« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »

2008年10月

2008年10月30日 (木)

高校横綱「遠藤聖大」選手に応援歌!

高校横綱「遠藤聖大」選手に応援歌!
本日は北脇の地元石川県能登「穴水町役場」にて大相撲甚句の収録をさせて頂きました。ゲストは高校横綱で穴水町出身の遠藤聖大選手。そして遠藤選手を小学生の頃から指導した上野勝彦様にもご出演頂きました。(上野様はその昔、少年時代の北脇にも相撲を教えて下さった恩師であります。)
そして、今回の収録風景を取材して下さった北陸中日新聞の記者様を前にして、いつも以上にテンションが上がり言いたい事の半分も訊けなかった北脇でしたが、さすが記者様です。私がインタビューしたい事を収録の合間に遠藤選手に質問してらっしゃいました。これぞプロと言わんばかりの早技でした。
前回は大相撲界の元横綱輪島関、そして今回は高校横綱の遠藤選手という事ですから、近いうちに現役横綱が大相撲甚句に登場する事も夢じゃないかも知れませんねぇ〜っ。
そんな相撲王国石川能登の偉大さを改めて認識して明日東京に戻りますが、是非またブラりと能登に帰ってきたいですねぇ〜。
来年1月から3月まで穴水町にて「牡蠣まつり」が行われますから、呼んで頂けるように今から「牡蠣まつり音頭」とか「穴水町かぞえ唄」とか作りましょうかねぇ…。
とにかく次回、次々回の大相撲甚句もどうかお楽しみに!(ちなみに、30日の北陸中日新聞朝刊に記事が掲載されるようです。要チェックですねぇ〜。)

2008年10月29日 (水)

「横綱輪島チャンコ」ごっつぁんです!

「横綱輪島チャンコ」ごっつぁんです!
「横綱輪島チャンコ」ごっつぁんです!
昨日は横綱輪島関と夢の対談をさせて頂きました私北脇でしたが、スギヨ様から地元の北陸中日新聞の記者様をご紹介頂きまして、本日は新聞社に行きました。
非常に気さくで楽しい所長様で「これは面白い歌だ!」と北脇を気に入って下さいました。
そんな訳で明日は北脇の地元穴水町役場の応接室で高校横綱の遠藤聖大選手との大相撲甚句の収録の模様を中日新聞様が取材しに来て下さる事になりました。(ラジオの取材を新聞が取材するとは不思議な光景ですねぇ〜。)
とにかく明日の収録と取材に備えて今夜はスギヨ様から頂きました横綱輪島チャンコを食べました。美味かったですよ〜っ!ごっつぁんです!!

2008年10月27日 (月)

遂に横綱輪島関と!!

遂に横綱輪島関と!!
本日は株式会社スギヨ様の応接室で大相撲甚句の収録をさせて頂きました。
ゲストは「第54代横綱輪島関」そう、蔵前の星、黄金の左の正真正銘の輪島大士様であります。
以前、岩木山関の結婚式でお会いした時の輪島関は近付く事も出来ない程の雰囲気でしたが、本日は非常に気さくでユーモアとサービス精神あふれる素晴らしい方でありました。故郷能登と大相撲を愛して様々なイベントやメディアでご活躍なさってらっしゃる輪島関。
そんな輪島関に愛を込めて「横綱輪島大士」の歌を披露した私北脇。
さぁ!一体どのような状況になりましたでしょうか…?
是非とも次回の大相撲甚句をお聴き下さいねぇ〜っ!
とにかくこの夢の大相撲甚句の為にご協力下さった株式会社スギヨ様と何より横綱輪島関に心から感謝申上げたいと思います。
今夜はテンションが上がって眠れそうにありませんねぇ〜っ!

2008年10月26日 (日)

能登ふるさと博にて力士ソング大熱唱!!

本日、私北脇の地元石川県能登穴水町にて「能登ふるさと博」のフィナーレが行われました。
とにかく会場の「のとふれあい文化センター」には今まで見た事もない程の大勢の人だかりでした。
もちろんお目当てはキムヨンジャ様やパティシエの辻口博啓様と思いますが、そんなビッグネームの中に北脇も呼んで頂けるとはねぇ〜。本当に有り難いものであります。
今回の力士ソングは「大翔山」「横綱輪島」「時葉山」と能登出身力士メドレー。
地元の皆様のご声援とパワーをたっぷり頂いて無事に歌い終える事が出来ました。
楽屋には石川県の重要な役職の方々が次々に訪ねて来て下さり、最高の一時でありました。
さぁ、今日の勢いのまま明日は「横綱輪島」関と夢の対談であります。頑張ってまいりますよ〜っ!

「テクノプラザかつしか」で力士メドレー熱唱!!

20081025_3本日は葛飾区の「テクノプラザかつしか」にて力士メドレーを歌ってまいりました。私の時間は3時からだったんですが、その前には「アントキの猪木」さんのトークライブショー。もちろん会場は爆笑の渦ですよ・・・。
しかし、相撲の神様は北脇にいつも味方して下さいまして、葛飾区民の皆様や、わざわざ北脇の応援のために駆けつけて下さった皆様のお陰でステージも無事に終えさせて頂きました。
ちなみに、豪華力士のラインナップですが「豪栄道」「横綱輪島」「三重ノ海」「豊響」「安馬」「高見盛」の歌の他に本邦初公開の「土俵の砂つけ」と言う事で相撲甚句にも挑戦してしまいました。
とにかく、このステージで勢いを付けさせて頂いて明日は北脇の地元石川能登の「能登ふるさと博」のフィナーレのステージでも大いに楽しんで来たいと思っております。
ちなみに、この写真は豊響関のファンの方が撮って下さいました。本当に有難いですねぇ~。(ステージ終えてからアントキの猪木さんにご挨拶しましたら、北脇の事を覚えて下さっていましたよ~。嬉しいっすねぇ・・・。)20081025_4

2008年10月23日 (木)

テクノプラザ葛飾にて歌いまっす!!

10月25日(土)葛飾区青砥にあります「テクノプラザかつしか」にて午後3時より力士ソングを歌います。
この日は「農業・伝統産業展」と称したイベントですので伝統と言えば相撲という繋がりで呼んで頂く事になりました。(伝統とは程遠い私の歌ですがねぇ・・・。)
ちなみにその日は境川部屋の千秋楽パーティーでお馴染みの歌姫「祥子」さんも同じステージで歌われます。
そして「アントキの猪木」さんもご出演との事。実は昨年の10月7日に国技館で「相撲健康体操指導者検定」が行われた際にアントキの猪木さんも参加してらっしゃいました。(勿論、私も参加しました。参加者全員に認定証と健康体操のDVDが配布されましたよ~っ。)
あれから一年、すっかり売れっ子になってしまいましたが、あの時は(アントキは)非常に気さくに私北脇のショ~もない質問などにも答えて下さっていたアントキの猪木さんでしたが、今度はどのような対応をして下さるでしょうか・・・?(もし、タイミングが合えばラジオのゲストにでも!と考えているんですがねぇ~。)
とにかくメソポ田宮さんの地元でもありますし、いろいろとお知恵を拝借しました。
さぁ、体調を万全にして25日テクノプラザかつしかで歌ってまいりますよ~っ!!

2008年10月21日 (火)

両国「とんかつ若」にて収録!

08911_027_2 今回は相撲の聖地両国へ収録に行きました。お店は「とんかつ若」様々なグルメ人が食べにゆく有名店なんです。(私は昨年教えて頂いたんですけどねぇ~・・・。)
名物は「とんかつチャーハン」と「湯豆腐ちゃんこ」と非常にユニークなんですが美味なんです。
店主の服部様もご多忙な中、非常にご親切に接して下さり収録も順調。タップリと楽しませて頂きました。そしてお土産に「特製カツサンド」まで持たせて下さいました。
味の激戦区の両国で20年余り、力士や大勢のお客様に親しまれているのは、味も勿論ですが店主の服部様のお人柄にも原因があるのだと思わされました。
このところ大相撲界も様々な報道がありますが、そんな事を忘れさせて下さる楽しいひと時でありました。
そんな訳で次回の大相撲甚句もどうぞお楽しみ下さいね!!08911_031_2

2008年10月20日 (月)

北乃脇「プロモビデオ」撮影!!

20081019本日、近所の多摩川河川敷でプロモビデオの撮影をしました。
写真をご覧のように「マワシでギター」で熱唱している北脇であります。
撮影に協力して下さったのが、以前の「大相撲甚句」のゲストにご出演してもらいました「アートディレクターの鹿内雄」様です。
忙しい合間を縫ってビデオカメラや三脚を持ってマワシ姿にギターの北脇にお付き合い下さいました。
時刻は3時半過ぎでしたが、河川敷は風が冷たく寒いんです。しかし、日曜日ですから人だらけ・・・。当然、うすら寒い目で我々を見ておりました。
「そんなマワシ姿でやる必要があるのか・・・?」と思われるかも知れませんが、せっかくのプロモビデオですし、誰もやらない事に挑戦したくなりました。
鹿内さんのアドバイスや指示で非常に面白い内容の映像になりました。(誰も見たくないと思いますが・・・。)
とにかく5分余りの時間の中に「高見盛」「豊真将」「安馬」「北桜」「琴光喜」「把瑠都」「豪栄道」「白鵬」「朝青龍」の歌をメドレーで歌っております。(ちょうど、夜のヒットスタジオのオープニングのように曲を短くつないで歌っている感じですねぇ~)
まぁ、自画自賛でしょうけど良い作品に仕上がると思います。
しかし・・・。問題は私のダルダルにたるんだ「体」ですよ。とにかく見苦しいの一言。
次は「四股・摺り足・鉄砲」で鍛えて「日サロ」で肌を焼かないといけないです。
昔、山本譲二が褌一丁でベストテンで「みちのく一人旅」を歌って伝説になったように北脇もマワシ一丁でテレビに出る日まで凛々しい体を作っておかないといけませんねぇ~っ。

2008年10月19日 (日)

「穴水高校」大先輩方に感激!!

本日は、私北脇の卒業した「穴水高校」の同窓会が日暮里のラングウッドと言うホテルで行われました。
はっきり言って私はこのような集まりには今まで一度も参加した事はありませんでしたが、今年に入って地元能登に呼んで頂けるようになってからというもの、率先して参加するようにしなければと思うようになってまいりました。
とは言うものの40人余り集まられた方々は75歳の方を筆頭に60代、50代が殆どで30代は私一人だけでした。
しかしながら同じ石川能登出身でありますから、皆様それはそれは親切に温かく接して下さいました。
特に、相撲処能登ですからタップリと相撲話を聞かせて頂きました。勿論、私も「大翔山」「横綱輪島」「時葉山」などの歌を歌わせて頂き、最後は「ああ上野駅」を全員で大熱唱しました。(境川親方様の兄弟子の吉の谷関が愛した歌でもあり、やはり地方出身者は誰しも励まされた歌だったんですね・・・。)
とにかく先輩方には「早く有名になってよ!」とか「真面目にコツコツ頑張りなさいよ!」と励ましのお言葉を頂いて会場を後にしました。
来週は能登のイベントや輪島関の対談などで帰省しますが、郷土の皆様の期待に応えられるような活躍をしたいですねぇ・・・。

2008年10月15日 (水)

遂に「大横綱輪島」に挑戦!・・・か!?

ここ2~3日ブログを更新しておりませんでしたが、遂に北乃脇にも横綱の胸を借りる「Xデー」が決まりました。その横綱は「第54代横綱輪島」関です。
FM西東京にて放送している「大相撲甚句」にもあまたの花形力士の方々にゲスト出演して頂きましたが、とうとう日下開山「横綱」の登場と言う訳であります。
勿論、私北脇に輪島関とのコネクションや親交も全くございません。今回の対談は大相撲甚句のスポンサー様である「株式会社スギヨ」様の関係者皆々様のご協力と輪島関の温かいご理解によっておこった事であります。
ちょうど今月の26日から地元石川能登のイベントで帰省しますので輪島関との対談は27日の午後から七尾市にあるスギヨ本社にて行われます。
さぁ、少しでも土俵の上で善戦出来ますように今のうちに稽古しなくてはいけませんねぇ~。

2008年10月12日 (日)

遂に「北乃脇」に太刀持ち・露払いか・・・?

08911_022世間は「おやじバンドブーム」ですが、北脇は別にブームに便乗する気持ちはさらさらありません。むしろ、流行やトレンドには激しく背を向けてしまうきらいがあります。
何と言いましても私の好きな物は「相撲・特撮・歌謡曲」ですから趣味思考が合う人物が現われませんでした。しかし、逆に言えば趣味思考の合う人物さえいればバンドでも何でもしたいと真剣に願っておりました。
そんな時、ファンキーベースを弾く19歳の若者と運命的な出会いをして今回初めてセッションしました。(写真は見えにくいですが北脇の左隣でっす。)
ドラムも知人にお願いして叩いて頂きましたが、あまりのグルービーなサウンドに北脇も感極まってしまいました。特に「男、境川の歌」は内山田洋とクールファイブを彷彿させるほどドラマティックな感じでした。
そんな訳で「北乃脇の横綱土俵入り」じゃないですが、バンドサウンドの力士ソングを歌う北脇もいつか披露したいと願っております。

2008年10月11日 (土)

「立川志ら乃」遂に真打ち!・・・か!?

昨夜は大相撲好きでも有名で我が大相撲甚句のゲストでもお馴染みの「立川志ら乃」さんの真打昇進トライアル「真打ちになりた~い!」の最終回を観てまいりました。
毎月4本のネタおろしに挑戦し、今回でフィナーレの10回目を迎えた訳ですので「真打ち、立川志ら乃の誕生っ~!!」と思って会場でバンザイの用意をしておりましたら、志ら乃さんの師匠の立川志らく師匠様が登場。静まりかえった会場で「このまま即、真打ち昇進は難しい・・・。」とおっしゃいました。
ご存知のように立川流の真打ち昇進は非常にハードルが高く、過去にも有望なお弟子さんが何度も昇進を見送られたことがありました。
まさに、立川流の真打ち昇進は「横審」並みの厳しさ、下手するとそれ以上のハードルと言えるのであります。(私が勝手に言っているだけですが・・・。)
しかし「貴乃花」のように連続全勝優勝のような離れ業で満場一致の横綱昇進したように志ら乃さんも家元や志らく師匠、周囲の誰もが認める「真打ち昇進」を成し遂げて頂きたいものです。
それにしても志らく師匠の厳しいお言葉は私北脇の胸に響きました。やはり芸の道は厳しく孤独なのであります。

2008年10月 9日 (木)

料亭「時葉山」ちゃんこ鍋に大満足!!

08911_019本日も大相撲甚句のロケの為にギターと録音機材を持って出ました。
今回は元前頭「時葉山」関のお店にお邪魔しました。
時葉山関は「石川能登」出身で北脇にとりましては郷土の英雄!どころか足を向けて寝られない程の恩人様なのです。
詳しい事は10月19日の大相撲甚句を聴いて頂きたいのですが、人と人の出会いやご縁には本当に神秘的な不思議なものを感じずにはいられません。今日の北脇の活動の殆どが人と人の出逢いから広がっているんです。
写真は料亭時葉山の味噌ちゃんこ鍋と刺身の盛り合わせです。夜の営業前の忙しい時間にもかかわらず社長様、おかみ様が収録にご協力下さり、その上ご馳走までして下さいました。本当に頭が下がりますよ・・・。
「彦麻呂」のように気の利いたコメントでも出来れば良いのですが、とにかく「美味かったぁ~」ですよ。これからの季節は「時葉山」のちゃんこ鍋ですよ~っ!!

2008年10月 7日 (火)

中尾彬+北村総一朗+杉山邦博=蔵前神社宮司様・・・?

08911_013 本日も大相撲甚句のロケに行ってまいりました。今回は「蔵前神社」の宮司様の元へ伺いましたが「一体何を喋ったらいいんやろう・・・?」と道すがらあれこれ考えておりましたが、北脇の取り越し苦労。本当に楽しい収録となりました。
初対面とは思えぬほど気さくに接して下さり、宮司様でありますから話題も豊富。そして「美男子」まさに三拍子を兼ね備えたお方様でありました。
そんな宮司様を囲んで大勢で収録させて頂きました。(大相撲甚句ではもはやお馴染みの‘あん子様’も駆けつけて下さいました。)
美しい奥様とモデル並の美貌の持ち主のお嬢様をお持ちの宮司様。まさに「蔵前神社パワー」が授けて下さったのでしょうねぇ~。
そんな蔵前神社に行けば何かいい事が待っているかも知れませんよ!!と言う訳で「蔵前神社」と次回の「大相撲甚句」も宜しくお願い申し上げます。

2008年10月 5日 (日)

横綱輪島チャンコに大満足!!

08911_010 08911_012先日、我が家にスギヨ様が送って下さった「輪島大士」のチャンコ鍋を本日、食べさせて頂きました。
魚介類や肉類は全てセットの中に入っていましたので野菜類だけ用意しました。(もやし、キャベツ、たまねぎ、長ネギ、えのき)
正直、鍋に入れた直後は「ちょっと物足りないかなぁ~」と思っておりましたが、出来上がっていざ食べようとすると、かなりのボリューム。まさに「横綱級」のチャンコ鍋でした。
チャンコの後は「ラーメン&餃子」も待ち受けているんです。もう「待った無し!」怒涛の横綱相撲だった「輪島大士のちゃんこ鍋」でした。
これからは「鍋」の季節です。ラジオでも輪島関のチャンコ鍋をご紹介して行きますので宜しくお願い申し上げます。

2008年10月 4日 (土)

石川能登ふるさと博

北脇の地元石川県能登では「能登ふるさと博」と称したイベントを行っております。
思えば昨年の3月に能登に地震があり、多くの被害を受けました。
私も今年に入ってから様々なイベントなどに呼んで頂き、多くの方々と触れ合う事が出来ました。この夏も「輪島の朝市」や「子供相撲大会」などにも立ち寄って「能登パワー」をタップリ頂いてきました。
そして能登の4市5町では「震災の被害を乗り越えて観光客に安心して能登に来ていただこう!」のスローガンで「能登ふるさと博」を開催しました。
能登の食材や器などを使った「能登丼」を目玉に県内外にPRしました。(もちろん私も海産物タップリの能登丼を腹いっぱい食べましたよ~っ。)
そんな能登ふるさと博も10月26日でフィナーレを迎える事になりますが、そのフィナーレのステージに私北脇も歌わせて頂くことになりました。能登出身力士の歌とトークをタップリ披露してまいりますよ~っ!

まぁ私のステージ云々は別として能登に行ったことの無いという方は是非一度能登に行かれてみてはいかがでしょうかっ!!

2008年10月 2日 (木)

関脇琴ヶ梅VS北乃脇・・・!?

昨日は「元関脇 琴ヶ梅」関にゲストにご出演頂く為に錦糸町に行ってまいりました。
錦糸町には琴ヶ梅関のお店「力士料理 琴ヶ梅」がありましたので夜の営業前の2時ぐらいに伺いました。
琴ヶ梅関と言えば「富山県」ご出身で石川能登出身の北脇にしてみれば子供の頃から応援していた言わば「準ご当地力士」で、今回は完全にファン目線で収録させて頂きました。
琴ヶ梅関の入門当時から「花のサンパチ」と言われた黄金時代、先代の佐渡ヶ嶽親方のお話。そして錣山部屋師範代と店の経営者として多忙を極める現在のご様子など盛り沢山の30分。
現役時代は鋭い眼光で無口なスタイルを貫いていた琴ヶ梅関でしたが、マイクの前では非常にサービス精神旺盛で北脇のショ~もない質問にも終始にこやかにコメントを下さり、北脇も大満足でした。そして、琴ヶ梅関のお隣には義弟のジャズシンガーで10月21日にオープンする2号店の代表の徳永尚史(たかふみ)様もトークに参入して楽しい収録になりました。
そんな訳で10月5日深夜0時の「大相撲甚句」をどうぞご期待下さいね~っ!!


















2008年10月 1日 (水)

横綱輪島の「ちゃんこ鍋」

08911_006 石川能登が生んだ大横綱と言えば「輪島大士」関ですが、現在は石川県観光大使やスギヨふるさと味大使としてご活躍中です。
その輪島関がこの程「能登ちゃんこ鍋と八番麺工房煮込みラーメン」を発売することになりました。このちゃんこを取り扱うのが「スギヨ」様なんです。
ご存知のように「北脇貴士の大相撲甚句」も9月からスギヨ様にご協力頂くことになりましたので、私のブログでもご紹介させて頂きます。
具材は「ズワイガニ250グラム、国産地鶏150グラム、すり身120グラム、いかつみれ6個、焼きちくわ2本、麺2個、餃子8個、鍋つゆの素」などが入って送料・税込みで5.250円であります。
こうやって文字を連ねてもピンと来ませんが実物はかなりボリュームがあります。と言うのは、スギヨ様が我が家に商品を送って下さったんですねぇ~。
本当に太っ腹!まさに「サービスし過ぎよ~っ!(スギヨ~)」と言ったところですねぇ~。
とまぁ、誰でも思いつきそうなオヤジギャグですが、とにかく輪島関のちゃんこ鍋は感謝して頂きたいと思います。「スギヨ様~っ、輪島関ぃ~っ有難うございます!」
ちなみに今日、近所の郵便局に行きましたら「昨日の新聞に出てましたねぇ~。」と言われて赤面して逃げて来ました。もっと堂々としておけば良かったでっす。

« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »