« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »

2010年4月

2010年4月30日 (金)

「相撲大好き業界人」大相撲甚句に登場!

Dscn4105

国技館での稽古総見の後は大相撲甚句の収録でありました。
ゲストはレコードメーカー「ホリデージャパン」制作チーフの「水品希一 みずしなまれかず」様。http://www.holiday-japan.co.jp/menu/home02.htm
2年以上前にゲストでご出演頂いて、それ以来のご対面。当時から20キロ以上の減量で、すっかり雰囲気もかわってしまった水品様でありましたが、流石「業界人」!軽妙なトークで楽しませて頂きました。(勿論、脱線トークもアリです・・・。)
今回は無理を言いまして2本録りをお願いしたのですが、稽古総見の様子を肴に5月場所の展望や、水品様が少年時代に憧れた「小兵力士」のお話、スギヨ仮面の味の一番勝負のコーナー、そして水品様が収集していた「平成ひとケタ時代」の「相撲」から当時の大相撲界の魅力を語り合いました。
そんな訳で5月9日、16日の大相撲甚句をどうぞお楽しみにしていて下さいね~っ!!

Dscn4102_2

㈱スギヨの「香り箱」のパッケージもリニューアルしまして、料理評論家「服部幸應」先生も絶賛するカニカマボコであります。

Dscn4103

香り箱を持ってニッコリの水品様。(もちろん美味しく食べて頂きました。)

Dscn4107

水品様が収集してらした「相撲」の雑誌。ざっと‘40冊’余りを惜しげもなくプレゼントして下さいました。保存状態は最高で折り目やヤケは全くありませんでした。

有難う~っ!!水品様~っ!!(昨夜から読み倒して仕事が手に付きませんよ・・・。)

稽古総見に木村晃健・・・!?

Dscn4100

長らくグログを更新しておりませんでしたが、元気に日々過ごしておりました私北脇であります。

昨日は国技館におきまして恒例の「稽古総見」が行なわれました。
朝7時過ぎに館内に入りますと既に升席は6~7割はお客さんが入っておりました。
そして座ってほんの2~3分経ったでしょうか、隣を見ると見覚えのある姿・・・。
その人こそ芸人であり元力士の「木村晃健」様。全くの偶然でありますが、久し振りの再開に喜び合いました。(そろそろ文京針ヶ谷相撲クラブで稽古しないといけないですねぇ・・・。)
稽古を見ながら幕下の注目力士など討論しながら楽しませて頂きました。(隣に座っていた20代後半の女性2人組みはかなりの好角家でしたが話かける事が出来ませんでした・・・。)
そんな訳で今回も紙芝居状態に写真をご紹介します。

Dscn4079

幕下の申し合い稽古。目立ったのは境川部屋の「佐田の海」さん、鳴戸部屋の「隆の山」さん。(チェコ出身)特に隆の山さんに対する声援は大きくかったです。

Dscn4080

こちらは十両力士の申し合い稽古。新十両、松ヶ根部屋「松谷」関、再入幕の阿武松部屋「若荒雄」関が目立ちました。

Rscn4110

新大関「把瑠都」関が現われると場内は大歓声でした。(琴欧洲関との申し合い)

Rscn4109

関脇「稀勢の里」関にぶつかりで稽古をつける横綱「白鵬」関。体は砂だらけで息が上がっても果敢にぶつかってました。是非とも土俵で勝って恩返しして頂きたいです。

Rscn4108

大関「魁皇」関に可愛がられる「隠岐の海」関。土俵下では師匠の「八角親方」様が激を飛ばしていました。会場からも「隠岐の海頑張れ~っ!」の大声援が上がっていました。(特に女性)

2010年4月16日 (金)

相撲漫談VS力士ソング・・・!?

Dscn4046

「三寒四温」と言いますが、冷たい雨が降りしきる両国で本日も大相撲甚句の収録をさせて頂きました。(勿論、お馴染み‘とんかつ若’様の店内ですよ!!)
今回のゲストは、相撲漫談の「一矢 かずや」師匠様。
寄席・劇場はもちろんの事、様々なイベント催し物などで大相撲の呼出しの装束を着て大相撲にちなんだ漫談でご活躍をしてらっしゃる一矢師匠様。(本日も浅草東洋館でのお仕事を終えて来て下さいました。)
実は収録前にとんかつ若の店内には初代豊山の前々「時津風」親方の内田勝男様がいらっしゃり感激するやら緊張するやらでありましたが、無事に収録も出来、この笑顔であります。(それにしましても見上げる程の大男でありましたよ・・・。)
一矢師匠様の相撲漫談あり、北脇の力士ソングあり、今回も面白さ満載の大相撲甚句。
5月2日の放送をどうぞお楽しみにしていて下さいね~っ!!
(一矢師匠のプロフィールは→ http://www.jau.jp/kazuya.htm

2010年4月15日 (木)

「北乃脇バンド」活動再開するスギヨ~っ・・・!?

Rscn1097

最近は様々な方々の胸を借りて活動をさせて頂いている北脇ですが、活動休止・・・?していた「北乃脇バンド」を約一年振りに活動を再開する事になりました。(と言いましても公式なライブは一度しかしておりませんでしたが・・・。)
北脇の左の男性はドラマーの「舛田真」様、右の男性はベーシストの「佐々木靖夫」様、一番右はギターリストの「平岡正一朗」様であります。
皆様それぞれに音楽活動をなさっていてご多忙なのですが、今回活動再開する事になったきっかけと言うのが、大相撲甚句のスポンサーである㈱スギヨ様のキャラクター「食育戦士・スギヨ仮面」のテーマソングの作成を北脇にお任せ頂く事になったからであります。
番組の中ではイマイチ「スギヨ仮面」になりきれていない北脇ですが本格的にスギヨ仮面誕生の為にスギヨ様や制作の方々が動かれているようであります。(残念ながらスギヨ仮面の着ぐるみに北脇は入る事が出来ませんでしたが‘8頭身’のスーツアクターが入ってアクションをするようでありますよ!)
そんな訳でテーマソングのレコーディングの為に急遽メンバーの皆様に連絡を取りましたら‘即OK'のお返事を頂きましたのでゴールデンウィーク後には仕上げて提出する事になりそうであります。
しかし・・・。肝心の楽曲が出来ておりませんので完全なる見切り発車でありますが、とにかく力士ソング以上に情熱を燃やしている北脇なのであります。
今後の経過はブログや番組でもご紹介して行きますのでどうぞお楽しみにしていて下さいね~っ!!

2010年4月12日 (月)

大相撲甚句「横須賀場所」・・・!?

Dscn4042

藤沢巡業後は萩原ご家族様の地元「横須賀」へ移動しまして大相撲甚句の収録をさせて頂きました。
収録にご協力して頂いたのは横須賀の「kitchen ラディシュ」のお店ですが、http://members3.jcom.home.ne.jp/kitchen-radish/  この大勢の皆様は萩原様ご夫妻の会社「アオイ薬局」の従業員の皆様であります。
そして今回ご出演頂きましたのはアオイ薬局役員の「萩原順一」様とアオイ薬局代表取締役の「萩原昭子」様であります。
楽しい会食の中、今回も熱い大相撲トークで盛り上がった大相撲甚句ですが、番組の後半では大相撲に深い繋がりのある「某氏」がコメントを下さいました。(残念ながらお名前は言えませんが・・・。)
そんな訳で4月25日の大相撲甚句もどうぞお楽しみにしていて下さいね~っ!!

Dscn4039

昨年の藤沢巡業で白鵬関と撮った写真にサインをして頂いた萩原里枝子様。
今回の「入門・北乃脇部屋」は里枝子様の貴重な力士写真とサインの数々をご紹介頂きました。

Dscn4036

先日、とんかつ若の店内で撮った琴欧洲関の写真ですが、大関が移動の車に乗る直前の間一髪の時間にサインを書いて頂きました。本当にラッキーでしたね。

Dscn4037

加奈子様が序二段か三段目時代から応援していた「旭天鵬」関。きちんと日付も書いて下さってますね。

Dscn4040

服を着ていても絶対バレてしまう「山本山」関。ビッグベビーが誕生する予感ですね。

Dscn4038

相撲甚句名人の「春日錦」関。非常に紳士的で人格者でありました。(しかも美男子!!)
全てのサインを見てお分かりのようにマジックインキは「白銀色」であります。
黒のマジックインキは‘黒星’を連想させるので力士の皆様を気遣っての里枝子様の優しさであります。本当に頭が下がりますね。

201004110934000

11日の朝刊に載っていた写真。これこそ「超~っお宝」写真でありますね。(これが本当の‘子宝’であります!)

Dscn4045

加奈子様のハートを射止めたのはプロボーラーの「須田毅」様。非常~に穏やかで気配りの出来る最高の男性であります。(本当にいい人でありましたよ!)
今回の藤沢場所が‘初大相撲’観戦でありましたが、是非とも大相撲甚句にゲスト出演頂きたいですね~っ!!

2010年4月11日 (日)

大相撲春巡業「藤沢場所」!!

Dscn4030

Dscn4033

4月10日は藤沢市で大相撲春巡業が行なわれまして靖国神社の奉納相撲に引き続きまして行ってまいりました。
と言いましても私一人ではなく、日頃からお世話になっております萩原里枝子様ご家族の皆様方からお誘いお招き頂きましての観戦でしたので、大船に乗った気分で楽しいひと時でありました。
そんな訳で藤枝巡業の風景を写真でお楽しみ下さい!!

Rscn4043

土俵上では髪結の実演。見事に大銀杏が出来上がってゆきました。(写真は栃煌山関と床松様、豊真将関と床盛様)

Dscn4026

一方、仕度部屋では北脇の郷土力士「栃乃洋」関とご対面。高校時代に対戦した事や地元の話で盛り上がりました。(本当はガチガチで殆どまともに喋る事が出来ませんでした・・・。)しかし、非常に人格者で丁寧な対応をして下さいましたよ
。有難いですね~っ!!(萩原お母様にかなりフォローして頂き助かりました・・・。)

Dscn4023

こちらは中庭での記念撮影会。「白・把」時代を予感させる両雄の姿ですが、とにかく凄いオーラーが出ていました。

Dscn4021

天候にも恵まれ最高の撮影会でした。

Dscn4025

萩原里枝子様のお姉様「加奈子」様。横綱にお腹をさすって頂きましたので元気で健やかなお子様が誕生されるに違いありませんね。

Dscn4022

献血のゆるキャラ。その名も「けんけつ」ちゃん。(そのままですねぇ・・・。)力士と微笑ましいひとコマですね。

2010年4月10日 (土)

靖国神社奉納相撲

本日、4月9日は靖国神社におきまして恒例の奉納相撲が行なわれました。
幸い天候にも恵まれましたし、何より土俵が新しくなり非常に良くなりました。(いつも砂ぼこリで悩まされてましたが改善されてました。)
そんな訳で今回も紙芝居状態で写真をご紹介したいと思います。

Rscn4011

序二段から幕下力士入り乱れての申し合い稽古。右の力士は境川部屋の序二段「佐田の昇」さん。横綱朝青龍関が「こいつは絶対強くなる!」と太鼓判を押していた力士です。かなり精力的に稽古をしていました。要チェックですよ!!

Rscn4012

右の力士は‘角界のブラッド・ピット’こと「隆の山」さん。遂に来場所‘十両王手’まで迫ってまいりました。かなりしぶとい相撲で勝ち残っていました。

Dscn3921

先場所惜しくも負け越しましたが場所を盛り上げて下さった「益荒海」関。是非また十両に戻って来て頂きたいです。

Rscn4010

こちらは幕内で大暴れした「磋牙司」関。それにしても、もの凄い四股ですね!(後ろの玉鷲関と鶴竜関は何を話しているんでしょうかねぇ・・・。)

Rscn4009

花相撲にはお馴染みの「初切 しょっきり」そしてお約束の‘スリッパしばき’。場内は大爆笑でした。

Rscn4008

場外乱闘・・・!?の後は2人ドリンクタイムでしばしの休戦。

Dscn3956

豊桜関、春日錦関を中心に「相撲甚句」。(相撲甚句ではお馴染みだった北桜関、薩喜海さんが引退したのが悔やまれますね・・・。)

Rscn4007

境川部屋の行司「木村達之助」さん。幕下力士の土俵を堂々裁いてらっしゃいました。

Rscn4006

境川部屋の新十両「佐田の富士」関。‘いぶし銀’と言った感じですね。

Dscn3965

大人気「山本山」関。是非とも幕内上位で大暴れして頂きたいですね。

Rscn4005

石川能登の誇り「栃乃洋」関。来場所は幕内復帰ですから非常に楽しみです。

Dscn3970

幕内土俵入り。やっぱり華やかですね~っ!!

Rscn4003

琴欧洲関と琴光喜関がお子様を抱いての土俵入り。会場から「可愛い~っ!!」の大声援が上がっていました。

Rscn4004

新大関「把瑠都」関。大声援に思わずニッコリ。それにしても大変な人気でありました。

Rscn4002

「可愛い~っ!!」と言えば横綱白鵬関もお子様と一緒に土俵入り。花相撲ならではの光景ですね。(雅山関や豪風関もお子様を抱いての土俵入りをしてらっしゃいました。)

Rscn4001

境川部屋「豊響」関。若い女性から黄色い声援が上がっていましたが、この余裕。もちろん堂々の白星でした。

Dscn3996

花相撲でも絶対に手を抜かない大関「日馬富士」関。闘志がみなぎっております。

Rscn4000_2

結びの一番は「日馬富士」と「白鵬」。白鵬関が勝ちましたが、早く東西の横綱が揃って頂きたいですね。

2010年4月 6日 (火)

横綱宅にはDVDだらけ・・・!?

Dscn3914

2週おきに全20巻発売される「国技大相撲DVD名勝負セレクション」。
本日4月6日は第7号が発売されましたが、先日横綱輪島関が相撲甚句発表会にいらっしゃった際に、第4号のDVDにサインをお願いしました。
以前に2~3度お逢いしているとは言え、やはり緊張しておりましたら「あっ、これ買っているの・・・? 家に送って来たのが10個ぐらいあるよ・・・。」とおっしゃってました。(そう言えば、スギヨが発売している‘輪島の横綱チャンコ’のセットもご自宅に送られてくるので毎週のようにチャンコパーティーをなさっていると以前番組でおっしゃっていました。)
引退してもう30年近くになりますが、まだまだ人気健在の輪島関。(浅草公会堂の入り口でも揉みくちゃになっていました。)
是非またお逢いしたいものであります。

Dscn3915

以前、大相撲甚句にゲスト出演して頂いた際に輪島関にサインをお願いしました。

Dscn3916

本・DVDと来て次は何にサインして頂きましょうかねぇ~。(輪島関のレコードを探してみましょうか・・・。当然デーモン閣下は持ってらっしゃるようです。)

2010年4月 5日 (月)

40年振り「国錦VS輪島」 IN 浅草公会堂・・・!?

Dscn3854

本日、浅草公会堂にて「第十二回 全日本相撲甚句協会発表大会」が執り行われまして、全国中から相撲甚句名人が会場に集まり、大成功に終わりました。
そして、今回の発表大会は国錦師範が相撲甚句に出会って45周年の節目と言う事で例年以上に盛り上がり、なんと「第54代横綱 輪島」関がお祝いに駆けつけて下さいました。(段上で輪島関、国錦師範、そして‘顔じゃない’北脇の姿がありますね。)
実は、昭和45年1月11日に幕下付出しで当時の「輪島」が初めて対戦した相手が幕下「国錦」だった訳で、40年振りに公の前で対面した両雄。
一番間近から見ていた私の気持ちたるや・・・。皆様にはご想像出来ないでしょうねぇ・・・。(感動で震えましたよ!!)
そんな訳で今回も‘紙芝居形式’で皆様に写真をご紹介したいと思います。(ちなみに写真はイラストレーターのメソポ田宮文明様が撮って下さいました。)

Dscn3801

入り口に掲げられた看板。入場無料をご覧になって大勢のお客様がいらっしゃいました。(もちろん関係者や新聞記事をご覧のお客様もいらっしゃいました。)

Dscn3798

憧れの「浅草公会堂」。この人の波であります。

Dscn3797

花嫁衣裳を「化粧まわし」に仕立てて甚句を披露する甚句会の皆様。

Dscn3804

甚句の合間には「安来節」も登場。大いに笑わせて頂きました。

Dscn3795

楽屋で弁当を食べながら浅草を見下ろしました。絶景ですね~っ!

Dscn3813

国錦師範、颯爽登場!嵐のような拍手につつまれてらっしゃいました。

Dscn3820_2

北脇のMCにもニコヤカな国錦師範。やはり懐が深いお方であります。

Dscn3824

「輪島大士の歌」を熱唱する北脇。

Dscn3838

漫談家「一矢」師匠様の絶妙な司会をウィットなジョークで切り返す輪島関。黄金のチャンチャンコが眩しいですねぇ~っ!!

Dscn3876

国錦師範のお嬢様でゴスペルシンガーの「幸子」様と‘親子甚句’を披露して頂きました。(日本人離れの迫力の歌唱力で圧倒されました。)

Dscn3910

イベントの最後はお馴染み「当地興行」の甚句を会場全員で歌いました。

Dscn3911

元立呼出し「兼三」様のふれ太鼓でお別れ。名人のバチさばきに腹の底まで痺れました。

2010年4月 3日 (土)

さようなら「出羽嵐」関。

Dscn3785

岩木山関に胸を出す白マワシの男性こそ、元幕内力士「出羽嵐」関で境川部屋のマネージャーを務められた「須川清」様であります。
その須川マネージャー様が突然にお亡くなりになられまして、昨日埼玉県草加で葬儀が執り行われました。http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%87%BA%E7%BE%BD%E5%B5%90%E5%A4%A7%E8%BC%94
寡黙で辛抱強く優しい方で、境川親方様も須川マネージャー様には絶大なる信頼を寄せてらっしゃいましたが、健康上の都合で昨年末に自らマネージャー業を辞され、新しい仕事が決まった矢先でのご不幸でありました。(薩喜海様の断髪式でもいつもの通りのご様子で出席されていました。)
須川マネージャー様の作る「皿うどん」と「ちゃんこ」は絶品で、頂き終わった後に「美味しかったですよ~っ!」とご報告に行っても「あっ、どうも・・・。」と一言おっしゃるぐらいでしたが、千秋楽パーティーで歌う直前の北脇を見つけると「あっ!西新宿のマイトガイだ!今日はどの力士の歌ですか?」と緊張をほぐして下さったものでありました。(さり気ない須川様の優しさに感激しながら歌わせて頂きました。)
そんな須川マネージャーに最後のお別れを、と昨日式場に向かいましたが‘大嵐’でダイヤが大幅に乱れまして、通常なら1時間程の移動が2時間半以上もかかってしまいました。
まさに出羽嵐の四股名の如く、嵐を巻き起こして去っていった須川マネージャー様でありました。
現役時代の出羽嵐関のお姿はじっくり拝見した事がありませんでしたが、大関武双山関が幕下付出しでデビューしたのが当時幕下だった出羽嵐(対馬灘)様でありました。
そして武双山関が力士人生で一番記憶に残った相手が出羽嵐との対戦だったとベースボールマガジン「相撲」2008年2月号で書いてらっしゃいました。
その事を須川マネージャー様に伝えると「あっ、読みましたか?有難いですね・・・。」と素っ気無い一言でしたが、須川様なりの照れ隠しであったと思います。
物静かで奥ゆかしいながらもこれ程までに存在感のある人物は他にいなかったと思います。
さようなら須川マネージャー、さようなら出羽嵐関!

2010年4月 1日 (木)

両国「華の舞」でがっぷり四つ・・・!?

Dscn3757

Dscn3776

本日は両国にある「華の舞」のお店にある‘土俵ステージ’にて相撲甚句名人の「国錦耕次郎」師範とライブをさせて頂きました。
4月4日に浅草公会堂で行なわれる‘第12回相撲甚句発表大会’のPRの為のライブでしたが、店内には多くのお客様がいらっしゃいまして楽しいひと時でありました。(国錦師範の帯には‘お札’がささっていますねぇ・・・。)
何と言いましてもお忙しい中、お店にはサンケイスポーツの「成岡」様や焼津相撲連盟で成岡様の後輩の「畑」様、とんかつ若の「おかみさん」も応援に来て下さいましたので北脇も土俵上で大暴れ・・・?する事が出来ました。
さぁ!この勢いで相撲甚句発表大会も5月の両国にぎわい祭りも頑張りますよ~っ!!

Dscn3761

憧れの華の舞で歌う事が出来て感慨無量の北脇。

Dscn3759

北脇のMCを笑顔で受け止めて下さる国錦師範。懐が深いですねぇ~。(ちなみに話題は横綱輪島関のデビュー戦をつとめられた若き日の国錦師範の事であります。)

Dscn3768

両国に住んでいるチビッコ達と記念写真。(土俵でVサインしていますが、ガッツポーズ以上に問題ですねぇ・・・。)

Dscn3769

いつか子供達をバックコーラスにステージに立ちたいものであります。(写真は成岡様と畑様に撮って頂きました。有難いですね!)

Dscn3774

最後は相撲甚句「当地興行」で締めて皆様とお別れ。またいつか華の舞で歌わせて頂きたいです。

歌姫「祥子」久々大相撲甚句に登場!!

Dscn3753

元わんぱく横綱の尾藤一郎様との収録の後に二本録りをしましたが、ゲストはお馴染みシンガーの「祥子」様。
北脇を境川部屋にご紹介下さったり様々なイベントなどでもお世話になっているのですが、約2年振りに番組にご出演頂きました。
スタジオの窓には7部咲きの桜が映っておりますが、祥子様の本日のお召物は春らしいワンピース。すっかり見とれてしまいましたが、話題の中心はやはり「境川部屋千秋楽パーティー」であります。(かなり楽屋トーク的な感じではありますが・・・。)
そして、今場所新十両に昇進された佐田の富士関特集で「佐田の富士の歌」を熱唱した北脇。
祥子様の「夢に負けないで」の曲もお届けしながら今回も大相撲トーク、歌満載の収録でありました。
4月18日の放送をどうぞお楽しみに!!

Dscn3733

境川部屋千秋楽パーティーで歌を披露する祥子様。地元大阪の皆様も大変喜んでらっしゃいました。 http://www.shoko-radish.com/top.html   ←祥子様の公式サイトです。

貴乃花と綱を張った男、大相撲甚句に登場・・・!?

Dscn3744

北脇の隣にいる紳士は、蔵前国技館の土俵に立ち「雲竜型の土俵入り」をした人物であります。
と言いましても小学6年生当時のわんぱく相撲東京都大会での事なのですが、現在は西東京市青年会議所の理事長でらっしゃる「尾藤一郎」様であります。(2人で‘おっつけ’のポーズをしております・・・。)
以前からFM西東京局長に「貴乃花を倒した男が西東京にいる!」と聞いておりましたので、ずっと出演交渉をしておりましたがようやく実現しました。
正確には尾藤様が5年生の時にわんぱく横綱になり、貴乃花の花田光司少年が4年生のわんぱく横綱になりましたので学年では一つ上になります。
しかし!稽古場での対戦は1対1で五分の成績だったので「貴乃花を倒した男」である訳であります。
少年時代の貴乃花関と汗を流し精進した尾藤様の秘蔵話をタップリお楽しみ下さい。
放送は4月11日になります。
そして今回も‘紙芝居’状態で尾藤様のお宝写真をご紹介します。

Dscn3741

わんぱく横綱に輝いた4年生の花田光司少年(左から2人目)と5年生の尾藤一郎少年(右から2人目)それにしても花田少年、一際トロフィーを上げて喜んでいますねぇ~・・・。

Dscn3750

尾藤少年、綱を締めて颯爽登場!!

Dscn3752

雲竜型の土俵入りをする尾藤少年。なんと土俵入りの手ほどきをしてくれたのは‘黄金の左’のあの某横綱であります。(もうお解かりですね・・・。)

Dscn3743

当時はテレビ東京で放映されていたようです。(そう言えば静岡県でも少年相撲をテレビで放映していまして、その映像を成岡様に見せて頂いた事があります。)

Dscn3742_2

20数年経って穏やかなお顔になった尾藤様でありますが、体はガッチリして体育会系であります。

Dscn3748

こちらは花田光司少年の横綱土俵入り。お宝写真ですねぇ~っ!!

Dscn3749

5年生とは思えない貫禄の仕切り。さすが王者です。

Dscn3747_2

懐かしの蔵前国技館。本場所以上の盛り上がりです。私も東京に生まれたかったです。(でも子供の頃は相撲が嫌いで逃げ回っていましたがねぇ・・・。)

Dscn3755

少年ジャンプで連載していた「力人伝説」の単行本(北脇所有)。

Dscn3756

漫画に登場したライバル選手の事や真実に基づいた話であるかを尾藤様に確認しました。(当たり前ですが、バナナマンの〇村氏のような少年ではなかったとの事です・・・。)

« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »