« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »

2009年7月

2009年7月30日 (木)

「昆虫博士」北脇貴士…!?

「昆虫博士」北脇貴士…!?
「昆虫博士」北脇貴士…!?
基本的に子供は苦手な北脇ですが、相撲好き、昆虫好きの子供は束になってかかってきてもビクともしない、むしろ大勢で来て欲しいと願っているぐらいであります。
実は北脇の少年時代は「昆虫博士」まさに「能登のファーブル」の名を欲しいままに常に昆虫採集と昆虫図鑑を読んでおりました。(但し、蛾やカマドウマは苦手ですが…。)
そんな北脇に「昆虫博士」と慕う少年が近所に現れました。
とにかく無類の「クワガタ虫」好き少年で、このところ私が山からクワガタ虫を捕まえてプレゼントする度に「どうやって捕まえたの?」「どこの山にいたの?」と目を輝かせて質問してくるので私も楽しみながらお相手をさせて貰ってます。(写真は暗くて分かりにくいのですが昆虫トラップを作っております。手には捕まえたクワガタ虫を持ってポーズ)
とにかく今のうちに相撲教室の子供や昆虫好きの子供の心を掴んでおいて、10数年後にこの子供達が有権者になった時が楽しみですねぇ〜。(恐ろしい事を書いておりますね〜。まあ惨敗するに決まっておりますが…。)

穴水町「ちゃんこ力」に舌つづみ!

穴水町「ちゃんこ力」に舌つづみ!
穴水町「ちゃんこ力」に舌つづみ!
穴水町「ちゃんこ力」に舌つづみ!
本日は北脇の地元石川県穴水町にある「ちゃんこ力 りき」にお邪魔して刺身、天ぷら、ちゃんこ鍋を頂きました。
店主は、元力士で今は無き「中川部屋・清光」の永尾様。
穴水町出身力士で引退後に地元で開店して今年で30年の名店です。
当然、味も食材も抜群。その上、リップサービスも抜群。いつも北脇を楽しませて下さるんです。
いつか大相撲甚句のゲストにご出演頂きたいです。
楽しいトークで、きっとお聴きの皆様も楽しんで頂ける事と思います。
何よりも私が一番楽しみにしているんですが、実現出来れば良いですねぇ〜っ!

2009年7月28日 (火)

「穴水相撲教室」北信越制覇!

「穴水相撲教室」北信越制覇!
「穴水相撲教室」北信越制覇!
「穴水相撲教室」北信越制覇!
名古屋から一路、地元石川県能登に戻った北脇です。
特に仕事という訳ではなく、今回はあくまで所用で帰省しました。
しかし、北脇の耳に嬉しいニュースが飛び込んできて、穴水相撲教室の稽古場にお邪魔してまいりました。
なんと、少年相撲北信越大会に我らが穴水相撲教室が30数校の出場チームの中から堂々の優勝。しかも二連破という快挙。
丁度、先日の大相撲甚句に出演してもらった直後でしたので感動もひとしおでした。
これからは番組のタイトルを「小相撲甚句」に変えましょうかねぇ〜。
とにかく火の出るような子供達の稽古風景に北脇もパワーをたっぷり頂きました。
頑張れ!穴水相撲教室力士!!

2009年7月27日 (月)

小浜海のコンパチ

小浜海のコンパチ
平成21年名古屋場所も横綱白鵬関の優勝で幕を閉じました。
我らが境川部屋千秋楽パーティーも無事に終わり(北脇の司会は今回もしょっぱいものでした。しかし!!懐の深い境川部屋の皆様に励まされ元気を取り戻しました。本当に有り難いです。)
一夜明けて今朝はのぼり旗を片付けて一息ついておりますと、序二段力士「小浜海」さんがザンバラ髪を整えて「ちょん髷」を結えて登場しました。
相撲界には初めて髷を結えた力士の額にデコピンをして「油銭」というご祝儀を渡す「コンパチ」という行事があります。
力士にとっては一生一度の事ですし、私もまさか実際に立ち会えるとは夢にも思いませんでしたら。(顔じゃないですが私もコンパチをさせて頂きました。小浜海さんのこれからのご活躍を心より願っております。
尚、境川部屋の名古屋千秋楽パーティーの様子はこのブログにリンクさせて頂いております境川部屋のホームページにてご覧下さい。

2009年7月26日 (日)

向正面「境川親方」ご登場!!

Sakai













                                                                                                                                                                                                                                  荒れる名古屋場所14日目、向正面解説は「境川親方」様。
毎場所だいたい12日目か13日目に解説をしてらしたので「今場所はご出演しないのかなぁ~・・・。」と思っていた矢先に嬉しいご登場。
やはり「豪栄道」関や「豊響」関に対してのコメントは非常に厳しく、周囲の皆様の大きな期待を背負ってらっしゃる境川親方様らしいお言葉でした。
境川部屋の幕内3関取、数字上では残念でしたが、本日の取り組みには大きく期待したいと思います。(寶智山さん、3連敗から4連勝で見事勝ち越し、感激でした!)
そんな訳で、本日はギターを持って名古屋に行きます。
タップリと「境川パワー」頂いて来ますよ~っ!!

2009年7月25日 (土)

豪快!やぐら投げ!!

13_001













                                                                                                                                                                                                                 ここ週場所、終盤で息切れしている横綱朝青龍関(実は北脇、白鵬より朝青龍を応援しているんです。)
しかし、昨日は大関日馬富士関を相手に豪快な「やぐら投げ」を決めてくれました。
解説者のお話によれば、昭和50年九州場所の「青葉山・福の花」戦以来の幕内での決まり手だとか・・・。(余談ですが、北脇の伯父が昔、得意にしていた技でした。とにかく伯父は相撲が強く、石川県チャンピオンにもなったんです。)
横綱・大関など力が接近した相手にはなかなか決まらない超~荒業な訳です。
解説の横綱千代の富士の九重親方様が「それにしても荒っぽい相撲を取るねぇ~」とおっしゃっていましたが「あなたもでしょ!!」とテレビに突っ込みを入れてしまいました。
横綱朝青龍の残り2日間に期待します。

13_002













                                                                                                                                                                 横綱白鵬関も豪快「上手投げ」やはり強いですねぇ~・・・。

2009年7月24日 (金)

遂に登場「大至」関!!

Hasebe_020













                                                                                                                                                   元幕内力士で現在歌手の「大至」様。遂に大相撲甚句にご登場して頂く事になりました。
収録は大至様の妹の八重様のお店、門前仲町にある「sa sa」にご協力して頂き、楽しく終える事が出来ました。
長年タレント活動でご活躍の大至様ですので、面白絶妙トーク満載で終始笑いが絶えませんでしたが、大至様の現役時代の弟弟子「若麒麟」関のお話になると肩を落とされ、我が事のように言葉を詰まらせ深くお詫びをしてらっしゃいました。
特別に大至様に「相撲甚句」を披露して頂いたり、とにかく今回も盛り沢山の大相撲甚句であります。
8月2日の放送もどうかお聴き逃しのありませんようにねぇ~っ!!

Hasebe_016













                                                                                                                          窓際でポーズをとる大至様。数馬酒造㈱の「能登のこだわりの梅酒」いい笑顔ですねぇ~。

Hasebe_017_2













                                                                                                                                                                                                梅酒には相当うるさいと言う大至様にも喜んで頂いた能登の梅酒。収録中もたしなんで下さいました。

2009年7月23日 (木)

「穴水相撲教室少年力士」大相撲甚句に登場!!

Hasebe_007













                                                                                                                                                                                                                                                                   真っ黒に日焼けした肌に丸坊主頭の少年達。この少年達こそ「穴水相撲教室」所属の選手達です。
この3連休に帰省していたのを利用して「大相撲甚句」に出演して頂きました。
昨年、全国制覇した選手達に死角は無く、黙々と厳しい稽古に耐えて、来たる10月11日の全国大会に向けて勢い付いている様子をタップリご紹介させて頂きます。
蝉の声、鳥のさえづりを聴きながら野外での収録に北脇もリラックスし過ぎておりますが、7月26日の大相撲甚句もどうぞお楽しみ下さいねぇ~ッ!!

Hasebe_001













                                                                                                                                             熱心に指導を受ける子供達。名古屋場所も盛り上がっておりますが「穴水相撲場」も盛り上がっているんです。

Hasebe_002













                                                                                                                                                                 土俵を降りても常に体を動かし続ける少年達。

Hasebe_003













                                                                                                                                                                                  厳しい指導で定評のある「村田先生」実は北脇と高校の相撲部時代のチームメイトでした。(北脇も鍛え直さないといけませんね・・・。)

2009年7月21日 (火)

穴水町よアリガト〜ッ!

穴水町よアリガト〜ッ!
穴水町よアリガト〜ッ!
この三連休は雨続きの石川県下でしたが、北脇の地元穴水町の「長谷部祭り」も無事に終わりまして本日東京に戻ります。
北脇の歌のステージも皆様のお陰で良かったのですが、他県からもイベントに大勢ご協力頂きました皆様の催し物も最高でしたし、祭り恒例の学童相撲大会も盛り上がり、今回も故郷能登から力を頂いてきた訳であります。
穴水町よアリガト〜っ!

2009年7月19日 (日)

穴水町「長谷部祭り」前夜祭!

穴水町「長谷部祭り」前夜祭!
年に一度の地元穴水町の長谷部(はせべ)祭。
にもかかわらず能登地区は昨夜から大雨洪水警報。悪夢のような天候、ギリギリまで関係者の方々が前夜祭の中止を考えてらっしゃいました。
が、しかし町民の願いが天に届き、無事に執り行われました。
穴水町在住のバンドやチビッコ達の踊り、隣りの輪島市や横浜市からもバンドの皆様が駆け付けて下さり、私北脇もギター一本や相撲甚句のステージを終える事が出来ました。
子供の頃は何も考えずに祭を楽しんでおりましたが、関係者の方々の陰の準備、ご尽力を改めまして知る事が出来ました。
明日は本祭りです。
多くの方々が集まり、祭りを楽しんで頂きたいものであります。

2009年7月18日 (土)

男・岩木山に感激!!

男・岩木山に感激!!
私北脇、またしても故郷能登に帰省しております。
18、19日に地元穴水町で行われる「長谷部 はせべ 祭り」に招かれて歌うからであります。
従いまして本日の取組みはNHKの深夜のダイジェストで幕内のみしかチェックしておりませんが、岩木山関が大関千代大海関を倒して殊勲のインタビューをしてらっしゃいました。
平成17年以来との事らしいですが、一時は怪我で十両まで番付を下げてらしたのに、よくぞ復活されたと感激しました。
そして明日は横綱朝青龍関との対戦です。
横綱も今日の琴奨菊戦でリズムを取り戻してまいりましたが、岩木山関の大健闘と勝ち越して「三役復帰」を願っております。(写真は昨年末の餅つき大会です。)
餅のように叩かれても突かれても粘る相撲を期待しておりますよ〜っ!(ベタなオチで申し訳ありませんでした…。)
とにかく岩木山関、境川部屋の力士の皆様応援しておりますよ!

2009年7月17日 (金)

7月19日放送の大相撲甚句

いつも大相撲甚句をお聴き下さっている皆様にご連絡ですが、FM西東京84・2では通常通り日曜日深夜0時と月曜日朝10時から放送致しますが、ポッドキャスト配信は21日の深夜のアップロードになります。
ご理解の程、宜しくお願い申上げます。

境川部屋「佐田の海」「薩摩響」の勇姿!!

5nitime_004_5  













                                                                                                                                                                                                                                                                                                        幕内の力士の熱戦も非常に楽しいですが、やはり「相撲ツウ」は幕下上位の取り組みに注目しなければいけないんです。(過去にゲスト出演下さった相撲ツウの皆様は口を揃えておっしゃいます。)
そんな北脇が注目した取り組みは境川部屋の幕下「佐田の海」様。
元十両経験者の「四ツ車」を相手に堂々の勝ち星!(実は密かに四ツ車も好きなんですが・・・。)
勝って花道を下がる佐田の海様の凛々しい顔。自信に満ち溢れているじゃあ~りませんか!これで白星先行の2勝1敗。
そして、もう一番も同じく境川部屋の幕下「薩摩響」様。
相手は春日野部屋の「李」なんと、身長196センチ。
しかし、28センチの身長差をものともせずに寄りきり。感動しましたよ!
今場所の境川3関取の皆様は善戦してらっしゃいますが、序盤戦は勝ち星に繋がっておりませんので北脇も胸が苦しい訳であります。(特に岩木山関と琴光喜関の熱戦。あと一歩でした。)
そんな時に幕下力士の活躍に励まされて力を頂いております。
次なる関取の座を掴んで頂きたいですねぇ~っ!!

5nitime_001













                                                                                                                                                                                           この身長差!薩摩響の執念の大勝利!!

5nitime_002













                                                                                                                                                                                                                                                                                       薩摩響「勝利の乱れ髪っ!!」熱戦を物語っています。





2009年7月15日 (水)

夏休み「相撲健康体操」IN国技館

Kennkou

















                                                                                                                                                                                     大相撲4日目も大波乱も無く無事に終りました。
名古屋の夏も暑いんでしょうが、東京も連日暑いですね。(しかも風も強かったです。)
本日、日本相撲協会様から「相撲健康体操」の案内チラシが届きました。
丁度2年前に「相撲健康体操 指導者認定証」を取得させて頂いたのですが、全く活かしておりませんでした。(成岡様も一緒に取りました。ちなみにアントキの猪木様も持ってらっしゃいます。)http://www.sumo.or.jp/kyokai/goannai/0016/index.html
白熱の名古屋場所を見ておりますと私も燃えてくる訳であります。
8月3日~7日、17日~21日、24日~28日の朝7時30分から国技館前で夏休みのラジオ体操のように相撲健康体操を行うようですので、私も今の内に相撲健康体操DVDを見て予習しておかないといけませんね。
ちなみに、相撲健康体操を実演する元大飛の大山親方様の片腕としていつも登場してらっしゃる大嶽部屋の「闘鵬 とうほう」様は攻め込んで行司から一度勝ち名乗りを貰いましたが、差違えで負けてしまいました。本当に残念であります。

Kennkou_001

















                                                                                                                                                    相撲健康体操のDVD。なんと2年前の受講者全員にプレゼントされました。(チャンコ鍋のレシピも入っております。)2,625円でっす!!

一生懸命「若荒雄」!!

Kouyu_003













                                                                                                                                                                                                                                                                                   北脇が応援する境川部屋力士の豪栄道関、豊響関、岩木山関、横綱・大関・関脇相手に善戦しましたが惜しくも破れ、幕下の佐田の富士さん、宮本さんも白熱の取り組みを見せて下さいましたが、残念ながら勝ち星に繋がりませんでした。
相撲は相手のあることですから勝者があるから敗者があるのですが、一生懸命自分の力を出し切れば良いのではないでしょうか?(でも勝って頂ければテンションも上がりますが・・・。)
そんな一生懸命が土俵に現れていた「若荒雄」関のインタビューは非常に好感が持てました。
相手は元大関の「出島」関。押し相撲同士の一歩も譲らぬ取り口。軍配は新入幕の若荒雄関に上がりました。
インタビュールームで「他の2人の新入幕力士は(土佐豊、猛虎浪)勝ち星を上げていて焦りはありませんでしたか?」の質問に「他の力士は見てません。自分が一所懸命やるだけです!!」とキッパリ。
とにかく何を訊かれても「一生懸命やるだけです。」と一本槍のコメントでした。
やはり、頑なまでの突き押し相撲の若荒雄関らしい言葉にすっかりファンになってしまいました。
残りの12日間も「一生懸命」頑張って頂きたいものです。

2009年7月13日 (月)

名古屋場所初日

遂に待ちに待った名古屋場所が始まりました。
綱取りの日馬富士関はライバル稀勢の里関を気迫で退け白星スタート。
上位戦も良いのですが、やはり幕下の取り組みが面白いんです。
特に、境川部屋の「佐田の海」と千賀ノ浦部屋の「舛ノ山」の若手対決は片足一本で土俵際残した佐田の海が逆襲の勝利。素晴らしかったです。
そして、自己最高位の幕下3枚目の「佐田の富士」四つに組みとめら1分を超える相撲でも息を乱すことなく白星スタート。見応えのある取り組みでした。
見応えのある!と言えば昨夜「中井正広の黒バラ」と言う番組にモノマネ芸人で元三杉豊の「木村晃健」様が出演していました。(肩すかし様から情報を頂きました。)
周囲は横綱・大関クラスの一流芸能人が持ちネタを披露して爆笑を取る中、必死で喰らいつく木村様。
来週も登場されるようですので、名古屋場所同様に「黒バラ」も大注目ですねぇ~っ!
004













                                                                                                                                                                                                                                 来週は得意の「相撲ネタ」を披露して頂きたい木村晃健様。

2009年7月12日 (日)

テーマは「響 ~HIBIKI~」!!

Noto_040

















                                                                                                                                                                                                 この作品を見て‘ピン’と来たあなたは相当な「メソポ田宮文明フリーク」です。(大変名誉なことですよ!!)
この大作はイラストレーターのメソポ田宮文明氏の「鼻さわぎの季節に」というタイトルのオブジェなのですが、本来は画家やイラストレーターの皆様の作品展でして、日本出版美術家連盟の展示会。テーマが「響 ~HIBIKI~」なんです。
約40名の皆様がそれぞれに響にちなんだ作品を出展してオリジナリティーがぶつかり合っておりましたが、大相撲ファンの私北脇はやはり「境川部屋 豊響」のぶつかり合いに注目したい訳であります。
願わくば日本出版美術家連盟の方々に豪快な「豊響」関の勇姿を描いて頂きたいです。(お笑いコンビの響のイラストは展示してありましたよ!)
そんな訳で明日から名古屋場所初日です。目が離せませんねぇ~っ!!

Noto_055

















                                                                                                                                         鼻毛から涼し気な音が響くメソポ田宮氏の作品。一体どのぐらいの時間で完成したのでしょうかねぇ~・・・。

Noto_049

















                                                                                                                                                                  イラストレーターの「佐野干子」様。美女が触るとアートがさらに増しますね・・・。(佐野様ご協力有難うございます。)

Noto_002













                                                                                                                                                                          佐野干子様の作品。モデルはご自身でしょうか?可愛らしいですねぇ~っ!!

2009年7月 9日 (木)

輪島市物産展

輪島市物産展
輪島市物産展
昨日、無事に東京に戻ってまいりました北脇ですが、本日「丸ビル」にて輪島市の物産展が行われておりましたのでお邪魔してまいりました。
最終日の夕方でしたが、元気いっぱいに接客をしてらっしゃいました。
能登には「5町4市」の地区がありますが、全国の都道府県、市町村に物産展を開いて非常に活気があります。
物産展も良いですが「能登空港」をご利用の上、「生・輪島」をお楽しみ頂きたいですねぇ〜っ!

2009年7月 7日 (火)

能登町「数馬酒造」から大相撲甚句!

能登町「数馬酒造」から大相撲甚句!
能登町「数馬酒造」から大相撲甚句!
本日は石川県を代表する「清酒 竹葉 ちくは」の数馬酒造(株)の数馬社長にご出演頂いた大相撲甚句の収録でした。
昨年10月17日に行われた「大相撲能登場所」の実行委員長を務められた数馬社長様。
そんな自他共に認める相撲ファンの数馬社長様と相撲処能登のお話や阿武松部屋の寺下、能登桜、松緑など能登町出身力士の話で盛り上がりました。
収録後は能登町七見出身の第6代横綱「阿武松緑之助」の石碑を見学してまいりました。本日も相撲三昧の一日。
いよいよ明日は東京に戻る北脇。頑張らないといけませんねぇ〜っ!

石川県観光大使「横綱 輪島大士」

石川県観光大使「横綱 輪島大士」
石川県観光大使「横綱 輪島大士」
本日は大相撲甚句の番組スポンサーである「七尾自動車学校」様と「スギヨ」様へご挨拶に伺いました。
七尾自動車学校の社長であり、(株)御祓川の会長であります森山外志夫様と久し振りのご対面。
北脇の活動を大変お喜び下さり、大いに励まされました。
又、スギヨ様へはイラストレーターのメソポ田宮文明氏がデザインした「スギヨ仮面」の映像化に向けての打ち合わせなど、とにかく大相撲甚句の協力企業様より、明るく楽しい話題を沢山ご提供頂きました。
そして、何と言いましても一番勇気付けられましたのが、石川県能登出身力士の「横綱 輪島大士」関のポスターであります。
頂点を極めて、その後様々な困難や転落から見事に立ち直り、現在は石川県観光大使の使命に立ってらっしゃる姿。
頭が下がる訳であります。
今、七尾市は非常に難しい状況らしいですが、幾多の苦しみ逆境を乗り換えて来られた輪島関ですから、必ずや石川県能登の原動力となって下さるでしょう。
能登の復活にご期待下さいね〜っ!

2009年7月 6日 (月)

永井豪記念館

永井豪記念館
永井豪記念館
ふるさと能登を満喫しております北脇ですが、石川県輪島が産んだ世界の「永井豪記念館」に行ってまいりました。
輪島朝市の通りに今年の春に出来たのですが、一見地味な入口のドアを明けると1/9サイズの「マジンガーZ」の姿。
そして、デビルマン、キューティーハニー、グレンダイザーなどなど永井豪先生の漫画の原稿や映像が記念館の中に所狭しと展示されておりました。
残念ながら館内は撮影禁止なので、外観しか写真でご紹介出来ませんが、是非皆様も能登に足をお運び頂いて「永井豪記念館」に行かれてはいかがでしょうかねぇ〜。

「石川県相撲連盟理事長」大相撲甚句に登場!

「石川県相撲連盟理事長」大相撲甚句に登場!
今回の大相撲甚句は北脇の地元石川県能登からの収録。
ゲストはなんと、石川県相撲連盟理事長の「橋本俊一」様
石川県下で行われる相撲大会で長年に渡りアナウンスを務められた美声と相撲を知り尽くした深い知識で北脇も大ファンになってしまいました。
「相撲王国石川県」の伝統をいつまでも守り続けて頂いて、これからも名力士、名選手の発掘と育成をして頂きたいと願わされました。
橋本理事長様ご出演の放送日は7月12日を予定しております。
相撲ファンは必聴ですよ!どうぞ楽しみに!

2009年7月 5日 (日)

東桜山 田代良徳様の大相撲甚句の配信日

北脇貴士の大相撲甚句お聴きの皆様にお詫びですが、番組のポッドキャスト配信日が7月8日の夕方以降となります。
FM西東京84・2の地上波でお聴き頂いている皆様は通常通り日曜日深夜0時と月曜日朝10時から放送しますので宜しくお願い申上げます。

「能登ふるさと博」初日!

「能登ふるさと博」初日!
「能登ふるさと博」初日!
7月4日、輪島市文化会館にて「能登ふるさと博」オープニングイベントが無事に終わりました。
天候にも恵まれて、会場には多くの人達が集まり大変に盛り上がったイベントになりました。
私北脇も多くの皆様に励まして頂いて「能登ご当地ソング」を披露する事が出来ました。
力士ソングも良いですけど今後は様々なジャンルの歌に挑戦したいですねぇ〜。
ちなみに、北脇のステージの直後には「となりのトトロ」の主題歌などでお馴染みの石川県金沢市ご出身の「井上あずみ」様がご登場で会場は大盛り上がりでした。
石川県民も大変な励みになっておりました。

2009年7月 3日 (金)

能登町宇出津あばれ祭り!

能登町宇出津あばれ祭り!
能登町宇出津あばれ祭り!
本日、地元石川県能登に帰ってまいりました。
明日の「能登ふるさと博」のオープニングで歌う為に帰省した訳ですが、本日は能登町宇出津あばれ祭りでした。
能登は肌寒いぐらいの気温ですが祭りは熱い訳で、夜空を彩る大量の花火に燃え盛る松明の炎。
そして勇壮なキリコの数々…。
それこそ20数年振りに祭りを見て感激しておりました。
このパワーで明日はステージが出来そうであります。
頑張りますよ〜っ!

「成岡利泰」と大相撲討論会・・・!?

08911_112













                                                                                                                                                                                                                           ニュースキャスター気分の2人ですが、北脇の左隣はお馴染みの「サンケイスポーツ 成岡利泰」様です。
成岡様がご出演の大相撲甚句は皆様からも温かい反響やコメントを頂いております。
そんな成岡利泰を北脇だけで独り占めしてはバチが当たるというものであります。(既に当っているかも知れませんが・・・。)
そこで、また成岡様にご出演頂く収録日が決まりましたら、ブログなどで場所や時間を告知させて頂いて番組に参加して下さる人を募集したいと思います。
題して「大相撲甚句 サンケイスポーツ場所」であります。(サンケイ様が場所をご提供して下さるか分かりませんが、成岡様はご協力して下さいますよ。)
詳細はこれから考えたいと思いますが、楽しい(マニアックな・・・。)大相撲討論会を番組で繰り広げたいと思いますので、皆様よろしくお願いしますねぇ~っ!!

2009年7月 2日 (木)

全日本大学選抜相撲七尾大会に幕・・・!?

Gosyo_002













                                                                                                                                                                                                                                                                                                                            いよいよ名古屋場所までカウントダウンとなりましたが、相撲王国石川県には毎年7月中旬の日曜日に「全日本大学選抜相撲」と称した大変由緒のある相撲大会が行われています。
七尾市営「愛宕山 あたごやま」相撲場が会場になるのですが(その昔、北脇も高校相撲新人大会で愛宕山相撲場にゆきましたが、団体戦は予選で落ちました・・・。)能登の相撲キチ〇イが天下の大学相撲の選手達に容赦の無いヤジを飛ばします。(玉光国様も東桜山様も「凄いイヤだった・・・。」とおっしゃっていました。)
そんな伝統の相撲大会が今年から中止との情報を聞いて驚いてしまいました。http://www.sponichi.co.jp/sports/flash/KFullFlash20090302109.html
丁度、境川親方様の日大相撲部時代の後輩で、北脇にとりましては「能登の大先輩」であるK先輩から詳しい事を伺ったのですが、受け入れ側の七尾市の予算の調整が出来なかったとの事で昨年の60回大会をもって幕が下ろされました。(ちなみに、境川親方様も36回大会で個人優勝してらっしゃいます。)
過去に数々の優勝選手がプロ入りした、言わば‘プロ入りの登竜門’的な大会だっただけに非常に残念ですし「相撲王国石川」の牙城が崩されるような悔しさもあります。
丁度、7月5日に「石川県相撲連盟 橋本俊一理事長」様に大相撲甚句ご出演の予定でありますので、いろいろな質問や願いをぶつけてまいりたいと思います。(多分、当たり障りの無い口調で無難な対談になるでしょうけどねぇ~・・・。)

Gosyo_003

















                                                                                                                                                                                        常勝‘日大’を破って団体優勝した「中央大学」若孜関(中尾選手)、玉春日関(松本選手)、出島関(出島選手)の姿もあります。この伝統の相撲大会の復活を願っております。

2009年7月 1日 (水)

実在した「五所瓦 角」・・・!?

Gosyo_001

















                                                                                                                                                                                                                                      懐かしい相撲漫画ですが、約20年前に少年サンデーで連載していた「うっちゃれ五所瓦」です。
丁度、私北脇が部員ゼロの相撲部からスタートしてダラダラ稽古をしていた時に、タイムリーで読んでいたので非常にハマっていました。(その後、部員は7人になってしまいましたよ!)
ちなみに、我が母校の穴水高校相撲部は私が入学する数10年前は強豪校だったようで、まさに漫画のうっちゃれ五所瓦とダブっていました。(私の実力は二陣の難野一平レベルでしたが・・・。)
何故、今頃になって「うっちゃれ五所瓦」の話なのかと言いますと、先日ご出演下さった、元力士 東桜山の田代良徳様の収録を終えて、相撲のマニアックトークをしておりましたら「主人公の五所瓦角は名中の先輩がモデルで、しょっちゅう漫画家が道場に取材に来ていました。」と田代様がおっしゃるじゃあ~りませんか!!
その人物は「藤本恵三」選手と言いまして、三代目若乃花の花田勝氏のかつてのチームメートでした。
丁度、花田勝選手がプロ入りの為に高校を中退して名中の相撲部が大打撃を受けた年に藤本選手がチームを引っ張り、見事に「全国制覇」をしました。
そして、藤本選手は優しくて謙虚で性格も相撲の強さも「五所瓦角」だったと田代様がおっしゃっていました。(ちなみに、ライバルの田門泰造のモデルは現在、三鷹相撲クラブ代表の和田光広様との事です。そう言えば登場人物には栃乃和歌や逆鉾にそっくりな高校生がいました。)
北脇も今のうちに高校生や大学生の選手と親しく取材をして歌を作ってゆきたいものですねぇ~・・・。

« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »