« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »

2011年9月

2011年9月30日 (金)

有名人の集まる店「みるく」で北脇も有名人に・・・!?

Dscf7616

ホープちゃんライブのチラシを持ってらっしゃる中央の女性は西新宿で「ミルク」と言うお店をしてらっしゃるママであります。

昔からホープ師匠がお弟子さんや芸人仲間と一緒に飲み食いしてらっやるお店なのですが、ママは非常に気さくで面白い方でありました。

ホープちゃんライブにも何度も足を運んで下さいまして「この前の歌ステキだったわぁ~!また聴きたいわ!!」とホープ師匠に言うので「あの歌はこの北脇が作ったんだよ。なかなかいい歌だろ?」と褒めちぎられて北脇もすっかり舞い上がってしまいました。

10月9日はママの目を見て‘韓流スター’ばりにステージから熱唱しますよ~っ!!(ママは韓流ドラマの大ファンでらっしゃいます。)

そんな「みるく」で食事を済ませて立ち去ろうとすると「このテーブルにはねぇ・・・。」とニコニコしながら北脇に・・・。

Dscf7614

「古谷一行、藤竜也、そして‘ゆーとぴあ ホープ’が座った席なのよ(あと、山崎邦正・・・。)!」と北脇に教えて下さいました。

「絶対有名になるから頑張って!!」と励まされて、更に舞い上がってしまいました。

北脇の将来はまさにホープ師匠の両肩にかかっているので、今後とも「ヨロシク~ネッ!」

(師匠、どことなく‘いい加減にしろよ・・・。’と呆れ顔のようですね・・・。)

舞い上がる!と言えば、北脇の元に一通の舞い上がるような手紙が届きました。

と言うのは・・・。

Dscf7615

ホープちゃんライブの翌日の10月10日に柏市民相撲場に‘ホープ師匠’ではなく‘豊真将’関が相撲指導にいらっしゃいます。(ショーもないダジャレで関取が怒りそうですねぇ・・・。)

実は柏日体高校相撲部監督の「永井明慶」先生から届いたのですが、永井先生と豊真将関とは埼玉栄高校時代のチームメートで先輩後輩の関係でらっしゃいます。

北脇も体が二つあれば是非とも行きたかったのですが(無茶ですねぇ・・・。)この日は三鷹相撲クラブに行って取材と幕内の某力士にお会いしてくる予定ですので(三鷹相撲クラブ様からお許しが出たら公表します。)柏市民相撲場には伺えませんが、お近くで相撲好きの方がいらっしゃったら是非とも参加してみてはいかがでしょうか!!

詳細やお問い合わせは永井明慶先生のブログhttp://ameblo.jp/sumo0514/day-20110929.html をチェックしてみて下さいね!(チラシには永井先生の携帯番号が書かれていますが、さすがにブログには掲載出来ませんので・・・。)

2011年9月29日 (木)

「万里一空」の境地目指して、ホープちゃんライブ始動!!

Dscf7608

ずらりと並んだ6人ですが、10月9日に行なわれる「ホープちゃんライブ VOL4」に向けて出演者が集まって団結したひとコマであります。

丁度、この日は琴奨菊関が大関の伝達式で「万里一空」の言葉を述べられましたが、我々も万里一空の境地を目指してライブに取り組む気持ちであります。

大相撲や琴奨菊関を愛する方々は「大関に昇進した琴奨菊関の口上を軽々しく真似しないで頂きたい!」と思われるかも知れませんが、実は座長のホープ師匠の生まれは「福岡県柳川市」でありますから琴奨菊関とは同郷であります。(ホープ師匠の出身校の柳川商業高校の後輩には阪神の真弓監督、テニスの松岡修造氏がいます。)

ホープ師匠も同郷の大関誕生を喜んで、琴奨菊関の後援会長様に祝福のお電話をしてらっしゃいました。(後援会長様が大関を連れてライブを観に来て頂きたいですねぇ・・・。)

と言う訳でホープちゃんライブに出演する主なラインナップをご紹介!!

Dscf7606

場末のスナックのママを演じたら天下一品の面白さを演じて下さる「川手ふきの」様。(もちろん他にも様々な役を演じられますよ!)

女優でありながら映画の脚本なども手がけてらっしゃいます。

手に持っているのは映画「WA YA !」のフライヤーですが、この脚本を共同で書かれました。(主演はスピードワゴンの井戸田潤さん、水野美紀さんなど豪華メンバーであります。http://www.nagom.jp/ ←サイトです。)

ふきのさんの左に怪しい顔が半分映っていますが・・・。

Dscf7612

お馴染み、イラストレーターの「メソポ田宮文明」様であります。

このイラスト、顔、只者ではない雰囲気が漂っていますが、ホープ師匠も「今回は面白い役どころを用意しているから頼むよ!」と高くメソポ田宮さんを評価しています。(前回のコントでもかなり笑わせて頂きました。)

高く評価されていると言えば・・・。

Dscf7611

「牛乳のうた」をリリースして多忙を極める歯科衛生士で歌手の「石川恵子」様であります。

師匠とさしつさされつ、和やかに呑んでらっしゃいましたが、‘癒し系’と言うか‘和み系’と言うか、男を骨抜きにする不思議な魅力が漂ってらっしゃる恵子先生。

「おい!恵子先生を口説くんじゃないぞ!!」と北脇に釘を刺すホープ師匠。

「私の息子の方が北脇さんより年上なんですよ!」と笑顔でおっしゃっていた恵子先生でしたが、ホープ師匠が「口説くんじゃない!」と言う事は「口説け!!」と言う意味ですからねぇ・・・。

そんな‘歳の差カップル’のコントを師匠が考えているのかもですよ・・・。

Dscf7609

と言う訳で美味しいものを食べてライブに挑むホープちゃん一座であります。

当然、看板女優「十勝花子」様も掟破りの役どころに挑戦しますよ!!(北脇は非常~に楽しみにしてるんですけどねぇ・・・。)

そして、この6人以外にも多くの皆様が出演予定ですから皆様、どうぞお楽しみにしていて下さいね~っ!!

2011年9月27日 (火)

羽咋神社にて「大関・北脇貴士」額奉納!!

Dscf7515

紋付袴姿の北脇の手には大きな額がありますが、これは唐戸山神事相撲が行われる石川県羽咋神社へ奉納する大関の額であります。

昨年「唐戸山大関」に推挙して頂いた北脇貴士(力的には‘小関’ですが・・・。)正装をして神前で神主様や親方衆によって額奉納をさせて頂き、これで晴れて北脇も歴代大関の仲間に入れて頂く事が出来ました。

北脇も琴奨菊関になった気分を少~しだけ体験出来たような気になって身の引き締まる思いでした。(四字熟語は言いませんでしたけど・・・。)

と言う訳で9月25日に行なわれた唐戸山神事相撲の様子を写真にてご覧下さい!!

Dscf7509

このように神社の中に唐戸山相撲の関係者が集まりました。(北脇の右隣は父親であります。ちなみに父親も32年前に唐戸山大関になっております。)

Dscf7512

草相撲と言いながらも、これ程しっかりした形式で大関の額奉納を行うのは全国でも唐戸山相撲ぐらいではないかと思います。

Dscf7514

親方衆の皆様と記念写真。ちなみに北脇も親方として力士や弟子を持つ事が許されます。

つまり、「唐戸山大関イコール相撲部屋の親方」と言う事ですね!

そんな訳で・・・。

Dscf7519 

北乃脇部屋の記念すべき力士1号は「木村晃健」様であります。(親方よりもはるかに強い力士ですけど・・・。)

大関になった北脇のポスターの前で記念写真。

ちなみにこのポスターは羽咋市内のいたる処に貼られています。(こちらは神社近くの布団屋の軒先であります。)

Dscf7521

唐戸山相撲場の記念館には歴代の大関の名札が貼られています。(ちなみに上段の左から3人目の‘寺下冨士夫’は阿武松部屋の幕下力士‘寺下’のお父様であります。)

Dscf7541 

そして土俵上では凄まじいでの取り組みが何十番も行われていました。

当然、ヒートアップして声援に交じって罵声、ヤジが飛び交い、喧嘩までもが行われていました。(昔は一升瓶やワンカップ酒、火の付いたタバコまでもが投げつけられる有様でした。少年時代の北脇はその光景に震えていたものであります・・・。)

そんな北脇も・・・。

Dscf7579

堂々‘化粧まわし’を身に付けて・・・。

Dscf7560_2

土俵入りで皆様にお披露目!(中央が北脇であります。)

Dscf7565

このように本物の化粧まわしをした唐戸山力士が相撲甚句に合わせて土俵に上がります。

そして北脇が一人で土俵から降りて・・・。

Dscf7575

マイクの前で相撲甚句‘当地興行’を熱唱しました。

これからは‘唐戸山の増位山’として活躍しないとですよ・・・。

ちなみに北脇の後は父親であります。父親は民謡の師範ですから相撲甚句の名人でもありますので、まさに‘唐戸山の増位山親子’なのであります。丁度、父親も初代増位山の三保ヶ関親方の髪型にも似ています。(三保ヶ関親方が聞いたら激怒しますねぇ・・・。)

そんな北乃脇部屋の‘北の湖’と言えば・・・。

Dscf7582

元・三杉豊の「木村晃健」様であります。今年は金沢市立高校や金沢学院東高校の相撲部レギュラーや石川県内の現役バリバリの選手が数多く集まり大変な激戦でした。

「やはり石川県の相撲はレベルが高すぎる!」と言っていた木村さんでしたが、本当によく戦って下さいました。

来年も絶対に木村さんには北乃脇部屋・北の湖として戦って頂きたい訳であります。

そして北乃脇部屋の‘北天祐’‘闘竜’も発掘して来年は更に唐戸山で大暴れして頂きたいですよ!(ちなみに北脇の化粧まわしは父親の物ですが、横綱輪島が大関時代にしていた貴重な物であります。紫の房で、しかも4場所で大関を通過したので‘超~っレア’なのであります。)

そしていよいよ唐戸山神事相撲クライマックスの結びの一番は・・・。

Dscf7591

上山・下山の大関候補力士の取り組み。(唐戸山相撲は東西ではなく上山・下山であります。)

勝敗は、上山・下山が遺恨を残さずに神に喜んで頂くと言う意味も込め、行司を巻き込んで土俵の外まで同体で吹き飛んで「引き分け」で取り組みは終わります。

非常に感動的で胸を打ちますよ!

殺気立っていた観客もこの時ばかりは拍手で両者をねぎらいます。

そして!

Dscf7594

上山・下山の大関候補力士が騎馬に乗って羽咋神社まで走ります。(後には松明の火の粉が飛んでいますね。)

Dscf7597

とにかくもの凄い黒山の人だかりとフラッシュの嵐・・・。

昨年は北脇も経験させて頂きましたが、騎馬の先頭をつとめてくれた木村晃健さん曰く「自分の断髪式以上のフラッシュだった・・・。」との事でした。

そしてこの騎馬の姿の写真が来年の唐戸山相撲のポスターに使われます。(翌日の北国新聞、北陸中日新聞の紙面にもデカデカとカラーで掲載されていました。)

こうして今年も無事に唐戸山神事相撲が無事に終わり、打ち上げをしてクタクタに疲れた翌朝、・・・。

Dscf7602

テレビを見ながら怒りに震えている木村さん。このテレビの人物こそ・・・。

Dscf7604

スモササイズで大ブレークした芸人「あかつ」さんであります。

丁度、TBSで放送された「史上最大ガチ相撲トーナメント」の映像を木村さんと見ていたのですが、先日の大相撲甚句に出演した時「あかつ君を倒したい!!」と宣戦布告していた木村さんでしたから、唐戸山相撲以上にテレビの前で闘志を燃やしていました。(私も父親もその様子を楽しんで見てましたけど・・・。)

唐戸山相撲で金沢市立高校相撲部員に写真攻めで人気者だった木村さん。(本当ですよ!)

是非とも次回の史上最大ガチ相撲に出場して頂きたいものであります。(あんまりスケジュールが忙しくなって来年の唐戸山相撲に来れなくなったら少し困りますがねぇ・・・。)

2011年9月26日 (月)

今年も参戦「木村晃健」唐戸山神事相撲!

今年も参戦「木村晃健」唐戸山神事相撲!
今年も参戦「木村晃健」唐戸山神事相撲!
今年も参戦「木村晃健」唐戸山神事相撲!
毎年9月25日は石川県羽咋(はくい)市に「唐戸山神事相撲」が行われて石川県内や近隣から大勢の相撲の猛者達が唐戸山土俵に集まります。
そんな唐戸山相撲の大関に(何故か…?)昨年推薦された北脇。(それにしましても琴奨菊、大関精進良かったですねぇ〜!)
今年は羽咋神社に大関額を奉納して化粧マワシをして皆様にお披露目しました。(写真はまたあらためて掲載します。)
そして頼もしい助っ人「木村晃健」さんに‘北乃脇部屋’力士として出場して頂きましたが、どうなりましたでしょうか…。
明日のブログでご紹介しますのでどうぞお楽しみに!!

2011年9月23日 (金)

石川県の横綱「坂下昭徳」大相撲甚句に登場!

石川県の横綱「坂下昭徳」大相撲甚句に登場!
石川県の横綱「坂下昭徳」大相撲甚句に登場!
石川県の横綱「坂下昭徳」大相撲甚句に登場!
石川県の横綱「坂下昭徳」大相撲甚句に登場!
アマチュア相撲ファンなら誰でも知っている石川県能登町出身「坂下昭徳」選手の元を訪ねまして大相撲甚句の収録をしてまいりました。
このように普段着の坂下選手を見てもピンと来ないかも知れませんが「胸毛」「長身」「モミアゲ」「吊出し」そして「全日本相撲選手権大会決勝トーナメント常連」と言えば‘あっ!あの坂下昭徳だ!!’とご理解頂けるかと思います。
中学校時代は痩せていて相撲選手に見られなかった坂下選手でしたが(痩せている写真は高校一年生の頃です。)一年間で60キロから110キロまで体重が増えて身長も190cmになったそうで、まさに白鵬関と同じように成長し頭角を表しました。(白鵬も入門当時はガリガリに痩せていました。)
そんな坂下選手の母校「松波中学校相撲道場」で楽しく相撲談義しながら‘坂下昭徳の歌’を熱唱した北脇。当然、坂下選手の中央大学相撲部出身の現・幕内‘某風’関の話題も出ました。(しかし、某風なんて書いたら怒られますねぇ…。)
石川県能登出身の北脇としては同じ能登出身の坂下選手には是が非でも今年の「アマチュア横綱」になって頂きたいと心の底から願っている訳であります。(坂下選手が手にしているのは栄養士のお母様が作った‘特製バナナドリンク’であります。当然、北脇も頂きましたが最高に美味しかったですよ!)
北脇の太鼓持ちソングを聴いて12月の全日本相撲選手権大会が開催される両国国技館で大暴れして下さると信じております。(そう言えば場所前に翔天狼関を前に歌を歌った北脇。連日ヒヤヒヤしながら取組みを見ていますが、本日見事に勝ち越して本当に良かったです。その様子は25日の大相撲甚句でお聴き頂けますよ!)
そんな坂下昭徳選手ご出演の大相撲甚句は10月16日放送予定です。
大相撲も良いですが、アマチュア相撲も目が離せませんよ!
放送をどうぞお楽しみにしていて下さいねぇ〜っ!!

神様・スギヨ様・七尾自動車学校様 その4

神様・スギヨ様・七尾自動車学校様 その4
神様・スギヨ様・七尾自動車学校様 その4
(株)スギヨの玄関先には「能登美人」お二人がサンマを並べて作業してらっゃいましたので中村様にすかさず「記念写真撮りたいんです!勿論お二方と!!」と言いながら、困っている能登美人お二人とポーズをとる北脇。(本当は能登の方ではないかも知れませんが…。)
結局、このサンマとスギヨのカニ風味カマボコ「香り箱」をお土産に頂いてご機嫌で家に帰った北脇でした。(ブログの掲載もOKを頂きましたよ!)
七尾自動車学校の森山会長様からはご馳走のおもてなし、スギヨ様からはお土産を頂いて、この日はスポンサー2社様から頂きっぱなしの北脇ですが、10月から6年目を迎える大相撲甚句。何とかスポンサー様にご恩返ししなければと考えております。
そして、実は本日これから能登の某所で収録であります。
スポンサー様をPRしつつ、しっかりゲスト様と対談してまいりますよ〜っ! (太鼓持ちシンガーソングライターですからね…。)
気になるゲスト様はまたブログでご紹介しますのでお楽しみに!(また引っ張りますねぇ〜…。)

神様・スギヨ様・七尾自動車学校様 その3

神様・スギヨ様・七尾自動車学校様 その3
神様・スギヨ様・七尾自動車学校様 その3
神様・スギヨ様・七尾自動車学校様 その3
この看板、ご存じ!(株)スギヨ様の玄関先で写真を取りました。(怒られそうですねぇ〜。)
(株)御祓川で心もお腹も満たされた北脇は大相撲甚句のもう一社のスポンサー様、(株)スギヨにお邪魔してまいりました。
担当の中村様から「スギヨ仮面は毎週のように県内の幼稚園やスーパー巡りで忙しいですよ!」と嬉しい悲鳴を上げてらっしゃいました。(本当は激務で苦しい悲鳴なんでしょうけど…。)
11月まで石川県のMROテレビや長野県のテレビでスギヨ仮面がCMに登場するとの事で、この勢いに北脇も便乗させて頂きたいと願っているのですが…。(ホープちゃんライブにもいつかスギヨ仮面が登場して欲しいですねぇ〜…。)
中村様とタップリお話しして玄関に行くとそこには…。
その4に続きます。(引っ張りますねぇ〜。)

神様・スギヨ様・七尾自動車学校様 その2

神様・スギヨ様・七尾自動車学校様 その2
神様・スギヨ様・七尾自動車学校様 その2
ご馳走の数々が並べられておりますが、(株)御祓川の昼定食とお刺身です。
実は、このご飯は森山会長が釜戸で毎朝炊いてらっしゃるのですが、「美味い!」の一言。
米一粒一粒が立っていて甘みと粘りがあって最高でした。(しかも米は能登中島産の無農薬コシヒカリ!)
この贅沢なご飯を食べながら、この数ヶ月間の出来事や今場所の相撲談義を森山会長と心行くまでしました。(会長はかなりの好角家でらっしゃいます。)
お腹も心も満たして下さった森山会長と(株)御祓川のお店、そして七尾自動車学校。
本当に有り難うございました!!
そしてそのまま北脇が向った先は…。
その3に続きます。

神様・スギヨ様・七尾自動車学校様…!? その1

神様・スギヨ様・七尾自動車学校様…!? その1
麦わら帽子に団扇の男性が窯の前に座ってらっしゃいますが、この男性こそFM西東京「大相撲甚句」の番組スポンサー「七尾自動車学校 森山外志夫」社長様であります。(絵になってますねぇ〜!)
昨日、無事に石川県能登に着きました北脇はその足で森山社長様が会長を務めてらっしゃる(株)御祓川のお店に行ってまいりました。約八ヵ月振りの再会に会話も弾んだ訳でありますが、会長が何故このような格好をしてらっゃるのか…。
その2に続きます。

2011年9月20日 (火)

「ホープちゃんライブ VOL4」に‘中村有志’出演か・・・!?

Dscf7463

三人で‘合掌’をしてポーズをとっていますが、ホープ師匠の右隣の男性はパントマイムで有名な「中村有志」様であります。

実は中村様、前回のホープちゃんライブにご出演下さいまして‘狂気のコメディー’で我々を笑いの渦に叩き込んで下さいました。(どこまでが打ち合わせでアドリブか分からない程の凄まじいコントでした・・・。)

ホープ師匠曰く「喜劇人は頭が狂って殺気だっているのが本物だ!」との事ですが、中村様はまさにホープ師匠のイメージ通りのキャラクターで、今回のライブに出演交渉をしました。

とは言いながら、普段の中村様は非常に穏やかで紳士でらっしゃいます。

そんな中村様、ホープ師匠からの出演交渉に応じて下さいまして、10月9日のホープちゃんライブに出演が決定しました。(余程の事が無い限りはご出演下さる事と思います。)

で、何故三人が合掌しているのかと言いますと・・・。

詳しい事は公表出来ませんが、非常に‘有難~い’教えをコントにするからなのであります。(当然、北脇もそのコントにちなんだ歌を作りましたが、チョッとタブーなジャンルの歌に挑戦してみました・・・。)

Dscf7459

深刻なお顔でありながら薄笑いを浮かべてコントの打ち合わせをしているお二人。

やはり本物の喜劇人は凄みが違います。(本当に馬鹿馬鹿しい設定のコントが次々に生まれていましたよ!)

北脇も必死でメモを取りながら勉強させて頂きました。

Dscf7465

確かな手応えを感じて喜びのあまり歌を熱唱するホープ師匠。(歌は北島三郎の‘風雪ながれ旅’です。ちなみにこの歌はホープ師匠の弟子‘西田ぼん’様の十八番であります。更にちなみに西田ぼん様の風雪ながれ旅は北島三郎以上に北島三郎であります。ややこしいですけど、一度聴いたら納得しますよ・・・。)

と言う訳で「ホープちゃんライブ VOL4」はこれまで以上に過激で狂気のライブになりますよ~。どうぞお楽しみに!!

大関‘北乃脇’石川能登「唐戸山神事相撲」にて大関伝達式・・・!?

Dscf7359

何やら観光協会のような格好でポスターを広げている北脇でありますが、石川県羽咋市(はくいし)で毎年9月25日に行なわれる「唐戸山神事相撲」のポスターであります。

実は昨年、地元の親方衆からの強い推薦もありまして北脇は‘大関’になる事が出来た訳ですが、今年は羽咋神社で‘大関の額奉納’がありますので紋付袴で北脇も式典に参加する事になりました。(大関と言えば、稀勢の里関が敗れて、本日は琴奨菊関と対戦ですね・・・。出来れば二人‘ダブル昇進’して頂きたいのですがねぇ・・・。)

ちなみにこのポスターですが、注目して見ると・・・。

Dscf7360

上山(かみやま)と下山(しもやま)の大関が騎馬の上でガッツポーズをしております。(唐戸山相撲では東西ではなく上山・下山と呼ばれています。)

右側が下山大関の北脇でありますが、先頭の黒マワシの人物をよ~く注目すると・・・。

Dscf7362

ご存知‘木村晃健’さんがデカデカと写っています。

昨年はわざわざ石川県まで来て唐戸山相撲に参加して大活躍して下さいました。

そして何と!今年も参加して下さるとあって北脇も大喜び!!(北脇の父親も大喜びであります・・・。何せミーハーですから大相撲力士や元力士には目がないのであります・・・。)

ちなみにこのポスターは羽咋市内あちこちに貼られています。(木村さんにもお渡ししないとですよ・・・。)

と言う訳で・・・。

Dscf6901

木村さんには焼津奉納相撲で見せてくれた‘貴乃花・鬼の形相’を石川県・唐戸山土俵でも見せて頂きたい訳であります。(焼津ではサンケイスポーツの成岡さんと北脇は大爆笑でウケていました・・・。)

中央の男性は若駿河さん、右は阿武力さんであります。お二人にも出来れば参加して頂きたいものですが、まずは大相撲甚句のゲストに出演して頂いて関係を深めて行かないといけませんね・・・。(ちなみに阿武力さんは大の‘戦隊ヒーロー好き’で以前、大相撲甚句にご出演下さった萩原佐代子様の大ファンでらっしゃいます。その萩原様のブログでホープちゃんライブの告知をして頂きました。http://blog.livedoor.jp/hagiwarasayoko/ ←萩原様のサイトです)

本当に有難いですねぇ~っ!(阿武力さんに‘どや顔’しないとですよ・・・。)

と言う訳で、石川県では収録も予定しておりますので、どうぞお楽しみにしていて下さいね!!

2011年9月19日 (月)

ホープちゃんライブに‘歌姫・祥子’出演交渉・・・!?

Dscf7456

国技館では大相撲中日八日目の熱戦が繰り広げられている頃、ホープ師匠と北脇、10月に行われる「ホープちゃんライブ VOL4」に向けての出演者やネタ探しに‘待ったなし’の状況に追い込まれております。(その割にはサウナや温泉を楽しんでいますけど・・・。)

そんなホープちゃんライブに出演して頂きたいと願い、白羽の矢が立ったのはシンガー「祥子」様であります。

大阪生まれで普段の会話も非常に楽しい祥子様、師匠も非常に気に入った様子で・・・。

Dscf7454

「どんどん食べて食べて!」と、祥子様にうどんを勧める師匠。

師匠は非常に優しいのです。(特に美しい女性・・・。)

Dscf7455

「ピースはいいから食べてよ!」とお椀を出す師匠。(ピースと言えばホープ師匠の元相方であります。何か昔を思い出したのでしょうかねぇ・・・。)

とにかく祥子様とライブを共演出来るのを非常~に楽しみにしている北脇なのであります。

そして楽しみと言えば・・・。

Dscf7451

風呂上りの「カキ氷」であります。師匠も思わず少年のような笑顔でありますね!

Dscf7452

いっぱい食べて白鵬や稀勢の里のような磐石の「ホープちゃんライブ」になります様、努力精進しますよ~っ!!(何か無理矢理まとめていますね・・・。)

2011年9月16日 (金)

撮影・温泉・ご馳走三昧の一泊二日!

Dscf7424

撮影の合間に衣装直しをして一服するホープ師匠。

二年ぶりのドラマ復帰にも確かな手応えを感じて思わずこの笑顔。間近で見ていた北脇も嬉しくなってしまいました。

今回は居酒屋の店主の役を演じたホープ師匠でしたが・・・。

Dscf7425

お店を撮影にご提供下さいました実際の店主様を前にあれこれ質問攻め。

非常に気さくで楽しい店主様でしたよ。

Dscf7437

撮影の合間にご近所の方からサインをねだられた師匠。ファンサービスも徹底してらっしゃいましたよ。

Dscf7429

「おっ!面白いのがあるねぇ~。よし!記念写真だ!!」と暗闇の中でポーズ(周りのスタッフも馬鹿馬鹿しい目で見ていました・・・。)

そう言えば昨日のブログで‘群馬県某所’と記載しましたがロケ地は温泉の名所‘草津’でした。

硫黄のにおいが周囲に立ち込めていましたよ!

と言う訳で・・・。

Dscf7449

撮影も無事に終えて本場の温泉を楽しんだ後はホテルで夜食。

至福のひと時でありますねぇ~。

Dscf7442

「うん!なかなかいけるね!!」と食べている師匠。この数分後ベッドに横になって爆睡した師匠でした。

やはり心身ともに追いつめてらっしゃったんですね・・・。

お疲れ様でした。

Dscf7443

翌朝も温泉を楽しんだ後、モーニングセット。

Dscf7444

余裕タップリのこの表情!絵になりますねぇ~。

Dscf7445

そして出発前に腹ごしらえ。約4時間のバス移動の後、無事に東京に帰ってまいりました。

そして・・・。

Dscf7448

ラーメンでしめました。(昨夜からラーメンを食べたがっていた師匠でした・・・。)

今回のドラマ撮影の成功で勢いづく師匠。これからも注目ですよ~っ!!

2011年9月14日 (水)

ホープちゃん、二年振りにドラマに復帰…!?

Ts390160

雲ひとつない秋空の下、ホープ師匠に連れられて高速バスで向った先は群馬県某所…。
実は師匠から「ドラマのロケに泊まりがけで行くからついて来てくれ!」と言われてご一緒しましたが内心はドキドキでした。
と言いますのも「絶対に現場は一人で来て下さい!」とプロダクションから釘を刺されていたからであります。

Ts390161

Ts390163
そんな北脇の不安な心を知らず、バスの中でハンバーガーを食べたり共演者の女優さん(藤本りせさん)と意気投合して世間話をして盛り上がって、すっかり遠足気分のホープ師匠…。
しかし、現場に近付くにつれ台本を読み直したりして気持ちを高めてらっしゃいました。
そして衣装に着替えて‘超大物俳優陣’の中に混じっても堂々と演技をして現場に溶け込まれる姿は二年振りのドラマ復帰とは思えない程の貫禄でした。

Ts390164
ドラマの作品名や役名は公表出来ませんがホープ師匠、まるで「男はつらいよ」の初代おいちゃんの「森川信」のような雰囲気が漂っていました。
そんなホープ師匠と撮影が終わるまで現場に同行した北脇。
この後の様子は明日のブログにて公表したいと思います。(無事に東京まで帰る事が出来れば良いのですが…。)

秋場所3日目に大相撲観戦!!

  秋場所も3日目を終えて波乱の取り組み続きの大相撲でありますが、昨日は何と思いがけず国技館で大相撲観戦してまいりました。

と言いますのも以前、大相撲甚句のゲストにご出演下さいました「元・中央大学相撲部 岸田聡司」様から当日突然にお電話で「急に出張が入ってしまいました。升席4人分ありますから行って来て下さい!」と券をお譲り頂きました。(本当に有難いですね~っ!)

と言う訳で北脇と一緒に相撲観戦してきた人物とは・・・。

Dscf7385

二代目三波伸介師匠と相撲博士で整体師の菅原尚晋さんであります。

「雲上人の三波師匠にお目にかかれるとは感無量です。」と菅原さんが言えば「私も菅原さんがいれば安心して相撲観戦できますよ!」と三波師匠。

何故ならこの日は三波師匠の持病の腰痛がひどく、痛みに耐えてらっしゃったからです。そんな腰痛の三波師匠も相撲観戦となれば・・・。

Dscf7392_2

このように鋭い目を光らせてらっしゃいました。この姿を見ると喜劇人と言うよりも特殊な団体に所属してらっしゃる人物のようにも見えますが・・・。(しかも記者席のすぐ後の最高の席でありますよ。)

Dscf7397

このような満面の笑みを浮かべながら師匠が指差しているのは・・・。

Dscf7398

かなり過激なジョークでありますね・・・。

Dscf7384_2

丁度我々が席に着いた頃には豊響関の取り組み前でした。今場所は足首の怪我のせいで本来の相撲が見られず我々ファンも心配しなってしまいます。

Dscf7386

心配と言えば豪栄道関。膝の具合が良くないのか前に攻め込む相撲が見られません。

それでもサポーターやテーピングもせず土俵をつとめてらっしゃいます。

必ずや勝ち越して頂きたいですね!(ちなみに券をお譲り下さいました岸田様は豪栄道関の大ファンであります。)

Dscf7390

3日目にしていきなりの好カード。「稀勢の里・豊ノ島」戦。仕切りの時から「稀勢の里~っ!」と大声援。

三波師匠も「しかし稀勢の里は女性の黄色い声援が多いですね・・・。」とポツリ。確かに独身ですからモテるでしょうね・・・。

勿論、相撲は電車道で稀勢の里の圧勝でした。

Dscf7396

そしてこの日一番の攻防のある一番と思えた「鶴竜・栃煌山」戦。激しい差し手争いと突っ張りあいで栃煌山関が大関を狙う鶴竜関を破りました。

Dscf7400

そして綱盗りの日馬富士関にはベテラン若の里関。「このところ若の里は若手力士に立ちはだかって存在感がありますね!」と三波師匠。前日の鶴竜関、先場所の琴奨菊関にも堂々の相撲を見せて下さいましたしね。

しかし日馬富士関の速攻相撲の前に敗れました。

Dscf7402_2

初日から連敗して心配な琴欧洲関の相手は連日見せ場を作っている豊真将関。

Dscf7403   

積極的に前に攻める豊真将関。体勢を立て直そうと必死の琴欧洲関!

Dscf7404

大関の貫禄!と思いきや先に琴欧洲関の足が出ていて何と3連敗。

豊真将関大活躍ですが、やはり琴欧洲関が心配ですね。

Dscf7405

そしてこちらも連日見せ場を作って大活躍の隠岐の海関。

横綱相手にも全く怯む事なく素晴らしい相撲を取って結びを盛り上げて下さいました。(しかし横綱の勝利でした。)

この日は見所満載で最高に楽しい相撲観戦でしたが、実は国技館に入ってすぐに嬉しいご対面がありました。

その人物は・・・。

Dscf7417

元・岩木山「関ノ戸親方」様であります。

大変お忙しい中でも気さくに写真に応じて下さいました。

「いやぁ~関ノ戸親方は本当にいい男ですねぇ~。」と三波師匠も感心しきりでした。

1月28日の引退相撲には必ず行きますよ~っ!(北乃脇バンドのドラム舛田さんも‘絶対行く!’と北脇の周囲も盛り上っております。)

そんな岩木山引退・関ノ戸襲名のポスターは・・・。

Dscf7413

お馴染み「とんかつ若」の店内に貼られています。(隣には‘ホープちゃんライブ’のチラシもさり気な~く貼られていますね・・・。)

当然、大相撲観戦の後は我々も・・・。

Dscf7418

とんかつ若の特製「ダブルチキンカツカレー」を注文しました。(三波師匠かなりダンディーですねぇ・・・。)

北脇の隣の若者は三島函南エフエムのパーソナリティーの森拓哉さんと大学の小野先輩であります。

ちなみに森さんは超~っ相撲博士でこの日はたまたま大相撲観戦に来ていました。

と言う事で!

Dscf7414

元祖相撲博士の菅原さんとガッチリ握手の森さん。

平成生まれでありながら森さんの相撲知識には驚かされました。

三波師匠も「いやぁ~、久し振りにマニアックな相撲談義が出来た。こんなに相撲の話をしたのは岩佐アナウンサーと会った時以来だ・・・。嬉しい~っ!!」と大喜びでした。

こうなったら相撲ファンが集まって本格的に三波師匠の群馬県にある倉庫(相撲グッズ満載)に押しかけないといけませんね!

Dscf7416

そしていつも仲良しで元気いっぱいの「菅原ご家族」様。

三波師匠「お二人の出会いの馴れ初めは?」「奥さんも相撲は好きですか?」「奥さんの出身地は?」などなどテレビ番組の司会者のように質問攻めをしてらっしゃいました。

完全に初代三波伸介師匠のやりとりそのもので本当に笑わせて頂きました。

Dscf7415

そんな三波師匠に菅原さんのお子さん「ななみ」ちゃん、「晋士 ゆきと」君もすっかり仲良しになってこの様子!

子供にも大人気は先代譲りですね!(ちなみに師匠の頭に触ると恋愛運、金運が上昇します。先日は境川部屋で妙義龍関と佐田の海関が触ってらっしゃいました。)

Dscf7419

そんな効力もありまして‘おしどり夫婦’の三波師匠と奥様で萬天舘代表「ちぇこ」様。

お二人の姿を見ていると非常に幸せな気持ちになってしまいます。

そんな三波師匠、ちぇこ社長ご出演の大相撲甚句の放送は9月18日放送です。http://www.voiceblog.jp/kitawaki-takashi/ ←ポッドキャスト

http://842fm.west-tokyo.co.jp/ ←サイマル放送

どうぞお楽しみにしていて下さいね~っ!!

2011年9月13日 (火)

治療の後はご馳走三昧! in 津田歯科

Dscf7375

ホープ師匠の隣にいらっしゃる白衣の女性は以前にもブログでご紹介させて頂きました歯科衛生士で歌手の「石川恵子」先生であります。

この日は恵子先生のお勤めであります高田馬場「津田歯科」に行ってまいりました。

と言いますのは実はホープ師匠、明日からドラマのロケに行かれるのですが以前から歯に違和感がありましたので治療をして頂き、お陰様でこの笑顔!すっかり良くなりました。

そして恐れ多くもお昼ごはんをご馳走になってしまいました。(治療を受けていない北脇までも・・・。)

Dscf7376

炊きたてのご飯に豪華なおかずの数々・・・。目移りしながらも食べる準備万端!

Dscf7378

楽しい会話を交えながらお腹いっぱい食べました。(気分はヨネスケ師匠ですねぇ・・・。)

かつてはレオナルド熊師匠(ホープ師匠の師匠です。)や多くの芸能人をはじめ、早稲田大学生などなども治療の後に食事を食べられたそうです。)

北脇も歯に不具合がおきた際には是非とも津田歯科に行かないとですよ!!

2011年9月12日 (月)

本日から大相撲九月場所!分かるかなぁ~?分かんねぇだろ~なぁ~っ・・・。

Dscf7366

本日から大相撲九月場所が開催されまして、血沸き肉踊っている北脇であります。

綱盗りの日馬富士関が横綱朝青龍を彷彿させるような荒々しい取り口で難敵豊ノ島関を下したり、大関を狙う三関脇も気合の入った取り口で白星発進(特に稀勢の里関と嘉風関の取り組みは仕切りの睨みあいから凄まじい気迫で身震いしてしまいました・・・。)15日間全く目が離せない九月場所であります。

それはそうと・・・。

写真の中心には時津風部屋の呼出し護さんの姿。(ちなみに護さんはかなりの相撲巧者で毎年相撲教習所にて行われる相撲交流会の団体戦で前さばきの巧さと勝負勘の良さで我々の戦意を喪失させます・・・。)

そんな護さんの右隣に注目して頂きたいのですが、アフロヘアーにサングラス、口髭・・・。

子門真人(およげ!たいやきくん)でもなければ笑福亭鶴瓶(昔の・・・。)でもない、ましてや反社会的勢力でもない!

この人物こそ紛れもなく「松鶴家千とせ」師匠であります。(多分・・・。)

初日から熱戦が続き、お客さんもヒートアップして引きや叩きをする力士には罵声を浴びせる程の気合の入りよう(解説の北の富士さんも舞の海さんも困っていました・・・。)相撲人気も復活の兆しであるような気がして嬉しくなりました。

がしかし・・・。

Dscf7372

松鶴家千とせ師匠の動作が気になって取り組みに集中出来ませんでした。(ルーペで割りを見てらっしゃいますね・・・。)

Dscf7373

そんな松鶴家千とせ師匠。相撲の面白さ分かるかなぁ~?分かんねぇ~だろ~なぁ~?(否!実はかなりの好角家かも知れないですよ~っ!分かんねぇ~けど・・・。)

2011年9月10日 (土)

ホープちゃんライブまで一ヶ月!遂に本格始動・・・!?

Dscf7353

10月9日のホープちゃんライブVOL4まで遂に一ヶ月となりましてこの日は師匠と真剣に打ち合わせをしているのですが(いつもは他愛の無い話で盛り上っておりますので・・・。)師匠と会う前にちょっとした展示会に行ってまいりました。

その展示会とは・・・。

Dscf7342_2

新宿区民ギャラリーにて行われている(9、10、11日)‘ヒカヒカモップの会’と言う展示会であります。

右の女性はホープ師匠の行きつけの床屋さんのお嬢さんで以前、ホープちゃんライブのスタッフとしてご協力下さいました「佐藤秋穂」さんであります。

油絵、詩、書、などなど何でもマルチに手がける女流作家であります。

そしてこの人物の肖像画も・・・。

Dscf7343

ホープ師匠であります。非常に細かく丁寧に描かれていますね!

そんな展示会の様子を師匠に報告した後にむかった先は・・・。

Dscf7355

お馴染みのサウナであります。この日も岩渕住職様(右の男性)にお食事をご馳走になりました。

そしてライブに向けてのコントや歌のアイディアを授けて頂きました。(非常に面白く斬新なアイディアであります。)

そしてご機嫌のうちに・・・。

Dscf7356

歯科衛生士で歌手の「石川恵子」先生とライブの打ち合わせ。

癒し系で安らぎを与えて下さる恵子先生に師匠も北脇もメロメロ・・・。

そんな恵子先生が手に持ってらっしゃるのは!

Dscf7357

恵子先生が歌う「牛乳のうた」のCDであります。(カップリング曲は何と東海林のり子さんとデュエット)

実は牛乳のうた、北海道地区のスーパーの牛乳売り場で流されていてチビッコ達にも大人気の歌であります。(サカナ、サカナ、サカナ~の歌のような感じですね!)

そんな牛乳のうたをコントに使えないものか?といろいろ案を出し合いました。

どのようになりますでしょうか?楽しみですねぇ~。

2011年9月 7日 (水)

感動の対面!ホープ師匠と二代目三波伸介師匠!!

Dscf7339 

このお二人は北脇のブログではいつもお馴染みの二代目三波伸介師匠とホープ師匠であります。

こぼれそうな笑顔でポーズをとってらっしゃいますが、実は二人で呑むのは初めてで、しかも数年振り(十数年振り・・・?)の再会でらっしゃいました。

以前よりホープ師匠からは「三波のオヤジ(初代三波伸介師匠)には若い時、世話になったんだよ。息子は元気でやってるのか?」と北脇にいつも訊いていましたし、二代目三波師匠からは「ホープ兄ちゃんはオヤジ(初代三波師匠)が可愛がって自分の番組にもよく出して楽しんでいましたよ。ホープ兄ちゃんの体は大丈夫ですか?」と北脇に訊いていました。

もともとお二人とも同じ芸能事務所に在籍していらっしゃったのですが、初代三波師匠がお亡くなりになって暫くして事務所から出て以来、殆ど逢う事もなく今日に至っておりました。

しかし、三波師匠からお電話を頂いて奇跡的にホープ師匠と再会する事が実現しました。

聞けば「ゆうべホープ兄ちゃんと‘医者と患者’コントを一緒にしている夢を見ました。」との事で何か運命を感じられたのかも知れませんがホープ師匠も大喜び。

初代三波伸介師匠の思い出や昔の芸人の話、近況をタップリ語り合っていました。

Dscf7340_2

そんな貴重な席に北脇もご一緒させて頂いて身にあまる光栄でした。(北脇のお隣には萬天舘代表で三波師匠のおかみさんの‘ちぇこ’社長様、一番右の男性はコント青年団の青木イサム様です。)

初代三波師匠は寛大で親分肌で、こまやかな気配り気遣いをしながらも寂しがり屋だったそうです。

ホープ師匠がネタでウケずスランプの時も面白い変装をして慰めて下さったり、地方の営業先(常磐ハワイアンセンター)にも忙しい合間をぬって後輩芸人を励ましに来て下さったようです。

そしてホープ師匠を虐めた先輩芸人を初代三波師匠のおかみさん(二代目のお母様)が三波伸介一門を破門にしたお話など、ホープ師匠は初代やおかみさんには本当にお世話になったそうです。

「三波のオヤジがもう少し長生きしてくれれば俺達もこんなに苦労せずに守ってくれたのにねぇ・・・。やっぱり気を使いすぎたんだよ・・・。」とホープ師匠がおっしゃっていましたが、初代三波師匠がもう少し長生きしてらしたら今の芸能界ももっと変わっていたと思いました。

初代三波伸介師匠の貴重なお話の数々を聞く事が出来て北脇は本当に幸せ者でありました。

この続きのお話しは近いうちに西新宿のお店で「カキ氷」をホープ師匠と二代目三波師匠と食べながら聞かせて頂きたいですねぇ~。(サウナもご一緒しないとですよ・・・。)

2011年9月 6日 (火)

熊野神社例大祭に「三波伸介一座」登場~っ!!

Dscf7288

御神輿の周りには人、人、人・・・。今にも掛け声が聞こえてきそうなぐらいの勢いと勇ましさであります。

これは9月4日(日)に行われました熊野神社例大祭の様子ですが、何とここは東京のセレブ、お洒落な人達が集まる「目黒区自由が丘」であります。

その自由が丘にあります熊野神社例大祭に三波伸介一座が奉納演芸を披露しました。http://www.kumano-jinja.or.jp/index2.html ←熊野神社のサイトです。

これまでは舞踊などを中心の奉納演芸だったようですが、今年から初めて「喜劇」を入れられたとの事です。

その様子をどうぞ写真でご覧下さい!!

Dscf7334

神楽殿の横に貼られた演目。そうなんです!実は今回も三波伸介一座に「北脇貴士」も加えて頂きました。(前回は新宿区や川口市で行われた三波伸介一座にも加えて頂きました。)

本当に身にあまる光栄であります・・・。

そんな北脇、ギターを持って登場して!

Dscf7337

月亭可朝のような姿で力士ソングを熱唱!(本人は‘ジュリー’の気分だったんですが・・・。)

この日は「高見盛の歌」「寶智山ルンバ」「当地興行」「豪栄道の歌」を熱唱しながら大相撲のウンチク話や横綱総見の力士情報をタップリ語りました。(それにしても北脇の力士ソングが熊野神社例大祭の‘演芸’として見て頂けるとは・・・。熊野神社様と地域の皆様、そして座長の三波伸介師匠の寛大なお心には頭が下がるばかりであります・・・。)

そして北脇が終わった後は・・・。

Dscf7291

「ホームラン」師匠(勘太郎師匠・たにし師匠)の漫才。高校生ぐらいの若者も食い入るように師匠方の漫才を見て笑っていました。

Dscf7295

そして「立川談奈」さんの落語。次から次に飛び出る「なぞかけ」、「小噺」などにチビッコも大喜びでした。

しかし‘ハンドマイク’で落語をするのは談奈さんの12年の落語人生の中では初めての事だったようです。(飄々と喋りながらも‘やりにくかったですよぉ~’と後でおっしゃっていました。)

Dscf7303

そして‘大看板’の二代目三波伸介師匠が登場!当然、お客様も大喜びでしたよ。

Dscf7309_2

たにし師匠と勘太郎師匠と息もピッタリのコント。やはりこのようなコント(軽演劇)はお祭にしくっくりと合って非常に風情がありました。

Dscf7310

このようなロケーションでお客様も奉納演芸を堪能してらっしゃいました。(浴衣美人も大勢いらっしゃいましたよ~。)

Dscf7316

司会の鈴木様と三波師匠とのやりとりも面白かったです。

Dscf7318

いつか三波師匠と音楽コントやバンドにも挑戦したいと意欲を燃やしている北脇であります。(本当ですよ~っ!!)

Dscf7333

談奈さんと同学年の北脇。やはり親しみもわきますよねぇ~。この後も楽しく打ち上げで盛り上りました。

9月16日(金)19時から「紀尾井小ホール」で落語会を行う談奈さんであります。勿論、観に行きますよ~っ!!http://blog.livedoor.jp/tatekawa_danna/ ←談奈さんのサイトです。

Dscf7289

そして今回もお世話になりました二代目三波伸介師匠。密かに「ホープちゃんライブ」にご出演頂けないものかと交渉してみましたが・・・。(無理でしょうねぇ・・・。)

三波師匠、これからも北脇を宜しくお願いします!!http://ameblo.jp/minamishinsuke/ ←三波師匠のブログです。

2011年9月 5日 (月)

両国から青梅に行って田無に着いた・・・。その3

Dscf7274

ホープちゃんライブVOL4のチラシを持って3人でポーズをとっていますが、ここは西東京市の田無にあります「FM西東京」一階会議室であります。(このお二人はFM西東京の夕方からの生放送‘You Got チャンネル α’の火曜日パーソナリティーの‘布施川一寛‘さん、‘伊達直美’さんであります。 http://842fm.west-tokyo.co.jp/time_table.html )

この日はFM西東京スタッフやパーソナリティーが集まっての懇親会が夕方から行われるとあって連絡を頂きました。

本来ならば、このような会には積極的に参加しない北脇ではありますが(時間調整が難しいものですから・・・。)今回は是が非でも出席しなければいけない訳がありました。

朝から両国へ行って日中は青梅で歌って体もクタクタだった北脇でしたが、会に出席したその訳とは・・・。

Dscf7279

ズバリ!「ホープちゃんライブVOL4」に参加してくれる女優を探し、出演交渉する!と言う事でした。

ホープ師匠から「誰かいい女の子がいたら誘っといてよ!無理しなくていいから。」と言われていました。(ちなみに師匠の場合は‘無理するな’と言う事は‘無理しろ’と言う意味であります。丁度‘俺はネコ舌だからおでんは持ってくるなよ!’とネタを振られたら‘アツアツのおでんを口に無理矢理入れてしまう’と言うコントと同じ事であります。)

この美女6人にも当然シツコイくらいに出演交渉しました。(うっとおしいオッサンだと思った事でしょうねぇ・・・。)

誰か一人でも連絡をくれればいいなぁ・・・。と思っていた矢先に何と!!

Dscf7281

歌姫「祥子」様が現われました。(北脇にとりましては祥子様は‘境川親方’をご紹介下さいました超~っ恩人様なのであります。)

「久し振りじゃないですかぁ~。相変わらずエレガントですねぇ~(死語・・・。)」と挨拶もそこそこに「ところでコントに興味ないですか?」と祥子様にもライブの出演交渉!

周囲からは冷ややかな目で「見境ないねぇ~・・・。」と言われていましたが決してメゲないのであります。

しかし討たれ弱い北脇ですから目の前に並べられたご馳走の数々を・・・。

Dscf7280

「こうなったらヤケだ!」と手当たり次第に声をかけて手当たり次第に食べました。

「カツカレー」に「おでん」北脇の胃袋は既に悲鳴を上げていましたが、台風の吹き荒れる中、北脇も荒れまくってしまいました・・・。

と言う訳で!

Vol4light_3

10月9日(日)のホープちゃんライブに出演して下さる女優さんがいましたら北脇までご一報お願いします!(まぁ誰も連絡は無いと思っていますが・・・。)

絶対に楽しいですよ~っ!!

両国から青梅に行って田無に着いた・・・。 その2

Dscf7269

ホワイトボードに殴り書きの文字・・・。(それにしても凄い文字でありますが・・・。)

両国のとんかつ若の店内で光国関と木村晃健様と相撲談義で盛り上がりつつも中座して北脇が向かった先は青梅市にある青梅信用金庫の「のみの市 LIVE」

台風の真っ只中ではありましたが、北脇にとりましては青梅の皆様は足が向けられない程にお世話になった方々ばかり・・・。

そんな皆様が「いや~待ってたよ!」と言って丁重に北脇を迎えて下さいまして・・・。

Dscf7260_2

「お腹すいてるでしょ?食べてよ!」といきなり‘おでん’でお出迎え!(別にダジャレではないですよ・・・。)

「あの~両国でカツカレーを食べましたので・・・。」とは言えず「いや~、おでん大好物ですよ!たとえ腹が一杯だったとしても‘おでんは別腹ですから’と訳の分からない事を言って出されたおでんを全部食べた後に・・・。

Dscf7262

ギターを持って歌を熱唱しました。本来はこの日のライブは野外で「北乃脇バンド」のメンバーで出場する筈でしたがメンバーの皆様の楽器や機材が濡れては取り返しがつかないので一人で歌いましたが、この場所なら絶対に雨で濡れる心配はありませんでした。

何故なら・・・。

Dscf7263

青梅市でお店を数店舗お持ちの「ふるさわ」様のご好意でガレージを開放して下さいました。(青梅と言えば‘映画看板’が有名ですので壁には看板が置かれていますね!)

本当に有難いですねぇ~っ!!(しかもお客様からも温かいご声援とアンコールまで頂きました。)

Dscf7271

歌い終わりまして「ラキラキ ラッキー バンド」の美女達に囲まれる北脇(まるで‘よろこび組’に囲まれる某国の将軍様になった気分でありました・・・。)

そんな幸せいっぱいの北脇の耳に・・・。

Dscf7261

「おでんはいかがですかぁ~。美味しいおでんが残りわずかですよ~。」とマダムの声・・・。

主催者からも「おでん好きなだけ食べてよ!遠慮しないで!!」と言われていたので・・・。

Dscf7272

山盛りの「おでん」と「カキ氷」非常~に美味しかったのですが、既に胃袋は限界・・・。

はちきれそうな腹を抱えながらライブ会場を後にした北脇。

青梅を後にして向かった先は西東京市の「田無」。

田無に一体何があると言うのでしょうか・・・?続きは‘その3’で!!(引っ張りますねぇ~。)

2011年9月 4日 (日)

両国から青梅に行って田無に着いた・・・。 その1

Dscf7203

勇ましい姿の力士が土俵上にいますが、昨日9月3日は国技館におきまして九月場所前の「稽古総見」が行われまして、北脇も朝8時前から行ってまいりました。(土俵には今場所初十両の‘琴勇輝’関と先場所十両優勝した‘妙義龍’関が申し合いをするところであります。)

そんな力士の稽古を一目見たいと大相撲ファンの方々が大勢集まり大変な熱気と盛り上がりでした。(しかも無料ですから・・・。)

台風接近の大変な状況下ではありましたが、我々に力と勇気を与えて下さいました大相撲力士の皆様の白熱した稽古風景をどうぞご覧下さい!!

Dscf7215

新十両と言えば連日のようにテレビのワイドショーやニュースに出ている「隆の山」関。(左)

当然、隆の山関が土俵に上がると声援とフラッシュが浴びせられました。

Dscf7199

普段から激しい稽古をしている境川部屋の同部屋同志、妙義龍関と佐田の海関の申し合い。

妙義龍関はかなりの番数をこなしてらっしゃいました。

Dscf7183_2

胸を出しているのは今場所新十両の旭秀鵬関であります。以前より好角家の中では大注目されていた旭秀鵬関が遂に十両昇進。

今場所は大いに活躍して下さるでしょうね。(女性ファンも増える事でしょう・・・。)

Dscf7186

土俵上には時期関取候補の「栃矢鋪」さん(黒マワシの力士)。ぶつかりで胸を出すのは春日野部屋の大先輩「栃乃洋」関です。

ちなみに二人とも石川県出身同士であります。(当然、北脇も!)栃矢鋪さんには絶対に関取に上がって頂いて相撲王国石川県を盛り上げて頂きたいです!!

Dscf7213

そして幕内力士の申し合い稽古。土俵には先日、元・和歌乃山関のお店‘和歌ボン’でお会いしてコメントを頂いた「翔天狼」関。

凄まじいブチかましと出足を見せて下さいましたよ。

Dscf7223

こちらは「稀勢の里」関(背中)と「豪栄道」関の申し合い。鋭い出足で攻め込んだ豪栄道関が・・・。

Dscf7224

左を肩まで差して攻め立てる豪栄道関。本来は右上手十分の稀勢の里関も肩越しで防戦一方・・・。

Dscf7225

そのまま堂々の寄り切りで豪栄道関が勝ちました。最高の相撲で北脇も大喜び!!

Dscf7230

そんな稀勢の里関もライバル琴奨菊関、鶴竜関と三つ巴で激しい申し合いを繰り広げていました。(三人の力はほぼ互角か、やや鶴竜関の実力が勝っていたかに思えましたが、あくまで北脇の感想であります。)

Dscf7237

そして今場所注目の大関・日馬富士関に横綱白鵬関。最初の一番、二番は日馬富士関が勝って場内がどよめきました。

Dscf7243

そして大関把瑠都関も横綱を追い込むような激しい相撲を見せて下さいました。

今場所は大関・日馬富士関、大関把瑠都関が横綱と直接対決まで優勝戦線に残って大暴れして頂きたいですね!

Dscf7248

大暴れして頂きたいと言えば、三波伸介師匠も応援している「若荒雄」関。白鵬関が指名して胸を出していましたが、体が砂まみれになる程の‘かわいがり’を受けていました。

今場所は横綱に‘恩返し’して勝って頂きたい若荒雄関であります。

Dscf7190

そんな稽古総見を一緒に見たのは元・玉光国関の「岡部光国」様であります。

様々な相撲のウンチク話から四方山話を聞かせて頂きましたよ!

そして・・・。

Dscf7206

この人物も遅れて登場!元・三杉豊で芸人の「木村晃健」様であります。

ベースボールマガジン・相撲9月号の100ページに写真が掲載されてこの笑顔!

この日も大いに笑わせて頂きました。

そんなお二人と国技館を出て、お馴染みのお店に向かう途中に・・・。

Dscf7249_2

外でバッタリ「翔天狼」関と会いましたので「先日の収録は有難うございました!それにしましてもブチかまし強烈でしたねぇ~。」と言えば「いえいえ、まだまだですよ・・・。」と非常に謙虚なご様子。

今場所の翔天狼関の大活躍を大いに期待しましょう!!

そして光国関、木村さん、北脇が向かった先は・・・。

Dscf7256

お馴染み「とんかつ若」様であります。

早速、岩木山関の引退・関ノ戸襲名ポスターをお渡しして貼って頂くようにお願いしましたら「いいねぇ~、見える所に貼らなきゃ!」と店主の服部様がご機嫌でしたので・・・。

Dscf7252

ホープちゃんライブVOL4のチラシも貼って頂く事にしました。(チャッカリしてますねぇ・・・。)

Dscf7255

そして仲良く三人で「ダブルチキンカレー」を食べながら相撲談義して盛り上っていました。

本来はこの日、青梅市の青梅信用金庫駐車場で野外ライブ予定でしたが、この台風で出演を辞退しました。(やはりお客さんもいないでしょうし、台風は危険ですからねぇ・・・。)

宴もたけなわで盛り上っている時に一本の電話・・・。

「絶対に雨に濡れない処を確保したから今から来て盛り上げてよ!出番は最後にずらすから頼む!」と主催者から連絡が入りました。

と言う訳で北脇、電車に乗って向かう先は「青梅市」。

さぁ!どうなりましたでしょうか・・・? (その2に続きます。)

2011年9月 3日 (土)

ホープちゃんライブ VOL4 開催決定~っ!!

Dscf7177

日本列島、台風直撃で大変な状況の中でありますが、10月9日(日)新宿ロフトプラスワンにて開催が決定しました「ホープちゃんライブ VOL4」のチラシが完成しましたので早速師匠の元へ届けに行きました。

お馴染みのお店でお馴染みのカキ氷を食べながら笑顔でポーズを取っておりますが、どことなく師匠のお顔に陰りが見えましたので訳を訊ねましたら・・・。

Dscf7174

「ライブのネタとか出演者の事を考えながら映画のDVD見てたら朝8時になってたよ・・・。眠れないねぇ・・・。」としみじみ・・・。(ちなみにその映画は「今村昌平監督・復讐するは我にあり」でした。http://www.infoaomori.ne.jp/~sinohara/cinema2/imamura.htm 師匠の影響で北脇も最近はいろいろ映画を見ながら勉強をしております。)

主演・演出・座長・プロデューサーets・・・。ホープちゃんライブにおきましては幾つもの顔を持つホープ師匠ですから風当たりも強く、敵も多く、悩みは尽きませんが、これまで数多くのミラクルをおこしてきた人物であります。(毎日ハチャメチャな生活を送っていますからねぇ・・・。)

必ずや今回のライブでもミラクルをおこして下さるでしょうね~っ!!

Dscf7176

今回もイラストレーター「メソポ田宮文明」様にチラシをお願いしました。(そう言えば前回のライブではステージで体当たり演技を見せてくれたメソポ田宮様でした・・・。)

この感性とセンスにはいつも脱帽してしまいます・・・。

とにかくライブ当日の朝まで何がおこるか分からない内容の「ホープちゃんライブ」(毎回出演者の皆様には多大なるご迷惑をおかけしております・・・。)

是非とも皆様、10月9日(日)昼1時は新宿ロフトプラスワンのホープちゃんライブVOL4にいらして下さいね~っ!!

*お詫びと訂正です。8月31日のブログで「石川恵子」先生の肩書きは「歯科医師」と書きましたが正しくは「歯科衛生士」です。 そして東京MXテレビには9月3日(土)夜10時30分放送の「先端!ニューカマー」にご出演します。http://www.mxtv.co.jp/sentan_tic/  (恵子先生から笑いながらご指摘を頂きましたが、間違った情報を記入しました事、深く反省しております。)

2011年9月 2日 (金)

深~く反省、ホープちゃん・・・!?

Dscf7151

合掌して一体何のマネだと思われるかも知れませんが、以前ブログでホープ師匠の事で‘ガン’だの‘生前葬’だの書いた事がありましたが、多くの皆様が心配されましてお見舞いやお励ましのメールやお電話を頂きましたが、中には「冗談が過ぎる・・・。」とお怒りの方もいらっしゃいました。

それだけ皆様にホープ師匠は愛されて注目されていると言えるのかも知れませんが、お騒がせしましたホープ師匠も記事を書いた北脇も深く反省しております。(その割には師匠も北脇も半笑いで、中央の岩渕住職も笑いをこらえているようにも見えますが・・・。)

皆様、これからはあまり悪フザケしないように心がけますが、いたずら大好きのホープ師匠であります。このような事が度々おこるかも知れませんが、皆様の寛大なるお心で笑って許して頂けませんでしょうか・・・。(師匠も正直、これほど皆様がご覧頂いているとは思っていなかったようであります・・・。)

Dscf7150

岩渕住職(本物のご住職です。)もホープ師匠もこのように手を合わせておりますが「仏の顔も三度まで」と言う言葉もありますので、もうお騒がせはしませんよ・・・。(と言う事は、あと二回お騒がせ出来ますねぇ~!もちろん冗談です・・・。)

でも岩渕住職は本当に素晴らしい方で仏教のお話しを日常の出来事などに置き換えて分かりやすく楽しくいつも我々に聞かせて下さいます。

「仏教の説法も難しい事を並べるよりも、時には笑いを入れて皆さんに分かってもらえるようにしたいですよ。」と岩渕住職がいつもおっしゃっていますが、そのうちホープ師匠とコラボで「仏教コント」をするかも知れませんねぇ~。

多くの人々に御仏の教えを述べ伝えればホープ師匠、間違いなく「極楽」へ行けますね!

Dscf7152

取れたてトウモロコシを手にして「美味そうだねぇ~、いい匂いだ!」笑顔の師匠ですが「食べたいのは山々だけど俺さぁ・・・。」と言って北脇にトウモロコシを渡しました。

何故かと言うと・・・。

Dscf7155

「俺、入れ歯だから食べられないんだよ・・・。」とホープ師匠、トウモロコシを小鳥のように一粒づつ啄ばんでいる師匠を横目に豪快にかぶりついて食べた北脇。(しかも全部・・・。)

近いうちに歯科衛生士で歌手の「石川恵子」先生の歯科医院で歯を治して頂くようです。(前回ダンカン様と一緒に収録に参加して下さいました方です。)

それにしても師匠は歯の心配もお葬式の心配も要らない本当に幸せな方でありますねぇ・・・。

« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »