました~っ!!

2011年11月 4日 (金)

専修大学学園祭に向けて微稽古・・・!?

Dscf8122

11月4日の専修大学学園祭に出演が決まった我らが「ホープ一座」の面々。

本来ならば猛稽古!と行きたいところですが、前日ギリギリになってようやく‘微’稽古をやりました。

と言いますのも超多忙なバンドの皆さんのスケジュールもありますし、稽古嫌いなホープ師匠と北脇ですから稽古で神経使うぐらいなが滑って恥をかく方が良い!とは言いませんけど、実験的なコントを披露するつもりでステージに上がろうかと思っております。

Dscf8121

まぁ、キッチリ打ち合わせをしても師匠はアドリブを重ねるでしょうからバンドの皆さんも心得ておりますよ!

と言う訳で・・・。

Dscf8123

学園祭は大いに楽しんでまいりますよ~っ!!(この中にイラストレーターのメソポ田宮文明様もチョイ役で参加する予定です。)

さあ!どうなりますでしょうかねぇ~。

2011年11月 3日 (木)

ホープちゃんラーメンに大満足・・・!?

Dscf8117

ホープ師匠とアヤちゃんが今にもラーメンを食べようとしておりますが、コントの打ち合わせの後に小腹が空いたのでホープ師匠に作って頂きました。

この前日は「トンカツ屋」さんでアヤちゃんの誕生日祝いにご馳走を振舞って下さったホープ師匠でしたが・・・。

Dscf8105

この日はインスタントラーメンであります。

「いつもいつも豪華な飯が食べられると思ったら大間違いだぞ!」と言いながら・・・。

Dscf8106

アヤちゃんに手伝いをさせているホープ師匠。(それにしても特殊な作り方ですね・・・。)

Dscf8108

鍋に3食分のラーメンを煮るホープ師匠。(何故か微妙に笑っていますね・・・。)

Dscf8110

それを手際よく丼に移す師匠。

Dscf8111

「先生!今日の料理のポイントは?」と料理番組のアシスタントのように役になりきるアヤちゃん。

このようなやり取りがコント作りに役立つ訳であります。

Dscf8115

これが完成した「ホープちゃんラーメン」玉子が入って美味しそうでしょう?

Dscf8114

笑顔でポーズ!もちろん美味しかったですよ~っ!!

Dscf8116

3人とも見事に完食!(ちなみに真ん中はアヤちゃんが食べましたが育ちの良さが出ていますね~。)

2011年11月 2日 (水)

10月31日、アヤちゃん21歳の誕生日!!

Dscf8103

ホープ師匠の隣の女性は前回のホープちゃんライブで活躍してくれた女優のアヤちゃんであります。

ご覧のように可愛らしい女の子でありますが、コントのセンスも良く、師匠もこれから育てて行きたいと、かなり気にかけてらっしゃいます。

そんなアヤちゃん、10月31日で21歳になりましたので師匠からご馳走が振舞われました。

丁度、師匠も10月24日が誕生日でしたし、北脇も10月16日が誕生日でしたので昨夜は3人で楽しく食事をしながらお話をしました。

このところのブログはホープ師匠と北脇のツーショットが圧倒的に多かったので、このようなツーショットも良いですよね!

明るく素直なアヤちゃんのこれからの活躍を楽しみにしているホープ師匠と北脇でありましたが、これまでホープちゃんライブに出た若手の可愛い女優は他の仕事で抜擢されたりで全員一回限りで我々の前から姿を消しているというジンクスがあります。(本当なんです・・・。)

アヤちゃんに限ってはそのような事は無いと思っておりますが、さぁ!どうなりますでしょうかねぇ・・・。

Dscf8104

ボリュームタップリのトンカツ、フライ、メンチカツ。3人で仲良くシェアして食べましたよ!!

2011年11月 1日 (火)

二代目三波伸介・相撲博士菅原尚晋、大相撲甚句にて強力タッグ・・・!?

Dscf8084

この4ショット!北脇が夢に描いた収録が実現しました。

お馴染み「二代目三波伸介」師匠と萬天舘代表「三波ちぇこ」様の事務所にて大相撲甚句の収録をさせて頂きましたが、注目すべきは北脇の右隣の男性です。

Dscf8078

整体師で相撲博士の「菅原尚晋 すがわらたかゆき」様であります。

三波師匠からの強烈ラブコールで「収録には絶対に菅原さんと一緒にトークしたい!!」との事でしたので仕事の合間を縫って駆けつけて頂きました。(三波師匠の手には菅原様から‘角力チョコレート’のお土産。この笑顔であります!)

そしてこの日は・・・。

Dscf8077

九州場所の番付け発表でしたので、当然番組のトークは九州場所の見所や展望が中心でしたが、好角家の三波師匠は土俵上の熱戦よりも‘違う戦い’を注目していました。(ヒントは時期○守○之助です。もうお分かりですね・・・。)

そして相撲博士菅原様は序ノ口・序二段の‘某小兵力士’の活躍に焦点を合わせていました。

やはりお二人は超~っマニアックであります。(勿論、新入幕の妙義龍関のお話しなども出ていますが・・・。)

Dscf8079

収録の合間には菅原様が持ってきたお宝アイテムを見て楽しんでらした三波師匠。(天龍関のリング上での断髪式などが掲載された書籍に釘付けだった三波師匠。相撲同様プロレスも超マニアでらっしゃいます。)

Dscf8081

この浴衣は何と、白鵬関63連勝達成記念の反物で仕立てられた超お宝であります。

関係者以外は入手出来ない大変貴重な品であります。

そんな貴重品を・・・。

Dscf8086_2

恐れ多くも北脇も着させて頂きました。あまりのカッコ良さにこのまま着て帰りたくなりました。

そして貴重品と言えば・・・。

1030

初代三波伸介師匠がご出演されていた「減点パパ」の書籍であります。(懐かしいですねぇ~。)

数々の有名人親子が登場して三波師匠が描く絵に毎回驚かされましたが、気になる箇所をちょっとご紹介します。

Dscf8096

このお顔!お分かりですよねぇ~。

Dscf8099

二子山 親方であります。ちなみに三波師匠が描く絵は‘似顔絵’ではなく、子供から聞き出した特徴や言葉を元に作成する‘モンタージュ’や‘目撃証言者情報から作成された絵’と言う事であります。(と言う事はお父さんって・・・。)

そんな二子山親方のご子息様は・・・。

Dscf8098_2

お父様に対してかなり苦言を呈してらっしゃいます。(考えられないですね・・・。)

このオンエアを見てみたかったですね・・・。

そしてこのお顔は分かるでしょうか?

Dscf8093

笑えるぐらい似ていますが・・・。

Dscf8095

横綱佐田の山の出羽海親方であります。

現役時代は大鵬・柏戸を相手に真っ向勝負し、引退後は大相撲の発展・改革の為に尽力された素晴らしい方でありましたね!

そんな出羽海親方の最愛の娘さんからは・・・。

Dscf8094

可愛さ溢れる作文のプレゼント。(よつばのクローバーですよ!!)

「いつかBSとかアーカイブス番組などで再放送して頂きたいですね・・・。

Dscf8091

三波師匠の手には菅原様のお宝の「北の富士」断髪式のパンフレットが持たれておりますが、三波師匠も菅原様も相撲を愛して想う気持ちが言葉から溢れております。

是非とも11月13日、27日の大相撲甚句をお聴き逃しのありませんよう宜しくお願いしますね!!

« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »