« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »

2009年9月

2009年9月30日 (水)

第4回デジタルポンチIN浅草2009

Tepuko_003













                                                                                                                                                                                                                   ロン毛に眼鏡がすっかりトレードマークとなりましたイラストレーター「メソポ田宮文明」様であります。
現在「テプコ浅草館」にてメソポ田宮様はじめ、多くのイラストレーターの皆様の作品展が行われております。(イラストレーターでありながら今回もメソポ田宮様は斬新なオブジェを展示してらっしゃいました。)http://blog.goo.ne.jp/me-so-po/
丁度、会場には超~っ有名なイラストレーターの「ウノ・カマキリ」先生がいらっしゃいましたのでご挨拶させて頂きましたところ、非常に丁寧なお言葉と対応で接して下さり、すっかりファンになってしまいました。
やはり絵も歌も心なんですね。かつての下積み時代のお話をユーモアたっぷりでお話下さったウノ先生の作品には何とも言えない安らぎやゆとりを感じました。
10月10日まで作品展が行われておりますので、私も煮詰まったらまた会場に伺いたいですねぇ・・・。

Tepuko_001













                                                                                                                                                                                                                                            ウノ・カマキリ先生。本当に素晴らしい人物であります。ウノ先生の情報は→http://www.nihonmangakakyokai.or.jp/member.php?key=A&id=25

Tepuko_004













                                                                                                                                                                                               テプコ浅草館1Fには「ぽち袋」展もやっております。(なぎら健壱氏も出展してらっしゃいました。)

Tepuko_005













                                                                                                                                                                                                                              存在感タップリのメソポ田宮文明様のオブジェ(ぽち袋)。本来はイラストレーターの筈なのですが・・・。やはり芸術家ですねぇ~っ!!

2009年9月29日 (火)

玉蒼VS北乃脇・・・!?

Daiitirou_001













                                                                                                                                                                                                                                                                                                                     9月場所は横綱朝青龍関の復活優勝で大興奮のうちに幕を閉じましたが、大相撲甚句も久し振りに元力士様をお迎えしまして、本日収録させて頂きました。
北脇の隣にいらっしゃる「髷姿」の凛々しい男性は、片男波部屋元力士「玉蒼 たまあおい」で、現在「どすこい酒場 玉海力」の広尾店店長「田島大一郎」様であります。http://www.tamakairiki.co.jp/dosukoi/index.html
現役を引退して6年経った今も髷を結えて力士の風貌そのままに、玉海力社長様の頼もしい懐刀としてご活躍中の大一郎様。
以前より「ビーチ相撲」などでお世話になりながら、いつか番組にご出演を密かに願っておりましたが、今回遂に実現する事が出来ました。
相撲博士で整体師の菅原様が大一郎様に直談判して下さったり、大一郎様もご多忙なスケジュールを調整して下さったり、何より玉海力社長が快くお店を収録の為に開放して下さったり、多くの皆様のご協力で北脇の長年の夢が実現出来た訳であります。
10月11日(日)の放送をどうぞお楽しみにしていて下さいね!!

Daiitirou_003

















                                                                                                                                                                        二階の客室廊下に掲げられた幕内「玉海力」関の化粧まわし。間近で見ると迫力満点でした。

Daiitirou_004

















                                                                                                                                                                 昼間の「どすこい酒場 玉海力」の様子。チャンコの仕込みの匂いが辺りに立ち込めていました。

2009年9月25日 (金)

大相撲甚句INとんかつ若!!

Tonwaka_006













                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                   昨夜はお馴染み「とんかつ若」の店内で大相撲甚句の収録をさせて頂きました。
前列右の女性は、以前ご出演下さいました「萩原里枝子」様。
左の女性は、ビーズ作家で‘大の相撲ファン’の「小倉久美」様。
足立区竹ノ塚で生まれ育った小倉様は、地元「境川部屋」にも何度か応援に行かれ、特に「寶智山」さんのファン。
昨日、見事に勝ち越しを決めて復活の寶智山さんに届けとばかりに「寶智山ルンバ」を約1年半振りに熱唱した北脇。
美味しい料理を食べながら相撲談義に花が咲いた楽しい収録でした。
10月4日の放送をどうぞお楽しみに!!

Tonwaka_004













                                                                                                                                                                 番組スポンサー「スギヨ」のカニ風味かまぼこ「香り箱」を食べて頂きましたが、大絶賛でした。

Tonwaka_001

















                                                                                                                                                                                                          双葉山時代から代々受け継がれている「時津風部屋」の反物でエプロンを作られた萩原里枝子様。アイディア満載の逸品です。

Tonwaka_002













                                                                                                                                                                                                                     小倉様が作られたビーズ細工の力士ストラップ。ビーズ細工と言えば角界で「北桜」さんが有名ですが、コラボも近いかも知れませんね。

Tonwaka_003













                                                                                                                                                                        こちらは「恐竜」小倉様の知人のお子さんからのリクエストで作られたとの事。もちろん大喜びだったようです。(納得です。)

Tonwaka_007













                                                                                                                                                   こちらのアクセサリーも小倉様が作られました。お問い合わせは萩原様のギャラリー「彩華 さいか」までお願いします。http://bloghana.exblog.jp/

2009年9月24日 (木)

高校力士5天皇「東京学園高等学校」に集結・・・!?

Kokutai_012













                                                                                                                                                               いかにも高校力士と言わんばかりの選手が5人集結しておりますが、9月27日から新潟県で行われる「国体東京都少年の部」の選手団であります。
本日は「文京針ヶ谷相撲クラブ」の副会長であり「東京学園高等学校」相撲部監督の「村田光央」先生の元を訪ねて大相撲甚句の収録をさせて頂きました。(写真一番左の男性です。)
道場には丁度「足立新田高校」相撲部監督の「満留久摩 みつとめきゅうま」先生も生徒達の指導をしてらっしゃいましたので、無理を言いまして稽古の後にゲストご出演頂きました。
今回は、文京針ヶ谷相撲クラブの歴史と魅力をお二人の先生方にお話頂きましたが、今場所前頭3枚目の玉乃島関も少年時代に在籍され、当時のお話を聞かせて頂きました。
プロの大相撲力士も素晴らしいですが、高校生の選手の皆さんの白熱の稽古に胸を打たれた北脇。
どうか怪我の無いように大会での健闘を心よりお祈りしております。
9月27日の放送もどうぞお楽しみにしていて下さいね。

Kokutai_003













                                                                                                                                                          柔軟な体に深い懐が持ち味の「足立新田高校の狩俣亮佑」選手。(写真右)

Kokutai_009













                                                                                                                                                                                筋肉質に褐色の肌。巧さが冴え渡っていた「名中高校の飯塚大河」選手。

Kokutai_005













                                                                                                                                                                          わんぱく横綱に輝いた実力者「足立新田高校の長谷山正典」選手。

Kokutai_008













                                                                                                                                                                                                                      小兵の業師。能登の力士を思い出させてくれた「拓大第一高校の金子尚平」選手。

Kokutai_010













                                                                                                                                                                                       団体戦の大将を任せられた‘東京のチームの砦’「足立新田高校の橋本良介」選手。

Kokutai_011













                                                                                                                                                 将来が楽しみな11人。これからも頑張って頂きたいです。

2009年9月22日 (火)

打ち出し後は「とんかつ若」で打ち上げ!!

920_005_2













                                                                                                                                                                                                         楽しい集合写真ですが、大相撲観戦後の「とんかつ若」でのひとコマであります。
中央で大入り袋を持ってらっしゃるのは「服部社長様ご夫妻」です。(奥様もかなりの好角家でゲストご出演をお願いしているのすが、首をタテに振って下さいません・・・。)
この日はお馴染み、サンケイスポーツの成岡様と先日のチャンコ会での「金星さま」も国技館にいらっしゃいましたので、そのままお店に合流しまして楽しい宴。
大相撲の話を肴に美味しい料理を頂きました。
当然、お年頃・・・?の男女が数人集れば話題は大相撲から「男女の出会い」話になる訳でして、「どうすれば独身親方や独身力士と恋が発展できるか?」と言う話題で盛り上がってしまいました。(元大関F親方、元関脇N親方、元前頭E親方など独身貴族の親方はけっこういらっしゃるんです。)
いつか「独身親方と美女の合コン」をとんかつ若で開催して、その様子を番組で実況してみたいものですねぇ~。
カップルが成立して、お店も繁盛して、番組のリスナーも増える。良いことづくめなんですが、絶対に無理でしょうねぇ・・・。

Koku_006













                                                                                                                                                               服部社長ご夫妻の可愛いお嬢様「なっちゃん」松尾さんの似顔絵を描いてポーズ。
可愛らしいですねぇ~っ!!

9月場所9日目IN国技館!!

Koku_004

















                                                                                                                                                                                     世間では「シルバーウィーク」と呼ばれて、連休真っ只中の日本列島でありますが、国技館内はフル稼働。連日の「満員御礼」であります。
私、北脇も昨日国技館へ行ってまいりました。
丁度、北脇の兄貴分で九州熊本在住の松尾様と当日券を求めて朝7時過ぎから並びましたが、既に長蛇の列。やはり大相撲人気は健在なのであります。(かなり褒めちぎってますでしょうか・・・?)
この日も境川部屋後援会の皆様と境川力士を応援しながら一喜一憂しておりました。
「初国技館」の松尾様に能書きをたれながら6時まで大相撲を堪能した北脇ですが、夜は「とんかつ若」で打ち上げ、最高に楽しい1日でありました。

Koku_002













                                                                                                                                                                                                  朝、国技館前で並んでおりますと「北脇さんですか?」と女性の声。境川部屋の「寶智山」さんの大ファンで、境川部屋ホームページに載せて頂いている北脇の写真で顔を知って下さっていたようです。有難う!寶智山さん!!

920_003_2














                                                                                                                                                境川部屋の呼び出し「陸」さん。大相撲甚句のスポンサー「スギヨ」の装束を着ていて非常に親近感が湧いてしまいました。(今度試着させて頂きたいですねぇ~・・・。)

920_002_2














                                                                                                                                               この日は際どい「行司泣かせ」の取り組みが続きましたが堂々裁いていた境川部屋「木村達之助」さん。

920_004














                                                                                                                                                                                            苦しい体勢の中で勝ち星を上げた序二段力士「佐田の里」さん。

920_001











                                                                                                                                             巨体を活かして堂々の相撲。「是より三段目」の土俵で見事勝った「諫瑞喜」さん。

Koku_003_2

                                                                                                                   国技館名物250円チャンコ(九重部屋醤油味)地下大広間は超満員でした。                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                         

2009年9月20日 (日)

ちゃんこ会に「新弟子」入門・・・!?

Tyn_002










                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                美しい女性と爽やかな男性。2~3日ヶ月に1度のペースで行われる「ちゃんこ会」が本日都内某所で行われました。(と言いながら今回は‘しゃぶしゃぶ’でした。)
この集まりは相撲好きの男女が集って大相撲を熱く語りながら話題のお店でチャンコ鍋をつつき、親睦を深めてゆく会なのですが、これまで北脇は「万年新弟子状態」で大人しくしておりました。(と言いながら過去にはギターを持って力士ソングを店内で熱唱しておりました。もちろん今は自粛しておりますが・・・。)
しかし!今回からは新しい仲間が加わり、北脇も‘兄弟子’になる事が出来ました。
以前ラジオのゲストにご出演下さいました整体師の菅原様(上段の右)と俳優の道井様(右から2人目)が参加し、これまでにないぐらいマニアックな相撲の話題で盛り上がりました。
これも、サンケイスポーツの成岡様(右から3人目)が「過去に出た若手の相撲ファンのゲストも呼んで下さい。」と言って下さり実現出来た事なのですが、2人共すっかり会の空気に溶け込んで下さり、非常に楽しいひと時でありました。(かんじんの成岡様にも近日中にご出演をお願いしております。)
いつの日かこの「ちゃんこ会」で番組の収録が出来れば良いのですが、万年新弟子の北脇にはまだまだ発言権がありません。(いつか実現しようと思っておりますが・・・。)
もっと知名度を上げて活躍しなければいけませんねぇ~っ!!
そんな訳で次回は何時になるか分かりませんが、更に輪が広がって行けばと願っております。

2009年9月17日 (木)

北天佑と祐天寺・・・!?

本日の大相撲幕内の解説は正面が「第58代横綱千代の富士」関の九重親方。向正面が「安芸乃島」関の高田川親方でした。
私北脇が高校時代相撲部に入っていた時に最も注目しながら見ていた力士が年月を経て同じ日に解説をされるとは子供の頃には夢にも思いませんでした。
安芸乃島関と言えば、殊勲のインタビューで殆ど喋らない「アナウンサー泣かせ」の力士でしたが、解説になると非常に分かり易くかなり辛口であります。

しかし、本日は九重親方。いつになく少々控えめな解説をしてらっしゃいました。(しかし、媚びたり下手に出ることもありませんでした。さすが安芸乃島関!!)
そんな大横綱千代の富士関の現役時代を再三苦しめた「大関 北天佑」関の二十山親方が生きてらっしゃって、もしも解説席で千代の富士関と一緒になっていたらどのようになっていたかとテレビを見ながら一人で考えていました。(正面と向正面を担当されるお二人を人選されるN〇Kの担当者はかなり気を使われるようですね。)
ちなみに今回のタイトル「北天佑と祐天寺」はブログの内容と全く関係はありませんが、私が上京した当時いろいろな街に散策して祐天寺に行った際、北天佑に何かゆかりがあるのかと思っていましたが、全く無関係でした。(字も違いますし、四股名の由来は‘北の天に生まれ人の右に出る’と言う意味で北天佑と名づけられたとあります。)
偶然、パソコンで探していましたら面白いホームページを発見しましたので宜しかったらご覧下さい。祐天寺の面白い情報が載っております。http://www.u10g.jp/

2009年9月16日 (水)

早くも4日目に「境川親方」登場・・・!?

Utiwa_001













                                                                                                                                                                                                                                                                 オールバックに鋭い目つき。境川親方様であります。
本日の幕内向正面の解説をしてらっしゃった境川親方様ですが、毎場所だいたい12日目以降テレビにご出演されるのですが、今場所は4日目にご登場されて驚いてしまいました。
実は昨日、祥子様が座ってらしたのが向正面解説席の前の升席だったんです。
私もお隣で暫く観戦しておりましたので、一日ずれていたら面白いことになっていたかもしれませんね。(まぁ、私は気が小さいので遠くからストーカーのように眺めていたでしょうけどねぇ・・・。)
師匠の見守る中、豊響関は快心の相撲で見事に初日を飾りましたが、褒めたり怪我を擁護するような言葉は一切おっしゃらず厳しい解説をしてらっしゃいました。(特に豪栄道関の時などはアナウンサーが親方様の厳しいお言葉に少しビビっていました。)
いつも境川親方様は「俺が土俵に上がって助けてやることは出来ないんだよ・・・。」と怪我をしたお弟子さん達の事を心配してらっしゃるお話を聞かせて下さいます。
特に今場所は怪我で休場したお弟子さんもいらっしゃいますから、厳しいお言葉の裏には我々には理解する事の出来ない深い苦しさがおありだったに違いないと思いました。
悪い所のないベストコンディションの力士など殆ど存在しませんし、勝つ者がいるから負ける者もいる訳ですが、とにかく力士の皆様の連日の大熱戦を心から願っております。

Utiwa_002













                                                                                                                                                 なら志乃様からコメント頂いた国技館プレゼントの「うちわ」勿体無くて使えません。

「9月場所3日目」国技館にて大相撲観戦!!

本日、国技館にて大相撲観戦に行ってまいりました。
今回は誰にも言わずにヒッソリと行って来ましたが、国技館内には大相撲好きの方々ばかりが大勢集っていました。(当たり前ですね・・・。)
境川部屋後援会の応援団長K様を筆頭に後援会の若手の方、境川部屋千秋楽パーティーの歌姫の「祥子」様、5月の境川親方様のサイン会で知りあったご婦人様(私の顔を見るやわざわざご挨拶に来て下さいました。)その他にも栃乃洋関に大声援を送ってらした石川県七尾市から大相撲観戦にいらしたご一行様(丁度、K様と私が座っていた後ろの席で‘能登弁’で絶叫してらした方々がいましたのでご挨拶しましたが、なんと北脇の高校の先輩でした。世間は狭いものでありますねぇ・・・。)
中でも「大相撲好き女性」で力士写真を撮ってらっしゃったA様の相撲知識はかなりのもので、いろいろと相撲の情報を教えて貰いました。(かなりの好角家です。)
テレビで静かに相撲観戦も良いですが、やはり国技館に行けば様々な方から刺激を頂く事が出来ます。
そんな訳で、今場所は最低でもあと一回は国技館に行きたいですねぇ~。

Gatu9gatu_007













                                                                                                                                                                                              境川部屋の行司「木村達之助」さん。きびきびした土俵態度で場内からも声援が上がっていました。
Gatu9gatu_005_2
Gatu9gatu_006


























                                                                                                                   境川部屋の最古参力士「薩喜海」さん。小兵で満身創痍の体でありながら豪快な「下手投げ」これで2連勝。波に乗って頂きたいです。

93_4















                                                                                                                                                            場所前はインフルエンザだった岩木山関でしたが、初日から3連勝!見事な力相撲でした。

Gatu9gatu_004










                                                                                                                                                十両まで下がっても大人気だった山本山関。物凄い巨体でした。

Gatu9gatu_003








                                                                                                                                               こちらも大声援「横綱朝青龍」関。今場所こそ雪辱をはたして頂きたいです。

93_036













                                                                                                                                                                                結びの一番は懸賞の嵐。横綱白鵬関がゲットしました。(森永賞含めて19本。しめて手取り57万両ナリ・・・!?)

2009年9月13日 (日)

一年振りの「針ヶ谷相撲道場」に感激!!

Hari_002













                                                                                                                                                                                                  鍛え抜かれた男の体。日中は両国界隈の相撲部屋巡り、夕方は大学相撲の名門「東洋大学相撲部道場」に行ってまいりました。
写真は「針ヶ谷相撲道場」に所属して毎週水・土曜日の夕方から東洋大学の稽古場で汗を流してらっしゃる皆様ですが、今回は一年振りにお邪魔してまいりました。
昨年の「わんぱく相撲」の東京都下の強豪チームを取材した際に針ヶ谷相撲道場にもご協力頂いたのですが、先日ゲストにご出演頂いた元日大相撲部の堀田和世様や整体師の菅原様も所属してらしたというご縁もあり、道場の村田先生も非常に気さくに、親切にご対応下さいました。
道場は厳しさの中にも伸び伸びとした雰囲気もあり、子供達も楽しみながら相撲の稽古をしていました。(現幕内の玉乃島関もかつては稽古をしていました。)
そんな名門「針ヶ谷相撲道場」の歴史、魅力を近日中に村田先生にご出演頂き、お話頂きますので、どうぞお楽しみにしていて下さい。

Hari_001













                                                                                                                                                       この少年が「中学1年生」ケタ外れの迫力です。

Hari_009













                                                                                                                                                                                                                                                        鋭い眼光、黒マワシ、無敵の強さを誇っていた今関俊英くん(中2)竹のようにしなる体と速攻相撲。「栃・若」を彷彿させる力士でした。

Hari_011













                                                                                                                                                                                                                             仕上げの四股。今度は北脇も「マワシ」を持って稽古に参加したいです。(真剣に考えています。)

Hari_012













                                                                                                                                                                                                                          名門「東洋大学相撲部」の歴史。北脇の地元石川県の強豪校「金沢市立工業高校」相撲部の選手も大勢在籍していました。

Hari_007













                                                                                                                                                                                                                 村田光央先生の隣の少年は「相撲博士」の異名をとる中村くん(小1)幕内力士の名前と行司の名前を全て暗記するビックリ少年。この笑顔でタレントになって「舞の海Ⅱ世」を襲名して頂きたいですね。

「太鼓の日」に初同行!!

Taiko_015













                                                                                                                                                                                                                                                                                                                      いよいよ9月場所が始まりますが、初日の前日の日(つまり土曜日)には「呼び出し」さんご一行様が、いくつかの班に分かれて相撲部屋や飲食店、贔屓筋のご家庭に太鼓を叩きながら初日の割り(取り組み)を読み上げてご挨拶周りをします。
これを「太鼓の日」と呼んでいるのですが、初めて私北脇も見学させて頂きました。
そんな貴重な体験を今回も「とんかつ若」の服部社長様のご尽力で、呼び出しさんご一行様に同行させて頂いたのですが、感慨無量。大相撲の伝統、奥深さをうかがい知る事が出来ました。
今回は「出羽海部屋」「春日野部屋」「井筒部屋」「時津風部屋」の4部屋を見学しましたが、このような機会が無ければ絶対に敷居をまたぐ事が出来ませんでした。
そんな訳で今場所はいつもと違った気持ちで臨むことが出来そうであります。
力士の皆様の熱戦と大相撲界の益々の発展を祈ります。

Taiko_008













                                                                                                                                                       雨にもかかわらず大勢の人だかり。(出羽海部屋にて)

Taiko_014













                                                                                                                                                      名門「時津風部屋」時天空関、霜鳳関、双大竜関(新十両)のお姿もありました。

Taiko_017













                                                                                                                                                                               このように太鼓を持って土俵を回ります。

Taiko_002_2

















                                                                                                                                                                    お昼は、とんかつ若の新メニュー「カツカレー」を食べました。

Taiko_003













                                                                                                                                                                                                                         店主の服部様のお父様「若瀬川」関の時代から話題になっていたと言うカレーが遂に復活しました。勿論「絶品の味」でした。大きなチキンとカツ、スパイスとコクで900円。
場所中もお邪魔しますよ~っ!!

2009年9月11日 (金)

脱帽!プロレス好き芸人・・・!?

Ame_006













                                                                                                                                                                                                                        先週に引き続き、テレビ朝日の「アメトーク」でプロレス好き芸人がプロレスラーに扮して名シーンや珍シーンをVTRを交えて紹介していましたが、今回も非常~に面白い内容でした。
全員が(雨あがりの2人を除く)かなり刻銘に過去の超レアな試合を面白可笑しく説明していましたが(知らないのは私だけなのかもしれませんが・・・。)笑いを通り越して最後のほうは尊敬の目でテレビを見ておりました。
かなりネタとしていじくられていたレスラーもいましたが、恐らくレスラーご本人もファンも笑って楽しんでいたのではないかと思うぐらいプロレス人気回復の牽引をした番組だと思いました。(褒めすぎでしょうか・・・?)
同じ事を「大相撲」に当てはめると間違いなく何らかの「制裁」を加えられるでしょうねぇ・・・。(少なくとも相撲の神様は許さないでしょうね・・・。)
とにかくプロレスには膨大な数のDVDや映像が販売されていますからファンは気軽に入手出来るのでしょうが、大相撲は余りに少なすぎるのでもう少し増やして頂きたいですね。
そうすれば「相撲好き芸人」が集ってこのようなマニアックな番組が増えるのではないでしょうか!!(相撲協会を敵にまわさないような当たり障りのない内容になりそうですが・・・。)

Ame_001













                                                                                                                                                                                              一番面白かった「スーパー・ストロング・マシン」(平田・・・?)のくだり。この影響で「悲劇」が「喜劇」のマスクマンになる事でしょうねぇ。本当に笑いました。

2009年9月 8日 (火)

大相撲甚句に黒船襲来・・・!?

Maku_004













                                                                                                                                                                                                                               物騒なタイトルですが、大相撲甚句も10月で4年目の放送になりますが、遂に海外のゲスト様をお迎えすることになりました。
右の男性は㈱オップスの代表取締役「マーク・ニュートン」様。IT関連の会社経営をなさっておられますが、超~っ大相撲好き!と言うより「大相撲改革案」と称した「鉄の十ヶ条」なるものをご自身で作成され、大相撲の未来までもを真剣に考える人物であります。
そんな黒船のマーク・ニュートン様を前に北脇の技が通用するのか!?
気負いながらもスタジオに入りましたが、「流暢な日本語」「豊富な相撲の知識」「毅然とした態度」まさに‘心技体’を兼ね備えた力士のような人物でした。(実際、来世は絶対力士になりたいとの事です。)
今回はマーク・ニュートン様に無理を言いまして‘2本録り’をお願いし、前後編2週に渡りまして相撲改革十カ条をご紹介して頂きました。
ちなみに特集は、鳴戸部屋の幕下力士「隆の山」と至上最強関脇「長谷川」の相撲ツウなら誰でも知っている力士2人であります。(と言いながら隆の山情報は‘肩すかし’様からご提供頂きましたが・・・。)
そんな訳で9月13、20日の放送もどうぞお楽しみ下さい!!
㈱オップスの情報はこちら→http://www.ops.net/index.html

Maku_001













                                                                                                                                                                                                        マーク・ニュートン様の手にはお馴染み「スギヨの香り箱」リアクションやいかに!!

Maku_005













                                                                                                                                                                                         黒船に捕獲されたカニカマボコ「香り箱」・・・!?などと言ったら怒られますが、マーク様にも絶賛して頂きました。

割烹「吉葉」にて相撲三昧!!

Yosiba_012













                                                                                                                                                                           勇ましい姿の横綱ですが、第43代横綱「吉葉山」関です。
美男力士、博学、苦労人、様々な呼び名がありますが、現在の横綱白鵬関の直系の大先輩横綱であります。(実際に吉葉山関が使っていた緑色の化粧まわしは白鵬関が横綱土俵入りの時に使っていました。)
そんな吉葉山関が所属していた宮城野部屋の建物をそのままに使った「割烹吉葉」に本日行ってまいりました。
以前ゲストにご出演頂いた俳優の道井良樹様と劇団の皆様の飲み会の輪の中に無理矢理お邪魔してきましたが、何と言われようが非常~に楽しいひと時でありました。
料理が旨いのは勿論、お店の中央には土俵があり、そこで「生・相撲甚句」を楽しめると言う最高のおもてなしの空間。吉葉山関の写真も数々展示してあり、平日のしかも月曜日でありながら8割以上の席がうまっていました。
9月場所が終り、落ち着きましたら是非とも「吉葉山の歌」を引っさげて取材に伺いたいものであります。

Yosiba_002













                                                                                                                                                            黒光りした柱、白壁、土俵を囲んでの食事。信じられない光景でした。

Yosiba_005













                                                                                                                                                                          「マグロの兜焼き」半日かけてじっくり焼き上げた逸品。コラーゲンたっぷりで体にも良さそうです。(もちろん味も絶品でした。)

Yosiba_009













                                                                                                                             粋な着流しでの相撲甚句。風情があり聞き惚れてしまいました。

Yosiba_011_2















                                                                                                                                                                                                    豪華な「味噌ちゃんこ」素材も味も横綱級です。

Yosiba_010













                                                                                                                                                                                                                                                                                     歌うは甚句名人で元力士の「国錦 くににしき」様。以前ゲストにもご出演下さり、非常に気さくに接して下さいました。左の男性は相撲漫談などで大活躍中の「一矢 かずや」様。桂平治師匠とも親しいようで、北脇の事も知って下さってました。http://www.enkai.co.jp/owarai/naka-kazuya.htm

Yosiba_001













                                                                                                                                                                                          割烹吉葉の外観。名門宮城野部屋の力士の息づかいが聞こえてきそうであります。

2009年9月 7日 (月)

今日から私もすもう好き・・・!?

94_006

















                                                                                                                                                         可愛らしいタッチの力士が描かれていますが、先週の毎日新聞に付属されていた「ここち」と言う冊子であります。
いつも北脇に情報やご意見を下さる「なら志乃」様からお送り頂いたのですが、非常に分かり易く面白い内容でした。(なら志乃様ありがとうございます。)
タイトルが「今日から私もすもう好き」と言うものですから、相撲若葉マークの方々を対象にした内容と思いきや「稀勢の里」関にインタビューして少年時代から角界入りの秘話、プライベートに至るまで、なかなか面白い内容で記載されていました。
そして「注目の力士」として幕内力士のイラストをかなり特徴を掴んだタッチで「10人」取り上げられていました。(舞の海さん、ナイツの塙さん、どすこいFMでお馴染みの下角陽子さんが10関取の情報を分かり易く紹介していました。)
いよいよ1週間後に迫った9月場所。待ち遠しいですねぇ~っ!!

94_007

















                                                                                                                                                                                         写真では分かりにくいですが、実際にはかなり似ていて思わず笑ってしまいました。特に上から3人目の「鶴竜」の富士額(びたい)の様子や「安美錦」のヒョウヒョウとした顔など、かなり面白いタッチです。
10関取が見たらどんなリアクションでしょうかねぇ~・・・。(北脇の歌もこのイラストを参考にして勉強しないといけませんね。)

2009年9月 4日 (金)

プロレスの「プ」の字も知りませんが・・・!?

94_002













                                                                                                                                                      最近のお笑い番組は殆どチェックしておりませんが、昨夜たまたまテレビを見ておりますと、テレ朝で「アメトーク」をやっておりました。
芸能界や世間では「プロレス好き」は非常に多いですし、大相撲甚句のゲストにご出演頂いた方々の中には圧倒的にプロレス好きの方ばかりでしたが、私北脇は‘プロレスど素人’まさにプロレスのプの字も知らない訳であります。(私の兄はプロレス大好きだったんですがねぇ~・・・。)
そんな訳で昨夜、プロレスの勉強がてら番組を見てましたら非常~に面白おかしく芸人の皆様がプロレスの魅力を体を張って教えてくれました。(来週も続編があるようなので是非見ないといけませんねぇ・・・。)
しかし・・・。今の芸能界で大相撲の魅力をこれほど面白く伝えてくれる芸人やタレントはいるでしょうか・・・?(少なくとも、客席のプロレス素人の女性の方々はプロレスに興味を持ったように見えました。)
私北脇も「相撲協会を敵にまわさない程度に」大相撲の魅力を伝える努力をしないといけませんねぇ・・・。
その前に北脇の知名度を上げる方が先ですけど・・・。それが一番の難題ですね。

2009年9月 2日 (水)

「元日本大学相撲部」大相撲甚句に登場!!

Kazuyosennpai_001













                                                                                                                                                                         台風一過の青空の下、本日も大相撲甚句の収録をさせて頂きました。
今回のご出演は「元日本大学相撲部」の堀田和世様で、現在は境川部屋後援会に所属してらっしゃいます。
境川親方様の2学年下の堀田様ですから、四半世紀以上のお付き合いでらっしゃいますが、なんと堀田様のご出身は石川県能登。つまり北脇とは「クニモノ」と言う訳であります。
そして、金沢高校から日本大学相撲部と言う「横綱輪島関」と同じルートを進まれた経歴の持ち主でらっしゃいます。(実際、高校・大学時代の堀田様は若き日の輪島関を髣髴させる風貌で‘輪島二世’と呼ばれておりました。)
そんな堀田様に日大相撲部時代のお話、同級生だった成松こと‘智ノ花関’の事、境川部屋創設当時のお話など存分にして頂きました。(実際には収録以外に個人的にして頂いた相撲のお話は刺激的でかなりマニアックでした。もちろんオンエアは出来ませんが・・・。)
そんな訳で9月6日の大相撲甚句もどうかお楽しみにしていて下さいねぇ~っ!!

Kazuyosennpai_005













                                                                                                                                                                    一番手前の男性が堀田様。隣には「舞の海関」の長尾選手の姿も!

Kazuyosennpai_002













                                                                                                                                                                   前列中央には日大相撲部主将だった「境川親方」様がいらっしゃいます。後列右から二人目が堀田様。

Kazuyosennpai_006













                                                                                                                                                                             左の男性は同学年の成松選手の「智ノ花」関。かなりツッパッていますねぇ~。

Kazuyosennpai_003













                                                                                                                                                                                「出羽海五人衆」と呼ばれていた時代の貴重な手形とサイン(左から舞の海関・小城ノ花関・両国関・久島海関・常の山関)

Kazuyosennpai_008

















                                                                                                                                                                                                                                                   境川親方様の現役(両国)時代の活躍の記事。とにかく上位力士を苦しめました。

« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »