« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »

2009年11月

2009年11月30日 (月)

府中少年相撲親善大会

Futyuu_003













                                                                                                                               九州場所を全勝優勝で締めた横綱白鵬関。この先暫くは白鵬時代が続きそうでありますが、九州以上に熱気を帯びていたのが府中総合体育館相撲場で行われた「府中少年相撲親善大会」でした。
府中は我が家から比較的近いので会場に向かいましたら、風光明媚な山懐に立派な総合体育館。(バスは一時間に2~3本。東京にもこんな所があったのかと嬉しくなりました。)
屋内相撲上は土俵が2面もありまして、東京・千葉・埼玉の強豪チームの少年達が日頃の鍛錬を土俵にぶつけていました。
驚くべきは相撲場の構造ですが、分厚いガラス越しからしか一般者は見学観戦出来ないんです。
良く言えばFMラジオ局のサテライトスタジオのような感じですが、限られた場所からしか見る事が出来ないので、ビデをを持った親御さん達もアングルを決めるのが一苦労の様子でした。
しかし、設備や広さは素晴らしく、我が家の近所でこれほどの相撲場があるとは新しい発見でありました。
文京針ヶ谷相撲クラブの子供達は勿論、今まで番組にご出演ご協力下さった相撲道場の子供達やご指導の先生方、親御さん達ともご挨拶出来て非常に充実した一日でありました。
そして、数年後に横綱白鵬を脅かす力士や、亀田選手のような親子の絆を大事にする力士が現われてくれる予感を抱きながら会場を後にした北脇でした。

Futyuu_004













                                                                                                                                                                                  中学生選手ともなればこのスピード。将来が非常に楽しみであります。

2009年11月28日 (土)

熱気ムンムン「文京針ヶ谷相撲クラブ」

Neltuki_001













                                                                                                                                                                                                               本日も文京針ヶ谷相撲クラブの稽古に参加してまいりましたが、写真をご覧頂いても分かるように道場の中が熱気をおびてカメラのレンズが曇ってしまいました。
しかし!稽古する選手は勿論、指導される先生方の目に曇りは無く、非常に集中し終始キビキビしておりました。
と言いますのも、明日29日は府中市で小学生の相撲大会が開催されますので、小学生の子供達を含めますと30人前後が集ってミッチリと稽古をしました。
私北脇もマワシを締めたものの申し合いに参加しようか迷っていましたが、気がつけば3番取って1勝2負。以前ほど体に負担はありませんでしたが、日々稽古を積み重ねている子供達のスタミナには到底付いて行く事は出来ませんでした。
そんなオッサン北脇に対しても子供達は敬意を表して下さる訳ですから本当に有難いものであります。
子供達の健やかな成長とご活躍を願いつつ、次回はもっと勝たせて頂きたいものであります。

Neltuki_002













                                                                                                                                                        北脇も集合写真に入れてもらいましたが体が明らかに‘中年’であります。

Neltuki_003













                                                                                                                                                       小4コンビ「今関俊介」君と「増田純也」君。激しい稽古を繰り広げていましたから府中の相撲大会は大健闘してくれる事でしょう。

Neltuki_004_2













                                                                                                                                                                                                    23日に行われた「東京都中学校学年別相撲大会」で優勝してV2を成し遂げた「今関俊英」君。本日も鬼気迫る稽古をしていました。

Neltuki_005_3













                                                                                                                                                                                                                 中央の選手は昨年、大相撲甚句の特別版「わんぱく相撲甚句」の番組でインタビューをした6年生の「橋本侑京 はしもとゆきひろ」君。この1年で体も成長して相撲も強かったです。(北脇は負けました・・・。)
右の選手は昨年のわんぱく相撲東京都代表で中1の「三角陽平 みすみようへい」君。
2人共切磋琢磨して熱心に稽古をしていました。

2009年11月26日 (木)

杉山邦博氏の注目力士は・・・!?

北脇貴士の朝はTBSラジオ「大沢悠里のゆうゆうワイド」から始まる!と言って良い程、最近楽しませて頂いておりますが、今朝のゲストは元NHKアナウンサー「杉山邦博」氏でした。
杉山邦博氏と言えば「超好角家」と言えるほど大相撲に人生を捧げた人物でありますから、一週間前からゲストに出演する事を楽しみにしておりました。
予想的中!と言いますか、とにかく辛口トークの連続でありました。
日本人の若手力士に対する苦言に始まり九州場所のお客の入り具合、そして「朝青龍ファンには誠に申し訳ありませんが・・・。」と断りを入れてから朝青龍に対する苦言の数々・・・。
大沢悠里氏もなかなかの好角家ですから二人意気投合!楽しんで放送をしてらっしゃいました。(その朝青龍関も日馬富士関に今日敗れて杉山氏も‘ガッツポーズ’をしてらっしゃることでしょうね・・・。)
そして、杉山氏が注目する若手力士は「高田川部屋 竜電」今場所幕下15枚目で勝ち越した若干19歳の日本人力士であります。
今場所も顔から落ちて流血の勝ち名乗りを受けていましたが、まさに初代貴ノ花や安芸乃島の相撲を受け継いだ期待の力士であります。
とにかく竜電に対しては杉山氏もベタ褒め!大相撲ファンなら誰でも納得の締め方でありました。
大相撲中継も良いですが「大沢悠里のゆうゆうワイド」も面白い!ちなみに明日のゲストは「柳亭市馬」師匠。かなりの好角家であります。
楽しみですねぇ~っ!!

2009年11月24日 (火)

第53回「東京輪島会」懇親会!

Touwazi_006_2













                                                                                                                                                                                                                      この3連休は「相撲三昧」の日々でありますが、連休最終日は「東京輪島会懇親会」にお招き頂いて、相撲甚句やギターで歌を熱唱してまいりました。
「輪島会」と言いましても‘第54代横綱 輪島’をかこむ会ではなく、石川県輪島市出身で関東近辺に在住してらっしゃる皆様が集られた会であります。(説明不要と思いますが・・・。)
輪島市は「朝市」「輪島塗り」「太鼓」などなど、名物が数多く「石川県の能登出身です。」と言うとたいがい「輪島ですか?」と聞き返して下さる方が非常に多いです。(ちなみに私は輪島市の隣の穴水町出身です。)
そんなお隣の輪島市の会にお招き頂いて、皆様のお仲間に入れて頂いて非常に楽しいひと時を過ごす事が出来ました。
相撲処能登の耳の肥えた皆様の前での相撲甚句はなかなか緊張しましたが、とにかく皆様良くして下さいました。
ご恩返しが出来ますように北脇も一日も早く「出世」しないといけませんねぇ~・・・。

Touwazi_007













                                                                                                                                     役員の皆様のご挨拶やスピーチも良かったのですが、やはり「抽選会」も盛り上がりますね。私も頂いてしまいましたよ!

Touwazi_008













                                                                                                                                                                                            輪島の物産品の数々。やはり海産物が圧倒的に多いです。

2009年11月23日 (月)

遂に大相撲甚句「三鷹相撲クラブ」に突入!!

Mitaka_024













                                                                                                                                                                      堂々まわし姿で勢ぞろいですが、本日は三鷹市役所内の土俵場で行われた「三鷹相撲クラブ」の稽古を見学してその後、収録をさせて頂きました。
写真では皆様何食わぬ顔をしてらっしゃいますが、とにかく「寒い」の一言。
しかし!!下は6歳から上は高校生の子供達は、小雨が降りしきる中でも黙々と稽古に打ち込み、誰一人泣き言を言わないんです。
もう「子供は風の子」などと言う言葉は「死語」と思っておりましたが、少なくとも三鷹相撲クラブの子供達の鍛え方には脱帽してしまいました。
子供達も熱心ですが、指導をされる先生方やご父兄の皆様の熱意も相当なものでした。
FM西東京の放送エリア内でありながら取材に伺うのが遅すぎた感はありましたが、これからも稽古場にお邪魔して三鷹相撲クラブの発展を注目して行きたいと思いました。
そんな訳で12月13日の大相撲甚句もどうぞお楽しみにしていて下さいね!!

Mitaka_007













                                                                                                                                                                           焚き火もシートで囲いも無い完全なる屋外土俵。東京とは思えない懐かしい稽古風景に北脇も「マワシを!」と思いましたが、もっと温かくなってから稽古を付けて頂きたいです。

Mitaka_010













                                                                                                                                                                             楽しみながらじゃれ合っているように見えますが、寒さで集中力が落ちて怪我をしないようにしている稽古の一環であります。

Mitaka_013_2




                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                    少なくとも20番は繰り広げられた「三番稽古」。先生方やご父兄の方々の厳しい激を真剣に聞きながら二人で 番数をこなしていました。

Mitaka_016_2

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                         三鷹相撲クラブ代表で漫画‘うっちゃれ五所瓦の田門泰造’のモデルになった「和田光広」様。ご長男の「剛拓」君相手に胸を出す姿は正に田門泰造の迫力そのものでした。

Mitaka_019

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                 下級生にも手加減無し、上級生にも遠慮無しの稽古。厳しい稽古にも泣き言は一切聞かれませんでした。

Mitaka_023













                                                                                                                                                                                               数々のタイトルを手にされた「矢島健一」様。12月6日の「全日本相撲選手権大会」にも出場されます。子供達に胸を出しておられましたが、勿論「アマ横綱」を狙って日夜稽古に励んでらっしゃいます。

Mitaka_008













                                                                                                                                                                                                            三鷹相撲クラブ名物「かぶとむしの家」。夏、成虫になるまで大切に育てらっしゃいます。ちなみに北脇は無類のかぶとむし好きです。

Mitaka_025













                                                                                                                                                                                                                               稽古の後は和田光広様をゲストに収録をさせて頂きました。(お隣はご長男の剛拓くん)
番組前半は元気いっぱいの子供さん達のコメントも頂きました。

Mitaka_026

















                                                                                                                                                                                                                                                                                    針ヶ谷良一先生著書の書籍。少年時代の和田光広様の名前が随所に書かれております。

Mitaka_027













                                                                                                                                                                            横綱若乃花関、大関出島関、幕内若孜関との貴重な写真。

Mitaka_028

















                                                                                                                                                                         巡業の土俵で出島関にだっこされる剛拓君。出島関ばりの出足が剛拓君にも受け継がれています。

Mitaka_029

















                                                                                                                                                                              これも大変貴重な「三賞」と「懸賞金」と「大入り」袋。和田様の大学時代の後輩「玉春日」関から頂いたとの事です。

Mitaka_031

















                                                                                                                                                                                       玉春日関のサイン色紙と写真の数々。今度「和田邸」にお邪魔してお宝の品々をもっと拝見してみたいものですねぇ・・・。

Mitaka_032













                                                                                                                                                                                                                 和田光広様と共に優勝の栄誉を手にした花田勝選手(後の横綱若乃花)と藤本恵三選手(漫画・うっちゃれ五所瓦の主人公のモデル)
この時代の東京は無敵の強さでした。

2009年11月22日 (日)

猛稽古!!「文京針ヶ谷相撲クラブ」

Nito_002













                                                                                                                                                                                                                                                     両横綱がぶっちぎりの強さで連勝している大相撲九州場所ですが、大相撲中継の真っ只中に文京針ヶ谷相撲クラブでも熱い稽古が繰り広げられていました。
私北脇も約一ヶ月振りにマワシを締めて稽古に参加してまいりました。
と言いましても、四股・すり足・軽いぶつかり稽古のみで、申し合い(相撲)稽古には交じりませんでした。
実は12月17日に「マスコミ相撲大会」と称した相撲大会が相撲協会主催の元、国技館(又は相撲教習所の土俵)で行われるので、それに向けて体を調整しないといけないのですが、いつも以上に稽古場の熱気や気合が凄まじくて、申し合いの輪に入れませんでした。(情けないですねぇ~・・・。)
と言いますのも、23日に「東京都中学校学年別相撲大会」と「東京都新人戦相撲大会」が明治大学付属中野中高校の相撲場で行われるので、とにかく鬼気迫るような稽古が繰り広げられていました。
毎回、村田先生方に「どうか無理をなさらないで下さいね。」と言われる度に「まだまだ!」と年甲斐も無く中高生に向かって行くのですが「北脇さんは強いから稽古を付けてもらいなさい!」と中学生に言ってらしたので「イヤイヤイヤ!勘弁して下さいっ!!」と丁重にお断りしました。(よりによって昨年の東京都6年生のわんぱく相撲横綱ですよ!)
次回の稽古ぐらいから相撲に参加してマスコミ相撲大会の調整をしたいですね。
とにかく、23日の大会で文京針ヶ谷相撲クラブの選手の皆さんが大活躍してくれる事を願っております。

Nito_001













                                                                                                                                         本日は小学生も合わせて30人ぐらいは稽古に参加していました。活気に溢れています。

Nito_003













                                                                                                                                                                   中学生5人衆。凄まじい程の稽古でしたので、大会ではきっと大健闘してくれる事でしょう。

Nito_004_2













                                                                                                                                                                                                                  左の男性は相撲好きの「日東芳文」様。小兵ながら厳しい取り口で強さを発揮してらっしゃいました。北脇のブログに掲載された文京針ヶ谷相撲クラブの記事を見て稽古に初参加されましたが道場の空気にもすっかり打解けてらっしゃいました。http://yoshipon.yoshi51.blog.zmapple.com/  ←日東様のブログ
右二人は高校生。なかなかのイケメンじゃあ~りませんか!!(もちろん強いですよ!)

2009年11月19日 (木)

「西新宿のマイトガイ」改め・・・!?

九州場所も5日目を迎えておりますが、大関陣が相次いで敗れてやはり幕内優勝は横綱なのかと思っておりますが、地元の大関魁皇は連日大声援を浴びております。
それなのに22回目の九州場所を迎えている魁皇関に相応しいニックネームが無い事が不思議でたまりません。
魁皇関に限らず、最近の力士もニックネームで呼ばれる事も少なくなりつつあります。
私も力士ソングを作り始めて5年程になりますが、歌を通じて大相撲や力士に少しでもPRのお役に立てればと思っておりますが、肝心の「北脇貴士」の認知度が低いので、自身の足元を固めないといけない事に‘最近になって’気がつきました。(あまりに遅すぎるっ!!ですねぇ・・・。)
ラジオでは「西新宿のマイトガイ」と言っておりますが、もっと馴染みやすい屋号やネックネームを浸透させたいですね。(イラストレーターのメソポ田宮文明氏などは名刺を出しただけで相手が爆笑して強烈なインパクトを与えてらっしゃいます。)
丁度、とんかつ若の服部社長様からも「芸名かニックネームがあるといいのにね・・・。」と言われておりますから、面白い名前を考えないといけませんね。(誰も興味が無いとおもいますけどねぇ~・・・。)

ちなみに全く関係ないのですが、先日名古屋に行ったのは身内の結婚式があったからなのですが、久し振りに兄に会いました。
兄は私が高校入学前に部員ゼロだった相撲部の監督に「来年有望な選手が入部しますよ!」と言っておりました。
その人こそ私「北脇貴士」だった訳ですが、当時は嫌で嫌で逃げ回っておりました。(それこそ兄貴を恨んだものですよ!
しかし、写真を見てお分かりのように今は仲良くやっております。
やはり相撲は兄弟の仲も潤滑にするんでしょうかねぇ・・・。(きっと・・・。)
Harunio_002













                                                                                                                                                                                                                                                                                                                「春ノ山」関と「嶋の龍」様ご兄弟程ではありませんが仲良くさせて頂いております。

2009年11月16日 (月)

元幕内力士「春ノ山」関のお店で大相撲甚句収録!!

Harunio_010_2













                                                                                                                                                                                                                               北脇のお向かいにいらっしゃる男性は、元幕内力士「春ノ山」関で、どすこい酒場ちゃんこ春ノ山店主の「春山竜尚 はるやまたつなお」様であります。
今週の大相撲甚句にご出演頂いた今関勝彦様が「名古屋方面にいらっしゃる際には是非とも春ノ山関のお店に立ち寄って下さい!」とのご紹介を頂きましたので、15日の午後に愛知県豊田市にある春ノ山関のお店にお邪魔してゲストご出演頂きました。
現役時代は巨体を活かした豪快な左四つの相撲でご活躍されましたが、物静かで大変穏やかで驚いてしまいました。
少年時代から力士に憧れ、琴光喜の田宮少年と全国大会に出場したお話や下積み時代のお話、同期力士と切磋琢磨した関取時代のお話などなど相撲ファンにはたまらない内容のお話を聞かせて頂きました。
これまでにも多くの元力士の皆様が番組にご出演頂きましたが、大きな春ノ山関に圧倒されて緊張してしまいましたが「どうか僕は居ないものと思って自由に喋って下さい。」と慰められました。
そんな優しい人格者の春ノ山関のお店に今度は是非お客として伺いたいものであります。
12月6日の放送もどうぞお楽しみにしていて下さいねぇ~っ!!

Harunio_004













                                                                                                大きな春ノ山関の隣で緊張する北脇。それにしましても堂々たる体格ですね。

Harunio_006













                                                                                                                                                                お店の入り口に飾られた化粧まわし。

Harunio_007













                                                                                                                         幕下優勝の賞状と稽古場の壁に掛けられていた名札。

Harunio_008_3













                                                                                                                                             断髪式の髷。大変に貴重であります。

Harunio_009

















                                                                                                                                                                                                                                                春ノ山関のお兄様で元幕下力士「福龍」様が描かれた油絵。かつて福龍様は春ノ山関の化粧回しのデザインもされるほどの美術のセンスがあり、春ノ山関もお兄様と同じ「松ヶ根部屋」に入門されました。
素晴らしい兄弟愛であります。(その化粧まわしはお兄様のお店‘いっぷく 一福’の店内に飾られています。)

名古屋境川部屋後援会様のお店「ドリームハンター」

Harunio_001













                                                                                                                                                                               北脇の隣の男性は、境川部屋名古屋後援会で境川部屋公式サイトの制作管理をしてらっしゃいます「吉谷栄」様であります。
13日の金曜日の深夜に愛知県江南市にあります吉谷様のお店「ドリームハンター」にお邪魔したのですが、夜中1時過ぎにもかかわらず、それはそれは大変なおもてなしをして頂きました。
店内は写真でもお分かりのように、力士ののぼり旗が壁に貼られていたり、境川部屋関取衆のサインや相撲にちなんだ貴重な品々が飾られております。
現在は日の出の勢いの境川部屋でありますが、出羽海部屋から独立当時のお話や、志半ばで辞めていったお弟子さん達のお話など、北脇の知らないお話を吉谷様から聞かせて頂きました。(一言では言い表せられない程の日々であったようです。)
以前にゲストのお願いをしたのですが「勘弁して下さいよ!」とやんわりお断りになられた吉谷様でしたが、いつの日かご出演頂きたいですね。
今場所も境川部屋力士のご活躍を祈りながら「ドリームハンター」様の益々のご繁栄を願っております。

2009年11月13日 (金)

富士桜「二世」の歌声に感激!!

仕事柄・・・?面白いと言われるAMラジオはチェックして何か自分の番組にパクれるネタを日夜探しております北脇ですが(特にTBSラジオ‘大沢悠里のゆうゆうワイド)昨日、ニッポン放送の‘テリー たい平 のってるラジオ’を聴いておりましたら、元・富士桜の中村親方のご子息でシンガーの「中澤信栄 なかざわのぶよし」様がゲストに出てらっしゃいました。
松崎しげるを彷彿させる日本人離れした歌唱力(松崎しげるは日本人ですが・・・。)「歌手ですが、見た目は相撲取りですけど・・・。」とか「今日(きょう)の体重は104キロぐらいです。」など、面白MCも炸裂してらっしゃいました。(文字にすると面白くなさそうですが、テンポ良くテリーさんとたい平さんの質問に応えてらっしゃいました。)
中澤様曰く「小さい頃から‘相撲強いんでしょう?’と言われて周囲から期待されるのが一番辛かった・・・。」とおっしゃっていました。
それにしましても、ギター一本で歌を熱唱される中澤様のラジオから聴こえる声には富士桜関の相撲に匹敵する程胸に迫るものがありました。(本当ですよ!)
私自身、あまり他の方のブログなどにはコメントを書かないのですが、中澤様のブログに思いのたけを書いてしまいました。→http://ameblo.jp/nakazawanobuyoshi
まぁ、無理は承知しておりますがいつか我が大相撲甚句にもご出演頂きたいですねぇ・・・。

2009年11月12日 (木)

イスラエルで相撲映画・・・!?

過去には相撲を題材にした映画やドラマがそこそこありましたが、このところは殆どお目にかかりませんので、「一丁相撲の映画の原作でも!」と考えておりました矢先に面白い情報を教えて頂きました。
以前、お世話になりました日本出版美術家連盟の美人画家「佐野干子」様より、「イスラエルで相撲を題材にした映画が爆発的にヒットしてるらしいです!」とメールを頂きましたので、早速記事を見ましたら「赤フンを締めたメタボな外人男性4人」が写真に掲載されておりました。 → http://www.jiji.com/jc/c?g=soc_30&k=2009111200046
内容はコメディーに間違いありませんが、とにかく見てみたいですね。
いつの日か北脇も「亀戸どすこいクラブ」の皆様にご協力頂いて、21世紀少年ばりの・・・!?超大作を手がけてみたいものですねぇ・・・。

2009年11月 8日 (日)

「朝霞練成相撲道場」にて大相撲甚句収録!!

Asaka_007













                                                                                                                                                                                                                                         元気一杯に子供達が相撲を取っておりますが、本日は埼玉県にある「朝霞練成相撲道場」の稽古風景を見学の後、大相撲甚句の収録をさせて頂きました。(二人とも小学3,4年生ですよ!凄い体格であります。)
天候にも恵まれて、まさに稽古日和でありましたが、それでも11月です。服を着ていても肌寒い状態でした。

しかし!!日頃から稽古に精進している子供達、指導をされる先生方の熱気に圧倒されました。
今回は「朝霞」「坂戸」「三鷹」「練馬」の四道場による合同稽古で、幼稚園児から高校生まで、ざっと30人程の子供達に先生方、ご父兄の皆様が地域の垣根を越えて相撲に取り組んでらっしゃる姿に北脇も勇気を頂きました。(しかも皆様、本当に良い方々ばかりであります。)
そんな訳で、11月29日の大相撲甚句もどうかお楽しみにしていて下さいね~っ!!

Asaka_001

















                                                                                                                     今回で4回目の合同稽古。朝霞市武道館に隣接している相撲場にて行われました。

Asaka_006_2













                                                                                                                                                        今回のメインゲストは「練馬石泉相撲クラブ」指導主任「大谷裕之」様。(サイトは→ http://homepage1.nifty.com/sekisen-sumo-club/  )
年長組の「有賀みつひろ」君もインタビューに答えてくれました。

Asaka_003













                                                                                                                                              女の子も稽古に参加していました。しかもかなり強いんです。

Asaka_005













                                                                                                                                                                           三鷹相撲クラブの代表「和田光広」様。伝説の相撲漫画「うっちゃれ五所瓦」のライバル役「田門泰造」のモデルを務められました。
気さくで律儀に接して下さいました和田様。近日中にゲストご出演下さいます。
どうぞご期待下さい!!

Asaka_004













                                                                                                                                                       数々の大会で大活躍された朝霞練成相撲道場の実績。

Asaka_011













                                                                                                                                    以前、番組に出てくれた足立新田高校相撲部「長谷山」君。(左)将来性タップリです。

Asaka_012













                                                                                                                                                                                      大谷様もかつての愛弟子長谷山君と相撲を取ってらっしゃいました。(北脇も次回はマワシを持って行かないといけませんね!)

Asaka_015













                                                                                                                                                                                                           収録後はカラオケで熱唱しました。(大谷様のアグネスチャンのモノマネは最高に似ていました・・・。)

2009年11月 5日 (木)

豊真将好き「元女子プロレスラー」大相撲甚句に登場!!

Matuoharuka_006













                                                                                                                                                                                                                                                         本日はFM西東京スタジオにて久々に収録をさせて頂きましたが、ゲストは元女子プロレスラーで現在タレントの松尾永遠(まつおはるか)様。そして、イラストレーターのメソポ田宮文明様をお迎えしまして、大相撲からプロレス話、そしてカニカマボコの話に至るまで終始楽しい話題で盛り上がりました。(松尾永遠様の公式サイト↓ http://www.tv-aichi.co.jp/bp/matsuo/index.php  )
こんなに可愛らしいお顔なのに、この5月までリングに上がり試合をしてらした松尾様。
女子プロレスラーになろうと思われたきっかけや、嬉しかった事、試合でひどい目にあったことなど、誰でも思いつきそうなベタな質問から「何故、豊真将関と結婚したいと思ったのか?」など、赤裸々に訊いてみました。
長年リングで死闘を繰り広げてこられた松尾様ですから、堂々とした態度とユーモアたっぷりの受け答えに北脇もリラックスしてお話する事が出来ました。
そして、何と言いましても「プロレス若葉マーク」の北脇のフォローもシッカリとメソポ田宮様がして下さいましたし、スポンサーのスギヨ様も特別に「祝メール」を下さいました。
11月22日の大相撲甚句も盛り沢山の内容であります。どうぞお楽しみにしていて下さいね~っ!!

Matuoharuka_003













                                                                                                                                                                            こんな金星(美人女性)に好かれるとは本当に羨ましい豊真将関。

Matuoharuka_014













                                                                                                                                                                          リスナープレゼントに!と思いましたが、局のスタジオに貼らせて頂きます。

Matuoharuka_016













                                                                                                                                                                                                                                                  スギヨの香り箱(カニカマボコ)完食です。そのうちCMにも登場するかもですよ!!

2009年11月 4日 (水)

生「アントニオ猪木」にカンゲキ!!

Inoki_001_2














                                                                                                                                   日本シリーズ真っ只中の後楽園ですが、本日JCBホールにて行われた「GENOME 10 JCBホール大会」と銘打ったプロレスのイベントが行われました。
プロレス若葉マークの北脇に本日もイラストレーターの「メソポ田宮文明」様がお誘い下さいまして、タップリ堪能させて頂きました。
リング上ではアントニオ猪木氏がマイクパフォーマンスと墨で「腰の完売」と書いてらっしゃいましたが、他の人間が同じ事をやると‘大ブーイング’が起こりそうなものですが、そこはカリスマ・アントニオ猪木!会場は大盛り上がりでした。(2~3人ヤジを飛ばしている人もいましたが、所詮は遠吠えでした・・・。)
初代タイガーマスクあり、ボブサップあり、北脇もテンションが上がりメインマッチは「高山選手VS小川選手」巨体同士がぶつかり合いましたが、納得のゆかぬ試合内容に会場はもちろん、ご本人達も消化不良の様子でした。
様々な名レスラーが試合をしましたが、やはりアントニオ猪木氏の存在感には敵わぬような気がしました。
九州場所前に北脇もエキサイトした一日でありました。

Inoki_003_2














                                                                                                                                             もっと技の応酬があると思っていた「高山選手と小川選手」でも見た目はカッコいいですね。

Inoki_002_3














                                                                                                                        最後はお決まりの「ダァ~ッ」面白かったです。

Inoki

















                                                                                                                                                                         入場者全員に配られた「闘魂タオル」お宝グッズになるでしょうか・・・?

2009年11月 1日 (日)

相撲一家、大相撲甚句に登場!!

Adasin_013_2











                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                            この4ショット、まるで「昭和」を彷彿させると思いませんか!?
足立新田高校での相撲教室の後に大相撲甚句の収録をさせて頂きましたが、今回ご出演頂きましたのは、東京相撲甚句会の「今関勝彦」様(写真中央の男性)そして、文京針ヶ谷相撲クラブ所属「今関俊英」君(中2)と弟の「俊介」君(小4)の親子3人にお願いしまして、様々な相撲のお話をして頂きました。
勝彦様はチャキチャキの江戸っ子で、物心ついた頃から相撲部屋に連れていかれて稽古を見学して以来すっかり相撲の虜になって、今は無き「蔵前国技館」に通いつめた「相撲少年」だったとの事です。
そんな父親の背中を見て、俊英君も俊介君も「稽古の虫」で、相撲大会に出場しても常に上位入賞する実力者。
元大関若島津の松ヶ根親方様と親しい今関勝彦様に若島津関の魅力を語って頂きながら「相撲甚句」も熱唱して頂きました。
その相撲甚句は、「某力士」が入幕した時に今関様が書きおろした至極の一曲なのですが、その力士の名前は11月15日の大相撲甚句をお聴き頂くまでのお楽しみ!と言う事で今回は秘密であります。
相撲を通じて深い絆を築いてらっしゃる今関様親子。行儀の良い親しみやすい「亀田親子」のようでした。(もちろん褒め言葉でありますよ!!)

Imase_001













                                                                                                                                   弟、俊介君(右)。体は細いですが、相撲センス抜群です。(元力士 木村晃健氏も絶賛していました。)

Imase_002_3














                                                                                                                                                                                       スピード、根性、身体能力どれをとっても「力士に成る為に生まれてきた」と言うに相応しい俊英君。高校生にも勝っていました。(相撲の知識も豊富なんです。)

「少年相撲教室」IN足立新田高校!!

Adasin_010













                                                                                                                                                                                           揃いに揃った少年力士達の勇士!
本日、朝から都立足立新田高校の土俵にて行われた「少年相撲教室」の様子であります。
日頃からお世話になっております「文京針ヶ谷相撲クラブ」の村田先生、足立新田高校相撲部の満留先生、多くの関係者の皆様にそれはそれは良くして頂き、タップリと見学や取材をさせて頂きました。(今回の会は文京針ヶ谷相撲クラブで親しくさせて頂いた今関勝彦様より教えて頂きました。有難いです!)
満留先生や足立新田高校相撲部員の生徒達が真剣で熱心なのは当然ですが、校長先生、副校長先生、ご父兄の皆様、地域の皆様、針ヶ谷相撲教室の関係者の皆様も全面的に相撲教室をバックアップされ、相撲競技を通じて少年の育成や街づくりまでもが行われておりました。
相撲人口が減少傾向にある中でも、しっかり相撲が生きている姿を目の当たりにして、北脇も力を頂きました。(小・中・高で25人以上は参加していました。)
こんな相撲教室ですから、てっきり「相撲部屋」関係の方々もいらっしゃるものと思っておりましたが、場所前ですし巡業中だったと言うこともあったのか、拝見する事が出来ませんでした。
今回で「6回目」と言うことですから、頻繁に相撲教室を開催して頂きたいですね。(準備も大変ですが・・・。)
大相撲力士と少年達が触れ合って更に相撲人口も増加間違いなしですよ!!

Adasin_003













                                                                                                                                                                                         初めて参加した子供さんにもしっかり指導される満留先生と部員生。

Adasin_004













                                                                                                                                                                                                4人がかりで高校生に飛びつくチビッコ力士達。もちろん盛り上がっておりました。

Adasin_006













                                                                                                                                                                       大鍋で煮込まれた「足立新田特製チャンコ」3種類ご用意されました。

Adasin_008













                                                                                                                                                                                                                                                               元「高砂部屋力士 若前田」の四股名で、東関部屋のマネージャーを務めてらした「狩股」様。(ご子息様も足立新田高校相撲部員です。)
高砂一門直伝のチャンコは最高でした!(それにしましても良い笑顔ですねぇ~っ!!)

Adasin_009













                                                                                                                                                                                      調理場でお味見!ご父兄の皆様から「彦麻呂のようなコメントを!!」と求められましたが、あまりの美味さに頭が真っ白になってしまいました・・・。(とにかく美味い!の一言に尽きます。)

Adasin_011













                                                                                                                                                                     完成のチャンコ。築地直送の「サンマのつみれ」「鶏つくね」「ホタテ」「旬の野菜」などなど・・・。おかわりして頂いてしまいました。

Adasin_012













                                                                                                                                                                              稽古後は学校の中庭でチャンコと談笑。天候にも恵まれて本当に良かったです。

亀戸どすこいクラブ集結・・・!?

Ako_002













                                                                                                                                                                                                 男3人で仲良く写っておりますが、本日も番組の収録をさせて頂きました。
今回のゲストは、亀戸どすこいクラブのメンバー「俳優 大城アコ」様(写真中央)、そして大相撲甚句にはもはやお馴染み「整体師 菅原尚晋」様であります。
先日の船橋大奉納相撲を振り返りながら、様々な大相撲にまつわるマニアックトークをしました。
特に後半の「入門北乃脇部屋のコーナー」では大相撲の超レアグッズをお二人にご持参頂き盛り上がったのですが、楽屋トークのように完全に身内話のようなノリになってしまいました。(映像でお届け出来れば少しは皆様にもご納得頂けるのですがねぇ・・・。)
そんな訳で、11月8日放送の大相撲甚句もお聴き逃しのありませんように!!

Ako_004













                                                                                                                                                                      安芸乃島関の大ファンだった大城様のお宝グッズ。(DVDも皿も非売品です。)どのように入手されたのか?
それは番組をお聴きいただくまでのお楽しみであります。

Ako_005













                                                                                                                                                 安芸乃島関直筆のサイン。(皿を持つ大城様の手が緊張で小刻みに震えていました。)

Ako_006

















                                                                                                                                                   菅原様の大相撲お宝コレクションで力士の引退相撲のパンフレット(写真は若獅子)とにかく膨大な量で感激しました。(昭和30年代から現在に至るまで)
いつか「なんでも鑑定団」にご出演頂きたいものであります。

« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »