« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »

2011年10月

2011年10月31日 (月)

中一日、本日も両国で相撲を堪能~っ!!

1030_001

10月28日に両国の隅田川沿いで収録をした北脇でありますが、本日30日も両国へ行ってまいりました。

ご覧のように国技館では全国の少年相撲のクラブチームが集結して「全国少年相撲選手権大会」が執り行われました。

とにかくこの日は何はなくとも観戦に行きたいと楽しみにしていた北脇でありました。

国技館には10時半ぐらいに到着しましたが土俵を見ますと・・・。

1030_002

北脇がお世話になっている「三鷹相撲クラブAチーム」が強豪「十日町チーム」を対戦していました。(背中が三鷹チームです。)

丁度、先々週のゲストに登場してくれた三鷹チームを応援させて頂きました。

そして応援と言えば土俵だまりの左にいる・・・。

1030_020

緑の名札がトレードマーク、北脇とは稽古を積んでいるチームメート(と言っても8ヶ月程ご無沙汰ですが・・・。)文京針ヶ谷相撲クラブBチームが登場。

去年の今頃は毎週のように道場に通っていたものですが、もう子供達にも負けてしまうでしょうね。

そして・・・。

1030_019

こちらは文京針ヶ谷相撲クラブCチームの面々です。左の大きな選手‘武くん’とはよく稽古をしましたがあまりの成長ぶりに驚いてしまいました。

そして前列右の中村くんには胸を出していた北脇でしたが、会場で北脇を発見するなり「北脇さ~ん!今なにしてるの?ずいぶん若返りましたね!!」と言われてしまいました。

「サウナ行ってるからねぇ~。」とも言えず「また近いうちに道場行くよ!」と思わず言ってしまいました。

子供との約束は守って‘サウナ’ではなく‘稽古’で汗を流さなくてはいけませんよねぇ・・・。

そして当然、三鷹相撲クラブや文京針ヶ谷相撲クラブの皆様の元へご挨拶に伺おうと応援席を見渡せば有難いことに・・・。

1030_006

三鷹クラブのチームカラーの「オレンジシャツ」を着た皆様が集まって応援してらっしゃったので何の迷いもなくすんなりと行く事が出来ましたし・・・。

1030_007

文京クラブのチームカラー「グリーンシャツ」を着た皆様の元へもご挨拶に行く事が出来ました。

そしてやはり北脇の地元であります・・・。

1030_013

「穴水チーム」とも合流出来て久し振りの再会を楽しむ事が出来ました。

元気な返事と挨拶が出来る子供達ばかりで北脇も嬉しくなりました。

もちろん一生懸命最後まで勝負を諦めない相撲を取ってみんな頑張って活躍してくれましたよ!

頑張って活躍と言えば・・・。

1030_008

大相撲甚句の番組で過激かつ超~っ面白トークをご披露下さいました元・武哲山で東洋大牛久高校相撲部監督「栗本剛」先生とも会場で合流出来ました。

そして右の男性もかつて大相撲甚句にご出演下さいました元・益ノ富士の「益子治」様でありますが、何と益子様は栗本先生の教え子で言わば「師弟関係」でらっしゃいます。

益子様は優等生で模範生だったそうです。

そんな益子様は栗本先生の事を「イエス」先生と呼びます。

その由来は・・・。また近々番組でご披露頂く事にしましょう。

そうこうしているうちに・・・。

1030_009

柏日体高校相撲部監督「永井明慶」先生がいらっしゃいました。

永井先生は栗本先生を北脇に後押しして下さった恩人であります。

プロ・アマ問わず様々な相撲経験者の皆様のご協力ご尽力で大相撲甚句の番組も毎週お届け出来る訳であります。

番組を通じて少しでも相撲発展のお役に立てる事が出来ます様に北脇も更なる努力精進を重ねて行かなければいけないですね。

と心に誓った矢先に一本の電話がかかってきまして国技館を後にした北脇。

北脇が向かった先には勿論この人物・・・。

1030_015

ご存知「ホープ師匠」であります。

来る専修大学学園祭の打ち合わせの為に師匠の元へ行きましたが、サウナで一汗(五汗ぐらい・・・。)流して中華屋に行きました。

丁度サウナにダンカン様がいらっしゃって話も弾んで「ビールでもご馳走しますからどうです?」とお誘い頂いたのですが「いや!学際の重要な打ち合わせがあるからまた今度!!」とキッパリお酒を断った筈のホープ師匠でしたが軽く一杯呑みながらの打ち合わせになってしまいました。

と言いますのも・・・。

1030_016

お店の大将がホープ師匠の大ファンで「私からご馳走しますから!」とお酒をサービスして下さったからであります。(右の男性)

どこへ行っても師匠は人気者なのであります。

1030_018

相撲会場でも「北脇さんのブログにはホープ師匠とサウナ行って喫茶店行っている写真が多くて楽しそうですねぇ~。」と多くの方々から言われて一部の相撲関係者からもジワジワホープ師匠の存在も浸透しているようであります。

と言う訳で本日は心も体も満たされた一日でありました。

2011年10月29日 (土)

感慨無量、大相撲甚句に「木村堅治郎」登場~っ!!

Dscf8044

北脇の隣で腕組みをしてらっしゃる男性、大相撲ファンならば‘ピン’と来る方もいらっしゃるでしょうが正真正銘、日本相撲協会の十両格行司・峰崎部屋「木村堅治郎」様であります。

スーツ姿ですからお分かり頂けない方の為に・・・。

Dscf8055

このような絢爛豪華な装束を身にまとって・・・。

Dscf8054_3

勝ち力士に軍配を上げてらっしゃいます。

そんな堅治郎様が選んだ収録場所は・・・。

Dscf8037

屋形船や水上バスが走る「隅田川」沿いの屋外であります。

この日は天候にも恵まれて、しかも風も無く最高の収録日和でした。

心ゆくまでタップリ二週分の収録が出来ましたが、何ゆえに堅治郎様が大相撲甚句にご出演頂ける事になったのか・・・?

それは大相撲甚句の12月4日、11日の放送をお聴き頂ければお分かりですが、何と堅治郎様自ら北脇の元に「逆・出演交渉」して下さったんです。(間を取り持って下さったのは、お馴染み相撲博士の菅原様であります。菅原様と堅治郎様は少年時代から相撲仲間でした・・・。)

「謝礼やギャラは要りません!ボランティアで喋りますよ!!」と男気溢れる堅治郎様のお言葉に感激した北脇。

実は、ラジオで一番大変なのは喋りでも太鼓持ちソングでもなく、ゲストの‘出演交渉’なのであります。

スポンサー様がいてくださるとは言え、予算が限られているのでボランティアでご出演下さる方は本当に涙が出てしまいます。

番組は‘ノーギャラ’が前提でなければ成立しないのが現状であります・・・。(武哲山の栗本先生も‘何でも協力するよ!’とご出演下さいましたし、他にも数々のゲスト様が‘友情出演’で番組を盛り上げて下さってますし、逆にご馳走やお土産まで頂いてしまう事もあります。本当に有難いです・・・。)

そんな堅治郎様には当然、感謝の気持ちを込めて・・・。

Dscf8038

「十両格行司 木村堅治郎 の歌」を熱唱しました。(しかも3番まで!)

思えば3年前に国技館の相撲教習所で行われた「相撲交流会」で初めて堅治郎様にお会いした時は素晴らしい口上(方屋開口)をご披露頂いた時に、完全に雲の上の方だと思って遠くから見ていたのが、まさか大相撲甚句にご出演頂ける事になったとは本当に夢のようでした。

相撲協会の広報部に堅治郎様ご出演の為の書類を作成し、提出して審査が通った感動・・・。

番組6年目で初めての出来事に北脇もFM西東京も喜びに沸き立っている訳であります。

堅治郎様を突破口にこれからも出来る限り現役の力士、行司、呼出し、床山、親方、(世話人、若者頭も・・・。)の皆様にもご出演頂きたいですね!!

夢は膨らみますよ~っ!!

と言う訳で・・・。

Dscf8043

収録後は堅治郎様のリクエストで「蔵前橋」の前で記念撮影!(逆光で我々の姿が見えにくいですが・・・。)

大相撲を心から愛し、発展を願う木村堅治郎様。

収録を終えて直ぐに博多行きの荷造りの為に帰られました。(今頃は鈍行列車の中ですね・・・。)

そんな堅治郎様の動向や峰崎部屋のチェックはサイトhttp://www.minezaki.com/ 大相撲峰崎部屋をご覧下さい!!

そして11月の九州場所も是非チェックしましょうね!!

2011年10月26日 (水)

「生きてて良かった~っ!」ホープ師匠、西新宿へ無事帰還・・・!?

Dscf8036

この数週間、歌舞伎町のサウナに潜伏してらしたホープ師匠。(時々北脇も面会に行っていましたけど・・・。)

住み慣れた西新宿某所にようやく帰る事が出来ました。(殆ど毎日のように師匠と会っている北脇ですが、未だに師匠がどのような生活を送ってらっしゃるのか謎なのでありますが・・・。)

「久し振りに布団で手足を伸ばすと眠れないんだよ・・・。嫌だねぇ~。」とカプセルホテルで過ごした数週間を思い出しながらも師匠と一緒に約一ヶ月振りに西新宿の行きつけのサウナに行きました。

すると「久し振りじゃないですか!元気でしたか?」「あんまり見えないんで病気になったかと思いましたよ!」と常連の皆様から次々に声をかけられて西新宿の皆様の優しさに触れた師匠でした。(本当に重病で倒れたのでは・・・?とお客様の中で少し噂になっていたようです。)

ライブや大きなイベントの前には確実に「サウナ・カプセルホテル生活」になってしまうホープ師匠。

今度は一体いつでしょうかねぇ・・・。

Dscf8034

「こんな俺にみんな優しくしてくれて有難いね・・・。」と言いながらしみじみレモネードを飲むホープ師匠。

ホープちゃんライブも誕生会も多くの皆様がご尽力下さいました。

北脇も間近で拝見し、楽しませて頂きました。

Dscf8035 

「よし!また新しい‘祭り’を探して楽しもうよ!!」と強い口調でおっしゃる師匠。

さぁ!どのような祭りがおきるでしょうか?非常に楽しみでありますね。(しかし、ライブやイベントの前にはジンクスのようにサウナ・カプセルホテル生活になってしまうホープ師匠ですから大変ですねぇ~。)

2011年10月25日 (火)

超~っ盛大!ホープ師匠62歳誕生日!

003

10月24日、言わずと知れたホープ師匠の誕生日でありましたが、師匠を愛する多くの方々に祝福を受けられて昨日無事に終えられました。

この素敵なお店は元関取・栃桜親方様の「方屋」ですが、北脇が普段は絶対に食べる事の出来ないようなご馳走と有名な方とご一緒する事が出来ました。

その人物とは・・・。

005

作家の元木すみお先生であります。

ホープ師匠とは20代前半の下積み時代から苦楽を共にされた「戦友」でらっしゃいました。

井上ひさし先生のお弟子さんを経て「てんぷくトリオ」のコントを書かれたり、現在はM1グランプリの審査員、NHKの綾小路きみまろ師匠の番組台本を書かれている超多忙な売れっ子作家様でらっしゃいます。

デビュー当時のホープ師匠のお話や昭和40年代のテレビや喜劇のお話を沢山聞かせて頂きました。

004

そして右にいらっしゃる男性も某大手新聞社のトップの方でらっしゃいます。(お名前は書けませんが・・・。)

長年ホープ師匠の活動をサポートして下さり、ホープちゃんライブにも毎回ご支援下さいます。(方屋様でのお食事もご馳走頂きました。)

このような超大物の方とご一緒させて頂くのは場違いではありますが、ホープ師匠は「この北脇は必ず出る男だから覚えておいてよ!」と推して下さいます。

師匠や皆様のご期待に応える活動をしなくては申し訳がたたない訳であります。

お腹も心も満たされまして向かった先は・・・。

006

クラブ中越のお店です。

いきなりのクラッカーの嵐で店内が火薬のにおいで充満してしまいました・・・。

007

「も~俺を驚かさないでくれよ・・・。心臓が止まるかと思ったよ・・・。」と師匠目がけて皆様でクラッカーを噴射しました。(師匠のお顔が衝撃を物語っていますねぇ・・・。)

008

「心臓止まれば良かったじゃん!残念!!」と冷やかされながらも笑顔でポーズ。

この瞬間も嵐のようにクラッカーが鳴り響いていました。(面白かったですよ~っ!)

そして師匠の後ろには・・・。

009

綺麗なお花が飾られておりますが、その贈り主は・・・。

010

世界の「北野武」様であります。

ホープ師匠と武様は浅草ストリップ劇場で下積みをしてらした頃に夢を語って切磋琢磨していたかけがえのない友人でらっしゃいます。

言葉に出来ないほどの感動でありました!

しかし、あくまでもこの日の主人公はホープ師匠!

男性は勿論、女性にもモテモテでしたよ~っ!!

011

両手に花ですね!!シャッターを押しながら北脇もメロメロになってしまいました。

ちなみに師匠が着てらっしゃる服はジュンコさん(左)、チカさん(右)から贈られたプレゼントであります。

そしてプレゼントと言えば・・・。

016

イラストレーター「メソポ田宮文明」様からもTシャツとバースデーカードのプレゼント。

この日は用事で出席出来ませんでしたから北脇がお預かりしました。

本当に義理堅い男でらっしゃいます。

そして誕生日と言えば・・・。

013

バースデーケーキですね!師匠も少年のようなお顔で見てらっしゃいます。

そのロウソクの火を消す瞬間・・・。

014

皆さんカメラで撮ろうと構えていたのに、あっという間に消してしまった師匠。(北脇もブレて失敗してしまいました・・・。)

015

にもかかわらず「えっ!どうかしたの?」と言うようなお顔。笑えてしまいました。

017

「今年の誕生日は天晴れだった!」と言ったかどうかは知りませんが、この笑顔!

何とか来年も誕生日を迎えたいね!とおっしゃっていましたが、是非とも長生きして頂きたいホープ師匠。

これからもヨロシク~ねっ!!

2011年10月22日 (土)

ホープ師匠の62歳誕生日は「密誕」・・・!?

Dscf8002

タバコを手に持ってポーズを取るホープ師匠。

バックには壁一面の装飾がありますが、実は10月24日はホープ師匠の62回目の誕生日であります。(タバコは北脇からの誕生プレゼントですが、5箱も吸ったら命を縮めますよねぇ・・・。)

これまでは様々な芸能人の皆様をお招きして盛大に執り行われてきた師匠の誕生パーティーでしたが「今年は身内だけでひっそりと誕生会をやろうと思ってるんだ。丁度、専修大学の学園祭のリハーサルを兼ねて誕生日のリハーサルもやるので付き合ってよ!」と師匠にお声掛け頂いたので(何かよく分かりませんが・・・。)昨夜もクラブ中越に師匠とご一緒しました。

この前はライブで盛大に「生前葬」をやったホープ師匠ですから、この日は「密葬」ならぬ「密誕」を行うつもりで粛々としておりましたが・・・。

Dscf8005

こんな可愛らしいバースデーケーキが用意されていましたし!(ちなみに北脇は‘バースデーおにぎり’でしたね・・・。)

Dscf8004

壁の装飾はホープ師匠のお弟子さんのヒロ様が丹精込めて作られました。(ちなみにヒロ様も10月24日が誕生日で北脇と同じ39歳になります。)

Dscf8007

ケーキを感慨深げに眺めるホープ師匠。

破天荒で無茶苦茶な人生を歩んでこられたホープ師匠曰く「62歳まで生きられるなんて夢にも思わなかった・・・。」としみじみ・・・。

そして「密誕」の筈が師匠の周りには・・・。

Dscf8010

バースデーソングを歌う大勢のお客様!(ママやホステスの女の子達が密かにお声掛けしてらしたようです。)

泣ける演出ですね・・・。感激しました!

Dscf8011

ロウソクの火を消して拍手の嵐!!(ブレて申し訳ありません)

予定外の大勢のお客様に祝福された師匠。当然、芸人魂が騒いで・・・。

Dscf8008

封印していた「ヨロシクね!」を披露して皆様大喜び!!

師匠とそのままミニライブをして朝3時過ぎまで盛り上りました。

無事に「密誕」と言いますか「誕生日のリハーサル」も終わり、クタクタになった師匠と北脇が向かった先は・・・。

Dscf7655a

当然「サウナ」であります。北脇も師匠とお揃いの「青いシャツ」を着て(青いシャツは宿泊者専用で、黄色シャツは休憩者専用です。)この笑顔!

ご覧のように師匠は呑み過ぎてかなり疲れてらっしゃいます。

「リハーサル」がこのような状態でしたら「本番」はどのようになるのでしょうかねぇ・・・。

覚悟して24日を迎えたいと思います。

それにしましても多くの皆様に祝福されてホープ師匠は本当に幸せ者でらっしゃいます。

2011年10月20日 (木)

ホープ師匠と北脇、親子丼食べて今日から親子・・・!?

Dscf7986

このショットも見飽きたかも知れませんが、本日もホープ師匠が生活してらっしゃる・・・?サウナへ面会してまいりました。(面会と言いながら北脇も相当ハメを外して楽しませて頂いているんですけどねぇ~。)

「今日は徹底的に語り合おう!ゆっくりして行けよな!!」と師匠、いつになく上機嫌。

と言いますのも師匠を長年応援してらっしゃるスポンサー様が先日のホープちゃんライブを大絶賛下さいまして「特に‘般若心経の歌’良かった!お経をロックにして歌うアイディア、それを形にしたのが凄い!!」と驚かれたようです。

師匠も自分が発掘してきた‘ダイヤモンドの原石’を褒められて(北脇の事ですけど・・・。)やはり嬉しかったようあります。

今だから言いますが、師匠が北脇を連れていろいろなスポンサー様やスタッフや関係者に「今度いっしょにライブやる男です。面白い奴なんですよ!」と挨拶まわりをした時「こんな地味でおとなしそうな男は無理だ・・・。」とか「断るなら今のうちだよ・・・。」とか全く無視されたりとか散々な扱いを受けたので師匠も「俺の目に狂いは無かった!」と思われたのかも知れません。

しかし!油断大敵・・・。これぐらいで天狗になる程ずぶとい北脇ではないのであります。(小天狗ぐらいにはなっていますが・・・。)

師匠と「古畑任三郎」の夕方の再放送を見ながらお食事。

この日のメニューは親子丼であります。

「親子丼食べて今日から俺達は親子だ!」などとベタな事を言う師匠ではありませんが、夕方のニュースで‘春日野親方’のニュースを見ながら「師弟関係=親子関係」の事を外部の人間が何でもかんでも大きく取り上げて「内政干渉じゃないのか・・・?子供が道を踏み外したりルールを守らない時に真剣に怒って、時に行過ぎてしまう事もあるかも知れないじゃないか・・・。」と個人的に思ってしまいました。(状況を見た訳ではありませんのでこれ以上は書きませんが・・・。)

と春日野親方のニュースを見てホープ師匠を怒らせたり悲しませてはいけない!と思いながら親子丼を食べて・・・。

Dscf7995

テレビのニュースを見ながら大喜利のようにネタを考えたり・・・。

Dscf7987

漫画の中にコントのヒントを探したりしました。

そしてある程度ネタが煮詰まってきてしまったら・・・。

Dscf7998

お馴染み、歌舞伎町の「クラブ中越」のお店でリラックス!

師匠と北脇が指さしているのは・・・。

Dscf7997

お店のジュンコさんが作った玉子焼きであります。(ジュンコさんの姿は本邦初公開であります!)

甘みがあってスィーツ感覚で非常に美味しかったですよ!!

Dscf7999

見るからに美味そうですが、果たして北脇はホープ師匠の手によってどのように料理されるのでしょうか!?

芸の道は玉子焼きのように甘くない事はよ~く分かっておりますよ!!(かなり無理矢理なまとめ方で申し訳ありません・・・。)

2011年10月19日 (水)

東京都小平市にもご当地ヒーロー登場、その名はコダレンジャー!!

Dscf7972

先日、FM西東京スタジオに行った際に、局のエレベーターの中にこのポスターがデカデカと貼ってありました。

その名も「地域宣伝隊 コダレンジャー」!!

西東京市のお隣、小平市に新しく誕生したご当地ヒーローとの事です。

今月に入ってから小平市近隣のイベントなどでお披露目して知名度も上がってきているとの事。

FM西東京の局長からも「ブログとかでもPRしてくれたら‘彼ら’も喜ぶと思うよ!」と言われましたので掲載しました。(まぁ、言われなくても掲載してましたけど・・・。)

と言う訳で皆様も機会がございましたら‘生・コダレンジャー’を見てみてはいかがでしょうか?(ちなみに北脇の住んでいる狛江市には昔から‘多摩川戦隊コマレンジャー’と言うヒーローが存在します。http://komaranger.comae.net/ ←サイトです。)

ご当地ヒーローと言えば忘れてならないのが・・・。

Dscn4541

石川県七尾市で生まれた「食育戦士 スギヨ仮面」であります。(右からデザインをしたメソポ田宮文明氏、怪人イヤヨヤダー、子役のしょうた君、スギヨ仮面、そして北脇。昨年DVDの撮影の際に撮りました。)

現在は毎週のように石川県内の幼稚園やショッピングセンターから引っ張りだこ、多忙をきわめています。

そして活動の場は石川県内を離れて・・・。

Dscf4355

今年の5月は三鷹市の幼稚園にも来ましたよ!(わんぱく相撲や高円寺のチャリティーライブにも)

と、スギヨ仮面の自慢話しになってしまいそうなので(なってますね・・・。)他にもご当地ヒーローをご紹介!

先日、伊豆に行った際に発見した・・・。

Dscf3751_2

「イズカイザー」です。

中に入っている男性は相当な‘マッチョ’のようですが、やはり正義の色は‘赤’ですね!!

そして折角ですから北脇の地元石川県穴水町の‘ヒーロー’・・・?も紹介させて頂きます。

その名も!!

Dscn3079

「かっきー君」です。

北脇の地元石川能登の名産は‘牡蠣’なので、昨年ぐらいから登場したヒーロー・・・?ですが、見た目はヒロインのようでもあります。

このように全国では次から次にご当地ヒーローが現われていますが、今度じっくり調べてみたいですねぇ~。(説明不要ですが北脇は大のヒーロー好きであります。)

2011年10月18日 (火)

一日遅れの誕生会・・・!?

Dscf7975

ブログで誕生日の事を書いた為に更に輪をかけて皆様からお祝いのメールなどを頂いてしまい嬉しいのと申し訳ないの気持ちが入り乱れながら昨日は過ごしておりました。(でもやはり嬉しいものでありますねぇ・・・。)

で、いつものようにサウナでの記念写真ですが、左の男性はホープ師匠と北脇がお世話になりっぱなしの「岩渕ご住職」様であります。

毎回ホープちゃんライブに多くのお客様を連れて応援に来て下さるのですが、ホープ師匠が岩渕様を発見するや否や「いやぁ~先生!この前のライブも有難うございました。彼が歌った‘般若心経のロック’大好評ですよ!」と一言。

実は般若心経を歌にすると言うアイディアは岩渕様とホープ師匠の何気ない会話から生まれ、アドバイスを頂いて完成したので、言わば「三人の合作」

喜びを分け合ってこのように記念写真を撮りました。(勿論‘北乃脇バンド’の皆さんの頼もしい演奏でライブも盛り上った訳であります。)

「また先生、今度ゆっくり呑みましょうよ!昨日は彼の誕生日だったんでこれからお祝いに行くんですよ!」と岩渕様に別れを告げて師匠と北脇が向かった先は・・・。

Dscf7980

いつもお世話になっている歌舞伎町のお店「クラブ中越」様です。

師匠が手に持っているのはバースデーケーキではなく・・・。

Dscf7976

バースデー‘おにぎり’であります。

「何か‘お供え’みたいだねぇ・・・。」と師匠がおっしゃいながらも「みんなで‘ハッピーバースデー’歌うよ!」とカラオケに歌をセットして・・・。

Dscf7978

先日のホープちゃんライブで‘ホープ一門’に入った女優のアヤちゃんがハッピーバースデーを歌ってくれました。

北脇もこれまで数々の太鼓持ちソングを様々な方々に作って歌わせて頂きましたが、やはりハッピーバースデーの歌にはかなわないですねぇ・・・。

ちょっと泣きそうになってしないました。

そして・・・。

Dscf7981

師匠とママとスリーショット!

喜びと美味しさを噛みしめながらおにぎりを頂きましたよ!!

北脇も39歳になりましたがバースデーおにぎりは初めてであります。(皆さんも経験は無いとおもいますが・・・。)

毎日のように楽しいネタを発見発掘している北脇なのであります。

2011年10月17日 (月)

「ほこ X たて」対決にスギヨ「香り箱」登場!!

Dscf7938

10月16日と言えば北脇の誕生日でありまして(お陰様で39歳になりました・・・。)多くの皆様からお祝いのメールを頂いてかなり胸がジ~ンとしてしまいました。(誰も知らないと思っていましたので・・・。とにかくメールを下さいました皆様、本当に有難うございました。)

そんなお祝いメールに混じって、この日の夜8時ぐらいに大量のメールが北脇の元に届きました。

と言うのはフジテレビに放送していた「ほこ X たて 矛盾」と言う番組にアノ商品が出たからであります。

Dscf7954

そう!大相撲甚句の番組スポンサー㈱スギヨのカニ風味カマボコ「香り箱」であります。

その香り箱が・・・。

Dscf7939

「本物のカニと見分けがつくかどうか?」をカニを見る目は日本一!と豪語する・・・。

Dscf7946

達人と・・・。

Dscf7941

本物と区別がつかない!と豪語するカニ風味カマボコとの・・・。

Dscf7971

「矛盾」対決が行われました!!

Dscf7951

まずは㈱スギヨについての情報です。

毎月、大相撲甚句でも言っておりますが映像や写真でご覧いただければよくご理解いただけると思いますが、㈱スギヨは石川県七尾市にあります。(石川県内でスギヨと北國新聞を知らない者は完全なるモグリであります。そのぐらい、この2社は超~っ有名企業であります・・・。)

Dscf7950

そして七尾市の高台にあります㈱スギヨの工場。(北脇がしょっちゅうお邪魔しているのはスギヨの本社で工場とはかなり距離が離れております。)

Dscf7953

その工場で品質管理と商品開発に目を光らせてらっしゃるのが「水口伝」工場長様であります。

この鋭い眼光!世界初のカニ風味カマボコを開発したと言うプライドと誇りがテレビからもビリビリと伝わってきておりました。(お名前も‘伝’様でらっしゃいますしね・・・。)

Dscf7956

大相撲甚句でも再三に渡って言っておりますが香り箱は鮮魚売り場で販売されていて完全にカニ風味カマボコとは別格の扱いをされている高級品なのであります。

そんな「香り箱」と「カニを見極める達人」が対決をする場所は・・・。

Dscf7957

兵庫県美方郡香美町であります。日本海側と言う事もあり、風景が我がふるさと石川能登によく似ております。

とは言いながら、やはり敵地であります。

そんな敵地に水口工場長が単身乗り込んで・・・。

Dscf7959

達人とご挨拶・・・。

Dscf7961

そして名刺交換の後、対決が・・・。

Dscf7962

5つのカニの中から1つのカニ風味カマボコを間違えずに探す事が出来れば達人の勝ち!間違えればカニ風味カマボコの勝ちであります。

Dscf7963

こんな感じであります。

そして激しい熱戦を見事に勝利したのは・・・。

Dscf7964 

駒居達人が勝利しました!(かなり見せ場を作って下さいましたよ!!)

Dscf7965_2

駒居達人の職場の皆様も嬉しいリアクション!!

Dscf7968

勝った駒居達人ですが、しっかりスギヨ商品を褒め称えて下さいました。

Dscf7969

そして更なる素晴らしい商品を生み出して人々に喜んでもらいたい!と意欲を燃やす水口工場長様。

今回は達人に敗れはしましたが、この番組出演でスギヨの名前は世間の皆様に大きく知れ渡る事になったと思いました。

Dscf7970_2

ガッチリ握手でコーナーは終了しました。

実はこの収録は9月26日に行なわれてロケが七尾市だったら「スギヨ仮面」も登場する事で話しが進んでいました。

そしてその日は北脇も石川県におりましたので(唐戸山相撲の為に・・・。)担当の方から「一応、スギヨ仮面の歌って登場出来るようにスタンバイしておいて下さいね!」とギリギリまで言われていました。 

北脇はともかく、スギヨ仮面が全国のゴールデンタイムにお披露目されれば最高でしたが、スギヨ様がクローズアップされれば必ずやスギヨ仮面も注目されると信じております。(少なくともメソポ田宮文明様と励ましあっておりますよ・・・。)

この度の「たて X ほこ」対決、北脇のバースデープレゼントとなりました!!

2011年10月16日 (日)

サンスポ紙面に「ちびっこ力士わくわく体験」記事掲載~っ!!

Dscf7933

昨日の大相撲甚句収録で精も根も尽きた北脇でしたが(栗本先生のトークと笑いと知識は噂以上でした・・・。)今朝(10月16日)のサンケイスポーツ5ページの記事を見て力を取り戻しました。

その記事を拡大しますが・・・。

Dscf7930

10月10日に柏市で行われた「錣山部屋相撲教室 in  柏」の記事です。(柏日体高校の永井先生からもご案内状を頂いておりました。)

残念ながら行くことが出来なかった北脇も記事を見てその様子を擬似体験する事が出来ました。

そして10月9日には神奈川県川崎市で行われた・・・。

Dscf7932

春日山部屋力士の皆様による「ビーチライフ in 東扇島 ~わくわくビーチフェスタ」の記事も掲載されていました。

この日も参加したかったのですが、丁度「ホープちゃんライブ VOL 4」と日程が重なった為、行く事が出来ませんでした。

体を鍛えなおして次回こそはビーチ相撲にも参加したいと意欲を燃やす北脇であります。。

そして先週お邪魔しましたこの場所も記事になっていましたよ!

Dscf7931

東京都三鷹市の「2011年みたかスポーツフェスティバル」の様子です。

玉鷲関の写真と三鷹相撲クラブ代表の和田光広様の事もデカデカと掲載されていました。

このように東京・千葉・神奈川で子供さん達に相撲の魅力や底辺拡大の為に尽力される大相撲力士の皆様や相撲クラブ、相撲指導者、団体、周囲の皆様には本当に頭が下がる思いであります。(題して‘柏・川・三 かしわせんぞう’’!カッコイイ響きですね~。そう言えば昔‘魁・貴・輪’と魁傑関、貴ノ花関、輪島関の頭文字を並べて‘阿佐ヶ谷トリオ’と呼ばれていましたねぇ~)

そしてこれからもサンケイスポーツ様には相撲記事をどんどん取り上げて頂きたいと願う北脇であります。

武哲山「栗本剛」、遂に大相撲甚句に登場~っ!!

Dscf7898

男6人が集合写真を撮っておりますが、中央にひと際大きな男性。(両国・とんかつ若のお店の前で撮りました)

この男性こそ元十両力士「武哲山」で現・東洋大牛久高校相撲部監督「栗本剛」様であります。

以前から「相撲の知識」と「トークのセンス」は天下一品と聞いていましたので番組にご出演頂きたいと願っておりましたが、遂にそれが実現しました。

そんな栗本先生が大相撲甚句に出演して頂く事となった経緯ですが・・・。

Dscf7895

栗本先生と中央大学時代チームメートだった「岸田聡司」様が以前大相撲甚句にご出演下さった際に持ってきて下さった栗本先生のお写真を北脇がブログに掲載した事から始まりました。

「無断で俺の写真を使うなよ!」とブログを見た栗本先生が岸田様に抗議のお電話をした際に出演交渉をして下さいました。(ちなみにブログの情報を栗本先生に教えて下さったのは柏日体高相撲部監督の永井先生であります。)

勿論、抗議電話と言うのはジョークで、お二人は大変仲良しでらっしゃいます。

収録前は昔話に花を咲かせてらっしゃいました。

と言いながら、岸田様を見た栗本先生が開口一番「何やその頭!散髪行って来~い!俺なんかこの為に散髪行って来たんやぞ!!」と生活指導の先生のような口調で岸田様を攻めていました。

‘この為’と言うのはラジオの収録ではなく、大変な行事に参加する為にはるばる茨城から東京にいらっしゃった栗本先生ですが、その行事とは・・・。

Dscf7929

中央大学相撲部設立100周年記念式典であります。

全国中から中央大学相撲部OB(現役)の皆様がお集まりになられるとの事ですが、右の男性、三鷹相撲クラブ代表「和田光広」様も中央大学相撲部でらっしゃいました。

和田代表は我々には非常に優しくして下さいますが、大学時代は下級生の教育係で大変厳しかったそうであります。(栗本先生は一学年下でした。)

番組でも和田代表の当時のお話を栗本先生に語って頂きましたよ。

Dscf7896

そして大相撲甚句にはもうお馴染みの相撲博士「菅原尚晋」様(右)とサンケイスポーツ「成岡利泰」様(左)も収録に立ち会って頂きました。

栗本先生の「超~っマニアック相撲トーク」に菅原様も少年のようなお顔になっていました。(特に行司の名跡についてのお話・・・。)

成岡様も大学は違えども(日体大)時代が被っているので栗本先生のお話に興味津々でしたよ!

興味津々と言えば・・・。

Dscf7924

栗本先生が持ってきて下さったお宝写真に飛びついて見てらっしゃるとんかつ若「眞由美」夫人と「萩原里枝子」様。

その写真の数々をチョッとご紹介します。

Dscf7905

幕下時代、激しく申し合いをしているのは「戦闘竜」さんです。(左)

当然、戦闘竜さんとの思い出話(オモシロ話・・・?」もご披露頂きました。

このように写真を掲載すればこれを見た戦闘竜さんや関係者が「俺にも番組で喋らせろ!」と問い合わせ下さるのではないかと密かに期待している北脇なのであります。(そんな上手くは行かないですね・・・。)

Dscf7907

そして栗本先生・武哲山と言えば「武蔵丸の作戦参謀」として相撲ファンの中ではあまりに有名でした。

当時のお話も当然タップリと語って頂きましたよ!(もちろん笑い一切無しです。)

Dscf7914

これは日本相撲協会70周年(か80周年)のファンサービスイベントのひとコマであります。

「僕は押し相撲やから子供らはマワシ取ったら‘勝てる’と思てるんでしょうね~。ぶつかって来る子供全員が前ミツ狙いですよ~。」と当時を思い出しながら語って下さいました。(続きは放送でお楽しみ下さい!)

Dscf7917

堂々化粧まわしで土俵入りの武哲山関。

Dscf7919

凛々しい武哲山関の仕切り。

当然、アマチュア時代の栗本剛選手の写真もあります。

Dscf7900

大学2年でアマチュア横綱になった時の勇姿!

ここに至るまでの経緯やアクシデントも語って頂きました。

そして今は無き「アマチュア相撲界の三種の神器」と銘打った特別講義もして頂きました。(笑えますよ~っ!!)

Dscf7902_2

あとフランスの新聞に掲載された記事です。(後にうっすらとエッフェル塔が写っていますね。)

このような体験をしたのは日本人でもおそらくこの5人だけではないでしょうか。

そして番外編として・・・。

Dscf7927

現在の栗本先生が記事になってますが、この書籍は・・・。

Dscf7928

「HR」と言う高校生が読む雑誌であります。相撲とは全くかけ離れたような雑誌なのに・・・。

Dscf7925

「名物センセイ」として特集されていました。(ちなみに記者は可愛らしい今時の女の子だったそうです。羨ましいですねぇ~。)

そんな訳で!

Dscf7921

栗本先生ご出演の大相撲甚句は10月30日、11月6日の二週に渡っての放送を予定しております。(出来れば三週にしたかったのですが・・・。)

FM西東京サイトからサイマル放送でお聴き頂けますしhttp://842fm.west-tokyo.co.jp/ ポッドキャストからも配信されます。http://www.voiceblog.jp/kitawaki-takashi/ 

どうぞお楽しみにしていて下さいね!!

2011年10月14日 (金)

読書の秋にこの一冊「致知」!!

Dscf7888

このところ、大相撲甚句の番組もブログも相撲から少し離れて(かなり離れて・・・。)相撲ファンの皆様には少々申し訳なく思っております。(決して相撲を嫌いになった訳ではありませんのでね!)

番組を聴いて下さってる某様からは7日に行なわれた靖国の奉納相撲のお写真をわざわざデーターで送って頂いたり、三鷹相撲クラブ様には先日もお世話になりましたし(玉鷲関、超~っイイ男でしたよ!)、昨日は翔天狼関からわざわざ「番組聴きました!また機会がありましたら宜しくお願いします!!」とご丁寧にお電話を頂きました。(翔天狼関のご出演をきっかけに現役の‘相撲協会の某様‘が番組に出演して下さる事になりそうであります。今、相撲協会の広報部に提出する書類を作成中であります。)

と、多くの皆様が相撲の発展や相撲の拡大の為に北脇にご尽力下さっています。

前振りが長くなりましたが、モノクロームの白鵬関の写真が表紙の書籍「致知 ちち」

この書籍もいつもブログなどにコメント下さる「なら志乃」様からお送り頂きました。

Dscf7890

内容は第48代横綱「大鵬」関と第69代横綱「白鵬」関との対談なのですが、非常に面白いんです。

と言いますのも・・・。

Dscf7891

大鵬関の独自の相撲道(かなり厳しい発言も!)や横綱道を詳しく書かれていますし・・・。

Dscf7892

そして20代半ばを過ぎたばかりの若者とは思えないほどの責任感、哲学を持って一言一言発言している白鵬関には本当に脱帽してしまいました。

今回は「大鵬」「白鵬」の対談が特集でありますが、その他にも偉人の皆様の記事が満載。

皆様も読書の秋に「致知」を読んでみてはいかがでしょうか!!

2011年10月13日 (木)

北脇、専修大学学園祭に出演・・・!?

Dscf7846

緑色のハッピを着てポーズをとる4人。

「専修大学 創立132年度鳳祭」実行委員会の皆様との写真です。

実は11月4日の学園祭の特設ステージにホープ師匠と北脇が出演する事になりましたので打ち合わせに行ってまいりました。(師匠はいませんけど・・・。)

専修大学キャンパスに足を入れますと当然ですが‘大学生’だらけ・・・。もの凄~くテンションが上がって幸せな気持ちになってしまった北脇であります。

と言いますのも・・・。

Dscf7844

若いお二方がこのような笑顔でしかも丁寧な対応でお迎え下さいました。(左は実行委員長の島田圭右さん、担当の勝亦ありささん)

お二人とも北脇の年齢の半分ですが(大学2、1年生です。)非常にしっかりしていて大人でしたよ!

契約などを済ませて部屋を出ますと当然・・・。

Dscf7847

学生達が黙々と看板を制作していました。

全員緑色のハッピを着て作業や打ち合わせをしていましたが、緑は専修大学のスクールカラー(カレッジカラー)なのでしょうか・・・。(そう言えば専修大出身力士で四股のきれいな片○関の締め込みも緑でしたねぇ・・・。)

Dscf7848

かなり芸術的な看板ですね!校舎のいたる所にこのような看板が立てかけられていました。

企画局にも大勢の学生が知恵やアイディアを絞っていました。

それにしても男女の比率が半々なのが羨ましいですね。(北脇の行っていた某大学は90パーセント男でしたから・・・。)

学園祭当日まで面白い事を考えて休む暇もない事でしょう。

学生の皆さん!健康に気をつけて頑張って下さいね~っ!!

Dscf7849

と、学生さんの心配をしている場合ではないんです。

学園祭には多くの有名タレントの皆様がいらっしゃいますのでホープ師匠とまたコントやネタの打ち合わせをしなければいけません・・・。

果たして専修大学の皆様を楽しませる事が出来ますでしょうかねぇ~。

やりますよ~っ!!

2011年10月12日 (水)

中一日でホープ師匠と再会!!

Dscf7836

鋭い目つきで食事にありついているホープ師匠と北脇。

本来ならばライブが終わって4~5日は誰にも会わずにジッとしてらっしゃるホープ師匠ですが(やはりライブはかなりのエネルギーを消耗しますからね・・・。)今回は珍しく中一日明けて師匠とお会いした北脇でした。

と言いますのも11月上旬にチョッとしたイベントがあるからなのであります。

Dscf7837

師匠とご挨拶もそこそこにまずは食事を摂って(ちなみにこの五目焼きそば美味でしたよ~。)向かった先は・・・。

Dscf7841

床屋です。髪を切りながら「これからはギターを置いてもやってゆける芸を身につけないといけないよ。とにかく今後はコントの特訓をするから頼むよ!」と強い口調の師匠でした。

ライブでは「お前は目立ちすぎだ!」とか「喋りすぎだ!」と言われていますが(半分ネタで半分本当ですが・・・。)もうそろそろ本物の笑いを取れるようにならいといけない時期になってきた北脇なのであります。

Dscf7842

散髪の後はきれいサッパリとサウナで汗を流して歌舞伎町のクラブ中越で今後の打ち合わせ。

11月上旬にありますイベントに向けてネタや知恵(悪知恵・・・?)を搾り出すホープ師匠と北脇。

これからのホープ師匠も目が離せませんよ~っ!!

2011年10月11日 (火)

2011 みたかスポーツフェスティバル に「玉鷲」登場~っ!!

Dscf7824

10月10日、三連休最終日に行われました「2011みたかスポーツフェスティバル」に北脇もラジオ収録を兼ねまして見学してまいりました。

前日はライブでクタクタでしたが、元気いっぱいのわんぱく力士の姿を見て北脇も気合が入りました。

と言いますのも写真中央にひと際大きな人が写っていますけど、その人物とは・・・。

Dscf7768

幕内力士「玉鷲」関です。この日、三鷹相撲クラブの和田代表が片男波部屋に関取をお迎えに行くと白マワシで激しい稽古の真最中だったとの事。

そのままの姿で車に乗って三鷹市役所内の相撲場までいらっしゃったとの事。

本当に頭が下がる想いでありますね・・・。

Dscf7758

北脇が到着した11時過ぎには(正確には11時20分ぐらいですけど・・・。)既に子供達も申し合い稽古の真最中でした。

小中学生12人が混じってかなり気合の入った稽古を繰り広げていました。

そんな様子を見ていた一般の子供達も・・・。

Dscf7764

玉鷲関の胸を借りて相撲体験!この子は男の子ですが、相対的に女の子の方が積極的に土俵に上がって相撲体験をしていたようでした。

Dscf7813

大勢のギャラリーに応援されながら攻め込むチビッコ。玉東陵(玉西陵さんかもしれませんけど・・・。)さんも土俵際タジタジであります。

Dscf7796

そして注目の親子対決も!6月から入部した男の子もすっかり逞しくなってお父様も目を細めていました。

しかし土俵際で我が子を突き落としで這わせました。やはり可愛い子は獅子の如く谷底に落とすような厳しさが必要なのでありますね・・・。

そんな三鷹相撲クラブの「獅子親子」の対決は・・・。

Dscf7799

和田代表とご子息「剛拓 たけひろ」君の対決です。

お父さんの激しい突っ張りをかいくぐって懐に入ると休まず一気に押すと体が弓なり・・・。

見事、剛拓君が勝ちました。和田代表と言えば少年時代から社会人時代まで全国で活躍するほどの実力者でした。(漫画・うっちゃれ五所瓦の田門泰造のモデルになったぐらいですから・・・。)

その親子対決を見て剛拓君の成長と努力の姿に胸が熱くなってしまいました。

剛君、これからも頑張ってね!!

Dscf7792

親子対決も終わり全員で摺り足。会場もその様子を真剣に見ていました。

Dscf7765

そして玉鷲関からも直々に指導を受けている子供達。

Dscf7810

休憩時間は関取に甘える子供達。土俵の周囲はツーショット写真を求める通行人やファンが大勢集まりました。

当然、北脇も・・・。

Dscf7827

玉鷲関とツーショット。

実は稽古の後、三鷹相撲クラブの皆様を前に収録をしました。

当然、太鼓持ちソングは「玉鷲一郎の歌」です。

関取も思わず「いやぁ~、有難うございます。いい歌ですね!100枚ぐらいCDにして下さいよ。そしたら僕、売りますから!」とご発言(玉鷲関は非情~に面白い方なんです・・・。)

ちなみに玉鷲関の好きな歌は松崎しげる「愛のメモリー」だそうです。(日サロ行って北脇も‘しげる’になりきらないといけませんねぇ・・・。)

Dscf7831

当然、子供達メインの大相撲甚句収録であります。天真爛漫な子供達からは北脇も本当に力を頂いてばかりであります。(シャツがサイン色紙のようにいろいろな力士のサインが書かれていますね・・・。)

放送は10月23日(日)です。どうぞお楽しみにしていて下さいね~っ!!

2011年10月10日 (月)

大成功!ホープちゃんライブ VOL4 !!

10月9日、ホープちゃんライブが無事に行なわれました。

お陰様で多くの共演者の皆様、お客様によりましてライブも大成功でありました。

と言う訳でその写真をご覧下さい!!

Dscf7702_2

オープニングは北脇と北乃脇バンドによる「般若心経のロック」が演奏されました。

そしてこの人物登場・・・。

Dscf7662_3

実は今回はホープ師匠の「生前葬」を執り行いました。三途の川を渡るホープ師匠と言う意味合いなのですが、妙~に似合っていますね。

Dscf7664_2

その喪主をつとめたのが北脇であります。

そして友人代表のご挨拶はこの人物にして頂きました。

Dscf7672_2

「中村有志」様であります。ご挨拶もそこそこに‘超過激’で‘超アブナイ’トークの連発に北脇も肝を冷やしながら聞いておりました。(本当は不謹慎とは思いながら楽しんで聞いていましたけど・・・。)

そして中村様には当然、パントマイムをご披露頂きまして会場は拍手喝さいでありました。

Dscf7676_2

場面変わってホープ師匠と十勝花子様による「先生・生徒コント」

絶妙なボケとツッコミ、アドリブで大いに笑わせて頂きました。

Dscf7683_2

歯科衛生士で歌手の石川恵子様もコントに登場。

清水ミチコと瀬川瑛子を足して2で割ったようなキャラクターで癒されました。

Dscf7690_2

癒されたと言えば、この少年はイラストレーター「メソポ田宮文明」様のご子息「げんちゃん」であります。

「牛乳のうた」に合わせてステージで大活躍。打ち上げでもお手伝いをしてお利口さんでありましたよ。

Dscf7697_2

中入後は北乃脇バンドの演奏から後半が始まりました。

Dscf7705_2

このお三方は「だるま食堂」様です。ホープ師匠とは20数年来のお付き合いだそうで、今回のライブにご協力下さいました。

息の合ったゴージャスでグレードの高いミュージックコントに会場も大盛り上がり。

北脇もすっかり虜になってしまいました。

Dscf7714_2

ライブのトリは「父と娘のコント」そしてスーツの男性はご存知イラストレーターの「メソポ田宮文明」様であります。

Dscf7715_2

当然、ホープ師匠から思いっきり突っ込まれております。(ちなみに扇子で叩かれております。)

もちろん会場は大爆笑!

もうメソポ田宮様も完全に「ホープ一門」でありますねぇ・・・。

Dscf7737_3

エンディングは出演者全員で「ホープのブルース ~ジタバタするのが人生~」を熱唱しました。

もうすっかり恒例になって多くの皆様からもご好評頂いております。

Dscf7735_2

それもやはりバンドの皆様の功績によるものです。(左から大林様、宮崎様、舛田様、佐々木様、平岡様)

師匠のアドリブや無茶なアレンジにも即対応して下さる北乃脇バンドの皆様なのであります。

Dscf7741_2

次回はどのようなライブになりますでしょうか・・・。

どうぞ楽しみにしていて下さいね!!

2011年10月 7日 (金)

ホープ師匠、またもや「サウナ暮らし」に・・・!?

Dscf7648

「またサウナの写真か!」と思われるかも知れませんが、実はホープ師匠、ライブ直前ではありますが「俺またサウナで寝泊りするよ・・・。」とポツリ・・・。

ホープ師匠とは殆ど毎日のように会っている北脇ではありますが、師匠の生活は‘謎だらけ’・・・。

一つ言える事は、ライブ直前は数日間(又は十数日間)サウナで寝泊りしていると言う事であります。

この日もライブの稽古を終えて皆さんと解散した直後「いつから俺と合宿に合流するんだよ!」と少し強い口調で北脇に言うホープ師匠。

「とにかく今夜は予定がありますので1時間半コースでご一緒しますが、金曜の夜はご一緒させて頂きます・・・。」と思わず口に出てしまいました。(ちなみに師匠の青いシャツは宿泊者用で北脇の黄色いシャツは日帰り者用です。)

そんな訳で、今夜は師匠と「ライブ合宿」と称した「サウナ暮らし」のお供をさせて頂きますが、一応念の為、ホープ師匠と北脇は決してそのような関係ではありませんのでご理解を頂きたいと思います。(一応書いておかないと誤解されると困りますのでねぇ・・・。)

Dscf7647

「俺の私生活を面白おかしく暴露するんじゃない!」と言う師匠ですが、これは喜劇人の宿命じゃないでしょうかねぇ・・・。

今夜は北脇も同じ青いシャツを着る事になりそうですが、また師匠の面白ネタを発見できるかも知れませんね・・・。

2011年10月 6日 (木)

二代目三波伸介、ホープちゃんライブ(の稽古場に・・・。)登場~っ!!

Dscf7641

このツーショット、説明不要ではありますが、ホープ師匠と二代目三波伸介師匠であります。

昨日はお足元の悪い中、お時間を作って我々ホープちゃん一座の稽古場に三波師匠が足を運んで下さいました。

三波師匠の登場に十勝花子さん以下、出演者もテンションが上がって、もう稽古どころではなく(そりゃそうですよね・・・。)‘ツーショット写真撮りまくり’でこの日は稽古終了。(十勝さんもデビュー当時は初代三波伸介師匠に随分お世話になったようであります。

当然、行く先は・・・。

Dscf7645

いつもの「うどん屋」さんであります。

ホープ師匠や三波師匠に先代三波伸介師匠やてんぷくトリオ、当時の喜劇人や芸能界のお話をタップリ語って頂きながら腹ごしらえをしました。

気になる二代目三波伸介師匠は「ホープちゃんライブ VOL4」に出演するのか?といいますと・・・。

Dscf7646

「ゴメン!ホープ兄ちゃん、この日は仕事と重なっちゃったの・・・。」と三波師匠がお詫びをすれば(注・このように食べながらお詫びした訳ではありませんよ・・・。)

「そうか、残念だなぁ~。面白い役を考えてたんだけどな・・・。次回は頼むね!」とのホープ師匠。

いつかお二人のコントが実現します事を心待ちにしている我々なのであります。

そんな二代目三波師匠をそもそも北脇に会わせて下さったのは・・・。

Dscf7644

イラストレーター「メソポ田宮文明」さんでありました。

メソポ田宮さんには三波師匠以外にもそれはそれは大勢の有名人をご紹介頂いている訳であります。(いつかご恩返ししたいと‘心の中では’いつも思っているんですけどねぇ・・・。)

そんなメソポ田宮さんが着ているパーカーとシャツは葛飾区にあります「REAL X HEADS」にて多数取り揃えています。http://realxheads.seesaa.net/ ←サイトです。

(お店には時々、何と‘範田紗々’さんもスタッフとしていらっしゃるようです。http://blog.livedoor.jp/handa_sasa/ 行かなくちゃ!ですねぇ~。)

ちなみに黒いシャツのイラストはメソポ田宮さんがデザインしました。

メソポ田宮さんのマルチな才能にはいつも脱帽してしまいます・・・。

2011年10月 5日 (水)

見えた!ホープちゃんライブの青写真・・・!?

Dscf7637

昨日はホープちゃんライブの稽古初日でしたのでピリピリと緊迫した空気が漂っておりましたが、本日はうって変わって和やかな雰囲気で集合写真をとっている我らが「ホープ一座」であります。(ホープ師匠、既にお酒がまわってお顔がいい色になっていますねぇ・・・。)

と言いますのも、昨夜は一人で瞑想してネタを考えていた(とご自身は言っていました・・・。)ホープ師匠。

その苦労の甲斐があって本日はコントの骨組みが一本、ほぼ出来上がってスムーズに稽古出来ました。

それで早々に稽古を切り上げて食事となったと言う訳であります。

このペースで行けば9日当日は面白コント満載になりそうであります。(あくまで‘このペースで行けば!’と言う事ですよ・・・。)

明日の稽古はどうなりますでしょうかねぇ~っ。

Dscf7636

やはりこのお二人のコンビネーションがライブの見所であります。

普段は殆ど呑まない十勝花子さんもこの笑顔でお疲れ様の一杯であります。

十勝さんには本日も楽しませて頂きました。

Dscf7638

そしてこの日の稽古も凄まじいまでの独りツッコミとボケを披露して笑いと驚きを与えてくれた川手ふきのさん。

「こんな感性と存在感を持った人がビッグになる条件なんだろうなぁ・・・。」とふきのさんが近い将来遠い世界に行ってしまうような気持ちになって少し寂しくなりました。

しかし!この人はたとえビッグになっても北脇の元を離れて欲しくない!!と願を込めまして・・・。

Dscf7640

イラストレーターのメソポ田宮さんにカレーうどんを「ア~ン」している北脇。

これからも頼りにしておりますよ~っ!!(ビッグになったら面倒を見てくれると勝手に信じ込んでいる北脇なのであります・・・。)

2011年10月 4日 (火)

ホープちゃんライブに向けて稽古開始!!

Dscf7631

薄暗い部屋の中でピリピリした空気が漂っていますが、10月9日のホープちゃんライブに向けての稽古が始められました。

前回のホープちゃんライブが終わってから約2ヶ月間、様々なコントのネタを考えながら生活を送っていたホープ師匠でしたが、頭の中で考えたものを出演者の皆様と表現するのは全然違うので、稽古初日は我々の子供時代から現在に至るまでのフリートークをしながらネタを考えました。

そんな中でも・・・。

Dscf7630

女優の川手ふきのさんの子供時代の話は最高に面白かったんです。(本当はかなり悲しいんですが・・・。)

我々も笑ってはいけないと思いながら、ふきのさんの話にのめり込んで笑ってしまいました。

ホープ師匠も「これは使えるね!」と手応えを感じていましたよ!

Dscf7632

稽古の後は呑みながらミーティングです。

いつもならこのまま店を変えて飯を食べに行くんですが、師匠が「今日は独りでゆっくりネタを考えたい・・・。」とおっしゃるので、メソポ田宮さんと北脇が行った先は・・・。

Dscf7634

新宿某映画館に飾られてある「電人ザボーガー」のパネルとバイクの前です。

待ちに待った映画公開まであと数週間。

二人で前売り券を買って記念写真を撮りました。(シャッターは館内の職員さんが押してくれましたが、サービス精神が行き届いていて我々も気持ちよくなってしまいました。)

Dscf7635

若い人や女性には理解されないかも知れませんが、やはりカッコイイですねぇ~。

ホープちゃんライブにもヒーローコントがあれば良いですね。(そうなったらスギヨ仮面に出演交渉しますよ!)

2011年10月 3日 (月)

ホープちゃんライブ VOL4 に向け、北乃脇バンド集結~っ!!

Dscf7620

男6人が集合してポーズをとっていますが、「北乃脇バンド」の面々であります。

いよいよ一週間後に控えた「ホープちゃんライブ VOL 4」に向けて楽曲の打ち合わせとスタジオ練習をしましたが、皆さんやる気充分であります。(多分・・・。)

今回はタブーに挑戦と言いましょうか、ホープ師匠から「お経をロック調に出来ないか?」と相談されまして北脇の感性で作曲した「般若心経のロック」を北乃脇バンドで演奏しましたが、なかなかの出来栄えになりました。(自画自賛で申し訳ありません・・・。)

とにかくコント、歌、フリートーク、何でもアリのホープちゃんライブ VOL 4 をどうぞ皆様楽しみにしていて下さいね~っ!!

Dscf7618

スタジオの練習風景をビデオでチェックしながらミーティング(と称した宴会・・・。)。

北脇以外は皆さん腕のあるミュージシャンですから非常~に頼りになります。

本当に有難いですね~っ!!

そんなメンバーですから・・・。

Dscf7623

ドラムの舛田さん(左から2人目)は若手(25歳)でありながら実力派ミュージシャンとコラボする事もしばしばです。

手にしているフライヤーは・・・。

Dscf7624

アコーディオン奏者の後藤ミホコさんからご指名でドラムを叩きます。

舛田さんは芸大でドラムを専攻していた実力者なのであります。

そしてトランペットの大林さんも・・・。

Dscf7626

被災地にチャリティーコンサートに行きます。

しかも共演するのが、ナント・・・。

Dscf7627

元・フィンガー5 晃 さんと同じステージであります。

ちなみに大林さんは様々な大物歌手やアイドル、アーティストのバックでトランペットを吹いていました。(ホープちゃんライブの看板女優・十勝花子様のバックでもかつて演奏した事があります。)

そんな実力者の皆様に北脇の作詞作曲の歌を演奏してもらえる訳ですから本当に幸せ者でありますねぇ・・・。

そんな舛田さん、大林さんはなかなかの相撲好きであります。

Dscf7622

特に舛田さんは「岩木山関の断髪式に行きたい!」と以前からラブコールを送っています。(ちなみに若の里関のファンです。渋いですねぇ!)

是非とも北乃脇バンドのバックバンドで岩木山関の関ノ戸親方に「北の富士」のように土俵で歌をご披露頂きたいものでありますね!(ちなみに岩木山関は超~っ歌が上手いんです。)

Dscf7621

遠方にお住まいのベース佐々木さんはひと足先にお帰りです。

佐々木さんは「特撮ヒーロー好き」ですから北脇とも趣味嗜好がピッタリ。今度時間があったらゆっくりヒーロー談義をしたいものであります。(メソポ田宮さんを交えて・・・。)

ちなみに右側に飾ってあるのは境川親方様から頂いた、お宝の番付けであります。

以前に「何にもお土産がないから持ってけよ!」と気前良く下さいました。

当然!北脇にとりましては大切な宝物なのであります。

Dscf7625

ホープ師匠がメンバーの中で最も注目しているサックスの宮崎さん。

いつも師匠の無茶振りのリクエストを完璧に演奏して下さいます。

「ここのシーンをグァ~ッときてス~ッと落とす感じの音を出してよ・・・。」と言った擬音と抽象的表現もサックスで出して下さる宮崎さんですので、今回も間違いなく師匠から無理難題を出される事でしょうねぇ~。

そんなホープ師匠はと言えば・・・。

Dscf7628

東放学園の学生達に演技やコントの指導をしていました。北脇も見学していましたが、学生達にプロの厳しさを‘優し~く’指導してらっしゃいましたよ。

ちなみに東放学園の校長先生曰く「昔、三谷幸喜が若い頃に演出した舞台で般若心経を今で言う‘ラップ調’にした事がありましたよ!」と言われて北脇も勝手に何か縁のような感じて嬉しくなってしまいました。

しかし「あまりウケなかった」との事でした・・・。(今は超~っ売れっ子なのにですよね・・・。)

とにかく北乃脇バンドの演奏や歌はスベらないように頑張りますよ~っ!!

« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »