« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »

2010年11月

2010年11月30日 (火)

横綱輪島関が心を許した「東スポ・柴田惣一」氏とご面会~っ!!

Dscf0230

薄暗い場所で男同士がポーズをとっておりますが、決して怪しい関係ではございません!!
北脇の隣の男性こそ、東京スポーツのWeb東スポ編集長の柴田惣一様であります。
そのような方何故お会いできたのか・・・?
当然様々な方々のお力添えがあっての事でありまして、プロレスを心の底から愛する「ちび丸」様と東スポを心の底から愛する「メソポ田宮文明」様から以前より「東スポの柴田様は素晴らしい方です!」と言って頂いておりまして本日お会いする事が出来たわけであります。
とにかく非常に穏やかで物腰が柔らかくてお話が面白い方でして、さすが‘天下の東スポの編集長様!’と感じました。http://www.tokyo-sports.co.jp/writer.php?itemid=10773 ←Webの東スポです。
その柴田様ですが、横綱輪島関と非常に親しい間柄でして、輪島関に関する様々なエピソードや武勇伝を語って頂きました。
そして北脇が腹を抱えて大爆笑した動画がこちらであります。→http://www.tokyo-sports.co.jp/hamidashi.php?hid=10734
この動画をご覧いただければお分かりですが、普通横綱輪島関にそのような質問をしたら‘ゴールデンアームボンバー’を見舞われてもおかしくない状況であるにもかかわらず(プロレスファンでしたら説明不要ですが、輪島関がプロレスラー時代の得意技であります・・・。)非常に平和で楽しい取材をしてらっしゃる柴田様のお姿を拝見して笑いを飛び越えて感激してしまいました。
そんな柴田様、大変ご多忙な身でありますが大相撲甚句にご出演頂けるお約束を頂きました。
大相撲力士出身でプロレス界に行った選手で話が盛り上る事間違いなしです!!
あと、本日はご挨拶プラス北脇の取材をして頂きましたので恐らく12月中旬以降の東京スポーツに北脇の記事が掲載されるかも知れません。
どうぞお楽しみにしていて下さいね~っ!!

Dscf0231

メソポ田宮文明氏も身を乗り出して柴田編集長様のお話を聞き入っておりましたよ!!(シャツとネクタイ最高でありますね!!)

Dscf0233

カッコイイ「東京スポーツストラップ」を頂きました。嬉しいですね~っ!!(ちなみに北脇の携帯には昔の東スポストラップが付いております。)

Dscf0232

実は4年前に北脇は東京スポーツ様に大きく記事にして頂いた事がありました。当然、大反響を頂きましたよ!!(それにしても別人のように若いですねぇ~っ・・・。)

いつの間に・・・?北乃脇バンドYouTubeに映像流出・・・!?

Dscf0043

この映像は先日11月20日に青梅市で行なわれた「これでいいのだ!青梅宿」に登場した北乃脇バンドの様子ですが、これは毎回北脇が映像を見ながら反省箇所を学習する為のもので、(その割には全く学習されていませんが・・・。)あくまでプライベート映像な訳であります。(本当はもっと見て頂きたいんですけど・・・。)
それでたまたまYouTubeを見ていて何となく‘北乃脇バンド’で検索しましたら、スギヨさんが制作した映像の他に全く見に覚えの無い北乃脇バンドの映像がアップされていました。
それが→http://www.youtube.com/watch?v=1B9kS2rmtsk  であります。
途中途中を編集してらっしゃいますから6分ぐらいですが、正直嬉しくなってしまいました。
そういえばライブのMCで「写真や映像を撮ってらっしゃる方々は誠に申し訳ありませんが、固くお断り!しておりませんので・・・。どうか皆様のブログやミクシーなどにどんどん掲載して下さいね~っ!」と言ったものですから恐らくアップして下さったのでしょうねぇ~。
そんな訳でせっかくですから北脇もその時の映像をYouTubeに2本アップしました。
宜しかったら是非とも皆様ご覧になって下さいね~っ!!→ http://www.youtube.com/watch?v=4PT6HBVv1QA   あと →http://www.youtube.com/watch?v=KOAGvnsEwqo&feature=related
ちなみにYouTubeで‘北乃脇バンド’を検索すると膨大な量の‘北乃きい’の映像をお楽しみ頂けます・・・。(当然ですね・・・。)

Dscf0020

またメンバーの皆さんのご協力を頂いて様々なステージでライブをしたいものであります。

2010年11月29日 (月)

遂に解禁「脇ペディア」に北脇カンゲキ~っ!!

Dscf0042

一年納めの九州場所、終ってみればやはり「横綱白鵬優勝」で幕を下ろしましたが、横濱らくご魂の幕はこれから開く訳であります。
いよいよ一週間をきった「立川志ら乃・北脇貴士の二人会」ですが、北脇の情報を何も知らない方々も大勢いらっしゃると言うこともあり、何と横濱落語魂の皆様によりまして北脇のインタビューをして頂きました。
題して「脇ペディア」であります。丁度、昨日放送の立川志ら乃さんゲストの大相撲甚句の中で志ら乃さんご自身が「私にはウィキペディアが無い事が分かりました。」とおっしゃっていたように、北脇にも無かったのですが、むしろウィキペディア以上にゴージャスな仕上がりになっております。http://eri-y.boo.jp/interview/interview-1.html
かなり美談になってますが、ほぼ真実に基づいた内容になっておりますので、この「脇ペディア」を元に誰か北脇にも「ウィキペディア」を立ち上げる日も近いかもですよ~っ!!

Dscf0039

らく魂のデザイン担当の‘えりーさん’が作られたパンフレット。非常にゴージャスな仕上がりになっておりますよ!!

石川能登のご当地グルメ「能登鍋」で乾杯!!

Dscf0212

非常に盛り上っておりますが、こちらは銀座7丁目にある「だらぼち」に店内の様子であります。http://www.notonetwork.jp/dara-bochi.html
丁度、甚句の稽古を終えてお腹を空かせた帰り道でしたし、この日は能登から大勢の方々が集まっていましたのでお邪魔しました。
能登や能登にゆかりのある方々と能登の食材を食べながら楽しませて頂きましたよ!!

Dscf0213

北脇の隣の男性は大相撲甚句のスポンサーである七尾自動車学校の森山社長様のご子息である「森山明能 もりやまあきよし」様で現在は㈱御祓川に勤務してらっしゃいます。http://www.misogigawa.com/
そして明能様は、能登の食材をふんだんに使ったご当地グルメ「能登鍋」のPRに東奔西走してらっしゃいます。
北脇も食べましたが、当然‘美味’であります。北脇も便乗して「能登鍋ワルツ」などと歌を作ってPRしたいですね~っ!!

Dscf0216

能登と言えば‘酒’も忘れてはいけません!珠洲市蛸島町の櫻田酒造㈱の櫻田博克社長です。北脇とは年齢も近いので地元ネタで盛り上りました。(特に相撲・・・。)
気さくで楽しい方であります。(酒も殆ど空になってましたよ。)http://www.sakurada.biz/

Dscf0217

こちらは寺岡畜産㈱の寺岡才治社長。‘能登牛’の会社であります。(一応‘牛’と言う事で角をイメージしましたが、決して怒っている訳ではございません・・・。)
全国にもさまざまな和牛で有名な地域もありますが、これからは能登牛でありますよ!!http://www.notogyu.com/

Dscf0224

そして北脇の地元穴水町で酒屋をしてらっしゃる七海屋の七海友也社長。http://www.notostyle.jp/index.php?id=1131&listid=25
「お~っ唐戸山大関~っ!!」と北脇の顔を見ていきなりのご挨拶。話題豊富で社交的な楽しい方であります。
現在、能登でサツマイモを育てて焼酎にして発売する為に研究をしてらっしゃいます。
非常にたのしみでありますね。(ちなみに鍋の後はアツアツの雑炊でしめております。)

Dscf0214

ギッシリの店内。こうした集まりが定期的に行われています。題して「ITOKO会 いとこかい」であります。いとこ同士のように仲良く交流を深めましょうと言うものですが、能登以外の方も大勢参加しています。是非とも多くの皆様に参加して頂きたいですね!http://itoko.darabochi.net/

2010年11月28日 (日)

今夜も相撲甚句教室!!

Dscf0225

北脇の隣の男性は元力士で相撲甚句名人でお馴染みの「大至」様であります。http://www.daishinobuyuki.com/
先月から月島区民センターで行われている大至さんの「まんぷくの集い」も今回で3回目。
相撲甚句名人大至さんの胸を借りて稽古を付けて頂きました。
北脇自身もライブやイベントで1~2曲相撲甚句を歌うこともありますが、実際に基本通り歌おうとするとギクシャクしてボロボロでした。すっかり自己流になってしまっていたのであります。(大至さん曰く‘ロック・歌謡曲調の甚句ですね。でもそれはそれでいいんです!’との事でしたが・・・。)
とにかく今後も様々な場所で相撲甚句を披露する事になるでしょうから、しっかりと基本を身に付けたい訳であります。
相撲甚句を粋に歌い、なぞかけ芸人の‘ねづっち’ばりに即興で甚句を作って披露出来る芸を習得したいものであります。(並大抵じゃないですねぇ・・・。)

Dscf0201

今回も参加されたミュージシャンの家富さん。初心者とは思えないほどのセンスでした。やはり音感があるんですね!

Dscf0204

人前で歌う事は例え気心の知れている者同士でも緊張するものであります。
立って歌ってらっしゃるのは大至さんとは長いお付き合いの中山様であります。堂々たるお声で甚句を披露して下さいました。

Dscf0206

紅一点の若林さん。やはり甚句を人前で歌うのは初めてでらっしゃいますが、非常に基本に忠実で今回一番のお手本になっていました。
隣で指導されるのは江戸相撲甚句会の杉山雅一会長であります。相撲甚句も名人でありますが、様々な力士や親方衆とも交流が深く、昔の甚句名人だった親方衆のお話なども聞かせて下さいました。近日中に大相撲甚句のゲストにご出演頂く予定であります。

Dscf0207

休憩時間は大至さんより「柿」の差し入れ。甘く柔らかくあっと言う間に無くなりましたよ!

Dscf0208

最後は大至さんのオリジナル相撲甚句をご披露頂きました。(歌詞の内容やタイトルは極秘であります。)
とにかくシビレましたよ!!相撲甚句を身に付けたい方や大至さんの‘生甚句’を聴きたいと言う方は12月19日(日)午後1時から月島区民会館のレッスンに参加されてはいかがでしょうか!!

2010年11月27日 (土)

揺れる北脇、魁皇か豊ノ島か・・・!?

九州場所が始まって以来初めて「大相撲」ネタをブログに書きますが、昨日の大相撲13日目の豊ノ島と魁皇を見て、何とかしてどちらかの力士が幕内優勝して欲しいと願わされました。
横綱白鵬には申し訳ありませんが、白鵬はこれから先いつでも優勝する機会がありますが、豊ノ島と魁皇はこれを逃せば、もう優勝の機会は恐らく巡って来ないでしょう・・・。(この発言も豊ノ島、魁皇に申し訳無いですが・・・。)
本日「豊ノ島VS魁皇」の割りが組まれれておりますが、一体どちらが勝つでしょうか・・・。
目が離せませんね~っ!!

Dscf0187

連日眠れない日々を過ごしていると言う豊ノ島関。もし優勝すれば「十両優勝・幕内優勝連覇」「時津風部屋47年振りの幕内優勝」(ちなみに前回は昭和38年名古屋の北葉山関)「160センチ代の身長力士65年振り優勝」(ちなみに誰かは調べていません・・・。きっと相撲博士の菅原さんはご存知と思います・・・。)「第二次審査入門力士初優勝」などなど様々な記録が与えられます。

Dscf0189

そんな豊ノ島関、相撲巧者の鶴竜関を一気の電車道で快勝しました。ひょっとして優勝するかもですよ・・・。

Dscf0190

しかし何と言っても大関魁皇関の優勝は九州人ならずとも大相撲ファンなら誰でも見たい訳であります。(北脇と同じ47年生まれですし!)
過去5回の優勝で唯一九州場所の優勝がありません。頑張れ!魁皇関!!

Dscf0200

やはりご当地ならではの光景ですね!

Dscf0195

横綱得意の右四つで残念ながら魁皇関敗れてしまいました・・・。

Dscf0198

二敗に後退しましたが、まだまだ優勝のチャンスがあります。頑張れ大関魁皇!!

Dscf0199

横綱には申し訳ありませんが、本日は把瑠都関に頑張って頂いて優勝争いを更に盛り上げて頂きたいです。

Dscf0186

ちなみに貴乃花親方様も豊ノ島関と魁皇関の幕内優勝を願っている発言をしてらっしゃいました。

2010年11月25日 (木)

北脇「全日本プロレス」に大興奮!!

Dscf0136

北脇の隣の男性は、全日本プロレスの「西村修」選手であります。
23日は後楽園ホールにて全日の試合が行われたのですが、お世話になっている方を介しまして北脇もお招きにあずかりました。(試合後に西村選手の元を訪ねて写真を撮らせて頂きました。)
相変わらずプロレス若葉マークの北脇でありますが、やはり生で観戦するのは最高に興奮するものであります。
特に今回は一試合一試合がどれも素晴らしくて大満足でありました。
大相撲も良いですが、プロレスも最高ですね~っ!!(この勢いで九州場所も観に行きたいですね!)

Dscf0088

第一試合はタッグマッチです。西村選手も登場!!

Dscf0090

紫のガウンを着て西村選手が現れました。

Dscf0101

西村選手のコブラツイストが渕選手に炸裂!!決まってますね~っ!!

Dscf0105

そして西村選手とジョー・マレンコ選手が見事に勝利しました。

Dscf0080

シングルマッチはお馴染み「武藤」選手。相手は新人の中之上選手です。

Dscf0130

格の違いを見せ付けられました。緑のトランクスとサポーターの中之上選手を子ども扱い。まさに‘グリーンボーイ’でした。

Dscf0135

当然、武藤選手の勝ち!挑戦者の中之上選手はデビュー以来勝ち星がありません。大相撲の‘森麗’のように改名すれば勝てるかもですよ!!

Dscf0083

セミファイナルには「曙」選手が登場!北脇大興奮でした。

Dscf0145

やはり大きい曙選手。これは相手も戦意喪失か・・・?

Dscf0147

横綱の豪快な投げを受けて吹き飛ばされる鈴木選手。しかし・・・。

Dscf0151_2

キレイに技を決められて横綱この表情。思わず「イテェ~っ」と日本語が出ていました。

Dscf0153

更に執拗な反則攻撃。もはや虫の息の曙選手。誰もが敗北を予感しましたが・・・。Dscf0160

奇跡の大逆転!会場も大変な盛り上がりでした。北脇も感動で泣きそうになりましたよ。

Dscf0084_2

そしてファイナルマッチには元・北勝嵐の浜亮太選手が登場しました。

Dscf0171

いきなり反則攻撃を受ける浜選手。大ピンチ!!

Dscf0179

しかし元力士!相手を高々と持ち上げて、そのまま・・・。

Dscf0180

ドーン!マットに叩きつけて巨体で押さえ込み・・・。

Dscf0182

見事に大勝利!!元・幕下力士出身でありながら大相撲では考えられない程の大声援でした。
「ハマァ~ッ!!」「浜ちゃ~ん!!」この日の一番の声援だったと思いました。
引退力士に夢を与える大変貴重な人物である浜選手のこれからを注目して行きたいですね!!

2010年11月24日 (水)

第54回東京「輪島」会で第54代横綱「輪島」の歌を熱唱・・・!?

Dscf0051

11月23日勤労感謝の日に‘赤プリ’にて行われました「東京輪島会総会・懇親会」に昨年に引き続きましてご招待頂きました。
当然、懇親会の余興では北脇の相撲甚句と力士ソングを歌わせて頂きましたが、例によりまして「横綱輪島の歌」や相撲甚句「土俵の砂つけ」「当地興行」などなどを皆様に聴いて頂きました。(ちなみに輪島関は輪島市ではなく七尾市のご出身です。)
名産物や名産地、偉人が多い輪島市。そして会場には輪島市ご出身の首都圏在住の方々が大勢集まられて大変な盛り上がりでした。
皆様から力を分けて頂き、最高の時間を過ごす事が出来ました。
有難う!東京輪島会の皆様!!

Dscf0057

会場からも「どすこい!どすこい!」の掛け声を頂きました。

Dscf0061

来年もお招き頂けるようでしたら「輪島市のご当地ソング」を作らせて頂きたいです。

Dscf0069

輪島と言えば「御陣乗太鼓 ごじんじょうだいこ」です。輪島市は‘輪島塗り’‘輪島朝市’などなど素晴らしい伝統文化がいっぱいであります。

Dscf0072

ド迫力のパフォーマンス。是非、機会がありましたら輪島で生の‘御陣乗太鼓’を体感して頂きたいです。

この御陣乗太鼓でパワーを頂いて赤プリを後にした北脇の行く先は「後楽園ホール」

さぁ!後楽園ホールでは何があったのでしょうか・・・!?それは翌日のブログでタップリとご紹介させて頂きます。どうぞお楽しみに!!

2010年11月21日 (日)

これでいいのだ!!青梅宿に「北乃脇バンド」登場!これでいいのか・・・!?

Dscf9998

今年で20回を迎える「青梅宿アートフェスティバル」ですが、天候にも恵まれ大変な盛り上がりでした。
およそ5年ぶりにアートフェスティバルに参加した北脇ですが、昔は寒くて震えていた記憶がありますが、少々汗ばむ程でありました。
青梅市内のあちこちで露店や休憩処、ステージなどがありまして見所も満載でした。
そんな青梅の様子をタップリご覧下さい!!

Dscf9999

なんか微笑ましい光景ですね!それが青梅なんです。

Dscf0003

着物のお客さんは「無料」。もちろん乗りましたよ!!

Dscf0008

雲に乗っているような最高の乗り心地。楽しかったですよ!!

Dscf0009

街にはあちらこちらで着物女性がいました。(人力車の上からですのでブレました。)

Dscf0012

今回の北乃脇バンドのステージは「昭和レトロ館」の二階ステージ。(紅白幕の上の手すりの所です。)

Dscf0016

こんな感じです!(ちなみにパフォーマンスをしているのは‘ヴァリアス・マダム・カプセル’の皆さん。)

Dscf0010

もちろん一緒に記念写真。(北脇、もの凄~い笑顔ですねぇ~っ!!)

Dscf0045_2

北乃脇バンドの登場!!(節分の豆まきのようですね・・・。)

Dscf0046

ステージと客席には国道がありますので普通にバスや車が走っております。(凄いと思いませんか・・・?)

Dscf0021

演奏も無事に終わりお座敷で記念写真。(昭和レトロ館の二階です。)

Dscf0024

司会を務めて下さったシンガーソングライターの「軍畑三郎 いくさばたさぶろう」さん。
それこそ5年ぶりぐらいに再会しましたが北脇との息もピッタリ(と思うんですが・・・。)北乃脇バンドのステージを盛り上げて下さいました。

Dscf0013

外では着ぐるみのキャラクターが‘シェ~’のポーズ。ギターの平岡さん(黒いジャンパー)もベースの佐々木さん(毛皮のコート)も思わずニッコリ・・・。

Dscf0018

こんな美人お二人には当然お声がけさせて頂きました。そして‘二人会’のチラシを持ってポーズ。(是非、ご来場頂きたいですねぇ~。)

Dscf0037

美人といえば‘ヴァリアス・マダム・カプセル’の皆さん。北乃脇バンドのステージもご覧頂きました。これを機に4対4で仲良くして頂きたいですねぇ・・・。(勝手な事を言ってます。)
ヴァリアス・マダム・カプセルのサイト→http://tokyovegelife.sblo.jp/category/790895-1.html

Dscf0026

昭和レトロ館で戯れる佐々木さんと北脇。北脇の手には昔懐かしい「飛び出す絵本」です。(当然、北脇はウルトラマンで佐々木さんは怪獣です・・・。)

Dscf0034

絵本を開くとこんな感じに絵が飛び出します。(イラストレーターのメソポ○宮さんがヨダレを垂らして欲しがるようなお宝です。)

Dscf0035_2

昭和46年の発売当時で600円。子供たちには高嶺の花だった事でしょうね。

Dscf0027

平岡さんは駄菓子屋さんの前でポーズ。

Dscf0028

そして‘大村昆’ちゃんのホーロー看板の前でこの顔!!

Dscf0029

ドラムの舛田さんは薬局のショーウインドウの前でこの顔!!

Dscf0030

北脇もポーズを決めました!!

Dscf0031

こちらはコーラのコーナー。凄い数ですね!

Dscf0032

シャンプー嫌いな子供の心を鷲づかみにした‘ミラーマンシャンプー’超お宝です!!

Dscf0033

映画のワンシーンのような佐々木さんの姿。(水原弘や由美かおるのホーロー看板もありますね。)

Dscf0036

そんな昭和レトロ館の館長さん(ご本人は‘ボランティアだよ!’とおっしゃってましたが・・・。)いい味をだしてらっしゃいます。http://museum.tachikawaonline.jp/27_af/

2010年11月20日 (土)

秋の三魂(みたま)まつり ~弦・玉・幸~  IN 両国亭

Dscf9986

昨夜は両国亭で「秋の三魂まつり」と称したお笑いイベントが行われました。
以前、横濱らくご魂の皆様にご紹介頂いた落語家「立川吉幸」さんよりお誘い頂きまして拝見してまいりましたが、「羨ましい!!」の一言。
落語・漫談・セクシー芸・・・?を生業としてらっしゃるお三方が力を合わせてのイベントは魅力充分!北脇もこのようなイベントをしたいと思いました。
そんな訳で今回も写真をご覧下さい!!

Dscf9988

吉幸さんの凛々しい姿。熱狂的相撲ファンの吉幸さんですから人情噺「谷風の情け相撲」もご披露して頂きました。やはり落語は素晴らしいですね!!

Dscf9992

そして立川流なら必ず習得しなければ行けない「舞踊」・・・?をご披露頂きました。
‘ツーレロ節’に合わせて瓶ビールを持っての踊り。
宴会芸のような乗りで盛り上がりました。

Dscf9994_2

~弦・玉・幸~のお三方が最後にそれぞれの芸を披露下さいました。
左の黒いスーツの男性「中津川弦」さん、漫談家。http://d.hatena.ne.jp/genchan5151/
中央の裸の男性「セクシーJ」さん、○玉洗い・・・?(詳しくはこの動画サイトをご覧下さい。両国亭が笑いの地響きで崩れるくらいの爆笑でした。http://zoome.jp/waraijiri/diary/45 )そして「立川吉幸」さん、落語家。
それぞれの名前の一文字を使って「弦・玉・幸」の三人会でした。(セクシーJさんは‘玉’ですけど・・・。)
まさに「たのきんトリオ」ばりのネーミング(念のため、田原俊彦・野村義男・近藤真彦で‘たのきんトリオ’)ちなみに昔(昭和40年後半)の大相撲界で「魁・貴・輪・三」で大関候補と言われた4力士がいました。(魁傑、貴ノ花、輪島、三重ノ海)
「弦・玉・幸」の中に‘北’も入れるように努力精進しなければですよ!!

Dscf9996

無事に会も終わってこの笑顔!本当にお疲れ様でした。

Dscf9981

両国と言えばお馴染み「とんかつ若」さん。服部社長に北脇の「唐戸山大関記念湯のみ」を進呈しました。(昔から唐戸山大関になったらご贔屓さんに湯のみをお配りする風習があります。)

Dscf9982

何と!小島貞二先生の湯飲みの隣に置かせて頂きました。(12月5日のチラシも入ってますね。)有難いです!!

Dscf9978

そして吉幸さんにも「とんかつチャーハン」を食べて頂く為にお土産を作ってもらいました。

Dscf9985

石川県の特産品「山中塗りのワインホルダー」。ボジョレーも解禁になりましたし、是非ご活用頂きたいです。

Dscf9983

ちょっと見えにくいですが、黒い漆塗りのワインホルダーです。石川県観光特使として石川県の特産品を皆さんにPRして行かないといけませんよ!(ちなみに価格は2000円前後だそうです。)http://www.kaga-tv.com/yamanaka/

2010年11月19日 (金)

西新宿のマイトガイ昭和レトロに酔いしれる・・・!?

Dscf9972

北脇の隣の男性は北脇が10年来アニキのように慕っている「石井義明」様であります。
丁度10年前に西新宿の屋台や路上で毎晩歌っていた頃に面倒を見てくださった恩人ですが、その石井さんは西新宿5丁目で「いこい」と言う喫茶店(カフェではありません言うならば‘純喫茶’であります。)を長年してらっしゃいます。(よくテレビや映画のロケでも使われます。)
その‘いこい’は昭和レトロな落ち着いた雰囲気で、店内の有線も北脇の好きな‘昭和歌謡’が流れています。
そんな‘いこい’に12月5日の二人会のチラシを貼って頂きました。
お客様の目にとまって是非ともご来場頂きたいものであります。

Dscf9971

「ゴムの芸」で一世を風靡された(勿論、他にも爆笑コントを数多くお持ちですが・・・。)‘ゆーとぴあ’のホープ師匠様のチラシの横に貼って頂きました。
嬉しいですね~っ!!

Dscf9964

嬉しいと言えば、いこいのランチメニューの「スパゲティーミートソース」が最後の一食だけ残っていましたので迷わず注文しました。

Dscf9965_2

このボリュームで何と700円(コーヒーは別です。)昔懐かしい‘オフクロの味’のスパゲティーです。(実際に石井さんのお母様が作って下さいますよ!)
本当に満足の一食であります。

Dscf9977

昭和レトロ繋がりで、20日(土)に青梅市で行われる「青梅宿アートフェスティバル2010 第20回 これでいいのだ!! 青梅宿」の昭和レトロ商品博物館前の野外ステージに‘北乃脇バンド’が出演します。

Dscf9976

20日15時から出演しますよ!(ちなみに翌日の13時からは‘赤色エレジー’でムーブメントを巻き起こした‘あがた森魚’さんも登場されます。やっぱり太字ですねぇ~・・・。)

2010年11月18日 (木)

小結「和歌乃山」関、遂に大相撲甚句に登場!!

Dscf9962

以前にブログでもご紹介させて頂きましたが、元小結の和歌乃山関こと「西崎洋」様が大相撲甚句の番組にご出演下さいました。
お忙しい和歌乃山関ですから収録は和歌乃山関がアクセスの良い都内「某カラオケルーム」でさせて頂きました。
「花の63年組」と言う事で、入門当時の貴乃花関や曙関の相撲教習所時代のお話は勿論、小中学校時代の厳しかった相撲部時代のお話、思い出の一番、注目力士などなどタップリとお話頂き、気がつけば一時間以上のロングインタビューになりました。
そんな訳で和歌乃山関ファンは勿論、大相撲ファンは絶対に必聴であります。
12月5日の大相撲甚句をどうぞお楽しみにしていて下さいね~っ!!

Dscf9960

トレードマークの葉巻をたしなんで頂きながら収録しました。絵になりますね~っ!!

Dscf9961

収録も無事に終わりましたので「一曲いいですか?」と、この笑顔であります。
何を入れたんでしょうかねぇ・・・。

Dscf9957

正解は「ラブイズオーバー」と安全地帯の「恋の予感」でした。ちなみに和歌乃山関はかなりの歌唱力であります。

Dscf9963

収録も無事に終わり、お別れをしましたが普段の和歌乃山関の服装であります。
お世辞ではありませんが、‘芸能人のオーラー’が出てらっしゃいました。
第二の人生は一体どのような道に進まれるのでしょうか・・・?
非常に楽しみでありますね~っ!!(それにしましても似合っています。)

Img_9023

いつも北脇の元に温かくご丁寧なメールを下さる‘相撲ファン’様から頂きました白鵬と稀勢の里の写真であります。
丁度、九州場所に行ってらしたそうで、偶然にも歴史的場面に遭遇出来たそうです。
あまりの興奮に手が震えたそうですが当然ですね!
北脇も生で観たかったですね~っ!!

Img_9025

見事勝ち名乗りを受け、大量の懸賞金を手にしてらっしゃる稀勢の里関。
実は和歌乃山関とお会いした時、開口一番に「あの日の朝は白鵬が敗れる予感がしてたんですよ!」と長年勝負師として生きてこられた‘野生の勘’を語って頂きました。(そう言えば横綱土俵入りで隣にいた安美錦関も‘今日の横綱はいつもと違う・・・。’と感じていたそうです。やはりその世界に生きる人しか分からないものがあるんですね・・・。脱帽であります。

2010年11月17日 (水)

浅草東洋館の「朝馬・種平・志ん馬 お気楽三人会」で大笑い!!

Dscf9947

昨夜は浅草東洋館に行われました「朝馬・種平・志ん馬 お気楽三人会」を見てまいりました。
先日、石川能登で行われた「唐戸山神事相撲」でお世話になった恩人様からお誘いを頂きましてご一緒させて頂きましたが、やはり落語は‘生’に限りますね!!
本当に最後まで笑わせて頂きました。
12月5日の志ら乃さんとの二人会に向けて師匠お三方のネタをタップリと拝借させて頂きたいものであります。(勿論そう簡単には出来ませんけど・・・。)

Dscf9949

前座は「はな平」さん。入門3~4年とおっしゃっていましたが、堂々たる貫禄でしたよ!

Dscf9950

とぼけた雰囲気でお客様を笑いの渦に巻き込んでいた「林家種平」師匠。
桂三枝師匠の創作落語「妻に旅行」と‘春風亭のお家芸’と言われる(らしいです・・・。)「井戸の茶碗」も見る事が出来て大満足でした。

Dscf9952

美男子でインテリジェンスな雰囲気の「古今亭志ん馬」師匠。北脇が以前から落語の本を読んで一度は絶対に見たいと思っていた「宗論」を披露して下さいました。
演芸場ならではのキワドくギリギリな噺に感激しながらも笑わせて頂きました。

Dscf9951_2

北脇が一番のめり込んで見入ってしまった「吉原朝馬」師匠。ご覧のように‘恵比寿顔’でらっしゃいますが、毒舌あり、ここだけ話あり、本当に素晴らしい落語でした。

2010年11月16日 (火)

落語家VS角界の吟遊詩人 IN FM西東京!!

Dscf9943

無敵の横綱白鵬が敗れた11月15日、FM西東京におきましては落語家立川志ら乃さんをお迎えしまして大相撲甚句の収録をしました。
北脇のブログや番組でも告知しておりますが、12月5日に横浜笑龍門にて立川志ら乃さんと北脇の二人会が行われると言う事で当然、その辺りの話題が中心になると思いきや、やはり話題豊富な志ら乃さんですから、相撲のお話を中心に今回も楽しいトークを披露して下さいました。(毒舌トークから心温まるお話まで盛り沢山ですよ!)
そんな訳で11月28日放送の大相撲甚句並びに12月5日の二人会もどうぞ宜しくお願い申し上げます!!(横濱らくご魂のサイト→http://rakutama.jugem.jp/

Rakutama2_b5_web_4
相撲を連想させるデザインですが、必ずしも相撲中心のトークではありませんよ!!

Dscf9940

過去何度もご出演頂いている志ら乃さんですが、カニカマボコ「香り箱」を食べるのは今回が初めて。一体どのようなリアクションをとられますでしょうか・・・?
オンエアをお楽しみに!!

Dscf9941

まさに落語のシーンのように香り箱を食べて下さいましたよ!!

Dscf9939

様々な方面でご活躍の志ら乃さんですからスギヨ仮面のPRもお願いしました。(手に持ってらっしゃるのはスギヨ仮面のクリアファイルとDVDです。)

Dscf9945

お返しに志ら乃さんが下さった「立川流クリアファイル」。嬉しいですねぇ~っ!

Dscf9946

裏はこんな感じです。

2010年11月15日 (月)

毅・加奈子・光翼に幸あれ!ウエディングパーティーに北脇感激!!

Dscf9903

11月14日は大相撲にありましては九州場所初日。
そしてこのお二人にとっては幸せの初日と言う事で、北脇が日頃から大変お世話になっております萩原様の長女「加奈子」さんと新郎「須田毅 すだたけし」さんのウエディングパーティーの司会の大役を務めさせて頂きました。
毎週ラジオで喋っているとは言え、やはり司会は全く別、しかも慶事でありますから失敗は許されない訳で、極度の緊張の中での司会でありました。
それでも幸せいっぱいのお姿とご列席の皆様の温かい心に触れて、司会の出来栄えの善し悪しは別としまして、お招き頂きました事に喜びと感謝が湧いて本当に幸せな気持ちになりました。
そんな訳で今回も選りすぐりの写真をどうぞご覧下さい!!

Dscf9905

会場となったパルティーレ東京ベイウエディングビレッジの大塚総料理長が料理のご説明。最高の料理を前に皆様も笑顔でした。(北脇は司会で空腹も忘れていましたが・・・。)

Dscf9907

新郎毅さんの同期「永野すばる」さん。実は毅さんはプロボウラーであります。
そして永野さんは今年の日本テレビの24時間テレビの中の「1分間ボウリング」で世界記録を叩き出したスゴ腕であります。(その時のTシャツを着てらっしゃいます。)
お話も非常に面白かったですよ!

Dscf9912

天候にも恵まれてガーデンではデザートビュッフェが行われて大好評でした。

Dscf9913

ウエディングケーキもカットされて皆様に振舞われました。

Dscf9916

新婦加奈子さんとは高校時代のご学友だった木村麻美子さん(左)。お二人は高校の文化祭のアイドルコンテストに出場して見事グランプリを獲得しました。
美女に挟まれて北脇の顔はガチガチであります。(でも嬉しいですね~っ!!)

Dscf9917

式もクライマックス。お父様であります萩原順一様の謝辞を聞いて胸が熱くなりました。
娘を持つ父の気持ちは言葉では言い表せないものと思います。

Dscf9919

まるで映画のエンドロールのように数時間前の結婚式の様子が映像として放映されました。本当に凄い時代ですね!!感動しました。

Dscf9923

加奈子さん、里枝子さん姉妹。ご覧の通りの美人姉妹であります。この日の為に加奈子さんのドレスを里枝子さんが作られました。美しい姉妹愛と才能にすっかり脱帽してしまいました。本当に素敵ですね!

Dscf9925

北脇も幸せを頂きました。有難う毅さん、加奈子さん!

Dscf9926

おじいちゃんの順一様の腕の中で熟睡する光翼(こうすけ)くん。微笑ましいですね。

Dscf9932

その光翼くんが何とベースボールマガジン相撲の11月号13ページに出ています。(旭天鵬関、左から2人目に抱っこされています。)

Dscf9934

里枝子さんの隣の女性はフラワーデザイナーの「内藤千寿子」さん。都内に約100名の生徒さんの講師をされ、この度の加奈子さんのブーケを作られました。才能にも美貌にも恵まれていますね。

Dscf9935

二次会でのひとコマですが、元専修大学相撲部主将の「横山真也」さん(中央)
美女に囲まれてこの笑顔。羨ましいですねぇ~。

Dscf9938

何といいましてもこのスリーショットです。いつまでも末永くお幸せであって頂きたいです。

2010年11月14日 (日)

北乃脇バンドも大絶賛「月刊秘伝」をプレゼント~っ!!

Dscf9884

来る11月20に行われる青梅市のライブ出演の為、北乃脇バンドが昨夜はスタジオで練習しました。(ちなみに20日は15時から、昭和レトロ張り出し舞台でライブを行いますよ!http://omekraftlive.web.infoseek.co.jp/live/special/sswjyuku/sswjyuku.html
そして我々が手に持っているのは、ブルース・リー生誕70周年を記念して出版されました「月刊秘伝」であります。
今夜の(14日深夜0時放送の)大相撲甚句でプレゼント告知させて頂きますが、ゲストのアミーゴ野池様も絶賛の一冊であります。
「ブルース・リー博士」は勿論の事(ここでも‘博士’を使っていますね・・・。)ブルース・リー若葉マークの方も絶対に読んで頂きたい月刊秘伝であります。
さぁ!今夜の(明日朝の再放送やポッドキャストも)サイマルラジオの大相撲甚句を聴いて月刊秘伝をゲットしようじゃあ~りませんか!!(http://842fm.west-tokyo.co.jp/ ←FM西東京のサイトからも聴けますよ!)

Dscf9886

今にも動き出しそうな(もはや‘死語’ですが・・・。)ブルース・リーが表紙になっている月刊秘伝。

Dscf9888

ブルース・リーの秘密やプレゼントもタップリ掲載されています。

Dscf9887

イラストレーター「菅原芳人」様のブルース・リーTシャツもプレゼントになっていました。

Dscf9885

ベースの佐々木さんもこの笑顔。のめり込んで読んでいますね。

Dscf9898

そんな月刊秘伝を、何と「5名」様にプレゼント!!本当に有難いですね~っ!!http://www.bab.co.jp/ ←今回のプレゼントにご協力下さいました「BABジャパン出版局」様のサイトです。

Dscf9882

余談ですが、バンドの練習後は必ず70年代の‘特撮ヒーロー’映像を見ております。(ちなみに映像はレインボーマンの‘ダイバダッダ’です・・・。)

Dscf9890

そして‘仮面ライダーV3’も・・・。(昔のヒーローはカッコ良かったですねぇ・・・。)

Dscf9902

念のために、本当にスタジオではバンド練習をシッカリやっておりますよ!(青梅ライブも是非とも宜しくお願いしますね!!)

2010年11月13日 (土)

今日も金星、とんかつ若!!

相撲博士菅原さんのお宅で(ここでも相撲博士をしつこく使っていますね・・・。)取材やお子さん達と楽しいひと時を過ごさせて頂いた後は、お馴染み両国の「とんかつ若」様へお邪魔しました。
実は、11月14日に非常におめでたい‘一大イベント’が都内某所で行われる事になりまして、北脇は何と司会をさせて頂く事になりました。
打ち合わせの為にとんかつ若様に集合しましたが、その様子を写真でご覧下さい!!

Dscf9869

北脇の正面には大相撲甚句でもお馴染みのアトリエ彩華の「萩原里枝子」様(左)、舞台音響の「多田トモコ」様(右)です。
その一大イベントの幹事を里枝子さん、音響を多田さんが担当されます。
真剣に打ち合わせをしようと思いながら、ついつい金星(相撲界で美人の女性の事)を目の前にするとシャッターを押したくなる北脇であります。(多田さんから‘北脇さんはラジオのゲストで女性の時の写真では顔がニヤけています’と指摘されました。完全にオッサンですね・・・。)

Dscf9876

こちらも大金星、とんかつ若店主の服部社長様のおかみさん「眞由美」様とご令嬢の「なっちゃん」です。
なっちゃんはお店のテーブルで漢字や四字熟語の勉強をしていました。暫く見ないうちに凛々しくなって将来が非常に楽しみですね。
眞由美様とは当然テレビ東京の相撲特番の話で盛り上がりました。やはりかなりの「相撲女王」ですね!(相撲博士は菅原さんですので、これからは‘相撲女王’で検索がヒットするように眞由美様の名前を押したいとおもいます。迷惑でしょうが・・・。)
お二人にも「スギヨ仮面カード」をプレゼントしました。学校やお店からスギヨ仮面が広まって頂きたいものであります。

Dscf9878

広まって頂きたいと言えば、12月5日に横浜笑龍門で行われます横濱らくご魂様主催の「立川志ら乃・北脇貴士の二人会」であります。
お店にご協力頂きましてチラシをおいて頂きました。皆様よろしくお願い申し上げます。http://rakutama.jugem.jp/  ←横濱らくご魂のサイトです。(それにしましても服部社長の方が10歳以上年上なのに北脇の方が完全にオッサンであります・・・。)

Dscf9875

やはりブログの締めは金星を前に!と言う事で11月14日は一体何があるのでしょうか!?翌日のブログでご紹介させて頂きますのでどうぞお楽しみに!!(3人が手に持っているのは里枝子さんが先日‘トルコ’に行ってらした時のお土産であります。)

2010年11月12日 (金)

相撲博士「菅原尚晋」遂にテレビ東京に出演。か・・・!?

いきなり某スポーツ新聞のような見出しでブログを書き始めてしまいましたが、あながち嘘ではありません!!(でも真実でもありません・・・。)
実は昨日、北脇は相撲博士の菅原邸で相撲お宝グッズをタップリ見てまいりましたが、それだけの理由でわざわざ押しかけた訳ではありません。
何と、天下の「テレビ東京」が菅原さんに相撲の取材に訪ねて来るとの事で、メディアには目が無い北脇も同席させて頂いたと言う訳であります。
では何故テレビ東京が菅原さんの元へ取材に訪れたのか・・・。
それはチョッと自慢(と言うかかなり自慢ですが・・・。)なのですが、テレビ東京が12月30日に「昭和大相撲名勝負100選」(と言うような感じのタイトルの番組)を放映する事が決定して「北の富士」「輪島」「富士桜」「麒麟児」のような個性派で尚且つ数々の名勝負を残してきた名力士達の選りすぐりの100番を「相撲博士」「好角家」などなどからアンケートしてらしたらしく、何とテレビ東京から白羽の矢が立ったのが「菅原尚晋 すがわらたかゆき」その人だったのです。
そしてここからが自慢ですが、テレビ東京の構成作家の方が「相撲博士」というワードで検索したら北脇のブログにいつも書かれている「相撲博士菅原さん」がヒットしたと言う訳であります。(実際に‘相撲博士’で検索するとかなりの上位に菅原さんの名前が出ます。ウソだと思う方は実際に検索してみて下さい・・・。)
菅原さんのお宅には構成作家さんと番組制作会社の方お二人で訪ねてきましたが、二人からの相撲にまつわる数々の質問や投げかけに堂々と一分の隙も無く答えていました。(映像に撮りたかったぐらいであります。)
そして構成作家さんが「スタジオに来て頂く事は可能でしょうか・・・?」と菅原さんに言ったものですから北脇、目を光らせて「そらぁ行きますよねっ!ねっ!」と勝手に話を進めていました。(情けないですねぇ・・・。)
ちなみに北脇が見たい一番は「昭和45年9月場所」6日目に当時十両だった「輪島」と「長浜 後の二代目豊山」の全勝同士の対決に懸賞がかけられた一番であります。
果たして北脇のリクエストは受け入れられるでしょうか?
そして12月30日に相撲博士菅原さんはテレビ東京に出演されるでしょうか?
目が離せませんよ~っ!!

Dscf9853

北脇が手にしているのは「玉光国」関の下がりです。(菅原さんとは小学生時代のご学友です。)当時17本だった下がりの数が13本に統一されたとの事で4本分が菅原さんの元に譲られました。貴重であります。

Dscf9852

「ヒョ~ショ~ジョ~ッ アンタハ~」で千秋楽の土俵をいつも沸かせていたデービッドジョーンズさんのパンアメリカン航空の賞状が何と菅原さんのお宅にありました。
しかも27歳の若さで現役中に亡くなられた横綱玉の海関の賞状。凄いの一言であります。

Dscf9854

霧島関が実際に使っていた「明け荷」

Dscf9865

こちらは明け荷型のティッシュケース。誰が見ても「闘牙」ですね。(引退相撲の記念グッズだったようです。)

Dscf9863

菅原さんのお子さん、ななみちゃん、ゆきと君。「北脇さんが遊びにきてるの?」と幼稚園から急いで帰って来てくれたようです。(嬉しいですね~っ!)
二人にはスギヨさんから貰ったクリアファイルとスギヨ仮面カードをプレゼントしました。

Dscf9868

子供の敵「イヤヨヤダー」に刀を向けるゆきと君。スギヨ仮面の次回作は是非ゆきと君に出演して頂きたいスギヨ~っ!!

ななみちゃん、ゆきと君と再会を約束して菅原邸を後にした北脇の次なる行き先は両国「とんかつ若」のお店。
ここでも楽しい出来事がありましたが、詳細は明日のブログにてご紹介しますのでどうぞお楽しみにしていて下さいね~っ!!

2010年11月11日 (木)

文京針ヶ谷道場で久々稽古!!

Dscf9846

昨日はおよそ一ヶ月ぶりに道場で稽古をしてまいりました。
ただでさえ稽古不足ですから体は弛んで気力体力も減退していましたから果たして相撲は取れるのか心配しておりましたが、無理の無い程度に稽古をして久々に相撲を満喫しました。
ちなみに子供たちが手に持っているのは能登のお土産なのですが、北脇のラジオのスポンサー「七尾自動車学校」の森山社長様が会長をお努めでらっしゃる「いしり亭」で買ってきたお菓子であります。http://ishiri.com/
能登の食材が道場や首都圏の皆様に広まります様、石川県観光特使としても精進して行かなければいけませんね!!

Dscf9848

木村晃健さんと今関俊英君の激しい三番稽古(同じ相手と何番も相撲を取る)の後は俊英君に胸を出した木村さん。(胸や腹は真っ赤ですね。)
試合が近いと言う事で木村さん、心を鬼にして何度も俊英君を撥ね返し引き擦りまわし、砂と汗まみれになった姿を見て北脇泣いてしまいました。(もちろん声を殺して・・・。)
木村さんや道場の先生方の愛情と俊英君や子供さん達は深い信頼で結ばれているのであります。

Dscf9842

その努力の成果が10月10日の全国大会での優勝であります。
見事に「針ヶ谷良一杯」を勝ち取る事が出来ました。(ちなみに北脇の地元‘穴水チーム’も以前に優勝した事がありました。)

Dscf9851

その記事が今月の相撲に大きく掲載されております。

Dscf9850_2

大変な偉業であります。(子供さん達が通う学校でもかなり話題になったようです。)この記事を見た学校の友達が一人でも多く相撲を始めて欲しいですね。
勿論、Aチームの優勝の原動力は道場で一緒に稽古をした多くの子供さんや指導される先生方、親御さん達が一丸となった姿であります。

Dscf9849

稽古の後はリラックス。お菓子を食べている姿を思わず写してしまいました。

2010年11月 9日 (火)

アマ相撲界の鉄人「松本司和六段」大相撲甚句に登場!

アマ相撲界の鉄人「松本司和六段」大相撲甚句に登場!
アマ相撲界の鉄人「松本司和六段」大相撲甚句に登場!
本日は金沢市中央卸売市場にある丸果石川中央青果(株)様にお邪魔しまして大相撲甚句の収録をさせて頂きました。
ゲストは全日本相撲選手権大会に20年連続出場されました「松本司和 まつもとかずより」様にご出演頂きました。
同じ石川県民でありながら松本様とは初対面の北脇。
様々な質問事項をシュミレーションしながら緊張して松本様にお会いしましたが北脇の心配をよそに熱い相撲トークを披露して頂きまして、気が付けば2時間ぐらい話込みまして松本司和ワールドにドップリ浸かってしまいました。
そんな松本様を前に大胆不敵にも「松本司和の歌」を熱唱した北脇。(この日の為に書き下ろしました。)
そして松本様には今後注目の石川県出身力士や今年の「アマ横綱」を大胆予想して頂きました。
そんな訳で11月21日の大相撲甚句は「アマ相撲甚句」に変更してお届けしますので、どうぞお楽しみにしていて下さいね〜っ!(ちなみに松本様のガッツポーズ写真は、少年時代に憧れていた栃赤城関が幕下に落ちている時に春日野部屋の稽古場で栃赤城を切り返しで敗った時に嬉しさの余りガッツポーズをしたそうです。当然、当時の春日野親方の栃錦関には‘コラァ〜っ学生!’とこっぴどく怒られたそうです。)

2010年11月 8日 (月)

メソポ田宮文明氏と能登名所巡り!

メソポ田宮文明氏と能登名所巡り!
メソポ田宮文明氏と能登名所巡り!
メソポ田宮文明氏と能登名所巡り!
メソポ田宮文明氏と能登名所巡り!
メソポ田宮文明氏と能登名所巡り!
楽しかった民宿を後に、メソポ田宮文明氏をお連れして能登の名所を散策しました。
毎年能登島で行われている「おつけ祭り」では能登の海産物や名物を見て周りました。(北脇の隣りの男性は能登島で民宿を営む、民宿せがわの瀬川勇人社長様。北脇の相撲の大先輩であります。)
そして能登金剛(高台から能登の海を眺めました。)、ギネスブックに載っている「世界一長いベンチ」、松本清張の小説「ゼロの焦点」でも有名な「ヤセの断崖」などなど石川県能登には名所がタップリ。
石川県観光特使の北脇貴士、これからも能登の魅力をお伝えして行きますよ〜っ!

2010年11月 7日 (日)

能登島でスギヨ仮面とご対面〜っ!

能登島でスギヨ仮面とご対面〜っ!
能登島でスギヨ仮面とご対面〜っ!
能登島でスギヨ仮面とご対面〜っ!
夜は能登島に13代続く民荘「太左エ門」で宴会宿泊しました。
船酔いもすっかり回復して宴ではスギヨ仮面と北脇の歌のコラボも実現。
スギヨの社長様以下、関係者の皆々様と楽しく親睦を深めさせて頂きました。
食べきれない程の豪華なご馳走の中には船で釣った魚(ハタ)の刺身も並べられました。(身がしまって最高に旨かったですよ!)
夜は修学旅行の様に大部屋で雑魚寝。
楽しい夜でありました!

七尾湾で釣三昧、北脇惨敗…。

七尾湾で釣三昧、北脇惨敗…。
七尾湾で釣三昧、北脇惨敗…。
七尾湾で釣三昧、北脇惨敗…。
七尾湾で釣三昧、北脇惨敗…。
七尾湾で釣三昧、北脇惨敗…。
スギヨ様とスギヨ仮面を造られた吉田印刷様のご好意で漁船をチャーターして頂きまして七尾湾内を船釣しました。
さすが魚の宝庫「石川県能登」と言う事で、小マグロ、小鰤(能登ではフクラギと言います。)、シイラ、カサゴ、ハタ、カワハギ、などなど大きなクーラーボックスに3箱ぐらいの魚が連れて大漁でした。
しかし…。乗り物には弱い北脇は強烈な船酔いに襲われてダウンしておりました。(しかも8人で行って酔ったのは私北脇だけ…。)
それでも一匹高級魚のハタを釣り上げました。
当然、陸に上がって復活した北脇の空っぽの胃袋は皆さんが釣った魚が満たしてくれましたよ!

スギヨ仮面ノベルティーと対面!

スギヨ仮面ノベルティーと対面!
スギヨ仮面ノベルティーと対面!
スギヨ仮面ノベルティーと対面!
スギヨ仮面ノベルティーと対面!
大相撲甚句の番組スポンサーであり、石川県を代表する企業(株)スギヨ様の本社へお邪魔しましたが、会社を入りますと、スギヨ仮面のパネルが見える所に飾られていまして、スギヨ仮面をデザインしたイラストレーターのメソポ田宮文明さんと北脇を出迎えてくれました。
カードやクリアファイルなどノベルティーグッズも完成しましたので、また番組などでもご紹介して「リスナープレゼント」したいと思っておりますのでお楽しみにしていて下さいね〜っ!

2010年11月 5日 (金)

北脇、またも故郷に帰る…。

北脇、またも故郷に帰る…。
まるで現役時代の朝青龍ばりに頻繁に故郷に帰っております北脇ですが、今回は大相撲甚句の番組スポンサーであります(株)スギヨ様のお招きで帰省が実現した訳であります。
そして、北脇の隣りの紳士は「合宿免許は石川能登の…。」でお馴染みの七尾自動車学校の森山外志夫会長様で、番組のスポンサー様でありながら北脇を個人的にもご支援下さる「恩人」であります。
お忙しい中、北脇の為にお時間を取って頂きましたがこの笑顔!ついつい甘えて長居してしまいました。
手に持ってらっしゃるのは七尾市の名所を綴った「相撲甚句」のCDであります。
七尾市民ではない北脇ですが、是非とも歌いこなしてみたいものであります。
明日から暫く七尾市周辺を周りますので甚句の名所を散策してまいりますよ〜っ!

2010年11月 3日 (水)

FM三島がFM西東京へ・・・!?

Dscf9785

北脇が若者達に囲まれてポーズをとっていますが、実はFM三島で毎週生放送を担当している大学生の皆様であります。
その学生達が何ゆえにFM西東京に訪ねて来たのか・・・。
実は北脇の隣の男性は「森拓哉」さんと言いまして、かなりの相撲博士。それこそ双葉山時代以前の大相撲の歴史やゴシップに至るまで驚くほどの知識を持ってらっしゃいます。
その森さんが偶然にも北脇のブログや番組を知りまして「是非!取材を!!」と熱烈ラブコールを下さいました。(大袈裟なようですが本当なんです・・・。)
そして森さんのサークルの先輩であり、ラジオの番組制作をしてらっしゃる「山田はるか」さん(左の女性)、「小野留理花」さん(右の女性)もわざわざ三島から来て下さいました。(しかも自腹で!!)
非常に礼儀正しくて仕事熱心で北脇も大いに刺激を受けてしまいました。
肝心の番組名ですが「キャンパスクラブ ふぃーるど パニック」と言うNHK教育テレビなどで使われていそうなタイトルですが、全てを学生達が作って放送しているとの事です。http://www.777fm.com/time.html
惜しい事に東京では聴く事が出来ないそうですが、近いうちに北脇が三島まで行って大相撲甚句の収録をさせて頂く約束をしましたのでどうぞお楽しみにしていて下さい!!(まぁ私が一番楽しみにしているんですけどねぇ・・・。)

Dscf9782

FM西東京のシャトルバスの運転手さん。かなりの相撲博士で「お~っ北脇さん!そろそろ九州場所だねぇ~。」といきなりのご挨拶。嬉しいですね~っ!!

Dscf9783

いきなりサインを求められてしまいました。(こんな事は昔、路上で歌っていた時に警察官から書類にサインを書くように言われた以来ですよ・・・。)

Dscf9786

収録も無事に終わり、番組ディレクターの横山さん(右男性)と名刺交換する皆様。
今後2局がコラボ出来れば良いですね!

Dscf9788

そしてわざわざ北脇を見送ってくれた三人。嬉しくて涙が溢れましたよ!(その割にはシッカリとシャッターを押してますけど・・・。)
近いうちに三島へ収録に行きますよ~っ!!

2010年11月 1日 (月)

第一回まんぷくの集い

Dscf9774_2

本日は、月島区民センターで行われました「第一回まんぷくの集い」に行ってまいりました。
北脇の隣の男性は元前頭3枚目(顔は2枚目!とご自身はおっしゃってます・・・。)の大至伸行様でありますが、相撲甚句名人としましてもご活躍中の大至様が講師となって毎月「相撲甚句教室」を行われる事になりました。
相撲甚句を更に追求したいと思っております北脇にとりましては正に渡りに船!大いに楽しませせて頂きました。
今回は初回と言う事で自己紹介や交流会のような感じで非常にアットホームでありました。(参加者には高砂部屋の元十両筆頭力士・泉州山関もいらっしゃいましたよ!)
相撲甚句と言いながらも北脇ギターを持って力士ソングも歌わせて頂きました。(ちなみに先日お会いしました輪島関の歌であります。)
とにかく非常に楽しい会でありましたので、是非次回も参加したいです。
皆様もいかかでしょうかっ?http://www.daishinobuyuki.com/  ←大至様のサイトです。

Dscf9769

ベースボールマガジン「相撲」の元編集長「下家義久」様も拍子木を持って甚句の指導をされました。(まるで舞台稽古のようですね!)
甚句の歌唱だけでなく歴史やウンチク話も聞かせて頂き、非常に勉強になりました。

Dscf9771

江戸相撲甚句会「杉山雅一」会長様も参加されて相撲甚句をご披露下さいました。
甚句も名人ですが、お顔も苦味ばしった男前でらっしゃいますね。

Dscf9770

先日の和歌乃山関を励ます会で意気投合したパンクバンドのミュージシャン「家富」様。
休憩時間に大至様お手製の「カボチャサラダ」を頂きましたが、最高に美味しかったですよ!

Dscf9772

12月1日にリリースされる龍馬甚句「私がやらねば誰がやる」をご披露下さいました。シビレましたよ!!

Dscf9775

そんな大至関、先日の水戸黄門で悪名名高い大関「江戸錦」の役で出演されていました。(本当に悪い顔ですが、当然目を吊り上げてメイクによるものであります。このカツラに見えるのは‘地毛’らしいですよ・・・。)

Dscf9779

当然、最後は江戸錦関は敗れる訳ですが、迫真の演技でありました。
茨城ご出身の大至関ですから、いつかは「水戸黄門」の役をやって頂きたいですねぇ~。(その時は格さん役か‘マイトガイの北乃脇’とか言う忍者か流れ者の役で北脇も出させて頂きたいものであります・・・。)

« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »