« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »

2010年10月

2010年10月31日 (日)

川崎の南海龍「アミーゴ野池」邸にて大相撲甚句収録!!

Dscf9754_2

浅黒い肌、精悍な顔、ボディービルダー、フラダンサー、酒好き・・・。自称「川崎の南海龍」と言ってらっしゃるのは造形師「アミーゴ野池」様であります。
今回は無理を言いましてアミーゴ野池様のご自宅と工房がある川崎市にお邪魔しまして大相撲甚句の収録をしてまいりました。(キャンディーズの写真でお顔を隠してらっしゃるのは伝説のイラストレーター‘菅原芳人’様であります。)
以前、TBSテレビの「王様のブランチ」などにご出演されて膨大な作品の数々が映し出された事がありましたが、実際に工房にお邪魔しますと作品は勿論、資料となる書籍や写真、製品などが壁一面ビッシリ並べられていました。(それでも収録の為に片付けたりして下さったようです。)
相撲も大好きですが、特撮ヒーローも大好きな北脇ですから、それはそれは楽しい収録でありました。
そんな訳で11月14日放送の大相撲甚句もどうぞお楽しみにしていて下さいね~っ!!

Dscf9761

誰もが憧れた仮面ライダー(新一号・旧一号)。当然、少年時代のアミーゴ野池様もライダーを愛し、そして今はそのライダーフィギュアの原型を作ってらっしゃいます。

Dscf9760_2

一度は目にした事のあるヒーロー達。全てアミーゴ野池様が原型を作られました。(ゴレンジャーなどの戦隊ヒーロー、奥にはタイガーマスクも見えますね。)

Dscf9758

まるで「中野ブロードウェイ」のお店の中にいるような気分であります。

Dscf9757

怪獣王「ゴジラ」も原型を作られました。(シリーズでゴジラの形態も違います。耳がある‘初代ゴジラ’凶悪怪獣だった‘キングコング対ゴジラ’‘モスラ対ゴジラ’などなど非常に忠実に精巧に作られております。)

Dscf9767

作品は全て子供のようにいとおしいのであります。(バトルフィーバーJのバトルジャパンですね!)

Dscf9764

野池様がもっとも愛着があると言う仮面ライダー40話に出てきた「怪人スノーマン」一号二号ライダーが力を合わせて倒した初めての怪人であります。(イラストは菅原芳人様が描いてパッケージになりました。)

Dscf9762

そのイラストレーターの菅原芳人様ですが、絶対に素顔や容姿や声はメディアに公表しません。(まるでショッカーの首領のようです。まぁショッカーの首領は声は出しますが・・・。)

Dscf9763

その菅原芳人様から交渉頂きまして「BABジャパン出版局」様から番組にビッグなプレゼントをご提供頂きました。詳細は14日の番組の中でご紹介しますのでお楽しみにしていてください!!

Dscf9749

実は菅原芳人様はこんな雑誌にも少~しだけでているんです。

Dscf9748

テレビモニターの‘影’が菅原様です。(完全にショッカーの一身ですね・・・。でも実際は面倒見が良くて頭のきれる素晴らしい方であります。)

Dscf9765

こちらがフィギュアの原型であります。ロウや粘土の塊を丹念に削りながら形を作ってゆく気が遠くなるような作業であります。

Dscf9768

工程をを経て最終的にはこのような製品として命が宿る訳であります。ちなみにこれは非常にレアな原作版ショッカーライダーです。(と言う事はアミーゴ野池様は‘ショッカー一身’ですね・・・。)
いつか野池様には「力士フィギュア」も作って頂きたいものであります。

2010年10月30日 (土)

第3回 いしかわ県人祭 IN 東京

Dscf9726

本日は椿山荘にて「第3回 いしかわ県人祭 IN 東京」が行われまして、石川県出身者や石川県に縁のある方々総勢1000人ほどが集まり、それはそれは大変な盛り上がりでありました。(写真は輪島市の御陣乗‘ごじんじょう’太鼓であります。)
会場には政財界、芸能界は勿論、企業家、スポーツ関連、学生などなど、様々なジャンルの方々でひしめき合い、北脇も来賓席に座らせて頂き、正直なところ目が回ってしまう程の緊張に襲われてグッタリしてしまい、相変わらず‘メンタリティーの弱さ’を露呈してしまう事となりましたが、有名人と接して美味しい料理を食べてまいりました。
そんな訳で今回も写真をご覧下さい!!

Dscf9729

同じテーブルには第54代横綱輪島関がいらっしゃいました。「どう?最近忙しいの?」と気さくにお声をかけて下さいまして北脇もこの笑顔。(横綱はお困りのお顔ですが・・・。ちなみに後のステージでは、映画‘武士の家計簿’にご出演の堺雅人さんや西村雅彦さん達がご挨拶してらっしゃいました。http://www.bushikake.jp/

Dscf9728

右手を握ってポーズをして下さってますが、昭和48年九州場所12日目に初代貴ノ花関と対戦し、右手人差し指と中指の間に肘が入り、大怪我して6針縫った傷跡を見せて下さいました。(実際かなりの傷でした。)そして当時の生々しいお話も聞かせて下さいました。
連勝も27で終わり、途中休場しても見事に幕内優勝されました。相撲史に残る偉業であります。

Dscf9742

北脇と一緒に輪島関のお話を聞き入っていたのは女流作家の子母澤類(しぼさわ るい)さんであります。
同じ石川県人ですし、地元紙「北國新聞」などにも連載を持ってご活躍中です。
近日中に番組にもご出演頂く予定であります。

Dscf9733

森喜朗元首相に横綱輪島関、パティシエ辻口博啓さん。こんなスリーショットもなかなかお目にかかれませんが、北脇が座っていたテーブルでしたので思わずシャッターを押してしまいました。(緊張で食事も喉を通りませんでしたよ・・・。)

Dscf9731

石川県を全世界に知らしめた松井秀喜選手。壁の巨大スクリーンには松井選手からのビデオレターが流されました。

Dscf9736

そして松井選手直筆サイン入りバットが抽選会に出品されました。

Dscf9739

見事に大学生がゲットしました。羨ましいですね~っ!!

もはや恒例行事になりつつある「いしかわ県人祭 IN 東京」ですが、この大イベントを企画されたのは「北國新聞社」様であります。
北脇も先月の「唐戸山相撲」の大関の記事で大々的に取上げて頂いた事もあり、大勢の皆様から「大したもんだ!大関だもんねぇ~!!」とか「唐戸山相撲で綱張ったんだよねぇ?」と言われ続けて小さ~くなっていました。(正確には綱は張ってませんよ!)
何とか地元石川県の為にご恩返しさせて頂きたいものであります。

2010年10月28日 (木)

北脇、「朝青龍ファン」から「横野レイコ」ファンに・・・!?

Dscf9722

先日、元小結「和歌乃山」関の西崎洋様を励ます会にお招き頂いた際に横野レイコ様著書の「朝青龍との3000日戦争」を知りまして朝青龍ファンの北脇としましては是非ともチェックしなければ!!と思っていました時、サンケイスポーツの成岡様からお電話を頂き「横野さんとご一緒だったんですね!あの本は素晴らしいですよ!!」と絶賛!!
度々、大相撲甚句にご出演頂きましても「良いものしか褒めない!」と断言する成岡様でありますから、早速拝読しましたところ非常に読みやすくて引き込まれてしまいました。
手紙や文章を見ればその人の人間が分かると言いますが、横野様の苦心、苦悩の日々、そして喜びを知って朝青龍ファンから横野レイコファンになってしまいました。
以前に内館牧子様が「お帰りなさい朝青龍」を出されました際にも拝読して感激し、「私はファンレターや非難の投書にも全部目を通します。」と書かれておりましたので北脇も‘恋人’に恋文を書くように心を込めて手紙を書いて送りました。(何を隠そう北脇は高校生の頃、文通をしていたロマンチストであります・・・。)
そんな訳で憧れの人になってしまった横野レイコ様がいつの日か大相撲甚句のゲストに出て頂ける日を夢見て「横野レイコのセレナーデ」を心を込めて書き綴って歌わないといけませんねぇ~。(でも嫌われる可能性大ですよねぇ・・・。)

Dscf9714

朝青龍関の取材をする時は意を決して挑んでらした横野レイコ様。何を言っても不穏な空気に包まれて大変だったようであります。しかし!この笑顔!!(当然ですけど・・・。)
我々相撲ファンも横野様のレポートを本当に楽しませて頂きました。

2010年10月26日 (火)

落語家VS角界の吟遊詩人・・・!?

Rakutama2_b5_web_6

過去に何度も大相撲甚句のゲストにご出演下さいました落語家の「立川志ら乃」さんですが、この程「横濱らくご魂」様の後援で‘ふたり会’が実現しました。

12月5日と言えば国技館では伝統の「全日本相撲選手権大会」が執り行われますが、横浜では立川志ら乃と北脇貴士の‘塩なし、水なし、待ったなし’の壮絶な対戦が行われる訳であります。(どこかで聞いたようなフレーズですが・・・。)

とは言いましても必ずしも相撲を題材にした会ではなく、堅苦しい制約もありませんので相撲ファンならずとも楽しんで頂けるものになると思います。(と言いながら北脇が無理矢理相撲の話に持ってゆく可能性はありますけど・・・。)

とにかく詳細につきましては横濱らくご魂の公式サイトをご覧頂ければ逐一情報を掲載させて頂きますので是非ご覧下さい。(北脇の‘つぶやき’も毎日更新してます。)http://rakutama.jugem.jp/

「らくご魂」と言いながら落語は全く出来ない北脇ではありますが、志ら乃さんとの‘異色のコラボ’をどうぞ皆様宜しくお願申し上げます!!

Dscf9721

本日は志ら乃さんと打ち合わせをしました。非常にお忙しい中でもこの笑顔!(打ち合わせと言うよりも殆ど世間話か相撲のマニアック話でしたけど・・・。)11月下旬には大相撲甚句のゲストにもご出演下さいます。楽しみですね~っ!!

2010年10月25日 (月)

「元和歌乃山・西崎洋を励ます会」に励まされる!!

この9月いっぱいで相撲協会を退職された元和歌乃山関の西崎洋さんを励ます会が10月24日、第一ホテル両国の25Fのアジュールの広間で行われました。
現役時代から和歌乃山関を愛し応援された大勢の皆様の中に北脇ごときが入らせて頂いて良いものかと思いましたが、宴が始まり時間が進むにつれて皆様ともすっかり打ち解けて、気がつけば二次会まで参加してしまいました。
さぁ、その模様を今回も写真でご紹介しますのでどうぞご覧下さい!!

Dscf9628

この日の為に和歌乃山関の思い出の名勝負の数々をご用意して下さいました。(非常に貴重な映像であります。)

Dscf9634

和歌乃山関の師匠武蔵川親方様が現役時代から応援してらした落語家の「三遊亭圓歌」師匠もいらっしゃいました。

Dscf9633

同じ和歌山出身で一門も同じ元・栃乃和歌の春日野親方もいらっしゃいました。

Dscf9635

同期生の曙関から嬉しいビデオレター。曙関曰く、相撲教習所の稽古場で入門間もない頃一番強かったのが和歌乃山関だったようです。

Dscf9640

「西崎くん」とスクリーンから呼びかけたのは貴乃花親方。中学時代から和歌乃山関の西崎少年は貴乃花関の花田少年と対戦したかったようです。

Dscf9639_2

そして今だ現役を貫き通す大関・魁皇関。優しい笑顔ではなむけの言葉をおっしゃっていました。

Dscf9642

そんな同期生の一番出世の様子。

Dscf9643

そして丸5年で堂々の新入幕。大変なスピード出世であります。(相手は春日富士関)

Dscf9648

長年の夢だった横綱貴乃花関との結びの一番。真っ向相撲であります。

Dscf9650

平幕時代の朝青龍関と対戦し勝利。三賞受賞し、翌場所小結に昇進されました。

Dscf9656

露鵬、千代天山との三つ巴の対戦を見事に制して十両優勝された和歌乃山関。

Dscf9658

そんな数々の名シーンを見ながら漫才のような絡みをする和歌乃山関と落語家の「三遊亭歌橘」師匠。ちなみにお二人は兄弟の杯を交わした仲であります。

Dscf9673

そして「和歌乃山の歌」を歌わせて頂いた北脇であります。

Dscf9686

歌い終わってからは和歌乃山関とトーク。司会の横野レイコさんにいろいろツッコミを入れて頂きました。

Dscf9694

同じ‘47年生まれ’同士ですから息もピッタリ!!(と思ってるんですけど・・・。)

Dscf9704

今回の会の発起人で北脇を和歌乃山関に取り持って下さった相撲ライター「どす恋花子」さん。ビデオ撮影や準備、幹事などなど休む間も無いくらい動いてらっしゃいました。
本当に頭が下がります。

Dscf9705

和歌乃山関の付き人をつとめられた「越ノ龍」さんと「新宅」さん。
それぞれ和歌乃山関の思い出を語って頂きました。

Dscf9710

素晴らしいご家族に恵まれて男として絶頂期を迎えようとしている和歌乃山関。
本当に感動のシーンを見せて頂きました。

Dscf9711

和歌乃山関のご友人でパンクバンド「レイズアフラッグ」の家富さん。
かなりの相撲好きで、ライブの時に番付をステージ上に貼ったり相撲甚句のCDを流したりしてファンを驚かせているようです。
ちなみに北脇のブログを以前からご覧頂いているようで意気投合してしまいました。
是非、番組にもご出演頂きたいです。

Dscf9712

何を隠そう全員「47年生まれ」であります。二次会も大いに盛り上がりました。

Dscf9715

朝青龍のマスクと肉じゅばんを着て登場し、笑い転げてしまいました。ちなみに中は「どす恋花子」さんが入っていますが、酸欠ですぐに出られました。

Dscf9718

当然、対戦しましたよ!!ちなみに中には家富さんが入っています。
これから相撲甚句と相撲に挑戦したいそうです。(早速、甚句と文京針ヶ谷相撲クラブにお誘いましたよ!)

2010年10月24日 (日)

20年振り恩師と再会

20年振り恩師と再会
昨日は私北脇の母校「石川県立穴水高等学校」の関東支部の同窓会が日暮里で行われました。
参加されたのは北脇とは親子程歳の離れた大先輩方ばかりで、身の引き締まる思いでありましたが、当選のように相撲甚句を歌ったり、お酌に周ったりして大先輩方と親睦を深めさせて頂きました。
そんな中、20年振りに恩師と再会しました。
現在は穴水高等学校の校長先生でらっしゃる恩師ですが北脇が在学当時は「生物学」の先生で、北脇は29点の赤点ラインを常にキープしていた記憶が甦りました。
「いつでも学校に顔出してよ!」と温かいお言葉をかけて下さった恩師。
来月辺り本当に母校に立ち寄りましょうかねぇ〜。(生物の補習授業やったりして…。)
とにかく楽しいひと時でありました。

2010年10月21日 (木)

遂に実現!「貴闘力」大相撲甚句に登場~っ!!

Dscf9616

昨日の船橋大奉納相撲大会の後は亀戸どすこいクラブの皆様と大相撲甚句の収録兼、打ち上げを行いましたが、そのお店が「焼肉本店ドラゴ」そしてそのオーナー様がご存知、元関脇・貴闘力関、現「貴闘力親方」様であります。(そう呼んで欲しいとご本人様がおっしゃっていました。)
それにしましても今、様々な番組やメディアなどで取上げられているお店ですから、それこそ猫の手も借りたいほどの忙しさでありますが、親方はじめ多くの皆様のご尽力で番組収録が実現しました。
限られた時間内での収録で実録31分少々。つまり29分の大相撲甚句ですから殆ど編集無しのノーカットに近い状況での放送になるかと思います。
親方曰く「言いたい事の1パーセントも言えなかった・・・。」との事でありますが、面白発言から心温まる師匠の二子山親方(初代・貴ノ花)の思い出話、奇跡の幕尻優勝の話などなどタップリご披露頂きました。
さぁ!11月7日の大相撲甚句を絶対に聴こうじゃあ~りませんか!!
(申し訳ありませんが、北脇の都合でポッドキャスト配信がこの回に限り11月8日の夜とさせて頂きます。いち早く聴きたい方はFM西東京サイトからサイマルラジオで7日深夜24時、8日朝10時にお聴き頂けます。http://842fm.west-tokyo.co.jp/

Dscf9611

こんな新鮮で分厚いお肉が出てきて‘亀どす’全員驚いてしまいました!!

Dscf9615

観ているだけで白ご飯が食べられそうですね・・・。実際、最高に美味しかったですよ!!

今はかなり込み合っていますのでご予約の上、食べに行って下さい。電話03-5634-0229

http://r.gnavi.co.jp/gacj900/  ←焼肉本店ドラゴのサイトです。

Dscf9613

そして焼いているのは元・玉龍馬の山崎耕作様であります。(隣では菅原さん夫人とお子さんの七望ちゃん、晋士くんが華麗な焼き捌きを見ていますね・・・。)
今回の収録が実現したのは山崎様や後輩で焼肉店オーナーの浅田一世様が貴闘力親方に交渉して下さいました。本当に有難いですね!!(元々は相撲博士の菅原さん繋がりでありますよ!)

Dscf9617

貴闘力親方を囲む亀戸どすこいクラブ。(写真はキバジさんが写しています。)
当然、木村さんは貴闘力親方の前で貴乃花親方のモノマネをしました。(しかも二所一門のタンクトップを着ながら・・・。)勇気ある行動に芸人魂を見ました。

Dscn4769

ちなみに2年前の西東京で行われた「わんぱく相撲東京都大会」でのトークショーのひとコマ。親方は今のほうが痩せて男前ですが、北脇は逆にオッサンになりました・・・。(何とかしないといけませんねぇ~。)

2010年、船橋大奉納相撲大会!!

Dscf9620

10月20日、恒例の「船橋大奉納相撲大会」が船橋大神宮で行われました。
時折小雨がぱらつき、肌寒い中ではありましたが昨年以上の強豪選手が集まり大変な盛り上がりでありました。
北脇もこの一年稽古を重ねてそねなりに活躍出来ると思っていましたが、一勝して懸賞金を獲得した後は惨敗に次ぐ惨敗・・・。
それでも目一杯相撲を楽しませて頂きましたよ!(まさに‘相撲三昧・相撲惨敗’と言ったところですねぇ・・・。)
そんな訳で今回も写真をお楽しみ下さい!!

Dscf9553

相撲甚句名人の「大納川」親方の甚句に酔いしれながら選手や観客は取り組みを楽しみました。

Dscf9623

午前中の個人戦(飛びつき相撲)の後は団体戦。「亀戸どすこいクラブBチーム」左から菅原さん、大谷さん、北脇、江戸川区在住の西山さん(畑さん欠場の為、急遽参加して頂きました。)、キバジさん。

Dscf9622

鋭い目で仕切っている北脇ですが、今まで体験した事の無いような強烈なブチかましで敗れました。(もの凄い音が響いたようですが本人は何が起こったか憶えていません・・・。)
ちなみに相手は今年の‘大関’(最高位)になりました。

Dscf9567

亀戸どすこいクラブAチーム5人衆。左から山下さん、田久保さん、木村さん、大城さん、下家さん。この緊迫した状況でもカメラを向ければ木村さんのサービスショットです。

Dscf9566

高まる緊張!!

Dscf9582

細身ながら粘り腰で活躍された田久保さん。先鋒を務めました。

Dscf9584

二陣は下家さん(顔正面)。こんな深い上手でもガッチリ引けば足技が炸裂します。

Dscf9586

中堅は木村さん。一気の電車道でうるさい選手を退けました。さすがであります!!

Dscf9578

副将は大城さん(背中)。四つに組みとめれば得意の「吊り出し」が決まります。

Dscf9588

大将は山下さん(右)。本日は負け無しの活躍でした。それもその筈で東洋大学相撲部であります。(この日は強豪相撲部選手がかなり参加していました。)

Dscf9589

準決勝で大城さんが負傷してしまいました。かなりの怪我で、泣く泣く棄権しました。心配な顔で菅原さんも肩を貸して駅まで送りました。

Dscf9593

キバジさん、小三番の関脇候補に選出されました。(黒マワシは中学3年生)

Dscf9599

相手の攻撃をしのいで見事に勝ち、賞金ゲットしました。

Dscf9600

この一年殆ど稽古らしい稽古をしてませんでしたが、大活躍したキバジさん。(個人戦でもかなり大物を破る活躍でした。)
これを機に相撲道に打ち込むそうです。(それにしてもこの頭と顔。当然お客さんは大喜びでした。)

Dscf9607_2

そして大三番の関脇になった山下さん。大きなトロフィイーを獲得しました。

Dscf9621

亀戸どすこいクラブ勢揃い!Aチームの大城さんはいませんが、全員仲間であります。
Aチームは惜しくも4位でしたが、来年も大活躍して下さるでしょう!!

そして!!この後は‘あの話題のお店’で打ち上げと大相撲甚句の収録を行いました。その記事は明日お届けしますよ~っ!!

2010年10月20日 (水)

遂に!10月20日「船橋大奉納相撲大会」!!

Dscf9550

思えば一年前に相撲博士の菅原さんに誘われて参加した船橋大奉納相撲大会でしたが、早いもので今年もやってまいりました。
昨年は暑くもなく寒くもない最高の気候でしたが、今年は寒くなりそうであります。
まぁとにかく明日は童心に帰って目一杯相撲を楽しませて頂くとしましょう。
何と言いましても相撲の後は‘今話題のお店’で大相撲甚句の収録も予定しておりますし、何とか相撲に勝った懸賞金で宴会代を浮かせたいですねぇ~。(そんな考えは相撲の神様に怒られそうですが・・・。)
とにかく明日のブログにてタップリと写真をご紹介しますのでどうぞお楽しみに!!

Funabasi_006

ちなみに昨年の記念写真です。今年も「亀戸どすこいクラブ」頑張りますよ~っ!!(それにしても北脇の顔、若いです・・・。この一年何があったのでしょうかねぇ・・・。)

2010年10月18日 (月)

北脇、横浜巡業を満喫!!

Dscf9496

本日10月17日は横浜文化体育館で大相撲の巡業が行われまして、いつも大相撲甚句の番組や諸々お世話になっております‘相撲大好きご家族’の「萩原様ご一家」のお招きで北脇もご一緒させて頂きました。
本場所とは一味も二味も違った巡業ならではの楽しいひとコマを今回も選りすぐりの写真でご紹介させて頂きますので、どうぞご覧下さい!!

Dscf9549

関取衆の稽古を鋭い目で観てらっしゃる横綱千代の富士の九重親方。(鉄人‘寺尾’と鉄人‘青葉城’の昭和・平成の鉄人に挟まれていますね。ちなみに更に隣の小城ノ花の高崎親方の名前は‘昭和’であります。)
相撲好きは土俵の上より周りに目が行くものであります。

Dscf9500

仕度部屋では北脇と同郷の「栃乃洋」関と地元の話や高校生時代のお話をタップリさせて頂きました。(当然‘唐戸山大関’のお話もさせて頂きました。)
人格者で本当に素晴らしい方であります。(傍らで萩原様にはかなり助け船を出して頂きました・・・。)

Dscf9504

丁度先週、三鷹スポーツフェスティバルでお世話になりました「蒼国来」関にお会いしましたのでご挨拶をさせて頂きました。大勢のファンに囲まれて(特に女性)大変な人気でしたよ!

Dscf9505

そんな蒼国来関に17日のサンケイスポーツに三鷹スポーツフェスティバルの記事が掲載された事をご報告しましたら大変喜んで下さいました。

Dscf9548

ちなみにその記事がこれです。サンケイスポーツと言えば「成○」様ですね。相撲の普及の為にこれからも誌面を大いに活用して頂きたいですね!!

Dscf9503

当然「豊真将」関もご活躍でした。(背中は鶴竜関です。)

Dscf9509

お馴染み、境川部屋の行司「木村達之助」さん。この後、装束を着て幕下力士を裁きました。キビキビした土俵上での所作は素晴らしいですよ!

Dscf9515

巡業ならではの「髪結い」の実演。ちなみモデルは人気力士の「高見盛」関です。

Dscf9524

横綱の「綱締め」の実演も披露して下さいました。

Dscf9507_2

元十両力士「玉光国」関の岡部光国様。(相撲博士の菅原さんとは‘ご学友’でした。)
「マワシを新調しましたので相撲やりますよ!」とこの笑顔。
北脇の「胸を出して稽古つけて下さい!」のお願いも快く受けて下さいました。嬉しいですね~っ!!

Dscf9508

相撲博士菅原さんと言えば大の「栃赤城」ファン。春日野部屋後援会の方が貴重な「栃赤城写真」を見せて下さいました。有難いです。(女装してらしたんですねぇ・・・。)

Dscf9518

先場所新十両で堂々勝ち越しを決めた境川部屋「城ノ龍」関。大勢のファンに囲まれてすっかり花形力士の仲間入りですね!!

Dscf9543

土俵上では厳しい表情の「垣添」関がニッコリ笑顔。これには訳がありまして北脇の作った「垣添徹の歌」を相撲協会の‘或る方’が関取にお渡し下さいましたので、このようなお写真を撮らせて頂きました。
ちなみに「あんなに褒めて頂いた歌で嬉しいですよ!カミさんと一緒に歌を聴いてます!!」と嬉しいお言葉。(逆に褒められて恐縮です・・・。)
有難う!垣添関!!

Dscf9531

さぁ!いよいよ本日の主役登場!!ですが、(決してオリンピックおじさんの山田会長ではありません・・・。)旭天鵬関に抱かれている赤ちゃんは一体・・・!?

Dscf9534

相撲大好き家族に生まれた「萩原光翼 こうすけ」君であります。ちなみにママの加奈子さんは入門間もない頃からの旭天鵬関ファンでした。本当に素晴らしい光景であります。

Dscf9535

土俵入りを終えて余裕の表情の光翼君。パパはプロボーラー「須田毅」さん。そしてこの豪華な化粧マワシを作ったのはママ加奈子さんの妹で「アトリエ彩華」代表・萩原里枝子さん。
最高の仕上がりですね!(北脇も唐戸山大関記念の化粧マワシを作って頂きたいですよ・・・。)

Dscf9542

更には大関魁皇関にまで抱っこされている光翼君。全く物怖じしてませんね!
それにしても大変貴重な一枚であります。

Dscf9544

チーズケーキ屋さんの前で「ハイ!チーズ!!」(完全にオッサンギャグですね・・・。)とシャッターを押せば光翼君おじいちゃんの順一様の手の中でスヤスヤ熟睡。北脇も一日本当に楽しませて頂きました。
ちなみに我々の直後に某関取が伝説のチーズケーキを買ってらっしゃいました。北脇も萩原様からお土産に頂きましたが、非常に美味でしたよ!!
皆様本当に有難うございました~っ!!

2010年10月17日 (日)

一皮剥けた北脇貴士・・・!?

_dsc2301_01

ナルシストな雰囲気タップリですが、別に北脇貴士のCDジャケットではありません。
この写真は北脇が普段からお世話になっている写真家の「森モーリー鷹博」様に撮影して頂きました。
実は何を隠そうモーリーさん達が立ち上げた団体「横濱らくご魂」の記念すべき第2回公演が12月5日に決まりまして、何と北脇と落語家の「立川志ら乃」さんと二人会を行う事になりました。
そのパンフレットなどに使用する写真の撮影をモーリーさんの自宅スタジオでして頂いたのですが、モーリーさんの言葉巧みなテクニックとシャッターにすっかり酔わされて気がつけばこのような表情になってしまっていました。
10月16日で北脇‘満10万38歳’になりましたが(デーモン閣下のパクってますが・・・。)誕生日を機に一皮剥けて様々な事に挑戦してゆかなければと思わされました。
そんな訳でこれからの北脇貴士もどうか宜しくお願い申し上げます!!

Dscf9488

至近距離からこのプロ使用のカメラで撮影して頂きましたが、やはりカメラを前にするとモーリーさん、かなりの男前でした。

_dsc2290_01_2

あまりにも鮮明に写っていますので‘お肌の手入れ’をシッカリやっておけば良かったと後悔しております。(他にも様々な表情の写真を大量に撮って頂きました。もうモーリーさんには頭が上がりません・・・。)

Dscf9492

このツーショットもなかなか良いと思いませんか?(これは自前のデジカメで撮影しました。)森モーリー邸スタジオ最高であります!!

Dscf9491

撮影の後はデザイナーの「えり」様と打ち合わせ兼お食事。呑めない北脇もえりさんの魅力に酔ってしまいました・・・。(ベタですねぇ~。でも才女で素晴らしい方ですよ!)
そんな横濱らくご魂のサイトにも北脇これから毎日(多分・・・。)情報を書き込んで行きますのでご覧下さいね~っ!!http://rakutama.jugem.jp/

2010年10月15日 (金)

相撲大好き「三等分」大相撲甚句に登場!!

Dscf9480

意味不明のポーズを取っておりますが、とにかく楽しんでいる事はご想像頂ける事と思います。
本日はFM西東京Bスタジオ(ウナギの寝床のような細長~いスタジオ)で大相撲甚句の収録をしました。(ちなみに写真のスタジオはAスタジオであります。)
今回のゲストは女性お笑いコンビ「三等分」のおふたりであります。(右側の座った女性です。)
以前ご出演下さったお笑いコンビ「瞬間メタル」さんと一緒に大相撲の場所後に「うっちゃりトーク」というトークライブをしてらっしゃるのですが、これがジェラシーが沸き起こるぐらい面白いんです。
特に注目するのは大嶽部屋の「森麗」を特集に笑いを提供するコーナーがありまして、北脇もうっちゃりトークですっかり森麗ファンになってしまいました。
Bスタジオで収録中、隣のAスタジオでは生放送「You Got チャンネル α」をやっておりまして、そのまま3人で生放送に出演して相撲トークを披露しました。(帰りのシャトルバスの運転手さんがカーラジオで聴いていたらしく‘面白かったですよ~。’と絶賛して下さいました。)
そんな訳で10月31日放送の大相撲甚句もどうかお楽しみにしていて下さいね!!

Dscf9482

非常に可愛らしい三等分のお二人(左・ちーちゃん、右・みよちゃん)ですが、なかなり過激な相撲トークを披露して下さいました。
とにかく今回も編集泣かせの楽しい内容でありますよ!!
・ちーちゃんのサイトhttp://blog.livedoor.jp/santoubun_chie/
・みよちゃんのサイトhttp://blog.livedoor.jp/santoubun_miyoko/

2010年10月14日 (木)

伊達男「和歌乃山」男の美学を語る・・・!?

Dscf9471

‘チョイ悪’の雰囲気タップリのスリーショットですが、本日は元小結・和歌乃山の「西崎洋」様とお会いしました。(北脇も‘シケモク’ならぬ‘シケ葉巻’を持ってポーズしてます。)
この9月に惜しまれながら日本相撲協会を退職された西崎様(元・山分親方)を慕い、交友の深い、相撲ライターの「どす恋花子」様(写真右の女性です。)から「和歌乃山関に餞(はなむけ)の歌を作って披露して下さい!!」とのご要望を頂きまして、ドキドキしながら待ち合わせ場所に行きましたら、鋭い眼光に葉巻姿の男性の西崎様がいらっしゃいました。
しかし!いざお話をしますと非常に気さくでご自身のしっかりとした世界観を持った魅力溢れる人物で、気が付いたら2時間半も喋りこんでしまいました。
気になる西崎様の今後ですが、まだハッキリした予定などは無いとの事ですが、‘花のロクサン組’で揉まれ(言うまでも無く同期力士は曙、若貴、魁皇などのお顔ぶれ)何度も地獄を見てカンバックした苦労人の和歌乃山関ですから、これからの人生も輝かしいものとなる事でしょう!
そんな和歌乃山関の西崎様を勇気付け喜んで頂ける歌が果たして出来るでしょうか!?
‘歌う力士ストーカー・北脇貴士’の手腕の見せ所ですね~っ!!(このところ北桜関の小野川親方様や蒼国来関からは好感触を頂いておりますが、そろそろメッキが剥れるような心配にかられている北脇であります・・・。)

Dscf9474

葉巻とラム酒をこよなく愛する西崎様。大相撲甚句の出演交渉をしようかとモジモジしていましたら花子様が「ラジオ出たらいいじゃん!」の助け船に「是非出させて下さいよ!!」と言って頂き‘交渉成立’しました。本当に嬉しいですね~っ!!
ちなみに元・山分親方の西崎洋様の‘相撲協会退職お疲れ様パーティー’は(正式名称は分かりません・・・。)10月24日(日)第一両国ホテル25階「アジュール」で17時から行われます。(会費12,000円で当日受付もあるそうです。)北脇はそこで「和歌乃山のバラード」を熱唱する予定です。

Dscf9475

西崎様と花子様にお会いしたのは本郷5丁目にある「金魚坂」と言うお店です。雰囲気の良い落ち着いた喫茶室と外には金魚がズラリ。
ちなみに花子さんは1匹8,000円の‘らんちゅう’が気に入ったようで金魚鉢から離れませんでした。

Dscf9476

たくさんのイケスの中から好きな金魚を選ぶ事が出来ます。ちょっとしたデートにも利用出来ますね。

Dscf9478

本郷5丁目から歩いて白山の東洋大学相撲部の文京針ヶ谷相撲クラブで本日もシッカリ稽古をしてまいりました。(相変わらずスタミナ不足が心配な北脇ですが・・・。)
いよいよ一週間後に控えた「船橋大奉納相撲」で果たして好成績を残す事が出来ますでしょうか!!
10月20日の相撲の後は大相撲甚句の収録を今‘旬’の某お店で行う予定です。
どうぞお楽しみに~っ!!

2010年10月12日 (火)

三鷹スポーツフェスティバルに「蒼国来」到来~っ!!

Dscf9443

晴天に恵まれた10月11日、三鷹市大沢総合グランドでは「2010みたかスポーツフェスティバル」が行われまして駅伝、サッカー、グランドゴルフなどなどの競技の中にマワシ姿の「三鷹相撲クラブ」の少年達がご覧のように勇ましい姿を見せて下さいました。
この大イベントに荒汐部屋の幕内力士「蒼国来」関、「福轟力」さん、「荒篤山」さんがいらっしゃいまして三鷹相撲クラブの少年達は勿論、多くの三鷹市民の皆さんと楽しく触れ合って下さいました。
そして北脇もアノ力士と触れ合ってしまいましたよ・・・。
そんな訳で今回も写真をご覧下さいね!!

Dscf9444

スポーツする気があるのか・・・?と言われそうな着物姿の北脇。この後、まさかあんな事になるとは・・・。

Dscf9447_2

テント前の受付ではクラブの写真や番付を貼って相撲体験者を呼び込んでいました。

Dscf9448

今場所千秋楽で見事勝ち越された蒼国来関の写真。

Dscf9449_2

全て三鷹相撲クラブの皆様の手作りであります。10日に両国国技館で行なわれた相撲大会の後、すぐ三鷹に戻って準備に取り掛かられたとの事。
本当に頭が下がります。

Dscf9446_2

マット土俵。いくら転がっても砂で汚れる心配がないので心置きなく相撲を取る事が出来ますね。

Dscf9463

お相撲さん(荒篤山さん)の胸をかりて稽古に励んでいますね!

Dscf9453

お相撲さん(福轟力さん)の受身の姿を見てあまりの迫力に固まっている相撲クラブのみんな。この後、みんなも実践しました。

Dscf9461_2

ボーイスカウトの中学生もぶつかっています。あんまり強いと荒汐部屋に「スカウト」されますよ・・・。(オヤジギャグですね・・・。)

Dscf9458_2

お約束のシーンです。子供たちも本物のお相撲さんに触れ合う事が出来て本当に良かったですね!

Dscf9470

三鷹相撲クラブ「親子対決」。北脇も少年時代に父親と相撲を取った事を思い出して胸が熱くなりました。

P1050960

「う~ん、良く撮れてるね!この写真欲しいね!!」とご自身の写真を見てらした蒼国来関。テレビでは細く見えますが、当然実物は見上げるような大男であります。
そんな蒼国来関とまさか・・・。

P1050950_2

北脇、相撲を取らせて頂きました。(三鷹相撲クラブの和田代表の粋な演出でしょうけど、着物を脱いでステテコ姿ではねぇ・・・。)

P1050952

勿論、言うまでも無く最後は投げられましたが非常に貴重な経験をさせて頂きました。(土俵外にいた三鷹相撲クラブの林監督が‘この人は相撲経験者です!’と言った瞬間‘あっそうなの?’と電光石火の投げを北脇に見舞いました。)

P1050958

この情けない体で失礼とは思いながらも写真をお願いしました。(しかもステテコ姿で・・・。)

P1050953

そして全員で記念写真。天候にも恵まれて最高の一日でしたね!!

P1050972

イベントの後は近くの公民館で楽しい打ち上げでした。美味しい料理とお話で盛り上がった後は大相撲甚句の収録(蒼国来関はご出演してませんが、近くで様子を見てらっしゃいました。)当然「蒼国来の歌」を熱唱しましたよ!
喜んで頂けたかどうかはこの写真をご覧になればお分かりですよね!(分かりませんかねぇ・・・。)
三鷹相撲クラブの皆さん、蒼国来関、福轟力さん、荒篤山さん本当に有難うございました!!

2010年10月11日 (月)

全国制覇「文京針ヶ谷相撲クラブ」Aチーム!!

Dscf9430

満面の笑顔で優勝の喜びをかみしめているのは文京針ヶ谷相撲クラブAチームの選手の皆さんです。
10月10日は国技館にて「全国少年相撲選手権大会」が行われまして、関東近辺は勿論、青森、秋田、愛知、岐阜、石川などなど全国強豪80数チームが集まり、朝8時から夕方5時過ぎまで団体戦が繰り広げられました。
そんな中、順当に勝ち進み初優勝した文京針ヶ谷相撲クラブAチーム。普段から子供さん達の稽古を見たり、時には一緒に相撲を取らせて頂いている北脇ですから喜びも感動もひとしおでした。
しかし!・・・。今大会で勝負の世界の厳しさをあらためて知った北脇でありました。
そんな複雑な北脇の心境を知って頂くべく今回も選りすぐりの写真をご覧下さい!!

Dscf9400

今大会には北脇の地元、石川県「穴水チーム」も参加しました。元気一杯このポーズ!予選は2勝9点で堂々の決勝トーナメント32強入りしました。
ちなみに穴水チームは2年前に団体優勝しておりますよ!!

Dscf9388

そんな穴水チームの予選2回戦の相手は「三鷹チーム」北脇と日頃から仲良くしている子供さんや親御さんも大勢いらっしゃいますので心が痛みました。
今回は穴水チームが勝たせて頂きましたが、これを機に三鷹チームの皆さんには夏休みなど穴水町に相撲合宿に来て頂きたいです。(三鷹チームは予選一回戦は3点を上げて堂々1勝を上げました!)

Dscf9406

8強入りを決めた文京Aチームと穴水チーム。出来る事なら両チームの対戦は避けて欲しかったですが・・・。さすがに直視出来ませんでしたし心の中は非常に複雑でありました。
結果は文京Aチームの4点、穴水チームの1点。
ベスト8で穴水チームの選手も親御さんも先生たちも肩を落としてらっしゃいましたが、80数チームの8強ですから立派な成績でありました。
穴水チーム!素晴らしい相撲を見せてくれて有難う!!

Dscf9421

決勝戦に臨む文京Aチームを必死で応援する先生方、親御さん、チームメート達。
大勢の声援に背中を押して頂いた事が勝利の原動力になったと思います。

Dscf9442_2

文京Aチームの決勝の相手は石川県「津幡チーム」。最後まで本当によく戦って下さいました。同じ石川県民として誇らしい事であります。
試合が終わってから津幡チームの先生に「唐戸山大関おめでとうございます!」と声をかけて頂き、赤面してしまいました。当然、先日9月25日の羽咋神社の唐戸山相撲に津幡チームの皆さんも参加してらっしゃいました。
是非、津幡チームも大相撲甚句の取材に伺いたいです。

Dscf9386

北脇の隣の男性「嶋谷由伸」さんは穴水町出身で元・近畿大学相撲部員。現在は穴水チームのコーチをしてらっしゃいます。
座っていると同じぐらいに見えますが、実際は見上げるような大男です。
来年の「唐戸山大関」を視野に入れて頂きたいものであります。(もちろん応援に行きますよ~っ!!)

Dscf9402

唐戸山と言えば、北脇と一緒に相撲に参加して下さった木村晃健さん。
お宝の「二所一門」タンクトップを着てお馴染みのお顔。いつもオイシイ所を持っていってしまいますねぇ・・・。

Dscf9403

女の子が着るとワンピースかネグリジェのような大きさですね。こうなったら五つの一門のタンクトップ5色(出羽・立浪・時津風・高砂・二所)全部を揃えてユニットを作りたいですね!(RyoGoKu48とか・・・。)

Dscf9404

ユニットには是非このお二人にも参加して頂きたいです。女子相撲でお馴染みの「松浦麻乃さん・みな美さん」姉妹。(8月の大相撲甚句にゲスト出演して頂きました。)
それにしましても普段着の姿は今時の女の子で、とても相撲をやっいるようには見えないお二人です。本当に可愛らしいですね!!

Dscf9435

文京チーム勢ぞろい!来月号のベースボールマガジン「相撲」でも当然取り上げられるでしょうし、優勝した文京Aチームは来年のプログラムの表紙写真に使われます。

Dscf9366

文京Bチームも大活躍でした。予選は2勝9点で決勝トーナメントでも素晴らしい相撲を取っていました。

Dscf9437

「ブログ用に写真を撮らないと!!」と道場の先生に促されて北脇、ちゃっかりと文京Aチームと記念写真。北脇の隣の今関俊介君「北脇さん、優勝カップ持ってよ!」と優しい一言。胸が熱くなってしまいました。(俊介君は予選から全勝でした!)
この優勝旗とカップと楯は一番見える場所に飾られる事でしょう。本当におめでとうございました。

Dscf9425

10時間かけて石川県までバスで帰る穴水チーム。12月にまた両国国技館に戻って来ます。それまで稽古を重ねて再び王者に返り咲いて頂きたいです。
全国の相撲選手達、感動を有難う!!

2010年10月 9日 (土)

「友綱部屋ファンクラブ」大相撲甚句に登場!!

Dscf9362

FM西東京のシャトルバス運転手さんやディレクターさんが北脇を見るなり開口一番「今日は着物じゃないんですねぇ~。何かあったんですか?」とおっしゃり「おっ!‘北脇イコール着物’が定着してる・・・。」とチョッと嬉しくなってしまいました。(小さい喜びですねぇ・・・。)
さて、今回のゲストはテレビ東京(木)深夜に放送している「Tokyoマヨカラ!」http://www.tv-tokyo.co.jp/mayokara/ に一年間レギュラー出演していた小澤貴恵さん(右前)、佐藤貴章さん(奥)のお二人。
小澤さんは物心ついた頃から家族の影響で大相撲にハマって今は友綱部屋ファンクラブに入りつつ、大相撲全体が盛り上がって発展して行く事を願いながら両国国技館で相撲観戦する事を楽しみにしてらっしゃる女性であります。
そんな小澤さんに大相撲の魅力を語って頂きながら、昨今の「にわか大相撲ファン」のマナーの悪さを声を大に訴えて頂きました。
そんな訳で10月17日放送の大相撲甚句もお聴き逃しありませんように宜しくお願いしますね~っ!!

Dscf9364

小澤さんは魁皇関の大ファン。この「怪力」も発売日当日に購入されたとの事。9月場所勝ち越されて本当に良かったですね!!

Dscf9363_2

友綱部屋によく出稽古に来てらした潮丸関も応援してた小澤さん。東関親方としてこれからのご活躍も注目ですね!!

2010年10月 8日 (金)

復活!名曲「泣きぼくろ」!!

Dscf9358

お仕事真っ只中のオフィスでレコードとCDを持ってポーズしている北脇ですが、浜松町にあるレコードメーカー「ホリデージャパン」様のオフィスであります。http://www.holiday-japan.co.jp/menu/home02.htm
「北脇貴士、遂にメジャーデビューか!?」と言うオファーではなく、以前大相撲甚句の番組にゲスト出演下さった制作チーフの水品様から「若三杉の‘泣きぼくろ’のリメーク版のCDが完成したので!」とのご連絡を頂きサンプルCDを頂戴し、拝聴しましたが、‘泣きのガットギター’‘突き上げるようなテナーサックス’のイントロに「若原りょう」のせつなくも力強い歌唱で、オリジナル版の若三杉関の甘いお声とは一味違った魅力の「泣きぼくろ」が復活した訳であります。
この泣きぼくろが大ヒットしたら「ネオン無情」や「そんな夕子にほれました」や「まわり道」など力士ソング復活ラッシュに繋がるのではないでしょうかっ!!今後が非常に楽しみであります。

Dscf9359

大相撲甚句にご出演下さった水品様が「若三杉の泣きぼくろのレコードを探しています!」の一言でリメーク版のリリースが実現した訳であります。(かなり恩着せがましいですが・・・。とにかく情報をご提供下さったなら志乃様有難うございます!)
この度の泣きぼくろ復活を知れば、若三杉の間垣親方様もきっと喜ばれる事と思います。(若原りょう様の‘サヨナラ夜霧’も最高の名曲でありますよ!!)

2010年10月 7日 (木)

初土俵!二代目相撲博士~っ!!

Dscf9349

まるで‘モンゴル相撲の鷹の舞’のようなポーズをとっているチビッコはご存知、相撲博士菅原さんのご子息の「晋士 ゆきと」君、四歳であります。
関取同様‘絹の締め込み’を締めて本日「初土俵」を踏みました。
我々大人チームは「おっ!稀勢の里みたいだねぇ~っ!!」と言いながら晋士君の反応を見て楽しんでありました。(本当に面白いリアクションをとってくれるんです。そんな我が子を見ながらお父さんである菅原さんは‘偽の里ですよ・・・。’とおっしゃっていました。そう言えば10月号の相撲のやくみつるさんの‘おチャンコくらぶ’もシュールな稀勢の里ネタでしたね・・・。)
とにかく晋士君の登場で小学低学年の子供さん達も、すっかり「兄弟子」になり土俵態度も今まで以上にキビキビして見ていても微笑ましかったです。
さぁ!上は50代から下は四歳まで幅広い年齢層の「文京針ヶ谷相撲クラブ」アナタも我々の仲間になりませんか~っ!!

Dscf9350

晋士君の前では木村晃健さんもタジタジ・・・。小学生達も手取り足取り晋士君に相撲を教えていました。

Dscf9355

お馴染み稽古の後の集合写真。10月10日に迫った国技館で行われる「全国相撲選手権大会」前と言う事もあり、稽古中は非常に緊迫して気合が入っておりました。
しかし稽古が終わればこの笑顔です。
是非とも文京針ヶ谷相撲クラブ頑張って頂きたいです!!(当日は北脇の地元‘穴水チーム’も参戦します。内心対戦して欲しくないです・・・。)

Dscf9352

晋士君初土俵の日に文京道場の土俵で初稽古をしたのは元朝日大学相撲部の「畑秀勝」さん(一番左)
広い肩幅、張りのある体、やはり稽古の貯金があってこそであります。
申し合いにはあまり参加しませんでしたが実力は折り紙付であります。(来週はガンガン取るでしょうね・・・。)
来る10月20日の「船橋大奉納相撲」の我々‘亀戸どすこいクラブ’の団体メンバーの重要なポイントゲッターになる事でしょう!(唐戸山大関の北脇は周囲の目もありますのでおとなしくしておきます・・・。)
とにかく団体メンバーはまだまだ必要ですから‘そこのアナタ!!’10月20日我々と参加しませんか?楽しいですよ~っ!!

Dscf9354

稽古の後はお馴染みの「大沢食堂」です。菅原さんのお子さんの晋士君、七望(ななみ)ちゃんは大の‘スギヨ仮面’ファンで「北脇さんスギヨ仮面の歌うたってよ!!」とリクエストしながら「♪ショク、ショク食育戦士~っ!スギヨか~め~ん!!」と何度も口ずさんでくれました。http://www.youtube.com/watch?v=V1Sap2ZYL6s
あんまりにも嬉しいのでDVDをプレゼントしましたら「お家に帰ってスギヨ仮面見るね~っ!」と嬉しい言葉。http://www.youtube.com/watch?v=rQJLAKJFoys
いつか晋士君と七望ちゃんに‘生・スギヨ仮面’を見て貰いたいものであります。

2010年10月 5日 (火)

第六十九回 全日本力士選士権大会

Dscf9326

連日のように両国国技館では大イベントが行われておりますが、10月4日は「第六十九回 全日本力士選士権大会」と称した明治神宮の奉納相撲が執り行われました。
実はこの相撲、北脇は今回が初観戦で、詳細や情報も全く分からず、ただ「トーナメント戦の相撲」と言う事しか分かっておりませんでした。
とにかく、お世話になっている知人から頂いた入場券のみ持って国技館に行ってまいりましたが・・・。
チョッと写真をご覧になってみて下さい。(途中で用事がありましたので全部は見る事が出来ませんでした・・・。残念ですねぇ~。)

Dscf9328

昨年優勝した日馬富士関が持ってらっしゃる優勝旗。(ちなみに力士達はオリンピックのマーチのような音楽で入場して来て、多少違和感がありました・・・。)

Dscf9330

横綱白鵬関の選手宣誓!滅多にお目にかかれない光景ですね。

Dscf9341

トーナメントならではの‘同部屋対決’です。(十両土俵にて豪栄道関と豊響関)

Dscf9342

素晴らしい出足で豊響関が勝利しました。

Dscf9344

同部屋対決と言えばこちらも藤島部屋「翔天狼VS雅山」兄弟子の雅山関が勝利しました。

Dscf9348

十両の決勝は豊ノ島関と豊響関。実力者の豊ノ島関も豊響関の馬力と出足の前に破れ、見事!豊響関が優勝しました!!猛牛復活ですね~っ!!

ちなみに横綱白鵬関は初戦に安美錦関に破れ、優勝は大関把瑠都関が優勝されました。
一発勝負のトーナメント戦もなかなか面白いものでありますね!!

2010年10月 4日 (月)

さらば横綱朝青龍!有難う岩木山!!

昨日に引き続き、本日も両国国技館に行って来ました北脇であります。
当然、10月3日は「横綱朝青龍」断髪式が執り行われた訳ですが、何と北脇今回も相撲博士の菅原様のお招きに預かってしまいました。
世間ではいろいろ言われた朝青龍関ですが、朝青龍を愛し続けた私北脇でありました。
そんな朝青龍関の第二の人生も幸多かれ!!と言う事で断髪式の写真をご覧下さい。
そして境川部屋の礎を築き、惜しまれながら引退した岩木山関の関ノ戸親方様ともお会いし、ご挨拶出来ました。引退して優しいお顔になった岩木山関のお姿もご覧下さい。

Dscf9321

朝青龍関のお父様もはるばるモンゴルからいらっしゃいました。

Dscf9324

憎まれる程に強かった横綱北の湖関の北の湖親方も鋏を入れられました。

Dscf9320

そして横綱千代の富士の九重親方までもが鋏を入れられました。

Dscf9325

ライバル白鵬関も鋏を!朝青龍関がいれば連勝記録もどうなっていたでしょうか・・・。

Dscf9322

朝青龍の後はやはりこの力士です。70代横綱日馬富士の誕生に期待しましょう!!

Dscf9323

苦楽を共にした朝赤龍関。この後、抱擁して抱き合ってらっしゃいました。

Dscf9319

朝青龍コールと大拍手の中、高砂親方が止め鋏を入れて涙をこらえる朝青龍関。

Dscf9318

最後は握手。最高のシーンであります。

Dscf9315

会場を出ますと岩木山関が大勢のファンに囲まれてサイン攻めにあってらっしゃいました。

Dscf9314

稽古の後にはいつも北脇に相撲のお話を語って下さった岩木山関。あの勇姿をもう見る事が出来ないのは本当に心残りですが、境川親方様の右腕として力を発揮して下さる事でしょう。
それにしても引退して数日でこんなにも優しいお顔になるのか・・・?と思うぐらい別人のような雰囲気になられた岩木山関。
5月の断髪式には知人と一緒に国技館へ参りますよ~っ!!

Dscf9316

「おっ!いいの着てるじゃないか~っ!!」と言ってチビッコの背中にサインをする岩木山関。実はチビッコのシャツは岩木山関の四股名が入った反物で出来ています。(将来は境川部屋入りでしょうかねぇ・・・。)

2010年10月 3日 (日)

大関「千代大海」断髪式!

Dscf9260

10月2日は国技館で大関千代大海関の断髪式が盛大に執り行われました。
今回は相撲博士の菅原様のお招きで私も‘一般客’として行ってまいりました。(まぁ、会場の大部分の皆様は一般客ですが・・・。)
菅原様の解説を隣に様々な質問を投げかけて楽しませて頂いた千代大海関の断髪式。
月並みな言葉ですが「第二の千代大海」を育てるべく、佐ノ山親方のこれからの手腕を大いに期待したいです。

Dscf9287

千代大海関のお母様も土俵の下で鋏を入れられました。最高の親孝行ですね。

Dscf9288

ライバルで現役最後の相手となった魁皇関が鋏を入れられた時は目頭を押さえてらっしゃいました。

Dscf9290

白鵬関は黄金まわしでご登場されました。

Dscf9289

館内が真っ暗になり「千代大海コール」いよいよクライマックスです。

Dscf9286

師匠の九重親方様の止め鋏で髷と別れを告げた千代大海関。感激のシーンでありました。

Dscf9284

大関栃東関の断髪式同様に最後はチューブのボーカル「前田亘輝」氏が千代大海関の為に歌を書き下ろして熱唱されました。最高の歌唱力と最高の内容でした。
ちなみに菅原様曰く、栃東関に前田氏を紹介したのは千代大海関だったようであります。
これからは「力士断髪式=前田亘輝」と言う形が出来上がるのでしょうか・・・。(北脇も前田氏そっくりの服装で断髪式に出没しましょうかねぇ・・・。もちろん冗談ですが・・・。)

2010年10月 2日 (土)

永遠の24歳「北桜」小野川襲名!!

Dscf9179

炎の男、永遠の24歳「北桜英敏」関が10月1日ホテルニューオータニで断髪し、小野川を襲名されました。
会場には相撲協会の皆様や多くのファン、北桜関と交友の深い方々が大勢集まり盛大に式が行われました。
そのような大変な場に、なんと北脇お招き頂きまして‘鋏’を入れさせて頂いた上に‘歌’まで歌わせて頂きました。
多くの皆様に愛されて力士としてご活躍された北桜関。長い間本当にお疲れ様でした!
そしてこれからは後身の指導にも手腕を発揮される事でしょうから非常に楽しみであります。
そんな訳で今回もお写真をご紹介させて頂きます。

Dscf9184

いよいよ断髪が迫る北桜関。様々な想いが駆け巡ってらっしゃる事でしょう。

Dscf9185

鋏を入れさせて頂く事を会場で知って顔がガチガチに固まっている北脇。

Dscf9186

総勢200人以上の方々が鋏を入れられました。

Dscf9198

師匠北の湖親方様が最後の止め鋏を入れられて北桜関も一気にこみ上げてらっしゃいます。私も胸が熱くなってもらい泣きしそうでした。

Dscf9187

会場には「玉海力」社長様、相撲漫画でお馴染みの「琴剣」様もいらっしゃいましたのでお写真を撮らせて頂きました。
お二人が手に持ってらっしゃるのは琴剣様が描かれた「大相撲伝」であります。
子供にも分かりやすい内容で相撲の歴史が一目で分かります。
近日中に皆様もご覧頂ける事と思います。http://www.cs-club.com/kototsurugi/index.htm

Dscf9205

実は琴剣様は北脇の大相撲甚句をお聴き頂いているようで「いや~面白い事をするなぁ~と思って感心してます。先日は‘居酒屋’で収録でしたね!」と言って頂きました。(ちなみにその回は立川吉幸さんです。)
もちろん出演交渉もさせて頂きまして「OK」のお返事を頂きました。今から「琴剣の歌」を作らせて頂かないとですよ!!

Dscf9218

弟である「豊桜」関が相撲甚句「輝け土俵で行け北桜」を熱唱されました。
素晴らしい兄弟愛と甚句にしびれました。

Dscf9237

その後は北脇。完全に場違いのようではありますが一生の思い出であります。

Dscf9220

題して「北桜のブルース」小野川親方様と内容の確認を事前にして歌わせて頂きました。

Dscf9209

北の湖親方様がご挨拶。歌の後に北の湖親方様の元を訪ねましたら「本当に有難うございます。」と大変ご丁寧なお声をかけて頂きました。
皆様に言いますが「北の湖は最高に素晴らしい人物です!」

Dscf9244

最後は三本締めで終わりましたが、小野川親方のおかみさんの「めぐみ」様の献身的な愛とこまやかさ美しさは、まさに「内助の功」であります。そして素晴らしいお嬢様「ありさ」様にも恵まれて小野川親方様、これからも益々ご活躍されることでしょう!!

« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »